もっと評価されるべき!隠れた名作秋アニメ特集!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ

日本のアニメは世界の中でもTOPクラスのクオリティを誇っております。毎年数多くの名作が生み出されていますが、面白かったのにそこまで話題にならなかった隠れた名作が沢山あるのです。今回はここ3年の中で面白かったのに隠れている秋アニメの名作を紹介しましょう。

記事にコメントするにはこちら

2021年が幕を開けましたね。昨年は世界が混乱を極めた年でしたが、日本のアニメ業界は立ち止まらずに素晴らしいアニメを沢山世に送り出しました。アニメに関わる全ての方に感謝をしきれません。2020年も沢山の名作がありましたね。

しかし、名作アニメは沢山ありますが、その中でも中々話題にならなかった作品も沢山あったのです。正直、クオリティからすればもっと評価されていいはずなのに、という作品はアニメファンは多くあるのではないでしょうか?

そこで今回はここ3年の秋アニメに絞り、面白かったのに隠れ気味の作品を紹介していきます。2018年から2020年までの秋アニメから3作ずつ、紹介するので見ていなかった作品があれば是非チェックしてみてください。

2018年 秋アニメ

ツルネ -風舞高校弓道部- 第一巻 [Blu-ray]

ツルネ‐風舞高校弓道部‐

まずは2018年の秋アニメから見ていきましょう。最初に紹介するのは「ツルネ‐風舞高校弓道部‐」です。本作は第7回京都アニメーション大賞小説部門で審査員特別賞を受賞し、2016年に「KAエスマ文庫」から刊行されています。

そして、TVアニメが「京都アニメーション」で製作され、2018年についに放送されました。しかし、京都アニメーションの作品にしてはあまり目立たなかった印象です。本作はその名の通り弓道部が舞台となっており県大会優勝を目指す作品となっております。

弓道のシーンは流石京都アニメーションです。細かい演出や描写、3Dを使った臨場感で見ていて引き込まれるものがあります。人気はあまり出ませんでしたが、新作の映画の製作が発表されており、京都アニメーションの本作への熱意は冷めていません。この機会に是非チェックしてみてください。

となりの吸血鬼さん

となりの吸血鬼さん Vol.1 [Blu-ray]

続いて紹介するのは「となりの吸血鬼さん」です。この時期にやってた日常系作品の中ではTOPクラスに面白かったですし、日常アニメ全体で見ても素晴らしいと思います。本作は日常アニメの中でも百合要素のある作品です。

百合といってもガチガチの恋模様を描いているわけではなく、日常アニメということもあり、ほど良い関係性で見れるので気楽に見れます。ほど良いからこそのキャラクターの尊さが物凄くあるんですよね。

キャラクターの可愛さが何よりの魅力なので、そういった意味では「まんがタイムきらら」作品が好きな方には特におすすめできる作品です。また、見ているだけで相当癒されるのでストレスが溜まっている方にもおすすめできる作品となっております。是非チェックしてみてください。

風が強く吹いている

アニメ「風が強く吹いている」 Vol.9 Blu-ray 初回生産限定版

メジャーなスポーツからマイナーなスポーツアニメ、さらにはオリジナルのスポーツアニメまで日本では作られます。この「風が強く吹いている」は箱根駅伝を舞台にした作品となっています。原作は実は2006年に刊行されました。

この作品はアニメ化の前にも漫画、舞台、実写映画など様々なメディアで展開されてきましたがどれも高い評価を得ております。そして、このTVアニメも素晴らしいもので評価は非常に高い作品です。しかし、知名度はあまり上がらないまま終わってしまいました

しかし、箱根駅伝という表現の難しい作品にもかかわらず緊張感のあるシーンや、箱根駅伝ならではのチームとしての団結力など箱根駅伝だからこその魅力がある作品です。スポーツアニメ好きなら「風が強く吹いている」を見逃すわけにはいかないでしょう。

2019年 秋アニメ

旗揚! けものみち 第1巻 [Blu-ray]

旗揚!けものみち

続いては2019年秋アニメを紹介しましょう。まずは「旗揚!けものみち」です。この作品の原作者はあの「この素晴らしい世界に祝福を!」でお馴染みの暁なつめさんです。「この素晴らしい世界に祝福を!」と似ており、本作は主人公が異世界に召喚されます。

しかし、「旗揚!けものみち」の主人公の職業が少し変わっており、主人公はプロレスラーなのです。主人公は異世界の姫に召喚され魔獣を倒してほしいと頼まれます。ですが、主人公は動物が好きなため魔獣を倒すことを拒否し、姫から逃亡するのでした。

「この素晴らしい世界に祝福を!」と同じように、「旗揚!けものみち」もコメディ作品となっております。1つ1つのギャグが本当に秀逸なので、お笑いが好きな方などにもおすすめできる作品です。是非チェックしてみてください。

本好きの下克上

「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」 DVD Vol.1

続いて紹介するのは「本好きの下克上」です。「旗揚!けものみち」と同じく、こちらも異世界作品となっております。こちらは「小説家になろう」で2013年に連載がスタートし、2015年には小説化もされました。

主人公は転生前から無類の本好きなのですが、転生した世界では本が物凄く貴重なものでした。しかし、主人公は裕福とは決して言えない環境です。そこから主人公が前世の記憶などを活かして、本を読むために頑張る話となっています。

転生前は大学生ぐらいの女子だったのですが、転生した姿は幼児でした。にもかかわらず幼児からは逸脱した行動や知識を見ることで、周りのキャラクターが主人公に疑問を持つというのが本作の面白いポイントです。少し変わった異世界作品なので、チェックしてみてください。

耐え子の日常

耐え子の日常

日本のアニメの主流はやはり23分程度の作品が多いです。しかし、毎クール1作~2作は3分程度のいわゆるショートアニメが存在します。この手の作品はストーリーよりもギャグやキャラクターの可愛さが売りとなる作品が多いです。

そんなショートアニメの中でも一際異彩を放つ作品が、2019年秋に生まれました。それが「耐え子の日常」です。ジャンルで言ったらギャグになるのですが、ギャグというよりネタ作品と言えるでしょう。お笑いの意味のネタです。

イメージでいうと「エンタの神様」に出てくるようなショートネタをアニメでやるというスタイルでしょう。エンタ世代の方なら、このアニメを見るだけで懐かしい気持ちになれるかもしれません。是非チェックしてみてください。

2020年 秋アニメ

アクダマドライブ 第2巻(初回限定版) [Blu-ray]

アクダマドライブ

2020年秋アニメです。ご時世面でも大変な制作環境だったと思いますが、それでも素晴らしい作品が沢山ありました。その中でもとんでもない作画と素晴らしい物語を届けてくれたオリジナルアニメがありました。

それは「アクダマドライブ」です。戦争によって1つの国が2つに分断した世界で、1人の女性が悪人に巻き込まれていくという話となっています。最終回まで見た後の爽快感や脱力感は、中々得難いものと言えるでしょう。

物語も秀逸ですが、圧巻は作画です。本作を作っている「studioぴえろ」は「NARUTO」なども制作しており、アニメーションスタジオの中でも老舗と言えますが、久々にここの本気を見たなと思える最高のアニメでした。是非チェックしてみてください。

魔王城でおやすみ

魔王城でおやすみ 2 [Blu-ray]

皆さんはアニメに何を求めているでしょうか?ゴリゴリのアクションでしょうか?それとも感動的な人間ドラマでしょうか?様々な需要にアニメは答えてくれます。その中でも癒しを求めるアニメファンもいるでしょう。

そんな癒しを求めるあなたを「最高級の極楽」にいざなってくれる作品こそ「魔王城でおやすみ」です。この作品は「週刊少年サンデー」で連載されており、累計発行部数は2020年10月時点で200万部を突破していう人気作品です。

レトロゲームのような演出もありながら、主人公のスーヤ姫はとにかく快適な安眠を求めるという流れで、基本的な流れはほぼ変わらないのです。安定感のある作品ですし、何より1つの流れで1クールやりきれてしまうエピソードの強さは素晴らしいですね。是非チェックしてみてください。

体操ザムライ

体操ザムライ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

2020年秋アニメに放送されたオリジナルアニメは「アクダマドライブ」だけではありませんでした。「MAPPA」製作のオリジナルアニメ「体操ザムライ」の物語は1話1話見ていてたまらないシーンの連続です。

セリフの1つ1つに無駄な物が全くないですし、キャラクター1人1人も際立っていて完成度が単純にめちゃくちゃ高いんです。「シーン」・「セリフ」・「キャラクター」の全てがこの作品の1部にちゃんとなっていました

導入としては主人公がオリンピックの選手で、メダルも獲得しついに引退しようとするのですが、まだ現役を辞めたくないと引退会見で言う事で物語が始まります。先程も言いましたが無駄のない作品なので、満足度は非常に高かったですね。是非チェックしてみてください。

まとめ

今期は秋アニメの隠れた名作を紹介していきました。面白い作品は他にも沢山あります。ただ、やはりクオリティの高い作品と人気になる作品というのは=ではないんですよね。もちろん知名度の高い作品は面白い傾向が強いでしょう。

しかし、アニメをもっと楽しみたい、もっと知りたいと思うのであれば色んな作品を見ていくしかありません。自分の新しい可能性を開拓するしかないんです。多くのアニメが少しでも人気になる事を祈っております。

記事にコメントするにはこちら