ルフィの母親は誰?様々な候補キャラクターをご紹介します!

カテゴリーまとめはこちら:ワンピース(ONE PIECE)

『ワンピース』の主人公、モンキー・D・ルフィの家族の中で祖父・父・兄弟はわかっていますが、母親についてはわかっていません。

そこで今回はルフィの母親として考察されているキャラクターについてご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

『ワンピース』の主人公、モンキー・D・ルフィの家族の中で祖父・父・兄弟はわかっていますが、母親についてはわかっていません。

そこで今回はルフィの母親として考察されているキャラクターについてご紹介します。

 

ルフィの母親は誰?

ルフィの母親の特徴として出されているヒントは3つあります。

1つは美人ではないこと、2つ目はパーマをかけていること、3つ目は血縁がなくても家族と呼ぶことがある、ということです。

そこでこの項目ではルフィの母親ではないか、と考えられているキャラクターについてご紹介します。

ステューシー

『ビッグ・マム』のお茶会に呼ばれた裏社会の大物の1人で、『歓楽街の女王』と呼ばれています。しかしその正体はサイファーポールイージスゼロ(CP0)の諜報員です。

若い容姿をしていますが、実年齢は不明です。特殊な体技、六式を体得していて、戦闘能力も高いです。マリージョワでは天竜人の護衛として登場しました。

ステューシーがルフィの母親の候補に挙がっているのは、ホールケーキアイランドでのできごとが理由です。ホールケーキアイランドでは、シャーロット・プリンとサンジの結婚式が開かれようとしていました。

そんな中ルフィが大暴れしていました。そのことを記者のモルガンズにルフィのことを、あえて付け足すように伝えています。この不可解な行動をした理由として、母親だからなのではという憶測があります。

ジュエリー・ボニー

EAT WORLD, TAKE ALL

最悪の世代の紅一点で、容姿に反して性格や言葉遣いは男勝りで、かなり気が強いです。

悪魔の実の能力者です。実の名前は不明ですが、自分や他人の肉体の年齢を操作することができます。容姿が変わるので逃亡には有利です。

なぜボニーがルフィの母親だと推測されているのかというと、ルフィと同じくらい大食らいで、考え方や行動も似ているからです。

ネット上ではルフィの育ての親であるカーリー・ダダン=ボニーと考えている人もいます。それは2人の手下がよく似ているからです。

しかしボニーはソルベ王国の関係者の可能性のほうが高いです。ルフィの母親という設定まで入ると、設定が盛りすぎになってしまうので、ルフィの母親ではない、という見解もあります。

クロコダイル

Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズNEO-DX クロコダイル

ルフィが初めて対峙した王下七武海で、2度もルフィを破りました。その後インペルダウンに投獄されましたが、ルフィたちと共に脱獄しました。

アラバスタで戦ったときは冷酷非情でしたが、インペルダウンから脱獄したあとのマリンフォード頂上決戦では、ルフィの手助けをすることもありました。

スナスナの実の能力者で、体を砂にして操ることができます。

男なのにも関わらず、なぜルフィの母親だと推測されているのでしょうか。それはエンポリオ・イワンコフとの関係にあります。

イワンコフはホルホルの実の能力者で、指先から生体ホルモンを注入することで男性から女性にしたり、女性から男性にしたりすることができます。つまり性別を変えることができるのです。

クロコダイルはイワンコフに弱味を握られている様子が描写されています。このことからクロコダイルは元々女性で、イワンコフの手によって男性になったのでは、と考えられています。

そのため女性であったときにルフィを出産したのでは、という憶測が出ているのです。しかし2度もルフィを追い詰めていること、そしてやはり男性であることから、ルフィの母親とするのは難しい、という意見があります。

 

実は1巻にすでに登場?それは誰?

ルフィの母親について作者は「すでに1巻で登場している」と発言しました。1巻に限られれば登場しているキャラクターは多くありません。

この項目では1巻に登場していてルフィの母親になりそうなキャラクターについて、ご紹介します。

アルビダ

ONE PIECE(ワンピース) 組立式ワールドコレクタブルフィギュア vol.10 TV080 アルビダ [並行輸入品]

アルビダ海賊団船長でルフィと初めて対峙した海賊です。

初登場は太った姿でしたが、ルフィに倒されたあとにスベスベの実を食べたことにより、美女になりました。スベスベの実は肌の摩擦抵抗がなくなり、あらゆるものをスリップさせます。

しかしアルビダが母親である可能性は低い、という意見があります。それはアルビダがルフィのことを好きになり、アタック中だからです。もしもアルビダが母親なら、息子であるルフィに恋心を抱かないのでは、という考えが根拠となっています。

ルージュ

ルージュはゴール・D・ロジャーを夫に持つ女性で、エースの母親です。ロジャーの血筋を根絶やしにするために動いていた世界政府からエースを守るために、20カ月彼をおなかの中に入れていました。

20カ月間エースをおなかに入れていたことが原因で、出産後ルージュは命を落としてしまいます。

ルージュは1巻にキャラクターとして登場はしていませんが、名前は出てきています。しかしルフィはエースより年下なので、エースを産んだあとにルフィを出産することはできません。

そのためルージュが母親なのはあり得ないという意見と、実はルージュが生んだのはエースではなくルフィなのではないか、つまりエースとはルフィのことなのではないか、という意見があります。

 

まとめ

ルフィの母親についてはまだまだわからないことがたくさんあります。考察の中でも様々な意見が出て盛り上がるのは、『ワンピース』本編を楽しんでいる人が多いということです。

『ワンピース』本編の伏線が回収される日が待ち遠しいです。

記事にコメントするにはこちら