【鬼滅の刃】作中に登場する青い彼岸花とは?

カテゴリーまとめはこちら:鬼滅の刃

いつどこで咲いているのか謎の青い彼岸花。鬼舞辻無残が探している青い彼岸花とはどういうものなのでしょうか。青い彼岸花についてご紹介していきます。

記事にコメントするにはこちら

青い彼岸花とは?

鬼滅の刃の作中で度々登場するものの、その謎が明らかにされていなかった青い彼岸花。鬼である鬼舞辻無残は何のために探しているのでしょうか?

太陽を克服するための手がかり

鬼滅の刃の作中で登場する青い彼岸花とは、人間であった無惨を鬼に変えた薬に関係すると思われた植物のことを言います。作中では薬そのものの名称を青い彼岸花と呼んでいました。

薬の材料には青色の彼岸花が使用されていましたが、人体にどのような影響を及ぼすのかは、作った医者しか知らなかったようです。

無惨は太陽を克服するために1000年以上かけて青い彼岸花を探し続けていますが、日本中どこを探しても存在せず、その医者以外はその存在を知りませんでした。

鬼舞辻無残

鬼の始祖として圧倒的な力を持った無惨ですが、人間であった頃は生まれつき体が弱く、二十歳になるまでに死ぬと言われていました。そんな無惨を救うため平安時代の善良な医者が青い彼岸花を材料とした薬を作り、無惨に与えました。

薬が効いていたことに気づかず、症状がどんどん悪化していくことに腹を立てた無惨は、医者を殺してしまいます。医者の死後、強靭な肉体を手に入れ薬の効果があったことを感じますが、自分が病を克服した代わりに人ではないもの…鬼となったことを知ります。

無残にとって人の血肉を欲する衝動が出ることは人を喰らえばいいので大した問題では無かったようですが、日の光の下を歩けず昼間の内の行動が制限されるのは屈辱であり怒りを感じたようです。医者が青い彼岸花の効能を知っていたのか、意図的に無残に薬を与えたのか、今となっては誰にもわかりません。

無残は日の光の下でも死なない体になりたいという思いから青い彼岸花を使用した薬について調べますが、医者が投与した薬はまだ試作段階であったとされ不明な点が多く、殺した医者しかこの薬のことを知りませんでした。

青い彼岸花はどこに生息しているのか、自分で栽培出来るのかすらも殺した医者以外知るものはいないため謎に包まれたままになります。

その後、無残は人間社会に溶け込んで暮らしており、浅草で炭治郎と初めて遭遇した際には麗という名の奥さんと娘と思われる女の子を抱いており、奥さんからは月彦という名で呼ばれています。

人間社会に溶け込みつつも1000年以上見つからなかった青い彼岸花ですが、人であった医者が見つけられて、鬼である無残が見つけられないというように、日の光の下を歩けるか歩けないかの違いが見つけるポイントなのかもしれません。

鬼となった無残は完全な不死身となるため、青い彼岸花と太陽を克服できる体質を持つ者を最優先で探しており、126話で禰豆子が太陽を克服したため苛烈な戦いが始まることになります。

作中8巻で登場する

8巻で無残は青い彼岸花を探していることが明らかになりました。無残は猗窩座など上弦の鬼たちにも青い彼岸花探しをさせていたようですが、1000年以上かけても誰1人見つけることは出来ませんでした。

十二鬼月など自分の配下を増やしていった目的の1つは、青い彼岸花を見つけるためでもあったのです。

そもそも彼岸花とはどういう花か

彼岸花はお墓やお寺でよく見かける花であり、死や不吉なイメージがあるかもしれませんが、どういう花なのかについてご紹介していきます。

彼岸花について

彼岸花とは、ヒガンバナ科・ヒガンバナ属(リコリス属)に分類される球根植物です。日本や中国に広く自生し、秋の彼岸頃に花を咲かせることに由来して名付けられ、赤・白・ピンクなど花を咲かせるのが特徴です。元々日本に咲いていた花ではなく、中国から渡来して来たと考えられています。

彼岸花は通常の草花とは逆の生態を持っており、まず花が咲いて後から葉っぱが伸びて来るので花と葉が同時に咲いていることがありません。また、彼岸花は有毒植物であり、体内に入ると下痢や吐き気、神経の麻痺を起こす可能性もあります。

彼岸花は触っただけでは害がありませんが、口にしてしまった場合は健康を損なう恐れがあるので、手で触った場合はしっかり手洗いしましょう。

昔の人は死や不吉なイメージを持っていた

彼岸花を食べた後は、その毒性から「彼岸しかない(死)」と言われていたため、彼岸花と名付けられたという説もあり、昔の人は不吉な花だというイメージを持っていたようです。

そのため、彼岸花には「死人花」、「幽霊花」、「地獄花」、「蛇花」など不吉なイメージを与える異名が付けられていました。毒があるため、小さな子供が近づかないように恐ろしい異名が付けられたのだとも言われています。

有毒植物である彼岸花ですが、お寺やお墓などで大量に咲いているのをよく見かけるのにはちゃんとした理由があります。その毒性からネズミやモグラなどの害獣防止にも利用出来るため、人が故意にその場所に彼岸花を植えたからだと言われています。

彼岸花の球根には毒があるので、地中に潜むモグラやネズミは他の植物の根は齧っても彼岸花のものは齧りません。害獣達が彼岸花を嫌うことを昔の日本人もよく知っていたということですね。

そのため動物達によって遺体が掘り起こされることを防げるため重宝していたので、お墓やお寺には彼岸花がよく咲いているというわけです。モグラやネズミなどの小動物にとっては、球根ひとつで1500匹分の致死量に値すると言われているので理に適っていますね。

怖いイメージばかりですが、彼岸花の花言葉は「思うはあなた一人」「情熱」「深い思いやりの心」など、一番よく見かける赤い色から連想させるものがあります。

青い彼岸花は竈門家に咲いていた説

1話にして炭治郎の家族は無残に殺され、唯一生き残っていた禰豆子は鬼となっていましたが、人を喰べない・傷つけないという特別な鬼へとなりました。無残が竈門家に訪れたのは偶然なのでしょうか。青い彼岸花と竈門家は関わりがあるのではないかについてご紹介していきます。

炭治郎の走馬灯で彼岸花らしき花

炭治郎が那谷蜘蛛山で十二鬼月である下弦の伍・累との戦闘時に絶体絶命の窮地に陥り、39話で走馬灯を見ているシーンがあります。

その中でこれは青い彼岸花ではないかと読者に気づかせるようなカットがあるのです。走馬灯を見るのは今までの経験や記憶の中から迫りくる死を回避する方法を探していると説明があることから、炭治郎は過去に青い彼岸花を見ていたかもしくは存在を知っていたとなります。

また、アニメでは意図的なのか彼岸花らしき描写はありませんでしたが、色がつくことでこれが青い彼岸花であったかどうかを伏せるためだったのではないかと考えられます。

炭治郎が家族と暮らしていた場所は山奥であり、日常でよく見かける花の1つだったのかもしれません。

禰豆子が太陽を克服した

彼岸花の毒は、花・葉・茎・根などまるっと全ての場所に毒があり、 全ての部分に毒性物質が含まれる全草有毒の植物なのですが、昔は飢えをしのぐための食べ物の1つでした。

食べ物とはいえ、しっかりと毒抜きを行うことで初めて食べることが出来る植物です。球根部分にはでんぷんが豊富に含まれており、食糧が手に入りにくい時代には芋類に並ぶ貴重なエネルギー源であったわけです。

球根の外側を覆っている皮を剥き、すり鉢などで丹念にすりつぶした物を水でよく洗って、数日間流水にさらして毒を抜いていき、団子にしたり雑穀と混ぜて食べたりしたそうです。

正しく毒抜きが出来ていないと30分以内に嘔吐や下痢などの症状を引き起こしますので、正しい知識を持っていない方は軽い気持ちで挑戦はしないで下さいね。

庭に青い彼岸花が咲いており、日常的に食料として食べていたとしたら…知らず知らずのうちに薬に近い効果が発揮されていたのかもしれません。

鬼化した炭治郎が一瞬で太陽を克服した

無残は自分が消滅する寸前に最後の力を振り絞って炭治郎を鬼化させますが、鬼化した炭治郎は一瞬で太陽を克服してしまうという驚異を見せつけます。日輪刀ですら鬼化した炭治郎を倒す事は出来ないという絶望的な瞬間でした。

妹の禰豆子と同じく特別な力を発揮した兄妹。禰豆子と同様に青い彼岸花を摂取していたのではないかということが考えられます。

藤の花の毒を1年間かけて体全部に行き渡るようにしていた蟲柱・胡蝶しのぶが体に薬の効果を適用させていた例があるように、炭治郎も幼い頃から青い彼岸花を食料の1つとして摂取しており、鬼化した際にその効果が発揮したのではないでしょうか。

竈門家を無残が襲ったのは青い彼岸花が咲いていたのを確信していたわけではなく情報収集のためだったと考えられますが、兄妹が特別な力を発揮していることから竈門家は青い彼岸花に関わりがあった可能性が高いです。

現代の東京にて青い彼岸花が解明される!?

無残を倒し、最後まで謎の存在だった青い彼岸花。最終話にしてようやくその謎が解明されました。

特殊な条件が必要だった

まさかの最終話で青い彼岸花が登場し、驚いた読者も多いはずです。

鬼舞辻無残が太陽の下でも生きられる体になるため、血眼になって1000年以上かけて見つからなかった青い彼岸花が咲く条件が明かされました。

なんと1年で2〜3日しか咲かない花であり、かつ昼間しか咲かないというものでした。

本当に存在していたかどうか謎だった青い彼岸花ですが、これでは鬼である無残たちが見つけられなかったのは当然かもしれませんね。日の光の下を歩けなかったため、鬼たちには見つけられなかったのです。

伊之助の子孫である嘴平青葉が育てた

現代の伊之助の子孫は、嘴平青葉という植物学者となっていました。

猪突猛進!のイメージからまさかの学者!と驚きましたが、名前に「青」が入っていることと、204話でのアオイとのやり取りから察するに伊之助はアオイと結ばれたということが分かります。

蝶屋敷で怪我人の治療や看病の手助けをしており、しのぶの元にいたことで医学の知識が少なからずともあったと思われるアオイなので、頭の良さを受け継いだのでしょうね。

その植物学者になった彼が何を育てていたかというと青い彼岸花です。山育ちだった伊之助の子孫だったので、植物にも縁があったのかもしれません。

最終話では貴重な青い彼岸花をうっかりミスで枯らしてしまい仕事はクビ直前のピンチを迎えており、「山奥で独りで暮らしたいなぁ」としょんぼりしていました。

鬼がいなくなって存在が明らかになった青い彼岸花。

現代でも消えてしまうかもしれない状況にはなっているものの、見つかったのが現代で良かったのだと思える展開でした。

記事にコメントするにはこちら