【アクタージュ】ストーリーまとめ!天才女優が今目覚める!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / アクタージュact-age

人間味が薄い絶世の美女夜凪景が女優としての階段を駆け上がっていくお話です。アクタージュでは演技の知られざる裏側や演者のぶつかり合う意見など普段見せない部分を垣間見ることができます。実際のテレビ界や舞台にもリンクしていて、知るとなるほど!と思えることもありますので詳しく紹介していきます。

記事にコメントするにはこちら

アクタージュとは?

アクタージュとは、2018年より週刊少年ジャンプで連載されていた原作担当マツキタツヤ、漫画担当宇佐崎しろによる初連載作品です。天才的な演技力を持つ主人公夜凪 景(よなぎ けい)が女優として成長していく姿を描いた、「役者」を軸にした作品でした。

人目を惹く容姿とスタイル、普段は無表情で寡黙な夜凪 景はクラスでも孤独ぎみな少女でした。しかし、ある日賞金目当てに受けた劇団のオーディションで映画監督の黒山 墨字(くろやま すみじ)に才能を見出されます。オーディションで見せた凶器ともいえる演技に黒山は、自分の次回作の女優に育てあげるため夜凪を様々な現場に放り込んでいきます。

第1章「スタジオ大黒天(だいこくてん)」

母親を早くに亡くし、父親は家をでていったため、幼い妹弟を養うためアルバイトで極貧の生活を送っていました。そんな時妹弟が劇団のオーディションの話を持ち込みます。幼いころから家にあったたくさんの映画を見て育った夜凪は、優勝賞金を目当てにオーディションへ参加することになります。

オーディションの中で多くの役者や演出家に出会い徐々に女優という仕事に興味を持ち始めます。そこで出会ったのが、スタジオ「大黒天」の映画監督黒山です。

即興の演技(エチュード)では他の役者も自分の世界観に引きずり込むような迫真の演技を見せます。荒削りで芝居としては使えないということでオーディションには落選しますが、その後黒山自身がスタジオ「大黒天」へスカウトします。

第2章「デスアイランド」

大黒天へ所属することになった夜凪の最初の仕事は「デスアイランド」という芸能事務所スターズが企画した映画の脇役でした。主役は若手トップ女優と言われる百城 千世子(ももしろ ちよこ)。撮影中の夜凪の演技を脅威に感じつつも、それさえも吞み込んでしまうような圧倒的存在感を見せつけます。

映画の撮影も終盤に差し掛かった時、アクシデントで夜凪は千世子をかばい土砂崩れに巻き込まれてしまいます。とっさの事故にも千世子は演技を続けたことで事故シーンも台本に組み込まれ映画は上映されました。

特にラストの千世子が”ありがとう”というシーンは演技なのか、自分自身の言葉なのかわからない表情でした。漫画を読む方は要チェックです。

第3章「劇団天球(げきだんてんきゅう)」

演技を少し掴みかけてきた夜凪が参加する次の作品は、劇団天球で上映される銀河鉄道の夜です。

世界的な舞台演出家巌 裕次郎(いわお ゆうじろう)とカメレオン俳優として演劇界の怪物といわれる明神 阿良也(みょうじん あらや)がタッグを組む、夜凪としては初めての舞台作品でした。映像としての演技と実際に舞台上での演技の違いに悪戦苦闘しながらも、舞台俳優としての力を磨いていく夜凪。

そして上映開始された銀河鉄道の夜は大成功に終わります。しかし、その裏で演出家の巌が病気により他界してしまいます。自分の死さえ演技の糧にしろという巌の言葉と人が死ぬという経験が夜凪の演技を底上げしていきます。

巌に鍛えられてきた劇団所属の面々が突然の告白に揺れながらも、自分たちの役割を果たすことを選びそのあとに泣くシーンは役者としての意地を感じるシーンでした。

第4章「杉並北高校(すぎなみこうこう)」

自分の演技がわからなくなった夜凪に黒山は、休息を提案します。初めてのスランプに夜凪が困惑しているとクラスメイトの吉岡 新太(よしおか あらた)から映像研究会の自主作成映画「隣の席の君」への出演を依頼されます。

すでに名の売れた女優で学校では有名人の夜凪を文化祭でしか上映しない映画へ誘うことに委縮しながらも自分の作品の愛を貫く吉岡。同じく映像研究会の部員朝陽 ひな(あさひ ひな)と花井 遼馬(はない りょうま)を巻き込み撮影を進めていきます。

スクリーンに映し出された自分の演技をみて、自分の方向性を決めた夜凪。スランプを抜けた夜凪はまた演技の世界へ飛び込んでいきます。

第5章「羅刹女(らせつにょ)」

アクタージュの最後を飾るのは西遊記をもとにした「羅刹女」という舞台です。ダブルキャストで送る演劇で主役に抜擢されたのは、夜凪と千世子でした。デスアイランド以来の共演で対抗心を燃やす2人。脇を固める俳優陣は実力もすごいですが、個性も強い暴れん坊だらけです。

夜凪と千世子のバチバチの演技勝負が魅せ場です。それぞれが自分の演技に葛藤しながらも舞台上でどんどんレベルアップしていく2人をチェックしてください。

羅刹女のラストは夜凪景の勝ちで千秋楽を迎えます。最後には打ち上げとして共演者全員で焼肉パーティーをして話が終わります。

『アクタージュ』から分かる演技の奥深さ

アクタージュは少年誌としては珍しい「役者」を題材にした作品でしたが、映画や演技界の方からの評価が高かったことで話題になりました。作画と原作を分けることで内容の濃さと作画の表現力を両立をさせていたことも評価の高かった要因のようです。

さらに普段はなかなか見ることができない舞台の裏側や、演出家、役者へそれぞれの考え方などが読んでいて面白かったです。演技ひとつとってもそこまでにどう演じるのか、どんな気持ちだったのか、自分だったらどうするかなど役者のすり減るような挑戦や演出家など作り手の作品への愛を深く感じることができました。

『アクタージュ』は最後どうなる?

アクタージュは全12巻で完結しています。最後は羅刹女で終わりますが実はこれは最後の話ではありませんでした。当初は違うラストを考えていたそうですが、諸事情により急遽打ち切りが決まりこのような終わり方になってしまったそうです。

ほんとうのラストはどんな展開だったのか、今はもう知ることができませんがいつかまたアクタージュが再開することを期待して今回は終わりたいと思います。

記事にコメントするにはこちら