【鬼滅の刃】黒死牟が使う月の呼吸とは?継国巌勝が生んだ独自の呼吸法?

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 鬼滅の刃

『鬼滅の刃』で主人公・竈門炭治郎たちが使用する全集中の呼吸。
この全集中の呼吸は、戦国時代に始まりの剣士・継国縁壱が生み出しました。

今回は、始まりの呼吸である日の呼吸の派生、継国巌勝が生んだ全集中・月の呼吸に注目してみました。

記事にコメントするにはこちら

『鬼滅の刃』の月の呼吸とは?

『鬼滅の刃』とは?

鬼滅の刃は、大正時代、人を喰らう鬼とそれに抗う鬼殺隊の激戦を描いた人気漫画。

今回は、戦国時代から大正時代まで生きた上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)が、人間だった継国巌勝(つぎくにみちかつ)の頃から使用していた月の呼吸についてまとめてみました。

月の呼吸と継国巌勝

月の呼吸を生み出した継国巌勝

戦国時代、継国家に双子の兄弟が生まれ、兄は継国巌勝、弟は継国縁壱(つぎくによりいち)と名付けられます。

 

妙な痣があり、父に迫害される弟の縁壱を哀れに思っていた巌勝。

縁壱と比べ、全てを優遇されていた巌勝は、やがて剣の道を志すようになります。

しかし、見下していたはずの縁壱が、剣技の才能に恵まれた天才であることに気付き、弟への哀れみは憎悪へと変わります。

縁壱は母の死後、忽然と姿を消したため、巌勝は妻子に恵まれた平和な十数年を送ります。

そんな日々を退屈だと感じていた巌勝でしたが、ある晩、鬼に襲われたところを縁壱に救われたのです。

鬼殺隊の隊士として剣技を極め、人格者となっていた縁壱に、かつての憎悪や嫉妬を思い出した巌勝。

縁壱と同じ強さを求めた巌勝は、妻子を捨て、鬼狩りとなります。

全集中の呼吸を学んだ巌勝でしたが、縁壱と同じ日の呼吸を使うことができず、苦悶しながらも、自らの呼吸を月の呼吸と名付けたのでした。

月の呼吸はどんな技?

始まりの呼吸である日の呼吸から派生した月の呼吸。

縁壱の指導で、全集中の呼吸を学んだ巌勝が生み出しました。

型の数が全集中の呼吸のなかで1番多く、少なくとも16個以上あります。

月の呼吸と黒死牟

継国巌勝は鬼の黒死牟になる

始まりの呼吸の派生が増えていくにつれて、縁壱と似た痣が、巌勝や他の隊士にも発現するようになります。

しかし、この痣は寿命の前借りのため、痣を発現した痣者たちは、なんと例外なく25歳になる前に死んでいったのです。

巌勝は縁壱の強さを超えるために鬼殺隊へ入隊したのに、鍛錬の時間も、未来も残り少ないと絶望します。

そんなとき、鬼の始祖である鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)に勧誘をされた巌勝。

肉体と技の保存ができ、技を極め続けることが可能な鬼となる選択をします。

人間の巌勝から鬼の黒死牟となり、産屋敷家の当主を殺害し、無惨の配下になったのでした。

黒死牟の使う月の呼吸

ほとんどの全集中の呼吸は、イメージとしてエフェクトが見えていますが、黒死牟の使う月の呼吸は違います。

一振りの斬撃に月のエフェクトに見える刃が付いていて、一つ一つに殺傷能力があったのです。

鬼の無限に再生する肉体と、身体能力を高める呼吸を合わせ持った黒死牟は、無惨に次いで2番目に強い上弦の壱となったのでした。

黒死牟として継国縁壱と再会

鬼となり60年ほど経った赤い月の夜、黒死牟は弟の縁壱と再会します。

縁壱は例外なく25歳で死ぬ痣者のはずでしたが、そのときすでに80歳以上でした。

縁壱は全盛期と変わらない剣技を見せ、たった一振りで黒死牟を追い詰めます。

次の一撃で頸が落とされるのが分かり、絶望する黒死牟でしたが、なんと縁壱はその場で寿命が尽き、死んでしまったのでした。

勝ち逃げされた、いつも惨めな思いをさせられたと憤る黒死牟は、縁壱の肉体を斬り捨てます。

そこには縁壱の宝物である巌勝が渡した笛があり、黒死牟は涙を流すのでした。

最終決戦と月の呼吸

鬼として400年近く剣を極め、十二鬼月最強である上弦の壱となっていた黒死牟。

無限城で、鬼殺隊の時透無一郎(ときとうむいちろう)、不死川玄弥(しなずがわげんや)、不死川実弥(しなずがわさねみ)、悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)と対峙します。

鬼でありながら、呼吸を使い攻撃力を高める黒死牟は、途中実弥の稀血に酔ったり、悲鳴嶼の完成された肉体に興奮したりしつつも、鬼殺隊を追い詰めていきます。

しかし、無一郎の赫刀でダメージを受け、玄弥の血鬼術で拘束され、実弥と悲鳴嶼に頸を落とされた黒死牟。

縁壱の死後、もう2度と敗北はしないと誓っていた黒死牟は、頸の弱点を克服し、化け物のような姿に変貌しますが、そんな自分の醜い姿に驚き、すぐ肉体は崩れていきました。

国で1番強い侍になる夢を思い出し、こんな惨めな生き物になってまで負けたくなかったのかと自問自答する黒死牟。

太陽なような縁壱に焦がれていた黒死牟は、自分がなぜ生まれてきたのかと縁壱に問いながら消滅しました。

消滅した黒死牟の着物からは、縁壱の宝物で思い出のあの笛が見えていたのでした。

まとめ

縁壱目線では、巌勝は良い兄でしたが、巌勝は縁壱への劣等感でいっぱいの人生でした。

月の呼吸は、日の呼吸に次いで強い呼吸ですが、巌勝と黒死牟にとっては、縁壱に勝てないという屈辱の証明だったのかもしれませんね。

記事にコメントするにはこちら