【五等分の花嫁】あなたの推しキャラ、エピはどこ?公式で発表された2回の人気投票を振り返る

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 五等分の花嫁

「五等分の花嫁」の原作コミックスは無事に最終回を迎えましたが、アニメの第2期も控えておりまだまだ人気の落ち着く気配はありません。そんな五等分の花嫁が過去に2回行った人気投票を結果と共に当時を振り返ります。

記事にコメントするにはこちら

公式が行った人気投票

原作5巻発売時に行われた「僕の、私の、お嫁さんにしたいキャラクター人気投票」

五等分の花嫁展 記念商品 キャンバスボードA
連載1周年を記念し5巻発売時(2018年8月10日~8月31日)に「僕の、私の、お嫁さんにしたいキャラクター人気投票」が開催されました。
次期としてはアニメが放送される前で、範囲としてはアニメ化した林間学校編はコミックス4巻までなので、その少し先までとなっています。

最終回後に行われた「五等分の花嫁エピソード総選挙」

最終巻発売後に全巻対象にエピソードの人気投票が行われました。
実際の投票期間は最終巻発売から少し経った2020年5月27日~6月10日の間でした。エピソード総選挙ということでキャラクター人気と完全にイコールとは言えませんが、見開きをすべて使ったページがあるなど誰かにスポットが強く当たって回が多くなっています。
また、5位までにランクインしたエピソードはどれもアニメ化された部分以降のエピソードになります。

【僕の、私の、お嫁さんにしたいキャラクター人気投票結果】

5位 『中野二乃』

五等分の花嫁(8) (講談社コミックス)

5位はオシャレにうるさく料理も上手と女子力を感じる一方、姉妹愛の強さから当初は風太郎に強く当たっていた二乃です。
この時点までの二乃の所業としては風太郎に睡眠薬を盛る、金髪のカツラを被った風太郎を別人と勘違いしアプローチをかける、などが大きなところになっています。
5巻の終盤では風太郎お手製の問題集を破り五月と喧嘩をし、家出をするなど反抗的な面が強くなっていたためかこの順位となりました。

4位 『中野一花』

五等分の花嫁(7) (講談社コミックス)
続いて4位は一花です。五つ子とはいえ長女らしく姉妹たちに気を遣う場面がありつつも自身はズボラで部屋は服を散らかし、寝ているときは脱ぎ癖があるなどだらしない一面もあります。
5巻までの一花の活躍と言えば夏祭りにオーディションを受けるために抜け出す、成り行きで風太郎と林間学校のフォークダンスの相手となる、キャンプファイヤーの準備中に資材倉庫に2人きりで閉じ込められてしまうなどがあります。
何かと意味深な風だったり他の姉妹とは違う色気があったりするところに魅力を感じた人も多いのでないでしょうか。とはいえ、この頃はまだ風太郎にアプローチすることよりも他の姉妹を応援しようという行動の方が多いです。

3位 『中野五月』

五等分の花嫁(11) (週刊少年マガジンコミックス)
3位となった五月は本編の最初に風太郎と出会い、勉強を教えて欲しいと頼むも断られたことから意気地になって風太郎から教わることを拒否しています。
中間試験前もそれが原因で衝突しますが、林間学校時には一花に変装しスキーを行った際に、自身が行方不明だと勘違いされ言い出せずにいるところを風太郎に見つけられ、彼のことを信用するようになります。
そして5巻では自分たちのために風太郎が手書きで作成した個別の問題集を破って捨てた二乃と大喧嘩することになります。二乃と三玖が険悪なのをなだめようとしている流れで最後に手を上げたのが三玖でなく五月であったことに驚いたと同時に風太郎への信頼と評価を感じた人もいたと思います。

2位 『中野四葉』

五等分の花嫁(10) (週刊少年マガジンコミックス)
2位となったのは五つ子の元気印である四葉です。最初から風太郎の家庭教師に協力的ですが成績は五つ子の中で最下位なのでそこが風太郎を悩ませています。
勉強だけでなく、姉妹を勉強に呼ぶこと、学校行事にいたるまで風太郎に協力的で彼の妹のらいはまで溺愛する四葉ですが、五巻までは恋愛的アプローチは少なめです。
とはいえ、最初は四葉以外は誰も風太郎から勉強を習う気がなかったため序盤の唯一の拠り所だったと考えるとこの高順位もうなずけます。

1位 『中野三玖』

五等分の花嫁(9) (週刊少年マガジンコミックス)
堂々の1位となったのは三玖です。自分に自信のない三玖に自分を信じるきっかけをくれたため、風太郎に対して最初期以外は友好的で、恋愛的な心の揺れも多くそこに心を掴まれた読者も多かったのでしょう。
自分に自信をくれた風太郎への好意は以降高いままですが、最初は5姉妹の扱いは平等であるべきという考えから迷いがありましたが、その迷いも風太郎に平等でなく公平に行こうという言葉で気持ちが晴れます。5巻まででも恋する乙女の愛らしさというのを一番出していたのは三玖だったので、この順位も納得でしょう。

【五等分の花嫁エピソード総選挙結果】

5位 14巻-122話(最終話)『五等分の花嫁』

五等分の花嫁(14) (週刊少年マガジンコミックス)
風太郎と四葉の結婚式が行われる最終回が5位となります。
最後の五つ子ゲームとして作中何度も行われた五つ子の見分けをウエディングドレスを着た5人に対して風太郎が1人ずつ言い当てていく。ただ1人の花嫁となったのは四葉ですが、他の五つ子たちとも確かな絆が出来たことと、たくさんのことが変わったが変わらなかったものもあったと感じさせ、五つ子全員が笑って最期を迎えるラブコメでありながら五つ子の絆を描いた文句なしの最終回です。

4位 13巻-111話『最後の祭りが五月の場合③』

五等分の花嫁 ミニアクリルアート select color ver. 中野五月
続いて4位は文化祭最終日に五月が五つ子の実の父との因縁に決着をつけるエピソードです。
五月自身、母の面影を追い続けていた気持ちに区切りをつけて改めて教育者という夢を追うことと理想の教師像に風太郎もその理想像に入っていると伝え、今までの丁寧語口調をやめるのが印象的です。
塾講師のアルバイトを見つける過程で教師という夢を強く意識しだした五月、その気持ちが自分のものなのかというのはその時からの問いかけられていた問題であり、それら全てに向き合い自分は自分だと大きく踏み出すエピソードです。
恋愛要素の少ない五月でしたが自分を含めた姉妹たちを教える風太郎の姿、姉妹たちを自分が教える経験の中で風太郎のことを理想の1つなのだと語るのは2人の確かな絆が出来たことを感じさせるものでした。

3位 11巻-90話『私とある男子②』

五等分の花嫁 ミニアクリルアート 中野 四葉
3位は5年前の修学旅行と当時の五つ子たちについて掘り下げていた流れの最後となるエピソードです。そっくりな五つ子を脱却しようとした四葉とそんな勝手な自分が1人だけ落第した時に一緒に転校をしてくれた姉妹たちへの負い目、そして自分とは違い修学旅行の日から勉強に励み学年1位を取るようになった風太郎の姿に対する自分の情けなさから、自分だけ幸せになるべきでないという考えから、他の姉妹たちが風太郎に好意を持っていくのを見ていく日々を経て、四葉自身の気持ちに蓋をすることを決める回となっています。
明るさや隠し事が出来ないと裏表のなさというのが魅力の四葉の知られたくない部分が明かされ、最後には1人で5年前からの自身の恋心に別れを告げるように好きだったよと呟きます。エピソード総選挙では珍しい切なさがあふれるものですが、それ故というべきか見事トップ3となりました。

2位 8巻-67話『スクランブルエッグ⑦』

ブロッコリーキャラクタースリーブ 五等分の花嫁中野 三玖ネグリジェVer
家族旅行に行き、なぜか同じ旅館に泊まることになった上杉家と中野家のあれこれと風太郎に家庭教師をやめろと告げた偽五月の正体を探すエピソードの終盤、風太郎が偽五月の正体を突き止める回です。
偽五月を問い詰める中で一度は一花であると思った風太郎ですが、後姿が旅館で「ちゃんと見つけて欲しい」と言っていた三玖と重なり、三玖でないかと思い至り、正解に辿り着いた風太郎に三玖は歓喜して抱きつくというのが印象的な回です。
先の期末テストで五つ子の中で一番の成績を取り風太郎に告白をしようとしていた三玖ですが、一花にわずか2点届かず複雑な思いでいたこの時期、家庭教師と生徒という関係では進展がないと思った三玖のやや自暴自棄な行動からこの偽五月騒動が始まりますが、最後に風太郎に五月の姿でも自分のことを見つけてもらいそんな迷いが吹き飛び、嬉しさから抱きついた時の顔はグッとくるものがあります。

1位 7巻-59話『最後の試験が二乃の場合』

五等分の花嫁展 記念商品 ポストカードセット 二乃
全てのエピソードを見届けた読者たちが1位に選んだのは2年の学年末試験を五つ子それぞれに視点を向けながら全員が初めての全科目赤点回避をするエピソードの二乃パートです。
五月との喧嘩をしていた時に金太郎が変装した風太郎であることを知った二乃ですが、養父に試験の課を報告し、五つ子たちで借りているアパートにまだ住んでいたいと話している時にバイクで駆けつけた風太郎に連れられた際、その後部座席から告白をします。この告白がとても不意打ちだったことと同時にここでグッと読者の心を掴み見事この結果に結びつきました。このすぐ後の話でこの告白は運転中だった風太郎の耳に入らなかったと分かりなかったことにしようとしますが、すぐさま改めて告白し直すとこも含め、作中でもかなりのインパクトだったのは間違いありません。
二乃の風太郎へのアプローチはこの後から加速度的に高まり、一花には「愛の暴走機関車」と評されるレベルで、そのロケットスタートとも言えるエピソードでした。

記事にコメントするにはこちら