地下室には何がある?その真実をネタバレ解説!【進撃の巨人】

カテゴリーまとめはこちら:その他 / 進撃の巨人

2013年に放送された「進撃の巨人」は国内のみならず、世界中のアニメファンを虜にした歴史的大傑作です。多くの謎がある本作ですが、本記事では「進撃の巨人」最大の謎の1つ「地下室の真実」をネタバレ込みで紹介します。是非最後までご覧ください。

記事にコメントするにはこちら

2013年にTVアニメが放送し社会現象となった「進撃の巨人」は圧倒的な物語の面白さで、世界中の人類に愛されている作品となりました。現在アニメでは「進撃の巨人 The Final Season」が放送しており、第1期が始まった当初からは考えられない展開になっていますね。

今回はそんな「進撃の巨人」の中でも序盤から伏線となっていた「地下室の真実」を、完全ネタバレで解説していきたいと思います。地下室の謎とは「進撃の巨人」という世界の根本的な謎が隠されていると言われていた、超重要コンテンツという認識でいいでしょう。

現在放送されているFinal Seasonの内容に大きく関わる内容となっています。これを観れば最悪これまでのアニメを見ていなくても、Final Seasonから追いかけられると思うので「進撃の巨人」知らない方も是非最後まで見ていってください。

地下室に隠されし3冊の本と1枚の写真

進撃の巨人(21) (週刊少年マガジンコミックス)

そもそも「進撃の巨人」の地下室とは、主人公エレン・イェーガーの父「グリシャ・イェーガー」が秘密にしていたエレンの家の地下にある部屋です。第1話でエレンに地下室を見せようと言った日に、エレンの住むウォールマリアが超大型巨人に襲われ、地下室どころではなくなったのでした。

しかし、数年後人類は死闘の末「ウォールマリア」の奪還に成功します。そして、エレンはついに自分の住んでいた家、子供の頃すら入ることがなかった地下室の扉を開くことに成功しました。部屋はグリシャが医者だったこともあり、薬品が沢山並べられています。

ですが、部屋にある机には鍵が無いと開かない引き出しが1つだけありました。エレンは父に託されていた鍵を通すと、中には防湿・防虫対策がされていた「3冊の本」「1枚の写真」があったのです。そこに書かれた内容は衝撃的で「世界の残酷」を再び感じるものでした…

エレンの父「グリシャの過去」

TVアニメ「進撃の巨人」 Season3 第7巻 (初回限定版) [Blu-ray]

進撃の巨人の世界はこれまで「3つの壁」「壁の外に住む巨人」以外何もないとされていました。しかし、グリシャは人類が巨人の怯えることのない「壁の外」からやってきた人間でした。これまで人類は壁の外の人類は滅んだと教えられてきましたが、それは全くの嘘だったのです。

恐らく第1次世界大戦ぐらいの文明が発達している世界に、グリシャは幼き頃住んでいました。外には飛行船や車など、乗り物まであります。グリシャは妹を連れて飛行船が止まっている発着場に許可なくやってきました。

それを軍人に見られたグリシャは妹の分まで制裁を受けたのです。しかし、それにも関わらず妹は翌日死体で発見されるのでした。たかが飛行船を見たぐらいで、一体なぜなのか?その理由はグリシャの祖先にあったのです。

巨人の始まり

進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス)

1820年前にグリシャの祖先である「ユミル・フリッツ」は「大地の悪魔」と契約し、巨人の力を手に入れました。これが巨人の始まりです。そして、ユミルの死後ユミルの魂は「9つの巨人」に分裂「エルディア帝国」を築き上げます。

エルディア帝国は当時の「大国マーレ」を滅ぼすことで、世界の支配者に君臨するのでした。その後、エルディア帝国は他の民族を弾圧し、土地や財産を根こそぎ奪い、他の民族に無理矢理エルディア人を産ませる「暗黒の時代」に突入します。

ですが、マーレ大国の生き残りはエルディア帝国に内部工作をし、9つの巨人の内7つの巨人の奪取に成功し、80年前に起きた「巨人大戦」と呼ばれる争いに勝利しました。エルディアの王は「パラディ島」「3重の壁」を作り1部の国民と共に引きこもるのでした。

9体の特殊な巨人

進撃の巨人(7) (週刊少年マガジンコミックス)

こうして、エルディア帝国は崩壊しパラディ島に行かなかったエルディア人はマーレ帝国の強制収容区に住んでいます。グリシャたちエルディア人は世界から嫌われる「悪魔の民族」という扱いを受けるのでした。グリシャの妹も勿論エルディア人なので、命令違反で殺されたのでしょう。

しかし、「1700年間」世界を支配した「9つの巨人」は恐ろしいですね。そんな9つの巨人はFinal Seasonが始まる時点でどうなっているか?をここで整理しましょう。9つは「始祖」・「超大型」・「鎧」・「女型」・「獣」・「顎」・「車力」・「戦鎚」・「進撃」に分けられます。

「進撃の巨人」がスタートした時点でパラディ島の巨人はたった2つでした。始祖の巨人と進撃の巨人です。しかし、ウォールマリア奪還の時に超大型巨人の力をアルミンというキャラクターが獲得しました。パラディ島陣営が3つマーレ帝国が6つという現状です。

壁が生まれた理由と秘密

進撃の巨人(16) (週刊少年マガジンコミックス)

エレンたちが暮らしていた「ウォールマリア」・「ウォールローゼ」・「ウォールシーナ」は巨人から人間を守る防波堤の役割を果たしていました。しかし、そもそも壁はいつ生まれたのか?先程も言いましたが、80年前の事でした。

エルディア王はマーレとの巨人大戦の末に敗北しました。エルディア帝国から離れた島「パラディ島」に作られた3重の壁こそが壁の正体です。しかし、この壁にはまだ秘密があるのでした。この3重の壁は「何で出来ているのか?」という事です。

壁の正体は始祖の巨人によって作られた幾千万に渡る超大型巨人なのです。さらに、始祖の巨人の封印されし力が解放されれば、壁の巨人を使い世界を襲わせることができるのでした。この3重の壁はエルディア人を守る「盾」でもあり「矛」でもあるのでした。

パラディ島を巡る争い

進撃の巨人(23) (週刊少年マガジンコミックス)

妹が死体で発見されてから、数年後グリシャは18歳の時に妹がマーレ帝国によって殺された事を知りました。グリシャは以来マーレへの復讐のためエルディアの復活を目指すことになります。エルディア人の中にはマーレに潜入している内通者がいました。

内通者はパラディ島の外に住む最後のフリッツ家の末裔「ダイナ・フリッツ」を、グリシャたち「エルディア復権派」に仕向けます。グリシャはダイナと結婚しジークという子供を授かりました。しかし、ここでマーレ帝国はパラディ島を奪取しようとします。

その理由は技術革新により、巨人が兵器に劣る時代が来るからです。パラディ島は資源の豊富な重要な土地でした。しかし、パラディ島は壁という最終兵器があるため簡単に手出しは出来ません。そこで7つの巨人の力をエルディア人に継承し、マーレの戦士としてパラディ島に送り込む計画を企てます。

巨人の正体

進撃の巨人(25) (週刊少年マガジンコミックス)

パラディ島にエルディア人を送り込む計画を知ったエルディア復権派は、ジークをマーレの戦士として送り込むことで、始祖の巨人の力を奪取しようとするのでした。グリシャとダイナはジークに「マーレ人は悪」という思想を植え付けようとします。

しかし、ジークは自分を兵器のように扱う両親を嫌い、エルディア復権派をマーレ帝国に密告するのでした。エルディア復権派はパラディ島に楽園送りになります。楽園送りとは罪を犯したエルディア人を、無理やり「無垢の巨人」に変えパラディ島に幽閉するという罰です。

無垢の巨人とは9つの巨人と違い知性を失い、人間を食べることしかできない巨人です。つまり、第1巻から人類の脅威だった巨人の正体は「エルディア人」だったのです。グリシャは内通者に救われ進撃の巨人の力を継承し、壁の中でエレンを生み進撃の巨人の力をエレンに継承したのでした。

壁の向こう側の世界

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)

これが「進撃の巨人」の世界の真実です。調査兵団が大量に死にながら壁外調査をし、超大型巨人や鎧の巨人などから死に物狂いで生き残る道を探していました。しかし、その壁の外には巨人どころではないマーレ帝国という強大すぎる国が存在していたのです。

現在放送されている「進撃の巨人 The Final Season」では、エレンやリヴァイなど率いる「パラディ島」陣営と、壁の外に住む人類たちの戦争が描かれています。巨人VS人間から、人間VS人間の戦いになってしまうとは予想できませんよね。

この地下室の謎というのは「進撃の巨人」最大の謎の1つでした。しかし、この謎が解消されてもなお「進撃の巨人」にはまだまだ伏線がありますし、その面白さは右肩上がりを続ける一方です。ここまで面白い作品は本当に10年に1度レベルなので、是非チェックしてみてください。

Final Seasonから進撃の巨人を見るのはありなのか?

TVアニメ「進撃の巨人」 Season3 第6巻 (初回限定版) [Blu-ray]

「進撃の巨人」最大の謎「地下室」の謎は大体知れたと思います。しかし、地下室の謎だけでFinal Seasonの内容を完全に理解することは難しいかもしれません。ただ、マーレとエルディアの関係を知っているだけでも見やすいのではないでしょうか。

また、「Final Season」から見るのも面白いとは思います。というのもFinal Seasonは6つの巨人の継承者候補の子供たちや、マーレの兵士の視点から物語がスタートするのです。つまり、Final Seasonから見るとマーレのキャラクターに感情移入すると思われます。

1から「進撃の巨人」を見るのが勿論1番のおすすめではありますが、マーレの目線で「進撃の巨人」を楽しめるのはまだ「進撃の巨人」を見ていない人だけの特権です。最終的な判断は人それぞれなので、「悔い無き選択」をしてください。「進撃の巨人」最高ですよ。

まとめ

TVアニメ「進撃の巨人」 Season3 第5巻 (初回限定版) [Blu-ray]

今回は「進撃の巨人」最大の謎である「地下室」についてのネタバレ解説でした。「進撃の巨人」はこの謎の解明から一気に話が動き出します。地下室以前の話と地下室以後の話は第1部・第2部ぐらいの違いがあるでしょう。

面白いアニメは沢山ありますが、「進撃の巨人」は他とは比較できない面白さ、異常な面白さと言えます。間違いなく歴史に残る最高の作品になるでしょう。社会現象になってから約8年が経ちますが、今からでも遅くありません。

「Final Season」からでも問題ないでしょう。「進撃の巨人」を是非ご覧ください。

記事にコメントするにはこちら