名作揃い!京都アニメーションの作品を一挙紹介!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 映画

数多くの名作を世に出してきた京都アニメーション。アニメに詳しくないという方でも1つは作品名を知っている、という方も多いでしょう。日本のアニメに歴史を刻み続ける京都アニメーションの作品たちを紹介していきたいと思います。

記事にコメントするにはこちら

日本を代表するアニメ制作会社の数々!

「新世紀エヴァンゲリオン」が大ヒットしてから日本では深夜アニメが増えていきました。そして、2006年。日本のアニメ界を大いに盛り上げる作品が誕生しました。その名は「涼宮ハルヒの憂鬱」それ以降深夜アニメの数は増え続けました。そんな「涼宮ハルヒの憂鬱」を生み出したアニメ制作会社は「京都アニメーション」です。

「涼宮ハルヒの憂鬱」以降は勿論、それ以前から京都アニメーションはアニメの制作をずっとしてきています。ですが、京都アニメーションを知らなかった、このアニメ作っていたの京都アニメーションだったの!?という方もいるかも知れません。そこで今回は「京都アニメーションって何?どんなアニメを作っているか紹介」と題し京都アニメーションの作品たちを紹介します。

フルメタル・パニック?ふもっふ

フルメタル・パニック!戦うボーイ・ミーツ・ガール(新装版) フルメタル・パニック!(新装版) (富士見ファンタジア文庫)

「フルメタル・パニック?ふもっふ」は2003年に放送されました。京都アニメーションの元請制作のTVアニメはこの作品から始まったのです。本作は2002年にGONZOで第1期が制作されましたが、原作の短編をアニメ化したこの「フルメタル・パニック?ふもっふ」・2005年に放送された「フルメタル・パニック!The Second Raid」は京都アニメーションが制作しています。

「フルメタル・パニック!」は序盤こそコメディ色の強い作品ですが、徐々にシリアスな話になっていくボーイ・ミーツ・ガールな作品です。ですが、本作は主人公「相良宗助」の世間知らずな行動に対しヒロイン「千鳥かなめ」がハリセンでつっこむ。というようなギャグ主体の作品となっています。ギャグアニメが好きな方にはおすすめの1作です。

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの大成ーSuper Blu-ray BOXー 初回生産限定版

「涼宮ハルヒの憂鬱」は2006年に第1期・2009年に第2期が放送され、2010年には「涼宮ハルヒの消失」という映画も公開されました。深夜アニメの歴史を涼宮ハルヒ無しには語れないと言っても過言ではないでしょう。その人気は凄まじく第1期ED「ハレ晴れユカイ」のダンスがニコニコ動画を中心に話題になり秋葉原の歩行者天国を大人数が踊るなんていうこともありました。

京アニ作品の中でも「涼宮ハルヒの憂鬱」は賛否の分かれるエピソードがあります。それは「エンドレスエイト」です。内容は夏休みを8週間ループするというものです。そしてアニメ化する際、京アニはホントに8週間ほぼ同じエピソードを放送したのです。ハルヒは挑戦的な内容が多かったので今から見ても新鮮な気持ちで見れるでしょう。

CLANNAD

CLANNAD AFTER STORY コンパクト・コレクション Blu-ray (初回限定生産)

「AIR」・「Kanon」・「CLANNAD」これらはKey3部作と言われています。「Key」とはビジュアルノベルを制作しているゲームブランドです。それまでの美少女ゲームとは違う感動して泣いてしまう物語から泣きゲーというジャンルを確立し、アニメ化されたことで美少女ゲームは認知されるようになりました。そしてKey3部作のアニメ化は全て京都アニメーションが制作しました。

どの作品も魅力的で素晴らしい作品ですが、「CLANNAD」は特にファンが多く今でも話題になることがある作品です。この作品は学園生活を描く第1期ヒロインと結ばれ、結婚して家族になる第2期があります。そんな「CLANNAD」はいつしか「CLANNADは人生」と言われるようになりました。家族の温かさを見事に描いた傑作です。

けいおん!

けいおん!!コンパクト・コレクションBlu-ray

「けいおん!」は2009年に第1期、2010年に第2期が放送され、2011年には劇場版も公開されました。名作の多い京アニ作品ですが「けいおん!」の人気は異常なレベルでした。放送当時は「けいおん!」を見て軽音部に入った「けいおん!」を見て楽器を始めたという方が多く社会現象になる凄まじい勢いがありました。

当然楽曲も人気がありキャラクターボイスが歌うシングルとしてオリコンチャートで1位を獲得しました。これは当時では異例なことです。そんな本作は軽音部5人の高校生活を描いたものです。大会で1位になる、などの熱い話は基本的になく普通の軽音部の日常を緩く描いています。日常アニメとしての評価も高い作品で10年以上経った今でも愛されている作品ですね。

Free!

映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-(初回限定版) [Blu-ray]

「Free!」は2013年に第1期、2014年に第2期、2018年に第3期が放送。2015年には劇場版も公開されました。様々なアニメを手掛けている京都アニメーションですが、男性が多めのアニメは京アニでは珍しかったんですね。京アニ作品の中では第3期まで放送している唯一の作品でもあり、こちらもやはり長く愛されている作品となっております。

アニメを作る上でリアルな水・波を描く事は難しいんですよね。しかもこの作品は「水泳」がテーマですから特に注目が集まります。ですが京アニはそこを見事に描いています。凄まじいクオリティです。2021年には完全新作の劇場版の公開が決まっています。まだまだ「Free!」をリアルタイムで楽しめると思うので多くの人に見てほしい作品です。

響け!ユーフォニアム

「響け! ユーフォニアム」Blu-ray BOX

「響け!ユーフォニアム」は2015年に第1期、2016年に第2期が放送。2019年には劇場版も公開されました。また、2018年には「リズと青い鳥」という外伝的作品も公開されています。ユーフォニアムとは金管楽器の1種です。あまり聞き馴染みのない方もいるかもしれません。ですが、この作品の放送以降ユーフォニアムの人気はあがっているようです。

部員同士の対立や部員によってモチベーションが違う、受験に専念する為に部活を辞めたい。など現実でありそうなリアルな吹奏楽部を描いている1作です。演奏シーンは長い時は1曲フルで描いており呼吸を忘れてしまうぐらいの迫力です。本作も続編の制作が決まっているので、気になる方は是非とも「響け!ユーフォニアム」をチェックしてみてください。

聲の形

映画『聲の形』Blu-ray 通常版

「聲の形」は2016年に公開された長編アニメ映画です。この年は「君の名は。」「この世界の片隅に」などアニメーション映画の大ヒットが続出。以降長編アニメ映画は多くなりました。「聲の形」も大ヒットを記録。世界的にも高く評価され、京都アニメーションの認知度は「聲の形」で更に大きくなりました。

そんな本作は聴覚障害を持つヒロイン西宮と主人公石田の小学生時代から物語が始まります。石田が西宮に対し度が過ぎるいじめをすることで起きた出来事から、その後の各キャラクターの本音の気持ちが見えてくるのです。群像劇や家族とのつながりを描いた作品となっており、見終わった後も心に残る作品です。

小林さんちのメイドラゴン

小林さんちのメイドラゴン 7 [Blu-ray]

「小林さんちのメイドラゴン」は2017年に放送されました。「響け!ユーフォニアム」・「聲の形」など重厚な話が増えてきた中、本作はギャグアニメでした。本作は人間と異世界からやってきたドラゴンがコミュニケーションを取り、お互いの事を知っていくという作品です。基本的にギャグ主体ですがちゃんと関係や物語が進んでいくバランスが良い作品ですね。

またドラゴンが人間界にどんどん馴染んでいく道中を面白おかしく描いており、人間の常識などドラゴンが分かるはずもないので突飛な行動が多いです。そういう意味では「フルメタル・パニックふもっふ?」が好きな人にもおすすめです。本作も2021年に第2期の放送が決まっております。見ていて温かくなる作品です。気になる方は是非見てみてください。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ヴァイオレット・エヴァーガーデン1 [Blu-ray]

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は2018年に放送されました。2019年には外伝、2020年9月18日には劇場版が公開されました。本作は主人公のヴァイオレットが「手紙の代筆」を行う自動手記人形という職業を通して「愛している」を学んでいく物語となっています。また、京都アニメーションが主催する「京都アニメーション大賞」で唯一の大賞受賞作品です。

本作はヴァイオレット自身の話ヴァイオレットが代筆を通して人間の様々な感情を学ぶ話に大きく分類されます。大切な人に自分の気持ちを伝える為に紡がれる言葉から、思わず涙を流してしまうこともあるでしょう。中でも第10話のエピソードの評価は凄まじく「傑作」と呼ぶにふさわしいでしょう。アニメファン必見の作品です。

まとめ

「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」・「小林さんちのメイドラゴン第2期」・「劇場版Free!」など京都アニメーションは再び歩き出しました。私たちアニメファンにできることは限られていますが、これからも京都アニメーションの作品を愛して応援していきましょう

また今回紹介できなかった作品も沢山ありますが、どれも名作と断言できる素敵な作品しかありません。時に笑い、時に感動できると思うのでアニメファンは勿論、アニメファンでなくとも是非京都アニメーションの作品をチェックしてみてください。

記事にコメントするにはこちら