【ダイヤのA】登場人物紹介<青道高校野球部OB・OG&スタッフ編>(前編)

カテゴリーまとめはこちら:ダイヤのA

寺嶋裕二さんによる人気野球漫画『ダイヤのA』。高校野球の西東京地区名門校「青道高校」を舞台に、主人公の少年・沢村栄純がチームのエースピッチャーを目指して奮闘する様が描かれます。そんな本作に登場する青道高校野球部のOB・OG、スタッフなどに関する情報を、前編・中編・後編に分けてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『ダイヤのA』とは?

ダイヤのA コミック 1-47巻セット (講談社コミックス)

『ダイヤのA』は、青道高校野球部を舞台に高校生たちが成長していく様を描いた少年漫画作品。作者は、『GIANT STEP』の連載でも知られる漫画家の寺嶋裕二(てらじま・ゆうじ)さん。2006年第24号から2015年第7号にかけて「週刊少年マガジン」にて第1部が連載され、同年第38号から第2部となる『ダイヤのA actII』の連載が開始されました。2020年11月時点で累計発行部数は3900万部を突破し、第53回小学館漫画賞少年向け部門、第34回講談社漫画賞少年部門という賞にも輝いています。

テレビアニメは2013年から2015年にかけて第1期が放送された後、2015年から2016年にかけて第2期『ダイヤのA -SECOND SEASON-』が放送。2019年から2020年にかけては、第3期となる『ダイヤのA actII』が放送されました。2015年からは舞台作品『ダイヤのA The LIVE』が上演されており、2020年夏にはミュージカル作品も上演される予定がありましたが、新型コロナウィルス感染症の影響により残念ながら中止となりました。

物語のあらすじ

本作の主人公・沢村栄純(さわむら・えいじゅん)は、中学時代の最後の試合でサヨナラ負けをしてしまったピッチャー。結果こそ良くなかったものの、その試合で光るものを見出された彼は、高校野球の西東京地区の名門校「青道高校」にスカウトされることになります。最初は気乗りしなかったものの、その高校を見学していた際に出会った天才キャッチャー・御幸一也(みゆき・かずや)から大きな刺激を受けた彼は、地元の仲間たちからの大きな後押しを受け、その高校に進学することを決意します。

そこで、同学年の豪腕ピッチャー・降谷暁(ふるや・さとる)に出会った彼は、同じエースピッチャーの座を狙う者同士、互いを刺激し、高め合うライバル関係を築くことになります。『ダイヤのA』というタイトル通り、エースになるべく奮闘する沢村の姿が非常に魅力的な作品ではありますが、その他のポジションについているキャラクターたちの苦悩や葛藤の末の成長を丁寧に描いていることも大きな魅力となっている作品でもあります。

ここからは、そんな本作に登場する青道高校野球部のOBやOG、スタッフを中心に、声優情報や舞台版キャスト情報も含めてご紹介していきます!

『ダイヤのA』キャラクター1:青道高校野球部OB 結城哲也(ゆうき・てつや)

TVアニメ「ダイヤのA」キャラクターソングシリーズVOL.7 結城哲也 "BILLION SWINGS"

結城哲也は、青道高校野球部のOB。東京都にある赤堂中学出身で、ポジションは一塁手。 身長180cmで、体重は75kg。誕生日は10月8日で、血液型はO型です。沢村栄純の2学年上の先輩で、その世代の主将を務めていました。周りの部員たちから呼ばれていた愛称は「晢さん」。青道高校の近くに実家があり、幼い頃から青道高校野球部の練習を見てきたことから、己を鍛えたいという想いで入部しました。

物静かで生真面目な性格ですが、時に天然な一面を見せることも。青道高校に入学してから自分たちの世代が周囲から「不作」と言われる中で黙々と努力を続け、その姿が同世代のチームメイトたちを鼓舞し、その世代全体が成長することに大きく貢献しました。中学時代はあまり目立つ選手ではなかったものの、青道高校においてここぞという場面での勝負強さと並外れた集中力を見せる不動の4番打者にまで成長しています。

プロからも注目されるレベルの有力選手でしたが、本人にはプロに進むことに興味がなく、卒業後は明神大学で野球を続けています。卒業する彼と入れ替わるように、弟の将司(まさし)が青道高校に入学し、野球部に入部しています。

結城哲也の声優は細谷佳正(ほそや・よしまさ)さん

One Day Trip Vol.3 ([バラエティ])

そんな結城哲也の声を担当するのは、フリーランスで活動中の声優の細谷佳正さん。愛称は「ほそやん」。1982年2月10日生まれで、広島県尾道市出身。身長176cmで、血液型はB型。趣味は散歩と映画鑑賞で、特技はガンシューティングとギターです。2007年にOVA『テニスの王子様 Original Video Animation 全国大会篇Semifinal』に登場する白石蔵ノ介役を演じたことで、声優としての知名度を上げることになりました。

その他にもこれまでに、『ちはやふる』の綿谷新役、『進撃の巨人』のライナー・ブラウン役、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のオルガ・イツカ役などを担当。『ダイヤのA』の第3期からは、ナレーションを担当しています。

結城哲也の舞台版キャストは上田悠介(うえだ・ゆうすけ)さん

舞台作品で結城哲也役を担当するのは、ツインテールに所属する俳優の上田悠介さん。1989年4月2日生まれで、奈良県出身。身長182cmで、血液型はA型。趣味は読書や散歩、カラオケなどで、特技は野球や水泳、ボウリングなどです。2009年に放送されたテレビドラマ『上地雄輔ひまわり物語』の松坂大輔役でデビューを果たしました。

その他にもこれまでに、「ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン」の橘桔平役、ミュージカル「ヘタリア〜The Great World〜」のドイツ役、舞台「僕のヒーローアカデミア The “Ultra” Stage」のエンデヴァー役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター2:青道高校野球部OB 伊佐敷純(いさしき・じゅん)

TVアニメ「ダイヤのA」キャラクターソングシリーズVOL.8 伊佐敷純"FIGHTING SPIRIT"

伊佐敷純は、青道高校野球部のOB。 神奈川県にある綾上シニア出身で、ポジションは中堅手。身長169cmで、体重は63kg。誕生日は9月1日で、血液型はA型です。結城世代の野球部副主将を務めていました。顎髭を生やした強面のその見た目通り、短気でガラが悪いものの、野球に対する情熱と仲間への思いやりがあり、試合中にはチームメイトを叱咤激励している姿が見られます。本人自身は気に入ってませんが、グラウンドでよく吠えていることから部員や一般生徒たちから「青道のスピッツ」と呼ばれることも。

選手としては強肩強打の3番打者であり、初球から打ちにいこうとする積極性と、常にフルスイングで勝負を挑むパワーと豪快さが強み。自ら口にすることはないものの、淡々と努力を重ね続けてきた結城哲也に対して深い敬意を信頼を抱いており、4番の彼に繋ぐためのバッティングを常に心がけています。元は投手志望でしたが、外野手へのコンバートを勧告された際に選手としての生き残りをかけてそちらに転向した過去があり、そのため自分と同じように投手から外野手へと転向した後輩の東条秀明(とうじょう・ひであき)のことを気にかけ、「投手あきらめんな」と檄を飛ばしたことも。

伊佐敷純の声優は小野友樹(おの・ゆうき)さん

そんな伊佐敷純の声を担当するのは、フリーランスで活動している声優の小野友樹さん。愛称は「おのゆー」、「おのちゃん」など。1984年6月22日生まれで、静岡県静岡市出身。身長167cmで、血液型はAB型。趣味は卓球や遊戯王カードなどで、特技はサッカーやハイパーヨーヨーなどです。2006年に放送されたテレビアニメ『ケロロ軍曹』の宇宙人役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『黒子のバスケ』の火神大我役、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の東方仗助役、『あんさんぶるスターズ!』の大神晃牙役などを担当しています。

伊佐敷純の舞台版キャストは高橋良輔(たかはし・りょうすけ)さん

舞台作品で伊佐敷純役を担当するのは、スワロウおよびG-STAR.PROに所属する俳優の高橋良輔さん。1984年5月14日生まれで、東京都出身。身長171cmで、血液型はO型。趣味は筋トレとダイビングで、特技は水泳と剣道です。2004年に放送されたテレビドラマ『WATER BOYS2』の新沼役で俳優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、テレビドラマ『山田太郎ものがたり』の大久保進役、テレビドラマ『キイナ〜不可能犯罪捜査官〜』の花田洋介役、舞台『モブサイコ100』の佐川役などを担当。声優としても活動しており、『SSSS.GRIDMAN』のサムライ・キャリバー役、『コップクラフト』のトニー・マクビー役を務めた他、『ダイヤのA』の第3期では八弥王子高校野球部の監督を務める荒井強啓役を担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター3:青道高校野球部OB 増子透(ますこ・とおる)

増子透は、青道高校野球部のOB。東京都出身で、ポジションは三塁手。 身長182cmで、体重は82kg。誕生日は10月14日で、血液型はO型。伊佐敷純とともに、結城世代の野球部副主将を務めていました。強面の巨漢ですが性格自体は温厚で、後輩の沢村栄純のことを「沢村ちゃん」と呼んで可愛がっていました。寮では沢村栄純と倉持洋一(くらもち・よういち)と同室で、やんちゃな彼らに手を焼いたことも。

選手としては典型的なパワーヒッターで、詰まった当たりであってもホームランにできるほどのパワーがあります。超重量級選手であるものの動き自体は素早く、直球には大変強いものの変化球には弱いという弱点があります。時折「ウガ!」などの独特の雄叫びを上げることがあり、ガッツポーズは「MGP(増子ガッツポーズ)」と呼ばれることも。かなりの大食漢で「食事が資本」という部内にあっても「お前は食うな!」と先輩たちに言われるほどの食事量を取っており、引退後はどんどんふくよかになっていっていることを下級生や監督の片岡鉄心に指摘されています。

増子透の声優は羽多野渉(はたの・わたる)さん

Never End!Summer!*CD+DVD

そんな増子透の声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の羽多野渉さん。愛称は「渉くん」、「わちゃ」など。1982年3月13日生まれで、長野県東筑摩郡朝日村出身。身長171cmで、血液型はO型。趣味・特技は小鳥のさえずりのマネ(歯笛)と、ギターの弾き語りをすることです。2001年に放送された『よばれてとびでて!アクビちゃん』で、テレビアニメデビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『FAIRY TAIL』のガジル・レッドフォックス役、『あんさんぶるスターズ!』の乙狩アドニス役、『ユーリ!!! on ICE』のギオルギー・ポポーヴィッチ役などを担当しています。

増子透の舞台版キャストは水沼天孝(みずぬま・ひろよし)さん

舞台作品で増子透役を担当するのは、テアトルアカデミーに所属する俳優の水沼天孝さん。1988年8月24日生まれで、東京都出身。身長182cmで、血液型はB型。趣味・特技は、 柔道とフットサルです。丸坊主と大柄な体格がトレードマークで、テレビドラマやCMにおいてはそのビジュアルを活かして柔道家役や力士役をよく演じています。

これまでに舞台「天元突破グレンラガン〜炎撃篇〜其の弐・其の参」のバリンボー役、舞台「ALL OUT!! THE STAGE」の久川久美男役、舞台『GOLIATH~ゴリアテ~』のバーツ役やポンド役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター4:青道高校野球部OB 小湊亮介(こみなと・りょうすけ)

TVアニメ「ダイヤのA」キャラクターソングシリーズ VOL.4 小湊亮介"追い風に告ぐ"

小湊亮介は、青道高校野球部のOB。神奈川県にある陽光中学出身で、ポジションは二塁手。身長162cmで、体重は55kg。誕生日は4月6日で、血液型はB型。沢村栄純の同学年の友人であるである小湊春市(こみなと・はるいち)の実兄で、見た目や小柄な体格はよく似ているものの。照れ屋な弟の春市に比べて毒舌で皮肉屋な一面が目立ちます。

選手としては青道高校不動の2番打者であり、選球眼が非常に鋭く、粘り打ちやセットプレーも巧みに投手が嫌がることを積極的に行う技巧派として知られています。守備範囲の広さと守備技術の高さは、後輩の倉持洋一との二遊間で「鉄壁」とも呼ばれるほどの守備力を誇っており、彼からは強い尊敬の念を寄せられています。

弟の春市に対してはあえて厳しく接しているものの、内心では彼の類稀な野球の才能を認めており、兄として追いつかれまいと自らを鼓舞しているところもあります。また、いつまでも自分の背中を追いかけようとする春市のことを心配している一面もあり、卒業式で自分が使っていたグローブを彼に託した際には、自分から自立するように釘をさしていました。

小湊亮介の声優は岡本信彦(おかもと・のぶひこ)さん

岡本信彦10周年記念写真集 HAPPY

そんな小湊亮介の声を担当するのは、プロ・フィットに所属する声優の岡本信彦さん。愛称は「のぶくん」や「ぴこりん」など。1986年10月24日生まれで、東京都出身。身長168cmで、血液型はB型。妻は、「咲-Saki-シリーズ」の鶴田姫子役や『ビビッドレッド・オペレーション』の一色もも役などで知られる同じ声優の大亀(おおがめ)あすかさんです。

テレビアニメデビューを果たしたのは、2006年に放送された『N・H・Kにようこそ!』の男子生徒A役。その他にもこれまでに、『とある魔術の禁書目録』の一方通行〈アクセラレータ〉役、『青の祓魔師』の奥村燐役、『TIGER & BUNNY』の折紙サイクロン(イワン・カレリン)役などを担当しています。

小湊亮介の舞台版キャストは椎名鯛造(しいな・たいぞう)さん

舞台作品で小湊亮介役を担当するのは、GVMに所属する俳優の椎名鯛造さん。1986年6月17日生まれで、岐阜県出身。身長164cmで、血液型はA型。趣味はツーリングやゲームで、特技はロンダートバック宙や逆立ち、殺陣などです。中学生の頃にテレビドラマ『中学生日記』の椎名鯛造役やテレビドラマ『キッズ・ウォー3』の三郎役などで子役として活動していました。

現在では舞台作品に出演する機会が多く、これまでに「最遊記歌劇伝」の孫悟空役、「家庭教師ヒットマンREBORN! the STAGE」の城島犬役、舞台『刀剣乱舞』の不動行光役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター5:青道高校野球部OB 丹波光一郎(たんば・こういちろう)

丹波光一郎は、青道高校野球部のOB。東京都出身で、ポジションはピッチャー。市川大学第三高等学校のエースピッチャーを務める真中要(まなか・かなめ)とは幼馴染の関係で、中学時代は同じチームでプレーし続けていたものの常に彼の控え選手でした。市川大学第三高等学校の田原利彦(たはら・としひこ)監督から入学の誘いの声をかけられていたものの、自分を変えたいという想いから青道高校に進学する道を選んだ経緯があります。

素材こそピカイチではあるものの極度のあがり症で、入部した当初から期待の眼差しで見つめていた指導陣とは目も合わせられないほどでした。ピッチャーとしては縦に大きく割れるカーブを武器にした本格派で、ストレートはMAXで140km/hの速度を誇ります。投球する際に「ふしっ」と独特の掛け声をするのが特徴的で、夏の予選前にはピッチングの幅を広げるためにフォークを習得しています。

2年時の肘の故障や、3年時にデッドボールを受けたことによる負傷が重なったものの、苦難を共にしてきた同学年の部員からは変わらぬ信頼を寄せられており、監督の片岡鉄心もそれを酌んでその年のエースナンバーは彼に託しました。

丹波光一郎の声優は森田成一(もりた・まさかず)さん

そんな丹波光一郎の声を担当するのは、フリーランスで活動している声優の森田成一さん。1972年10月21日生まれで、東京都墨田区出身。身長168cmで、血液型はA型。趣味は釣りやバイク、読書などで、特技は剣道や空手、殺陣などです。2001年に発売されたPlayStation 2用ゲームソフト『ファイナルファンタジーX』で主人公・ティーダのモーションアクターおよび声を担当したことが声優デビューとなりました。

その他にもこれまでに、『BLEACH』の黒崎一護役、『TIGER & BUNNY』のバーナビー・ブルックスJr.役、「神撃のバハムートシリーズ」のアザゼル役などを担当しています。

丹波光一郎の舞台版キャストはNAO-G(ナオジー)さん

舞台作品で丹波光一郎役を担当するNAO-Gさんは、パフォーマンス集団「G-S.A.C.」を主宰している俳優。本名は後藤直人(ごとう・なおと)さん。1983年12月19日生まれで、東京都出身。身長178cmで、血液型はAB型です。1998年に放送されたテレビドラマ『麻意ちゃんやさしさをありがとう』で俳優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、「音楽舞闘会 黒執事〜その執事、友好〜」のアグニ役、「戦国BASARA3 バサラ祭2010〜春の陣〜」の石田軍将役、「ノラガミ-神と絆-」の禄丸役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター6:青道高校野球部OB 滝川・クリス・優(たきがわ・クリス・ゆう)

TVアニメ「ダイヤのA」キャラクターソングシリーズVOL.6 滝川・クリス・優"SILENT SIGN"

滝川・クリス・優は、青道高校野球部のOB。東京都にある丸亀シニア出身で、ポジションはキャッチャー。身長180cmで、体重は70kg。誕生日は10月1日で、血液型はB型です。元プロ野球の外国人助っ人選手の父親を持った二世選手で、その年齢の割にやや老けた容姿と小さな声が特徴的。周りからの愛称は「クリス」。努力家でけして妥協しない性格の持ち主で、青道高校で正捕手を務める御幸一也(みゆき・かずや)からは強い尊敬の念を抱かれています。

かつては都内ナンバー1と呼ばれるほどの大型捕手で、青道高校に入学した当初から大きな期待を寄せられていましたが、そのプレッシャーの中で無理を押して試合に出場し続けた結果、2年時の夏の大会直前に全治1年の重傷を負うことになりました。その後は治療とリハビリをしながら、少しでもチームの役に立ちたいと部に残り続け、自身の怪我の経験を踏まえてピッチャーへの指導を行っていました。

沢村栄純は当初は彼からの指導に反発していましたが、彼の経緯を知ったことをきっかけに自ら歩み寄るようになり、明るく野球にひたむきな沢村に感化されて次第に彼も怪我以来失っていた光を目に取り戻していくようになりました。青道高校で急速に成長していく沢村の大きな心の支えで在り続け、卒業後は大学リーグで見事に復帰を果たすことになりました。

滝川・クリス・優の声優は浪川大輔(なみかわ・だいすけ)さん

浪川大輔 7thシングル (豪華盤)

そんな滝川・クリス・優の声を担当するのは、ステイラックに所属する声優の浪川大輔さん。同社の代表も務めています。1976年4月2日生まれで、東京都出身。身長173cmで、血液型はB型。子どもの頃に、アメリカ合衆国のテレビドラマシリーズ『白バイ野郎パンチ&ボビー』の子供役の吹き替えで声優デビューを果たしました。

アニメ作品ではこれまでに、『東京喰種トーキョーグール』の有馬貴将役、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のギルベルト・ブーゲンビリア役、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』のロード・エルメロイII世役などを担当しています。

滝川・クリス・優の舞台版キャストは汐崎(しおざき)アイルさん

舞台作品で滝川・クリス・優役を担当するのは、ダンデライオンに所属する俳優・ファッションモデルの汐崎アイルさん。1984年6月15日生まれで、大阪府出身。身長182cmで、血液型はAB型。特技はドラムや陸上競技、バスケットボールです。2006年に「ミュージカル テニスの王子様」の天根ヒカル役で俳優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに舞台「遙かなる時空の中で」のアクラム役、舞台「裏切りは僕の名前を知っている」のルカ=クロスゼリア役、舞台「青の祓魔師」のメフィスト・フェレス役などを担当。テレビアニメ『ダイヤのA』の第3期では、川崎育三郎役として声優出演も果たしています。

記事にコメントするにはこちら