【鬼滅の刃】弱虫でヘタレなだけじゃない!仲間思いでカッコいい我妻善逸を徹底紹介!

カテゴリーまとめはこちら:鬼滅の刃

鬼滅の刃に登場する剣士・我妻善逸。普段は弱虫で臆病者な彼ですが、本当は心優しく仲間思いでカッコいいところがある善逸についてご紹介していきます。

記事にコメントするにはこちら

我妻善逸とは?

主人公・炭治郎と同期の剣士の1人である善逸。最終選別に生き残ってもなお、すぐに死んでしまうなどと口にしている弱気な彼はどのようにして鬼を倒し生き残ったのでしょうか。善逸のプロフィールや生い立ちについてご紹介していきます。

プロフィール紹介

階級:癸(みずのと)→庚(かのえ)→丙(ひのえ)
誕生日:9月3日
年齢:16歳
身長:164.5cm
体重:58kg
出身地:東京府牛込區(現在の新宿 牛込)
趣味:花札、双六
好きなもの:甘いもの、高いもの(うなぎなど)

炭治郎と同じ最終選別に参加し、最後まで生き残った5人のうち1人で金髪と太い眉が特徴的です。最終選別に参加する実力があるにも関わらず、小心者で臆病な素振りを微塵も隠そうとしない少年。階級は10段階となっており、最下級の癸から最終的に7つ上の丙まで上がりました。

師に才能があると評価され見合った実力を持ちながらも、自分が強いはずがないという劣等感に縛られており情緒不安定気味なところがあります。また、女性に対しての執着心が非常に強く、しばしば顔芸と迷台詞を披露して雀のチュン太郎や炭治郎達を困らせています。

鬼を連れている炭治郎に理由を聞いた際、初めて見た禰󠄀豆子に惚れてしまい、以降は禰󠄀豆子を守ったり一途な様子も伺えます。

元々、鬼殺隊に入ろうと考えていたわけではなく、好きになった女性に騙されて借金を背負わされ万事休すとなっていたところを師である桑島に助けられており、世話になりながら剣士を目指して修行に励んでいました。

雷の呼吸の使い手であるが、雷の呼吸の6つの型のうち「壱ノ型 霹靂一閃」しか会得出来ず、「一つのことしか出来ないならそれを極め抜け、極限の極限まで磨け」という師の教えから鍛え上げて雷光に例えられる疾さに至っています。

鬼と対峙した際はプレッシャーに弱く、こんな時でも小さい子を守ろうとする優しさを見せつつ緊張や恐怖が極限まで高まると気絶するように眠ってしまいます。眠ることで半覚醒状態となり緊張から開放される事で本来の強さを発揮します。

眠っている無意識での行動であるため自分が鬼を倒した実感も無く、目を覚ました善逸は足元に転がる鬼の頸を見て困惑し、この善逸の特性を知らない側も同様に混乱してしまいます。このとんでもないギャップが彼の愛される理由の1つと言えます。

那谷蜘蛛山での戦いの後、療養していた3人は蝶屋敷での機能回復訓練に向かうも、炭治郎や伊之助がぐったりする程の激痛が走るマッサージを女の子がやってくれるなんて幸せ!というだけで笑いながら受けており、伊之助は「あいつやる奴だぜ」と思っています。

その後も炭治郎と伊之助と共に任務へ赴き戦闘経験や柱修行等で力を積んでいき、無限城での獪岳との戦闘では自意識覚醒のまま獪岳を討ち取る程に技も判断力も成長しています。

雷に打たれて金髪に

元々は黒髪だったが修行が辛くて逃げ出してしまい木に登って泣いていたところ雷に打たれてしまい、その衝撃で金髪に変わってしまいました。

生きてるだけ有り難かったけど善逸は一番自分のことが好きじゃないと言っており、ちゃんとやらなきゃいけないと思っても怯えるし逃げるし泣いてしまうし、ちゃんとした人間になりたいと思っていることを明かしています。

女性に対する異様な執着

自分はいつ死ぬか分からないからと将来を考えると弱気になってしまい、会って間もない見知らぬ女性に結婚を申し込むなど、雀のチュン太郎を困らせていました。この場面を目撃した炭治郎には別の生き物を見るかのような目で見られています。

女性に騙された過去を持っているにも関わらず、この有様だったようです。

驚異的な聴覚

善逸は聴覚が優れており、生き物の呼吸音・心音・血の巡る音を聞くことができ、注意深く耳を済ますことで相手の思考を読み取ることが出来ます。

人によく騙されていた善逸だが、自分が信じたいと思う人をいつも信じていたと明かしています。炭治郎からは今まで聞いたこともないくらい泣きたくなるような優しい音がすると感じています。

兄弟子の獪岳

善逸の兄弟子にあたる元鬼殺隊剣士で善逸と色違いの日輪刀を背負い、首には勾玉の首飾りをしています。自尊心が異常に強く傲慢な性格でひたむきに努力する姿勢を善逸からは尊敬されていたが、自分の未熟さを顧みず、他者から評価されないことに不満を持っていました。

幼少期は鬼殺隊に入る前の悲鳴嶼行冥が世話をしていた寺の孤児の1人でした。ある日、寺の金品を盗んだことで他の子供達から責め立てられ寺から追い出されてしまいます。その夜に鬼と出くわし、自分が助かる代わりに悲鳴嶼と子供達の命を与えると鬼を手引きした過去を持っています。

その後、桑島に拾われ雷の呼吸を教わり鬼殺隊の剣士となっています。臆病で壱ノ型しか使えない善逸を見下していたが、獪岳自身は全ての型の基本である壱ノ型が使えないため他の剣士からは大したことないと言われていました。

任務中に上弦の壱・黒死牟に出くわして、生きてさえいれば勝てるという考え方から、命乞いをして鬼となる道を選んでしまいます。

我妻善逸の雷の呼吸について

鬼殺隊剣士になるには自分の育手から全集中の呼吸について教わり、呼吸法は育手によって様々です。最初に習得した呼吸より体に適している呼吸法を見つけて使用する炭治郎や甘露寺蜜璃の例もあります。

全集中の呼吸は心肺を死ぬほど鍛え上げることで1度に大量の酸素を血中に取り込めるようになり、瞬間的に身体能力を爆発的に上げて鬼と闘うことが出来る様になる呼吸です。

この呼吸法を極めることで全集中の呼吸を24時間維持できる「常中」と呼ばれる技を身に付けることが出来ます。柱のように強くなるためには、この技の会得が最低限求められています。

雷の呼吸とは

全集中の呼吸は、炎・水・風・岩・雷が基本の呼吸となっています。善逸は元柱である桑島の元で雷の呼吸を教わりました。

雷の呼吸の技

雷の呼吸 壱ノ型「霹靂一閃」

雷の呼吸における全ての基本の型であり、善逸が唯一使える型です。神速の踏み込みからの居合い一閃であり、鬼の目ですら捉えられず、善逸が瞬間移動したようにしか見えません。

善逸は雷の呼吸で6つの型のうち、この「壱ノ型 霹靂一閃」しか会得出来ませんでしたが、師の教え通り壱の型のみを鍛え上げて雷光に例えられる疾さに至っています。

鍛え上げることで更なる技へと昇華させており、「霹靂一閃 六連」「霹靂一閃 八連」「霹靂一閃 神速」という技があります。

 

雷の呼吸 漆ノ型「火雷神」

善逸が修行の果てにオリジナルの技として編み出した漆ノ型。

基本の壱ノ型と同じ強烈な踏み込みによる突撃から放つ居合斬りでありますが、その究極系であり攻撃力・速度共に霹靂一閃及びその発展技とは比べ物になりません。

体を思いっきり前のめりにして刀を完全に振り切っており、技を放った際には雷の龍のようなエフェクトが現れています。速さは神速から更に強化され、鬼となった獪岳でも認識出来なかった超高速で突進しながら斬撃を繰り出しました。

師匠 桑島慈悟郎

炭治郎の師である鱗滝左近次と並ぶ元柱の育手であり、かつては雷の呼吸を極めた鳴柱として活躍していました。

修行の過酷さから何度も何度も逃げ出していた善逸に対して根気よく非常に厳しい態度で接し、善逸曰く殴りすぎな場面もあったけれど彼を決して見捨てる事なく、壱ノ方しか出来なかった善逸に1つの技を極め抜くことを教え続けました。

善逸からはじいちゃんと慕われており、桑島自身も照れた表情を見せるなど弟子への愛情は深いものでした。それ故に善逸の兄弟子の獪岳が鬼になったことにより、介錯人の立会も無しに切腹した際の彼の思いは無念だったであろうと思われます。

我妻善逸の装備

鬼殺隊士になると日輪刀と特別な繊維で仕立てた隊服を支給されます。

日輪刀

鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼殺隊になる最終選別で7日間生き抜き合格した者に与えられる刀を日輪刀といい、陽光以外で唯一鬼を倒すことが出来る特別な刀です。

日輪刀の原料となる砂鉄と鉱石は陽の光を吸収する鉄で出来ていおり、持ち主によって刀の色が変化する事から「色変わりの刀」とも呼ばれており、産屋敷邸のように場所を秘匿されている刀鍛冶の里で作られています。

善逸の日輪刀の色は黄色であり、鎬に稲妻のような文様で色が入っています。

善逸だけの鎹雀

鬼殺隊隊員には鬼殺隊本部との連絡に使われる専任の鎹烏が与えられるが、「これ雀じゃね」と言う通り善逸のみ何故か鴉ではなく雀が与えられました。

チュン太郎と呼ばれていますが、本名は「うこぎ」で、春先に出る新芽や若芽をさっと茹でて刻んで混ぜ合わせたうこぎご飯が大好物だからという理由がアニメ第15話の次回予告にて判明しています。

烏と違い喋ることは出来ませんが人の言葉は理解しており、匂いを嗅ぐだけで感情を察知できる炭治郎とは意志疎通が出来ているようです。喋れない代わりに弱気になっている善逸を叱咤しつつ鼓舞する場面も多く見られます。

我妻善逸の名言集

善逸の名言についてご紹介していきます。

「炭治郎…俺…守ったよ…お前が…これ…命より大事なものだって…言ってたから」

25話で禰豆子の入った箱を、鬼が入っていることを知った上で伊之助から身を挺して守った善逸。後に炭治郎は鬼を連れているのは何故かと聞かれた際に、善逸が分かってて庇ってくれたことに感謝しています。

「炭治郎からは泣きたくなるような優しい音がする」

26話で鬼の音と人間の音は全く違うため、善逸は最初から炭治郎が鬼を連れていたことが分かっていて、その上で今まで聞いたこともないくらい優しい音がする炭治郎のことを善逸は信じたいと思い、体を張って守っていました。

「禰豆子ちゃんは俺が守る」

60話の無限列車にて、魘夢の攻撃により身動きが取れなくなってしまった禰豆子のピンチを霹靂一閃六連を放ち駆けつけた善逸の台詞。当然ながら、このカッコいい善逸も眠っている状態です。

「これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ」

136話で善逸が心配する炭治郎に向かって言った台詞。鎹雀から師匠・桑島慈悟郎が自害したこと、兄弟子が鬼となってしまったことを連絡された善逸は、絶対に許せない兄弟子は自分が倒さなくてはならないと決意をします。

「アンタが鬼になったせいで爺ちゃんは腹切って死んだ」

144話で鬼となった獪岳に対峙した際に、何で鬼になんかなったんだと続けて投げつけた台詞。恩師であり大事な存在であった桑島が1人で腹を切って死んだ事実を知り、同じ時間を共有して修行した兄弟子が鬼となった事実に許せない気持ちを顕にしています。

「この技でいつかアンタと肩を並べて戦いたかった」

145話で鬼となった兄弟子を葬った後の台詞。

鬼となったことは許せなかったが、兄弟子として尊敬していたのは事実であり、獪岳は善逸にとっても大切な存在であったことは明らかだったのです。

上弦の陸、堕姫・妓夫太郎との戦い

音柱・宇髄天元の嫁達が潜入していた遊郭に巣食っていた鬼は上弦の陸の鬼、堕姫・妓夫太郎。行方が分からなくってしまった嫁達の生存を確かめるため、鬼の居場所を突き止める為に炭治郎、伊之助、善逸も宇髄と共に上弦の陸との戦いに参加します。

遊郭に潜入

女装して潜入することになった炭治郎、伊之助、善逸はそれぞれ炭子、善子、猪子として萩本屋、京極屋、ときと屋に潜入します。

善逸は、聴覚によって蕨姫花魁が上弦の鬼である事を見抜いたものの、花魁に暴行されていた少女を助けようと庇った際に、鬼殺隊士である事を見破られ消息を絶ってしまいます。

宇髄だけでは上弦の鬼が気配の隠し方が巧妙で尻尾を掴むことが出来ず、炭治郎たちの活躍により蕨姫花魁として潜んでいたのは上弦の陸・堕姫であることが判明します。

身に付けている帯を自在に操つり捕まえた人間を閉じ込めておける能力もあり、自分と切り離すことが出来たため今まで捕まえていた人間は帯に捕らえられていました。

伊之助が鬼の気配を察知し追いかけた地下の空洞で宇髄の嫁達や善逸が帯に捕らえられていたのを見つけます。

帯の気配を察知した伊之助が地下まで追いかけ、堕姫から切り離された帯と戦闘している音を聞きつけた宇髄も地上から地下まで大穴を開けて駆けつけます。

帯から助けられた善逸も参戦するが、普段のギャップから伊之助に「お前ずっと寝てた方がいいんじゃねぇか…」と言われるほどでした。

囚われていた人間を救助後、宇髄は伊之助、善逸を連れて、堕姫と戦闘中の炭治郎の元へと急ぎます。真っ先に到着した宇髄は炭治郎が苦戦していた堕姫の頸をあっさりと斬り落としますが、その後も堕姫の体の崩壊が始まらず不思議に思っていると兄である妓夫太郎が体から登場します。

宇髄天元と共に戦う

堕姫と妓夫太郎は2人で1つの鬼であり、倒すためには両方の頸を同時に斬る必要がありましたが、妓夫太郎は堕姫よりも素早く格段に強い鬼でした。2体1の戦闘でも堕姫の頸を再び斬ることが出来ましたが、妓夫太郎の持つ鎌に仕込まれていた毒によって宇髄は徐々に押されてしまいます。

駆けつけた炭治郎達は宇髄が毒に侵されていることを知らされ焦りますが、「勝つぜ!俺たち鬼殺隊は」と鼓舞する宇髄。

二手に分かれて戦い、堕姫の頸を斬ることに成功した伊之助は妓夫太郎に胸を刺され倒れてしまいます。その妓夫太郎と対峙していた筈の宇髄が左手を斬られ倒れているのを見た炭治郎と善逸は、建物の倒壊に巻き込まれてしまいます。

炭治郎以外は動けない絶体絶命の状態となり、鬼になることを勧誘されるも諦めずにクナイを使用して妓夫太郎の頸を斬りかかる炭治郎。妓夫太郎に反撃され死を感じるも意識を取り戻した宇髄が助けに入ります。

宇髄は左手を失った代わりに炭治郎をサポートする側になり左目を斬られても炭治郎のために妓夫太郎へ攻撃を続け、炭治郎は渾身の力を振り絞って妓夫太郎の頸を斬ることに成功します。

同時に、瓦礫から抜け出した善逸と意識を取り戻した伊之助により、堕姫の頸も斬り落とされ、鬼殺隊の勝利となりました。

上弦の陸、獪岳との戦い

手紙で師である桑島慈悟郎が兄弟子の獪岳が鬼になったことにより、介錯人の立会も無しに切腹したことを知った善逸。恩師の無念を晴らすために自分がやらなきゃいけないと覚悟を決めて立ち向かいます。

恩師の無念

「生きてさえいれば何とかなる」という考え方から、黒死牟に出くわした際に命乞いをして鬼となる道を選択した獪岳。妓夫太郎・と堕姫が死んだことで空になっていた上弦の陸の鬼となるが、無限城で対峙した善逸からは適当な穴埋めで上弦の下っ端に入れて嬉しいようだなと皮肉を言われます。

師の桑島は獪岳と善逸を分け隔てなく後継として大切に育ててきたが、自分だけが特別じゃない事に獪岳は不満を募らせており、善逸が羽織っているお揃いの羽織も着ることは一度も無かったようです。

弟子達の戦い

獪岳は壱ノ型以外の弐ノ型から陸ノ型まで使用することが出来たため自身の血鬼術を組合せた技を使用します。獪岳の血鬼術は喰らった斬撃が相手の体でひび割れ続けるものでした。善逸を見下していた獪岳は、自分と同じ後継だと育ててきた桑島を死んで当然だと罵ります。

善逸は獪岳からは爺ちゃんや俺にとって特別な人だったが、どんな時も不満の音がしており、心の中の幸せを入れる箱に穴が開いている状態だったと分析してます。

漆ノ型 火雷神

互いに技を繰り出した果てに、善逸は自身で編み出したオリジナルの「漆ノ型 火雷神」を繰り出し戦いに勝利します。

獪岳は自分より劣っていた筈の相手に負け、これから訪れる死を受け入れられず善逸も転落死するから引き分けだと思い込もうとしますが、愈史郎が助けに入り「人に与えない者はいずれ人から何も貰えなくなる、独りで死ぬのは惨めだな」と言う言葉を浴びせられます。

その後、声にならない断末魔をあげながら獪岳は消滅していきました。

死にかけていたためか生死の狭間で師の桑島に遭遇し、獪岳と仲良く出来なかったこと、恩返し出来なかったことなど涙ながらに訴えますが、師からは「善逸、お前は儂の誇りじゃ」と言われます。

愈史郎に血鬼止めなど処方してもらい命を助けられ、愈史郎いわく善逸が生き残れたのは獪岳が鬼としてまだ自分の術や能力を使いこなせていなかったからだと明かしています。

アニメの我妻善逸

アニメでも賑やかな善逸が活躍しています!

担当声優さんは?

善逸の担当声優さんは下野紘さんで、僕のヒーローアカデミアの荼毘、進撃の巨人のコニーなど幅広い役柄を演じていらっしゃいます。鬼滅の刃に関しては善逸は下野さん曰く絶対にやりたい役だったと明かされています。

公開中の映画でも大活躍中

2020年10月から公開されている鬼滅の刃無限列車編でも炭治郎、伊之助、善逸が大活躍しています。アニメの最終話で無限列車に乗車するところで終わっていますが、映画ではその続きが見られます。

鬼スタートとなった記録も衰えずぐんぐんと観客動員数、興行収入を伸ばしていってる映画版ですが、どこまで記録が行くのか気になるところです。映画館でも鬼滅の刃を思いっきり楽しみましょう。

記事にコメントするにはこちら