FFシリーズ人気女性キャラ特集!NHK実施の投票をもとにランキング順で紹介!

カテゴリーまとめはこちら:その他

言わずと知れた日本を代表するRPG、「ファイナルファンタジー」。この記事では2020年におこなわれた、NHKによる「全ファイナルファンタジー大投票」の結果を元にして、人気女性キャラを15人紹介します!あなたの推しキャラは入っているでしょうか。注目してご覧ください。

記事にコメントするにはこちら

「全ファイナルファンタジー大投票」における女性キャラの順位

2020年2月29日にNHKで放送された、「全ファイナルファンタジー大投票」。そこではFFに関する様々な人気投票が事前におこなわれ、番組内で順位が発表されました。

番組サイトのURLはこちら
https://www.nhk.or.jp/anime/ff/ranking/index.html

キャラクター投票の結果から、女性キャラクターのみを抜き出したのが以下の順位です。

1位:ユウナ(全体2位)
2位:エアリス(全体3位)
3位:ライトニング(全体8位)
4位:ティファ(全体9位)
5位:ティナ(全体17位)
6位:セリス(全体19位)
7位:シャントット(全体24位)
8位:リュック(全体27位)
9位:ファリス(全体30位)
10位:アグリアス(全体31位)
11位:ユフィ(全体33位)
12位:リノア(全体35位)
13位:リディア(全体37位)
14位:ガーネット(全体45位)
15位:ヤ・シュトラ・ルル(全体51位)

今回は、上に挙げた人気女性キャラ15名を紹介します。同じ作品に登場する他のキャラクターの順位についてもコメントで少しだけ触れていきます。

FF人気女性キャラを担当声優さんと共に紹介!

ユウナ/FF10(CV.青木 まゆこ)

NHKの投票にて女性キャラ1位に輝いたのは、FF10よりヒロインのユウナでした。全体でもFF7のクラウドに次いで2位の順位です。

過酷な運命にあらがって必死に頑張リ続ける姿に、心を打たれたという方も多いでしょう。NHKにおける作品部門の投票ではFF10が1位となっており、作品自体のストーリー人気も反映された順位となりました。

声を担当した青木まゆこさんは、2006年末から声優・女優としての活動を休止していますが、FF関連のアフレコには今も特別参加を続けています。それだけ思い入れのあるキャラクターだということが伝わってきますね。

エアリス/FF7(CV.坂本 真綾)

2位はエアリス。FF7内で人気が二分される、ティファとの戦いにも勝利しました。投票時はFF7リメイクが発売される前でしたが、それでも2位という結果なのは人気の高さが伺えます。

少しおてんばなイメージもあるエアリスですが、FFシリーズ屈指の正統派ヒロインとして、これからも心に残り続けるでしょう。

ちなみに彼女と関係の深いザックスの投票順位は10位。こちらもかなりの上位に来ています。

ライトニング/FF13(CV.坂本 真綾)

続いてはFF13よりライトニング。主人公としてのかっこよさが全面に出た順位ですね。声優をつとめた坂本真綾さんは、エアリスに続いてのランクインです。

ライトニングのかっこよさとは対照的にかわいさが全面に出ていたのは妹のセラ。人気投票の順位は86位と、思ったより差がついた結果となりました。

ティファ/FF7(CV.伊藤 歩)

ティファは女性キャラ4位、全体でも9位に来ています。かわいさとかっこよさのバランスが素晴らしいキャラクターです。

格闘技を使いこなすファイターでありながら、性格的には相手のことを考えすぎて遠慮がちになる面も。このギャップが素敵ですよね。

ちなみに同じアバランチの仲間であるバレットは198位。残念なほどに格差が発生しています。

ティナ/FF6(CV.福井 裕佳梨)

FF6の主人公ティナ。スーファミ世代(FF4~FF6)のパーティキャラとしてはトップの順位です。

人間と幻獣のハーフという複雑な生まれにも関わらず、優しさを失わずに生きてきたティナ。子どもたちを必死に守るシーンは感動した方も多いはず。

最近の作品にはボイスが付いており、担当しているのはFF13のヴァニラと同じ福井 裕佳梨(ふくい ゆかり)さんです。

セリス/FF6(CV.桑島 法子)

続けてFF6からセリスがランクイン。当時からティナとセリスで人気が分かれていた記憶がありますが、今回の投票でも接戦となりました。

堅苦しい印象だった前半に対して、病気のシドを世話する中盤のシーン以降では徐々に人間らしい感情が見えてきて、そのギャップが素敵でした。

いい雰囲気になっていたロックは21位。ティナ17位、セリス19位と順位がかなり固まっていますね。

シャントット/FF11(CV.林原 めぐみ)

FF11でトップに来たのはシャントット。かわいらしい見た目のタルタル族ですが、プレイヤーからは「黒い悪魔」とも呼ばれる破天荒な性格のキャラクターです。

かわいい見た目とは裏腹に年齢は50歳以上と推察され、戦闘能力はトップクラスの黒魔道士。そのギャップが強烈なインパクトを残します。「ディシディアファイナルファンタジー」などにも参戦しており、FF11を代表するようなキャラクターとなっています。

リュック/FF10(CV.松本 まりか)

ユウナに続いてFF10よりリュックの登場です。ドラマやCMなどで活躍している松本まりかさんがCVを担当していますが、「松本まりかさんといえばリュック」といまだに思っている方も多いはず。

印象に残る特徴的な声と、そのかわいい言動で、多くのファンを獲得しました。

ちなみにFF10-2で「ユリパ」を組んだパインの順位は116位。FF10に出ていないのが大きかったと思いますが、少し差がついてしまいました。

ファリス/FF5(CV.田中 理恵)

続いてはFF5よりファリス。「舐められないように」という理由で男性を名乗っていましたが、実際は女性でその正体は王女。オリジナルのスーパーファミコン版では本当に途中まで正体が分かりませんでしたが、最近のスマホ版などでは女性であることが分かりやすいグラフィックになっています。

ちなみに他のFF5メンバーの順位はギルガメッシュ16位、バッツ25位、ファリス30位、ガラフ39位、レナ64位、クルル110位など。ギルガメッシュがやたら強いです。

アグリアス/FFT(CV.沢城 みゆき)

ナンバリングタイトル以外から唯一の紹介となるアグリアス。FFTでは男女合わせてもトップの投票でした。

何と言ってもかっこいいキャラクターであるアグリアス。「今さら疑うものか!私はおまえを信じる!!」の名ゼリフに代表されるように、義理堅く正義感のとても強い性格です。ちなみにこのセリフの相手である主人公ラムザは36位。アグリアスの少し下ですね。

ユフィ/FF7(CV.かかず ゆみ)

オリジナル版では隠しキャラ扱いだったにも関わらず、根強い人気を維持しているユフィ。「エアリスでもティファでもなくユフィ派」だという人も多いはず。

パーティのアイテムをごっそり盗んだりと、あくどい行為も何度かするものの、不思議と憎めないキャラクターです。FF7リメイクでの出番後にアンケートを取れば、さらに順位が上がることが予想されますね。

リノア/FF8(CV.花澤 香菜)

FF8からは女性キャラトップでリノアがランクイン。男女全体ではスコール、ラグナに次いで3番目の順位でした。

FF7に続いてプレイステーションから発売された2作目のFFシリーズとして、進化したムービーにも注目が集まったFF8。序盤のダンスシーンでリノアが人差し指を立てる場面は、今でも覚えている方が多いでしょう。

リディア/FF4(CV.下屋 則子)

続いて紹介するのは、FF4より召喚士のリディア。NHKの投票では「リディア(大人)」と「リディア(子供)」が別キャラ扱いだったので、合わせればさらに上の順位も狙えたはず。(今回は上位にいた大人リディアの順位を元にして紹介しています。)

住んでいた村と母親を一気に失うという壮絶な体験をするリディアですが、大人になって身も心も成長した後、主人公たちのピンチに駆けつけるシーンは鳥肌ものでした。

ガーネット/FF9(CV.能登 麻美子)

FF9より、ヒロインのガーネット。髪をバッサリと切るムービー、それに伴ってメニューアイコンが変わる演出が印象的でしたね。胸が痛くなるようなつらい出来事も多かったですが、それを乗り越えた先にあるエンディングは感動的でした。

同じFF9ではビビとジタンが4位、5位と高順位。ガーネットのすぐ下にはクジャ、ベアトリクス、エーコなどのキャラクターも入っていました。

ヤ・シュトラ・ルル/FF14(CV.茅野 愛衣)

FF14のNPCキャラとして登場するヤ・シュトラ・ルル。美しい容姿に勝ち気な性格、ときより見せるかわいらしさが多くのプレイヤーの心をつかみます。

ディシディアへの参戦や、「ロードオブヴァーミリオン」「パスドラ」へのゲスト参戦などもしていますが、プロフィールに書かれた「永遠の23歳」表記には各地でツッコミが発生しています。

FF人気女性キャラランキングまとめ

この記事では、FFの人気女性キャラクターを紹介しました。各タイトルのキャラクターが割とまんべんなく入る形になったと思いますが、あなたの推しは入っていましたでしょうか。

気が向いたら過去の作品を遊び直してみるのも良いかもしれませんね。

記事にコメントするにはこちら