『鬼滅の刃』十二鬼月上弦の鬼を一挙紹介!

カテゴリーまとめはこちら:その他 / 鬼滅の刃

吾峠呼世晴さんによって描かれた大人気漫画『鬼滅の刃』。大正時代の日本を舞台に、人を喰らう鬼たちと、日輪刀を持つ鬼殺隊の剣士たちとの戦いが描かれます。十二鬼月は、鬼の始祖にして首魁である鬼舞辻無惨によって選別された12体の鬼のこと。その上弦の鬼6体をご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

『鬼滅の刃』とは?

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

『鬼滅の刃』は、2016年11号から連載が開始された「週刊少年ジャンプ」の漫画作品。作者は、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さん。2020年24号に掲載された第205話で堂々の完結を迎えました。テレビアニメは2019年4月から9月にかけて放送され、2020年10月にそこからの続編となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が公開される予定です。

舞台となるのは、大正時代の日本。主人公の少年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)は、炭を売るために家を空けたある日、鬼によって家族を殺されてしまいます。その仇を討つため、そして唯一生き残ったものの鬼に変えられてしまった妹の禰󠄀豆子(ねずこ)を人間に戻すため、炭治郎は鬼殺隊で刃を振るうことを決意します。

十二鬼月(じゅうにきづき)とは?

鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

十二鬼月は、鬼たちの首魁・鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)によって選別された12体の鬼のこと。無惨直属の配下である最強クラスの鬼たちで、並の鬼殺隊剣士ではけして歯が立たない戦闘能力を持っています。

十二鬼月は上弦6体と下弦6体に分かれていて、強さに応じて「壱(いち)」から「陸(ろく)」までの番号が振られています。十二鬼月の最強は「上弦の壱」で、最弱は「下弦の陸」。十二鬼月の位を預かることになった鬼は、その席位が瞳に刻まれるようにもなります。

ここからは、そんな十二鬼月の上弦の鬼たちについてご紹介していきます!

『鬼滅の刃』十二鬼月上弦の壱:黒死牟(こくしぼう)

黒死牟は、十二鬼月最強の上弦の壱の位を預かる鬼。長い黒髪を後ろで1つに縛った男性で、顔面に6つの眼があります。沈着冷静且つ理知的な性格で、対峙した相手に甚大な恐怖を抱かせるほどの威圧的な雰囲気をまとっています。配下の鬼をほとんど信頼していない鬼舞辻無惨からの信頼は厚く、それはビジネスパートナーと認識されるほど。

鬼殺隊の剣士が自身の身体強化のために行う特殊な呼吸法「全集中の呼吸」と、一定以上の力を得た鬼に発現する異能力「血鬼術(けっきじゅつ)」を組み合わせた超強力な剣技を操り、「月の呼吸」の様々な型の技を相手に放ちます。

人間だった頃の名前は継国巌勝(つぎくに・みちかつ)

黒死牟は人間だった頃、戦後時代の武家「継国家」「巌勝」という名前を与えられて生を受けました。継国家の後継ぎとして育てられた巌勝は、最初は双子の弟の縁壱(よりいち)のことを憐れに思っていたものの、剣技において非凡な才能を持った彼に対して激しい嫉妬と嫌悪を覚えるようになります。

妻子も地位も捨てて鬼狩りとなった巌勝は月の呼吸を習得して痣を発現させますが、それを持つ者は短命となってしまうことを知って絶望し、そこを無惨につけ入られて鬼となったでした。

『鬼滅の刃』十二鬼月上弦の弐:童磨(どうま)

童磨は、十二鬼月の上弦の弐の位を預かる鬼。血を被ったような文様のある白橡(しろつるばみ)色の髪に虹色の瞳を持った青年の姿をした鬼で、常に笑みを絶やさず陽気な態度で相手に接します。しかしそれはあくまで表面的なもので、その中身は無機質で無感動。他人はもとより自身の肉体の損傷にすら気を留めないほどの狂気じみた性質を持っています。

戦闘では鋭利な扇を武器とし、冷気を操る血鬼術を用います。その冷気を吸い込むと肺が凍りついて壊死してしまうため、まさしく呼吸による身体強化を行っている鬼殺隊の剣士殺しの能力とも言えます。

万世極楽教の教祖夫婦として生を受けた過去

人間だった頃、童磨は新興宗教「万世極楽教」の教祖夫婦の子どもとして生を受けました。その特異な容姿に加えて高い知性を持っていたことから神童として祭り上げられましたが、本人は地獄や極楽などは所詮は人間の妄想であり、愚かで可哀想な人間を救ってやることこそが自分の使命なのだと思うようになりました。

20歳の頃に鬼舞辻無惨の手によって鬼となってからは、愚かな人間を喰らうことでその苦しみから解放し、自分の血肉の一部としてその存在を永遠のものとして救う「善行」を行動理念としています。

『鬼滅の刃』十二鬼月上弦の参:猗窩座(あかざ)

猗窩座は、十二鬼月の上弦の参の位を預かる鬼。紅梅色の短髪を持った青年の姿をした鬼で、その全身には刺青のような紋様があります。純粋に強さを追い求めている鬼であり、確かな実力を持った者に対しては敵であっても敬意を払いますが、弱者のことは虫酸が走ると言うほどに忌み嫌っています。

戦闘では、武術家として優れた身体能力を更に強化することのできる血鬼術「破壊殺(はかいさつ)」を用います。猗窩座は「拳鬼」と呼ばれており、絡め手なしの肉弾戦を好みます。

人間だった頃の名前は「狛治(はくじ)」

人間だった頃、猗窩座は「狛治」という名前で病気の父親と共に生活していました。父親の薬代を得るためにスリをしては捕まり、父親は息子が自分のために罪を犯し続けることに耐えられず自殺してしまいます。

絶望した狛治はその後、武術道場を営む慶蔵(けいぞう)、その娘の恋雪(こゆき)と出会い、救われてゆきます。狛治と恋雪は結婚を誓い合うまでの仲となりますが、近隣の剣術道場の人間によって毒を仕込まれたことで慶蔵と恋雪は死亡。激昂した狛治は剣術道場の人間を惨殺し、自暴自棄になっていたところを鬼舞辻無惨によって鬼とされたのでした。

『鬼滅の刃』十二鬼月上弦の肆:半天狗(はんてんぐ)

半天狗は、十二鬼月の上弦の肆の位を預かる鬼。額に2本の角を生やし大きなコブを持った老人の姿をした鬼で、ことあるごとに「ヒィィィイ」と喚き散らす小心者ですが、その内にはどこまでも自分本位で他人のことを顧みない被害者意識の塊のような醜悪さがあります。

戦闘においては追い詰められたときに、そのときの自分の感情を具現化した分身を生み出す血鬼術を用います。分身体は高度な再生能力を持つとともに、それぞれ固有の能力を持っています。

盗人だった過去

人間だった頃、半天狗は自分が盲目だと嘘をつき、善意で世話をしてくれる者に盗みを働き殺害にも及んでいました。自分が行った悪事に関しては自分が悪いでのはないと責任転嫁しようとする卑劣さがあり、それを咎めた盲人を殺害したことで悪事が露見しました。本当であれば打ち首になるはずでしたが、その前に鬼舞辻無惨の手によって鬼となり、自分に処罰を下した奉行をも殺害してしまったのでした。

『鬼滅の刃』十二鬼月上弦の伍:玉壺(ぎょっこ)

玉壺は、十二鬼月の上弦の伍の位を預かる鬼。壺と身体が一体化している鬼で、ヘビのように細長い身体、本来両眼がある部分に口2つ、額と本来口がある部分に眼を2つ持っており、頭からは複数の小さな腕が生えています。慇懃無礼な性格の芸術家気質の持ち主で、自分の作品に対しては捻じ曲がった執着心を持っています。その作品は、他者の命の尊厳を踏みにじるようなおぞましいものばかり。

戦闘においては、壺を操る血鬼術を用い、トリッキーな戦術を好みます。壺を使った空間転移を得意としていて、それを利用した情報収集や、探知探索を行います。

人間だった頃もその猟奇性は変わらず…

玉壺の猟奇性は人間だった頃から変わらなかったものだったようで、幼少時代から動物の虐殺を行ったり、違う種類の魚を繋ぎ合わせてみたりするような奇妙な行動を繰り返して「芸術」と言っていたため、生まれ育った漁村では忌み嫌われて孤立していた模様です。

『鬼滅の刃』十二鬼月上弦の陸:堕姫(だき)&妓夫太郎(ぎゅうたろう)

堕姫と妓夫太郎は、十二鬼月の上弦の陸の位を預かる鬼。吉原の遊郭を拠点としている2人で1人の鬼で、どちらか片方さえ生きていれば消滅することはありません。堕姫は美しい容姿を持った若い女性の鬼で、傲慢ですが素は泣き虫な性格。妓夫太郎は血の染みのような痣のある醜い容貌をした男性の鬼で、嫉妬深く残忍な性格の持ち主。妹の堕姫を泣かせた者はけして許しません。

堕姫は帯を操る血鬼術の使い手で、その帯の中にさまざまなものを取り込んで保存しておくことが可能です。妓夫太郎の方は、猛毒を備えた鎌を操る血鬼術を用います。

人間だった頃は遊郭の最下層に生まれた兄妹

人間だった頃、妓夫太郎は貧しく不衛生な遊郭街に生まれました。生まれてきたこと自体を否定されてきた妓夫太郎は、妹の梅(後の堕姫)が生まれた後に、その醜い容姿と腕っ節の強さを活かして取り立て屋となりました。妓夫太郎は、美しい容姿を持つ梅のことを誇りに思っていましたが、その梅は客の侍の目玉を簪で突き大怪我をさせたことで、生きたまま焼かれてしまいます

絶望した妓夫太郎は侍と店の女将を殺した上で、虫の息の状態だった梅を連れて逃げ出し、そこで通りすがりの童磨に出会って勧誘されたのを機に鬼となったのでした。

『鬼滅の刃』十二鬼月上弦の肆(後任):鳴女(なきめ)

鳴女は、十二鬼月の上弦の肆の位を預かる鬼。元は十二鬼月とは異なる側近のような立ち位置にいましたが、半天狗が死亡した後にその位につくことになりました。長い黒髪を持った女性の姿をした鬼で、その髪の下には大きな単眼が隠されています。寡黙で必要以上の会話をしたがらず、携えた琵琶をよく鳴らしているため、十二鬼月の鬼たちからは「琵琶女」「琵琶の君」と呼ばれていました。

血鬼術は、空間を自由自在に移動したり、操作したりできるもの。これによって、鬼舞辻無惨の根城である無限城の操作を行っています。上弦の鬼となってからは、探知探索の血鬼術も会得しています。

『鬼滅の刃』十二鬼月上弦の陸(後任):獪岳(かいがく)

獪岳は、十二鬼月の上弦の陸の位を預かる鬼。妓夫太郎と堕姫が死亡した後に、その位につくことになりました。翡翠色の瞳を持った青年風の容姿の鬼で、性格は酷く傲慢でかなり独善的

戦闘においては、全集中の呼吸の流派のひとつ「雷の呼吸」(弐から陸ノ型)と血鬼術を組み合わせた技を使用。血鬼術によって刀の斬れ味が強化され、その斬撃を食らった相手の身体に亀裂が入り、ひび割れてしまいます。

人間だった頃は我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)の兄弟子

我妻善逸は、竈門炭治郎の同期の鬼殺隊剣士。獪岳は人間だった頃、彼の兄弟子として桑島慈悟郎(くわしま・じごろう)の元で修行を積んでいました。獪岳は雷の呼吸の壱ノ型しか使えない善逸のことを見下していましたが、対する獪岳は雷の呼吸の壱ノ型だけは使うことができませんでした。

黒死牟に遭遇したとき、圧倒的な力に追い詰められてしまった獪岳は土下座をして命乞いをしました。黒死牟から鬼への勧誘を受けた獪岳は、鬼舞辻無惨の血を受け入れて鬼となったのでした。

上弦の鬼は作中最強クラスの鬼!

ここまで上弦の鬼たちに関してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

上弦の鬼たちはその最強クラスの強さもさることながら、一癖も二癖もある性質の者たちばかりで面白いですよね。2020年10月に公開予定の『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』にも上弦の鬼が登場する予定です。そちらの方にも注目していきましょう!

記事にコメントするにはこちら