【僕のヒーローアカデミア】登場人物紹介<脇役キャラ&劇場版編>

カテゴリーまとめはこちら:僕のヒーローアカデミア

堀越耕平さんによる大人気ヒーロー漫画作品『僕のヒーローアカデミア』。世界総人口の約8割が超常能力「個性」を持って生まれるようになった社会を舞台に、主人公の少年・緑谷出久(みどりや・いずく)が、「平和の象徴」と称えられるNo.1ヒーロー・オールマイトから「ワン・フォー・オール」という「個性」を受け継ぎ、最高のヒーローになるべく成長する様が描かれます。そんな本作に登場する脇役や劇場版作品のキャラクターを中心にご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『僕のヒーローアカデミア』とは?

僕のヒーローアカデミア コミック 1-15巻 セット

「ヒロアカ」の通称でおなじみの『僕のヒーローアカデミア』は、ヒーローを目指す少年少女たちが成長していく姿を描いた漫画作品。作者は、『魔ヶ刻動物園』や『戦星のバルジ』の連載経験のある堀越耕平(ほりこし・こうへい)さん。『僕のヒーローアカデミア』は、「赤マルジャンプ 2008 WINTER」に掲載された短編漫画作品『僕のヒーロー』を前身としてつくられた作品で、集英社発行の「週刊少年ジャンプ」にて2014年32号から連載が開始。テレビアニメ第5期の制作が決定した時点で、累計発行部数が2800万部を突破するほどの人気を博しています。

テレビアニメは2016年に第1期が放送されてから第2期、第3期と制作が続けられ、2021年春には第5期が放送される予定です。テレビアニメだけでなく劇場版作品も制作されており、2018年に『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜』、2019年に『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』が公開されました。2021年夏には第3弾となる映画の公開が予定されており、さらに同年春から本作初となる原画展「僕のヒーローアカデミア展 DRAWING SMASH」の開催も予定されています。

物語のあらすじ

本作の舞台となるのは、世界総人口の約8割が超常能力「個性」を持って生まれるようになった社会。その「個性」を悪用して問題行動を起こす「敵(ヴィラン)」が増えていく一方、その「個性」を人々を守るために活用し、ヴィランと戦う者たちは「ヒーロー」として厚い信頼を寄せられるようになりました。

主人公は、世界総人口の約2割にあたる超常能力を持つことのなかった「無個性」の少年・緑谷出久(みどりや・いずく)。幼い頃から人々を守るために活躍するヒーローたちの姿に強い憧れを抱いてきた出久は、「平和の象徴」と称えられるNo.1ヒーローのオールマイトと出会い、人から人へと受け継がれる彼の個性「ワン・フォー・オール」の継承者となります。多くのヒーローたちがかつて通った名門校「雄英高校」に入学した出久は、仲間たちと協力し合う日々を送りながら、最高のヒーローを目指して活躍していくことになるのです。

ここからは、そんな本作に脇役や劇場版に登場したキャラクターを中心に、声情情報も交えてご紹介していきます!

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター1:緑谷出久の母親 緑谷引子(みどりや・いんこ)

緑谷引子は、緑谷出久の母親。出久と同じ緑色の髪をしたふくよかな女性で、年齢は42歳で誕生日は7月4日。身長は160cmで、ちょっとしたものを引きつけることのできる「個性」を持っています。夫の久(ひさし)が海外へ単身赴任中のため、女手一つで息子の出久のことを育てています。ヒーローに憧れを抱く出久が「無個性」であることに母親として責任を感じてきましたが、オールマイトから「個性」を受け継いだことを秘密にしなければならない出久から「突然『個性』が発現した」と説明されてからはそれを信じ、手製のジャンプスーツを贈るなどして息子の夢を応援してきました。

しかし、雄英高校に進学してから出久が度々大怪我を負うことに関して次第に不安を覚えるようになり、雄英高校教師を務めるオールマイトが全寮制の説明のために家に来たときは、萎縮してしまいながらも親として学校を批判する姿勢を断固として貫きました。出久自身の強い意志とオールマイトの真摯な姿勢に突き動かされて出久が寮に入るのを許可することを決め、「命に代えても」と語ったオールマイトに対し「必ず生きて導いて」と声をかけました。

緑谷引子の声優は川上彩(かわかみ・あや)さん

そんな緑谷引子の声を担当するのは、賢プロダクションに所属する声優の川上彩さん。9月1日生まれで、東京都出身。打楽器演奏や水泳を趣味・特技としています。

これまでに、『甲鉄城のカバネリ』の小太郎役、『レイトン ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜』のリズ・ウェインズ役、『ブギーポップは笑わない』の小宮真理子役などを担当しています。『僕のヒーローアカデミア』では他にも、オールマイトのファンや、緑谷出久の幼馴染の爆豪勝己(ばくごう・かつき)の友人の声も担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター2:轟焦凍の母 轟冷(とどろき・れい)

轟冷は、雄英高校ヒーロー科1年A組に所属する轟焦凍(とどろき・しょうと)の母親。雪のように白い髪と黒い瞳を持った女性で、氷を操ることのできる強力な「個性」を持っています。夫は、No.2ヒーローのエンデヴァーこと轟炎司(とどろき・えんじ)。彼とは恋愛結婚をしたわけではなく、自身の目的に合致した氷を操るその「個性」に目をつけた彼が金と名声によって親族を丸め込んだことで、結婚することになりました。

末っ子の焦凍に対して優しく接していましたが、自分の「個性」にしか関心のない夫の言動が原因で次第に精神的に疲弊していくようになり、夫の炎を操る「個性」が発現した焦凍の顔の左側に熱湯を浴びせてしまったことをきっかけに、入院することになりました。他の子どもたちは頻繁に足を運んでいましたが、雄英体育祭を終えて自分自身を見つめ直した焦凍も足を運ぶようになり、数年越しに和解することができました。No.1ヒーローになった後、エンデヴァーも自分自身がこれまでやってきたことを振り返るようになり、家族のことを見つめ直そうとしています。

轟冷の声優は根谷美智子(ねや・みちこ)さん

そんな轟冷の声を担当するのは、フリーランスで活動する声優の根谷美智子さん。1965年10月4日生まれで、福岡県出身。身長156cmで、血液型はA型。スキーを特技としています。高校時代に声優という職業があることを知ったときに「これをやろう」と急に思い立ったことをきっかけに、この職業を目指すことを決めました。

1988年に放送されたテレビアニメ『ハーイあっこです』で声優デビューを果たし、1992年に放送されたテレビアニメ『地球SOS それいけコロリン』のフロン役でレギュラーデビューを果たしました。成人女性や元気の良い少女の役を担当する機会が多く、その他にもこれまでに『鋼の錬金術師』のリザ・ホークアイ役、『交響詩篇エウレカセブン』のタルホ・ユーキ役、『テイルズ オブ ジ アビス』のナタリア・ルツ・キムラスカ・ランバルディア役などを担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター3:轟焦凍の姉 轟冬美(とどろき・ふゆみ)

轟冬美は、轟焦凍の姉。No.2ヒーローのエンデヴァーと轟冷との間に産まれた第2子で、長女です。赤の入り混じった白い髪と眼鏡を特徴とした女性で、年齢は22歳で誕生日は12月6日。身長は160cmです。轟家には焦凍と冬美も含めて4人の子どもがいますが、末っ子の焦凍を除いた全員がエンデヴァーの望む「個性」を持って生まれなかったため、彼からの英才教育を受ける焦凍とは距離を置かされたまま他の兄弟たちとよく遊んでいました。

その一方で、父親のエンデヴァーから虐待に近い教育を受けていた弟の焦凍に対して何もしてあげられなかったことに負い目を感じており、小学校教諭の職につくことを決めました。精神的な事情から入院している母親によく会いに行っており、他の兄弟たちとも良好な関係を築いているため、エンデヴァーは彼女の存在に救われていることを認めています。

轟冬美の声優は真堂圭(しんどう・けい)さん

そんな轟冬美の声を担当するのは、アクセルワンに所属している声優の真堂圭さん。本名は「齋藤圭(さいとう・けい)」で、以前は「斉藤圭」という芸名で活動していました。1984年9月10日生まれで、千葉県出身。身長151cmで、血液型はA型。猫と遊ぶこととゲームを趣味としています。3歳上の姉からの勧めで、テレビアニメ『SPEED GRAPHER』のヒロイン・天王洲神楽役の一般公募オーディションに参加し、見事起用が決定したことから、養成所でレッスンを受けることなく声優デビューを果たしました。

これまでに「一騎当千 シリーズ」の劉備玄徳役、『メタルファイト ベイブレード』の天野まどか役、『Fate/Apocrypha』の赤のアサシン役などを担当。アニメ「ポケットモンスターシリーズ」では、「ダイヤモンド&パール」から毎作参加している常連声優の1人で、『ポケットモンスター サン&ムーン』ではリーリエ役でレギュラーキャラクターを担当しました。『僕のヒーローアカデミア』では他にも、雄英高校ヒーロー科1年A組の耳郎響香(じろう・きょうか)役、幼少期の轟焦凍役なども担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター4:轟焦凍の次兄 轟夏雄(とどろき・なつお)

轟夏雄は、轟焦凍の兄。No.2ヒーローのエンデヴァーと轟冷の間に産まれた第3子で、次男です。母と同じ白い髪をした少年で、年齢は19歳で誕生日は7月1日。身長は181cmです。大学では医療福祉に関する勉強をしており、付き合っている女性もいる様子。

姉の冬美と同様、エンデヴァーの望んでいた「個性」を持って産まれなかったために「失敗作」とされ、「成功作」の弟の焦凍とは距離を置かされたまま大きくなりました。母から「夏くん」、冬美から「夏」、焦凍からは「夏兄(なつにい)」と呼ばれており、母や姉弟とは良好な関係を築いていますが、自分の望みのために母や兄弟に対して酷い仕打ちをしてきた父のエンデヴァーのことを許すことはできず、複雑な感情を抱いています。

轟夏雄の声優は新祐樹(しん・ゆうき)さん

そんな轟夏雄の声を担当するのは、賢プロダクションに所属する声優の新祐樹さん。1994年3月6日生まれで、神奈川県出身。料理やフットサル、サバイバルゲームなどを趣味・特技としています。

これまでに、『ヘボット!』のモエル役、『最響カミズモード!』のゴウテツ役、『憂国のモリアーティ』のテイト・パーシヴァル役などを担当しています。『僕のヒーローアカデミア』では他にもアナウンサーの声も担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター5:轟焦凍の長兄 轟燈矢(とどろき・とうや)

轟燈矢は、轟焦凍の兄。エンデヴァーと轟冷との間に産まれた第1子で、長男です。炎を操る「個性」を持ったエンデヴァーを超える火力を持つ炎を「個性」で扱えていたことから、エンデヴァーから大きく期待されていましたが、母親の「暑がり」という体質を受け継いだために「個性」と身体が合わないことが発覚し、彼から失望されて「失敗作」と評され、「最高傑作」の三男の焦凍とは距離を置かされて生活することになりました。

後にエンデヴァーが修行のために使っていた山での火事に巻き込まれ、下顎の骨の一部を残して行方不明に。エンデヴァーも必死の捜索を続けたものの、息子を見つけ出すことは叶わず「死亡扱い」となりました。燈矢の喪失は轟家に濃い影を落としており、父親から見限られて心に深い傷を負った兄から泣いてすがられた経験のある弟・夏雄はエンデヴァーのことを強く拒絶しており、現在ではエンデヴァーもまた燈矢は自分が殺してしまったも同然だと深い後悔の念を抱くことになったのでした。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター6:爆豪勝己の父親 爆豪勝(ばくごう・まさる)

爆豪勝は、雄英高校ヒーロー科1年A組に所属する爆豪勝己の父親。四角い眼鏡と口髭が特徴的な男性で、年齢は42歳で誕生日は3月15日。身長は177cmです。「個性」は、掌から可燃性の汗を出すことのできる「酸化汗」。汗のようにじわっとしか出ず、勢いよく両手を擦り続けることで爆発します。

好戦的な性格の息子の勝己とは対照的な控えめな性格の持ち主で、妻の光己(みつき)にも息子の勝己にも頭が上がらない様子。かつてヒーローに憧れている時期もありましたが、やがてデザインに興味を持つようになり、それ関係の仕事につくことを選びました。その仕事先で出会った光己から猛アタックされ、結婚することになりました。

爆豪勝の声優は武田太一(たけだ・たいち)さん

そんな爆豪勝の声を担当するのは、賢プロダクションに所属する声優の武田太一さん。9月4日生まれで、兵庫県出身。関西弁と少々のベトナム語、空手を趣味・特技としています。

これまでに『イナズマイレブン オリオンの刻印』のパスカル役やマセロ役、『ハイキュー!! TO THE TOP』の大見太郎役、『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』のデイビッド・ノース役などを担当しています。『僕のヒーローアカデミア』では他にも、公安委員やヒーローの声も担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター7:爆豪勝己の母親 爆豪光己(ばくごう・みつき)

爆豪光己は、爆豪勝己の母親。息子の勝己とそっくりな見た目をした薄茶色の髪の女性で、 年齢は38歳で誕生日は12月1日。身長は170cm。保湿効果を持っている「グリセリン」という「個性」の持ち主です。明るく芯のある性格の持ち主で、「ババア」と言ってくる乱暴な息子の勝己といつもやり合っています。

合宿中に勝己が「敵(ヴィラン)連合」に誘拐されてしまった一件もあり、雄英高校に全寮制を導入することに関して説明する家庭訪問は難航するだろうと思われていましたが、雄英高校教師のオールマイトとイレイザーヘッドの予想に反し、勝己が寮に入ることはあっさりと受け入れられました。光己曰く、勝己のクラスの担任を務めるイレイザーヘッドの記者会見での発言から、幼い頃から何でもできたばかりに周りからチヤホヤされることの多かった息子のことをきちんと見てくれていると感じたことが理由で、家庭訪問に訪れた教師の2人に対し、「良いヒーローにしてやってください」と頭を下げています。

爆豪光己の声優その1は喜代原まり(きよはら・まり)さん

そんな爆豪光己の声を担当するのは、賢プロダクションに所属する声優の喜代原まりさん。6月22日生まれで、福岡県出身。太極拳や北九州弁、図書館司書などを趣味・特技に挙げています。これまでに『チーズスイートホーム あたらしいおうち』の明石康子役、『はなかっぱ』のカラバッチョの母役、『ベルセルク』のセルピコの母親役などを担当。

海外作品の吹き替えでは、シンシア・ロスロックさん演じる『エクスペンダブル・レディズ』のモナ・ケンダル役、サリタ・チョウドリーさん演じる『しあわせへのまわり道』のジャスリーン役、キム・ディケンズさん演じる『チェイス・ザ・ドリーム』のアイリーン役などを担当しています。

爆豪光己の声優その2は足立由夏(あだち・ゆか)さん

爆豪光己の声を担当するもう1人の声優は、マウスプロモーションに所属する足立由夏さん。8月10日生まれで、東京都出身。打楽器演奏や読書、料理などを趣味・特技としています。これまでに『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』の月山チアキ役、『幻想水滸伝 紡がれし百年の時』のツェレンドラム役、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』のファラ・カリム役などを担当。

海外作品の吹き替えでは、シャウネット・レニー・ウィルソンさん演じる『レジデント 型破りな天才研修医』のミーナ・オカフォー役、ヴァネッサ・カービーさん演じる『フランケンシュタイン・クロニクル』のジェマイマ・ハーヴェイ役などを担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター8:娘を愛する夫婦 麗日お茶子の両親

麗日お茶子の両親は、娘のお茶子のことを大切にしている夫婦。父親は短い髪に無精髭を生やしたガタイの良い男性で、母親はセミロングの髪を額の真ん中で分けた女性で、お茶子と同じように頰に赤丸があります。父親は三重県で建設会社を経営していますが、あまり儲かってはいない様子。

お茶子がヒーローを目指していることを心から応援しており、雄英体育祭が終了した後に、親元から離れて生活しているお茶子にサプライズ訪問しました。

麗日お茶子の父親の声優は松田修平(まつだ・しゅうへい)さん

そんな麗日お茶子の父親の声を担当するのは、賢プロダクションに所属する声優の松田修平さん。9月1日生まれで、神奈川県出身。ギターやベースを趣味・特技に挙げています。これまでに『ハイキュー!! セカンドシーズン』の強羅昌己役や飯坂信義役、『賢者の孫』のカルロス=ベイル役、『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』のカムイ役などを担当。

『僕のヒーローアカデミア』では他にも、雄英高校ヒーロー科1年B組の担任教師のブラドキング役、ヒーロービルボードチャートJP下半期において第12位にランクインしたシャチヒーローのギャングオルカ役、消火活動を得意としているプロヒーローのバックドラフト役、「敵連合」のメンバーの1人で全身を黒い拘束着で包んだムーンフィッシュ役なども担当しています。

麗日お茶子の母親の声優は江場梨絵子(えば・りえこ)さん

麗日お茶子の母親の声を担当するのは、司会者やナレーター、声優としての活動経験のある江場梨絵子さん。7月23日生まれで、愛知県出身。声優としては、これまでにアニメ作品において『ガンダムビルドファイターズ』の美人女性役、『パックワールド』のおばあさん役を担当し、海外作品において『エレメンタリー2 ホームズ&ワトソン in NY』のフェリシア役、『アンダーカバー・ボス 社長潜入調査』のケイシャ役などの吹き替えを担当しています。

司会者としての経験が豊富で、これまでに婚礼の司会を数多く担当してきたほか、企業プレゼンテーションや試写会、医師会などの司会も担当してきています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター9:耳郎響香の父親 耳郎響徳(じろう・きょうとく)

耳郎響徳は、雄英高校ヒーロー科1年A組に所属する耳郎響香の父親。ミュージシャン風の見た目をした強面の男性で、年齢は40歳で誕生日は1月16日。身長は171cmです。ロックを趣味とした作曲家で、妻の美香(みか)の音楽に関する才能に惚れ込んで結婚しました。「耳郎」という姓は妻側のものです。

雄英高校に全寮制を導入することを説明するために教師が家庭訪問に来た際は、背伸びをしてそれに反対する厳格な父親を演じようとしていましたが、実際はオールマイトの熱い戦いを見て感動し、娘の響香が彼からの指導を受けられることを涙を流しながら喜んでいた様子。茶目っ気のある性格で、娘には好きに人生を生きてほしいと願っています。

耳郎響徳の声優は樋渡宏嗣(ひわたり・こうじ)さん

そんな耳郎響徳の声を担当するのは、マウスプロモーションに所属する声優・俳優の樋渡宏嗣さん。1960年10月11日生まれで、東京都出身。身長180cmで、血液型はB型。殺陣やスキューバダイビング、サーフィンなどを趣味・特技としています。

これまでに『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』のハンス・エドアルド・ベルゲングリューン役、『フレッシュプリキュア!』のクライン役、『ふたりはプリキュア Max Heart』の志穂の父役などを担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター10:耳郎響香の母親 耳郎美香(じろう・みか)

耳郎美香は、耳郎響香の母親。眼鏡をかけた黒髪の女性で、年齢は36歳で誕生日は2月16日。身長は159cmです。「個性」は「耳タブジャック」で、娘の響香の「個性」の「イヤホンジャック」は彼女譲りのものです。彼女もまた夫と同じ音楽関係の仕事をしており、真面目で大人しそうな外見に反してパンクを好んでいます。

耳郎美香の声優は渡辺明乃(わたなべ・あけの)さん

そんな耳郎美香の声を担当するのは、大沢事務所に所属している声優の渡辺明乃さん。1982年11月18日生まれで、千葉県船橋市出身。身長164.5cmで、血液型はA型。声優として活躍する傍ら、社会人を中心に構成されたヘヴィメタルバンド「ちびらり」のボーカルも務めています。元は劇団日本児童所属の子役として活躍していましたが、『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』の苗木誠役や『幽☆遊☆白書』の蔵馬役などで有名な声優の緒方恵美(おがた・めぐみ)さんの影響を受けて声優に転向することを決めました。

声優としてデビューしたのは、2001年に放送されたテレビアニメ『あぃまぃみぃ!ストロベリー・エッグ』に登場するヒロインの樟葉楓子役。その他にもこれまでに、『To LOVEる -とらぶる-』の結城リト役、『Free!』の松岡江役、『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』のクロキ・アンジュ役などを担当。『僕のヒーローアカデミア』では他にも、幼少期の緑谷出久役、雄英高校で近代ヒーロー美術史を担当する教師のミッドナイト役を担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター11:警官 塚内直正(つかうち・なおまさ)

塚内直正は、警部の階級にある警察官。ショートヘアの黒髪を7:3分けにした男性で、年齢は36歳で誕生日は4月4日。身長は180cmです。No.1ヒーローのオールマイトとは旧知の関係で、彼に関する秘密も知っています。警察官の仕事で必要とされる分析力とプロファイリング能力が非常に高く、「敵連合」の関わった事件を全般的に担当しています。

「敵連合」が雄英高校を襲撃したUSJ襲撃事件が起きた際には、後でオールマイトたちにそのときの事情を聞きに来たほか、雄英高校ヒーロー科1年A組に所属する爆豪勝己が「敵連合」に誘拐されてしまった際には、救出作戦の現場の指揮をとっていました。公式スピンオフ作品の『ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミアILLEGALS-』では、妹の塚内真(つかうち・まこと)も登場しています。

塚内直正の声優は川島得愛(かわしま・とくよし)さん

そんな塚内直正の声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の川島得愛さん。1973年2月8日生まれで、東京都出身。身長177cmで、血液型はA型。『それいけ!アンパンマン』のばいきんまん役や『ドラゴンボールZ』のフリーザ役などで知られる中尾隆聖(なかお・りゅうせい)さんと、『忍たま乱太郎』の土井先生役や『新機動戦記ガンダムW』のデュオ・マックスウェル役などで知られる関俊彦(せき・としひこ)さんが主宰する演劇カンパニー「ドラマティック・カンパニー」のメンバーでもあります。

これまでに『電脳冒険記ウェブダイバー』のジャガオン役、『英國戀物語エマ』のウィリアム・ジョーンズ役、『GIANT KILLING』の後藤恒生役などを担当。海外作品の吹き替えの経験も豊富で、ジョン・ロイド・ヤングさん演じる『ジャージー・ボーイズ』のフランキー・ヴァリ役、マイケル・ファスベンダーさん演じる『スティーブ・ジョブズ』のスティーブ・ジョブズ役、ショーン・ビガースタッフさん演じる「ハリー・ポッターシリーズ」のオリバー・ウッド役などを担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター12:警官 玉川三茶(たまがわ・さんさ)

玉川三茶は、塚内直正の部下の警察官。猫そのものの顔をした人物で、首には鈴をつけています。年齢は33歳。警察官らしい真面目な性格で正義感も強く、自分の担当した事件は大きさに囚われずに真摯に取り組み、地道なものであっても熱心に取り組んでいます。基本的に行動する際は塚内直正と一緒。休日には毛づくろいをして癒されています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター13:警察署署長 面構犬嗣(つらがまえ・けんじ)

面構犬嗣は、保須警察署の署長を務める人物。垂れ耳の犬そのものの顔をした人物で、その外見よろしく語尾に「ワン」をつけて喋ります。普段の態度も行動も紳士的で、雄英高校ヒーロー科1年A組に所属する緑谷出久・飯田天哉(いいだ・てんや)・轟焦凍の3人が、「ヒーロー殺し」のヴィランのステインの逮捕に大きく貢献した際は、彼らがまだ資格を取得していないこと、そして保護管理者の指示のないまま「個性」を使用したことを踏まえ、彼らの将来を守るために詳細を隠す道を選びました。その結果、ステイン逮捕の功労者はNo.2ヒーローのエンデヴァーだと世間には知られることになりました。

面構犬嗣の声優は竹内良太(たけうち・りょうた)さん

そんな面構犬嗣の声を担当するのは、青二プロダクションに所属する声優の竹内良太さん。1982年9月22日生まれで、兵庫県出身。身長180cmで、血液型はA型。剣道や弓道、オートバイ、ツーリングなどを趣味・特技としています。2011年に発売されたゲーム『エルシャダイ』に登場するルシフェル役で声優としてのブレイクを果たしました。

その他にもこれまでに、『クロスファイト ビーダマン』のドラヴァイス役、『ハイキュー!!』の牛島若利役、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のジャスレイ・ドノミコルス役などを担当。妻は、『ガイストクラッシャー』の新田ケン役、『ヘボット!』のネバネバット役などで知られる同じ声優の寺島愛(てらしま・あい)さん。彼女とその弟の寺島博樹(てらしま・ひろき)さんの3人で構成されたユニット「0Gauge」のメンバーとしても活動しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター14:警官 ゴリさん

ゴリさんは、ゴリラのような容姿をした警察官。人情に厚い性格の持ち主で、犯罪動画を次々とネット上にアップしていたヴィランのジェントル・クリミナルが捕まった際、協力者の女性のラブラバのことをかばう彼に対し、「人生やり直せねぇなんて言う奴はな、やり直す気のねぇヤロウか、結果を急ぐせっかち野郎だけだ」と言って更生を促しました。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター15:爆豪勝己と緑谷出久の友人 ツバサ

ツバサは、爆豪勝己と緑谷出久の幼少期の友人。小太りの少年で、その名前の通り背中から翼を生やして飛ぶことのできる「個性」を持っています。幼少期はよく一緒に遊んでいましたが、同じ中学校には進学しませんでした。

医者の息子で、出久が「無個性」だと診断した病院院長は彼のおじいちゃんにあたります。保須襲撃時に出久のことをさらおうと試みた翼のある脳無(のうむ)は、彼と何らかの関係がある様子です。その声は、緑谷引子役と同じ川上彩さんが担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター16:ニュースキャスター 宮城大角(みやぎ・だいかく)

宮城大角は、ニュース番組で活躍しているキャスター。どちらか片方に寄ることのない公平な立場から、わかりやすい解説をしているため、お茶の間からは厚い信頼を寄せられています。「ビッグホーン」という「個性」を持っていましが、自身のツノがフリップや映像を隠してしまうことがあったことから、片方を切除することを選択。

彼の視聴者思いのその行動は世間からの賞賛を浴びることになりましたが、一部の人権団体からは「個性」の否定という意味合いから差別の助長に繋がってしまうという批判も受けました。そうした批判を受け止めながらも、今日もニュースを伝え続けています。

宮城大角の声優は井上剛さん

そんな宮城大角の声を担当するのは、シグマ・セブンに所属している声優の井上剛さん。1978年4月19日生まれで、佐賀県出身。身長170cmで、血液型はA型。趣味はビリヤードとゲームで、特技は徹夜と暗記です。2000年代から活動を開始し、これまでに『TIGER & BUNNY』のスカイハイ(キース・グッドマン)役、『されど罪人は竜と踊る』のジェノン役、『D.Gray-man HALLOW』のコムイ・リー役などを担当。

『Axis Powers ヘタリア』ではスペイン役を担当しており、2010年のサッカーワールドカップにおいてスペインが優勝した際は、井上剛さんのツイッターアカウントに祝福のメッセージが寄せられたことも。『僕のヒーローアカデミア』では他にも、「ヒーロー殺し」の異名で知られるヴィランのステイン役も担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター17:両親をなくした少年 出水洸汰(いずみ・こうた)

出水洸汰は、ベテランヒーローチーム「ワイルド・ワイルド・プッシーキャッツ」に所属するマンダレイの元に身を寄せている少年。2本のツノのついたキャップを被った黒髪の少年で、 年齢は5歳で誕生日は12月12日。身長は107cmで、名称は不明ですが掌から水を噴出することのできる「個性」を持っています。

両親はプロヒーローとして活躍していたウォーターホース。2年前にあったヴィランとの戦闘で市民を守るために殉職した後、洸汰は両親の従兄妹のマンダレイの元に預けられることになりました。両親がそのような経緯で亡くなって以来心を閉ざして捻くれた態度をとるようになり、危険の中に飛び込んで命をかけるヒーローそのものに反発を抱くように。しかし、林間合宿襲撃事件の際に親の仇のヴィラン・マスキュラーから殺されそうになった際、緑谷出久が自分のことを命がけで救助してくれたことから心境が変化するようになり、自分にとってのヒーローは出久だと感謝の念を抱くようになりました。

出水洸汰の声優は山崎(やまざき)みちるさん

そんな出水洸汰の声を担当するのは、賢プロダクションに所属している声優の山崎みちるさん。1978年2月10日生まれで、茨城県出身。これまでに『メダロット』の天領イッキ役、『金色のガッシュベル!!』のパピプリオ役、『東京魔人學園剣風帖 龖』の織部雪乃役などを担当しています。

『美少女戦士セーラームーンCrystal』の愛野美奈子(セーラーヴィーナス)役や『ハヤテのごとく!』の桂ヒナギク役などで有名な伊藤静(いとう・しずか)さんと、『ドキドキ!プリキュア』の相田マナ(キュアハート)役や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の沙織・バジーナ役などで知られる生天目仁美(なばため・ひとみ)と共に声優ユニット「しちみ」を組んだ経験も。過去には「劇団カムカムミニキーナ」に所属していたこともあり、自分でプロデュースした公演なども主催していました。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター18:仮免試験の試験官 目良善見(めら・よくみる)

目良善見は、ヒーロー公安委員会に所属している社会人。ボサボサのベージュ色の髪と眠たそうな目が特徴的な人物で、年齢は38歳で誕生日は3月9日。身長は171cmです。緑谷出久をはじめとした生徒たちの参加した仮免試験では試験官を務めており、日々激務に追われているためか、生徒たちの奮闘している試験を見守っている最中も明らかに眠そうで疲れた姿を見せており、それが終わったときには「やっと眠れる…」と口にしていました。仮免試験の補講の方も担当しています。

目良善見の声優は岩崎征実(いわさき・まさみ)さん

そんな目良善見の声を担当するのは、尾木プロ THE NEXTに所属する声優の岩崎征実さん。1971年10月25日生まれで、東京都出身。身長173cmで、血液型はO型。「チャッピー」や「岩ちゃん」の愛称で親しまれています。東京ヤクルトスワローズ愛やウエイトトレーニングを趣味に挙げており、殺陣やヌンチャク、顔がよく動くことを特技として挙げています。

これまでに『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』のズィー・ズィー役、「ジュエルペットシリーズ」のイルカ先生役、『ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー』のビッグホーン役などを担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター19:小学校のクラス担任 生駒小麿里(いこま・こまり)

生駒小麿里は、間瀬垣小学校で低学年のクラスを担当している新米先生。額の真ん中で前髪を分けたショートカットの黒髪の女性で、年齢は23歳で誕生日は1月26日。雄英高校ヒーロー科1年A組の爆豪勝己と轟焦凍、士傑高校ヒーロー科1年の夜嵐(よあらし)イナサと2年の現見(うつしみ)ケミィの4人が参加した仮免試験の補講の特別な試練「協力して子どもたちの心を掌握せよ」のために、間瀬垣小学校から児童たちを連れてきました。

気弱で涙もろい性格の女性で、世代の進んだ子どもたちの「個性」の増強、ヴィランたちの起こした様々な事件による社会への不信感なども背景にあったことで、生徒たちに対する「個性」の指導やカウンセリングを仕損じ、大人の言葉を一切聞き入れようとしない学級崩壊状態に陥ってしまったことを深く思い悩んでいました。仮免補講の特別な試練に挑んだ4人の頑張りによって、生徒たちが心からの笑顔を見せたことを喜んでいました。

生駒小麿里の声優は松本沙羅(まつもと・さら)さん

そんな生駒小麿里の声を担当するのは、ケンユウオフィスに準所属する声優の松本沙羅さん。5月25日生まれで、千葉県出身。寺社仏閣を調べることと体を動かすことを趣味とし、ラジオ体操第一を特技としています。2013年に韓国ドラマ『馬医』のホ・イスルさん演じるパク・ウンビ役の吹き替えで声優デビューを果たしました。

これまでに『ライフ イズ ストレンジ2』のダニエル・ディアス役、『半妖の夜叉姫』の日暮とわ役、『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』の雀乃なみだ役などを担当。海外作品の吹き替えでは、チョン・ジソさん演じる『パラサイト 半地下の家族』のパク・ダヘ役、スバーシュリーさん演じる『ムトゥ 踊るマハラジャ』のパドミニ役、キャサリン・ラングフォードさん演じる『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』のメグ・スロンビー役などを担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター20:エンデヴァーのファン 為田浩(ためだ・ひろし)

為田浩は、プロヒーローのエンデヴァーの熱狂的なファン。福岡に住むピンク色の短い髪を特徴とした少年で、年齢は18歳で誕生日は1月8日。身長は170cmです。彼がNo.1ヒーローに繰り上がる前のファンに媚びることのなかった姿勢をカッコいいと思っており、ウィングヒーローのホークスとのチームアップのために福岡に来ていた彼に偶然遭遇したとき、ファンサービスのために自分から手を差し出してくれた彼に対して思わず「変わってしもた」と嘆いて逃げてしまいました。

同日の昼、ハイエンドとの戦いでエンデヴァーが劣勢に陥り、街は大パニックの状態に。ハイエンドが大暴れしている様子を中継しているアナウンサーが、オールマイトのヒーロー引退による「象徴の不在」に関して話したことを耳にし、「今俺らの為に体張っとる男は誰や!! 見ろや!!」と大激怒。彼の叫びは全国のお茶の間に放送され、その後にエンデヴァーが無事に勝利を収めたこともあって「見ろや君」として小さなブームとなり、エンデヴァーの再評価に貢献することになりました。

為田浩の声優は町山芹菜さん

そんな為田浩の声を担当するのは、AIR AGENCYに所属している声優の町山芹菜さん。2000年10月5日生まれで、千葉県出身。趣味は映像鑑賞や掃除、お菓子づくりで、特技は人の顔を覚えることです。

これまでに『クリミナルガールズX』のホタル役、『葛唄-カズラウタ-』の真下誌折役、『蒼天のスカイガレオン』のテーミス役などを担当。『僕のヒーローアカデミア』では他にも、 山岳救助を得意としたプロヒーローチーム「ワイルド・ワイルド・プッシーキャッツ」のメンバーの1人・ピクシーボブ役も担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター21:フリーの記者 特田種男(とくだ・たねお)

特田種男は、アニメオリジナルキャラクターとして登場したフリーのジャーナリスト。眼鏡をかけた痩せ気味の男性で、生まれ持った「個性」は「全身レンズ」。身体のいたるところからカメラのレンズを生成して写真を撮影することができ、左胸からプリントアウトすることもできます。

巨悪のオール・フォー・ワンとの死闘の後にオールマイトの口にした「次は君だ」という言葉から、「オールマイトには後継者がいるのではないか」と勘づき、その候補のいる可能性の高い雄英高校ヒーロー科1年A組に寮生活の取材という名目で探りを入れにやってきました。その結果、緑谷出久こそが後継者だと気づきましたが、かつて爆発事故で死ぬかもしれなかった父親をオールマイトが助け出してくれた恩義から秘密にすることを決め、取材に協力してくれた出版社「重工新聞」には、その代わりとしてオールマイトが肉まんを買い食いしている隠し撮り写真を提供しました。

特田種男の声優は花輪英司(はなわ・えいじ)さん

そんな特田種男の声を担当するのは、ケンユウオフィスに所属する声優の花輪英司さん。1974年7月6日生まれで、山梨県出身。身長167cmで、血液型はO型。ドライブやスキューバダイビングを趣味とし、柔道を特技としています。これまでに『西洋骨董洋菓子店 〜アンティーク〜』の小早川千影役、『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』のアイアンマン役、『ファンタジックチルドレン』のデュマ役などを担当しています。

海外作品の吹き替えでは、ペ・スビンさん演じる『華麗なる遺産』のパク・ジュンセ役、ジェームズ・フランコさん演じる『オズ はじまりの戦い』のオスカー・ディグス役、ジェレミー・レナーさん演じる「ミッション:インポッシブルシリーズ」のウィリアム・ブラント役などを担当。『僕のヒーローアカデミア』では他にも、 雄英高校で生徒指導を担当している猟犬ヒーローのハウンドドッグ役も担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター22:オーバーホールの計画の要 壊理(えり)

壊理は、指定ヴィラン団体の極道「死穢八斎會(しえはっさいかい)」の若頭・オーバーホールの計画に利用されていた少女。長く白い髪と額の右側に生えた薄茶色みがかったツノを特徴とした少女で、 年齢は6歳で誕生日は12月21日。身長は110cmです。「個性」は、対象の時を巻き戻し続けることのできる「巻き戻し」。オーバーホール曰くの「この世界の理を壊す程の力」を持った突然変異型の「個性」で、下手をするとその対象が完全に消失してしまうまで時を巻き戻してしまうことになります。

オーバーホールは死穢八斎會組長の孫娘にあたる彼女のその「個性」に目をつけ、彼女の血や細胞を利用して「『個性』を消す銃弾」とその「血清」を開発することで死穢八斎會の復興を目指そうとしました。その計画に利用され凄惨な目にあっていた壊理は、死穢八斎會突入作戦を決行した緑谷出久をはじめとした者たちの命がけの行動によって助け出されることになり、深い心の傷を残しながらも今では笑顔を見せるようにもなりました。入院中の経過観察で容態も落ち着いたため、危険性の高いその「個性」を抑えることのできるイレイザー・ヘッドのいる雄英高校でその後は預かることになりました。

壊理の声優は小林星蘭(こばやし・せいらん)さん

そんな壊理の声を担当するのは、テアトルアカデミーに所属する俳優の小林星蘭さん。2004年9月25日生まれで、東京都出身。身長150cmで、血液型はA型。2009年に放送されたカルピスのCMで芸能界デビューを果たし、それで注目されて以降、さまざまな映画やドラマで起用されていくようになりました。俳優としてこれまでにドラマ『夏の恋は虹色に輝く』の北村海役、ドラマ『名前をなくした女神』の本宮彩香役、ドラマ『ペテロの葬列』の杉村桃子役などを担当しています。

声優としてはこれまでに、『若おかみは小学生!』の関織子(おっこ)役、『スペース☆ダンディ』のエシメ役、『ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN』のアルテア・グリマーニ役などを担当。それまでアニメの声優経験は少なかったものの『若おかみは小学生!』の関織子役での感情豊かな演技は視聴者から高く評価され、監督を担当した高坂希太郎(こうさか・きたろう)さんからも絶賛されていました。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター23:科学者を目指す少女 メリッサ・シールド

メリッサ・シールドは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』に登場したキャラクター。少しウェーブのかかった金髪のロングヘアと碧眼を特徴とした少女で、年齢は17歳で誕生日は10月1日。身長は169cmです。オールマイトの元相棒で親友でもある世界的な科学者・デヴィット・シールドの娘で、そんな父へのサプライズとして、海外に浮かぶ学術人工移動都市「I・アイランド」で行われる個性技術博覧会「I・エキスポ」のプレオープンにオールマイトを招待しました。

世界中の研究者や科学者の集っている「I・アイランド」にあるアカデミーの3年生で、科学者の卵として勉強に励んでいます。幼い頃は友達とヒーローごっこをするようなヒーローに憧れる少女でしたが、病院で「無個性」と診断され、心の片隅で悲しみを覚えながらも気丈に振る舞っていました。しかし、オールマイトからヒーローの在り方は1つではないと示唆され、父のような科学者になるために努力を重ねていくようになりました。オールマイトのことは「マイトおじさま」と呼んで慕っています。

メリッサ・シールドの声優は志田未来(しだ・みらい)さん

そんなメリッサ・シールドの声を担当するのは、研音に所属する俳優の志田未来さん。1993年5月10日生まれで、神奈川県出身。身長150cmで、血液型はAB型。運動を特技としています。1999年に「セントラル子供劇団」に入団し、2000年に放送されたテレビドラマ『永遠の1/2』第3話でドラマ初出演を果たしました。その後、2005年に放送された『女王の教室』の神田和美役で民法の連続ドラマで初レギュラー出演を果たし、2006年に現在所属する研音に移籍した後、同年に放送された『14才の母』で連続ドラマの初主演を果たしました。

声優に初挑戦したのは、2010年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画『借りぐらしのアリエッティ』の主人公・アリエッティ役。2013年に公開された同じスタジオジブリ制作のアニメーション映画『風立ちぬ』では、主人公の堀越二郎の妹・堀越加代役を担当しています。その他にも、2020年にNetflixで全世界独占配信されたスタジオコロリド制作のアニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』では、主人公の笹木美代の声を担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター24:若き日のオールマイトの相棒 デヴィット・シールド

デヴィット・シールドは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』に登場したキャラクター。茶色の短髪に顎髭を生やした眼鏡の男性で、誕生日は12月1日。身長は185cm。指が柔らかくなる「ぐにゃぐにゃ指」という「個性」を持っています。アメリカで活躍していた若き日のオールマイトの相棒で、オールマイトのことを本名の「八木俊典(やぎ・としのり)」からとった「トシ」という愛称で呼び、オールマイトからは「デイブ」という愛称で呼ばれています。

世界的な評価を受けている科学者で、たくさんのヒーローのサポートアイテムを開発しています。これまでオールマイトの身につけてきたコスチュームの「ヤングエイジ」「ブロンズエイジ」「シルバーエイジ」そして現在の「ゴールデンエイジ」の開発全てを彼が担ってきました。現在は学術人工移動都市「I・アイランド」で娘のメリッサと一緒に暮らしており、娘からのサプライズでオールマイトと再会したときは喜ぶとともに、6年前のオール・フォー・ワンとの戦いの後遺症があるなか「個性」も著しく減退している彼が「平和の象徴」を続けられるのか不安を抱いていました。

デヴィット・シールドの声優は生瀬勝久(なかせ・かつひさ)さん

そんなデヴィット・シールドの声を担当するのは、リコモーションに所属する俳優の生瀬勝久さん。1960年10月13日生まれで、兵庫県出身。身長178cmで、血液型はO型。釣りを趣味としています。「劇団そとばこまち」で2代目座長を務めていた辰巳琢郎(たつみ・たくろう)さんからスカウトされたことをきっかけで1983年に入団し、同年に上演された『猿飛佐助』で初舞台を踏みました。1988年にはその劇団の4代目座長に就任し、劇作家、演出家も務めながら精力的に活動していましたが、俳優としての活動の場を関西から全国へと広げるために2001年に退団。

テレビドラマ『トリック』のスピンオフドラマ『警部補 矢部謙三』の矢部謙三役で連続ドラマ初主演を果たし、2012年に公開された『スープ〜生まれ変わりの物語〜』の渋谷健一役で映画単独初主演を果たしています。声優としてはこれまでに1997年に公開されたアニメーション映画『エルマーの冒険』のライオン役、2003年に公開されたアニメーション映画『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来! トルネード大作戦!!』のタイガー虎山役などを担当しています。

青年期のデヴィット・シールドの声優は木村良平(きむら・りょうへい)さん

TVガイドVOICE STARS特別編集 木村良平「酒と泪と良平と」 (TOKYO NEWS MOOK 858号)

青年期のデヴィット・シールドの声を担当するのは、劇団ひまわりに所属する声優の木村良平さん。1984年7月30日生まれで、東京都出身。身長170cmで、血液型はAB型。3歳の頃に現在所属している劇団ひまわりに入団し、子役として舞台や吹き替えなどで活躍していました。2003年にディズニー製作のテレビアニメ『キム・ポッシブル』のウエイド・ロード役で注目を浴びるようになり、2009年に放送されたテレビアニメ『東のエデン』の滝沢朗役で初主演を担当しました。

その他にもこれまでに『黒子のバスケ』の黄瀬涼太役、『PSYCHO-PASS サイコパス 2』の鹿矛囲桐斗役、『活撃 刀剣乱舞』の和泉守兼定役などを担当。自分が演じる役には貪欲なことで知られており、テレビアニメ『神様ドォルズ』ではどうしても阿幾役がやりたいという想いから自らセリフを吹き込んだテープ送って見事にその役を獲得しており、アニメーション映画『センコロール』では主人公役のオーディションに呼ばれていたものの、台本を読んでシュウ役がやりたくなったことから現場で直談判したこともあります。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター25:デヴィットの助手 サミュエル・エイブラハム

サミュエル・エイブラハムは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』に登場したデヴィット・シールドの助手。愛称は「サム」。温和な性格の持ち主で、長い時にわたって彼の研究を支えてきました。とある経緯から研究に関して失意の底にあったデヴィットに、その研究を続けるための提案をしており、それが今作の映画における重要な要素となっています。

サミュエル・エイブラハムの声優は小形満(おがた・みつる)さん

そんなサミュエル・エイブラハムの声を担当するのは、マウスプロモーションに所属する声優の小形満さん。1961年3月24日生まれで、青森県出身。身長176cmで、血液型はB型。ゴルフやボーリングを趣味・特技としています。これまでに『KURAU Phantom Memory』の天箕創役、『甲鉄城のカバネリ』の荘衛役、『BANANA FISH』のアントニオ・ジェンキンズ役やザハレフ男爵役などを担当。

海外作品の吹き替えでは、ユエン・ブレムナーさん演じる『トレインスポッティング』のスパッド役、ジェフリー・ジョーンズさん演じる『スリーピー・ホロウ』のスティーンウィック医師役、リーランド・オーサーさん演じる『エイリアン4』のラリー・パーヴィス役などを担当しています。小宮山清(こみやま・きよし)さんが降板して以降、「クマのプーさんシリーズ」に登場するピグレットの声も担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター26:I・アイランドを襲撃したヴィラン ウォルフラム

ウォルフラムは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』に登場したヴィランチームのリーダー。オールバックにした濃い茶色の髪、左頬の傷、そして右眼から口元にかけてを茶色に塗ったメイクが特徴的な人物で、誕生日は7月4日。身長は200cmです。「個性」は、周囲にある金属を自由自在に操ることのできる「金属操作。自分の身を守る防具をつくりだすことができるなど、高い汎用性を誇ります。

もう1つの個性「筋力増強」は、彼が元から持っていたものではなく。ウォルフラムのテロ計画を知ったとある人物から、オールマイトと渡り合うことができるようにと譲渡されたもの。他人の弱みに付け入ることも厭わない知略家で、いざというときには部下を切り捨てることも躊躇わないドライな一面もあります。劇中ではセントラルタワーで行われたる個性技術博覧会「I・エキスポ」のレセプションパーティーを襲撃し、オールマイト含めたプロヒーローたちを拘束。人質たちの命と引き換えに、デヴィット・シールドの研究を渡すように要求しました。

ウォルフラムの声優は小山力也(こやま・りきや)さん

そんなウォルフラムの声を担当するのは、劇団俳優座に所属する声優・俳優の小山力也さん。1963年12月18日生まれで、京都府京都市出身。身長173cmで、血液型はO型。水泳や空手を趣味・特技としています。俳優デビューは、1989年に放送された特撮ドラマ『仮面ライダーBLACK RX』の霞のジョー役。声優としてデビューを果たしたのは、ジョージ・クルーニーさん演じる『ER緊急救命室』のダグラス・ロス役の吹き替えでした。

張りのあるエネルギッシュな声が特徴的で、アニメ作品ではこれまでに『名探偵コナン』の毛利小五郎役、『Fate/Zero』の衛宮切嗣役、『血界戦線』のクラウス・V・ラインヘルツ役などを担当。海外作品の吹き替えでは、キーファー・サザーランドさん演じる『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアー役で特に有名。他にも、キアヌ・リーブスさん演じる「マトリックスシリーズ」のトーマス・アンダーソン(ネオ)役や、ジョージ・クルーニーさん演じる「オーシャンズシリーズ」のダニエル・オーシャン役などの吹き替えも行っています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター27:I・アイランドのプロヒーロー ゴジロ

ゴジロは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』において「I・アイランド」に登場したプロヒーロー。アメリカを拠点に活動しているプロヒーローで、日本出身ですが、さまざまな事情で海外に拠点を移しています。「個性」は、怪獣のような容姿になる異形型の「東宝」。その外見のモデルは、特撮怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場するゴジラで、鳴き声は平成の「ゴジラシリーズ」のものが使用されています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター28:I・アイランドのプロヒーロー ニイガング

ニイガングは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』において「I・アイランド」に登場したプロヒーロー。西洋甲冑のような容姿を特徴とした人物で、誕生日は2月6日。身長は188cmです。スーダンでは英雄として讃えられているプロヒーローで、相手の意識に入り込んで自由を奪うことのできる「憑依」という「個性」を持っています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター29:I・アイランドのプロヒーロー パンクラチオン

パンクラチオンは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』において「I・アイランド」に登場したプロヒーロー。ギリシャで活躍しているヒーローで、ギリシャ神話に登場する神々ようなコスチュームを身にまとっています。力もスピードも飛躍的に向上させることのできる「パワー」という「個性」を持っています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター30:I・アイランドのプロヒーロー Mr.プラスティック

Mr.プラスティックは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』において「I・アイランド」に登場したプロヒーロー。両腕がプラモデルを思わせるメカのような形状になっているヒーローで、「I・アイランド」において人気が急上昇しています。「個性」は、プラスティックをさまざまな形状に変化させることのできる「プラスティック変形」。

Mr.プラスティックの声優は佐藤健輔(さとう・けんすけ)さん

そんなMr.プラスティックの声を担当するのは、アクセントに所属する声優の佐藤健輔さん。5月14日生まれで、長崎県出身。人工衛星の軌道を計算することやドラム演奏を趣味とし、サッカーやゲーム、カラオケを特技としています。これまでに『神霊狩/GHOST HOUND』の勝俣剛役、『甲鉄城のカバネリ』の吉備土役、『GIANT KILLING』の宮野剛役などを担当。

1つの作品で複数の役を担当することも多く、「イナズマイレブンシリーズ」では闇野カゲト役、ジジ・ブラージ役、ニース・ドルフィン役などを、『妖怪ウォッチ』では万尾獅子役、河童役、から傘お化け役などを担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター31:I・アイランドのプロヒーロー タカヒロ

タカヒロは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』において「I・アイランド」に登場したプロヒーロー。ワシのような見た目をしたヒーローで、誕生日は5月1日。身長は175cmです。ワシの能力を使用することのできる異形型の「鷲」という「個性」を持っています。

スネークヒーローのウワバミ、シャチヒーローのギャングオルカ同様、堀越耕平さんの過去の連載作品『逢魔ヶ刻動物園』からある種のスター・システム的用法として登場したキャラクターで、原作漫画にプロヒーローのホークスとして登場させる予定もありましたが、先にこちらの劇場版作品でスタッフによって拾われ、オリジナルのプロヒーローとして登場することになりました。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター32:イギリスのプロヒーロー エレクプラント

エレクプラントは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』において過去の回想シーンに登場したプロヒーロー。電気マークの装飾のついたヒーローコスチュームを身につけたヒーローで、イギリスで活躍しています。「個性」は、体内で電気をつくりだすことのできる「発電」。雄英高校ヒーロー科1年A組に所属する上鳴電気 (かみなり・てんき)の持つ「個性」である「帯電」の上位的存在の「個性」で、電撃を武器にして戦います。

エレクプラントの声優は平井啓二(ひらい・けいじ)さん

そんなエレクプラントの声を担当するのは、青二プロダクションに所属する声優の平井啓二さん。1979年2月15日生まれで、東京都出身。身長165cmで、血液型はO型。 舞台照明や美術という特技を持っています。これまでに『魔法少女リリカルなのはA’s』のアレックス役、『戦場のヴァルキュリア』のヤン・ウォーカー役、『デジモンクロスウォーズ 〜悪のデスジェネラルと七つの王国〜』のウェンディモン役などを担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター33:アメリカのプロヒーロー カウレディ

カウレディは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』において過去の回想シーンに登場したプロヒーロー。牛のツノを生やしたカウガールのようなコスチュームのヒーローで、アメリカ合衆国で活躍しています。「個性」は、牛の姿に変身することのできる「牛」。牛の姿で突進し、大きなツノを武器として戦います。

カウレディの声優は河村螢(かわむら・けい)さん

そんなカウレディの声を担当するのは、LALに所属する声優の河村螢さん。5月28日生まれで、兵庫県出身。身長は166cm。落語を趣味とし、関西弁y絵を描くことを特技としています。

これまでに『からくりサーカス』のフウのメイド役、『進撃の巨人』のサンドラ役、『ちはやふる3』の豪徳寺繭子役などを担当。テレビアニメの『僕のヒーローアカデミア』の方では、ヴィランの「ジェントル・クリミナル」こと飛田弾柔郎(とびた・だんじゅうろう)の母親役や、教師役や生徒役などを担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター34:ヒーローを嫌う少女 島乃真幌(しまの・まほろ)

島乃真幌は、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』に登場したキャラクター。薄茶色の髪を2つ結びにしたつり目の少女で、年齢は10歳くらいで誕生日は12月6日。身長は120cmです。「個性」は幻をつくりだすことのできる「ホログラム」。敵の幻をつくりだすことによっていたずらを仕掛けることも。

勝気で活発な性格の持ち主で、母を亡くし、父親も単身赴任で不在のなか、弟の活真(かつま)の保護者代わりをしながら日本の南海にある小島「那歩島(なぶとう)」で暮らしています。とある理由からヒーローのことを嫌っていましたが、雄英高校の生徒たちとの出会いを通して考えを改めていくことに。当初は雄英高校ヒーロー科1年A組の爆豪勝己のことを怖がっていましたが、段々と彼のことを信頼していくようになりました。

島乃真幌の声優は黒沢(くろさわ)ともよさん

そんな島乃真幌の声を担当するのは、マウスプロモーションに所属する声優・俳優の黒沢ともよさん。1996年4月10日生まれで、埼玉県出身。身長149.5cmで、血液型はO型。ダンスや歌、ギターを趣味・特技としています。2000年頃から子役として舞台やテレビドラマなどに出演するようになり、2000年に放送されたNHK大河ドラマ『葵 徳川三代』に登場する市姫でテレビドラマ初出演を果たしています。

声優デビューを果たしたのは、2010年に公開されたアニメーション映画『宇宙ショーへようこそ』の主人公・小山夏紀役。テレビアニメ初主演を担当したのは、2015年に放送された『響け! ユーフォニアム』の黄前久美子役です。その他にもこれまでに、『結城友奈は勇者である』の犬吠埼樹役、『からくりサーカス』のタランダ・リーゼロッテ・橘役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の赤城みりあ役などを担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター35:ヒーローに憧れる少年 島乃活真(しまの・かつま)

島乃活真は、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』に登場したキャラクター。薄茶色の短い髪につり目をした少年で、年齢は6歳くらいで誕生日は3月6日。身長は95cmです。「個性」は、人間の細胞を活性化させることのできる「細胞活性(B型)」。新陳代謝促進を行ったり、ドーピング効果による完全な治癒を行うことも可能です。

姉の真幌とともに周囲に支えられながら那歩島で暮らしている少年で、泣き虫で引っ込み思案な性格の持ち主。ヒーローに対して強い憧れを抱いているものの、自分の「個性」がヒーロー向きではないこと、姉から危険だと反対されていることもあって自信を持つことができずにいました。緑谷出久と出会ったことで彼を尊敬するようになり、自信を取り戻していくことになります。

島乃活真の声優は寺崎裕香(てらさき・ゆか)さん

Afterglow

そんな島乃活真の声を担当するのは、。尾木プロ THE NEXTに所属する声優の寺崎裕香さん。1983年8月4日生まれで、熊本県出身。身長155cmで、血液型はA型。風景写真を撮ることを趣味とし、着付けを特技としています。元々は歌手志望でしたが、ラジオドラマへの出演をきっかけに芝居の面白さに目覚め、俳優を目指して上京。ミュージカルのオーディションを受けたときに審査員側にいた人物から声優の仕事に誘われたことをきっかけに、そちらにも力を入れるようになりました。

2006年に放送されたテレビアニメ『僕等がいた』のタカちゃん役で声優デビューを果たした後、これまでに『イナズマイレブンGO』の松風天馬役、『ドキドキ!プリキュア』のラケル役、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のクーデリア・藍那・バーンスタイン役などを担当。2012年に「第6回声優アワード」において、「イナズマイレブンシリーズ」でシナジー賞を受賞しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター36:出稼ぎに行く男性 真幌と活真の父親

真幌と活真の父親は、2人を那歩島に残して本島の方に出稼ぎに行っている男性。誕生日は11月1日で、身長は170cm。九州でトラック運転手の仕事をしており、離れて暮らしているなか子どもたちのことを大切に思っています。「個性」は、息子の活真と同じ回復系の「細胞活性(A型)」。作中では、それをヴィランのナインによって奪い取られてしまいました。

真幌と活真の父親の声優は松本保典(まつもと・やすのり)さん

そんな真幌と活真の父親の声を担当するのは、シグマ・セブンに所属する声優の松本保典さん。1960年2月7日生まれで、千葉県松戸市出身。身長170cmで、血液型はO型。妻は、『風の中の少女 金髪のジェニー』のポーラ役、『ガンパレード・マーチ 〜新たなる行軍歌〜』の壬生屋未央役などで知られる同じ声優の佐久間純子(さくま・じゅんこ)さんです。

1987年に放送されたテレビアニメ『マンガ日本経済入門』の上田役で声優デビューを果たした後、1988年に『超音戦士ボーグマン』の響リョウ役や『鎧伝サムライトルーパー』の闇魔将悪奴弥守役といった主要な役を演じたことからブレイクを果たしました。その他にもこれまでに、『スレイヤーズ』のガウリイ=ガブリエフ役、『機動戦士ガンダム00』のアレハンドロ・コーナー役、『サザエさん』の波野ノリスケ役などを担当しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター37:力だけが支配する世界を望むヴィラン ナイン

ナインは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』に登場したメインヴィラン。オールバックの白い長髪に重厚なマスクをつけた男性で、誕生日は6月1日。身長は189cm。「個性」は、周囲の天候を操ることで、雷や嵐、竜巻などを発生させることのできる「気象操作」。その他にも、弾丸のように爪を発射することのできる「個性」や、使い魔を召喚することのできる「個性」、衝撃波を放つことのできる「個性」などを所有しています。

力だけが全てを支配する世界を望んでおり、超人世界の在り方を破壊して弱肉強食の世界をつくりだそうとしていました。しかし、「個性」を使用する度に自分の細胞が死滅していく重いデメリットを抱えており、それを解決するために「細胞活性(A型)」の「個性」を持つ真幌と活真の父親を襲いましたが、対象と合致した血液型でなければ使用できないことが判明したため、遺伝先の子どもの方にターゲットを移し、那歩島を襲撃。そこに来ていた雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒たちと戦うことになりました。

ナインの声優は井上芳雄(いのうえ・よしお)さん

【Amazon.co.jp 限定】【パターンA】 夢をかける <特製クリアしおり2枚組(スピン付き)>

そんなナインの声を担当するのは、グランアーツに所属する俳優の井上芳雄さん。1979年7月6日生まれで、福岡県出身。身長182cmで、血液型はA型。東京芸術大学音楽学部声楽科に在籍していた2000年に、ミュージカル『エリザベート』のルドルフ役で俳優デビューを果たしました。以降さまざまなミュージカルや舞台に出演しており、これまでに『モーツァルト!』のヴォルフガング・モーツァルト役、『ダディ・ロング・レッグズ 〜足ながおじさんより〜』のジャーヴィス役、『マリー・アントワネット』のアクセル・フェルゼン役などを担当。

声優としてはこれまでに、『劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-』のエイジ役、『プレーンズ』のエル・チュパカブラ役を担当した経験があります。妻は、『レ・ミゼラブル』のコゼット役やファンテーヌ役、『屋根の上のヴァイオリン弾き』のホーデル役を演じた経験のある同じ俳優の知念里奈(ちねん・りな)さん。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター38:ナインの同調者 スライス

スライスは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』に登場したヴィラン。本名は「羽咲斬香(はさき・きるか)」。赤い長髪と抜群のプロポーションが特徴的な女性で、誕生日は8月3日。身長は163cmです。「個性」は、自分の長い髪を刃物状に変化させた上で、自由自在に操ることのできる「スライス」。岩や建物であっても一瞬にして切り刻むことができるほどに、その刃の切れ味は抜群です。

ナインの望んでいる力だけが全てを支配する世界に共感し、彼と行動を共にしています。ナインからは本名ではなく個性名で呼ばれており、彼に対して想いも寄せていたのか、彼の容態の心配もしていました。

スライスの声優は今田美桜(いまだ・みお)さん

そんなスライスの声を担当するのは、コンテンツ 3に所属する俳優の今田美桜さん。1997年3月5日生まれで、福岡県出身。身長157cmで、血液型はA型。趣味は語学の勉強で2017年に中国語検定2級を取得しており、博多弁の早口言葉を特技としています。自身が一ノ瀬月乃役で主演を務めた短編映画『カランコエの花』が2017年から2018年にかけて多くの映画祭で高く評価され、2018年に放送されたテレビドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』ではオーディションで射止めた真矢愛莉役を演じたことで、原作再現度の高さから注目を集めるようになりました。

その他にもこれまでに、テレビドラマ『SUITS/スーツ』の谷元砂里役、テレビドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の諏訪唯月役、映画『ヲタクに恋は難しい』の森田悠季役などを担当。声優としては、2015年に放送されたテレビアニメ『こわぼん』の香織役、2019年に公開された映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』においてテッサ・トンプソンさん演じるエージェントM役の吹き替えを担当した経験があります。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター39:ナインの同調者 キメラ

キメラは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』に登場したヴィラン。本名は「今鳥獣郎(こん・ちょうじゅうろう)」。巨大な獣のような容姿をした人物で、誕生日は10月4日。身長は208cmです。「個性」は、狼や鳥などのさまざまな動物の特徴をあわせ持った異形型の「キメラ」。普通の人間よりも身体能力が優れており、力を発動すると口から炎を吐いたり、空を飛んだりすることができます。

ナインの思い描いている力が支配する世界に同調し、行動を共にしているメンバーの1人。過去にはその「個性」から化け物だと忌み嫌われていたようで、ヒーローに逮捕されかけていたところをナインに救われたことから恩義を感じている様子。劇中では「個性」によるパワーで、雄英高校ヒーロー科1年A組の多くのメンバーを圧倒していました。

キメラの声優は武内駿輔(たけうち・しゅんすけ)さん

そんなキメラの声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の武内駿輔さん。1997年9月12日生まれで、東京都出身。身長は174cm。DTMやファッション、声楽を趣味・特技としています。2015年の時点で高校生とは思えないほどに低くダンディな声をしており、弱冠17歳の若さで『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロデューサー役に抜擢されたことから注目を浴びることになりました。

これまでに『彼方のアストラ』のザック・ウォーカー役、「KING OF PRISMシリーズ」の大和アレクサンダー役、『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』の獄原ゴン太役などを担当。2016年には「第10回声優アワード」において新人男優賞を受賞しています。2019年より「アナと雪の女王シリーズ」に登場するオラフ役の吹き替えをピエール瀧さんから引き継いでおり、劇中歌も担当していることから『ミュージックステーション』に出演して「あこがれの夏」や「おとなになったら」を披露しています。

『僕のヒーローアカデミア』キャラクター40:ナインの同調者 マミー

マミーは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』に登場したヴィラン。本名は「巻原包傭(まきはら・ほうよう)」。全身に赤い包帯を巻きつけた姿をした人物で、誕生日は2月22日。身長は192cmです。

「個性」は、あらゆる物体に包帯を巻きつけてミイラ化することによって、意のままに操作することができる「木乃伊化(マミー)」。生物を操ることはできませんが、その装備を通して操ることは可能です。ナインと行動を共にしているメンバーの1人で、一人称は「拙者」と、忍者のような言動をします。戦う際には、背中にある刀を使用することも。

マミーの声優は鳥海浩輔(とりうみ・こうすけ)さん

てきとう

そんなマミーの声を担当するのは、アーツビジョンに所属する声優の鳥海浩輔さん。1973年5月16日生まれで、神奈川県茅ヶ崎市出身。身長170cmで、血液型はO型。趣味・特技は歌や料理、洋服など。「鳥さん」や「鳥ちゃん」といった愛称で親しまれています。1996年に発売されたゲーム『バーチャルめもりある』のアキラ役で声優デビューを果たし、1997年に放送された『家なき子レミ』に登場するアンリ役でテレビアニメデビューを果たしました。

本格的なブレイクを果たしたのは、「デ・ジ・キャラットシリーズ」に登場するリク・ハイゼンベルク役。2001年から2005年にかけて、『テイルズ オブ ジ アビス』のルーク・フォン・ファブレ役や「Free!シリーズ」の鴫野貴澄役などで知られる鈴木千尋さんや、『六門天外モンコレナイト』の大矢門斗役や『熱風海陸ブシロード』のハシバ=ヒナタ役などで知られるサエキトモさんと一緒に、『デ・ジ・キャラット』から派生した声優ユニット「P・K・O」のメンバーとしても活動していました。その他にもこれまでに、『NARUTO -ナルト-』の犬塚キバ役や、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の愛島セシル役、『弱虫ペダル』の今泉俊輔役などを担当しています。

これからの『僕のヒーローアカデミア』に登場する新キャラクターにも期待!

僕のヒーローアカデミア コミック 1-24巻セット

ここまで『僕のヒーローアカデミア』に登場する脇役や劇場版に登場するキャラクターを中心にご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

さまざまな「個性」を持ったキャラクターを登場する本作には、隅から隅まで面白いキャラクターが登場していますよね。「週刊少年ジャンプ」で好評連載中の原作漫画だけでなく、2021年放送開始予定のテレビアニメ第5期、同年に公開される予定の新作アニメーション映画の方にも期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら