【ダイヤのA】登場人物紹介<ライバル校その他の地区&サブキャラクター編>(前編)

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / ダイヤのA

「週刊少年マガジン」で連載中の人気野球漫画作品『ダイヤのA』。高校野球の西東京地区名門「青道高校」を舞台に、主人公の高校生ピッチャー・沢村栄純が、チームのエースになるべく大きな成長を遂げていく様が描かれます。そんな本作に登場する西東京地区以外のライバル校の選手、その他のキャラクターたちを中心に、声優情報や俳優情報も交えて、前編・後編に分けてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『ダイヤのA』とは?

『ダイヤのA』は、高校野球に挑む球児たちの葛藤と成長を描いた少年漫画作品。作者は、テニス漫画『GIANT STEP』や読み切り漫画『橋の下のバットマン』などで知られる漫画家の寺嶋裕二(てらじま・ゆうじ)さん。2006年第24号から2015年第7号にかけて「週刊少年マガジン」にて第1部が連載され、同年第38号から第2部『ダイヤのA actII』の連載が開始されました。2020年11月の時点で、累計発行部数は3900万部を突破。週刊少年マガジンを代表する野球漫画作品の1つで、第34回講談社漫画賞少年部門、第53回小学館漫画賞少年向け部門を受賞しています。

テレビアニメに関しては、2013年から2015年にかけて第1期が放送された後、2015年から2016年にかけて第2期『ダイヤのA -SECOND SEASON-』が放送され、待望の第3期『ダイヤのA actII』が2019年から2020年にかけて放送されました。メディアミックス展開が盛んで、2015年からは舞台作品『ダイヤのA The LIVE』の上演も続けられています。2020年夏にミュージカル作品も上演される予定がありましたが、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、残念ながら公演中止となりました。

物語のあらすじ

本作の主人公・沢村栄純(さわむら・えいじゅん)は、長野県で仲間たちと野球をしていたピッチャー。高校最後の試合でサヨナラ負けをしてしまったものの、選手として光るものを見出された彼は、高校野球の西東京地区の名門「青道高校(せいどうこうこう)」にスカウトされることになります。初めは気乗りしなかったものの、青道高校の見学中に出会った天才キャッチャー・御幸一也(みゆき・かずや)から刺激を受けたこと、地元の仲間たちからの声援も受け、その高校に進学することを決意します。

沢村はそこで同じ1年生ピッチャーの降谷暁(ふるや・さとる)と出会い、チームのエースを目指す者同士、互いを高め合うライバル関係を築いていくことになります。『ダイヤのA』というそのタイトル通り、エースを目指す沢村の成長が魅力的な作品ではありますが、青道高校のその他のポジションについている選手たちの苦悩や葛藤、ライバル校の選手たちのドラマが魅力的な作品でもあります。

ここからは、そんな本作に登場する西東京地区以外のライバル校の選手や、その他のサブキャラクターを中心に、声優情報や舞台版キャスト情報も含めてご紹介していきます!

『ダイヤのA』キャラクター1:黒士館高校野球部OB 財前直行(ざいぜん・なおゆき)

財前直行は、黒士館(こくしかん)高校野球部に所属していたOB。東京都出身。 身長174cmで、体重は65kg。誕生日は9月30日で、血液型はAB型です。黒士館は東東京地区にある高校で、以前は野球強豪校でしたが、今は青道高校野球部の二軍が相手でも勝てないほどの戦力になっています。

財前直行はシニア時代に滝川・クリス・優(たきがわ・くりす・ゆう)としのぎを削った実力のあるピッチャーで、高校に進学した後、1年生の時点で既にエースで4番に抜擢されていました。しかし、2年目の夏の大会直前の試合中のアクシデントによって左ヒザ靭帯断裂の大怪我を負ってしまい、代打での出場を余儀なくされました。

青道高校野球部二軍との試合の際、リハビリ明けのクリスをターゲットにした作戦でバッテリーを苦しめましたが、粘りの末に沢村栄純によって三振に打ち取られました。一見すると乱暴な口調故に性格は悪そうに思えますが、実は仲間思いで信頼も寄せられている存在です。

財前直行の声優は寺島拓篤(てらしま・たくま)さん

そんな財前直行の声を担当するのは、アクセルワンに所属する声優の寺島拓篤さん。愛称は「てらしー」や「たっくん」など。1983年12月20日生まれで、石川県出身。身長166cmで、血液型はB型。趣味はダーツやイラストです。2017年に、『けいおん!』の田井中律役や『魔法科高校の劣等生』の柴田美月役などで知られる同じ声優の佐藤聡美(さとう・さとみ)さんとの結婚を発表しています。

声優デビューを果たしたのは、2004年に発売されたドラマCD『悪魔のミカタ』の山崎誠一役。その他にもこれまでに、『ブラッククローバー』のクラウス・リュネット役、『アイドルマスター SideM』の天ヶ瀬冬馬役、『魔法科高校の劣等生』の西城レオンハルト役などを担当しています。

財前直行の舞台版キャストは伊﨑央登(いざき・ひさと)さん

舞台作品で財前直行役を担当するのは、Soymilk Managementに所属する俳優の伊﨑央登さん。1984年5月17日生まれで、大阪府岸和田市出身。身長179cmで、血液型はO型。当時演技未経験だったにもかかわらず、2004年に公開された映画『デビルマン』の不動明(デビルマン) 役で主演を担当しました。

その他にもこれまでに、舞台「ふしぎ遊戯〜朱雀編〜」の翼宿役、舞台「MOON&DAY〜うちのタマ知りませんか?〜」の野田ぜんじ役、映画『クローズZERO』の三上豪(極悪ツインズ2号)役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター2:帝東高校野球部監督 岡本一八(おかもと・いっぱち)

岡本一八は、帝東(ていとう)高校野球部の監督。帝東高校は東東京地区の代表として夏の甲子園に出場し、ベスト16という好成績をおさめた実力のある高校で、その野球部の監督を務める岡本一八は、これまでに全国大会を二度制した経験のある名将として知られています。

練習では選手の守備範囲ギリギリに打ち込んでいく「神ノック」を得意としていて、選手たちに鉄壁の守備を築き上げさせることに貢献。江戸っ子のべらんめぇ口調で話すのが特徴的で、野球とは炎だという独自の考えの元に、選手の中にある火を燃え上がらせることが自身の役割だと考えています。

岡本一八の声優その1は後藤哲夫(ごとう・てつお)さん

そんな岡本一八の声を担当するのは、円企画に所属していた俳優・声優の後藤哲夫さん。1950年8月10日生まれで、岐阜県出身。身長は166cm。特技は日本太鼓や民族舞踊、岐阜弁です。2018年11月に、食道癌のために68歳で逝去しました。

声優としては『プラネテス』のアルヴィンド・ラビィ役、『攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』の春日国防省事務次官役、『エウレカセブンAO』のイビチャ・タノヴィッチ役などを担当していました。

岡本一八の声優その2は斎藤志郎(さいとう・しろう)さん

岡本一八のもう1人の声優は、文学座に所属する俳優・声優の斎藤志郎さん。1956年8月31日生まれで、山形県酒田市出身。身長は176cm。趣味・特技は、七色のダミ声です。 声優としてはこれまでに『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の権藤金吉役、『BLEACH』の猫状態の四楓院夜一役、『進撃の巨人 The Final Season』のテオ・マガト役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター3:帝東高校野球部2年投手 向井太陽(むかい・たいよう)

向井太陽は、帝東高校野球部に所属する2年生。東京都出身で、ポジションはピッチャー。身長175cmで、体重は63kg。誕生日は3月20日で、血液型はO型。シニア時代に、青道高校野球部に所属している金丸信二 (かねまる・しんじ)、東条秀明 (とうじょう・ひであき)のいた松方シニアと対戦したことがあったため、お互いに面識があります。

ピッチャーとしてはサイドスローから放たれる「奥スミ」という9分割以上の制球力とスクリューが武器で、自身の制球力の高さに酔うこともある様子。自分こそが世代No.1ピッチャーだというプライドがあり、青道高校に所属するピッチャーの沢村栄純や降谷暁に対する岡本一八や、乾憲剛 (いぬい・けんご)による評価は過大評価だという思いを持っています。

向井太陽の声優は斉藤壮馬(さいとう・そうま)さん

そんな向井太陽の声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の斉藤壮馬さん。愛称は「壮馬くん」や「最高壮馬」など。1991年4月22日生まれで、山梨県甲府市出身。身長169cmで、血液型はB型。趣味は読書や楽器演奏(ギター)、散歩などで、特技は利きポカリをすること。2010年にゲーム『剣と魔法と学園モノ。2G』のリモン役で声優デビューを果たしました。

初主演を担当したのは、2014年に放送された『アカメが斬る!』のタツミ役。その他にもこれまでに、『ハイキュー!!』の山口忠役、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のヤマギ・ギルマトン役、『アイドリッシュセブン』の九条天役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター4:帝東高校野球部3年捕手 乾憲剛(いぬい・けんご)

乾憲剛は、帝東高校野球部に所属する3年生。東京都出身で、ポジションはキャッチャー。野球部主将を務めています。一見高校生には見えないほどに彫りが深く老けた顔立ちで、作中では選手の評価をする際や衝撃を受けた際に背景に雷が落ちる描写をよくなされます。

選手としては強肩強打が持ち味で、キャッチャーとしてのレベルは青道高校の天才キャッチャー・御幸一也から「かなりのキャッチング技術」と評されるほどで、稲城実業高校のピッチャー・成宮鳴(なるみや・めい)からも「投げやすい」と言われるほど。打者としても4番を任されていくだけに長打力があり、成宮から放たれた決して甘くないボールをホームランにできるほどの実力があります。

乾憲剛の声優は杉田智和(すぎた・ともかず)さん

そんな乾憲剛の声を担当するのは、株式会社AGRSに所属する声優の杉田智和さん。同社の代表取締役も務めています。1980年10月11日生まれで、埼玉県比企郡嵐山町出身。身長177cmで、血液型はB型。17歳の頃、『仮面ライダー』のプレゼント告知ナレーションで声優デビューを果たしました。

テレビアニメ初主演を果たしたのは、2002年に放送された『ちょびっツ』の本須和秀樹役、その他にもこれまでに、『銀魂』の坂田銀時役、『ジョジョの奇妙な冒険』のジョセフ・ジョースター役、『鬼滅の刃』の悲鳴嶼行冥役などを担当しています。

ちなみに杉田智和さんは『ダイヤのA』で乾憲剛役を担当することになった際、ピッチャーの向井太陽の力を活かすために乾憲剛が腕にダンベルをぶら下げるという練習法を取り入れているのを知って実際に試してみたそうですが、そのせいで身体をやってしまったらしく「彼は本物の強者です」というコメントを残しています。

『ダイヤのA』キャラクター5:鵜久森高校野球部3年投手 梅宮聖一(うめみや・せいいち)

梅宮聖一は、鵜久森(うぐもり)高校野球部に所属する3年生。東京都の足立ロケッツ出身で、ポジションはピッチャー。愛称は「梅ちゃん」。鵜久森は東東京地区にある高校で、野球部はエースで4番を務める梅宮聖一とマネージャーの松原南朋(まつばら・なお)によって率いられています。秋季大会では、強豪校の稲城実業高校相手に逆転勝利を果たしたことで注目のダークホースとなりました。

梅宮聖一は試合ではよく「怒羅亜(どらぁ)!」と叫ぶ熱く荒々しい一面を見せてはいるものの、普段は仲間思いでフレンドリーな性格の持ち主。中学生の頃は上級生との折り合いの悪さから野球から離れていましたが、リトルリーグ時代のチームメイトであった松原南朋が交通事故にあっても尚、今度はマネージャーとして甲子園を目指したいと決意したのを目の当たりにしたことから、彼の強さの証明のために再度野球に取り組む決心をしました。

ピッチャーとしては、球速100km/h未満のスローカーブと縦スライダーの軌道に見える強カーブ、ストレートが武器。打撃の方でも4番を任された者として、プレッシャーのかかるここぞという場面でヒットや長打を放つことのできる勝負強さを持っています。

梅宮聖一の声優は森久保祥太郎(もりくぼ・しょうたろう)さん

そんな梅宮聖一の声を担当するのは、アドナインスに所属する声優の森久保祥太郎さん。同社の代表取締役も務めています。1974年2月25日生まれで、東京都八王子市出身。身長165cmで、血液型はB型。趣味・特技は、料理・DIY・格闘技や高校野球を観戦することなどです。1996年に放送された『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のミニ四ファイター役で声優デビューを果たしました。

尖ったような硬く軽い性質が特徴的で、その他にもこれまでに『弱虫ペダル』の巻島裕介役、『メジャー』の茂野吾郎役、『NARUTO -ナルト-』の奈良シカマル役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター6:鵜久森高校野球部3年マネージャー 松原南朋(まつばら・なお)

松原南朋は、鵜久森高校野球部に所属する3年生。東京都にある足立ロケッツ出身で、野球部ではマネージャーを担当しています。愛称は「南朋(くん)」。リトルリーグの頃から優れた野球センスや統率力を持ち、将来を期待されていましたが、中学2年生の頃に交通事故にあったことで選手としての道は絶たれてしまい、マネージャーの立場で選手たちを支えながら共に甲子園に行くことを決意しました。

鵜久森高校野球部には吉本善次郎(よしもと・ぜんじろう)という老齢の監督がいるものの、ベンチに座っているだけで何か指示を出している様子はなく、松原南朋が試合中の指揮をとっています。優れた分析力を活かして、練習時・試合時関係なくチームメイトに対して的確且つ気持ちを鼓舞するようなアドバイスを送っており、チームメイトたちからは厚い信頼を寄せられています。

松原南朋の声優は鈴村健一(すずむら・けんいち)さん

そんな松原南朋の声を担当するのは、インテンションに所属する声優の鈴村健一さん。同社の代表取締役も務めています。1974年9月12日生まれで、大阪府豊中市出身。身長173cmで、血液型はA型。趣味はゲームや特撮で、特技は食リポをすることです。2011年に、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のルナマリア・ホーク役や『Fate/Grand Order』のレオナルド・ダ・ヴィンチ役などで知られる坂本真綾(さかもと・まあや)さんとの結婚を発表しています。

声優デビューを果たしたのは、1994年に放送されたテレビアニメ『マクロス7』のモーリー役。その他にもこれまでに、『鬼滅の刃』の伊黒小芭内役、『Fate/Grand Order』のロマニ・アーキマン役、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の聖川真斗役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター7:王谷高校野球部監督 荒木伊知郎(あらき・いちろう)

荒木伊知郎は、王谷(おうや)高校野球部の監督。王谷高校は東東京地区にある都立高校で、進学校ならではの頭脳的な戦略を持ち味としています。荒木伊知郎は7年前に甲子園出場を果たした経験のある監督で、選手それぞれの特性を見極めることで、厳しい制度と少ない練習量で選手を上手く育てています。

荒木伊知郎の声優は羽多野渉(はたの・わたる)さん

おんな荒木伊知郎の声を担当するのは、81プロデュースに所属している声優の羽多野渉さん。愛称は「わちゃ」や「おいたん」など。1982年3月13日生まれで、長野県東筑摩郡朝日村出身。身長171cmで、血液型はO型。2018年に『To LOVEる -とらぶる-』の九条凛役や『はなかっぱ』のみろりん役などで知られる同じ声優の橋本(はしもと)まいさんとの結婚を発表しています。

テレビアニメデビューを果たしたのは、2001年に放送された『よばれてとびでて!アクビちゃん』。これまでに、『FAIRY TAIL』のガジル・レッドフォックス役、『黒子のバスケ』の実渕玲央役、『A3!』の卯木千景役などを担当しています。『ダイヤのA』では他にも青道高校野球部に所属する増子透(ますこ・とおる)役、稲城実業高校野球部部長の林田正義(はやしだ・まさよし)役なども担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター8:王谷高校野球部3年投手 若林豪(わかばやし・ごう)

若林豪は、王谷高校野球部に所属する3年生。埼玉県出身で、ポジションはピッチャー。愛称は「豪ちゃん」。王谷高校が甲子園で活躍している様子に心動かされ、公立高校が野球強豪の私立高校を倒す場面に憧れて、王谷高校への進学を決めました。

ピッチャーとしてはテンポの良い投球術を武器としており、フォークを決め球としています。坊ちゃん刈りの髪型が特徴的で、私立の野球強豪校を「脳筋ゴリラ」と呼ぶことも。

若林豪の声優は増田俊樹(ますだ・としき)さん

そんな若林豪の声を担当するのは、トイズファクトリーに所属する声優・俳優の増田俊樹さん。愛称は「まっすー」や「だーます」など。1990年3月8日生まれで、広島県出身。身長176cmで、血液型はB型。趣味はゲーム全般や料理、食べ歩きをすることで、特技はゲームと水泳です。2011年に放送された『遊☆戯☆王ZEXAL』の神代凌牙役で声優デビューを果たしました。

テレビアニメ初主演を果たしたのは、2013年に放送された『サムライフラメンコ』の羽佐間正義役。その他にもこれまでに、『僕のヒーローアカデミア』の切島鋭児郎役、『アイドリッシュセブン』の和泉一織役、『進撃の巨人』のポルコ・ガリアード役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター9:大阪桐生高校野球部監督 松本隆広(まつもと・たかひろ)

松本隆広は、大阪桐生(おおさかきりゅう)高校野球部の監督。大阪桐生高校は大阪を代表する野球強豪校で、全国一とも評されるパワー野球が持ち味。堅実な守備とチームの強い結束力を長所としています。

松本隆広は恰幅の良い体格をした男性監督で、えびす様のような穏やかな面立ちをしているものの、食えない性格の持ち主。野球強豪校の選手たちを率いる監督としての力量は確かで、相手校の弱点を的確についていく采配を振るっています。

松本隆広の声優は田尻浩章(たじり・ひろあき)さん

そんな松本隆広の声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の田尻浩章さん。1986年8月17日生まれで、熊本県出身。趣味・特技は、プラモデルや、水泳をすることです。

これまでに『マジンボーン』のシャークボーン役やダークスパイダー役、『めだかボックス』のボルゾイ・ウルフハウンド役、『へうげもの』の織田信孝役や蜂須賀正勝役などを担当。『ダイヤのA』では他にも青道高校野球部に所属する前園健太(まえぞの・けんた)役や、明川学園監督の尾形 一成(おがた・かずなり)役なども担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター10:大阪桐生高校野球部OB 館広美(たち・ひろみ)

館広美は、大阪桐生高校野球部に所属していたOB。ポジションはピッチャー。エースで4番を任された大阪桐生高校の中心選手で、ピッチャーとしては球質の重いボールとスライダーを武器としています。試合で調子の良いときには満面の笑みになりますが、人相が悪いために周りからはとても怖く見えてしまうことも。実はシャイな性格の持ち主です。ドラフトでは広島東洋カープへの入団を果たしました。

館広美の声優は松本忍(まつもと・しのぶ)さん

そんな館広美の声を担当するのは、マウスプロモーションに所属する声優・舞台俳優の松本忍さん。1973年12月18日生まれで、大阪府出身。血液型はO型。趣味・特技は、けん玉や殺陣、エレクトーンです。これまでに『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』の織部僧役、『フルーツバスケット』の草摩夾の父親役、『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』のグスタ役などを担当しています。

記事にコメントするにはこちら