【るろうに剣心】登場人物紹介<人誅編>

カテゴリーまとめはこちら:るろうに剣心

和月伸宏さんによる時代劇漫画作品『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』。幕末の時代に「人斬り抜刀斎」として恐れられた主人公・緋村剣心が、人を斬り殺してきた己の過去に向き合いながら、新時代の明治をどう生きるか模索する様が描かれます。「東京編」「京都編」「人誅編」と分かれる本作において、「人誅編」に登場するキャラクターを中心にご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』とは?

るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』は、明治時代に「不殺(ころさず)」を貫く剣客・緋村剣心(ひむら・けんしん)を主人公とした時代劇漫画作品。通称は「るろ剣」。『武装錬金』や『エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN-』などの連載作品でも知られる漫画家の和月伸宏(わつき・のぶひろ)さんによって「週刊少年ジャンプ」にて連載されました。

「週刊少年ジャンプ」の1994年19号から1999年43号にかけて連載され、全28巻で完結。連載開始前に編集者から「『ジャンプ』では歴史物は受けない」などの指摘を受けながらも、1990年代後期の「週刊少年ジャンプ」における看板作品の1つにまで上り詰め、月刊雑誌「ジャンプスクエア」の2017年10月号からは、待望の新編となる『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』の連載が開始されています。

1996年から1998年にかけては、オリジナルの展開も込みで制作されたテレビアニメが放送。2012年には佐藤健(さとう・たける)さん主演の実写映画『るろうに剣心』も公開され、2014年に第2作目の『るろうに剣心 京都大火編』と第3作目の『るろうに剣心 伝説の最期編』も連続公開されました。2021年には待望の最終章2部作『るろうに剣心 最終章 The Final』と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』も公開予定です。

物語のあらすじ

時は明治。幕末に「人斬り抜刀斎」として要人の暗殺を行っていた凄腕の剣客・緋村剣心は、新時代の幕明けとともに歴史の表舞台から姿を消し、「不殺」を誓った流浪人として「逆刃刀(さかばとう)」を手に、全国を旅していました。東京に流れ着いた彼が、ヒロインの神谷薫(かみや・かおる)などの仲間たちと出会い、人を斬殺してきた自分の過去と向き合いながら、この新時代をどのように生きていくのか模索する様が描かれます。

物語は「東京編」「京都編」「人誅編」の3つに分かれており、「人誅編」では緋村剣心の幕末時代の過去、その過去と深く結びついた復讐劇、そして贖罪の念を抱えながら尚も剣心が生きようとする想いが描写されています。テレビアニメ化はされませんでしたが、明るさのある原作漫画とは違い、徹底的なシリアスを貫いてオリジナルの展開も込みで制作されたOVA『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 追憶編』と『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 星霜編』の方で補完されています。

ここからは、そんな「人誅編」に登場したキャラクターを中心に、声優や俳優情報も交えてご紹介していきます!

『るろうに剣心』キャラクター1:六人の同志 雪代縁(ゆきしろ・えにし)

るろうに剣心 完全版 21 (ジャンプコミックス)

雪代縁は、かつての緋村剣心の妻・雪代巴(ゆきしろ・ともえ)の弟。1855年5月生まれで、年齢は23歳。身長175cmで、体重は68kg。血液型はA型で、東京府出身です。細身ながらも鍛え上げられた肉体を持った白髪の青年で、丸い形のサングラスをかけています。過去に姉の許嫁だった清里明良(きよさと・あきら)と、狂おしいほどに慕っていた最愛の姉の命を奪われたことから、剣心に対する復讐を決意。

上海に渡って地獄さながらの環境の中で独学で「倭刀術(わとうじゅつ)」を身につけ、さらに異常発達した神経により超々神速を可能とする特異体質「狂経脈(きょうけいみゃく)」に目覚め、若年にして上海闇社会のトップにまで上り詰めました。日本に帰国後、剣心への「人誅」を決行するために、利害を共有する者たちと「六人の同志」を組むことに。剣心に大事な人を奪われる「生き地獄」を味わわせて心を折った後、人斬りとしての罪を償って生き抜く覚悟を決めて再起した彼と再び相対し、長年に渡る因縁に決着をつけることになったのでした。

雪代縁の声優は佐々木望(ささき・のぞむ)さん

そんな雪代縁の声を担当するのは、フリーランスで活躍する声優の佐々木望さん。1967年1月25日生まれで、広島県広島市出身。身長160cmで、血液型はO型。趣味は読書や語学です。1986年に放送されたテレビアニメ『ドテラマン』の短鬼役で声優デビューを果たした後、1980年代から1990年代にかけて『幽☆遊☆白書』の浦飯幽助役や、『うしおととら』の蒼月潮役など、数多くの作品でメインキャラクターを担当してきました。

近年では『からくりサーカス』のギイ・クリストフ・レッシュ役、『プリティーリズム・オーロラドリーム』の春音ヒロシ役、『ワールドトリガー』のハイレイン役などを担当しています。

実写映画の雪代縁のキャストは新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)さん

実写映画で雪代縁役を担当するのは、トップコートに所属する俳優の新田真剣佑さん。 1996年11月16日生まれで、アメリカ合衆国のロサンゼルス出身。身長176cmで、血液型はB型。特技は水泳・空手・乗馬など。父親は映画『キル・ビル』の服部半蔵役で知られる俳優の千葉真一(ちば・しんいち)さんで、弟はテレビドラマ『私の家政夫ナギサさん』の瀬川遙人役で知られる俳優の眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)さんです。

これまでに『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の虹村億泰役、映画『サヨナラまでの30分』の宮田アキ役などを担当。元々は本名でもある「真剣佑」という芸名で活動していましたが、映画「ちはやふるシリーズ」で綿谷新役を担当したことから、2017年に今の芸名に改名しました。

『るろうに剣心』キャラクター2:六人の同志 外印(げいん)

るろうに剣心 完全版 17 (ジャンプコミックス)

外印は、「六人の同志」の1人。1820年10月生まれで、年齢は57歳。身長164cmで、体重は52kg。血液型はO型で、東京府出身です。黒い頭巾と髑髏の仮面を被った老人で、自らを「機巧芸術家(からくりあるてぃすと)」と称しています。中世の時代から代々続いている人形師一族の最後の末裔で、人間の死体を材料にして人形を作り出すことのできる技術を持っており、戦いの最前線において自らの機巧技術の発展と美学の追求を目指したいという目的を持っています。

「京都編」では、明治政府打倒と日本征服を狙った志々雄真実(ししお・まこと)の元にいた精鋭部隊「十本刀」の1人・夷腕坊(いわんぼう)を中から操縦し、京都の御庭番衆(おにわばんしゅう)の拠点「葵屋」襲撃に参加したものの逃走。緋村剣心に対する個人的な恨みはなかったものの、自らの更なるステータスアップを目的に雪代縁に協力し、剣心を生き地獄に突き落とすために自らの技術を使用することになりました。

実写映画の外印のキャストは綾野剛(あやの・ごう)さん

実写映画において外印は雪代縁に協力した「六人の同志」の1人ではなく、第1作目に登場する悪徳実業家・武田観柳(たけだ・かんりゅう)に雇われた刺客の1人として登場。演じたのは、トライストーン・エンタテイメントに所属する俳優の綾野剛さん。1982年1月26日生まれで、岐阜県出身。身長180cmで、血液型はA型。趣味は 映画鑑賞・写真撮影・ギターです。

俳優デビューを果たしたのは、2003年に放送された特撮テレビドラマ『仮面ライダー555』の澤田亜希(スパイダーオルフェノク)役。その他にもこれまでに、テレビドラマ『コウノドリ』の鴻鳥サクラ役、テレビドラマ『MIU404』の伊吹藍役、映画『そこのみにて光輝く』の佐藤達夫役などを担当しています。

『るろうに剣心』キャラクター3:六人の同志 鯨波兵庫(くじらなみ・ひょうご)

鯨波兵庫は、「六人の同志」の1人。1840年3月生まれ。身長200cmで、体重は128kg。血液型はA型で、千葉県出身です。頭を丸刈りにした大男で、端にギザギザの入った特徴的なたらこ唇をしています。かつて戊辰戦争において江戸幕府方の武士として抜刀斎と戦った際に、彼から飛天御剣流(ひてんみつるぎりゅう)の技の1つ「龍翔閃(りゅうしょうせん)」を食らったことで右腕を喪失。そのまま武士として死ぬことを望んだものの、抜刀斎から命を奪うことを拒まれたことから、彼に対して強い恨みを抱くようになりました。

本来は善人であり誇り高い武人でもありますが、自分に武人としての死に場所を与えなかった抜刀斎のこととなると豹変し、罪もない人間を巻き込むことも厭わないような復讐の鬼と化します。戦闘では喪失した右腕の部分に「アームストロング砲(カノン)」を接続して戦っており、その巨体から繰り出される怪力と組み合わさった砲撃は恐ろしいほどの破壊力があります。

『るろうに剣心』キャラクター4:六人の同志 戌亥番神(いぬい・ばんじん)

戌亥番神は、「六人の同志」の1人。1853年4月生まれで、初登場時の年齢は25歳。身長178cmで、体重は75kg。血液型はB型で、大阪府出身です。ドレッドヘアの男性で、アメリカ合衆国の戦争映画に登場するような迷彩柄の服を身につけています。「ハッハー」と笑う癖のある非常にテンションの高い格闘好きで、粗暴な性格の持ち主でもあり、同じ「六人の同志」の乙和瓢湖(おとわ・ひょうこ)からは「君は腕は立つが、頭は悪い」と言われてしまっています。

刀や弾丸を弾くことのできる「無敵鉄甲」と呼ぶ手甲と、総合格闘武術「術式無敵流」の使い手で、警察の部隊や軍を軽く壊滅させられるほどの戦闘力を誇ります。師匠は「闇乃武(やみのぶ)」の首領・辰巳(たつみ)。緋村剣心に対する恨みはないものの、師匠の辰巳がかつて抜刀斎に敗北したことから弟子の自分まで弱いとは思われたくはないという想いで、戦いに臨んでいます。ちなみに、作者の和月伸宏さんによる後の連載作品『武装錬金』に登場する金城(きんじょう)のモチーフにもなっています。

戌亥番神の声優は伊丸岡篤(いまるおか・あつし)さん

PSPで発売されたゲームシリーズにおいて戌亥番神の声を担当するのは、マウスプロモーションに所属する伊丸岡篤さん。1972年5月23日生まれで、群馬県伊勢崎市出身。身長164cmで、血液型はA型。声優になる前は協栄ボクシングジムに所属するプロボクサーをしていたこともあり、ボクシングを趣味・特技に挙げています。

2012年に放送されたテレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』のルドル・フォン・シュトロハイム役に抜擢されたことで、声優としての知名度が上昇。その他にもこれまでに、『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のヒューイ役、『ONE PIECE』シャーロット・モンドール役などを担当しています。

実写映画の戌亥番神のキャストは須藤元気(すどう・げんき)さん

外印同様、実写映画において戌亥番神は雪代縁に協力する「六人の同志」の1人ではなく、第1作目に登場する武田観柳に雇われた刺客の1人として登場。原作のような無敵手甲は用いず、こちらでは素手で戦っています。演じたのは、現在政治家として活動している須藤元気さん。1978年3月8日生まれで、東京都江東区出身。総合格闘技を中心にプロ格闘家として活躍し、引退した後はレスリング指導者として実績を残してきました。

俳優としてはこれまでに、金曜ナイトドラマ『スカイハイ2』、映画『フライ,ダディ,フライ』、映画『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』などに出演しています。

『るろうに剣心』キャラクター5:六人の同志 乙和瓢湖(おとわ・ひょうこ)

乙和瓢湖は、「六人の同志」の1人。1843年11月生まれで、初登場時の年齢は35歳。身長183cmで、体重は68kg。血液型はAB型で、京都府出身です。長い黒髪をした細身の男性で、顔には化粧を施しています。「人間暗器」といわれるように全身には13種の暗器が仕込まれており、幕末の時代では通り魔的な殺人を行っていました。

「闇乃武」の刺客の1人だった友人の中条を抜刀斎によって討たれた復讐を名目に、「六人の同志」に参加。実際は自分のつくり出した暗器で人を殺す快楽を味わいたかったがため。暗器を使用して不意打ちを狙うような戦法を得意としている反面、剣術などの武術に関してはまったくの素人であるため、神谷薫からは「六人の同志」の中では実力は一番下と評されています。戌亥番神同様、和月伸宏さんによる後の連載作品『武装錬金』に登場する陣内(じんない)のモチーフにもなっています。

乙和瓢湖の声優は上原健太(うえはら・けんた)さん

PSPで発売されたゲームシリーズにおいて乙和瓢湖の声を担当するのは、劇団扉座に所属する俳優の上原健太さん。 1979年9月26日生まれで、神奈川県出身。俳優としてこれまでに、スーパーミュージカル「聖闘士星矢」の辰巳徳丸役、「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」の博多座マーガレット役などを担当。

声優としてはこれまでに、『家庭教師ヒットマンREBORN!』のジャンニーニ役、『天外魔境 ZIRIA〜遥かなるジパング〜』の玄扇和尚役、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』の宝玉獣 コバルト・イーグル役などを担当しています。

『るろうに剣心』キャラクター6:六人の同志 八ツ目無名異(やつめ・むみょうい)

八ツ目無名異は、「六人の同志」の1人。1847年3月生まれ。身長210cmで、体重は85kg。血液型はA型で、新潟県出身です。越後の佐渡金山で活動する金掘り衆「八ツ目一族」の出身で、幕末期に金がほぼ採掘されなくなったことから、一族を救う手段として一族秘伝の「人体精製技術」の戦闘での有用性を証明するために闇乃武に入りました。その秘伝は口外禁止の代物で、それを目にしてしまった者は殺すという掟がありました。

かつて脇差によって動きを封じられてしまった際に、緋村剣心に自分の姿を見られてしまったことから彼を殺すことを決意し、「六人の同志」に加入しました。一族が味わってきた不遇があることから、剣心への負の念は強くあります。「人体精製技術」により常人の2倍近くもある両腕・両足を持ったまるで蜘蛛のような姿をしており、手につけた鉤爪を使用して戦います。一族秘伝のその技術のことを誇りに思っているために、元新鮮組三番隊組長の斎藤一(さいとう・はじめ)から化け物呼ばわりされたときは激怒していました。

『るろうに剣心』キャラクター7:上海マフィア 呉黒星(ウー・ヘイシン)

呉黒星は、上海マフィアで雪代縁の副官を務めている人物。1854年9月生まれ。身長155cmで、体重は48kg。血液型はA型で、上海出身です。中華系の黒服に身を包んだおかっぱ頭の男性で、「〜だネ」といったやや片言で喋ります。武術こそ扱えはしないものの緻密且つ周到な性格であり、縁の武力に比重を置いた考え方と、彼のそのような気質が合わさったことで発足して間もない組織が急速に成長していった経緯があります。

性格的にはプライドが高くやや子どもっぽくところもあり、縁にとって緋村剣心への「人誅」の手段でしかなく、それが終われば不要となる組織を譲り受けるために来日しますが、内心では縁のそのような態度に怒りを覚えていました。自分が代わりに剣心を討とうと考えたものの、戦闘において護衛の四星(スーシン)が劣勢になる度に動揺を露わにしていくようになりました。

実写映画の呉黒星のキャストは音尾琢真(おとお・たくま)さん

実写映画で呉黒星役を担当するのは、CREATIVE OFFICE CUEに所属する音尾琢真さん。1976年3月21日生まれで、北海道旭川市出身。身長170cmで、血液型はO型。俳優の大泉洋(おおいずみ・よう)さんも所属している演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、これまでに数多くの舞台に出演しています。

映画やテレビドラマでは、NHK大河ドラマ『龍馬伝』の望月亀弥太役、NHK連続テレビ小説『なつぞら』ノ戸村菊介役、映画『祈りの幕が下りる時』の横山一俊役などを担当。妻は、テレビドラマ『義母と娘のブルース』の小杉朋子役で知られる俳優の春日井静奈(かすがい・せいな)さん。

『るろうに剣心』キャラクター8:四星 青龍(せいりゅう)

青龍は、呉黒星を護衛を務める4つ子「四星」の1人。主人の彼からその任を解かれて、荒れ狂うように命じられると、本気の戦闘を行う「四神」となります。青龍はスキンヘッドの額に「青龍」と刻まれた武人で、勝利を目の前にしたときに愉悦によって口元を歪ませるような癖があります。

戦闘では、青龍の頭部を象った薙刀を使用して、相手の技を見切ってカウンターを行う薙刀術「青龍大刀(チェンロンダイトウ)」を得意としており、本作のラストバトルの前哨戦では斎藤一と対決。彼の必殺技「牙突(がとつ)」の性質を見切って一時優位に立ったように思われたものの、最終的に「牙突零式」によって青龍大刀を破壊されて敗北しました。

『るろうに剣心』キャラクター9:四星 朱雀(すざく)

朱雀は、「四星」の1人。スキンヘッドの額に「朱雀」と刻まれた武人で、相手から繰り出される技を模倣することを得意としています。その際の楽しみは、自分の模倣した技によって敗れた際に相手がどのような表情を浮かべるのかを目にすること。

戦闘では、朱雀の羽を模した双剣を用いた模倣剣術「朱雀双剣(チューチャソェンギム)」を使用しており、本作のラストバトルの前哨戦では、かつて江戸城の警護を務めていた「御庭番衆」の最後の御頭・四乃森蒼紫(しのもり・あおし)と対決。彼の繰り出す「御庭番式小太刀二刀流」の剣技を模倣して苦しめようとしましたが、模倣は所詮模倣であり、自分の技は自分がよく熟知しているとした彼から剣を素手で折られてしまい、「御庭番式拳法」の独自性の前に敗北しました。

『るろうに剣心』キャラクター10:四星 白虎(びゃっこ)

白虎は、「四星」の1人。スキンヘッドの額に「白狐」と刻まれた武人で、戦闘では効率的に大きなダメージを与えられる戦法を好みます。4本の棘のついた腕輪を用いて、攻撃する相手の急所に合わせて最もダメージを与えることのできる拳型に変形させた上で拳を繰り出す拳法「白虎掌拳(パーフーチェムクン)」を得意としています。

本作のラストバトルの前哨戦では、緋村剣心の仲間・相楽左之助(さがら・さのすけ)と対決。圧倒的な手数を攻め立てたものの、彼の身体の頑丈さの前では全く通じませんでした。その後、砂による目潰しを行った上で、相手の鳩尾に腕輪に2つ並んだ棘部分を正拳突きで深く打ち込む「白虎掌拳裏拳方“鉄鬼”(パーフーチェムクンうらけんがた“てっき”)」を使用したものの、それでも倒すことができず、結局左之助による万物必壊の破壊の極意「二重の極み(ふたえのきわみ)」の改良型の前に追い詰められ、敗北しました。

『るろうに剣心』キャラクター11:四星 玄武(げんぶ)

玄武は、「四星」の1人。スキンヘッドの額に「玄武」と刻まれた武人で、冷静さを失わないまま相手のことを分析した上で戦うことを好みます。戦闘では、中が鎖で繋がれている仕掛六節棍を使用した棒術「玄武蛇棍(ユンモウセイクァン)」を使用し、伸縮や曲直が自由自在なその武器を変形させながら多彩な攻撃を繰り出します。

本作のラストバトルの前哨戦では、神谷道場の門下生・明神弥彦(みょうじん・やひこ)と対決。神谷活心流の「奥義の防り・刃止め(おうぎのまもり・はどめ)」を封じたことで弥彦を追い詰めましたが、まだ年若い子どもだと侮って油断した結果、「刃止め」の応用で思わぬ形で窮地に追い込まれて冷静な判断力を失いました。棍を破壊されてしまった上に、そのまま急所に向かってカウンターを打ち込まれ、神谷活神流の「奥義の攻め・刃渡り(おうぎのせめ・はわたり)」を顎に食らったことで敗北しました。

『るろうに剣心』キャラクター12:闇乃武の内通者 飯塚(いいづか)

飯塚は、検分役を務める長州派維新志士。前髪を額の真ん中で分けた短い黒髪の男性で、気さくな性格の持ち主ですが、実は江戸幕府直属の西の暗殺集団「闇乃武」の内通者。

人斬り抜刀斎などに関する情報を流していたことが明るみになったと察した後、行方をくらませようとしましたが、最終的に長州派維新志士の桂小五郎(かつら・こごろう)からの指示で、当時江戸幕府の要人などの暗殺を行っていた志々雄真実によって殺害されました。

飯塚の声優は中尾隆聖(なかお・りゅうせい)さん

そんな飯塚の声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の中尾隆聖さん。1951年2月5日生まれで、東京都出身。身長165cmで、血液型はA型。趣味はギターや作曲、ダイビングなど。長男は、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』においてDr.ゴート役を担当した経験のある俳優・声優の竹尾 一真(たけお・かずま)さん。

テレビアニメデビューを果たしたのは、1965年に放送された『宇宙パトロールホッパ』の主人公・ジュン役。その他にもこれまでに、『それいけ!アンパンマン』のばいきんまん役、「ドラゴンボールシリーズ』のフリーザ役、『スイートプリキュア♪』のノイズ役などを担当しています。

『るろうに剣心』キャラクター13:闇乃武のリーダー 辰巳(たつみ)

辰巳は、「闇乃武」の首領。長い白髪をオールバックにした髪型と同色の髭が特徴的な人物で、冷酷で粗暴な性格をしています。総合格闘技術「術式無敵流」の使い手であり、磁場が強く発生している魔の森「結界の森」において五感を異常に狂わせる策略も駆使して、抜刀斎のことを苦しめました。

五感が狂ったことにより瞼を伏せて攻撃を仕掛けた抜刀斎により、辰巳のことを攻撃しようとした雪代巴とともに惨殺されることになりました。「六人の同志」の1人・戌亥番神の師匠ではありますが、抜刀斎に敗北してしまったことから、彼からは負け犬と見なされています。

辰巳の声優は内田稔(うちだ・みのる)さん

そんな辰巳の声を担当するのは、劇団昴に所属していた俳優・声優の内田稔さん。1927年3月18日生まれで、岡山県倉敷出身。特技は機械の設計をすること。2018年に、肺炎のために91歳で亡くなりました。

俳優としては『おんな太閤記』や『徳川家康』などのNHK大河ドラマへの出演経験が豊富で、声優としてはこれまでに『キングダム ハーツII』のマーリン役、『MASTERキートン』のハイネン役、『王立宇宙軍 オネアミスの翼』のカイデン・ル・マシーレ将軍役などを担当。妻は、「第27回紀伊國屋演劇賞」を受賞した経験のある同じ劇団に所属していた俳優の新村礼子(にいむら・れいこ)さん。

実写映画の辰巳のキャストは北村一輝(きたむら・かずき)さん

猫侍公式フォトブック 斑目久太郎featuring玉之丞【「まだら鬼のテーマ」CD付】

実写映画で辰巳役を担当するのは、フロム・ファーストプロダクションに所属する俳優の北村一輝さん。1969年7月17日生まれで、大阪府大阪市出身。身長178cmで、血液型はA型。料理や日用大工などを趣味とし、乗馬や空手などを特技としています。

これまでに映画『寄生獣』の広川剛志役、映画「テルマエ・ロマエシリーズ」のケイオニウス役、NHK連続テレビ小説『スカーレット』の川原常治役などを担当。1999年に公開された映画『皆月』および『日本黒社会 LEY LINES』で、キネマ旬報の新人男優賞、ニフティ映画大賞の助演男優賞に輝いています。

『るろうに剣心』キャラクター14:闇乃武 村上(むらかみ)

村上は、「闇乃武」のメンバーの1人。通称「連鎖刀(れんさとう)の村上」。2振りの刀の柄頭を長い鎖で繋いだ「連鎖刀(れんさとう)」の使い手で、斥候として抜刀斎を襲ったものの、惨殺されてしまいました。

『るろうに剣心』キャラクター15:闇乃武 中条(なかじょう)

中条は、「闇乃武」のメンバーの1人。「六人の同志」の乙和瓢湖の親友で、彼から譲り渡された暗器「袖箭(ちゅうぜん)」の使い手。抜刀斎と戦った際には両腕を斬られた後に彼を洞窟へと誘い込み、そこで自爆したことで抜刀斎から一時的に聴力を奪いました。

『るろうに剣心』キャラクター16:闇乃武 角田(すみた)

角田は、「闇乃武」のメンバーの1人。巨大な斧を用いて抜刀斎と戦いましたが、両足を斬られてしまうことに。中条と同じように閃光爆弾を用いて自爆し、抜刀斎から一時的に視力を奪いました。

『るろうに剣心』キャラクター17:剣心のかつての妻 雪代巴(ゆきしろ・ともえ)

るろうに剣心 完全版 16 (ジャンプコミックス)

雪代巴は、緋村剣心のかつての妻であり「人誅編」のキーキャラクター。1846年9月生まれ。身長161cmで、体重は44kg。血液型はAB型で、東京府出身です。長い黒髪を後ろで1つにまとめた女性で、無口で感情が読み取りにくいものの、子ども好きな性格。武家の出身で、許婚の清里明良を殺害した抜刀斎に復讐する目的で、江戸幕府方のスパイとして彼に接近しました。しかし、彼と一緒に生活をするなかで次第に思慕の念を覚えるようになり、葛藤。彼とお互いの過去を打ち明けたことを機に、復讐心を捨てて彼のことを守りたいと思うようになりました。

その後、「闇乃武」メンバーに囚われてしまった際に抜刀斎が辰巳と戦っている姿を目にし、彼の命を守る目的で身を投げ出し、彼の前に立ちはだかったことで抜刀斎の刀によって辰巳ごと惨殺されました。この時、彼女の手にしていた短刀が抜刀斎の頬を傷つけ、今も残る十字傷の片方をつくりました。基本的に女性のことを「〜どの」と尊称つきで呼んでいる剣心が、唯一「巴」と呼び捨てにしている女性です。

雪代巴の声優は岩男潤子(いわお・じゅんこ)さん

そんな雪代巴の声を担当するのは、フリーランスで活動している声優の岩男潤子さん。1970年2月18日生まれで、大分県別府市出身。身長153cmで、血液型はAB型。16歳の頃に「いわお潤」の芸名で女性アイドルグループ「セイントフォー」の一員として歌手デビューを果たし、1994年に放送されたNHKのテレビアニメ『モンタナ・ジョーンズ』のメリッサ・ソーン役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『新世紀エヴァンゲリオン』の洞木ヒカリ役、『カードキャプターさくら』の大道寺知世役、『To Heart』の来栖川芹香役や来栖川綾香役などを担当しています。

実写映画の雪代巴のキャストは有村架純(ありむら・かすみ)さん

実写映画で雪代巴役を担当するのは、フラームに所属する俳優の有村架純さん。1993年2月13日生まれで、兵庫県伊丹市出身。身長160cmで、血液型はB型。趣味・特技は、料理・茶道・運動です。2010年にテレビドラマ『ハガネの女』の西堀マナ役でドラマ初出演を果たし、2013年にNHK連続テレビ小説 『あまちゃん』で、小泉今日子(こいずみ・きょうこ)さん演じる天野春子の若かりし頃を演じて注目を集めるようになりました。

その他にもこれまでに、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の谷田部みね子役、映画『映画 ビリギャル』の工藤さやか役、映画『3月のライオン』の幸田香子役などを担当。2014年に、スタジオジブリのアニメーション映画『思い出のマーニー』のマーニー役で、声優にも初挑戦しています。

『るろうに剣心』キャラクター18:京都見廻組 清里明良(きよさと・あきら)

清里明良は、雪代巴の許嫁だった男性。御家人の次男坊で、文武はからきしであったものの、人柄が良く、周りから好かれる性格の持ち主でした。出世して誇れるようになってから幼馴染の巴と祝言を挙げたいという想いを理由の1つとして京都見廻組に入りましたが、その祝言を1ヶ月後に控えた夜に抜刀斎からの襲撃を受けました。

付き人2名が抜刀斎の刀によって殺害された後、自分も刀を抜いて応戦しましたが、力及ばず斬殺されてしまいました。この時、生きることへの執念から死ぬ直前に抜刀斎の左頬に負わせた傷が十字傷の跡の一部となって残り、この出来事が雪代巴の復讐や、雪代縁による「人誅」へと繋がっていくことになったのでした。

清里明良の声優は岩永哲哉(いわなが・てつや)さん

そんな清里明良の声を担当するのは、フリーランスで活動する声優の岩永哲哉さん。1970年6月24日生まれで、東京都武蔵野市出身。声帯模写が得意で、『BLEACH』の朽木白哉役で知られる置鮎龍太郎(おきあゆ・りょうたろう)さんの声真似や、『名探偵コナン』の小嶋元太役や高木刑事役で知られる高木渉(たかぎ・わたる)さんの声真似を披露したことがあります。

これまでに『新世紀エヴァンゲリオン』の相田ケンスケ役、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』のマリク・イシュタール役、『恋する天使アンジェリーク〜かがやきの明日〜』の聖獣の緑の守護聖セイラン役などを担当しています。

実写映画の清里明良のキャストは窪田正孝(くぼた・まさたか)さん

実写映画で清里明良役を担当するのは、スターダストプロモーションに所属する俳優の窪田正孝さん。1988年8月6日生まれで、神奈川県出身。身長175cmで、血液型はB型。母親の勧めでオーディションに応募したことをきっかけに事務所に入所し、2006年に放送された深夜ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』の青葉拓実役で初主演を務めるとともに俳優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、NHK連続テレビ小説『エール』の古山裕一役、テレビドラマ『アンナチュラル』の久部六郎役、テレビドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』の五十嵐唯織役などを担当。妻は、NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の初役で知られる俳優の水川(みずかわ)あさみさん。

『るろうに剣心』キャラクター19:京都所司代 重倉十兵衛(しげくら・じゅうべえ)

重倉十兵衛は、清里明良が護衛を務めていた京都所司代。この動乱の時代に祝言を挙げて幸せになることを悩んでいる清里のことを優しく諭し、彼が祝言を挙げることを心から喜ぶ好人物でしたが、長州派維新志士から暗殺対象として睨まれ、抜刀斎によって斬殺されました。

重倉十兵衛の声優は鶴岡聡(つるおか・さとし)さん

そんな重倉十兵衛の声を担当するのは、リマックスに所属する声優の鶴岡聡さん。1978年8月19日生まれで、神奈川県出身。身長181cmで、血液型はO型。車やバイク、ダーツを趣味としています。今作のテレビアニメで声優デビューを果たして、バイプレイヤーとして主に脇役を中心に担当してきましたが、2011年に放送されたテレビアニメ『Fate/Zero』のキャスター役の怪演で知名度が急上昇することになりました。

その他にもこれまでに『学園ハンサム』の志賀慎吾役、『Fate/Apocrypha』の赤のバーサーカー役、『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram』のアーラシュ役などを担当しています。

『るろうに剣心』キャラクター20:長州派維新志士 桂小五郎(かつら・こごろう)

桂小五郎は、「人斬り」として恐れられていた頃の緋村剣心の上役の長州派維新志士。1833年8月11日生まれ。身長174cmで、体重は64kg。血液型はAB型で、山口県出身です。黒髪を後ろで1つに結わいた人物で、冷静沈着で理知的な性格の持ち主。同じ維新志士に対しては気さくに接しており、他の者は勿論のこと、剣心からも厚い信望を寄せられていました。

高杉晋作(たかすぎ・しんさく)の創設した「奇兵隊」に入隊した、当時まだ14歳だった剣心のことを見出して、「人斬り」に任命した人物。自身も確かな剣の腕を持っていたものの、剣心を「人斬り」の闇に突き落とす代わりに、自分は徹底して血に汚れはしないと自分を戒めていました。「人斬り」として人を殺し続けていくうちに精神的に疲弊していく剣心のことを誰よりも気にかけ、高杉の予見した通りに彼の人生が狂わされていったのを目にして、彼を「人斬り」にしてしまったことを悔いることになりました。

桂小五郎の声優は関智一(せき・ともかず)さん

そんな桂小五郎の声を担当するのは、アトミックモンキーに所属している声優の関智一さん。1972年9月8日生まれで、東京都江戸川区深川出身。身長174cmで、血液型はAB型。趣味・特技は昼寝と模型作りです。1991年に海外アニメ『レポーター・ブルース』の農夫A役の吹き替えで声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』のギルガメッシュ役、『炎炎ノ消防隊』の烈火星宮役、『PSYCHO-PASS サイコパス』の狡噛慎也役などを担当。声優の他にも舞台の方でも精力的に活動しており、劇団「ヘロヘロQカムパニー」の座長も務めています。

実写映画の桂小五郎のキャストは宮川一朗太(みやかわ・いちろうた)さん

実写映画で桂小五郎役を担当するのは、イトーカンパニーに所属する俳優の宮川一朗太さん。1966年3月25日生まれで、東京都新宿区出身。身長171cmで、血液型はA型。1983年に公開された映画『家族ゲーム』のオーディションに合格したことで、沼田茂之役で主演デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、テレビドラマ『JIN-仁- 完結編』の後藤象二郎役、映画『ソロモンの偽証』の柏木則之役、映画『武士の献立』の景山多聞役などを担当。海外作品の吹き替えではマイケル・J・フォックスさんの声をよく担当しており、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ」のマーティ・マクフライ役や、映画『ドク・ハリウッド』のベン・ストーン役などを担当しています。

『るろうに剣心』キャラクター21:長州派維新志士 片貝(かたかい)

片貝は、長州派維新志士の1人で、桂小五郎の側近を務める人物。不審な動きを見せた飯塚のことを追跡した先で、彼が「闇乃武」の内通者であった事実を知り、そのことを抜刀斎に伝えに行こうとしたところで八ツ目無名異によって捕まり、中条の使用する暗器によって殺害されてしまいました。

片貝の声優は星野充昭(ほしの・みつあき)さん

そんな片貝の声を担当するのは、アーツビジョンに所属する声優の星野充昭さん。1959年2月19日生まれで、静岡県出身。身長169cmで、血液型はA型。映画やサントラの話を趣味・特技としています。

これまでに『「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Rhyme Anima』の出枯氏警部役、『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』の鷹梁洋役、『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』のドワイト・グリーンヒル役などを担当しています。

『るろうに剣心』キャラクター22:長州派維新志士 高杉晋作(たかすぎ・しんさく)

高杉晋作は、長州派維新志士の1人。1839年9月27日生まれ。身長165cmで、体重は51kg。血液型はB型で、山口県出身です。短い黒髪につり上がった眉をした人物で、豪快且つ破天荒な性質の持ち主。氏や素性に関係のなく有望な兵士たちを集めて「奇兵隊」を創設し、そこで桂小五郎とともに当時まだ14歳だった緋村剣心のことを見出しました。

桂が剣心に「人斬り」になることを依頼する場に同席し、剣心の人生が今後大きく狂っていくことを予見して、桂には今後何があろうと刀を抜くことはないように釘を刺しました。作中では脱藩を理由として幽閉されてしまった場面も描かれており、そこから自由になった後は自らの創設した奇兵隊を率いて維新回天の原動力の一部になりました。

高杉晋作の声優は高木渉(たかぎ・わたる)さん

そんな高杉晋作の声を担当するのは、アーツビジョンに所属している声優の高木渉さん。1966年7月25日生まれで、千葉県出身。身長167cmで、血液型はA型。趣味・特技にスノーボードを挙げています。1988年に放送されたテレビアニメ『ミスター味っ子』の作業員役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『Yes!プリキュア5』のブンビー役、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の虹村億泰役、『機動戦士ガンダムUC RE:0096』のアルベルト・ビスト役を担当。NHK大河ドラマ『真田丸』の小山田茂誠役やNHK連続テレビ小説『半分、青い。』の木田原五郎 役など、近年ではテレビドラマへの出演も増えています。

『るろうに剣心』キャラクター23:落人群の主 オイボレ

オイボレは、落人群の主のような立場にある老人。1820年1月生まれ。身長157cmで、体重は58kg。血液型はO型です。笠をかぶり、補修した丸眼鏡をかけた老人で、誰にでも分け隔てなく接する優しさを持った性格の持ち主。雪代縁の「人誅」によって「生き地獄」を味わった緋村剣心が落人群にやってきたときに、何かと彼のことを気遣っていました。

その正体は雪代巴と雪代縁の父親で、縁と違って剣心のことを全く憎んだりしてはおらず、娘が愛した人だからという理由で彼が再起するのを手助けしました。剣心との戦いを終えた後に、落人群に流れ着いてきた縁とも再会しています。

『るろうに剣心』キャラクター24:新米警察官 新市小三郎(しんいち・こさぶろう)

新市小三郎は、五等巡査の階級にある新米警察官。まだ実力こそ伴っていないものの警察官としての意識は高く、「六人の同志」の鯨波兵庫が街で暴れまわっているのを止めるために明神弥彦や他の同僚たちと一緒に戦いました。鯨波を倒してみせた緋村剣心に対して憧れを抱き、彼のことを「先生」と呼んで慕うようになります。その後は神谷道場の門下生となりました。

『るろうに剣心』キャラクター25:相楽左之助の父親 東谷上下ェ門(ひがしだに・かみしもえもん)

東谷上下ェ門は、相楽左之助の父親。1838年2月生まれで、初登場時点の年齢は40歳。身長172cmで、体重は65kg。血液型はB型で、出身地の長野県に暮らしています。ねじり鉢巻を巻いた白髪頭の男性で、左之助がそのまま老けたようなビジュアルの持ち主。頑固で情に厚い性格で、妻の菜々芽(ななめ)が2年前に他界した後、男手一つで娘の右喜(うき)と息子の央太(おうた)のことを育ててきました。大根を栽培する農家として生計を立てていましたが、ヤクザの不動沢一家の支配に反対したことで畑を潰されてしまい、現在は編笠職人として働いています。

左之助と苗字が異なっているのは、かつて左之助が準隊士として所属していた赤報隊の隊長・相楽総三(さがら・そうぞう)への尊敬の念からその苗字を名乗るようになったため。赤報隊に憧れて家出していった左之助と再会したときは冷淡な態度もとっていましたが、不動沢一家との戦いを経たことにより彼を1人の男として認めるようになりました。

『るろうに剣心』キャラクター26:相楽左之助の妹 東谷右喜(ひがしだに・うき)

東谷右喜は、相楽左之助の妹。1863年生まれで、初登場時点の年齢は15歳。血液型はA型で、出身地の長野県に暮らしています。黒髪を斜め分けした髪型をしていることから、左之助からは「半デコ」と呼ばれています。

しっかり者で気の強い性格の持ち主で、幼い頃に兄の左之助が赤報隊に入るために家を飛び出し、さらに母親とも死別したことから、家族に対して心配性なところがあります。喧嘩っ早い性格の父親の上下ェ門に対しては頭を悩ませており、消極的な性格の弟の央太のことはよく甘やかしている様子。幼い頃にいなくなってしまったため、左之助が自分の兄だった気づいたのは別れた後のことでした。

『るろうに剣心』キャラクター27:相楽左之助の弟 東谷央太(ひがしだに・おうた)

東谷央太は、相楽左之助の弟。1873年生まれで、初登場時の年齢は5歳。血液型はAB型で、家族とともに出身地の長野県に暮らしています。左之助が赤報隊に入るために家出をしてから産まれたため、彼が実家のある村に戻って来るまでは会ったことすらありませんでした。短い黒髪の少年で、左之助からは「丸ほっぺ」と呼ばれています。口数が少なく人見知りな性格ですが、父親の上下ェ門が行方をくらましてしまったときには、帯に棒切れや木槌を差した状態で1人で探しに行こうとするなど度胸はある様子。

兄と出会ったことをきっかけに強くなろうと決意し、左之助が再び東京に戻った後に、姉の右喜に頼んで新調してもらった着物に左之助と同じ「悪一文字」を刺繍してもらいました。後に左之助からの勧めで神谷道場に入門することになり、「北海道編」では既にそこで修行を積んでいる姿が描かれています。長身の左之助の弟だけあって、10歳にして既に明神弥彦よりも背が高くなっており、かなりテキトウな決め方ではありますが神谷道場四天王の1人に数えられている様子です。

『るろうに剣心』キャラクター28:長野のヤクザ 不動沢(ふどうさわ)

不動沢は、長野県の宿場一帯を支配しているヤクザ。陸軍関係の要職についている谷十三郎(たに・じゅうさんろう)の甥でもあります。元は力士だっただけあって恰幅のいい男性で、左之助からは「Mッパゲ」と呼ばれています。

宿場の養蚕業を独占をすることを狙っており、最もそれに反対していた東谷上下ェ門を倒してしまおうと画策。相楽左之助の腕に目をつけて上下ェ門の討伐を依頼しましたが、討伐する予定の相手が実の親であったことに気づいた左之助から依頼を破棄されることになりました。その後、子分のヤクザたちを率いて自ら打って出ましたが、左之助1人の力で壊滅させられました。

『るろうに剣心』キャラクター29:剣心と薫の息子 緋村剣路(ひむら・けんじ)

るろうに剣心 14 ―明治剣客浪漫譚― (集英社文庫(コミック版))

緋村剣路は、緋村剣心と神谷薫の息子。本作の最終回に幼児の姿で登場します。1880年8月生まれ。身長80cmで、体重は11kg。血液型はB型で、東京府出身です。「剣路」という名前は、剣心の「剣」と、薫の父親である越路郎(こしじろう)の「路」に由来しています。父親の剣心とそっくりな見た目をした子どもですが、父親嫌いで母親の薫のことが大好き。

後に、明神弥彦と三条燕(さんじょう・つばめ)との間に産まれた息子・明神心弥(みょうじん・しんや)と逆刃刀の継承権を巡って争う運命にあり、その性格は斎藤一以上にひねくれた上に志々雄真実以上に自己中心的なものになる様子。剣心と薫の息子だけあって恐ろしいまでの剣の才能もあり、話を聞いただけで飛天御剣流のいくつかの技を再現することも可能です。

緋村剣路の声優は甲斐田(かいだ)ゆきさん

そんな緋村剣路の声を担当するのは、フリーランスで活動している声優の甲斐田ゆきさん。11月30日生まれで、東京都出身。少年役や青年役もこなせる中性的な声質が特徴的で、1993年に発売された英語教材のOVA『Southern Wind』に登場するヒミコ役で、アニメ初出演を果たしました。

その他にもこれまでに、『異世界はスマートフォンとともに。』の琥珀役、『テニスの王子様』の不二周助役、『爆転シュート ベイブレード2002』のオズマ役などを担当しています。

2021年公開予定の実写映画「るろうに剣心 最終章」を見逃せない!

るろうに剣心 完全版 全22巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

ここまで『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の「人誅編」に登場するキャラクターを中心にご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

「東京編」「京都編」「人誅編」の中でも、「人誅編」は特に暗いエピソードが多いですが、こちらでも魅力的なキャラクターがたくさん登場していますよね。2021年には、この「人誅編」を元にして制作された実写映画『るろうに剣心 最終章 The Final』と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が公開される予定です。「ジャンプスクエア」で好評連載中の「北海道編」のみならず、そちらの方にも期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら