『ブリーチ』で死亡した護廷十三隊の隊長は?現在の隊長もご紹介!

カテゴリーまとめはこちら:BLEACH(ブリーチ)

死神になったことをきっかけに、様々な戦いをすることになる漫画、『ブリーチ』には護廷十三隊という、組織が存在しています。

護廷十三隊には魅力的なキャラクターがたくさん登場しています。しかし死亡したキャラクターも多くいるのも事実です。

今回は死亡したキャラクターの中でも、護廷十三隊の隊長についてご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

死神になったことをきっかけに、様々な戦いをすることになる漫画、『ブリーチ』には護廷十三隊という、組織が存在しています。

護廷十三隊には魅力的なキャラクターがたくさん登場しています。しかし死亡したキャラクターも多くいるのも事実です。

今回は死亡したキャラクターの中でも、護廷十三隊の隊長についてご紹介します。

 

隊長たちはどんな風に死亡した?

キャラクターの死というのは衝撃的で、大きな悲しみが生まれることも多々あります。しかしそのキャラクターのかっこよさが際立つのも事実です。

この項目では死亡した護廷十三隊の隊長がどんな風に死亡したかをご説明します。

山本元柳斎(一番隊)

山本元柳斎は千年血戦篇で亡くなりました。

ソウルソサイエティを攻めてきたクインシーに応戦します。強敵との対戦の結果勝利しましたが、直後に現れたユーハバッハに卍解を奪われてしまいます。そして体を半分に斬られて亡くなりました。

市丸ギン(三番隊)

市丸ギンは破面篇で亡くなりました。

これまで愛染の下についていたのは、すべて復讐のためでした。愛染を倒すためにあえて補佐役になったのです。

ついに愛染の隙をつくことに成功した市丸ギンでしたが、すでに崩玉と融合していた愛染は再生してしまいます。結果市丸ギンは返り討ちに合ってしまい、かけつけた乱菊に看取られました。

鳳橋楼十郎(新三番隊)

鳳橋楼十郎は千年血戦篇で亡くなりました。

六車拳西と共にヴァンデンライヒのメンバーと戦います。しかし鳳橋楼十郎の卍解の弱点が敵にわかってしまったことにより、倒されてしまい、怪我を負いました。

治療中に別の敵の襲撃を受けて死亡します。

卯ノ花烈(四番隊)

卯ノ花烈は千年血戦編で亡くなります。

更木剣八の本来の力を取り戻させるために、手加減なしの死闘を開始します。

更木剣八は長く戦いを楽しむために、無意識に力を抑えていました。そのリミッターを外すために、彼を回復させながら、戦います。

その後更木剣八に斬られて卯ノ花烈は死亡します。

東仏要(九番隊)

東仏要は破面篇で亡くなりました。

愛染の部下として護廷十三隊を離れ、狛村と檜佐木と対決することになります。そのときには虚化しており、檜佐木の攻撃に敗北はしましたが即死を免れます。しかし愛染の手によって破裂させられました。

六車拳西(新九番隊)

六車拳西は千年血戦編で亡くなります。

戦っている敵がパワーアップしたことにより負傷します。そして手当てをしている最中に、別の敵の襲撃によって命を落としました。

浮竹十四郎(十三番隊)

浮竹十四郎は千年血戦編で亡くなっています。

霊王がユーハバッハによって倒されたため、世界が崩壊しかけます。幼い頃肺に霊王の右腕であるミミハギ様を宿していた浮竹十四郎は、全身の臓腑(ぞうふ)を捧げミミハギ様を解放し、身代わりになりました。

しかしユーハバッハにとりこまれてしまったことにより、浮竹十四郎も死亡してします。

 

現在の隊長は?

様々な隊長が死亡した護廷十三隊は、新しい隊長を任命しました。部隊を正常に機能させるためには、必要な処置です。

この項目ではすべての戦いが終わり、現在の護廷十三隊隊長をご紹介します。

京楽春水(一番隊)

京楽春水は元々八番隊隊長でしたが、山本元柳斎が亡くなったことによって一番隊隊長になりました。

飄々とした性格で軽薄なふるまいをしていますが、誰よりも思慮深く、冷静で的確な命令を下すことができます。

愛染のことを早くから警戒するなど、予見する能力にも長けています。

砕蜂(二番隊)

処刑や暗殺を生業とする砕家(フォンけ)の出身で、夜一の部下でした。しかし夜一が突如姿を消したことにショックを受け、彼女のことを恨むようになります。その後和解し、再び慕うようになりました。

善悪に関心はなく、護廷十三隊の使命とプライドに従って行動します。そのため邪魔になる者は敵味方関係なく排除しようとしますが、いざというときは部下の命を優先する優しさも持っているキャラクターです。

鳳橋楼十郎(三番隊)

死亡した鳳橋楼十郎は敵の能力でゾンビになってしまいます。しかしその後、涅マユリの従属ゾンビになりました。

すべての戦いが終わったあともそのまま隊長を続けています。

虎徹勇音(四番隊)

卯ノ花烈の後任として四番隊の副隊長から隊長になりました。

優柔不断でかなりの怖がりです。それでも愛染が反逆したときには、各死神にすぐに伝達しました。

ちなみに十三番隊副隊長の虎徹清音の姉でもあります。

平子真子(五番隊)

ヴァイザードのリーダーでした。しかし愛染が捕縛されたあとは空席になっていた、五番隊の隊長になります。

愛染に裏切られ精神的なダメージが残っている五番隊を支えました。

朽木白哉(六番隊)

朽木家の第二十八代目当主で、朽木ルキアの義兄です。

生真面目で冷静沈着のほか、ルールにとても厳しいキャラクターです。プライドが高く尊大で皮肉屋でもあります。しかし天然な一面もあります。

射場鉄左衛門(七番隊)

七番隊の副隊長でしたが、前隊長の狛村が敵との戦いに使用した術の副作用で、完全な狼になってしまったため、隊長になりました。

仁義や忠義に厚く乱菊のことが好きです。

矢胴丸リサ(八番隊)

眼鏡に三つ編みのおさげということもあり、一見真面目そうですが実はエロ本が好きです。といっても隠れたものほど見たくなるという、好奇心で見ているだけのようです。

口調は強いですが、仲間を気遣う一面もあります。

六車拳西(九番隊)

六車拳西は死亡したあと、鳳橋楼十郎と同じように敵の能力によって、ゾンビ化されてしまいます。しかし涅マユリによって上書きされ、彼の従属ゾンビになりました。

すべての戦いが終わってからも体がゾンビのまま、九番隊の隊長を務めています。

日番谷冬獅郎(十番隊)

史上最年少で隊長職に就いた死神です。五番隊副隊長の雛森とは幼馴染で、よく気遣っています。

実は身長が伸びないことをとても悩んでいます。

更木剣八(十一番隊)

隊長になるための資格である斬魄刀の卍解ができていないのにも関わらず、隊長になった異例のキャラクターです。

戦いと相手が強いかどうかが全てですが、職務態度はまじめです。十一番隊の死神たちからは恐れられているのと同時に慕われています。更木剣八の生死で戦局が変わるとも言われているほどの実力者です。

涅マユリ(十二番隊)

マッドサイエンティストで人体実験を好みますが、隊長としては理性と知恵があるようにふるまっています。自身の体も改造して武器や仕掛けを隠しています。

基本的に他人を見下し、なれ合わない性格です。しかし技術力と頭脳は信頼されており、頼もしい戦力として見られているところもあります。

朽木ルキア(十三番隊)

生真面目で男勝りですが、非常に仲間思いな死神です。古風で固い言いかたをします。
主人公の黒崎一護に死神の力を与えました。

朽木白哉の義妹で恋次とは幼馴染です。ちなみに最終回ではその恋次と結婚しており、娘が生まれています。

 

まとめ

護廷十三隊でも様々なキャラクターが死亡して、大きくメンバーが入れ替わりました。しかしどのキャラクターの散り際もかっこよく、現在の隊長も個性豊かです。

新たな護廷十三隊の活躍が見られる機会があれば、見てみたいです。

記事にコメントするにはこちら