【鬼灯の冷徹】声優一覧<地獄の獄卒編>

カテゴリーまとめはこちら:鬼灯の冷徹

江口夏実さんによるブラックコメディ漫画作品『鬼灯の冷徹』。天国と地獄から成す「あの世」を舞台に、地獄の王たる閻魔大王の第一補佐官を務める主人公・鬼灯が、さまざまな問題を起こす亡者への対処、部下の獄卒たちのサポートなどを行いながら、あの世の者たちとブラックユーモアたっぷりの日常を送る様が描かれます。そんな本作に登場する地獄の獄卒たちを中心に、声優情報をご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『鬼灯の冷徹』とは?

鬼灯の冷徹 コミック 1-20巻セット (モーニング KC)

『鬼灯の冷徹』は、江口夏実(えぐち・なつみ)さんによる漫画作品。第57回ちばてつや賞一般部門で佳作を受賞した『非日常的な何気ない話』を元に、2010年に『地獄の沙汰とあれやこれ』と改題して講談社発行の週刊漫画雑誌「モーニング」で読み切りが掲載され、その後さらに『鬼灯の冷徹』と改題して2011年14号から連載が開始されました。2020年6号で連載終了を迎え、全31巻で完結となりました。

2014年にWIT STUDIO制作のテレビアニメ第1期が放送された後、2017年にスタジオディーン制作のテレビアニメ第2期が放送。さらにその後、2018年にテレビアニメ第2期その2も放送されました。『モーニング』と同じ講談社で発行されている月刊少女漫画雑誌『なかよし』には、2016年1月号から2020年5月にかけて柴もなかさんが作画を担当したスピンオフ作品『鬼灯の冷徹 シロの足跡』が掲載されたことも。そちらでは、元桃太郎のお供で今は地獄で獄卒として働く犬・シロが主人公になっています。

物語のあらすじ

『鬼灯の冷徹』と改題される前のタイトルに「地獄」とあった通り、物語の舞台となるのは人が死後に行くことになる「あの世」。あの世は善人が行く天国と罪人が行く地獄に分かれており、さらに地獄は八大地獄と八寒地獄の2つに分かれ、そこから272の細かい部署に分かれています。第二次世界大戦後の人口爆発や悪霊の凶暴化などによって亡者のひしめくあの世は前代未聞の混迷を極め、亡者の世話や管理を任される獄卒たちは日々人材不足に悩まされていました

本作の本作の主人公は、日本の地獄の王たる閻魔大王の第一補佐官を務める鬼の鬼灯(ほおずき)。周りから恐れられながらも仕事ぶりが極めて優秀で人望も厚い鬼灯は、閻魔大王のサポートのほか、さまざまな問題を起こす亡者たちへの対処、部下の獄卒たちへの指導、さらに鬼から人間に擬態した上で現世に視察へ行ったりと大忙しになる傍ら、あの世にいる者たちとブラックユーモアたっぷりの日常を過ごすことになるのです

そんな本作に登場する地獄の獄卒を中心に、声優情報をご紹介していきます!

『鬼灯の冷徹』キャラクター1:三途の川の老婆 奪衣婆(だつえば)

奪衣婆は、三途の川のほとりで亡者の衣服を剥ぎ取っている老婆。身長は158cm。常に賃金アップのことを考えており、賄賂問題を起こしてしまったことも。相対する男性によって態度を変えることもあります。綺麗なヌードを撮影してもらうことが夢で、念願叶ってヌード写真集を自費出版しました。次はひそかにCDデビューを狙っています。夫の懸衣翁(けんえおう)が仕事をしないため、本来であれば彼のやるはずの仕事も兼任しています。

奪衣婆の声優は真山亜子(まやま・あこ)さん

そんな奪衣婆の声を担当するのは、ケンユウオフィスに所属する声優の真山亜子さん。1958年11月15日生まれで、岐阜県出身。身長152cmで、血液型はA型。文楽鑑賞を趣味とし、小唄名取(立花光鈴)を特技としています。2003年まで水原(みずはら)リンという名義で活動していました。元々は役者として活動していましたが、病気で手術をしたことや「面白い声をしているから声優の仕事をしてみれば?」とアドバイスを受けたのを機に声優を志し、27歳で声優デビューを果たしました。

低いトーンのハスキーな声質をしており、少年役や老女役をよく担当しています。これまでに『ちびまる子ちゃん』の杉山くん役、『精霊の守り人』のトロガイ役、『忍たま乱太郎』の乱太郎の母役などを担当。「あッこりゃまた一座」の座長としても活躍しており、朗読のパフォーマンスなどを行っています。

『鬼灯の冷徹』キャラクター2:奪衣婆の夫 懸衣翁(けんえおう)

懸衣翁は、奪衣婆の夫。三途の川を渡った亡者の身につけている白装束を枝をかけることで、亡者の罪の重さを計る仕事をしていますが、それを放り出して遊びに行ってしまうことがしばしば。売り出し中のアイドルのピーチ・マキの大ファンで、仕事中であっても平気でコンサートに行ってしまうこと。明らかな職務怠慢をしていますが、古株なために解雇しづらいという鬼灯の頭を悩ませる存在。技術職で後進の育成を行っていないこともあって、その地位に居座り続けています。

懸衣翁の声優は千葉繁(ちば・しげる)さん

そんな懸衣翁の声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の千葉繁さん。1954年2月4日生まれで、熊本県出身。身長166cmで、血液型はO型。アクションや殺陣を趣味としています。元々は役者として活動していましたが、1976年に放送されたテレビアニメ『ドカベン』に出演したのを機に、声優としてのキャリアを積んでいきました。1985年に放送されたテレビアニメ『ハイスクール!奇面組』の一堂零役でアニメ初主演を果たしました。

その他にもこれまでに、『うる星やつら』のメガネ役、『機動警察パトレイバー』のシバシゲオ役、『幽☆遊☆白書』の桑原和真役などを担当。声優業の傍ら後進の育成にも力を注いでおり、俳優養成所C&Oアクターズスタジオの所長も務めています。

『鬼灯の冷徹』キャラクター3:ベテラン犬獄卒 夜叉一(やしゃいち)

夜叉一は、等活地獄にある不喜所地獄で働くベテラン犬獄卒。地獄生まれの地獄育ちで、「向こう疵の狂犬」という異名を持っています。鬼灯の斡旋により等活地獄で働くことになった元桃太郎のお供の犬・シロの先輩にあたり、その顔こそ大きな傷があって怖いものの、兄貴分のように後輩たちの面倒をよく見ています。クッキーと結婚してから、夜叉太郎・夜叉次郎・チー子という3匹の子どもに恵まれ、すっかり子煩悩になっています。

夜叉一の声優は津田健次郎(つだ・けんじろう)さん

津田健次郎写真集 「FLOWING」

そんな夜叉一の声を担当するのは、アミュレートに所属する声優・俳優の津田健次郎さん。1971年6月11日生まれで、大阪府出身。身長170cmで、血液型はO型。 「ツダケン」や「つんちょ」といった愛称で親しまれています。『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』に登場する海馬瀬人役で有名なことから、そのキャラの愛称をもじって「社長(の人)」と呼ばれることも。

声優デビューを果たしたのは、1995年に放送されたあだち充さんが原作を務める野球アニメ『H2』の野田敦役。その他にもこれまでに、『テニスの王子様』の乾貞治役、『TIGER & BUNNY』のファイヤーエンブレム(ネイサン・シーモア)役、『薄桜鬼』の風間千景役などを担当しています。漫画『極主夫道』が好きで、その縁でなんと2020年に実写宣伝ムービーで主人公役を担当。さらにNetflixで2021年に配信予定のアニメ版でもその役を担当することになりました。

『鬼灯の冷徹』キャラクター4:夜叉一の妻 クッキー

クッキーは、夜叉一の妻。不喜所地獄の「お局様」だったメスのトイプードルで、大変気が強い性格ですが、これは現世にいた頃に悪質ブリーダーの元で繁殖犬として子犬を産まされ続けていたため。夜叉一との結婚を機に寿退社し、彼との間で3匹の子どもに恵まれました。

クッキーの声優は横山智佐(よこやま・ちさ)さん

横山智佐 初・野外ナイトライブ『はじまりの上野で』 [DVD]

そんなクッキーの声を担当するのは、バンビーナに所属する声優の横山智佐さん。1969年12月20日生まれで、東京都出身。身長158cmで、血液型はB型。宮崎駿監督の映画『ルパン三世 カリオストロの城』を観て感動したことをきっかけに声優を志し、1987年にOVA『ブラックマジック M-66』のナラ・フェリス役で声優デビューを果たしました。

1996年にテレビゲーム『サクラ大戦』で担当した真宮寺さくら役で特に有名で、声の仕事のみならず実際に衣装を着た上で舞台に立ち、殺陣を披露したこともあります。その他にもこれまでに『新機動戦記ガンダムW』のルクレツィア・ノイン役、『HUNTER×HUNTER』のビスケ役、『NG騎士ラムネ&40』のアララ・ミルク役などを担当しています。

『鬼灯の冷徹』キャラクター5:新入りの犬獄卒 コギット

コギットは、夜叉一の後輩にあたる新入り獄卒の犬。その名前から察せられる通り、犬種はウェルッシュ・コーギー・ペンブローク。犬同士での飲み会が企画されたときに個人主義やアルハラはされたくないことを理由に断りましたが、夜叉一から個人主義云々の前に犬だと指摘され、さらに飲み会に行かないのも仕事が終わったらさっさと帰るのもいいが先輩に対する口のきき方には気をつけろと説教されました。

コギットの声優は佐藤(さとう)はなさん

そんなコギットの声を担当するのは、アクロスエンタテインメントに所属する声優の佐藤はなさん。1986年4月26日生まれで、東京都出身。これまでに『100%パスカル先生』のパスカル先生役、『ブラッククローバー』のナッシュ役、『魔法使いの嫁』のエアリエル役などを担当しています。

『鬼灯の冷徹』キャラクター6:衆合地獄の主任 地獄太夫(じごくだゆう)

地獄太夫は、衆合地獄の主任を務める美女。衆合地獄は邪淫の罪にある者が落ちるところで、その管理を担当する獄卒の大半を女性が占めています。地獄太夫は室町時代に賊にさらわれて遊女となった女性で、自身のこの立場は前世からの報いであるとして自ら「地獄」と名乗った変わり者。奇行で知られる室町時代の禅僧・一休禅師の弟子でもあります。

普段は仕事に集中しているためにほとんど表に出てくることはありませんが、閻魔庁に年末調整書を提出するときは表に出てくるため、めったに出てこない美人を一目見たいと人が集まってきます。初めは普通の格好で閻魔庁に来訪していましたが、衆合地獄主任補佐の女性・お香(こう)のプロデュースの元に年々派手に着飾るようになり、さながら花魁道中のようになりました。

地獄太夫の声優は伊藤美紀(いとう・みき)さん

そんな地獄太夫の声を担当するのは、大沢事務所に所属する声優の伊藤美紀さん。1962年10月21日生まれで、東京都出身。身長152cmで、血液型はO型。1985年にOVA『GREED』のイノセントB役で声優デビューを果たし、翌年の1986年に公開されたアニメーション映画『プロジェクトA子』の摩神英子役で初主演を担当しました。

2004年に放送されたテレビアニメ『マリア様がみてる』の小笠原祥子役を担当したことをきっかけに、若年層にもファンを増やしていくことに。小笠原祥子のような品の良いお嬢様のような役を演じることもありますが、『Fate/stay night』に登場する藤村大河のような元気のいい女性を演じることもあります。その他にも、に『ドラゴンボール』の人造人間18号役や、『夏目友人帳』の藤原塔子役などでも知られています。

『鬼灯の冷徹』キャラクター7:衆合地獄の用心棒 金太郎(きんたろう)

金太郎は、衆合地獄で用心棒を務める男性。日本の昔話のイメージを壊さないように配慮して、いつも前掛けを身につけています。桃太郎や一寸法師のように昔話のイメージと現在の自分自身とのギャップに思い悩むことはなく、「気は優しくて力持ち」という性格を地でいっています。衆合地獄の女性たちからは理想の男性のように思われており、荷物を持っているお年寄りや妊婦など、困っている人に巡り会うことが多くあります。

金太郎の声優は羽多野渉(はたの・わたる)さん

Never End!Summer!*CD+DVD

そんな金太郎の声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の羽多野渉さん。1982年3月13日生まれで、長野県出身。身長171cmで、血液型はO型。ギター弾き語りや小鳥のさえずりのモノマネを趣味・特技としています。専門学校に在籍していた頃に、声優の子安武人(こやす・たけひと)さん作のオリジナルドラマCDで声優デビューを果たし、2001年に放送されたテレビアニメ『よばれてとびでて!アクビちゃん』でテレビアニメデビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『アイドリッシュセブン』の八乙女楽役、『FAIRY TAIL』のガジル・レッドフォックス役、『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』のペイジ・クラウス役などを担当。妻は、『To LOVEる -とらぶる-』の九条凛役や『すっごい!アルカナハート2〜転校生 あかねとなずな〜』の犬若なずな役などで知られる同じ声優の橋本(はしもと)まいさん。

『鬼灯の冷徹』キャラクター8:叫喚地獄の雑用係 八岐大蛇(やまたのおろち)

八岐大蛇は、酒乱が落ちる叫喚地獄で雑用係の仕事をしている大蛇。日本神話に登場する大蛇で、スサノオノミコトに倒された後にそこの雑用係となりました。こっそりと隠し持っていた「八塩折之酒(はしおりのさけ)」を目を離した隙に亡者たちに奪い取られ、大騒動を起こしたことがあります。このことは本人自身も強いショックだったようで、鬼灯に対してどうしても酒が飲みたかったのだと漏らしました。

八岐大蛇の声優は下山吉光(しもやま・よしみつ)さん

そんな八岐大蛇の声を担当するのは、フリーで活動する声優の下山吉光さん。1976年5月6日生まれで、神奈川県出身。身長185cmで、血液型はA型。パイロット版『バーバパパ世界をまわる』のロリータ役で声優デビューを果たしました。後にこの作品がシリーズ化された際にも同じ役を担当しており、それが初のレギュラー役になりました。

これまでに『真・中華一番!』のチョウユ役、『アニ×パラ〜あなたのヒーローは誰ですか〜』の中居彦一役、『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』のナレーションなどを担当。妻は、『まほらば〜Heartful days』の蒼葉梢役、『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』の早乙女乙女役で知られる同じ声優の新井里美(あらい・さとみ)さん。

『鬼灯の冷徹』キャラクター9:受苦無有数量処の雑用係 一寸法師(いっすんぼうし)

一寸法師は、詐欺師や悪徳政治家などの人を騙した人間が落ちる大叫喚地獄にある受苦無有数量処(じゅくむうすうりょうしょ)で働いている雑用係。桃太郎や金太郎のような日本の昔話に登場する人物で、本来であれば目上の人に嘘をついて陥れた罪で地獄行きになるはずでしたが、情状酌量によってここで雑用係をすることになりました。

元は小さかった身体が打ち出の小槌によって普通の人間サイズになってしまったことから「元一寸」と言われるようになり、イメージとのギャップに苦しんでいましたが、似たような境遇にあった桃太郎から共感され意気投合したことで解消されることになりました。

一寸法師の声優は鈴木達央(すずき・たつひさ)さん

鈴木達央写真集 「=(EQUAL)」

そんな一寸法師の声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属する声優の鈴木達央さん。1983年11月11日生まれで、愛知県出身。身長173cmで、血液型はO型。読書やゲーム鑑賞を趣味とし、変顔を特技としています。2003年に放送されたテレビアニメ『DEAR BOYS』の石井努役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の黒崎蘭丸役、『Free!』の橘真琴役、『黒子のバスケ』の高尾和成役などを担当。2015年にアニメージュ第37回アニメグランプリ声優部門でグランプリを受賞し、「ファミ通アワード2016」で男性キャラクターボイス賞を受賞しています。妻は、テレビアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマ曲「紅蓮華」や、 テレビアニメ『Fate/Zero』オープニングテーマ曲「oath sign」などで知られる歌手のLiSAさん。

『鬼灯の冷徹』キャラクター10:焦熱地獄で働く女性 瓜子姫(うりこひめ)

瓜子姫は、人をたぶらかした者が落ちる焦熱地獄で働いている女性。その名前の通り瓜から誕生した女性で、現世では天探女(あまのさぐめ)によって殺されましたが、彼女の念が鳥となりその正体を暴いたことで報復しています。天探女の巣窟のような焦熱地獄で亡者を砂にする一心で働いており、その姿勢は、桃太郎のお供のサルだった柿助(かきすけ)から、タヌキへの怨念を内に抱えながら働くウサギ・芥子(からし)の系統だと評されました。

桃太郎のお供のキジでしたが今は獄卒として働いているルリオのことを、かつて天探女によって殺されたキジ「鳴女」の子孫だと考えており、その経緯から親近感を覚えて会いたがっていました。

瓜子姫の声優は矢作紗友里(やはぎ・さゆり)さん

そんな瓜子姫の声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属する声優の矢作紗友里さん。1986年9月22日生まれで、東京都出身。身長158cmで、血液型はO型。映画鑑賞や読書、ソフトボールを趣味とし、イラストを描くことを特技としています。友人から「アニメみたいな声をしている」と言われたことをきっかけに声優を志し、2005年に放送されたテレビアニメ『かりん』の主人公・真紅果林役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『To LOVEる -とらぶる-』の西連寺春菜役、『冴えない彼女の育てかた』の氷堂美智留役、『シュタインズ・ゲート ゼロ』の比屋定真帆役などを担当。『To LOVEる -とらぶる-』の原作に登場した「ピエール☆小木」というキャラクターのデザインは矢作紗友里さんが登場しており、アニメ『もっとTo LOVEる -とらぶる-』に登場した際は矢作紗友里さん自らが声を担当しました。

『鬼灯の冷徹』キャラクター11:焦熱地獄で働く女神 天探女(あめのさぐめ)

天探女は、焦熱地獄で働いている女神。「天邪鬼(あまのじゃく)」の元になったと言われている存在で、人をイライラさせるのが性分でおまけに虚言癖まであります。心を読むことのできる力を持っていますが、その性格故に悪いことにしか使っていません。インターネットの台頭によってその性格がさらにねじれ、ぶりっ子のような言動をするようにもなりました。

過去に瓜子姫に嫉妬して殺害し、その皮を被って彼女になりすましていましたが、正体が暴かれて瓜子姫のおじいさんとおばあさんによって殺された過去があります。女神であるために裁判の対象にはならず、死後は焦熱地獄で罪滅ぼしとして働くことになり、その圧倒的な煽りで亡者たちに限りないストレスを与え続けています。天国の桃源郷で薬剤師として働く白澤(はくたく)は無類の女好きですが、その彼でさえも強烈な容姿と性格を持った天探女のことは拒絶していました。

天探女の声優は小宮和枝(こみや・かずえ)さん

そんな天探女の声を担当するのは、テアトル・エコーに所属する声優の小宮和枝さん。1952年7月12日生まれで、東京都出身。 身長158 cmで、血液型はAB型。ジャズダンスやヒップホップダンスを趣味とし、三味線(長唄)や日舞を特技としています。

アニメや海外作品の吹き替えを問わず豊富なキャリアを持っており、アニメではこれまでに『ハーイあっこです』のあっこ役、『いじわるばあさん』の伊知割ミチコ役、『うる星やつら』のラン役などを担当。海外作品の吹き替えでは、ローラ・イネスさん演じる『ER緊急救命室』のケリー・ウィーバー役、イメルダ・スタウントンさん演じる「ハリー・ポッターシリーズ」のドローレス・アンブリッジ役、ウーピー・ゴールドバーグさん演じる『17歳のカルテ』のヴァレリー役などを担当しています。

『鬼灯の冷徹』キャラクター12:摩訶鉢特摩地獄の雪鬼 春一(はるいち)

春一は、八大地獄と対を成す八寒地獄の中で一番過酷な摩訶鉢特摩地獄(まかはどまじごく)で働いている雪鬼。10人のうち9人が「ちょっとここまでとは思わなかった」と言ってしまうレベルの自由人で、「〜だよぅ」と語尾につけた喋り方をするのんびりとした性格の持ち主。人の名前を忘れてしまうこともしばしばあり、よく一緒にいるはずのポラリスという名前のシロクマのことも基本「クマ」としか呼んでいません。

八寒地獄で開催される雪合戦では鬼灯と互角の勝負ができるほどの実力があり、八寒地獄の中でも随一の頑丈さもあります。獄内雪合戦では容赦なく新人獄卒たちに雪玉を投げつけ、若い芽を摘むことに関しては彼の右に出る者がいないことから、「摩訶鉢特摩のブリザード」という本名と著しい矛盾の生じた異名を持っています。極寒の地で大した防寒もしないままアイスを食べられるくらい寒さにはかなり強いですが、暑さには弱く、八大地獄に訪れた際に20度の気温にすら耐えられずパンツ一丁になっていました。

春一の声優は山口勝平(やまぐち・かっぺい)さん

そんな春一の声を担当するのは、芸能事務所「悟空」に所属する声優の山口勝平さん。同社の代表も務めています。身長160cmで、血液型はB型。イラストやギター、殺陣を趣味としています。1988年に放送されたテレビアニメ『どんどんドメルとロン』の船員A役で声優デビューを果たし、1989年から放送を開始したテレビアニメ『らんま1/2』の主人公・早乙女乱馬役を担当したことで、声優としての本格的なキャリアを積み始めることになりました。

『らんま1/2』以外でも高橋留美子さん原作のアニメに出演する機会が多く、これまでに『犬夜叉』の主人公・犬夜叉役、『境界のRINNE』の主人公の父親・六道鯖人役などを担当。その他にも、『名探偵コナン』の工藤新一役と怪盗キッド(黒羽快斗)役、『ONE PIECE』のウソップ役、 『ふたりはプリキュア』のフラッピ役などで知られています。

『鬼灯の冷徹』キャラクター13:地獄の門番 牛頭(ごず)

牛頭は、地獄の門番を務めている獄卒。牛の頭に人間の身体を持った女性獄卒で、その角は天界の薬膳鍋の材料にもなっています。天国の桃源郷で漢方薬をつくる仕事をしている白澤に対して猛烈なアプローチをし、強烈な力で抱きしめたことで悶絶させてしまったことも。

牛頭の声優は山田栄子(やまだ・えいこ)さん

そんな牛頭の声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の山田栄子さん。1954年6月13日生まれで、神奈川県出身。身長161cmで、血液型はAB型。1979年に放送された高畑勲さんが監督を務めたテレビアニメ『赤毛のアン』のアン・シャーリー役で声優デビューを果たしました。

デビューした当初は少女役を担当する機会が多くありましたが、『太陽の使者 鉄人28号』の金田正太郎役や『キャプテン翼』の岬太郎役など、少年役を担当する機会も次第に増えていくようになりました。「世界名作劇場シリーズ」では地上波放送された23作品のうち10作品に出演しており、『赤毛のアン』だけでなく『愛の若草物語』でも主人公の声を担当しています。1985年に放送された『小公女セーラ』では、主人公の可憐な少女・セーラをいじめるラビニア・ハーバート役を演じました。

『鬼灯の冷徹』キャラクター14:地獄の門番 馬頭(めず)

馬頭は、地獄の門番を務めている獄卒。馬の頭に人の身体を持った女性獄卒で、そのヒズメは地獄の天罰鍋の材料にもなっています。同じ地獄の門番の仕事をしている牛頭との相性とコンビネーションは抜群であり、シンクロナイズドスイミングの大会に出て優勝したこともあります。逃げ出そうとする亡者がいれば、俊足で追いつきその怪力で叩きつぶすことが可能です。

馬頭の声優は島本須美(しまもと・すみ)さん

そんな馬頭の声を担当するのは、フリーで活動する声優の島本須美さん。1954年12月8日生まれで、高知県出身。身長160cmで、血液型はA型。1979年に放送されたテレビアニメ『ゼンダマン』の第3話「エデンの園だよ!ゼンダマン」のゲストキャラクター・イブ役で声優デビューを果たし、同年に放送されたテレビアニメ『ザ☆ウルトラマン』のヒロイン・星川ムツミ役で初レギュラーを担当しました。

宮崎駿さんが監督するアニメとの関わりが深く、これまで『ルパン三世 カリオストロの城』のクラリス・ド・カリオストロ役、『風の谷のナウシカ』のナウシカ役、『となりのトトロ』の草壁靖子(お母さん)役、『もののけ姫』のトキ役などを担当。その他にも、『めぞん一刻』の音無響子役、『それいけ!アンパンマン』のしょくぱんまん役、『名探偵コナン』の工藤有希子役などをこれまでに担当しています。

『鬼灯の冷徹』キャラクター15:記録課の主任 葉鶏頭(はげいとう)

葉鶏頭は、閻魔庁の記録課清書班の主任を務めている鬼。スキンヘッドで眼鏡をかけており、その頭からは2本の角を生やしています。周りからは「ハゲィさん」と呼ばれており、「ィ」を省略して呼ばれたくはない様子。記録課で文字と向き合い続けているうちに毛根が死滅してしまったようですが、その仕事ぶりは匠の域に達しており、速い上に達筆を書くことも可能。文字のプロなので、速読もできます。

ワーカーホリック気味ではあるものの働き者なので、鬼灯が閻魔庁に連れてきた座敷童子の一子(いちこ)と二子(にこ)から好かれ、懐かれています。「Comer×Comer(カマー×カマー)」というブランドを持つデザイナー・カマ彦の弟で、芸能関係のイベントショーなどの広告の文字デザインは、葉鶏頭が企画を担当しています。

葉鶏頭の声優は上田燿司(うえだ・ようじ)さん

そんな葉鶏頭の声を担当するのは、アミュレートに所属する声優の上田燿司さん。1971年8月7日生まれで、兵庫県出身。血液型はO型で、声楽を趣味としています。これまでに『ノー・ガンズ・ライフ』のヒュー・カニンガム役、『ACCA13区監察課』のオウル役、『攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』のパズ役などを担当。

2012年に放送された『ジョジョの奇妙な冒険』では主要キャラクターのロバート・E・O・スピードワゴン役を担当し、同作のwebラジオ『JOJOraDIO』において自身初となるメインパーソナリティーを担当しました。妻は、『覇王大系リューナイト』のカッツェ役や『機動戦艦ナデシコ』のエリナ・キンジョウ・ウォン役などで知られる同じ声優の永島由子(ながしま・ゆうこ)さん。

『鬼灯の冷徹』キャラクター16:お迎え課のメス猫獄卒 火車(かしゃ)

火車は、お迎え課に所属しているメスの化け猫。元々は亡者の死体をたいらげる妖怪でしたが、現世に出張中だった鬼灯からのスカウトを受けて獄卒になりました。お迎え課では、生前に悪行を重ねたことで裁判を経ることなく地獄に行くことが決定した亡者を収容し、連行する仕事をしています。

スチームパンクやゲームの世界観を好んでおり、ロールプレイングゲームにハマっています。サイドカーを使用する走り屋でもあり、その速さから鬼灯が視察に行く際に利用することもあります。

火車の声優はくじらさん

そんな火車の声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優のくじらさん。1961年4月1日生まれで、東京都出身。 身長164cmで、血液型はB型。本名および旧芸名は「松本和香子(まつもと・わかこ)」。その個性的な芸名は、声優の千葉繁さんによって命名されました。

しゃがれた低い声が特徴的で、これまでに『クッキングパパ』の荒岩カツ代役、『NARUTO -ナルト-』の大蛇丸役、『銀魂』のお登勢役などを担当しています。

『鬼灯の冷徹』キャラクター17:お迎え課の責任者 荼吉尼(だきに)

荼吉尼は、お迎え課の責任者を務める女性。現世では稲荷神を兼任しています。鬼灯曰く「誰でも一度は妄想するイカン女教師」で、その美しさから開設当初の閻魔庁の求人ポスターのモデルを務めたこともあります。彼女の部屋に連れていかれてお仕置きされるとドM気質になってしまい、お迎え課の部屋から異様な叫び声が聞こえることから他の課からは恐れられています。

元々は死期の近い人間に近づいてその心臓や血肉を食らう鬼女で、中国から日本に逃亡してきた九尾の狐の妲己(だっき)と意気投合して好き勝手に荒らし回っていました。それを元祖・稲荷神の宇迦御魂(うかのみたま)から「2人のせいで祟り神だと風評被害が凄まじい」と咎められ、そこにやってきた鬼灯からの仲裁を経て、閻魔庁に就職することになりました。お迎え課では、生前に善行を重ね天国行きが決定しているような亡者を迎えに行く仕事をしています。妲己やリリスを含めた「世界悪女の会」のメンバーの1人でもあり、その中ではツッコミ役を務めています。

荼吉尼の声優は田中敦子(たなか・あつこ)さん

そんな荼吉尼の声を担当するのは、マウスプロモーションに所属する声優の田中敦子さん。 1962年11月14日生まれで、群馬県出身。身長164cmで、血液型はO型。1992年に公開された洋画『不法侵入』のマデリーン・ストウ役の吹き替えで声優デビューを果たし、1995年に公開されたアニメーション映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の草薙素子役を演じた頃からアニメやゲームでの仕事が増えるようになりました。

「あっちゃん」や「あつを」という愛称で親しまれていますが、草薙素子役を演じたことから「少佐」という愛称でも親しまれています。艶のあるやや低い声が特徴的で、その他にもこれまでに『名探偵コナン』の領域外の妹 (メアリー・世良)役、『Fate/stay night』のキャスター役、「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」のリサリサ(エリザベス・ジョースター)役などを担当。2020年に「第14回声優アワード」にて外国映画・ドラマ賞を受賞しています。

『鬼灯の冷徹』キャラクター18:技術課の獄卒 烏頭(うず)

烏頭は、技術課に所属している獄卒。頭に2本の角がある茶髪の鬼で、鬼灯とは神代からの付き合い。死後に鬼となって黄泉に渡ってきた鬼灯に退位し、最初に声をかけたのが彼でした。小さい頃はガキ大将気質のいたずら好きで、無断で黄泉を抜け出し、現世にいる木花咲耶姫(このはなさくやひめ)に会いに行こうと発案したことも。

物の修理は特に苦もなくできますが、今も昔も読み書きに関しては苦手で、語彙に乏しい上に字も汚いために報告書が読めないと苦情を寄せられることも。今でも勉強は苦手ですが、機械いじりが好きで現世からカラクリなどを取り寄せて改造することもあります。技術課で取り扱う拷問器具には毒を使用するものもあるため、毒物や劇薬の取扱い免許を取得していますが、幼馴染の蓬(よもぎ)曰く試験には14回落ちているとか。開発に熱中するあまり資料室などで激論を繰り広げて鬼灯に叱られることもよくあり、勤務態度に難があるために「フンコロガシ屎泥課」に2回左遷されたことも。

烏頭の声優は鳥海浩輔(とりうみ・こうすけ)さん

てきとう

そんな烏頭の声を担当するのは、アーツビジョンに所属する声優の鳥海浩輔さん。1973年5月16日生まれで、神奈川県出身。 身長170cmで、血液型はO型。歌や音楽、料理などを趣味・特技としています。1996年に放送されたテレビアニメ『家なき子レミ』のアンリ役でテレビアニメデビューを果たし、「デ・ジ・キャラットシリーズ」に登場するリク・ハイゼンベルク役で本格的なブレイクを果たしました。

その他にもこれまでに、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の愛島セシル役、『弱虫ペダル』の今泉俊輔役、『刀剣乱舞-ONLINE-』の三日月宗近役などを担当。幼少期の烏頭役に関しては、コギット役と同じ佐藤はなさんが担当しています。

『鬼灯の冷徹』キャラクター19:技術課の獄卒 蓬(よもぎ)

蓬は、技術課に所属している獄卒。黒髪に3本の角を生やした鬼で、烏頭と同じく鬼灯とは神代から付き合いがあります。昔はやや臆病な性格で、烏頭や鬼灯に振り回されることもありました。サブカル好きで作中作『鬼卒道士チャイニーズエンジェル』の大ファンでもあり、そのこととなると熱く語り出してしまうことも。

危ない技術企画を生み出す烏頭のことをよく諌めていますが、女性型拷問器具の開発に関しては積極的になることも。拷問器具や機械獄卒に関する企画・開発を烏頭が担当し、それを実用できるように調整する役を蓬が担当し、現場で実際に使用するか採用を検討する役を鬼灯が担当する、というのが基本的な流れになっています。

蓬の声優は水島大宙(みずしま・たかひろ)さん

そんな蓬の声を担当するのは、アクセルワンに所属する声優の水島大宙さん。1976年6月14日生まれで、神奈川県出身。身長173cmで、血液型はA型。ツーリングやドライブを趣味・特技としています。

2000年に放送されたテレビアニメ『幻想魔伝 最遊記』の百眼魔王の手下役で声優デビューを果たし、その他にもこれまでに『コードギアス 反逆のルルーシュR2』のロロ・ランペルージ役、『テイルズ オブ グレイセス』のヒューバート・オズウェル役、『Fate/EXTRA CCC』のガウェイン役などを担当。2014年に「TAKA」の名義で1stミニアルバム『Reflection』を発売し、歌手デビューも果たしています。

蓬の幼少期の声優は喜多村英梨(きたむら・えり)さん

証×明 -SHOMEI-【初回限定盤】

幼少期の蓬の声を担当するのは、フリーで活動している声優の喜多村英梨さん。1987年8月16日生まれで、東京都府中市出身。 身長157cmで、血液型はA型。「キタエリ」や「オタエリ」などの愛称で親しまれています。子役出身で、その頃は「岡村英梨」の名義で『ズッコケ三人組』や『ウルトラマンダイナ』などに出演していました。

2003年に放送されたテレビアニメ『LAST EXILE』のタチアナ・ヴィスラ役)で声優デビューを果たし、2005年に放送されたテレビアニメ『BLOOD+』の音無小夜役で初の主人公役を担当。その他にもこれまでに、「〈物語〉シリーズ」の阿良々木火憐役、『魔法少女まどか☆マギカ』の美樹さやか役、『這いよれ! ニャル子さん』の八坂真尋役などを担当しています。イラストを描くことが得意で、『戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校』では、特典用のイラストを担当したこともあります。

『鬼灯の冷徹』には豪華声優が勢ぞろい!

公式コミックコンプリートガイド 鬼灯の冷徹 ~地獄の大事典~ (KCデラックス)

ここまで『鬼灯の冷徹』に登場する地獄の獄卒たちを中心にご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

『鬼灯の冷徹』はキャラクター数の多い作品ですが、それぞれの役を声優の方たちが魅力たっぷりに演じているのが素敵ですよね。ぜひ原作の漫画だけでなく、テレビアニメの方もチェックしてみてくださいね。

記事にコメントするにはこちら