【進撃の巨人】女性キャラクター一覧<パラディ島その他&海外編>(前編)

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 進撃の巨人

講談社発行の大人気漫画作品『進撃の巨人』。人を捕食する謎の存在・巨人がいる世界を舞台に、主人公の少年・エレン・イェーガーが巨人への憤りと自由への渇望を胸に、巨人を駆逐するために戦う物語が展開されます。そんな本作に登場する女性キャラクターについて、声優情報や俳優情報も交えて、前編・後編に分けてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『進撃の巨人』とは?

『進撃の巨人』は、講談社発行の「別冊少年マガジン」で連載されていた漫画作品。作者は、今作が初連載作品となった漫画家の諫山創(いさやま・はじめ)さん。2009年10月号(創刊号)より連載が開始され、2021年5月号に掲載された第139話で堂々の完結を迎えました。2019年12月時点で、シリーズ累計発行部数は1億部を突破。講談社発行の漫画作品の中で1億部を突破したのは、人気推理漫画「金田一少年の事件簿シリーズ」に続いて2作品目となりました。

2013年にテレビアニメ第1期が放送され、2017年に第2期、2018年から翌年にかけて第3期が放送されました。2020年12月から2021年3月にかけては、第4期「The Final Season」Part.1が放送され、2021年冬にその続編の放送が予定されています。この他にも小説やゲーム、スピンオフ漫画など多種多様なメディアミックス展開がなされており、2015年には『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』と『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』が、実写映画の前後篇2部作として公開されました。

物語のあらすじ

物語の舞台は、人類を捕食する謎の人型の存在「巨人」がいる世界。巨人たちによる脅威から身を守るため、人々は三重の壁の内側にある居住区で生活していました。その壁を破られた際に巨人に母親を捕食された主人公・エレン・イェーガーは、自由への渇望と巨人への憎しみを胸に、壁外調査を行う型破りな集団「調査兵団」に入ります。その調査兵団が活躍するにつれ、物語の中では次々と衝撃的な真実が明らかになっていくのです。

人々を恐怖させてきた巨人とは、実は元は「エルディア人(またはユミルの民)」と呼ばれる人間であり、エレンたちこそがそのエルディア人であったのです。そしてエレンたちが生活している場所は「パラディ島」と呼ばれる島であり、海の向こうには実は様々な国が存在していたのでした。エルディア人はかつてその巨人化の力を使って、他民族を蹂躙した凄惨な歴史を持っていました。それ故に、海の向こうのマーレ国にいるエルディア人は被差別の立場に置かれるとともに巨人化する兵器として利用され、パラディ島にいるエレンたちもまた海外の人たちから強く憎しみを受けていたのです。

物語序盤ではいかにして巨人を駆逐し、自分たちの自由を取り戻すかを考えていたエレンたちは、その真実を知った後、海外の人々から強く憎まれるなかでいかにして自分たちは生き延びていくか、その道を模索することになります。

ここからは、そんな本作に登場するパラディ島の兵団以外の女性キャラクターや、海外の女性キャラクターについて、声優情報や俳優情報も含めてご紹介していきます!

『進撃の巨人』女性キャラクター1:エレンの母親 カルラ・イェーガー

カルラ・イェーガーは、エレン・イェーガーの母親。エレンによく似た顔立ちをした長い黒髪の女性で、誕生日は1月29日。身長165cmで、体重は58kg。酒場のウェイトレスとして働いていた頃に客として来たグリシャと出会い、医者である彼の手によって謎の疫病から救われたことをきっかけに結婚。彼との間に一人息子のエレンをさずかり、死亡率の高い調査兵団に入ることを希望するエレンのことを心配していました。

慈愛豊か且つ気丈な性格の女性で、両親を殺されて天涯孤独となってしまったミカサ・アッカーマンがイェーガー家に引き取られた後は、息子のエレン同様の愛情を彼女に注いでいました。845年の巨人による襲撃の際、超大型巨人によって蹴破られた扉の破片を受けて倒壊してしまった家の下敷きとなり、駐屯兵団所属の兵士・ハンネスにエレンとミカサを託した後、巨人に捕食されて死亡。この出来事がエレンが強烈に巨人を憎むきっかけとなりました。

後にエレンが根底から自信を喪失してしまった際、カルラのことをよく知っていた訓練兵団の教官・キース・シャーディスから、彼女がかつて赤ん坊のエレンのことを「この子はもう偉いんです。この世界に生まれて来てくれたんだから」と語っていたことを聞かされ、エレンはこのことをきっかけに立ち直ることになりました。

カルラ・イェーガーの声優は鷹森淑乃(たかもり・よしの)さん

そんなカルラ・イェーガーの声を担当するのは、アーツビジョンに所属する声優の鷹森淑乃さん。1963年11月23日生まれで、千葉県市川市出身。身長152cmで、血液型はA型。趣味・特技はピアノです。1984年に放送されたテレビアニメ『超力ロボ ガラット』のパティ・パンプキン役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『アイドル伝説えり子』の仲田靖子役、『ふしぎの海のナディア』のナディア・ラ・アルウォール役、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のトリシャ・エルリック役などを担当。娘は、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のうちはイズミ役や『ブラッククローバー』のシエル役などで知られる同じ声優の松井暁波(まつい・あきは)さん。

カルラ・イェーガーの実写映画のキャストは緒川(おがわ)たまきさん

実写映画でカルラ・イェーガー役を担当するのは、ラウダに所属する俳優の緒川たまきさん。1972年2月11日生まれで、広島県出身。身長169cmで、血液型はB型。2009年に、劇作家・演出家・映画監督などとして活躍するケラリーノ・サンドロヴィッチさんとの結婚を発表しています。

これまでに映画『ナチュラル・ウーマン』の諸凪花世役、映画『陰日向に咲く』のジュピター役、映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』の青木保子役などを担当。フジテレビのバラエティ番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』内のコーナー「ガセビアの沼」では、「ウソつき」と語りかける役としてレギュラー出演していました。

『進撃の巨人』女性キャラクター2:東洋の一族 ミカサの母親

ミカサの母親は、東洋の一族の1人。ミカサと同じ黒髪の女性で、誕生日は11月8日。身長158cmで、体重は48kg。東洋の一族は壁内では迫害される立場にあり、アッカーマン家の分家筋にあたる夫もまた迫害される立場にありました。その中で出会った2人は、シガンシナ区の郊外で人目を避けながら、一人娘のミカサとともに幸せな家庭を築いていました。エレンの父親であり医者でもあったグリシャとは、診療の関係で親交があった模様です。

844年に東洋の血を引いた者の希少性に目をつけた3人組の人さらいからの襲撃を受けた際、最初から殺害対象となっていた夫はすぐに刺殺され、ミカサだけでも逃がそうと抵抗した彼女もまた逆上した人さらいによって殺されることになりました。

彼女は生前、東洋の一族の証として受け継がなければいけない「印」をミカサの腕に刺青として残していました。後にミカサに刻まれたこの「印」は、パラディ島に訪れたヒィズル国の外交官・キヨミ・アズマビトの目にふれた際に、彼女から将軍家の末裔であると認められる証となりました。

ミカサの母親の声優は広瀬有香(ひろせ・ゆうか)さん

そんなミカサの母親の声を担当するのは、アクセントに所属する声優の広瀬有香さん。1月19日生まれで、北海道出身。身長は168cm。趣味・特技は、日本舞踊やヨガ、バドミントンです。これまでに『アクエリオンEVOL』のエイ・チャン役、『ダンボール戦機』の石森里奈役、『革命機ヴァルヴレイヴ』のアウレリア役などを担当しています。

『進撃の巨人』女性キャラクター3:口減らしで亡くなった女性 アルミンの母親

アルミンの母親は、エレンとミカサの幼馴染であるアルミン・アルレルトとよく似た髪色の女性。誕生日は6月5日。『進撃の巨人 キャラクター名鑑』において夫とともにビジュアルが明らかになっており、アルミンは髪・鼻・眉毛に関しては母親似で、眼に関しては父親似です。

原作の方ではアルミンの発言から王政による口減らしのために亡くなったことがわかっていますが、キャラクター名鑑の方では気球で壁外に出ようとしたために中央第一憲兵団所属のジェル・サネスたちによって殺害されたと記されています。

『進撃の巨人』女性キャラクター4:サシャの母親 リサ・ブラウス

リサ・ブラウスは、エレンたちと同じ第104期訓練兵団卒業生のサシャ・ブラウスの母親。サシャと同じ黒髪の中年女性で、夫のアルトゥル同様に温厚で善良な人格を持った人物です。マーレ編以降では巨人による被害で身寄りをなくしてしまった子どもたちを夫と協力して育てており、後に自分たちのところにやってきたマーレの戦士候補生・ガビ・ブラウンが犯した過ちを知っても、夫とともに憎しみに囚われない道を選びました。

リサの声優は岩男潤子(いわお・じゅんこ)さん

そんなリサの声を担当するのは、フリーランスで活躍している声優の岩男潤子さん。愛称は「 岩(がん)ちゃん」。1970年2月18日生まれで、大分県別府市出身。血液型はAB型。1994年に放送されたテレビアニメ『モンタナ・ジョーンズ』のメリッサ・ソーン役で声優デビューを果たしました。

透明感と繊細さを感じさせる声が特徴的で、その他にもこれまでに『新世紀エヴァンゲリオン』の洞木ヒカリ役、『カードキャプターさくら』の大道寺知世役、『魔法少女まどか☆マギカ』の早乙女和子役などを担当しています。

『進撃の巨人』女性キャラクター5:ラガコ村の巨人 コニーの母親

コニーの母親は、エレンたちと同じ第104期訓練兵団卒業生・コニー・スプリンガーとよく似た顔立ちをした女性。誕生日は12月1日。壁内にあるラガコ村で暮らしていますが、娘のサニー、息子のマーティン、そして夫とともに、マーレの戦士のジークに手によって巨人化することになりました。

他の者たちは皆、壁内に突如出現した巨人として討伐されてしまいましたが、巨人化したコニーの母親だけは足が不自由だったためにひっくり返った状態で生きたまま発見されました。ラガコ村にコニーがやってきた際、コニーに向かって「オ…アエリ…」と話しかけています。

『進撃の巨人』女性キャラクター6:ヒストリアの母親 アルマ

アルマは、第104期訓練兵団卒業生であるヒストリア・レイスの母親。ヒストリアと同じ金髪に美しい顔立ちをした女性で、誕生日は7月14日。身長168cmで、体重は54kg。元々は壁内の真の王家であるレイス家の使用人として働いていましたが、ロッド・レイスと関係を持ったことで私生児としてヒストリアを出産しました。その後にロッドの正妻や側室になれるようなことはなく、むしろ王政にとっての邪魔な存在としてレイス家領地内にある牧場で父母やヒストリアと共に過ごすことになりました。

ヒストリアに対しては全く愛情を抱けず、彼女が好奇心で抱きついてきたときには「こいつを殺す勇気が私にあれば」と涙ぐみながら口にしていました。その後は彼女の前から姿を消していましたが、ウォール・マリア陥落後にロッドと共にヒストリアと暮らすことになった際に、王家の穢れを排除するべく現れた中央第一憲兵団に行く手を阻まれ、ヒストリアを差し出して命乞いをしましたが、結局ヒストリアの目の前で喉をかき切られて始末されることになりました。

アルマの声優は根谷美智子(ねや・みちこ)さん

そんなアルマの声を担当したのは、フリーランスで活躍している声優の根谷美智子さん。愛称は「ネヤピー」。1965年10月4日生まれで、福井県越前市出身。身長156cmで、血液型はA型。特技はスキーです。1988年に放送されたテレビアニメ『ハーイあっこです』で声優デビューを果たしました。

レギュラーデビューを果たしたのは、1992年に放送された『地球SOS それいけコロリン』のフロン役。その他にもこれまでに、『鋼の錬金術師』のリザ・ホークアイ役、『交響詩篇エウレカセブン』のタルホ・ユーキ役、『テイルズ オブ ジ アビス』のナタリア・ルツ・キムラスカ・ランバルディア役などを担当しています。

『進撃の巨人』女性キャラクター7:リヴァイの母親 クシェル・アッカーマン

クシェル・アッカーマンは、調査兵団で「人類最強の兵士」と讃えられているリヴァイの母親。中央第一憲兵団・対人立体機動部隊隊長を務めるケニー・アッカーマンの妹でもあります。リヴァイと同じ黒髪につり目をした女性で、誕生日は5月20日。身長164cmで、体重は43kg。兄のケニーとともにアッカーマン家に産まれた彼女は、迫害から逃れるなかで彼とは生き別れとなってしまいました。

その後は地下街の娼館で「オランピア」という源氏名で働き、客との間に身ごもったリヴァイを産んで育てていましたが、客から移された病気によって帰らぬ人となりました。幼くして母親をなくしたリヴァイは、その後ケニーによって生きる術を授けられることになりました。

『進撃の巨人』女性キャラクター8:サシャに助けられた少女 カヤ

カヤは、ダウパー村付近でサシャ・ブラウスの手によって助けられた少女。明るい色の髪と丸みを帯びた顔立ちが特徴的な少女で、誕生日は2月23日。ウォール・ローゼ内に複数の巨人が出現した際に、足の不自由な母親とともに逃げ遅れてしまい、生きたまま母親が食いちぎられていく地獄を目の前にして身動きがとれなくなっていました。そこを薪割り用の斧を持って巨人に襲いかかったサシャによって助け出され、それ以来サシャのように困った人を助けられる人間になりたいと思うようになりました。

サシャの両親に引き取られて以降は、他の孤児たちとともにサシャの両親の営む厩舎で働くことに。パラディ島内で脱走していたガビとファルコを偶然見つけた際は、彼らがマーレ出身であることを知りながらも親しく接し、自分の暮らしているブラウス家に招いて彼らの助けになろうとしました。しかし、ガビの犯してしまった過ちを知った後は彼女に対して激しい憎しみを抱くようになります。

カヤの声優は浜崎奈々(はまさき・なな)さん

そんなカヤの声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属する声優の浜崎奈々さん。9月6日生まれで、東京都出身。血液型はB型。趣味は動物で、 特技は絵を描くことです。これまでに『アイドルマスター ミリオンライブ!』の福田のり子役、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII』のイルタ・ファーナ役、『とある魔術の禁書目録III』のスマートヴェリー役などを担当しています。

『進撃の巨人』女性キャラクター9:レイス家長女 フリーダ・レイス

フリーダ・レイスは、壁内の真の王家であるレイス家に産まれた長女。長い黒髪につり目をした女性で、誕生日は2月2日。身長171cmで、体重は57kg。15歳の頃に、レイス家に伝わる巨人化の薬を使用して巨人化した後に叔父のウーリを捕食し、全ての巨人の頂点とも言える「始祖の巨人」の力と初代王の思想を継承しました。その前は「先祖の亡霊には負けない」と言って抵抗するつもりでいましたが、結果的に先祖の思想に支配されることになりました。

明るく気さくな性格で領内の住民たちからは慕われており、異母妹のヒストリアのことを気にかけて度々会いに行っていましたが、その度に始祖の巨人の力を使って記憶を封じていたために、ヒストリアからは長年その存在を認識されずにいました。そのときにヒストリアに読み書きを教えるなど優しく接していたため、記憶を取り戻した彼女からは大好きだったと語られていました。ウォール・マリアが突破された845年に、エレンの父親であるグリシャと互いに巨人化して交戦。最終的に彼に捕食されたことで死亡し、始祖の巨人の力を奪われることになりました。

フリーダ・レイスの声優は日笠陽子(ひかさ・ようこ)さん

そんなフリーダ・レイスの声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属する声優の日笠陽子さん。愛称は「ひよっち」や「ぴかしゃ」。1985年7月16日生まれで、神奈川県出身。身長155cmで、血液型はO型。趣味は服飾やソフトボール、バスケットボールで、特技は裁縫やモノマネです。2007年に放送されたテレビアニメ『スケッチブック 〜full color’s〜』の根岸みなも役でアニメデビューを果たしました。

声優として注目を浴びるようになったきっかけは、2009年に放送されたテレビアニメ『けいおん!』の秋山澪役。その他にもこれまでに「戦姫絶唱シンフォギアシリーズ」のマリア・カデンツァヴナ・イヴ役、『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』の霧切響子役、『SHAMAN KING』の麻倉葉役などを担当しています。

日笠陽子さんは、テレビアニメ『進撃の巨人 Season1』の前期エンディングテーマ曲「美しき残酷な世界」の歌唱も担当しています。これが日笠陽子さんのデビューシングルとなりました。

『進撃の巨人』女性キャラクター10:レイス家 ロッドの妻

ロッドの妻は、レイス家の女性。髪をオールバックにした中年女性で、誕生日は5月17日。ロッド・レイスとの間に、フリーダ、ウルクリン、ディルク、エーベル、フロリアンという5人の子どもを産んでいました。自身が抱えた娘のフロリアンとともに、巨人化したグリシャによって踏み潰されて死亡しました。

『進撃の巨人』女性キャラクター11:レイス家次女 エーベル・レイス

エーベル・レイスは、レイス家に産まれた次女。母親と同じブロンドの髪をした少女で、誕生日は8月7日。家族全員でレイス家礼拝堂の地下にある洞窟に集まっていた際、巨人化したグリシャによって叩き潰されて死亡しました。享年は12歳。

『進撃の巨人』女性キャラクター12:レイス家三女 フロリアン・レイス

フロリアン・レイスは、レイス家に産まれた三女。フリーダ同様の長い黒髪をした少女で、誕生日は1月14日。レイス家の中では末っ子でした。他の家族と同じように、レイス家礼拝堂の地下にある洞窟にやってきたグリシャによって踏み潰されて死亡しています。享年は10歳。

記事にコメントするにはこちら