【転生したらスライムだった件】キャラクター紹介<リムルの周辺編>①

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 転生したらスライムだった件

伏瀬さんによる大人気ライトノベル作品『転生したらスライムだった件』。通り魔にあったことをきっかけに異世界に転生してしまった主人公のスライム・リムルが、異世界の様々な問題を解決しながら仲間を増やし、魔物たちともに興した国を発展させていく様が描かれます。そんな本作に登場するリムルの周辺にいるキャラクターたちについて、声優情報も含めてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『転生したらスライムだった件』とは?

「転スラ」の略称でおなじみの『転生したらスライムだった件』は、伏瀬(ふせ)さんによるライトノベル作品。元は小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されていたWEB小説作品で、それを大筋プロットとして大幅に加筆・修正を加えた上で、2014年よりGCノベルズより商業作品として刊行されるようになりました。宝島社発行のライトノベルガイドブック「このライトノベルがすごい!」では、2017年版の単行本・ノベルズ部門で第8位、2018年版で第6位、2019年版で第5位にランクインし、好評価を受けています。

テレビアニメは第1期が2018年から2019年にかけて、原作者書き下ろしのオリジナルストーリーを含めて全25話放送されました。第2期は分割2クールとして、第1部が2021年1月から3月にかけて放送され、第2部は同年7月から放送される予定です。この間にはスピンオフアニメ「転生したらスライムだった件 転スラ日記」も放送されています。テレビアニメの他にも本編の漫画版、スピンオフ漫画が連載されるなど、多種多様なメディアミックスが行われています。

物語のあらすじ

主人公は、平凡な人生を送っていた社会人・三上悟(みかみ・さとる)。通り魔に刺されてしまったことによって37年の人生に幕を降ろすはずだった彼は、異世界でスライムとして転生してしまいます。最弱と言われるモンスターに生まれ変わってしまったことに不満を抱きつつも、その人生ならぬスライム生を満喫することにした彼は、暴風竜ヴェルドラとの出会いを果たしたことをきっかけに大きな運命に巻き込まれていくことになります。

ヴェルドラから「リムル」という新しい名前をもらったスライムは、ひょんなことから子鬼族と牙狼族との戦いに巻き込まれ、彼らの主となることに。リムルは異世界にいる様々な種族との出会いを重ねながら、自分の持つスキルを駆使し、様々な問題を解決していくことになるのです。

ここからは、そんな本作に登場するキャラクターについて、声優情報も交えてご紹介していきます!

『転生したらスライムだった件』キャラクター1:主人公 リムル=テンペスト

リムル=テンペストは、本作の主人公。元は日本のゼネコンに勤務する37歳の独身男性・三上悟でしたが、後輩をかばって通り魔に刺されて死亡したことをきっかけに、前世の記憶を保ったまま魔物のスライムに転生することになりました。ぷよぷよと丸っこいスライムの見た目のまま活動していましたが、この世界で出会った同郷人であるシズエ・イザワを吸収したことで人間の姿に擬態できるようになります。その外見は女性寄りですが、生物学的には性別はありません。

前世の頃から頼まれたらNOとは言えない性格で、基本的には楽観的で情に脆い性質の持ち主。自分の配下の魔物たちを家族のように大事にしており、彼らを傷つけられたときには甘さを捨てて非情になることもあります。種族を問わず楽しく快適に過ごせる国をつくりたいという理念の元に様々な魔物たちの暮らす国を建設することになり、いつしかそれはほとんどの他国と比べても引けをとらないほどのレベルにまで達するようになります。

リムル=テンペストの声優は岡咲美保(おかさき・みほ)さん

そんなリムル=テンペストの声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属する声優の岡咲美保さん。1998年11月22日生まれで、岡山県出身。趣味はカラオケや少女漫画、特技は歌や朗読、書道、バドミントンなどです。2017年に先行配信されたテレビアニメ『アイドリッシュセブン』で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』のイヴェット・L・レーマン役、『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』のメアリ・ハント役、『モンスター娘のお医者さん』のメメ・ルドン役などを担当。『転生したらスライムだった件』のリムル=テンペスト役が初主演となりました。

『転生したらスライムだった件』キャラクター2:リムルのユニークスキル 大賢者

大賢者は、リムル=テンペストの所有するユニークスキルの1つ。リムルが転生する際に童貞だったことから、30歳までそうであったら魔法使いになれるという俗説を元に、もうすぐ40歳であれば大賢者も夢じゃないなどと考えていた結果、獲得したもの。本来スキルには会話はできませんが、異世界にやってきたリムルからの疑問に答えるために自己改造を行った結果、「世界の言葉」のシステムを一部流用することで応答することができるようになりました。

通常の1000倍に知覚速度を上げることのできる「思考加速」、 指定した対象の解析や鑑定を行うことのできる「解析鑑定」、 魔法などを使用する際に詠唱を必要としない「詠唱破棄」などを内包しています。リムルが魔王に進化した際、「変質者(ウツロウモノ)」のスキルと統合されてアルティメットスキル「智慧之王(ラファエル)」へと進化。その際に確かに自我や感情があるような素ぶりを見せていますが、リムルとの応答の中ではそれを否定しています。

大賢者の声優は豊口(とよぐち)めぐみさん

そんな大賢者の声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の豊口めぐみさん。愛称は「とよぐっち」や「めめちゃん」など。1978年1月2日生まれで、東京都町田市出身。身長168cmで、血液型はA型。趣味はゲームや歌、観劇などです。1997年に発売されたゲーム『POWER DoLLS 2』のミチコ・ネイデル役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』の江ノ島盾子役、『Fate/Zero』のソラウ・ヌァザレ・ソフィアリ役、『スイートプリキュア♪』の黒川エレン(キュアビート)役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター3:暴風竜 ヴェルドラ=テンペスト

ヴェルドラ=テンペストは、「暴風竜」の異名を持っている竜種。風・水・空間という3属性を支配しており、現存している竜種の中では最大の魔素量を誇ります。かつて世界中を飛び回って大暴れしていたことから「邪竜」として恐れられており、300年前に戦った勇者クロノアの手によって「無限牢獄」に封印されていました。あと100年ほどで封印されたまま消滅を迎えるはずでしたが、

スライムへと転生したリムルがジュラの大森林の洞窟内に出現して初めて言葉を交わした魔物であり、リムルに対して名付けを行い、リムルと「テンペスト」という苗字を交わしてこの世界で初めてのリムルの友達になりました。ヴェルドラはあと100年ほどで封印されたまま消滅を迎えるはずでしたが、それを避けるためにリムルの中に「無限牢獄」ごと収められることになり、その後覚醒魔王になったリムルが「智慧之王」を獲得したことで復活を遂げることになりました。

竜形態のときは威厳を感じさせる漆黒のドラゴンの姿をしていますが、リムルの「強化分身」を依り代にして復活した際は、金色の髪をしていてがっしりとした体格をした青年の姿になりました。リムルと気が合うだけあって調子に乗りやすい性格で、思ったことをそのまま口にしてしまうことからトラブルに発展することもしばしば。

ヴェルドラ=テンペストの声優は前野智昭(まえの・ともあき)さん

そんなヴェルドラ=テンペストの声を担当するのは、アーツビジョンに所属する声優の前野智昭さん。愛称は「智くん」や「まえぬ」。1982年5月26日生まれで、茨城県下妻市出身。身長176cmで、血液型はA型。 趣味はスポーツを観戦することや、ドライブです。2003年に放送されたテレビアニメ『ミッドナイトホラースクール』の仮ボイスキャストで声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『遊☆戯☆王ZEXAL』のオービタル7役、「KING OF PRISMシリーズ」の速水ヒロ役、『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』のマルク役などを担当。妻は、『遊☆戯☆王ZEXAL』の観月小鳥役や『アルドノア・ゼロ』の網文韻子役などで知られる小松未可子(こまつ・みかこ)さん。

『転生したらスライムだった件』キャラクター4:爆炎の支配者 シズエ・イザワ/井沢静江

シズエ・イザワは、リムルと同じ日本から異世界へと召喚されてきた女性。本名は「井沢静江」で、周りからは「シズさん」というあだ名で呼ばれていま。魔王レオン・クロムウェルの手によって8歳の頃に異世界へと召喚され、その際に炎の耐性を身につけたことを見抜かれて、炎の上位精霊イフリートと同化させられました。

当初はイフリートの強大な力を制御できなかったものの、レオンの城に訪れた女性の勇者から「抗魔の仮面」を贈られたことをきっかけにその制御を行えるようになりました。それからその勇者と旅をする中で「爆炎の支配者」と呼ばれるほどの有名な英雄となり、冒険者を引退してからは教育者として様々な教え子を指導。死期を悟った際に、レオンへの複雑な感情を解決するために再度旅に出ることを決めました。

その途中でリムルと運命的な出会いを果たしましたが、力を維持することに限界を迎えてイフリートを暴走させてしまいます。リムルによってそれは食い止められましたが、既に寿命は残り少なくなっており、当人の希望でリムルに捕食されて安らかな眠りにつきました。登場から退場までの期間は短かったものの、リムルにとっては忘れることのない大切な人物です。

シズエ・イザワの声優は花守(はなもり)ゆみりさん

そんなシズエ・イザワの声を担当するのは、m&iに所属する声優の花守ゆみりさん。愛称は「ゆみみ」や「はなべえ」など。1997年9月29日生まれで、神奈川県出身。身長157cmで、血液型はO型。趣味はゲームや卓球をすることで、特技はテニスをすることです。2013年に放送されたテレビアニメ『あいうら』の天谷颯太役で声優デビューを果たしました。

初主演を務めたのは、2016年に公開されたアニメーション映画『ガラスの花と壊す世界』のリモ役。その他にもこれまでに、『結城友奈は勇者である』の三ノ輪銀役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の佐藤心役、『ゆるキャン△』の各務原なでしこ役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター5:炎の上位精霊 イフリート(炎の巨人)

イフリートは、シズエ・イザワに憑依していた炎の上位精霊。元は魔王ラミリスの配下でしたが、魔王レオン・クロムウェルに心酔したことで部下となり、彼女と同化しました。その後、彼女が力を抑えきれなくなった際に、イフリートはリムルによって捕食されることになりましたが、リムルの中にいるヴェルドラによって隔離空間へと引き込まれ、彼のわがままを相手にすることになりました。

ヴェルドラがリムルの中から出てきた後は、助手を欲した彼がリムルに頼みこんだことによって「胃袋」から復活を遂げることになります。自分が憑依していた彼女と和解を試みなかったことについては反省している様子。ヴェルドラによれば、レオンに心酔していたイフリートとレオンにわだかまりを抱えていた彼女との相性は最悪で、もし心が通い合うことがあったなら、違う道をもあっただろうと語られています。

イフリートの声優は八代拓(やしろ・たく)さん

そんなイフリートの声を担当するのは、ヴィムスに所属する声優の八代拓さん。愛称は「しろたく」や「たっくん」など。1993年1月6日生まれで、岩手県出身。趣味は野球観戦や欧州サッカー観戦、ユニフォーム集めで、特技はバドミントンやピアノです。2013年に放送されたテレビアニメ『銀の匙 Silver Spoon』で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『アイドルマスター SideM』の柏木翼役、『炎炎ノ消防隊』のヴァルカン・ジョゼフ役、「KING OF PRISMシリーズ」の十王院カケル役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター6:子鬼族村の村長 リグルド

リグルドは、リムルがスライムに転生してから初めて出会った子鬼族(ゴブリン)村の村長。牙狼族との戦いに悩まされていたところをリムルによって助けられ、リムルに対して忠誠を誓って「リグルド」という名前を与えられました。元は杖をついたヨボヨボの老人のような姿をしていましたが、リムルから名付けをされたことで人鬼族(ホブゴブリン)へと進化し、全盛期の頃まで若返って筋骨隆々とした壮年男性の姿となりました。

そのあまりの変貌ぶりにショックを受け、リムルは劇的な変化に驚くと「リグルド・ショック」と言うようになりました。宴会好きで、何かと理由をつけては宴会を開きたがる性格の持ち主。リムルに忠誠を誓った最古参の幹部であり、国では内政を担う中心人物として活躍しています。

リグルドの声優は山本兼平(やまもと・かねひら)さん

そんなリグルドの声を担当するのは、EARLY WINGに所属する声優・舞台俳優の山本兼平さん。1977年5月9日生まれで、東京都出身。身長174cmで、血液型はO型。趣味・特技は、登山や折り紙、ドット絵です。

これまでに、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』のジャンマリオ・スピネッラ役、『Dr.STONE』のヤコフ・ニキーチン役、『キングスレイド 意志を継ぐものたち』のシュミッド役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター7:リグルドの息子 リグル

リグルは、リムルが初めて会話をした子鬼族。リグルドの息子で、勤勉で実直な性格の持ち主。子鬼族の村では、リーダー的な役割を担っていました。リムルによって、牙狼族との戦いの中で亡くなった兄「リグル」の名前を授けられたことで人鬼族に進化。リムルの興した国の黎明期は警備隊隊長を務めていましたが、発展した後は父リグルドの補佐的な立場として国家運営に携わるようになります。

リグルの声優は石谷春貴(いしや・はるき)さん

そんなリグルの声を担当するのは、プロ・フィットに所属する声優の石谷春貴さん。1992年1月14日生まれで、宮崎県延岡市出身。身長171.1cmで、血液型はA型。趣味はジョギングで、特技は走ることです。2017年に放送されたテレビアニメ『AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-』の伝木凱タモツ役で初主演を果たしました。

その他にもこれまでに、『究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら』のマーチン役、『「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Rhyme Anima』の山田二郎役、『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』の大好真人役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター8:子鬼族 ゴブタ

ゴブタは、子鬼族の村に住んでいた子鬼。リムルに名付けをされたことによって人鬼族に進化しましたが、他の者たちとは違ってほとんど姿は変わりませんでした。脳天気な性格で、おだてられるとすぐに調子づいてしまうお調子者。考えなしの発言でうっかり相手の地雷を踏んでしまったり、肝心なところで詰めが甘くなってしまったりと、しばしば失敗して痛い目を見ることも。

一方で、自分だけの力だけで全てを解決しようとせず、周りと協力しようとする姿勢は、リムルからリーダーとしての資質があると評価を受けています。リムルとは上司と部下のような立場の違いはありますが、砕けた口調で笑い合えるまるで悪友のような関係を築いています。

戦闘に関しては機転の利く天才肌であり、牙狼族の召喚もいち早く習得。ハクロウによる厳しい修行のなかで戦い方を学び、さらにランガと一緒に魔王ミリムによる特訓を受けて戦闘技術を磨いたことにより、元子鬼族の中では最強クラスにまで成長しています。

ゴブタの声優は泊明日菜(とまり・あすな)さん

そんなゴブタの声を担当するのは、ヴィムスに所属している声優の泊明日菜さん。3月20日生まれで、茨城県出身。趣味は街歩きや旅行雑誌を読むこと、謎解きをすることなどで、特技は躰道やクラシックバレエなどです。これまでに『天地創造デザイン部』の火口役、『パズドラ』の明石タイガ役、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』のミツィオラ・スア役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター9:子鬼族 ゴブゾウ

ゴブゾウは、ゴブタの部下の1人。元子鬼族の中では背の高い方で、ぽやんとした顔立ちをしています。のんびりとした性格で、リムルたちが綺麗なお姉さんの集まっているお店に夜遊びに行くことをシュナに素直にバラしてしまい、リムルたちがシュナに平謝りするはめになったことも。シオンに対して密かに想いを寄せており、本人は知られていないつもりでも周囲にはバレてしまっています。

ファルムス王国による侵攻を受けた際に死亡してしまいますが、リムルが魔王になった際に魂が回収されて復活を果たしています。後にシオン直属の部隊である「紫克衆(ヨミガエリ)」に配属されることになりました。

ゴブゾウの声優は梶原岳人(かじわら・がくと)さん

そんなゴブゾウの声を担当するのは、東京俳優生活協同組合に所属する声優の梶原岳人さん。愛称は「がっくん」や「がくちゃ」。1994年11月28日生まれで、大阪府出身。身長178cmで、血液型はB型。趣味は水泳やバレー、音楽鑑賞、田舎の景色を見ることなどで、特技はギターや作曲などです。2017年に声優デビューを果たし、それからわずか半年後に放送されたテレビアニメ『ブラッククローバー』のアスタ役で初主演を果たしました。

その他にもこれまでに、『炎炎ノ消防隊』の森羅日下部役、『シャドウバース』の竜ヶ崎ヒイロ役、『SDガンダムワールド ヒーローズ』の劉備ユニコーンガンダム/龍賢劉備ユニコーンガンダム役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター10:牙狼族長の息子 ランガ(嵐牙)

ランガは、牙狼族の長の息子。強大な力を持つヴェルドラがリムルの中に収まって居なくなってしまったのを機に、子鬼族の村に攻め込みましたが、リムルに父親を倒されて敗北。父親の死後は一族の長となり、リムルに忠誠を誓うようになりました。リムルから名付けをされたことにより、「嵐牙狼族(テンペストウルフ)」へと進化。牙狼族は個にして全と言う思考を持っており、名付けをされたのはランガ1匹だけでしたが、それによって仲間の牙狼族全員が同時に進化を果たしました。

父親の死に関しては思うところはあるものの、敗北した自分たち一族を快く迎え入れてくれた上に、名付けまでしてくれたことに心から感謝しているため、リムルに対しては全く恨みを抱いてはいません。リムルのことを「主(あるじ)」もしくは「我が主」と呼んで慕っており、少しでもリムルに対して侮蔑的あるいは反抗的な態度をとる者に対しては呻り声を上げることも。普段はリムルの影の中に潜んでおり、リムルの呼びかけに応じて姿を現しています。

ランガの声優は小林親弘(こばやし・ちかひろ)さん

そんなランガの声を担当するのは、演劇集団 円に所属する俳優・声優の小林親弘さん。1983年9月5日生まれで、愛知県出身。身長は177cm。趣味・特技は、乗馬(4級)です。これまでに『ゴールデンカムイ』の杉元佐一役、『魔王城でおやすみ』のレッドシベリアン・改役、『擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』の葛原仁役などを担当しています。

記事にコメントするにはこちら