【転生したらスライムだった件】キャラクター紹介<各国&その他のキャラクター編>②

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 転生したらスライムだった件

伏瀬さんによって執筆された大人気ライトノベル作品『転生したらスライムだった件』。通り魔にあったことで異世界に転生してしまった主人公のスライム・リムルが、異世界の様々な事件を解決しつつ、仲間の魔物たちともに興した国を発展させていく様が描かれます。そんな本作に登場する各国やその他の登場人物について、声優情報も含めてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『転生したらスライムだった件』キャラクター9:自由組合総帥 ユウキ・カグラザカ/神楽坂優樹

ユウキ・カグラザカは、自由組合総帥(グランドマスター)を務めている人物。短い黒髪に紅い瞳をした男性で、漫画が大好き。日本から異世界へと召喚されてきた人物で、「シズさん」ことシズエ・イザワの弟子にあたります。イングラシア王国に本部がある冒険者互助組織を「自由組合(ギルド)」として再編し、冒険者や魔物の強さがわかりやすいようにA~Fを使った六段階評価を作り出しました。

自由組合委員の育成機関「自由学園」の理事長も兼任して冒険者たちの安全に寄与する活動を行う一方、この世界の魔法の仕組みや不完全召喚が行われてしまう現状を解明しようと尽力しています。

リムルがイングラシア王国にやってきた際、シズを食べたと言ったリムルに激怒してバトルになりましたが、リムルから元の世界のことを色々教えてもらったり、リムルの能力で複製した大量の漫画を読ませてもらったりなどしたことによって和解。リムルが教員として採用されるよう便宜をはかり、異世界に不完全召喚されてしまった子どもたちを、シズの想いを継いだリムルへと託しました。

ユウキ・カグラザカの声優は花江夏樹(はなえ・なつき)さん

そんなユウキ・カグラザカの声を担当するのは、アクロス エンタテインメントに所属する声優の花江夏樹さん。愛称は「なっちゃん」や「花江っち」など。1991年6月26日生まれで、神奈川県出身。身長172cmで、血液型はB型。趣味・特技は、テニスやデザイン画、音声編集、靴ひもを1秒で結ぶことなどです。2011年にWebアニメ『ゴールデン☆キッズ』の俊太役で声優デビューを果たしました。

テレビアニメで初レギュラー出演を果たしたのは、2012年に放送されたテレビアニメ『TARI TARI』のウィーン/前田敦博役。その他にもこれまでに、『鬼滅の刃』の竈門炭治郎役、『進撃の巨人』のファルコ・グライス役、『カードキャプターさくら クリアカード編』のユナ・D・海渡役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター10:不完全召喚された子ども ケンヤ・ミサキ/三崎剣也

ケンヤ・ミサキは、西方諸国で不完全召喚されてしまった5人の子どもたちの1人。不完全な状態で召喚されてしまった10歳未満の子どもは、魂と融合した魔素量を上手くコントロールすることが出来ず、大人になる前に死んでしまう運命にありました。自由学園ではシズエ・イザワを先生としていましたが、彼女が学園を去った後は死期のせいもあって自暴自棄となってしまい、大人でも手のつけられない問題児となっていました。

ケンヤはツンツンととがったオレンジ色の髪が特徴的な少年で、リムルと初めて出会った時点の年齢は10歳。5人の中ではガキ大将気質で、体内にある魔素を使用することで、剣に炎をまとわせて戦うことが出来ます。同じ学園で生活するアリスのことが気になっている様子ですが、そうであるが故に意地悪をしてしまうこともある様子。自由学園に教師として赴任してきたリムルの尽力により、精霊迷宮でラミリスによって召喚された光の上位精霊と結合したことによって死の運命を免れることになりました。

ケンヤ・ミサキの声優は朝井彩加(あさい・あやか)さん

そんなケンヤ・ミサキの声を担当するのは、インテンションに所属する声優の朝井彩加さん。愛称は「あーちゃん」や「あやちゅ」など。1992年5月11日生まれで、静岡県出身。身長160cmで、血液型はA型。趣味は犬と遊ぶことやコンビニで新作のスイーツを探すことで、特技はマッサージやチューバなどです。2013年に放送されたテレビアニメ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』の岡田茜役で初のレギュラー役を獲得しました。

初めてのヒロイン役は、2015年に放送されたテレビアニメ『新妹魔王の契約者』の成瀬澪役。その他にもこれまでに、『響け! ユーフォニアム』の加藤葉月役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の早坂美玲役、『魔入りました!入間くん』のウァラク・クララ役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター11:不完全召喚された子ども リョウタ・セキグチ/関口良太

リョウタ・セキグチは、西方諸国で不完全召喚されてしまった5人の子どもたちの1人。黒髪と三白眼が特徴的な少年で、リムルと初めて出会ったときの年齢は10歳。同じ学園で生活するケンヤとは親友の関係で、仲間思いな性格の持ち主です。

体内にある魔素を消費することによって、暴れまわる獣のような戦い方をすることができますが、リムルと初めて手合わせをした際は自我をなくして力の赴くままに戦っている点を指摘されています。後に擬似精霊の「水風」と結合したことによって死の運命を免れることになりました。

リョウタ・セキグチの声優は石上静香(いしがみ・しずか)さん

そんなリョウタ・セキグチの声を担当するのは、プロ・フィットに所属する声優の石上静香さん。愛称は「ずっち」。 1988年9月14日生まれで、東京都出身。身長151cmで、血液型はB型。趣味は歌唱やゲーム、小物を集めることで、特技は絵画と早起きです。

初めてオーディションで合格した役は、2014年に放送されたテレビアニメ『健全ロボ ダイミダラー』に登場する喜友名霧子役。その他にもこれまでに、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のシル・フローヴ役、『落第騎士の英雄譚』のステラ・ヴァーミリオン役、『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』の星宮はるか役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター12:不完全召喚された子ども アリス・ロンド

アリス・ロンドは、西方諸国で不完全召喚されてしまった5人の子どもたちの1人。長い金色の髪に紅い瞳をした少女で、リムルと初めて出会ったときの年齢は9歳。気が強くお転婆な性格で、先生になったリムルのことが気になっている様子。体内にある魔素を使用することによって、自分で作成したぬいぐるみをコントロールして戦わせることができます。後に、「空」の擬似精霊と結合したことによって死の運命を免れることになりました。

アリス・ロンドの声優は白石晴香(しらいし・はるか)さん

そんなアリス・ロンドの声を担当するのは、トイズファクトリーに所属する声優・俳優の白石晴香さん。愛称は「はるにゃん」や「はるすけ」。1995年4月8日生まれで、東京都出身。身長158cmで、血液型はAB型。特技は、ジャズダンスやバレエ、華道などです。2007年から俳優としての活動を開始し、2011年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画『コクリコ坂から』の松崎空役で声優デビューを果たしました。

『コクリコ坂』の監督を務めた宮崎吾朗(みやざき・ごろう)さんの作品では、他にも『山賊の娘ローニャ』のローニャ役を担当。その他のアニメ作品ではこれまでに、『干物妹!うまるちゃん』の本場切絵役、『ゴールデンカムイ』のアシㇼパ役、『ぼくたちは勉強ができない』の古橋文乃役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター13:不完全召喚された子ども ゲイル・ギブスン

ゲイル・ギブスンは、西方諸国で不完全召喚されてしまった5人の子どもたちの1人。短い茶髪の少年で、リムルと初めて出会ったときの年齢は11歳。5人の中ではお兄さん的な存在で、体内にある魔素を使用することによって指から光弾を放つことが可能です。5人の中では最も年齢が高かったため死に近づきつつありましたが、リムルの尽力により「地」の擬似精霊と統合したことによって死の運命を免れることになりました。

ゲイル・ギブスンの声優は佐藤元(さとう・げん)さん

そんなゲイル・ギブスンの声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属する声優の佐藤元さん。1997年3月22日生まれで、神奈川県出身。趣味は格闘技観戦や音楽鑑賞、歌うことで、特技は剣道やマッサージです。これまでに『Dr.STONE』のクロム役、『弱キャラ友崎くん』の友崎文也役、『スケートリーディング☆スターズ』の窪田智之役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター14:不完全召喚された子ども クロエ・オベール

クロエ・オベールは、西方諸国で不完全召喚されてしまった5人の子どもたちの1人。長い黒銀色の髪をした少女で、リムルと初めて出会ったときの年齢は10歳。常に本を手放さない大人しく控えめな性格の持ち主ですが、リムルの前では積極性と無邪気さを見せることも。先生となったリムルに対して好意を抱いており、同じ学校で生活しているアリスと取り合いになることもあります。

自身の体内にある魔素を使用することで水を操作することができますが、上位精霊と並ぶほどの異常なレベルの魔素量を持っています。自身を死の運命から救うために、精霊迷宮で召喚して宿らせたものも非常に特殊なもので、リムルの持つユニークスキル「大賢者」でも測定不能なほどのエネルギーを持ったそれは、ラミリスが危機感を抱いて戦闘を行おうとしたほどのものでした。リムルが学園から旅立つ際には、シズの形見である「抗魔の仮面」のオリジナルを譲り受けています。

クロエ・オベールの声優は田所(たどころ)あずささん

そんなクロエ・オベールの声を担当するのは、ホリプロインターナショナルに所属する声優の田所あずささん。愛称は「あずあず」や「ころあず」。1993年11月10日生まれで、茨城県水戸市出身。身長158cmで、血液型はAB型。趣味は裁縫やアルバム作り、カラオケなどで、特技はテニスや腕相撲などです。2012年頃に、エスエスケイフーズの宣伝用アニメ『サラダの国のサラ』のサラ役を演じて声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。』のフィノ・ブラッドストーン役、『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』のクトリ・ノタ・セニオリス役、『半妖の夜叉姫』のもろは役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター15:ファルムス王国国王 エドマリス

エドマリスは、ファルムス王国を治める国王。豊かな顎髭を蓄えた人物で、元々はそれなりに優秀な国王であったものの徐々に欲に目が眩んでいくようになりました。リムルの国に自国の利益を脅かされることを恐れ、ルミナス教の教義を大義名分に利用して、2万人もの軍勢を率いてリムルの国に侵攻しました。怒りと非情さを持ったリムルの魔法によって軍勢の全てを失うことになり、自身は捕虜として囚われることになりました。

エドマリスの声優は家中宏(やなか・ひろし)さん

そんなエドマリスの声を担当するのは、劇団青年座に所属する声優の家中宏さん。1958年3月10日生まれで、東京都出身。身長170cmで、血液型はA型。妻は、『劇場版名探偵コナン から紅の恋歌』の阿知波皐月役や『スキップ・ビート!』ノ尚の母役などで知られる同じ声優の吉田美保(よしだ・みほ)さん。

これまでに『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の本田速人役、『昭和元禄落語心中』の七代目有楽亭八雲役、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のコーラル・コンラッド役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター16:ファルムス王国宮廷魔術師長 ラーゼン

ラーゼンは、ファルムス王国に仕えている宮廷魔術師長。ファルムス王国内では最強と言われている人物で、「魔法を極めた英雄」「叡智の魔人」とも呼ばれています。他人の身体に憑依する秘術によって何百年も生き長らえており、リムルの国との戦争時には、ショウゴの肉体を乗っ取ることで年老いた肉体から若い肉体に乗り換えていました。

ディアブロと敵対した際に高等魔法を使用したものの、「原初の悪魔」の一柱であるディアブロには手も足も出ずに敗北。国王エドマリスとともに捕虜として囚われることになりました。

ラーゼンの声優は花輪英司(はなわ・えいじ)さん

そんなラーゼンの声を担当するのは、ケンユウオフィスに所属する声優の花輪英司さん。1974年7月6日生まれで、山梨県出身。身長167cmで、血液型はO型。趣味はスキューバダイビングやドライブをすることで、特技は柔道です。これまでに『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』のアイアンマン役、『西洋骨董洋菓子店 〜アンティーク〜』の小早川千影役、『進撃の巨人』のニコロ役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター17:西方聖教会ファルムス王国支部最高司祭 レイヒム

レイヒムは、西方聖教会の枢機卿であり、そのファルムス王国支部の最高司祭を務める人物。リムルの国との戦争時に生き残った3人のうちの1人で、エドマリス国王、ラーゼンらとともに捕虜として囚われることになりました。

レイヒムの声優は藤井隼(ふじい・はやと)さん

そんなレイヒムの声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優の藤井隼さん。3月14日生まれで、神奈川県出身。趣味・特技は、バイクツーリングやアウトドア、AV機器の配線をすることです。これまでに『Fate/Grand Order』のウィリアム・テル役、『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のカクイ役、『ブラッククローバー』のポトロフ役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター18:ファルムス王国の異世界人 ショウゴ・タグチ/田口省吾

ショウゴ・タグチは、数年前にラーゼンによって日本から異世界へと召喚された者の1人。ラーゼンに召喚された者たちは、性格に問題がある者ほど強力な戦闘系スキルを習得できると言う理由で選ばれた者たちで、ファルムス王国内では優遇されている立場にはいるものの、上から抑圧されていることには不満を覚えており、密かにラーゼンを抹殺する機会を伺っています。

ショウゴはツンツンと尖った黒髪の男性で、我が強く凶暴で、人を殺すことに快楽を覚えています。ファルムス王国の先遣隊としてリムルの国に侵攻した際には、「乱暴者(アバレルモノ)』というスキルを用いて、国民たちを殺害しました。

後にゲルドと戦った際に圧倒されてしまい、キララ・ミズタニを殺害して新たなスキルを会得しましたが、結局全く歯が立たずに追い詰められることに。そこをラーゼンによって助けられたものの、彼に精神を破壊されて身体を乗っ取られるという悲惨な末路を辿ることになりました。

ショウゴ・タグチの声優は小林千晃(こばやし・ちあき)さん

そんなショウゴ・タグチの声を担当するのは、大沢事務所に所属する声優の小林千晃さん。1994年6月4日生まれで、神奈川県出身。2019年に配信されたWebアニメ『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』のヒロト役で、アニメ初主演を果たしました。

その他にもこれまでに、『SK∞ エスケーエイト』の馳河ランガ役、『憂国のモリアーティ』のルイス・ジェームズ・モリアーティ役、『ブギーポップは笑わない』の竹田啓司役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター19:ファルムス王国の異世界人 キョウヤ・タチバナ/橘恭弥

キョウヤ・タチバナは、数年前にラーゼンによって日本から異世界へと召喚された者の1人。ニコニコと笑った顔が印象的な男性で、一見優等生のように見えますが、中身は非常に残忍で人を斬りたいという欲望を抱いています。

ファルムス王国の先遣隊としてリムルの国に侵攻した際には、ショウゴらとともに国民たちを殺害。一度は自身の保有するスキル「断絶者(キリサクモノ)」で弱体化していたハクロウを退けたものの、それが解けた彼の「朧流水斬(おぼろりゅうすいざん)」によって一瞬で斬り殺されることになりました。

キョウヤ・タチバナの声優は野上翔(のがみ・しょう)さん

そんなキョウヤ・タチバナの声を担当するのは、ヴィムスに所属する声優の野上翔さん。愛称は「のがみん」。1988年9月4日生まれで、大分県別府市出身。血液型はAB型。趣味は特撮(仮面ライダー)で、特技はクレーム対応をすることです。2014年に放送されたテレビアニメ『一週間フレンズ』の長谷祐樹のクラスメート役で、アニメデビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『アイドルマスター SideM』の伊瀬谷四季役、『ゾイドワイルド ZERO』のレオ・コンラッド役、『TSUKIPRO THE ANIMATION』の久我壱流役などを担当しています。

『転生したらスライムだった件』キャラクター20:ファルムス王国の異世界人 キララ・ミズタニ/水谷希星

キララ・ミズタニは、数年前にラーゼンによって日本から異世界へと召喚された者の1人。ボブカットの髪の女性で、気にくわないことがあると怒り出してしまう子どもっぽさがります。ショウゴらと共にファルムス王国の先遣隊としてリムルの国に侵攻した際は、精神に干渉して相手を意のままにすることのできるスキル「狂言師(マドワスモノ)」を使用して騒動を起こそうとしたものの、シュナによってすぐに無効化されてしまいました。

後にゲルドに圧倒されてしまったショウゴが自己強化を行うための生贄として殺されてしまうことに。召喚された際に自分のスキルが何かわからないまま衝動的に「死んでしまえ」と叫んでしまったことで周りの者たちを殺してしまったことがあり、それから心の一部を麻痺させていましたが、その奥底では家に帰ることを望んでいた模様です。

キララ・ミズタニの声優は河野(こうの)ひよりさん

そんなキララ・ミズタニの声を担当するのは、FIRST WIND productionに所属する声優の河野ひよりさん。 愛称は「ぴよちゃん」。1998年6月21日生まれで、山梨県出身。身長164cmで、血液型はA型。趣味・特技は、本を読むことや写真を撮ること、字を書くことです。これまでに『ヒーリングっど♥プリキュア』の平光ひなた/キュアスパークル役、『約束のネバーランド』のフィル役、『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』のポチ役などを担当しています。

記事にコメントするにはこちら