【進撃の巨人】女性キャラクター一覧<パラディ島兵団編>(前編)

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 進撃の巨人

諫山創さんによるダークファンタジー漫画作品『進撃の巨人』。人間を捕食する巨人が存在する世界を舞台に、主人公の少年・エレン・イェーガーが自由を求めて戦い続ける様が描かれます。本記事では、パラディ島の兵団に所属する女性キャラクターについて、声優情報や俳優情報も含めて、前編・後編に分けてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『進撃の巨人』とは?

『進撃の巨人』は、諫山創(いさやま・はじめ)さんによるダークファンタジー漫画作品。講談社発行の「別冊少年マガジン」において2009年10月号(創刊号)から連載が開始され、2021年5月号に掲載された第139話で完結を迎えました。2019年12月時点で、シリーズ累計発行部数はなんと1億部を突破。講談社が発行した漫画の中で1億部を突破したのは、「金田一少年の事件簿シリーズ」に続いて2作品目となります。

テレビアニメは2013年に第1期が放送され、2017年に第2期、2018年から2019年にかけて第3期が放送されました。その後、2020年12月から2021年3月にかけて第4期「The Final Season」Part.1が放送され、2021年冬にその続きの放送が予定されています。この他にもスピンオフ漫画、小説、ゲームなどの多様なメディアミックスが展開されており、2015年には実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』と『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』が、前後篇2部作として公開されました。

物語のあらすじ

人類を捕食する、謎の人型の存在「巨人」。その巨人から自分たちを守るため、人々は巨大な三重の壁の内側にある居住区に暮らしていました。その壁を破られて母親を巨人に捕食されてしまった主人公・エレン・イェーガーは、巨人への強い憤りと自由への渇望を胸に、壁外調査を行う型破りな集団「調査兵団」に入ることを決意します。物語の中でその調査兵団が活躍するにつれ、衝撃的な真実が次々と明らかになっていきます。

人々を恐怖に陥れてきた巨人とは実は元は「エルディア人(またはユミルの民)」と呼ばれる人間であり、エレンたちこそが実はそのエルディア人であったことが明らかになります。そしてエレンたちが暮らしている場所は「パラディ島」と呼ばれる島であり、海の向こうには実は国が存在していたことが明らかになるのです。エルディア人はかつて巨人化の力を行使して、他民族を蹂躙した凄惨な歴史を持っていました。それ故に、海の向こうのマーレ国にいるエルディア人は被差別の立場に置かれるとともに巨人化する兵力として利用され、パラディ島にいるエレンたちもまた海外の人々から強く憎まれていたのでした。

物語序盤ではいかにして巨人を駆逐するかを考えていたエレンたちは、その真実を知った後、海外の人々から強い憎しみを受けるなかでいかにして自分たちは生き延びていくか、その道を模索することになります。

ここからは、そんな本作に登場する女性キャラクターについて、声優情報や俳優情報も含めてご紹介していきます!

『進撃の巨人』女性キャラクター1:第104期訓練兵団卒業生 ミカサ・アッカーマン

ミカサ・アッカーマンは、本作のヒロイン。誕生日は2月10日。身長170cmで、体重は68kg。第104期訓練兵団を首席で卒業し、調査兵団に所属しました。壁内人類の中ではほぼ絶滅したとされる東洋の一族の母と、かつて王政の懐刀として仕えていた武家・アッカーマン家の分家出身の父との間に生まれた少女で、母親譲りの黒髪と整った顔立ちをしています。

幼い頃は両親とともに壁内で慎ましやかに暮らしていましたが、突如家にやってきた3人組の人さらいによって両親を惨殺されてしまいます。そのまま連れさらわれかけたところをエレンによって助けられ、彼の「戦え!」という呼びかけを受けて、自ら人さらいを刺殺。この時にミカサはアッカーマン家の血の元に力に目覚めたような感覚を覚え、以後自己を完全な制御下におけるような驚異的なまでの身体能力を引き出せるようになりました。

身寄りをなくしてしまったミカサはイェーガー家に引き取られることになり、エレンが自分に巻いてくれたマフラーを大切な宝物にするようになります。ミカサが戦うのは、自分にとって何よりも大切な存在であるエレンを守るため。同じ調査兵団の兵士としてエレンを守ることに尽力しますが、マーレ編以後は仲間に何も言わずに独自の行動をとるようになった彼に思い悩むようになります。

ミカサ・アッカーマンの声優は石川由依(いしかわ・ゆい)さん

そんなミカサ・アッカーマンの声を担当するのは、mitt managementに所属する声優・俳優の石川由依さん。愛称は「いっしー」や「ゆいっしー」。1989年5月30日生まれで、兵庫県出身。身長161cmで、血液型はAB型。特技はクラシックバレエやジャズダンス、タップダンスです。2007年に放送されたテレビアニメ『ヒロイック・エイジ』に登場するディアネイラ役でアニメデビューを果たしました。

透明感のある硬質な声が特徴的で、その他にもこれまでに『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のヴァイオレット・エヴァーガーデン役、『トロピカル〜ジュ!プリキュア』の一之瀬みのり(キュアパパイア)役、『アズールレーン』のエンタープライズ役などを担当しています。

ミカサ・アッカーマンの実写映画のキャストは水原希子(みずはら・きこ)さん

実写映画でミカサ・アッカーマン役を担当したのは、株式会社KIKOに所属するファッションモデル・俳優の水原希子さん。1990年10月15日生まれで、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身。身長168cmで、血液型はA型。アメリカ人の父親と、日本生まれの韓国人の母親との間に生まれました。2010年に公開された村上春樹さん原作の映画『ノルウェイの森』の小林緑役に抜擢されたことをきっかけに、俳優デビューを果たしています。

テレビドラマに初出演したのは、2013年に放送されたNHK大河ドラマ『八重の桜』の山川捨松役。その他にもこれまでに、映画『ヘルタースケルター』の吉川こずえ役、映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』の天海あかり役、テレビドラマ『失恋ショコラティエ』の加藤えれな役などを担当しています。

『進撃の巨人』女性キャラクター2:第104期訓練兵団卒業生 アニ・レオンハート

アニ・レオンハートは、第104期訓練兵団を4番の成績で卒業した少女。誕生日は3月22日。身長153cmで、体重は54kg。鋭い目つきをした彫りの深い顔立ちの少女で、他者との不要な馴れ合いをしない冷静沈着な性格の持ち主。10代の白人の少女としては小柄な体格をしているものの、父親から教え込まれた蹴り技主体の格闘術を得意としており、大柄な男性が相手であっても立ち向かうことができます。

本人曰く「現実離れした無意味な世界から遠ざかりたい」との考えから憲兵団入りを志望し、同期の上位成績者たちのほとんどが調査兵団を志望したなか、彼女は当初の希望通りに憲兵団に入団。後に、彼女の正体は「女型の巨人」の巨人化能力者で、マーレの戦士として、「始祖の巨人」と呼ばれる全ての巨人の頂点とも言える巨人の奪還任務のために壁内に潜入していたことが明らかになります。

壁内のストへス区での交戦の末に捕獲された際、巨人の硬化能力の応用でつくりだした超硬質の水晶体の中に自分自身を閉じ込めて、追及を逃れて長い眠りにつくことになりました。その後、彼女の入った水晶体は兵団本部の地下室に安置されることになりましたが、終盤の展開で硬質化が解けて目覚めることに。偶然アルミンたちと出会った後、彼らと行動を共にすることになります。

アニ・レオンハートの声優は嶋村侑(しまむら・ゆう)さん

そんなアニ・レオンハートの声を担当するのは、賢プロダクションに所属する声優の嶋村侑さん。1985年4月18日生まれで、東京都出身。血液型はA型。元は俳優を志望していましたが、2005年から2006年にかけて配信されたWebアニメ『リーンの翼』のヒロインであるリュクス・サコミズ役に抜擢されたことをきっかけに、声優デビューを果たすことになりました。

その他にもこれまでに、『機動戦士ガンダムAGE』のミレース・アロイ役や幼少期のフリット・アスノ役、『Go!プリンセスプリキュア』の春野はるか(キュアフローラ)役、『文豪ストレイドッグス』の与謝野晶子役などを担当しています。

『進撃の巨人』女性キャラクター3:第104期訓練兵団卒業生 サシャ・ブラウス

サシャ・ブラウスは、第104期訓練兵団を9番で卒業した少女。誕生日は7月26日。身長168cmで、体重は55kg。一見誰に対しても敬語で接して如才ないように振舞っているように思えますが、実際の中身はマイペースで野性味に溢れています。並外れて食い意地が張っており、夕食で久々に肉が出された際は、我を忘れて同期のジャン・キルシュタインの手を食べてしまいかねないほどの大暴走っぷりを見せました。

壁内にある狩猟を生業とした寒村・ダウパー村の出身で、森の外の世界に対する恐れや劣等感を抱きながらも、兵士となるために訓練兵団に所属。その後、初陣で植えつけられた巨人への恐怖心や、同期を失った悲しみに苛まれながらも、兵団の中では最も危険な調査兵団に入団することを決意しました。

作中ではコメディリリーフな役回りが目立つサシャではありますが、巨人が出現した村に置き去りにされた少女・カヤを助けるために、薪割り用の斧や弓矢を用いて単身巨人と渡り合ったことも。それ以来、カヤからはサシャのような人間になりたいと、憧れの気持ちを抱かれています。また、パラディ島に捕虜として留まることになったマーレ軍の兵士・ニコロは、自分の料理を食べたサシャが「あなたは天才です!!」と絶賛してくれたことに心動かされて料理人としての矜持を取り戻した経験をしており、それ以来彼女に対して強い感謝の念を抱いています。

サシャ・ブラウスの声優は小林(こばやし)ゆうさん

そんなサシャ・ブラウスの声を担当するのは、ホーリーピークに所属する声優の小林ゆうさん。愛称は「ゆうちゃん」や「画伯」など。1982年2月5日生まれで、東京都出身。身長168cmで、血液型はO型。特技はダンスや大縄跳びです。2004年に発売されたドラマCD「悪魔のミカタ 第一章 – 第三章」の小鳥遊恕宇役で声優デビューを果たしました。

女性役・男性役双方を演じられるハスキーな声が特徴的で、その他にもこれまでに、『東京喰種トーキョーグール:re』のカナエ=フォン・ロゼヴァルト役、『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』のエルキドゥ役やキングゥ役、『オルタンシア・サーガ』のアーデルハイド・オリヴィエ役などを担当しています。

サシャ・ブラウスの実写映画のキャストは桜庭(さくらば)ななみさん

実写映画でサシャ・ブラウス役を担当したのは、スウィートパワーに所属する俳優の桜庭ななみさん。1992年10月17日生まれで、鹿児島県出身。身長163cmで、血液型はO型。趣味はピアノやアコーディオン、映画鑑賞などで、特技は中国語(中級レベル以上)や韓国語(日常会話レベル)、バレーボールなどです。2008年に放送されたテレビドラマ『栞と紙魚子の怪奇事件簿』の沢本冬美役で俳優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、テレビドラマ『ふたつのスピカ』の鴨川アスミ役、映画『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』の篠森香奈役、映画『人狼ゲーム』の仁科愛梨役などを担当。2009年に公開された細田守監督のアニメーション映画『サマーウォーズ』で声優に初挑戦しており、ヒロインの篠原夏希役を演じました。

『進撃の巨人』女性キャラクター4:第104期訓練兵団卒業生 クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス

クリスタ・レンズは、第104期訓練兵団を10番の成績で卒業した少女。誕生日は1月15日。身長145cmで、体重は42kg。金髪碧眼に小柄な体格をした可憐な容姿の少女で、体調を崩した者を介抱したり、お腹をすかせた者に食べ物を分け与えたりするなどの献身的な性格から、周囲から「女神」「神様」と思われることも。850年のトロスト区奪還戦後に、巨人と戦うことへの恐れを抱きながらも調査兵団に入団しました。

「クリスタ・レンズ」は偽名で、本名は「ヒストリア・レイス」。壁の中の真の王家の血を引くロッドレイスと、彼の浮気相手のアルマとの間に生を受けました。周囲からも、実の母親からも疎まれて育ち、「王家の穢れ」の排除を目的に始末されそうになったときに、ロッドから「名前を変えて遠く離れた場所で慎ましく生きるのなら」という条件を出されて開拓地に送られ、その後訓練兵団に所属することになりました。

それ以来「いい子」を演じて死に場所を求めてきましたが、訓練兵団でユミルと出会い、彼女から「胸張って生きろよ」と背中を押されたのをきっかけに自分自身を生きることを決意。自分を利用しようとしたロッドが巨人化した後に自らの手で決着をつけ、壁の中の新たな女王として即位しました。

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイスの声優は三上枝織(みかみ・しおり)さん

そんなヒストリア・レイスの声を担当するのは、青二プロダクションに所属する声優の三上枝織さん。愛称は「みかしー」や「しおりん」。1989年1月6日生まれで、青森県出身。身長160cmで、血液型はO型。趣味は写真撮影で、特技はピアノ演奏をすること。2008年に放送されたテレビアニメ『しゅごキャラ!』の女子生徒役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『ゆるゆり』の赤座あかり役、『俺を好きなのはお前だけかよ』のあすなろ(羽立桧菜)役、『甘城ブリリアントパーク』のコボリー役などを担当しています。

『進撃の巨人』女性キャラクター5:第104期訓練兵団卒業生 ユミル

ユミルは、第104期訓練兵団の卒業生の1人。誕生日は2月17日。身長172cmで、体重は63kg。頰にあるそばかすと鋭い目つきが特徴的な少女で、打算的で歯に衣着せぬ物言いをよくしています。普段はやる気なさげに振舞っていますが、実際は優れた頭脳と身体能力を持っており、本当であれば第104期の中でも上位の成績を収められるはず逸材でしたが、密かにその立場を同期のクリスタ・レンズに譲っていました。

その正体はマーレ出身の巨人化能力者。物乞いの孤児であった彼女は、始祖ユミルを崇めるカルト教団の教祖に仕立て上げられ、「ユミル」という名前を与えられました。その後、治安当局によって教団幹部の者たちと共にパラディ島に送られた際に注射を打たれ、長い時を無知性巨人として壁外を彷徨うことに。偶然にもマーレの戦士であるマルセル・ガリアードを捕食したことをきっかけに彼の持つ「顎の巨人」を継承し、知性を取り戻して人間の姿を取り戻すことができました。

人々のために「ユミル」を演じ続けてきた彼女は、自分の運命への復讐のために、その名前のままイカした人生を送ってやることを決意。壁内に侵入した後、ウォール教関係者の会話からクリスタが自分と似たような境遇にあることを知ったユミルは、訓練兵団に入って彼女に近づいてみることに。いつしか彼女のことを何よりも大切だと思うようになっていたユミルは、自分の正体を明かした際に「胸張って生きろよ」と、彼女に自分自身を生きる道を指し示したのでした。

ユミルの声優は藤田咲(ふじた・さき)さん

そんなユミルの声を担当したのは、アーツビジョンに所属する声優の藤田咲さん。 愛称は「さっきぃ」や「咲ちゃん」など。1984年10月19日生まれで、東京都出身。身長は153cm。趣味・特技は書道です。2005年に放送されたテレビアニメ『SPEED GRAPHER』の国分寺こずえ役で声優デビューを果たしました。

初めてメインキャストを担当したのは、2006年に放送されたテレビアニメ『つよきす Cool×Sweet』の蟹沢きぬ役。その他にもこれまでに、『ガンダムビルドファイターズトライ』のキジマ・シア役、『キラキラ☆プリキュアアラモード』の琴爪ゆかり(キュアマカロン)役、『WORKING!!』の伊波まひる役などを担当しています。

『進撃の巨人』女性キャラクター6:第104期訓練兵団卒業生 ミーナ・カロライナ

ミーナ・カロライナは、第104期訓練兵団の卒業生の1人。誕生日は3月24日で、壁内にあるトロスト区出身。身長143cmで、体重は48kg。長い黒髪をおさげにしている少女で、エレンの言葉を受けて調査兵団への所属を考えていました。トロスト区攻防戦では、エレンと同じ訓練兵団34班に所属。立体機動中に巨人にワイヤーを掴まれて壁に叩きつけられたことをきっかけに脳震盪を起こし、自分を覗き込む巨人に捕食されて死亡しました。

ミーナ・カロライナの声優は安済知佳(あんざい・ちか)さん

そんなミーナ・カロライナの声を担当するのは、エイベックス・ピクチャーズに所属する声優の安済知佳さん。1990年12月22日生まれで、福井県出身。身長164cmで、血液型はO型。趣味はゲームの攻略本を熟読することで、特技は跳び箱のネックスプリングです。2009年に放送されたテレビアニメ『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』の御子神ナギサ役で声優デビューを果たしました。

初主演を担当したのは、2014年に放送されたテレビアニメ『棺姫のチャイカ』のチャイカ・トラバント役。その他にもこれまでに、『響け! ユーフォニアム』の高坂麗奈役、『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』のキャサリン・ロシュフォール役、『SSSS.DYNAZENON』の飛鳥川ちせ役などを担当しています。

『進撃の巨人』女性キャラクター7:第104期訓練兵団卒業生 ハンナ・ディアマント

ハンナ・ディアマントは、第104期訓練兵団の卒業生の1人。誕生日は4月12日。身長154cmで、体重は50kg。茶髪を1つ結びにしたそばかすの少女で、訓練兵団で共に過ごしてきたフランツ・ケフカとは、エレン曰くの「バカ夫婦」レベルの相思相愛の関係にありました。争うことを好まない穏やかで優しい性格でしたが、トロスト区攻防戦で「必ず君を守る」と誓ってくれたフランツの死を受け入れずことができず、上半身のみが残された遺体に蘇生措置を続ける錯乱状態に陥っていました。

ハンナ・ディアマントの声優は佐藤恵(さとう・めぐみ)さん

そんなハンナ・ディアマントの声を担当するのは、AIR AGENCYに所属する声優の佐藤恵さん。1989年7月5日生まれで、福岡県出身。身長161cmで、血液型はAB型。趣味は散歩やコスプレ、ペットと戯れることで、特技はリフレクソロジーやお裁縫です。これまでに『ACCA13区監察課』のアトリ役、『FAIRY TAIL』のブライヤ役、『iiiあいすくりん』のナップ役などを担当しています。

『進撃の巨人』女性キャラクター8:第104期訓練兵団卒業生 サンドラ

サンドラは、第104期訓練兵団の卒業生の1人。ボブカットの髪型をした女性で、誕生日は4月10日。調査兵団の募兵に応じて、駐屯兵団から調査兵団へと編入した新兵で、壁内のウォール・マリア最終奪還作戦において囮役としての決死の突撃をした際に、獣の巨人からの投石を受けて亡くなりました。

サンドラの声優は河村螢(かわむら・けい)さん

そんなサンドラの声を担当するのは、LALに所属する声優の河村螢さん。5月28日生まれで、兵庫県出身。身長は166cm。趣味は落語で、特技は絵を描くことと関西弁です。以前は「河村友美」の芸名で活動していました。これまでに『ちはやふる3』の豪徳寺繭子役、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE〜2人の英雄〜』のカウレディ役、『からくりサーカス』のフウのメイド役などを担当しています。

記事にコメントするにはこちら