【ダイヤのA】登場人物紹介<青道高校野球部OB・OG&スタッフ編>(中編)

カテゴリーまとめはこちら:ダイヤのA

記事にコメントするにはこちら

目次

『ダイヤのA』キャラクター7:青道高校野球部OB 宮内啓介(みやうち・けいすけ)

宮内啓介は、青道高校野球部のOB。埼玉県出身で、ポジションはキャッチャー。身長176cmで、体重は80kg。誕生日は8月31日で、血液型はO型。がっしりとした体格をした力自慢で、「んフー」と荒々しい鼻息をするのが特徴的。「宮内オリジナル」と呼ばれるプロテインを自ら調合しており、後輩たちに対しても筋トレ法などをレクチャーすることも。

キャッチャーとしては、降谷暁の放つ150km/hのボールも一発で受け止められるほどの捕球技術の持ち主。捕手としてのセンスでは正捕手の御幸に劣っていることを本人自身も自覚しているため、必ずボールだけは後逸しないように心に誓っています。結城世代のエースピッチャーの丹波光一郎とは練習でバッテリーを組むことが多く、彼がフォークを習得する際も協力していました。

宮内啓介の声優は村田太志(むらた・たいし)さん

そんな宮内啓介の声を担当するのは、アクロスエンタテインメントに所属している声優の村田太志さん。1982年5月13日生まれで、高知県出身。身長168cmで、血液型はAB型。これまでに『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のノルバ・シノ役、『ガンダムビルドダイバーズ』のマギー役、『アルドノア・ゼロ』のカーム・クラフトマン役などを担当しています。『ダイヤのA』では他にも、青道高校野球部3年生の麻生尊(あそう・たける)役なども担当しています。

宮内啓介の舞台版キャストは中島大地(なかしま・だいち)さん

舞台作品で宮内啓介役を担当するのは、エンターテイメントユニット「TRIBE」の代表を務める俳優の中島大地さん。1988年11月14日生まれで、佐賀県出身。身長170cmで、血液型はA型。趣味は野球と歌で、特技はモノマネなどです。これまでに舞台「心霊探偵八雲-祈りの柩-」、「水樹奈々座長公演 大いに唄う 四」、「Battle Butler」などに出演しています。

『ダイヤのA』キャラクター8:青道高校野球部OB 坂井一郎(さかい・いちろう)

坂井一郎は、青道高校野球部のOB。埼玉県出身で、ポジションは左翼手。春から好調をキープして見事にレギュラーに選抜された選手で、同学年の門田将明(かどた・まさあき)とは、同じポジションを守るライバル同士の関係にあります。夏季大会の選手交代の際に、外野用グローブを持っていなかった降谷暁に対して、自分のグローブを貸すという優しさを見せていました。

坂井一郎の声優は竹内栄治(たけうち・えいじ)さん

そんな坂井一郎の声を担当するのは、アーツビジョンに所属している声優の竹内栄治さん。1986年4月17日生まれで、愛知県出身。趣味・特技は、音楽を鑑賞すること、ギターを演奏すること、野球などです。

これまでに『デカダンス』のフェンネル役、『ようこそ実力至上主義の教室へ』の須藤健役、『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』の天国獄役などを担当しています。『ダイヤのA』では、他にも沢村栄純の父親役や、青道高校野球部3年の木島澪(きじま・れい)役なども担当しています。

坂井一郎の舞台版キャストは章平(しょうへい)さん

舞台作品で坂井一郎役を担当するのは、RMP株式会社に所属する俳優の章平さん。1991年4月28日生まれで、東京都出身。身長185cmで、血液型はAB型。趣味は筋トレや旅、温泉に入ることで、特技は野球をすることです。これまでにミュージカル「テニスの王子様 2ndシーズン」の河村隆役、舞台「弱虫ペダル  IRREGULAR 2つの頂上」の田所迅役、舞台「薄桜鬼SSL 〜sweet school life〜  THE STAGE」の永倉新八役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター9:青道高校野球部OB 門田将明(かどた・まさあき)

門田将明は、青道高校野球部のOB。東京都出身で、ポジションは左翼手。3年時の春まではレギュラーポジションにいましたが、バッティングの不調から最後の夏は同学年の坂井一郎にそのポジションを譲ることになりました。そうではあっても、3年時の夏の大会において左翼手のスタメンで出場したり、降谷暁に代わって左翼の守備を任されることもありました。守備力の高さと肩の強さには定評があり、打撃面でも稲城実業高校の成宮鳴(なりみや・めい)からバントを決めるなどの器用さが見えます。

門田将明の声優は鈴木裕斗(すずき・ゆうと)さん

そんな門田将明の声を担当するのは、アミュレートに所属している声優の鈴木裕斗さん。愛称は「ぎょす」、「ズッキー」など。1989年5月5日生まれで、山形県出身。身長170cmで、血液型はO型。趣味は、乙女ゲームや昭和歌謡、ホラー映画を鑑賞することなどです。

これまでに『魔界王子 devils and realist』のマモン役、『SERVAMP-サーヴァンプ-』の綿貫桜哉役、『活撃 刀剣乱舞』の骨喰藤四郎役などを担当しています。『ダイヤのA』では、他にも青道高校野球部3年の小野弘(おの・ひろし)役、2年の金田忠大(かねだ・ただひろ)役なども担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター10:青道高校野球部OB 楠木文哉(くすのき・ふみや)

楠木文哉は、青道高校野球部のOB。東京都出身で、ポジションは遊撃手。血液型はO型。温厚な性格で、野球部員以外にも友達が多い様子。よく声が通り、野球部では三塁のランナーコーチを任されています。

後輩の倉持洋一が遊撃手のレギュラーポジションにいるため3年時の夏は控えとして試合に臨みましたが、守備に関しては高い実力があり、3年生の引退試合では小湊亮介と二遊間のコンビを組んで倉持にも引けを取らない守備力を見せていました。

楠木文哉の声優は須藤翔(すどう・しょう)さん

そんな楠木文哉の声を担当するのは、フリーランスで活動している声優の須藤翔さん。1984年11月7日生まれで、東京都出身。身長163cmで、血液型はA型。趣味は映画鑑賞、読書、落語を聞くことです。

これまでに『グリザイアの楽園』のテュポーン役、『昭和元禄落語心中』のアニさん役、『グリザイア:ファントムトリガー』の宇川千尋役などを担当しています。『ダイヤのA』では、他にも青道高校野球部2年の東条秀明役も担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター11:青道高校野球部OB 東清国(あずま・きよくに)

東清国は、青道高校野球部のOB。身長193cmで、体重は95kg。誕生日は9月23日です。沢村栄純の3学年上の先輩で、卒業後はドラフト3位で横浜DeNAベイスターズに入団しています。本人自身はチャームポイントだと言っているものの、腹が出ていることを気にしている様子。中学3年生だった沢村が青道高校野球部の見学に訪れた際に口論になり、沢村と御幸一也による急造バッテリーと対決して三振で敗れました。この時の出来事が、沢村が青道高校に進学する大きなきっかけとなっています。

東清国の声優は檜山修之(ひやま・のぶゆき)さん

そんな東清国の声を担当するのは、アーツビジョンに所属する声優の檜山修之さん。愛称は「ひーちゃん」など。1967年8月25日生まれで、広島県廿日市市出身。身長166cmで、血液型はA型。趣味・特技は、ドライブをすることと歴史を探究することです。

声優デビューを果たしたのは、1989年のOVA『かいけつゾロリ』のアーサー王子役。その他にもこれまでに、『キルラキル』の猿投山渦役、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の材木座義輝役、『名探偵コナン』の京極真役などを担当しています。

東清国の舞台版キャストは阿見201(あみ・にいまるいち)さん

舞台作品で東清国役を担当するのは、浅井企画に所属する俳優の阿見201さん。本名は「阿見靖士(あみ・やすし)。1979年7月22日生まれで、埼玉県久喜市出身。身長201cmで、血液型はAB型。趣味はドイツ系ボードゲームやレトロゲーム集め、歴史うんちく雑談などで、特技は西洋甲冑戦競技やファミコン、どこでも眠れることです。

これまでにNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の徳三宝役、映画『キングダム』のランカイ役、『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』の石川五右衛門役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター12:青道高校野球部監督 片岡鉄心(かたおか・てっしん)

片岡鉄心は、青道高校野球部の監督。髪をオールバックにしてサングラスをかけた強面の男性で、貫禄のある見た目をしているものの年齢はまだ30代。普段は国語教員として授業を担当しており、沢村栄純と降谷暁が2年生に進級してからは彼らのクラスを受け持っています。野球部では厳格な態度で部員たちに接していますが、特定の部員を贔屓することなく、教育者として部員ひとりひとりの葛藤や成長を見守っており、一軍に上がることができなかった者に対しても感謝の言葉を述べて気遣うなど、教え子たちからはよく慕われています。

青道高校のOBで、高校に入学した当初は目つきが悪く態度も悪い悪タレ小僧と評されていました。1年時の秋にピッチャーとしてエースナンバーを背負ってからは意識や習慣が変化していくようになり、徐々に周りからの信頼を集めていくようになりました。2年時の夏に甲子園準優勝を成し遂げ、その翌年の選抜でチームをベスト8入りに導いた実績からプロ入りを打診されていたものの、自分を成長させてくれた高校野球に恩返しをしたいという想いからそれを辞退し、指導者の道に進んだ過去があります。

近年甲子園出場から遠ざかってしまっていたことから、上から監督解雇の声が上がっており、結城世代が甲子園出場を逃した後に自ら辞任願を提出することに。それを知った部員たちは監督を辞任させないために、秋大会優勝を目指すことを決意します。

片岡鉄心の声優は東地宏樹(とうち・ひろき)さん

そんな片岡鉄心の声を担当するのは、 大沢事務所に所属する声優の東地宏樹さん。愛称は「ボッチ」。1966年5月26日生まれで、東京都出身。身長173cmで、血液型はA型。これまでに『D.Gray-man』のクロス・マリアン役、『機動戦士ガンダム00』のラッセ・アイオン役、『機動戦士ガンダムAGE』のグルーデック・エイノア役などを担当しています。

海外作品での吹き替えの機会も多く、ウィル・スミスさん演じる「メン・イン・ブラックシリーズ」のエージェントJ役や『素晴らしきかな、人生』のハワード役、金城武さん演じる『レッドクリフ』の諸葛孔明役や『ウォーロード/男たちの誓い』のチャン・ウーヤン役なども担当しています。

片岡鉄心の舞台版キャストは加藤靖久(かとう・やすひさ)さん

舞台作品で片岡鉄心役を担当するのは、俳優の加藤靖久さん。1976年10月28日生まれで、東京都出身。身長180cmで、血液型はA型。妻は、『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』の久留米ミドリ役、『ポケットモンスター サン&ムーン』のプルメリ役などで知られる声優・俳優の遠藤沙季(えんどう・さき)さんです。

これまで劇団「AND ENDLESS」の団員として数多くの舞台に出演している他、舞台「クジラの子らは砂上に歌う」のハクジ役、舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build」のセルゲイ・スミルノフ役、舞台「この音とまれ!」の久遠源役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター13:青道高校野球部部長 太田一義(おおた・かずよし)

太田一義は、青道高校野球部の部長。出身は東京都。小太りな体型の中年男性で、濃いもみあげが特徴的。かなりの小心者で、各試合の経過を見守りながらベンチであわあわすることも。野球部の中ではピッチャーの川上憲史のことを高く買っており、彼をマウンドに上げてはどうかと監督の片岡鉄心に進言することもあります。

テレビアニメ第3期の太田一義の声優は露崎亘さん

テレビアニメ第3期でそんな太田一義の声を担当するのは、ケンユウオフィスに準所属する声優の露崎亘さん。8月3日生まれで、福島県南会津郡出身。身長180cmで、血液型はO型。趣味はサッカー観戦やラーメンの食べ歩きなどで、特技は歌やダンス、ギターなどです。

これまでに『ブラッククローバー』のゲオルグ役やザリック役、『この音とまれ!』の愛の父親役、『継つぐもも』のミウラヒ役などを担当。『ダイヤのA』では他にも、青道高校野球部3年の小野弘役なども担当しています。テレビアニメ第1期・第2期では、坂井一郎役と同じ竹内栄治さんが太田一義の声を担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター14:青道高校野球部副部長 高島礼(たかしま・れい)

高島礼は、青道高校野球部の副部長。青道高校の理事長の娘でもあります。ポニーテールの髪型とメガネが特徴的で、年齢は26歳。将来有望な選手をスカウトするなどのマネジメント業が主体で部員たちに実践的な指導を行うことはありませんが、野球に対する情熱と選手の資質を見抜くことができる優れた見識眼を持っています。

中学3年時にサヨナラ負けした試合で沢村栄純のエースとしての資質を見抜いた張本人で、物語の初めで彼を青道高校にスカウトしに訪れています。沢村の他にも、御幸一也、滝川・クリス・優、倉持洋一もスカウトしており、御幸に関してはまだ中学1年生だったにも関わらず3年生だと思い込んで本気のスカウトをする天然な一面を見せたこともありました。

高島礼の声優は内山夕実(うちやま・ゆみ)さん

そんな高島礼の声を担当するのは、大沢事務所に所属する声優の内山夕実さん。愛称は「うっちー」、「ゆみっち」など。1987年10月30日生まれで、東京都出身。身長160cmで、血液型はA型。趣味は写真撮影で、特技はカラオケです。2005年に放送されてテレビアニメ『ARIA The ANIMATION』で声優デビューを果たしました。

初のレギュラー役を担当したのは、2011年に放送されたテレビアニメ『Aチャンネル』の天王寺渚役。その他にもこれまでに、「咲-Saki-シリーズ」の鷺森灼役、『魔法科高校の劣等生』の千葉エリカ役、『Re:ゼロから始める異世界生活』のパック役などを担当しています。

高島礼の舞台版キャストは遠藤沙季(えんどう・さき)さん

舞台作品で高島礼役を担当するのは、フリーランスで活動している俳優の遠藤沙季さん。1986年3月7日生まれで、東京都出身。身長170cmで、血液型はA型。趣味は散歩やカラオケ、料理で、特技は水泳や似顔絵、トロンボーンなどです。夫は、舞台『ダイヤのA』で片岡鉄心役を担当している加藤靖久さん。

これまでに舞台劇「からくりサーカス」のファティマ役やヴィルマ役、「人狼 ザ・ライブプレイングシアターシリーズ」の 詩人・ジンジャー役、舞台「+GOLD FISH」のクラリス役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター15:青道高校野球部コーチ 落合博光(おちあい・ひろみつ)

落合博光は、青道高校野球部のコーチ。顎髭をさわる癖のある中年男性で、指導を求められた際に「いいんですか。私色に染めても」という表現をよくしています。以前は神奈川県にある強豪校の紅海大相良のコーチを務めており、青道高校で監督を務める片岡鉄心が辞任を表明したことをきっかけに、次期監督に就任することを視野に入れてコーチとして野球部を指導するようになりました。

選手の特徴を見極めることに長け、指導者としての腕も確かではあるものの、チームが勝利するためなら将来有望な一部の選手を優遇して他の選手を切り捨てることも厭わないリアリストであり、部員同士が切磋琢磨し合いながらチーム全体で成長していくことを目指す片岡監督の指導方針とは折り合いが悪かったものの、次第にお互いを認めていくようになりました。

そんなリアリストな一面がある故か、教え子から慕われることは少ないらしく、多くの教え子たちから慕われている片岡監督のことを羨ましいと思ってもいる様子。片岡監督の続投が決まって監督に就任することはなくなったものの、青道高校側から正式にコーチとして契約したい旨を伝えられて、そのままコーチとして残ることになりました。

落合博光の声優は大川透(おおかわ・とおる)さん

そんな落合博光の声を担当するのは、マウスプロモーションに所属する声優の大川透さん。1960年2月28日生まれで、鹿児島県出身。身長174cmで、血液型はA型。趣味はオーディオです。これまでに『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』のサイトー役、『鋼の錬金術師』のロイ・マスタング役、『ソードアート・オンライン』のヒースクリフ役などを担当しています。

記事にコメントするにはこちら