【ダイヤのA】登場人物紹介<ライバル校その他の地区&サブキャラクター編>(後編)

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / ダイヤのA

「週刊少年マガジン」で連載中の人気野球漫画作品『ダイヤのA』。高校野球の西東京地区名門「青道高校」を舞台に、主人公の高校生ピッチャー・沢村栄純が、チームのエースになるべく大きな成長を遂げていく様が描かれます。そんな本作に登場する西東京地区以外のライバル校の選手、その他のキャラクターたちを中心に、声優情報や俳優情報も交えて、前編・後編に分けてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『ダイヤのA』キャラクター11:巨摩大藤巻高校野球部監督 新田幸造(にった・こうぞう)

新田幸造は、巨摩大藤巻(こまだいふじまき)高校野球部の監督。巨摩大藤巻は南北海道にある高校で、沢村栄純が1年生時の甲子園では稲城実業高校を破って優勝を果たしたほどの実力があります。

新田幸造は野球に対して強い執念を抱いている監督では、それは「野球に魂を売り払った悪魔のよう」と形容されるほど。エースピッチャーの本郷正宗(ほんごう・まさむね)に対して厳しい態度を取りながらも内心ではその能力を高く評価しており、彼の成長のためであれば喜んで鬼になろうとまで考えています。

新田幸造の声優は廣田行生(ひろた・こうせい)さん

そんな新田幸造の声を担当するのは、円企画に所属する俳優・声優の廣田行生さん。1951年2月12日生まれで、福岡県出身。身長は183cm。特技はギターや日本太鼓、博多弁です。これまでに『プリンセス・プリンシパル』のダニー・マクビーン役、『ブレイブウィッチーズ』のクラウス・マンネルヘイム役、『BLEACH』の大宇奈原厳呉郎役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター12:巨摩大藤巻高校野球部2年投手 本郷正宗(ほんごう・まさむね)

本郷正宗は、巨摩大藤巻高校野球部に所属する2年生。北海道にある青葉中学出身で、ポジションはピッチャー。監督の新田幸造から「野球の申し子」と称されるほどの才能の持ち主で、2年生ながらエースナンバーを既に背負っています。無愛想で負けず嫌いな性格で、甲子園には野球を楽しむためではなく優勝旗を奪うために来ているという考えでいます。

ピッチャーとしてはMAX151km/hのストレートとスライダー、決め球のスプリットを組み合わせて奪三振を奪っていくスタイルの持ち主。9回を投げ切るスタミナのみならず、抜群のコントロール力も持ち合わせています。自分の苛立ちや不満などの負の感情をピッチングに昇華させていくことのできるアビリティの持ち主で、たとえピンチを迎えても慌てることなく気迫溢れるピッチングで相手打者をねじ伏せます。

直接的な面識こそなかったものの、中学生の頃に自分より凄い球を投げるピッチャーの噂として降谷暁の名前を耳にしたことがあり、神宮大会での登板を見て本人と直感。彼のことを「北海道を逃げ出した奴」と称し、眼中にないと言いました。

本郷正宗の声優は小野大輔(おの・だいすけ)さん

そんな本郷正宗の声を担当するのは、フリーランスで活躍している声優の小野大輔さん。愛称は「小野D」。1978年5月4日生まれで、高知県出身。身長175cmで、血液型はO型。特技は土佐弁です。2001年に発売されたOVA『ジェネレーションオブカオス3〜時の封印〜』のアルフィルド役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『進撃の巨人』のエルヴィン・スミス役、「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」の空条承太郎役、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』のアッド役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター13:巨摩大藤巻高校野球部2年捕手 円城蓮司(えんじょう・れんじ)

円城蓮司は、巨摩大藤巻高校野球部に所属する2年生。北海道にある青葉中学出身で、ポジションはキャッチャー。巨摩大藤巻高校の正捕手で、エースピッチャーの本郷正宗とは中学時代からバッテリーを組んでいます。

その頃から彼のことをよく知っているだけあって、無愛想な彼のフォローによく回っている様子。キャッチャーのみならずバッターとしての腕も良く、青道高校と対戦した際は降谷暁から決勝点の2点タイムリーを勝ち取っています。

円城蓮司の声優は諏訪部順一(すわべ・じゅんいち)さん

そんな円城蓮司の声を担当するのは、東京俳優生活協同組合に所属する声優の諏訪部順一さん。1972年3月29日生まれで、東京都出身。身長173cmで、血液型はA型。色気を感じさせる独特の低い声が特徴的で、2002年に放送されたテレビアニメ『テニスの王子様』の跡部景吾役を担当したことで、一躍声優としての知名度を上げることになりました。

その他にもこれまでに、『Fate/stay night』のアーチャー役、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の神宮寺レン役、『僕のヒーローアカデミア』の相澤消太役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター14:白龍高校野球部監督 佐々木小太郎(ささき・こたろう)

佐々木小太郎は、白龍(はくりゅう)高校野球部の監督。白龍高校は群馬県にある野球強豪校で、機動力の高い野球を持ち味としています。佐々木小太郎は元は陸上選手だった監督で、ストップウォッチを手にしながらピッチャーの牽制やクイックの速さ、キャッチャーの送球タイムに至るまで計測した上で、選手たちの俊足を活かした采配を振るっています。

佐々木小太郎の声優は室元気(むろ・げんき)さん

そんな佐々木小太郎の声を担当するのは、リマックスに所属する声優の室元気さん。1989年7月31日生まれで、宮城県出身。身長169cmで、血液型はA型。趣味は水泳や京王線で、特技はたくさん寝られることです。2010年にBLCD『恋じゃないけど』の東雲の友人役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『ブラッククローバー』のマグナ・スウィング役やバロ役、『星刻の竜騎士』のマクシミリアン・ラッセル役、『BEASTARS』のドーム役などを担当。『ダイヤのA』の佐々木小太郎役に関しては、荒木伊知郎役を担当する羽多野渉さんもその声を担当したことがあります。

『ダイヤのA』キャラクター15:白龍高校野球部3年中堅手 美馬総一郎(みま・そういちろう)

美馬総一郎は、白龍高校野球部に所属する3年生。ポジションは中堅手。陸上選手の親の元に生まれた少年で、50mを5秒8で駆け抜けられる俊足、強肩強打に加え、広角に打ち分けることのできる巧みなバットコントロール力を持つ選手としてプロからも注目されています。

普段は封印していますが、試合中に集中力が極限まで高まってくると、イチローのようにバットを立てる癖が出ることも。青道高校と対戦した際に御幸一也のキャッチャーとしての実力の高さに感服し、今後のために連絡先を交換することに。それ以後、彼とは連絡を取り合う仲となりました。

美馬総一郎の声優は梅原裕一郎(うめはら・ゆういちろう)さん

そんな美馬総一郎の声を担当するのは、アーツビジョンに所属する声優の梅原裕一郎さん。愛称は「梅ちゃん」や「うめめ」など。1991年3月8日生まれで、静岡県出身。身長173cmで、血液型はO型。趣味・特技は、 クラシック鑑賞をすることやピアノ、ギターなどです。2013年に、海外ドラマ『シェキラ!』の吹き替えで声優デビューを果たしました。

初主演を果たしたのは、2015年に放送された『ヤングブラック・ジャック』の間黒男役。その他にもこれまでに、『アイドルマスター SideM』の鷹城恭二役、『フルーツバスケット』 の草摩紅野役、『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜』の竜宮院聖哉役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター16:沢村栄純の幼馴染 蒼月若菜(あおつき・わかな)

蒼月若菜は、沢村栄純の幼馴染の少女。 長野県にある赤城中学出身で、 現在は同県にある三好高校に通っています。身長156cmで、体重は44kg。誕生日は7月13日で、血液型はA型です。

中学生の頃は沢村と同じ野球部に選手として所属し、クラスも一緒だった様子。青道高校に進学した沢村とはその後もメールで時折近況報告をし合っています。単身上京して野球に打ち込んでいる沢村のことを心から応援しており、彼を応援するために直接試合会場まで足を運ぶこともあります。青道高校の倉持洋一 (くらもち・よういち)からは沢村の彼女ではないかと疑われていますが、沢村本人はさらりと否定しています。

蒼月若菜の声優は加地綾乃(かじ・あやの)さん

そんな蒼月若菜の声を担当するのは、スワロウに所属する声優の加地綾乃さん。1991年4月28日生まれで、愛知県名古屋市出身。身長は152cm。趣味はアニメ鑑賞や旅行、カラオケなどで、特技はイラストを描くことです。

2013年に放送されたテレビアニメ『アウトブレイク・カンパニー』で声優デビューを果たしました。その他にもこれまでに、『臨死!!江古田ちゃん』の猛禽ちゃん役、『SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!!』のバンジー役、『ALICE ORDER』の木村壱香役などを担当しています。

蒼月若菜の舞台版キャストは梅村結衣(うめむら・ゆい)さん

舞台作品で蒼月若菜役を担当するのは、俳優の梅村結衣さん。1998年3月1日生まれで、東京都出身。血液型はO型。趣味は映画観賞やカラオケ、ミサンガ作りをすることで、特技は短距離走と竹馬です。これまでに映画『ワンネス 運命引き寄せの黄金律』、舞台「エデンの空に降りゆく星唄」、舞台「問題のない私たち」などに出演しています。

『ダイヤのA』キャラクター17:沢村栄純の祖父 沢村栄徳(さわむら・えいとく)

沢村栄徳は、沢村栄純の祖父。沢村に似た熱い性格で、特技はビンタ。夏の大会と秋の大会決勝では蒼月若菜たちと共に沢村の応援に来ており、試合展開を見ながら一喜一憂していました。

沢村栄徳の声優は千田光男(せんだ・みつお)さん

そんな沢村栄徳の声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の千田光男さん。1940年3月1日生まれで、北海道出身。身長170cmで、血液型はA型。趣味は野球です。これまでに『この素晴らしい世界に祝福を!』のプリースト役、『キングダム』の蔡沢役、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の大ガマ仙人役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター18:滝川・クリス・優の父親 J・アニマル・M

J・アニマル・Mは、青道高校野球部OBの滝川・クリス・優の父親。かつてプロ野球選手として活躍していましたが、現在はタレントとして活躍しており、時折芸人に間違えられることもあります。周囲からの期待に応えようと身体を酷使してしまった結果、重傷を負ってしまったクリスのトレーナーとしてリハビリを指導しており、彼からは尊敬の念を抱かれています。

選手を酷使する高校野球界に疑問を呈し、当初は息子のクリスの将来のことを考えて部活に出ることに反対していましたが、クリスが黒士館高校との試合に出ている姿を目にして、彼の高校野球への情熱を認め、彼のことを応援するようになりました。

J・アニマル・Mの声優は宇垣秀成(うがき・ひでなり)さん

そんなJ・アニマル・Mの声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の宇垣秀成さん。1963年7月25日生まれで、東京都出身。身長182cmで、血液型はB型。趣味・特技は、水泳やスキーです。

声優デビューを果たしたのは、1989年に放送された『ダッシュ!四駆郎』の不良役。その他にもこれまでに、『機動武闘伝Gガンダム』のアルゴ・ガルスキー役、『BANANA FISH』のアレクシス・ドースン役、「龍が如くシリーズ」の真島吾朗役などを担当しています。

J・アニマル・Mの舞台版キャストは黒須洋壬(くろす・ひろつぐ)さん

舞台作品でJ・アニマル・M役を担当するのは、Me&Herコーポレーションに所属する俳優・振付家の黒須洋壬さん。愛称は「XROSS(クロス)」。1966年1月26日生まれで、埼玉県さいたま市出身。身長は185cm。

これまでに舞台「SAMURAI 7」のゴロベエ役、ブロードウェイミュージカル「スウィート・チャリティ」のダディ・ブルーベック役、映画『菊次郎の夏』の車の女の恋人役などを担当しています。振付家としては、郷ひろみさんの「GOLDFINGER ’99」の振り付け、SMAPの「BANG! BANG! バカンス!」の振り付けを担当したことで有名です。

『ダイヤのA』キャラクター19:月刊「野球王国」の記者 峰富士夫(みね・ふじお)

峰富士夫は、月刊「野球王国」の担当記者。ハンチング帽を被った無精髭の男性で、取材のためによく大和田秋子(おおわだ・あきこ)とともに試合会場に訪れています。1年時の御幸一也に関する記事を書いたことも。ストーリーの中では、試合内容を解説する役割を担っています。

峰富士夫のテレビアニメ第3期の声優は三瓶雄樹(さんぺい・ゆうき)さん

そんな峰富士夫の声を担当するのは、ケンユウオフィスに所属する声優の三瓶雄樹さん。8月17日生まれで、東京都出身。身長185cmで、血液型はB型。趣味は旅行やアニメ鑑賞、スポーツ観戦をすることなどで、特技はとことんぷよぷよと早歩きをすることです。

これまでに『彼女、お借りします』の木ノ下和男役、『コップクラフト』のリック・フューリー役、『「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Rhyme Anima』の保土ヶ谷役などを担当しています。『ダイヤのA』では他にも、青道高校野球部に所属する樋笠昭二役なども担当しています。テレビアニメ第1期〜第2期は、館広美役と同じ松本忍さんが峰富士夫の声を担当しています。

峰富士夫の舞台版キャストは島岡亮丞(しまおか・りょうすけ)さん

舞台作品で峰富士夫役を担当するのは、吉本興業に所属する俳優の島岡亮丞さん。1985年1月28日生まれで、岐阜県出身。身長176cmで、血液型はB型。趣味は読書や映画鑑賞、ツーリングをすることなどで、特技は料理と着付けです。これまでに舞台「さらば箱舟」、舞台「めんたいぴりり」、舞台「JOE MEEK」などに出演しています。

『ダイヤのA』キャラクター20:月刊「野球王国」の記者 大和田秋子(おおわだ・あきこ)

大和田秋子は、月刊「野球王国」の担当記者。長い髪をポニーテールに結った長身の女性で、峰富士夫と共によく試合会場に訪れ、共に野球解説をする役割を担っています。ミーハーな性格で、メガネフェチ故に御幸一也や、明川学園のピッチャー・楊舜臣(よう・しゅんしん/ヤン・シュンチェン)のことがお気に入りのようです。

大和田秋子のテレビアニメ第1・2期の声優は優希知冴(ゆうき・ちさ)さん

そんな大和田秋子の声をテレビアニメ第1期・第2期で担当したのは、ケンユウオフィスに所属する声優の優希知冴さん。1989年8月19日生まれで、大阪府出身。身長163cmで、血液型はB型。趣味は通販や女子会、動物や赤ちゃんの真似をすることで、特技は料理をすることです。2016年3月末までは「優希(ゆうき)」の芸名で活動していました。

これまでに『ベイビーステップ』の田島勇樹役、『ポケットモンスター サン&ムーン』のカヒリ役、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』のレイフェル・ユリーマ役やヘルミーナ・ブリッツ役などを担当。『ダイヤのA』では他にも、沢村栄純の母親の声、薬師高校に所属する轟雷市(とどろき・らいち)の幼少期の声も担当しています。

大和田秋子のテレビアニメ第3期の声優は小若和郁那(こわか・わかな)さん

テレビアニメ第3期の大和田秋子の声を担当するのは、ステイラックに所属する声優の小若和郁那さん。11月20日生まれで、岡山県出身。身長は158cm。趣味は女子プロレス観戦をすることで、特技は岡山弁です。

これまでに『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII』のダフネ・ラウロス役、『ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-』のアレーティア役やソニア役、『オーバーロードIII』のダイノ役やアーグ役などを担当しています。

大和田秋子の舞台版キャストは三枝奈都紀(みえだ・なつき)さん

舞台作品で大和田秋子役を担当するのは、SOS MODEL AGENCYに所属する俳優の三枝奈都紀さん。1978年8月13日生まれで、長野県出身。身長は175cm。趣味・特技は、ウォーキングと日本画です。

これまでにミュージカル 「美少女戦士セーラームーン」のヒデナイト/夜野英男役、舞台劇「からくりサーカス」のあるるかん役、ミュージカル「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」THE MUSICALの光輝のヴェリアス役などを担当しています。

『ダイヤのA』キャラクター21:青道高校野球部前監督 榊英二郎(さかき・えいじろう)

榊英二郎は、青道高校野球部の前監督。青道高校を全国常連校へと育て上げた名監督で、現在青道高校野球部の監督をしている片岡鉄心(かたおか・てっしん)がまだ高校生だった頃に指導を行っていました。

法政大の総監督を務めていましたが、青道高校に訪れた際にかつての教え子であった片岡鉄心に対し、由良総合工科高等学校の監督に就任して高校野球界に戻ってくることを伝え、宣戦布告。彼が青道高校の監督を辞任しようとしていることを知っていたかどうかは不明ですが、「鉄心、逃げるなよ」と檄を飛ばしました。

榊英二郎の声優は中田譲治(なかた・じょうじ)さん

そんな榊英二郎の声を担当するのは、大沢事務所に所属する声優の中田譲治さん。愛称は「ジョージ」。4月22日生まれで、東京都出身。身長175cmで、血液型はA型。特技は乗馬やジャズダンス、野球などです。1985年に放送されたテレビアニメ『蒼き流星SPTレイズナー』のパイロット役で声優デビューを果たしました。

独特の渋みを持った太く低い声が特徴的で、その他にもこれまでに『Fate/stay night』の言峰綺礼役、『テイルズ オブ ジ アビス』のヴァン・グランツ役、『からくりサーカス』のパンタローネ役などを担当しています。

『ダイヤのA』には魅力的なキャラクターがいっぱい!

ここまで『ダイヤのA』に登場する西東京地区以外のライバル校の選手や監督、その他のサブキャラクターについて、声優情報や舞台版キャスト情報も交えてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

『ダイヤのA』には、中心となる青道高校野球部の選手たちはもちろんですが、端の方にいたるまで魅力的なキャラクターがたくさん登場していますよね。これからも『ダイヤのA』に登場するサブキャラクターの方の活躍にも期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら