【鋼の錬金術師】登場人物紹介【ハガレン】

カテゴリーまとめはこちら:鋼の錬金術師

荒川弘さんによるダークファンタジー漫画『鋼の錬金術師』。「鋼」の二つ名を与えられた錬金術師の主人公・エドワード・エルリックと、その弟のアルフォンス・エルリックが、自分たちの身体を元に戻すために旅をし、ホムンクルスたちによる一国を巻き込んだ計画に立ち向かっていく様が描かれます。そんな本作に登場するキャラクターをご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『鋼の錬金術師』とは?

鋼の錬金術師全27巻 完結セット (ガンガンコミックス)

「ハガレン」の略称で知られる『鋼の錬金術師』は、荒川弘(あらかわ・ひろむ)さんによる漫画作品。スクウェア・エニックス発行の「月刊少年ガンガン」にて2001年8月号から2010年7月号まで連載され、全108話で完結となりました。2017年時点で全世界累計売上部数は7000万部を突破し、これはスクウェア・エニックスから発行された漫画作品の中では最高記録となっています。

2003年から2004年にかけてオリジナル展開も込みで制作されたテレビアニメ『鋼の錬金術師』が放送された後、2009年から2010年にかけて原作漫画の内容に準拠して制作されたテレビアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』が放送されました。その他にもアニメーション映画やゲーム、ノベライズ作品などが制作され、2017年には映画『ピンポン』や映画『あしたのジョー』などで知られる曽利文彦(そり・ふみひこ)さんが監督を務めた実写映画『鋼の錬金術師』も公開されました。

物語のあらすじ

物語の中心となるのは、「鋼」の二つ名を持つ錬金術師のエドワード・エルリックと、その弟のアルフォンス・エルリック。2人は幼い頃、流行病で亡くした母親のトリシャにもう一度会いたいという想いから、錬金術で禁忌とされる「人体錬成」を行いました。しかしその結果、エドワードは左足を、アルフォンスは身体の全てを失ってしまうという最悪の事態に陥ります。

たった1人の弟を失ってなるものかと、エドワードは自分の右腕を代償にしてアルフォンスの魂を錬成し、それを近くにあった鎧へと定着させることに成功しました。深い絶望に陥りながらも、自分たちの身体を元に戻すことを決意した2人は、その方法を探すための旅をすることに、その旅のなかで2人はたくさんの人々と出会い、やがてホムンクルスたちによるアメストリス国全体を巻き込んだ計画を阻止するために戦うことになるのです。

ここからは、そんな本作に登場するキャラクターをご紹介していきます!

『鋼の錬金術師』キャラクター1:主人公 エドワード・エルリック

鋼の錬金術師 完全版 1巻 (ガンガンコミックスデラックス)

エドワード・エルリックは、本作の主人公。通称「エド」。大陸暦1899年生まれで、物語開始時点の年齢は15歳。長い金髪を三つ編みに結った少年で、史上最年少の12歳という若さで国家錬金術師の試験に合格した天才。失った左足と右腕を「機械鎧(オートメイル)」で補ったその身体から「鋼」という二つ名を与えられました。短気でがさつながらも、努力家で思いやりの深い性格の持ち主。

弟のアルフォンスと自分の身体を元に戻すため、当初は「賢者の石」を探していましたが、それが生きた人間を材料にしてつくられていると知ってからは別の道を模索することになります。2003年版・2009年版ともにアニメ声優は『進撃の巨人』のハンジ・ゾエ役で知られる朴璐美(ぱく・ろみ)さん。実写映画のキャストは、アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」のメンバーの山田涼介(やまだ・りょうすけ)さん。

エドワード・エルリックについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター2:エドの弟 アルフォンス・エルリック

鋼の錬金術師 完全版 2巻 (ガンガンコミックスデラックス)

アルフォンス・エルリックは、エドワードの弟。 通称「アル」。大陸暦1900年生まれで、物語開始時の年齢は14歳。 エドワードの血液を使って記された「血印」を仲立ちとして空の鎧と魂が結び付けられた状態にあるため、食事はおろか睡眠も不要で、視覚や聴覚などの感覚も存在していません。

血気盛んな兄とは対照的に、素直で温和な性格の持ち主。年齢の割に大人びた一面が目立ちますが、年相応の精神的な脆さを垣間見せることもあります。2003年版・2009年版ともに、アニメ声優は『ドキドキ!プリキュア』の円亜久里(キュアエース)役で知られる釘宮理恵(くぎみや・りえ)さん。実写映画のキャストは、『魔進戦隊キラメイジャー』の押切時雨(キラメイブルー)役で知られる水石亜飛夢(みずいし・あとむ)さん。

アルフォンス・エルリックについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター3:ヒロイン ウィンリィ・ロックベル

鋼の錬金術師 完全版(12) (ガンガンコミックスデラックス)

ウィンリィ・ロックベルは、本作のヒロイン。大陸暦1899年生まれで、初登場時の年齢は15歳。長い金色の髪をポニーテールにした少女で、エルリック兄弟と同じリゼンブールに生まれた幼馴染。祖母のピナコを師匠として機械鎧整備士の仕事をしており、エドワードの機械鎧の制作や整備は全て彼女が担当しています。明るく活発な性格の持ち主で、重い事情を抱えたエルリック兄弟のことを誰よりもよく心配しています。

2003年版アニメの声優は『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』のヒカリ役で知られる豊口(とよぐち)めぐみさんで、2009年版アニメの声優は『機巧少女は傷つかない』のシャルロット・ブリュー役で知られる高本(たかもと)めぐみさん。実写映画のキャストは、『アオハライド』の吉岡双葉役で知られる本田翼(ほんだ・つばさ)さん。

ウィンリィ・ロックベルについて詳しく知りたい方はこちら。

鋼の錬金術師』キャラクター4:ウィンリィの祖母 ピナコ・ロックベル

ピナコ・ロックベルは、ウィンリィの父方の祖母。愛称は「ばっちゃん」。藁納豆のような髪型に眼鏡をかけた人物で、機械鎧技師であり外科医でもあります。ちょっとやそっとのことでは驚かない豪胆な性格の持ち主で、幼い頃に両親をなくした孫娘のウィンリィに対して機械鎧技師としての指導を行いながら大切に育ててきました。

エルリック兄弟にとっても祖母同然の人物であり、「人体錬成」を行った一件でエドワードが右腕と左足を失ってしまった際は治療を行い、彼が機械鎧を装備することを望んだときにも執刀医を務めました。兄弟の父親のヴァン・ホーエンハイムとは古い友人の関係。2003年版・2009年版ともに、アニメ声優は『サザエさん』の初代の磯野フネ役知られる麻生美代子(あそう・みよこ)さん。

ピナコ・ロックベルについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター5:ロックベル家の愛犬 デン

鋼の錬金術師(5) (ガンガンコミックス)

デンは、ロックベル家で飼われている愛犬。お腹や鼻先などに白の入った黒い毛並みをした犬で、性別はメス。穏やかな気質で茶目っ気のある性格でもあり、相手の気持ちを感じ取って行動ができる優しさもあります。

ウィンリィやエルリック兄弟が幼い頃から傍におり、ロックベル家のみならず、兄弟にとっても家族同然の大切な存在。幼い頃のエドワードたちを庇ったことで左前足を失っており、機械鎧によってそれを補っています。

デンについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター6:エルリック兄弟の父親 ヴァン・ホーエンハイム

鋼の錬金術師 完全版(15) (ガンガンコミックスデラックス)

ヴァン・ホーエンハイムは、エルリック兄弟の父親。金髪・金眼に眼鏡をかけた人物で、飄々としていてマイペースですが、どこか物憂げで近寄りがたい雰囲気も漂わせています。不器用ながらも妻や子どもたちに深い愛情を持っていますが、物語の核心に関わるとある事情で旅に出て以降、リゼンブールに戻るまで家族に何が起こったかを知りませんでした。長男のエドワードからは妻や子どもたちを見捨てたと思われて毛嫌いされています。

錬金術に関しては、作中最強の一角とも言えるレベルの知識と技量の持ち主。2003年版アニメの声優は『NARUTO -ナルト-』のマイト・ガイ役で知られる江原正士(えばら・まさし)さんで、2009年版アニメの声優は「ポケットモンスターシリーズ」の初代のオーキド博士役で知られる石塚運昇(いしづか・うんしょう)さん。

ヴァン・ホーエンハイムについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター7:エルリック兄弟の母親 トリシャ・エルリック

トリシャ・エルリックは、エルリック兄弟の母親。豊かな栗色の髪の女性で、穏やかで人当たりの良い性格の持ち主。とある目的から夫のヴァン・ホーエンハイムが旅立ってからは、エルリック兄弟を女手一つで育ててきました。エドワードがまだ5歳だった1904年に流行病のために亡くなり、このことをきっかけに兄弟は「人体錬成」を行って茨の道を歩むことになりました。

ホーエンハイムとはある約束を交わしており、それが彼の旅立ちの理由の一部になっています。2003年版・2009年版ともに、アニメ声優は『ふしぎの海のナディア』のナディア・ラ・アルウォール役で知られる鷹森淑乃(たかもり・よしの)さん。実写映画のキャストは、『魔法戦隊マジレンジャー』の山崎由佳役で知られる平田薫(ひらた・かおる)さん。

トリシャ・エルリックについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター8:エルリック兄弟の師匠 イズミ・カーティス

鋼の錬金術師 完全版(5) (ガンガンコミックスデラックス)

イズミ・カーティスは、エルリック兄弟の錬金術の師匠。大陸暦1878年生まれで、初登場時の年齢は35歳。ドレッドロックスを後ろで束ねた独特のヘアスタイルをした女性で、いつも便所サンダルを履いています。結婚してしばらく経った今尚お互いを愛してやまない関係を築く夫のシグとともに、普段はダブリスで「カーティス精肉店」を営んでいます。

流産した子どもの「人体練成」を試みた結果、代償として内臓をいくつか失った過去があります。それもあって錬金術では弟子を取らないつもりでいましたが、幼いエルリック兄弟の真剣さに根負けしてスパルダ指導を行いました。2003年版・2009年版ともに、アニメ声優は『BLACK CAT』のアネット=ピアス役で知られる津田匠子(つだ・しょうこ)さん。

イズミ・カーティスについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター9:アメストリス軍大佐「焔の錬金術師」 ロイ・マスタング

鋼の錬金術師 完全版(3) (ガンガンコミックスデラックス)

ロイ・マスタングは、アメストリス軍に在籍する軍人。階級は大佐。大陸歴1885年生まれで、初登場時の年齢は29歳。ショートヘアの黒髪と切れ長の黒目を特徴としています。特殊な手袋をはめた手で指を鳴らすことで生じた火を操る錬金術を得意としており、国家錬金術師として「焔」の二つ名を与えられています。普段は女好きでいい加減な態度を取るものの、「国を変えたい」という強い意志と野心を秘めています。

仲間や部下に危険が及んだときは、怒りを伴う感情を見せる情に厚い一面も。2003年版アニメの声優は『薄桜鬼』の近藤勇役で知られる大川透(おおかわ・とおる)さんで、2009年版アニメの声優は「ポケットモンスターシリーズ」のコジロウ役で知られる三木眞一郎(みき・しんいちろう)さん。実写映画のキャストは、『今からあなたを脅迫します』の千川完二役で知られるディーン・フジオカさん。

ロイ・マスタングについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター10:マスタングの側近 リザ・ホークアイ

鋼の錬金術師 完全版(4) (ガンガンコミックスデラックス)

リザ・ホークアイは、ロイ・マスタング大佐の側近。階級は中尉。長い金髪を後ろでまとめた女性で、正確な狙撃の腕から「鷹の眼」の異名を持っています。常に冷静沈着でほとんど表情を変えることもありませんが、根は優しい性格でプライベートでは笑みを見せることもあります。父親はマスタングの錬金術の師匠で、マスタングからは自分が道を踏み外したときには殺せと言われるほどの信頼を置かれています。

2003年版アニメの声優は『交響詩篇エウレカセブン』のタルホ・ユーキ役で知られる根谷美智子(ねや・みちこ)さんで、2009年版アニメの声優は『BLEACH』の朽木ルキア役で知られる折笠富美子(おりかさ・ふみこ)さん。実写映画のキャストは、『37.5℃の涙』の杉崎桃子役で知られる蓮佛美沙子(れんぶつ・みさこ)さん。

リザ・ホークアイについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター11:マスタングの部下 ジャン・ハボック

鋼の錬金術師 (9) (ガンガンコミックス)

ジャン・ハボックは、ロイ・マスタング大佐の部下。階級は「少尉」。短い金髪の青年で、よく口にタバコをくわえているヘビースモーカー。デートのときにはその火を消す紳士的なところもありますが、なぜか非常に悪い女性運の持ち主。東部出身で、イシュヴァールの内乱を身近に感じてきたことから、自分でどうにかしたいという思いで士官学校に入った過去があります。

「頭が悪い」と称しながらも情報はけして流さない勤勉さがあり、身体能力と銃器の扱いにも優れ、マスタングの部下の中では警護や陽動などの実働的な役割を担っています。2003年版アニメの声優は「スレイヤーズシリーズ」のガウリイ=ガブリエフ役で知られる松本保典(まつもと・やすのり)さんで、2009年版アニメの声優は『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の相楽左之助役で知られるうえだゆうじさん。

ジャン・ハボックについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター12:マスタングの部下 ハイマンス・ブレダ

ハイマンス・ブレダは、ロイ・マスタング大佐の部下。階級は少尉。刈り上げた茶髪と恰幅の良い体格が特徴的な男性で、普段の不真面目そうな態度とは反対に実は頭脳派で、士官学校を首席の成績で卒業した経歴があります。策略に関する助言役から要人の捜索などに至るまで、様々な局面でマスタングのことをサポートしています。

同じマスタングの部下のジャン・ハボック少尉とは、士官学校時代からの親友の関係。2003年版アニメの声優は『ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード』のグレッグ・ラッセルバーグ役で知られる志村知幸(しむら・ともゆき)さんで、2009年版アニメの声優は『黒子のバスケ』の木村信介役で知られる佐藤美一(さとう・びいち)さん。

ハイマンス・ブレダについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター13:マスタングの部下 ヴァトー・ファルマン

ヴァトー・ファルマンは、ロイ・マスタング大佐の部下。階級は准尉。目が細く頰のこけた長身痩躯の男性で、グレーの短い髪をしています。歩くデータ・バンクのごとき記憶力を持っており、分野を問わずさまざまな知識を蓄えています。過去の事件に関する調査を行う際に周囲に勘づかれないまま情報を得られることから、マスタングからは重宝されている存在です。

どことなく幸の薄そうな見た目通りの苦労人気質で、連続猟奇殺人犯のバリー・ザ・チョッパーの監視役などの面倒ごとを押しつけられたことも。2003年版アニメの声優は『RAVE』のジャヴァ・レット・ダハーカ役で知られる室園丈裕(むろぞの・たけひろ)さんで、2009年版アニメの声優は『機動戦士ガンダム00』のパトリック・コーラサワー役で知られる浜田賢二(はまだ・けんじ)さん。

ヴァトー・ファルマンについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター14:マスタングの部下 ケイン・フュリー

ケイン・フュリーは、ロイ・マスタング大佐の部下。階級は曹長。短い黒髪に黒目をした小柄な青年で、あまり戦闘を得意とはしていませんが、通信機器に関する広範な知識を持っており、中央の無線チャンネルの全てを把握しています。マスタングの元では、その通信機器関係のハッキングや妨害工作、情報操作などの面で大きく活躍しています。

穏やかで優しく、部下に対する面倒見もいい性格の持ち主。2003年版アニメの声優は『コードギアス 反逆のルルーシュ』のロイド・アスプルンド役で知られる白鳥哲(しらとり・てつ)さんで、2009年版アニメの声優は『FAIRY TAIL』のナツ・ドラグニル役で知られる柿原徹也(かきはら・てつや)さん。

ケイン・フュリーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター15:ホークアイの愛犬 ブラックハヤテ号

ブラックハヤテ号は、リザ・ホークアイ中尉に飼われている愛犬。背中が黒く、顔やお腹周りに白い毛並みを持った犬で、性別はオス。子犬の頃に捨てられていたところをケイン・フュリー曹長によって拾われ、彼自身は寮暮らしで飼うことができなかったため、最終的にホークアイの家に行くことになりました。ホークアイによる厳しい躾を受けて成長し、彼女がホムンクルスのグラトニーに追い詰められてしまったときには助けに入る勇敢さを見せたことも。

ブラックハヤテ号について詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター16:アメストリス軍大総統 キング・ブラッドレイ

鋼の錬金術師 完全版(16) (ガンガンコミックスデラックス)

キング・ブラッドレイは、アメストリス軍の大総統。オールバックの黒髪と同じ色の口髭をした男性で、左眼の眼帯が特徴的。戦場で数多くの武勲を立てて、44歳の若さで事実上の国家元首とも言えるその地位にまで上り詰めました。より中央集権的な体制に移行したり、国家錬金術師制度を導入したりと、アメストリス国をより軍事的な国家として編成し直しています。

相手に威圧感を与える容姿をしていますが、時にジョークを口にするようなお茶目さを出すこともあります。60歳と高齢ながらも若々しい肉体を維持しており、戦場ではサーベルを武器に圧倒的な力を発揮。家族には妻と、養子にとった息子のセリムがいます。2003年版・2009年版ともに、アニメの声優は『ONEPIECE』のモンキー・D・ドラゴン役で知られる柴田秀勝(しばた・ひでかつ)さん。

キング・ブラットレイについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター17:アメストリス軍上層部中将 レイブン

レイブンは、アメストリス軍上層部に位置する軍人。階級は中将。短い白髪に褐色の肌をした人物で、普段は中央に転勤することになったロイ・マスタング大佐のことを気遣うような気さくな一面を見せていますが、本当は自分の目的のためならば平気で他者を切り捨てることも厭わない性質の持ち主。

グラマン中将の能力を高く評価し、自分の関わっている計画に引き入れようと打診したところ、一蹴されてしまったために東部に左遷した過去があります。2009年版アニメの声優は、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の東方良平役で知られる宝亀克寿(ほうき・かつひさ)さん。

レイブンについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター18:アメストリス軍上層部准将「鉄血の錬金術師」 バスク・グラン

バスク・グランは、アメストリス軍に在籍する軍人。階級は准将。スキンヘッドに褐色の肌をした人物で、口元のカイゼル髭が特徴的。鉄球や重火器などのさまざまな武器を錬成することを得意とした国家錬金術師で、「鉄血」の二つ名を与えられています。

戦場において部下を退けて自ら先陣を切ったり、戦功に目が眩んで皆殺しを命じようとしようとした上官を射殺したりするなど、軍人として勇敢で気骨に満ちた人物。物語開始からしばらく経った後に、傷の男(スカー)の手で殺害されています。2003年版・2009年版ともに、アニメの声優は『ドラゴンボールGT』のビッシュの父役で知られる青森伸(あおもり・しん)さん。

バスク・グランについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター19:アメストリス軍中央司令部中佐 マース・ヒューズ

鋼の錬金術師 vol.6 [DVD]

マース・ヒューズは、アメストリス軍に在籍する軍人。階級は中佐。前髪を一筋残したオールバックの髪型と眼鏡が特徴的な人物で、中央司令部の軍法会議所に勤務しています。妻のグレイシアと娘のエリシアのことを溺愛しており、所構わず家族写真を見せたりノロケ話をしたりするなど迷惑をかけることもありますが、優しく気遣いのできる性格で周りからはよく慕われています。

ロイ・マスタング大佐とは士官学校時代からの付き合いで、親友兼最大の理解者として彼の野望に協力しています。原作での登場は僅かでしたが、今でも根強い人気を誇るキャラクターです。2003年版・2009年版ともに、アニメ声優は『交響詩篇エウレカセブン』のホランド・ノヴァク役で知られる藤原啓治(ふじわら・けいじ)さん。実写映画のキャストは、『ROOKIES』の川藤幸一役で知られる佐藤隆太(さとう・りゅうた)さん。

マース・ヒューズについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター20:アメストリス軍中央司令部少佐「豪腕の錬金術師」 アレックス・ルイ・アームストロング

鋼の錬金術師 完全版(10) (ガンガンコミックスデラックス)

アレックス・ルイ・アームストロングは、アメストリス軍に在籍する軍人。階級は少佐。アメストリス屈指の名門「アームストロング家」の生まれで、マース・ヒューズ中佐の部下として中央司令部に勤務しています。戦闘時は錬成陣の描かれた手甲で対象を殴りつけることによって錬成を行うパワフルな手法を用いており、国家錬金術師として「豪腕」の二つ名を与えられています。

事あるごとに軍服を脱いで鍛え抜かれた肉体美を披露しようとする癖があり、そのいかつい外見とは反対に優しく涙もろい性格の持ち主でもあります。エルリック兄弟の理解者として、様々な局面でサポートしています。2003年版・2009年版ともに、アニメ声優は『Dr.スランプ アラレちゃん』の則巻センベエ役で知られる内海賢二(うつみ・けんじ)さん。

アレックス・ルイ・アームストロングについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター21:アメストリス軍中央司令部少尉 マリア・ロス

マリア・ロスは、アメストリス軍に在籍する軍人。階級は少尉。左眼の下にある泣きぼくろが特徴的な女性で、アレックス・ルイ・アームストロング少佐の部下として中央司令部に勤務しています。上官の彼の指示を受け、デニー・ブロッシュ軍曹と一緒に一時的にエルリック兄弟の護衛を務めることに。初めは階級が上に当たる彼らに礼節を持って接していましたが、時に未成熟な若者の彼らを大人として叱る芯の強さを見せたことも。

2003年版の声優は『天元突破グレンラガン』のロシウ・アダイ役で知られる斎賀(さいが)みつきさんで、2009年版の声優は『交響詩篇エウレカセブン』のエウレカ役で知られる名塚佳織(なづか・かおり)さん。実写映画のキャストは、NHK連続テレビ小説『純と愛』の狩野純役で知られる夏菜(なつな)さん。

マリア・ロスについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター22:アメストリス軍中央司令部軍曹 デニー・ブロッシュ

デニー・ブロッシュは、アメストリス軍に在籍する軍人。階級は軍曹。金色の髪を額の真ん中で分けた青年で、アレックス・ルイ・アームストロング少佐の部下として中央司令部に勤務しています。マリア・ロス少尉とともに一時期エルリック兄弟の護衛を務めており、他人の色恋沙汰に口を出すことからエドワードからは色ボケ軍曹呼ばわりされていました。

ロス少尉に対して密かに好意を寄せていたようで、彼女が殺人事件の犯人として疑いをかけられたときは、彼女のアリバイの証人として誤解を解こうとしたことも。2003年版アニメの声優は『ラジアータ ストーリーズ』のクライヴ・パーカー役で知られる原田(はらだ)マサオさんで、2009年版アニメの声優は『ダンボール戦機』の郷田ハンゾウ役で知られる早志勇紀(はやし・ゆうき)さん。

デニー・ブロッシュについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター23:アメストリス軍中央司令部軍法会議所 シェスカ

シェスカは、アメストリス軍に在籍する軍人。眼鏡をかけた少しオドオドした感じの女性で、読んだ本の内容1字1句違えずに記憶しておくことのできる特技を持っています。元は国立中央図書館に勤務していたもののクビになってしまい、エルリック兄弟のために自分の記憶を元に焼失した本の復元を行ったことから、マース・ヒューズ中佐の部下として中央司令部の軍法会議所に勤務することになります。

2003年版のアニメの声優は『THE IDOLM@STER』の秋月律子役で知られる若林直美(わかばやし・なおみ)さんで、『うちの3姉妹』のお母さん役で知られる藤村知可(ふじむら・ちか)さん。

シェスカについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター24:アメストリス軍東方司令部司令官 グラマン

グラマンは、アメストリス軍東方司令部の司令官。階級は中将。カイゼル髭と丸眼鏡を特徴とした老人で、普段は怠け者の好々爺のように振舞っていますが、実際は頭の切れる策士。かつては軍の頂点を目指した野心家でしたが、レイブン中将から受けたとある計画に関する誘いを一蹴したために、田舎の東方司令部に左遷されることになりました。そうなった今もその野心を忘れてはおらず、虎視眈々と機会を狙っています。

ロイ・マスタング大佐が東方司令部に在籍していた頃の上司でもあり、彼のことを気に入って重用し、策謀などを指南しました。2003年版アニメの声優は『BLEACH』の山本元柳斎重國役で知られる塚田正昭(つかだ・まさあき)さんで、『クレヨンしんちゃん』の初代の園長先生役で知られる納谷六朗(なや・ろくろう)さん。

グラマンについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター25:アメストリス軍東方司令部少将 ハクロ

ハクロは、アメストリス軍東方司令部に在籍する軍人。階級は少将。オールバックのブラウンの髪にがっしりとした体格をした人物で、ロイ・マスタング大佐の栄転後に、後任としてそこに所属することになりました。プライベートでは家族思いの人物ではあるものの、軍においては若くして大佐の地位にある彼のことが気に入らず、文句を口にするような器の小ささが見えたことも。

2003年版アニメの声優は『BLUE DRAGON』のサーベルタイガー役で知られる堀川仁(ほりかわ・じん)さんで、2009年版アニメの声優は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のブルック・カバヤン役で知られる武虎(たけとら)さん。実写映画のキャストは、『HERO』の末次隆之役で知られる小日向文世(こひなた・ふみよ)さん。

ハクロについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター26:アメストリス軍東方司令部少尉 レベッカ・カタリナ

レベッカ・カタリナは、アメストリス軍東方司令部に在籍する軍人。階級は少尉。ウェーブのかかった長い黒髪の女性で、リザ・ホークアイ中尉の親友でもあります。ホークアイが事実上の軟禁状態として中央に栄転してからもよく会っており、上司のグラマン中将からの連絡役としてひそかにメッセーを伝えていました。2009年版アニメの声優は、『機動戦士ガンダムSEED』のカガリ・ユラ・アスハ役で知られる進藤尚美(しんどう・なおみ)さん。

レベッカ・カタリナについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター27:アメストリス軍北方司令部少将 オリヴィエ・ミラ・アームストロング

鋼の錬金術師 完全版(13) (ガンガンコミックスデラックス)

オリヴィエ・ミラ・アームストロングは、アメストリス軍北方司令部に在籍する軍人。階級は少将。ストレートの長い金髪と厚ぼったい唇を特徴とした女性で、敵対国との国境沿いにまたがっている「ブリッグズ要塞」の司令官を務めています。「ブリッグズの北壁」「氷の女王」という異名を持つほどの苛烈な性格で徹底的な実力主義を貫くものの、厳しさの中にも確かな思いやりもあるため、部下からは厚い信頼を寄せられています。

アームストロング家の長子でもあり、自身と対照的な性格を持つ弟のアレックス・ルイ・アームストロング少佐に対しては厳しい態度をとっています。エルリック兄弟に対しても厳しい態度をとっていましたが、一定の評価を下してからは協力を関係を築きます。2009年版アニメの声優は、『シャーマンキング』のリゼルグ・ダイゼル役で知られる沢海陽子(そうみ・ようこ)さん。

オリヴィエ・ミラ・アームストロングについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター28:アメストリス軍北方司令部少佐 マイルズ

マイルズは、アメストリス軍北方司令部に在籍する軍人。階級は少佐。さまざまな人種や民族の血を引いており、その中でも特に赤目・白髪・褐色の肌といったイシュヴァール人の祖父の外見的特徴を色濃く受け継いでいます。アメストリス国を内側から変えたいという想いから軍に在籍しており、上官のオリヴィエ・ミラ・アームストロング少将からは多種多様な価値観を持つとして重用されています。

過去に自分の出自に関して彼女と対立したこともありましたが、現在は彼女の補佐をする立場として厚い忠誠を誓っています。2009年版アニメの声優は、『ONE PIECE』のロロノア・ゾロ役で知られる中井和哉(なかい・かずや)さん。

マイルズについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター29:アメストリス軍北方司令部大尉 バッカニア

バッカニアは、アメストリス軍北方司令部に在籍する軍人。階級は大尉。モヒカンと辮髪を特徴とした大柄な男性で、チェーンソーが仕込まれた機械鎧「クロコダイル」や、硬質のダイヤモンド素材で爪先を仕上げた機械鎧「マッドベアG」を装備しています。ブリッグズ要塞に向かうエルリック兄弟のことを、敵対している大国ドラクマの密偵と勘違いして襲いかかりました。

豪気な性格で情が深く、上官のオリヴィエ・ミラ・アームストロング少将は勿論のこと、部下からも信頼を寄せられる存在。2009年版アニメの声優は、『プラネテス』のハキム・アシュミード役で知られる大友龍三郎(おおとも・りゅうざぶろう)さん。

バッカニアについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター30:アメストリス軍北方司令部少尉 ヘンシェル

ヘンシェルは、アメストリス軍北方司令部に在籍する軍人。階級は少尉。オリヴィエ・ミラ・アームストロング少将の部下で、ブラウンの髪をオールバックにした大柄な男性です。

仲間に対する情が深く、レイブン中将の命令でまだ仲間が残っているにもかかわらず地下トンネルを埋めなくてはならなくなったときは、上官のオリヴィエに自ら抗議をしたことも。2009年版アニメの声優は、『SLAM DUNK』の赤木剛憲役で知られる梁田清之(やなだ・きよゆき)さん。

ヘンシェルについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター31:アメストリス軍中佐「紅蓮の錬金術師」 ゾルフ・J・キンブリー

鋼の錬金術師 完全版(11) (ガンガンコミックスデラックス)

ゾルフ・J・キンブリーは、アメストリス軍に在籍する軍人。階級は中佐。白いスーツと同色の帽子を愛用している男性で、長い黒髪をポニーテールにしています。掌に刻まれた錬成陣を用いた爆発の錬金術を得意としており、国家錬金術師として与えられた二つ名は「紅蓮」。「爆発狂のキンブリー」という異名も持っています。

普段は紳士然として振る舞っているものの本性は殺人に美を見出すサイコパスで、独自の考えからホムンクルス一派の協力者として動いています。2003年版アニメの声優は「ポケットモンスターシリーズ」のタケシ役で知られるうえだゆうじさんで、2009年版アニメの声優は『弱虫ペダル』の荒北靖友役で知られる吉野裕行(よしの・ひろゆき)さん。

ゾルフ・J・キンブリーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター32:アメストリス軍「綴命の錬金術師」 ショウ・タッカー

ショウ・タッカーは、「綴命(ていめい)」の二つ名を与えられた国家錬金術師。丸眼鏡をかけた痩せ気味の男性で、娘のニーナと飼い犬のアレキサンダーと共に暮らしています。2年前に人語を理解できる合成獣の錬成をしたことから国家資格を取得しており、ロイ・マスタング大佐から生態系錬金術に詳しい研究者としてエルリック兄弟に紹介されました。もう一度その錬成をした際に、その正体に気づいたエルリック兄弟の逆鱗に触れることに。

エドワードからの問いかけに対する「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」の台詞で有名。2003年版・2009年版ともに、アニメ声優は『いちご100%』の真中淳平の父親役で知られる永井誠(ながい・まこと)さん。実写映画のキャストは、「探偵はBARにいるシリーズ」の探偵役で知られる大泉洋(おおいずみ・よう)さん。

ショウ・タッカーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター33:検死専門の鑑定医 ノックス

ノックスは、検死を専門としている鑑定医。短く刈った黒髪に眼鏡をかけた強面の中年男性で、無精髭を生やしています。かつては軍医として働いていましたが、イシュヴァール人を使用した人体実験に与した良心の呵責から悪夢や不眠症に悩まされるようになり、妻子と離れて軍医を辞め、検死医に転職することを決めました。

ロイ・マスタング大佐とはイシュヴァール殲滅戦以来の戦友同士の関係。マスタングに協力してランファンやメイ・チャンの治療を行ったことで、医者としての自分を取り戻していきます。2009年版アニメの声優は、『PSYCHO-PASS サイコパス』の征陸智己役で知られる有本欽隆(ありもと・きんりゅう)さん。

ノックスについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター34:キンブリーの元部下 ハインケル

ハインケルは、ゾルフ・J・キンブリー中佐の部下としてブリッグズ要塞に派遣された軍人。獅子型の合成獣で、普段は金髪をオールバックにした強面の男性の姿をしていますが、変身すると頭部がライオンそのものになります。戦闘時は鋭い爪と牙を武器として使用。思慮深い性格の持ち主で、自分が合成獣であることを気に入っています。

炭鉱での戦いの後にキンブリーのことを見限り、エドワードと行動を共にすることになります。2009年版アニメの声優は、『横山光輝 三国志』の関羽雲長役で知られる辻親八(つじ・しんぱち)さん。

ハインケルについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター35:キンブリーの元部下 ダリウス

ダリウスは、ゾルフ・J・キンブリー中佐の部下としてブリッグズ要塞に派遣された軍人。類人猿型の合成獣で、普段は短い黒髪にもみ上げの濃い男性の姿をしていますが、変身するとゴリラの要素が強くなった姿になります。戦闘の際は俊敏な動きで怪力を活かして戦います。大雑把な性格の持ち主で、ハインケル同様自分が合成獣であることを気に入っています。

炭鉱での戦いの後にキンブリーのことを見限り、エドワードと行動を共にします。2009年版アニメの声優は、『みつどもえ』の丸井草次郎役で知られる天田益男(あまだ・ますお)さん。

ダリウスについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター36:キンブリーの元部下 ジェルソ

ジェルソは、ゾルフ・J・キンブリー中佐の部下としてブリッグズ要塞に派遣された軍人。ガマガエル型の合成獣で、普段はドレッドヘアをしたふくよかな男性の姿をしていますが、変身するとさらに丸々としたカエルのような姿になります。そのような体型であっても戦闘時の身のこなしは軽く、粘着性の唾液を吐き出すことで相手の動きを封じることができます。

ハインケルやダリウスとは違って元の身体に戻りたいと思っており、エルリック兄弟に協力することを決意して傷の男たちと行動を共にすることになります。2009年版アニメの声優は、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の虹村形兆役で知られる志村知幸(しむら・ともゆき)さん。

ジェルソについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター37:キンブリーの元部下 ザンパノ

ザンパノは、ゾルフ・J・キンブリー中佐の部下としてブリッグズ要塞に派遣された軍人。ヤマアラシとイノシシの合成獣で、丸眼鏡をかけた長身の男性の姿をしていますが、変身すると顔はイノシシで背中からは無数の針を生やした姿になります。その針は散弾銃のように射出することが可能です。

ジェルソ同様元の身体に戻りたいという想いが強く、エルリック兄弟に協力することを決意した上で傷の男たちと行動を共にすることになります。2009年版アニメの声優は、『イナズマイレブン』の砂木沼治役で知られる疋田高志(ひきだ・たかし)さん。

ザンパノについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター38:イシュヴァール人の復讐者 傷の男(スカー)

鋼の錬金術師 完全版(8) (ガンガンコミックスデラックス)

傷の男は、イシュヴァール人の復讐者。その民族の特徴である白髪と赤い瞳をした屈強な体格の男性で、額にある大きな十字傷の跡が特徴的。イシュヴァール殲滅戦時の生き残りで、その復讐のために国家錬金術師の命を狙っている連続殺人犯。「傷の男」というのは額にある傷跡を元に軍部がつけた通称で、本名は明かされていません。

元はイシュヴァラ教の武僧であったため強力な体術を使用することができ、「分解」の錬成陣が刻まれた右腕を使用することで相手の肉体や周辺の物を破壊することも可能です。2003年版アニメの声優は『テニスの王子様』の手塚国光役で知られる置鮎龍太郎(おきあゆ・りょうたろう)さんで、2009年版アニメの声優は『僕のヒーローアカデミア』のオールマイト役で知られる三宅健太(みやけ・けんた)さん。

傷の男について詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター39:元ユースウェル炭鉱主 ヨキ

ヨキは、元ユースウェルの炭鉱主。胡散臭い雰囲気を持った小柄な中年男性で、口元に尖った髭を生やしています。ユースウェルの炭鉱経営者であると同時にアメストリス軍の中尉でもあり、ユースウェルの人々に重税をかけて巻き上げた金で賄賂を贈ることで、更なる地位を得ようとしていました。エルリック兄弟にその悪事を潰されて軍からも追い出されてからは、浮浪者になりました。

その後、半ば脅迫に近い形で傷の男の旅に同行することになり、最終的にはアメストリス国の危機に対してエルリック兄弟たちと共に立ち向かうことになりました。2003年版・2009年版ともに、アニメ声優は『ONE PIECE』のフランキー役で知られる矢尾一樹(やお・かずき)さん。

ヨキについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター40:元国家錬金術師の医者 ティム・マルコー

ティム・マルコーは、賢者の石の製造に関わっていた元国家錬金術師。白髪の混じった黒髪の中年男性で、生真面目な性格の持ち主。イシュヴァール殲滅戦で賢者の石が使用された際に、その罪悪感から脱走し、「マウロ」という偽名を使って田舎の町医者として働いていました。ホムンクルスたちによる監禁から解放された後は傷の男一行と行動を共にし、自身の贖罪の念からアメストリス国の危機に共に立ち向かうことになります。

2003年版アニメの声優は『北斗の拳』のジャギ役で知られる戸谷公次(とたに・こうじ)さんで、2009年版アニメの声優は『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』のジンダイ役で知られる小室正幸(おもろ・まさゆき)さん。実写映画のキャストは、『ちはやふる』の原田秀雄役で知られる國村隼(くにむら・じゅん)さん。

ティム・マルコーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター41:ホムンクルス一派の長 お父様(フラスコの中の小人)

鋼の錬金術師 完全版(17) (ガンガンコミックスデラックス)

「お父様」は、ホムンクルス一派の長にしてアメストリス国を裏から支配している黒幕。「フラスコの中の小人」とも呼ばれているものの、作中では正式な名前は登場していません。命を奪うことに躊躇いのない冷酷な性格で、ラストやエンヴィーなどの配下となるホムンクルスたちを製造した際に自身の魂を割譲したために、薄い情動しかありません。とある目的のために、アメストリス国全体を巻き込んだ計画を遂行しようとしています。

人智を超えた様々な知識を有しており、ノーモーションで極めて強力な錬金術を行使することが可能。その見た目はヴァン・ホーエンハイムに酷似しており、彼との間には浅からぬ因縁があります。2009年版アニメの声優は、『風の谷のナウシカ』のクロトワ役で知られる家弓家正(かゆみ・いえまさ)さん。

「お父様」について詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター42:「色欲」のホムンクルス ラスト

鋼の錬金術師 完全版(6) (ガンガンコミックスデラックス)

ラストは、「お父様」によって2番目に生み出された「色欲」のホムンクルス。ウェーブがかった長い黒髪をした抜群のプロポーションを持つホムンクルスで、胸元にウロボロスの紋章があります。ホムンクルスとして手の先端を伸縮自在に鋭利な刃物に変えることのできる「最強の矛」を持っています。見た目通りのクールな性格で策謀に長け、物語序盤から計画の遂行のために暗躍していました。

2003年版アニメの声優は『シャーマンキング』の麻倉葉役で知られる佐藤(さとう)ゆうこさんで、2009年版アニメの声優は『らんま1/2』の天道かすみ役で知られる井上喜久子(いのうえ・きくこ)さん。実写映画のキャストは、『Mother』の鈴原奈緒役で知られる松雪泰子(まつゆき・やすこ)さん。

ラストについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター43:「暴食」のホムンクルス グラトニー

グラトニーは、「お父様」によって6番目に生み出された「暴食」のホムンクルス。ゴム毬のように丸い身体をした坊主頭のホムンクルスで、舌にウロボロスの紋章があります。ホムンクルスとしてあらゆるものを無制限に食べ続けることのできる固有能力を持っており、その身体の中には果てしない暗闇と血の海が広がっています。「食べていい?」と口癖としたのんびり屋で、ホムンクルスの中でも特にラストを慕っています。

2003年版アニメの声優は『美少女戦士セーラームーン』のアルテミス役で知られる高戸靖広(たかと・やすひろ)さんで、2009年版アニメの声優は『機動戦士ガンダム00』のアンドレイ・スミルノフ役で知られる白鳥哲さん。実写映画のキャストは、「ごくせんシリーズ」の達川ミノル役で知られる役内山信二 (うちやま・しんじ)さん。

グラトニーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター44:「嫉妬」のホムンクルス エンヴィー

鋼の錬金術師 完全版(9) (ガンガンコミックスデラックス)

エンヴィーは、「お父様」によって4番目に生み出された「嫉妬」のホムンクルス。小柄な体格で中性的な顔立ちをしたホムンクルスで、左足の太股にウロボロスの紋章があります。ホムンクルスとして自由自在に外見を変えることのできる固有能力を持っており、その能力を活かして様々な事件の裏で暗躍してきました。人間に対する侮蔑の念が強く、極めて残忍且つ冷酷な性格の持ち主。

2003年版アニメの声優は『デジモンテイマーズ』の李健良役で知られる山口眞弓(やまぐち・まゆみ)さんで、2009年版アニメの声優は『名探偵コナン』の江戸川コナン役で知られる高山(たかやま)みなみさん。実写映画のキャストは、『進撃の巨人』のアルミン役で知られる本郷奏多(ほんごう・かなた)さん。

エンヴィーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター45:「強欲」のホムンクルス グリード

鋼の錬金術師 vol.9 [DVD]

グリードは、「お父様」によって3番目に生み出された「強欲」のホムンクルス。逆立てた黒髪をした体格の良いホムンクルスで、左手の甲にウロボロスの紋章があります。ホムンクルスとしての固有能力は、体内の炭素結合度を変化させることで表皮を硬化させることのできる「最強の盾」。この世のありとあらゆるものを欲望しており、自身のその乾きを満たせないことから100年ほど前に「お父様」の元から去っていました。

「お父様」の元に連れ戻された後に一度賢者の石の形に戻されましたが、その後リン・ヤオの身体をベースに復活を遂げることになります。2003年版アニメの声優は『Fate/stay night』のアーチャー役で知られる諏訪部順一(すわべ・じゅんいち)さんで、2009年版アニメの声優は「CLANNADシリーズ」の岡崎朋也役で知られる中村悠一(なかむら・ゆういち)さん。

グリードについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター46:「怠惰」のホムンクルス スロウス

Instabuyポスター宣伝-鋼の錬金術師ナマケモノ-A3(42x30 cm)

スロウスは、「お父様」によって5番目に生み出された「怠惰」のホムンクルス。非常に大柄な体格をした隻眼のホムンクルスで、右肩の後ろの方にウロボロスの紋章があります。「めんどくせー」を口癖とした物ぐさな性格の持ち主。その一方で、ホムンクルスとしては超高速移動のできる固有能力を持っており、その巨体を駆使することで強烈な威力を持った体当たりを行えます。

「お父様」の計画の遂行にあたって、少なくとも100年ほど地下トンネルを素手で掘り続けていました。その最中にブリッグズ要塞に迷い込み、エルリック兄弟やオリヴィエ・ミラ・アームストロング少将たちと対決することになります。2009年版アニメの声優は、『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウ役で知られる立木文彦(たちき・ふみひこ)さん。

スロウスについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター47:元第五研究所の番人 スライサー

スライサーは、かつて賢者の石の錬成などの実験が行われていた元第五研究所の番人。元々は兄弟で殺人や盗みなどを行っていた犯罪者でしたが、表向きは死刑とされて、実際にはホムンクルスたちによって兄の魂は鎧の頭部に、弟の魂は鎧の胴部に定着させられていました。第五研究所に侵入したエドワードと対戦し、日本刀に似た武器を用いて圧倒したものの。最終的に彼によって行動不能にさせられました。

2003年版アニメの兄の声優は『魔動王グランゾート』のグランゾート役で知られる大滝進矢(おおたき・しんや)さんで、弟の声優は『MÄR-メルヘヴン-』のエドワード役で知られる坂口候一(さかぐち・こういち)さん。2009年版アニメの兄の声優は『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の無梨甚八役で知られる松本大(まつもと・だい)さんで、弟の声優は『PSYCHO-PASS サイコパス』の宜野座伸元役で知られる野島健児(のじま・けんじ)さん。

スライサーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター48:元第五研究所の番人 バリー・ザ・チョッパー

バリー・ザ・チョッパーは、元第五研究所の番人。元は人間を切り刻むことを快感を覚えて殺人を繰り返していた肉屋の主人で、死刑判決を受けた後に、ホムンクルスたちによって魂を鎧に定着させられました。第五研究所でアルフォンスと戦った際は、彼の自己存在を揺らがせて兄への不信感を煽ることに。研究所が崩壊してからは、リザ・ホークアイ中尉の強さに惚れたことをきっかけにロイ・マスタング大佐の協力者となります。

2003年版アニメの声優は『NARUTO -ナルト-』の秋道チョウジ役で知られる伊藤健太郎(いとう・けんたろう)さん。2009年版アニメの声優は『ガンパレード・マーチ 〜新たなる行軍歌〜』の瀬戸口隆之役で知られる梅津秀行(うめづ・ひでゆき)さんで、人間の姿時の声優は『デュエル・マスターズ』の切札勝利役で知られる浜田賢二さん。

バリー・ザ・チョッパーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター49:デビルズネスト ドルチェット

ドルチェットは、デビルズネストのメンバーの1人。デビルズネストは、初代グリードがダブリスを根城にして築いた組織で、アメストリス軍の実験で何らかの動物と合成された者たちが集まっています。ドルチェットは逆立てた黒髪をした三白眼の男性で、組織の中ではNo.2の立ち位置にいます。犬と人間が掛け合わされた合成獣で、楽観的で忠義に厚い性格の持ち主。犬のように足が速く、鼻も利きます。

2003年版アニメの声優は『機動戦士ガンダム00』のアレハンドロ・コーナー役で知られる松本保典さんで、2009年版アニメの声優は『とある魔術の禁書目録』の土御門元春役で知られる勝杏里(かつ・あんり)さん。

ドルチェットについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター50:デビルズネスト ロア

ロアは、デビルズネストのメンバーの1人。白髪を後ろで1つに結った中年男性で、かなり大型な体格をしています。牛と人間が掛け合わされた合成獣で、本気の戦闘を行う際は額からツノが生えて身体もさらに大きくなります。グリードに対する忠誠心は厚く、彼がホムンクルスとしての再生能力を誇示するために頭を砕けと命じたときは、得物のハンマーで迷いなく彼の頭を粉砕したことも。

2003年版アニメの声優は『機動戦士ガンダム00』のビリー・カタギリ役で知られるうえだゆうじさんで、2009年版アニメの声優は『僕のヒーローアカデミア』のエンデヴァー役で知られる稲田徹(いなだ・てつ)さん。

ロアについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター51:デビルズネスト マーテル

マーテルは、デビルズネストのメンバーの1人。デビルズネストの戦闘員の中で唯一の女性で、金髪を短く刈り込んでいます。蛇と人間が掛け合わされた合成獣で、蛇のように骨や関節を無視した柔軟な動きができます。グリードの命令でその能力を用いてアルフォンスの鎧の中に入り、彼の動きを封じると同時に監視を行っていました。

2003年版アニメの声優は『地獄先生ぬ〜べ〜』の稲葉郷子役で知られる笠原留美(かさはら・るみ)さんで、2009年版アニメの声優は『NARUTO -ナルト-』のみたらしアンコ役で知られる本田貴子(ほんだ・たかこ)さん。

マーテルについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター52:デビルズネスト ビドー

ビドーは、デビルズネストのメンバーの1人。スキンヘッドの小男で、身体から大きな尻尾が生えています。トカゲと人間が掛け合わされた合成獣で、トカゲのように壁を伝い上ることができます。魂の錬成の確認を行うためにエルリック兄弟を挑発し、それをグリードへと報告。2代目グリードと遭遇した際は、彼が初代グリードの記憶の一部を取り戻すきっかけをつくりました。

2003年版アニメの声優は『ソードアート・オンライン』のヒースクリフ役で知られる大川透さんで、2009年版アニメの声優は『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』の花中島マサル役で知られるうえだゆうじさん。

ビドーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター53:シン国第十二皇子 リン・ヤオ

鋼の錬金術師 完全版(14) (ガンガンコミックスデラックス)

リン・ヤオは、アメストリス国の東にある「シン国」の第十二皇子。大陸暦1900年生まれで、初登場時の年齢は15歳。黒髪を後ろで1つにまとめた線目の少年で、基本的には陽気な性格の持ち主。他の兄弟たちと次期皇帝の座を争っている立場にあり、ヤオ族の権利向上とその座を勝ち取る目的で、不老不死の法を探しにアメストリス国へと不法入国してきました。

「お父様」から「強欲」の賢者の石を注ぎ込まれた際は、精神世界の中で辛くも自分の意識を保った状態でグリードと対話し、その強欲さを気に入られることに。その後は人間ベースのホムンクルスとなり、身体の主導権争いを経て1つの身体にリンとグリードの意識が共存する状態になります。2009年版アニメの声優は、『うたの☆プリンスさまっ♪』の一ノ瀬トキヤ役で知られる宮野真守(みやの・まもる)さん。

リン・ヤオについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター54:リンの護衛 ランファン

鋼の錬金術師(12) (ガンガンコミックス)

ランファンは、リン・ヤオの護衛の1人。代々ヤオ家に仕えている家系の生まれで、同じくリンの護衛を務めているフーの孫に当たります。普段は京劇のような仮面と忍装束のような黒服を身につけたスタイルをしていますが、その下には黒髪をお団子にまとめた少女の素顔が隠されています。冷静沈着な性格であるものの、内気で恥ずかしがり屋なところもあり、仮面の下を見られると赤面してしまうことも。

リンに対する忠誠心は厚く、作中でキング・ブラッドレイによって追い詰められた際は、彼を出し抜くために自分の腕を犠牲にしました。2009年版アニメの声優は、『ハートキャッチプリキュア!』の花咲つぼみ(キュアブロッサム)役で知られる水樹奈々(みずき・なな)さん。

ランファンについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター55:リンの護衛 フー

鋼の錬金術師 軽装版 Vol.6 名前の無い墓 (ガンガンコミックスREMIX)

フーは、リン・ヤオの護衛の1人。代々ヤオ家に仕える家系に生まれた白髪白髭の老人で、同じく護衛を務める孫娘のランファン同様、派手な柄の仮面と忍装束のような黒服を身につけています。

厳格で義理堅い人物で、リンがグリードになってしまった際は、彼を守れなかったことに関してランファンに厳しく当たった一方、片腕を犠牲にした彼女のことを案じる愛情深さも見せました。2009年版アニメの声優は、『トラップ一家物語』のゲオルグ・フォン・トラップ男爵役で知られる堀勝之祐(ほり・かつのすけ)さん。

フーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター56:シン国第十七皇女 メイ・チャン

鋼の錬金術師 完全版(7) (ガンガンコミックスデラックス)

メイ・チャンは、シン国の第十七皇女。リン・ヤオの異母妹にあたる小柄な少女で、2つのお団子から3本ずつ三つ編みを垂らした独特のヘアスタイルをしています。シン国の中でも弱小の民族「チャン族」の権利向上を考え、リン同様に不老不死の法を探しにアメストリス国にやってきました。その途中で偶然に傷の男と出会い、彼一行と行動を共にするようになります。

一族の命運を背負うという重い立場にありながら恋を夢見るような一面もあり、伝聞だけで憧れていたエドワードの現実を知って落胆した後に、弟のアルフォンスの方に恋心を抱くようになりました。優れた武術を行える他、錬丹術の達人でもあります。2009年版アニメの声優は、『乃木坂春香の秘密』の乃木坂美夏役で知られる後藤麻衣(ごとう・まい)さん。

メイ・チャンについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター57:メイの連れているパンダ シャオメイ

シャオメイは、メイ・チャンの連れている小さなパンダ。性別はメス。病気で大きくなることのできなかったジャイアントパンダの子どもで、人間の言葉を理解することのできる高い知性を持っています。主人であるメイによく懐いており、彼女が危機に陥った際は勇気を出して敵に噛みついたことも。2009年版アニメの声優は、『東京喰種トーキョーグール』の鈴屋什造役で知られる釘宮理恵さん。

シャオメイについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター58:イズミの夫 シグ・カーティス

シグ・カーティスは、エルリック兄弟の錬金術の師匠であるイズミ・カーティスの夫。最愛の妻の彼女と共にダブリスで「カーティス精肉店」を営んでいます。髭を生やした強面の男性で、アレックス・ルイ・アームストロング少佐にも劣らぬ筋肉の持ち主。

そんな威圧感を与える風貌に反して優しくおおらかな性格の持ち主であり、過去に人体錬成を行った影響で虚弱体質になってしまったイズミのことをよく気遣っています。2003年版・2009年版ともに、アニメ声優は『イナズマイレブン』の黒岩流星役で知られる佐々木誠二(ささき・せいじ)さん。

シグ・カーティスについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター59:カーティス精肉店員 メイスン

メイスンは、「カーティス精肉店」の店員。額に白いバンドを巻いた筋肉質な体格の青年で、陽気な性格の持ち主。カーティス夫妻が旅行でいなくなることが多いため、店をよく1人で切り盛りしています。幼いエルリック兄弟がヨック島で修行を行った際には、シーサーを思わせるような怪しい仮面をつけて素性を隠した上で、見張り兼修行の相手役として島に滞在したことも。

2003年版アニメの声優は『ボボボーボ・ボーボボ』のところ天の助役で知られる園部啓一(そのべ・けいいち)さんで、2009年版アニメの声優は『焼きたて!!ジャぱん』の河内恭介役で知られる阪口周平(さかぐち・しゅうへい)さん。

メイスンについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター60:ヒューズの妻 グレイシア・ヒューズ

グレイシア・ヒューズは、マース・ヒューズ中佐の妻。くすんだ金髪をショートヘアにした女性で、料理上手で優しい性格の持ち主。悲しみに襲われたときでも、相手を思いやることのできる芯の強さもあります。

2003年版アニメの声優は『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサト役で知られる三石琴乃(みついし・ことの)さんで、2009年版アニメの声優は『LAST EXILE』のルシオラ役で知られる半場友恵(はんば・ともえ)さん。実写映画のキャストは、『ハチミツとクローバー』の山田あゆみ役で知られる原田夏希(はらだ・なつき)さん。

グレイシア・ヒューズについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター61:ヒューズの娘 エリシア・ヒューズ

エリシア・ヒューズは、マース・ヒューズ中佐の娘。母親のグレイシア譲りの褪せた金色の髪をツインテールにした少女で、天真爛漫で物怖じのしない性格の持ち主。同年代の女の子だけでなく男の子たちとも仲が良いため、家族を愛してやまないヒューズ中佐に嫉妬心を抱かせています。

2003年版アニメの声優は『ましろ色シンフォニー』の乾紗凪役で知られる吉田真弓(よしだ・まゆみ)さんで、2009年版アニメの声優は『スマイルプリキュア!』の星空みゆき(キュアハッピー)役で知られる福圓美里(ふくえん・みさと)さん。

エリシア・ヒューズについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター62:アームストロング家の末妹 キャスリン・エル・アームストロング

キャスリン・エル・アームストロングは、アームストロング家5兄弟の末妹。女傑の姉のオリヴィエ・ミラ・アームストロング少将や、筋骨隆々とした体格の兄のアレックス・ルイ・アームストロング少佐とは似ても似つかぬ可憐な容姿をした少女で、おしとやかで控えめな性格の持ち主。一方で、趣味はピアノを持ち上げることであるため、屈強なメンバーの揃うアームストロング家らしい一面も覗かせています。

ジャン・ハボック少尉とお見合いをした際に真剣に交際を申し込まれたものの、好みのタイプは兄のような人だと答えて彼を撃沈させ、1週間寝込ませました。2003年版・2009年版ともに、アニメ声優は『フルーツバスケット』の草摩楽羅役で知られる釘宮理恵さん。

キャスリン・エル・アームストロングについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター63:ブラッドレイの妻 ブラッドレイ夫人

ブラッドレイ夫人は、キング・ブラッドレイ大総統の妻。お喋り好きのごくごく普通の女性で、褪せた金色の髪を後ろで1つに結っています。唐変木と口にしながらも夫のブラッドレイのことをよく案じており、早く引退して後進にその席を譲ることを望んでいます。遠縁の子として引き取ったセリムのこともよく可愛がっている様子。

ブラッドレイとは普通の恋愛結婚しており、彼ですら見切ることのできなかった彼女のビンタが結婚の決め手になったのだとか。2003年版アニメの声優は『小公女セーラ』のモーリー役で知られる向殿(むかいどの)あさみさんで、2009年版アニメの声優は『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』のカラシナ博士役で知られるさとうあいさん。

ブラッドレイ夫人について詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター64:ブラッドレイの養子 セリム・ブラッドレイ

セリム・ブラッドレイは、キング・ブラッドレイの養子。短い黒髪をした少年で、ブラッドレイ夫婦の間に子どもが生まれなかったこともあって遠縁から引き取られてきました。普段は礼儀正しく振る舞い、純真な性格を覗かせています。養父のブラッドレイとともに、物語の核心に関わる重大な要素を隠しています。

2003年版アニメの声優は『サザエさん』の3代目の磯野ワカメ役で知られる津村(つむら)まことさんで、2009年版アニメの声優は『交響詩篇エウレカセブン』のレントン・サーストン役で知られる三瓶由布子(さんぺい・ゆうこ)さん。

セリム・ブラッドレイについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター65:タッカーの娘 ニーナ・タッカー

ニーナ・タッカーは、国家錬金術師のショウ・タッカーの娘。ブラウンの髪を三つ編みのおさげにした女の子で、父親思いで天真爛漫な性格の持ち主。ロイ・マスタング大佐からの紹介でタッカー家にやってきたエルリック兄弟とよく遊んで仲良くなりました。出番こそ僅かであったものの、彼女の身に起こった悲劇はエルリック兄弟の心に残り続け、最終回でも語られていました。

2003年版アニメの声優は『クレヨンしんちゃん』の野原ひまわり役で知られるこおろぎさとみさんで、2009年版アニメの声優は『約束のネバーランド』のエマ役で知られる諸星(もろぼし)すみれさん。実写映画のキャストは、NHK連続テレビ小説『まれ』の紺谷歩実役で知られる横山芽生(よこやま・めい)さん。

ニーナ・タッカーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター66:タッカー家の犬 アレキサンダー

アレキサンダーは、タッカー家で飼われている愛犬。白い毛並みをした大型犬で、研究で忙しい父親からなかなか構ってもらえないニーナの寂しさを和らげていました。タッカー家に訪問するエドワードによくじゃれつくやんちゃっぷりを見せたことも。ニーナとともにアレキサンダーの身に起きた悲劇も、エルリック兄弟の心には深く刻まれています。

アレキサンダーについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター67:錬金術の研究者 傷の男の兄

傷の男の兄は、イシュヴァール人の研究者。イシュヴァール人の特徴である白髪・赤目・褐色の肌をした人物で、本名は不明。イシュヴァラ教の戒律を破って錬金術の研究を行うとともに、シン国の錬丹術の研究も行っていました。研究を進めるなかで、アメストリス国の錬金術がおかしいことや恐るべき事実に気がつき、その対抗策を暗号化した研究書を弟に託しました。後にその本が物語の中で重要な役割を担うことになります。

2003年版アニメの声優は『魔法の天使クリィミーマミ』の大伴俊夫役で知られる水島裕(みずしま・ゆう)さんで、2009年版アニメの声優は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のクラウディア・ホッジンズ役で知られる子安武人(こやす・たけひと)さん。

傷の男の兄について詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター68:リオールの少女 ロゼ・トーマス

ロゼ・トーマスは、アメストリス国東部にあるリオールに暮らす少女。前髪部分だけがピンク色になったロングヘアの少女で、最愛の恋人を失って深い悲しみに暮れていたところを新興宗教「レト教」に出会って救われた経緯があります。その教祖のコーネロに騙されていたことを知って自暴自棄になるも、エドワードに諭されたことで強く生きていくことを決めました。

その際にエドワードがロゼに言った「立って歩け。前へ進め。あんたには立派な足があるじゃないか」という台詞は有名です。2003年版アニメの声優は『犬夜叉』の珊瑚役で知られる桑島法子(くわしま・ほうこ)さんで、2009年版アニメの声優は『犬夜叉』の日暮かごめ役で知られるゆきのさつきさん。

ロゼ・トーマスについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター69:レト教の教主 コーネロ

コーネロは、新興宗教「レト教」の教主。スキンヘッドの大柄な老人で、太陽神レトの代理人を名乗っていました。ホムンクルスのラストたちから与えられた不完全な賢者の石を使用してリオールの住民たちや信者たちを騙し、そこを自分にとって理想的な場所につくり変えることを画策。賢者の石の調査のためにやってきたエルリック兄弟によって、その悪事を全て信者たちにバラされることになりました。

2003年版アニメの声優は『巨人の星』の星一徹役で知られる加藤精三(かとう・せいぞう)さんで、2009年版アニメの声優は『ONE PIECE』の白ひげ役で知られる有本欽隆さん。実写映画のキャストは、『世界の車窓から』のナレーションで知られる石丸謙二郎(いしまる・けんじろう)さん。

コーネロについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター70:ラッシュバレーのスリ師 パニーニャ

パニーニャは、機械鎧の街「ラッシュバレー」で名の知れたスリ師。黒髪を後ろで結った髪型と褐色の肌が特徴的な少女で、幼い頃に列車事故で両足を失って絶望していたところを、ドミニク・レコルトから機械鎧の両足を装着されたことで生きる活力を取り戻した過去があります。スリを働くことでドミニクに機械鎧の代金を支払おうとしていましたが、受け取ってもらえてはいませんでした。

それに関してウィンリィに諭されて心を入れ替えてからは、身軽さを活かして真面目に働くようになります。2003年版アニメの声優は『愛天使伝説ウェディングピーチ』の花咲ももこ(ウェディングピーチ)役で知られる氷上恭子(ひかみ・きょうこ)さんで、『ONE PIECE』のナミ役で知られる岡村明美(おかむら・あけみ)さん。

パニーニャについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター71:機械鎧技師 ドミニク・レコルト

ドミニク・レコルトは、一流の腕を持った機械鎧技師。職人肌の初老の男性で、ラッシュバレーから離れた場所にある岩山で息子夫婦とともに暮らしています。息子夫婦の間に子どもが産まれてからは、一転して好々爺に。諸事情でウィンリィの祖母のピナコのことを恐れており、元々弟子はとらない主義だったこともあってウィンリィには機械鎧技師のガーフィールを紹介しました。

2003年版アニメの声優は『キン肉マン』のロビンマスク役で知られる郷里大輔(ごうり・だいすけ)さんで、2009年版アニメの声優は『ミスター味っ子』の丸井善男役で知られる飯塚昭三(いいづか・しょうぞう)さん。

ドミニク・レコルトについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター72:機械鎧技師 ガーフィール

ガーフィールは、ラッシュバレーに店を構えている機械鎧技師。顔に化粧を施した筋骨隆々とした体格の人物で、一流の機械鎧技師のドミニクが認めるほどの腕を持っています。ドミニクの紹介を受けてやってきたウィンリィを弟子にとることになります。2009年版アニメの声優は、『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』のモハメド・アヴドゥル役で知られる三宅健太さん。

ガーフィールについて詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター73:不老不死を求めた王 クセルクセス国王

クセルクセス国王は、遥か昔に栄えた国の王。国民からは名君と称えられる存在でしたが、老いが進んできたことから不老不死を求め、国民を犠牲にしてでも賢者の石の完成を目指そうとしていました。「お父様」とヴァン・ホーエンハイムに関わりのある人物です。2009年版アニメの声優は、『交響詩篇エウレカセブン』のゴンジイ役で知られる石森達幸(いしもり・たっこう)さん。

クセルクセス国王について詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』キャラクター74:「真理の扉」の前に座る者 「真理」

「真理」は、「真理の扉」の前に座っている謎の存在。人の形をとった白っぽい何かで、具体的な正体に関しては不明。自らを「世界」「宇宙」「全」「一」などと呼ばれるものだと名乗っており、人体錬成などをしたことで「真理の扉」の前に来てしまった者に対し、「通行料」と称する代価と引き換えにその扉を開いて「真理」を見せています。

「真理」について詳しく知りたい方はこちら。

『鋼の錬金術師』は魅力的なキャラクターでいっぱい!

鋼の錬金術師 完全版 コミック 全18巻 完結セット (ガンガンコミックスデラックス)

ここまで『鋼の錬金術師』に登場するキャラクターに関してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

人間の業を描いたダークファンタジーの本作には、多彩な魅力にあふれるキャラクターがたくさん登場していますよね。ぜひ原作漫画だけでなく、メディアミックスされた他の作品の方にもふれてみてくださいね。

記事にコメントするにはこちら