誰もが憧れる能力バトル!アニメ特集!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ

今回は能力バトル作品を7タイトル紹介していきたいと思います。王道の大人気作品から日常に寄った作品、コメディに寄った作品などバラエティに富んだラインナップとなっております。是非最後まで読んでいただけると幸いです。

記事にコメントするにはこちら

安定の人気ジャンル「能力バトルアニメ」!

世界中が混乱の渦に襲われた今年も様々なアニメが我々の癒しになってくれました。日本には本当に様々なジャンルのアニメが存在しますが、その中でも昭和の時代から令和の現代まで人気の衰えないジャンルは「能力バトル」です。

世代によって何を見てきたのかは別々ですが、男の子はやはり能力バトルを見て公園や学校で「気」や「チャクラ」を練っていたに違いありません。ですが、様々なアニメが増えてきた現代には「能力バトル」にも様々なジャンルの作品が登場してきました。

今回はそんな能力バトル作品を7タイトル紹介していきたいと思います。王道の大人気作品から日常に寄った作品、コメディに寄った作品などバラエティに富んだラインナップとなっております。是非最後まで読んでいただけると幸いです。

魔法科高校の劣等生

魔法科高校の劣等生 来訪者編 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

まずは現在第2期が放送中の「魔法科高校の劣等生」です。元々は小説家になろうで投稿されていた本作は瞬く間に人気を博し、2014年の第1期の放送でアニメファン全体に知れ渡ったでしょう。「さすおに」の愛称で現在も人気の高い作品です。

そんな本作はその名の通り魔法を駆使して戦う能力バトルアニメですが、面白いポイントは桁違いの強さを誇る魔術師が現実世界で言う核兵器と同じ扱いになっているという点です。この作品の世界では武力よりも魔法が驚異の世界なのですね。

能力バトルを見たい方には勿論このアニメはおススメですが、それ以外にも国同士の対立キャラクターの魅力的な姿を見たいという方も楽しめると思います。ここにきて2期が来たので3期、4期と見れるのではないか?と期待できると思うのでチェックしてみてください。

異能バトルは日常系のなかで

異能バトルは日常系のなかで 全話見Blu-ray

続いて紹介するのは2014年に放送された「異能バトルは日常系のなかで」です。「キルラキル」や「BNA」などを手掛ける「TRIGGER」が制作しています。TRIGGERの作ったアニメのリストを見ると「異能バトルは日常系のなかで」があるのは意外に見えますね。

まさしく能力バトル見せますよ!と言わんばかりのタイトルですが、はっきり言うと日常パートの方が多い作品ですね。文芸部の5人が突如異能の力に目覚めるのですが「主人公以外」が強力な異能で主人公の力は何も戦闘力がないという設定です。

このようにコメディ的な要素主人公とヒロインたちとの恋愛へのフォーカスが強いのですが、終盤にはかっこいい戦闘もあるので普段日常アニメをメインで見る方が能力バトルアニメに触れる入口になれる作品だと思います。

無彩限のファントム・ワールド

無彩限のファントム・ワールド 6 [Blu-ray]

続いて紹介するのは2016年に放送された「無彩限のファントム・ワールド」です。こちらを制作したのはあの「京都アニメーション」ですね。部活物や日常系アニメが多い京都アニメーションが能力バトル系の作品を作るのは珍しいかもしれません。

原作は結構シリアスな作品なのですが、TVアニメではそういった要素が大幅になくなりコメディ的要素やお色気的なシーンが多めの作品で、京アニがここまで男性向けにアニメを作るのも意外でした。ただバトルシーンがないか?と言うとそんなことはないです。

ファントムと呼ばれる「幽霊」・「妖怪」といった存在が視認できるようになった世界で主人公やヒロインはファントムと戦える能力に目覚め様々な事件に立ち向かうという話ですね。シリアスな要素も終盤にはあるので能力バトル好きにもしっかりおススメできるタイトルです。

未来日記

「未来日記」 Blu-ray BOX

続いて紹介するのは2011年に放送された「未来日記」です。本作はキャラクターが電気や火を放つことはほぼないのですが、少し特殊なバトルを見れます。本作に登場する12人のキャラクターには未来の事が記載される特殊な携帯を所持しているのです。

この12人が携帯の力を使いながら神の座を賭けた戦いを繰り広げるのですが、12人の見れる未来は全部バラバラです。主人公は身の回りに起きる未来を全体的に見れたり、ヒロインは主人公に起こる出来事を知れたりなど携帯の特性は様々なのですね。

作品全体を通してずっと誰かしらは戦っているのですが、話が進んでいくと予想外の展開に行ったりするのでミステリー好き、考察が好きな方、バトルロワイヤル系のバトルが好きな方にもおススメできる作品です。チェックしてみてください。

炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 Blu-ray 第1巻

続いては現在第2期が放送中の「炎炎ノ消防隊」です。昨年第1期が放送されましたがOP主題歌が音楽のサブスクのCMに起用されたりなど人気の高いタイトルでしょう。その名の通り消防隊に所属する主人公が能力を駆使し戦っていきます。

本作には能力が使えない第1世代・能力が使える第2世代・更に強い力を持つ第3世代と呼ばれる人間が1つの消防隊に集まり、人体が発火して生まれる「焔ビト」と呼ばれる人間を鎮魂するというのが基本的な流れです。

原作が「週刊少年マガジン」なので少年誌らしく話が進むにつれて世界の謎が明らかになっていったり修行をしてさらに強くなっていく展開が多いですね。能力バトルが好きなら無難におススメできる作品なので見ていない方はチェックしてみてください。

とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲T Vol.8(初回仕様版)(特典ラジオCD付) [Blu-ray]

続いて紹介するのは2009年に放送された「とある科学の超電磁砲」です。今年の1月から9月まで第3期が放送されており、第2期から6年もの期間が空いたにも関わらず変わらない人気っぷりを見せてくれたのは記憶に新しいですね。

主人公が強大な電磁力を扱い敵を超電磁砲でなぎ倒していくアクションは見ていて爽快でバトル好きにはたまらないと思いますが、登場人物の葛藤や立場の違いなど人間ドラマの部分も非常に素晴らしいクオリティになっているのがおススメできるポイント1つです。

「とある魔術の禁書目録」という作品のヒロインの1人「御坂美琴」が主人公となっておりますが、「とある科学の超電磁砲」から入っても問題ない作りになっているのであまり難しく考えずにまずは第1期を見ていただきたいですね。

うえきの法則

うえきの法則(16) (少年サンデーコミックス)

最後に紹介するのは2005年に放送された「うえきの法則」です。能力バトルと言えばこれ!と言う方もいるのではないでしょうか?2004年まで週刊少年サンデーにて連載されており、昔ながらの王道の熱さが色濃く存在している作品です。

次の神様を決める為に天界に住む人々は人間界の中学生に1つの能力を与え、能力バトルが繰り広げられます。主人公の能力が「ごみを木に変える能力」と滅茶苦茶弱いのですが、そこから成長していく様はまさしく熱い少年漫画です。

他にも「手拭いを鉄に変える」「1秒を10秒に変える」「ビーズを爆弾に変える」「理想を現実に変える」など様々な能力が登場してきます。このワードに心が少しでも震えたならば、間違いなくおススメ出来るのでチェックしてみてください。

まとめ

以上7タイトルを紹介していきました。ライトノベル作品から少年誌のタイトルまで様々な所に能力バトルアニメはありますが、どの作品にも「この作品にしかない魅力」というものが必ず存在すると思います。バトルを通して心を通わせる姿は何度見ても感動しますね。

7つ紹介しましたが、どれか1つはかならず心に突き刺さるものがあると思います。今年の年末は家でゆっくり能力バトルアニメを見るのも悪くないのではないでしょうか?参考になれば幸いです。

記事にコメントするにはこちら