『ワンピース』のゾロの刀、閻魔とはどんなもの?黒刀とは?

カテゴリーまとめはこちら:ワンピース(ONE PIECE)

麦わらの一味のロロノア・ゾロは三刀流の剣豪です。ゾロの持つ刀にも様々なストーリーがあり、本編のアクセントとなっています。
今回はゾロが手に入れた刀の中でも、閻魔についてご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

麦わらの一味のロロノア・ゾロは三刀流の剣豪です。ゾロの持つ刀にも様々なストーリーがあり、本編のアクセントとなっています。

今回はゾロが手に入れた刀の中でも、閻魔についてご紹介します。

 

閻魔とはどんな刀?

Zoseimari 名刀閻魔 新番 天羽々斬剣 桃の助 光月おでん ワンピース  コスプレ 日本刀 木製 グッズ ハロウィン クリスマス

閻魔とはワノ国でゾロが手に入れた刀です。3つある刀のランク付けの中でも大業物21工の中の一振りに当たります。拵(こしらえ:日本刀の外装のこと)は不明です。

この項目では閻魔についてご説明します。

ゾロはどういう経緯で手に入れた?

ゾロは秋水という刀を持っていました。実はこの秋水は、ワノ国で『英雄の愛刀』『刀神様』と呼ばれ、国宝級の扱いを受けています。なくなった際には国中が涙を流したほどの代物です。

その秋水を返還してほしい、と言われるもゾロは渋ります。そこで光月日和から交換する形で渡されたのが、閻魔でした。

閻魔はまるで妖刀

閻魔は妖刀と呼んでも差し支えない、特別な刀です。なぜなら閻魔は持ち主の武装色の覇気を強制的に、そして過剰に引き出して斬撃に乗せるという特性があるからです。

それゆえに制御が極めて難しく、極限まで鍛えた肉体と覇気が必要不可欠となります。ワノ国でも制御できたのは、光月おでんだけです。

ゾロも試し切りで軽く振いましたが、大地ごと斬ってしまいました。そして覇気の過剰放出による息切れを起こし、腕もミイラのように細くなったのです。ちなみに腕はその後ゾロ自身が、気合で覇気ごと回復させました。

閻魔は切れ味、攻撃力ともに伝説級の代物で、『百獣のカイドウ』の体に唯一傷をつけた刀です。ちなみに『百獣のカイドウ』は生命力、耐久力が強すぎるため、誰も傷つけることはできない、とされています。

ゾロは閻魔のことを気に入り、「閻魔に慣れた時…もっと強くなれる」と修業を始めました。

閻魔を作ったのは誰?

閻魔を作ったのは名前を霜月コウ三郎といいます。
ワノ国出身の刀鍛冶師で剣豪です。光月おでんの愛刀である天羽々斬(あめのはばきり)、ゾロの持っている和道一文字も作りました。

姿は現在出てきておらず、名前のみの登場です。刀鍛冶師の天狗山飛徹から語られました。

ゾロの故郷であるシモツキ村の創設者で、彼の師匠であるコウシロウの父でもあります。55年前に仲間と一緒にワノ国を違法脱出して、イーストブルーにたどり着きました。
山賊と戦い、剣術を教えるうちに現地女性と恋に落ち、コウシロウが生まれました。

 

閻魔は黒刀になるのか

作中には黒刀と呼ばれるものがあります。黒刀は刀身が黒く染まっている刀のことです。初めから黒刀として打たれるのではなく、成長してなるものです。

閻魔を譲り受けたときにも『「閻魔」はまだ黒刀に成っておらぬ!お前次第で「位列」も上がるぞ』という言葉が出てきました。そのため今後閻魔が黒刀になる可能性は低くありません。

この項目で黒刀とは一体どんな刀なのかご説明します。

黒刀とは

黒刀は悪魔の実のように、特殊な能力を持っている刀のことです。普通の刀が戦いの中で成長し、たどり着く境地とされています。

作中にはたくさん刀や剣が登場しますが、今出てきている黒刀は2振りだけです。つまりそれだけたどり着くのが難しいということです。

次の項目ではその2振りの黒刀についてご説明します。

作中に出てくる黒刀は2振り

ワンピース 金属模造刀キーホルダー ワンピース ロロノア・ゾロ 秋水アキミズ 原版刃フィギュア【剣置き、刀袋付き】武士刀 金属製 弾力刀 日本刀 ONE PIECE武器シリーズ キーチェーン【長さ約22センチ】

一振り目は秋水をご紹介します。
ゾロが所有していて、ワノ国に返還された刀です。スリラーバーグでワノ国出身の剣豪、リューマのゾンビから譲り受けました。

当時のゾロは愛刀雪走を失い、新しい刀を探していました。そこにリューマのゾンビが現れ、いい刀を持っていると嬉々として挑み、勝利しました。そしてリューマのゾンビから「あなたが主人であるなら この刀も 本望でしょう」と渡されたのです。

リューマの歴戦によって黒刀となりました。
拵は黒刀・乱刃・大逆丁字(おおさかちょうじ)です。つまり刀身が黒く、刃文は乱れうねっている刀ということです。

攻撃力、防御力が非常に高いことが特徴です。扱いが難しく、斬る予定がなかったところまで攻撃が届いてしまいます。恐竜が踏んでも1ミリも曲がらないほどの強度があります。

二振り目はです。世界最強の剣士である、『鷹の目』ジュラキュール・ミホークが持っている刀です。
最上大業物12工の1つで、秋水よりの格上になります。

拵は黒刀・乱刃・重花丁字です。つまり刀身が黒く、刃文は乱れうねって水が跳ねたようになっている刀です。

黒刀の中でも、振るうだけで斬撃が発生し、遠距離攻撃が可能となっています。斬撃は氷山もあっさりと斬ってしまうほどです。

初めてゾロと勝負をしたときに、和道一文字以外の二振りを折った刀でもあります。

ミホークは自分が認めた人物にしか抜刀しないため、刀としての役割を果たすことはあまりありません。そのためか本編には黒刀としか言われておらず、詳細はファンブックなどで紹介されました。

 

まとめ

閻魔はまだまだ成長が期待できる刀で、とても扱いにくくあります。しかしゾロはそれをおもしろいと評し、受け取りました。

今後はゾロがどのように閻魔を扱えるようになっていくのか、『百獣のカイドウ』との戦いでどう使われるのか、注目です。

記事にコメントするにはこちら