【りゅうおうのおしごと!】キャラクター紹介<主要キャラクター編>

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / りゅうおうのおしごと!

白鳥士郎さんによって執筆された人気ライトノベル作品『りゅうおうのおしごと!』。弱冠16歳で棋界の2大タイトルの1つ「竜王」を獲得したプロ棋士の少年・九頭竜八一(くずりゅう・やいち)を主人公に、棋界の人々の戦いが、ライトノベルらしいラブコメも交えて描かれます。そんな本作に登場する主要キャラクターについて、声優情報も交えてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『りゅうおうのおしごと!』とは?

『りゅうおうのおしごと!』は、白鳥士郎(しらとり・しろう)さんによって執筆されたライトノベル作品。イラスト担当はしらびさん。関西将棋会館に所属する若手棋士や女流棋士から成るユニット「西遊棋(さいゆうき)」が監修を担当しています。20159月よりGA文庫から刊行が開始され、第1巻の発売当初の売れ行きが芳しくなかったために一度は打ち切りが危ぶまれたものの、その後「将棋ペンクラブ大賞」受賞などの効果で売り上げが伸び、シリーズが継続したことで20208月の時点で累計発行部数は203万部を突破しました。

20181月から3月にかけては、原作第5巻までの内容を元にしたテレビアニメが全12話が放送。制作会社は『ロウきゅーぶ!』や『天使の3P!』などで知られる「projectNo.9」。当初からメディアミックスを想定したプロジェクトとして企画されていたこともあり、他にも構成をカズキさん、作画をこげたおこげさんが担当したコミカライズ版の連載、ドラマCDの制作も行われています。

物語のあらすじ

本作の主人公は、プロ棋士の少年・九頭竜八一(くずりゅう・やいち)。弱冠16歳にして棋界の2大タイトルの1つ「竜王」を奪取した彼は、その後大スランプに陥り、公式戦で11回連続で敗北してしまう苦難を味わっていました。ある日、そんな八一の自宅に小学3年生の少女・雛鶴(ひなつる)あいが押しかけてきます。あいは竜王戦で八一と交わした約束から、八一の内弟子となるためにここまでやってきたのでした。

弟子をとることは全く考えていなかったものの、あいが非常に優れた将棋の才能を持っていることに気がついた八一は、そのまま彼女を弟子として育てることを決意します。その後、周りからロリコン扱いされたり、あいの両親が娘を連れ戻しにやってきたりするなどのドタバタが続きながらも、あいのストレートな情熱を受けて、八一は失いかけていた情熱を取り戻していくことになるのです。

ここからは、そんな本作に登場する主要キャラクターについて、声優情報も交えてご紹介していきます!

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター1:主人公 九頭竜八一(くずりゅう・やいち)

九頭竜八一は、本作の主人公。2000年8月1日生まれで、福井県大野市出身。第1巻時点での年齢は16歳で、高校には通わずにマンションで1人暮らしをしています。6歳で清滝鋼介(きよたき・こうすけ)九段の内弟子として修行を開始し、中学校3年生のときに史上4人目の中学生棋士としてプロ入りを果たしました。姉弟子の空銀子(そら・ぎんこ)からは、長い将棋の歴史の中でも5本の指に入るほどの才能を持っていると評価されており、師匠の清滝鋼介からも、「(最善手を見つけるという意味で)将棋を終わらせるのではないか」と期待されています。

16歳で竜王位を奪取して史上最年少のタイトル保持者となりましたが、その後プレッシャーに押しつぶされてしまったことで公式戦で連敗を重ね、世間からは「クズ竜王」と揶揄されることに。そんな折に、竜王位を獲得したその日に出会った雛鶴あいが自宅へと押しかけてきます。紆余曲折を経て、優れた将棋の才を持つ彼女を内弟子にとることを決めた八一は、その後再び棋士としての芽を出し、才能を開花させていくことになります。

ライトノベルの主人公の宿命か、私生活では女心に非常に疎い一面があり、しばしば致命的とも言える失言をしてしまうことも。物語当初は、自分に好意を寄せるあいや銀子に対してあくまで将棋仲間としての意識しか持っていなかったため、騒動に巻き込まれることも多くありました。

九頭竜八一の声優は内田雄馬(うちだ・ゆうま)さん

そんな九頭竜八一の声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属している声優の内田雄馬さん。1992年9月21日生まれで、東京都出身。身長163cmで、血液型はA型。趣味に音楽・散歩・森林浴などを、特技に作曲・モノマネ・焼肉を焼くことなどを挙げています。2012年に、OVA『Holy Knight』で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『呪術廻戦』の伏黒恵役、『フルーツバスケット』の草摩夾役、『BANANA FISH』のアッシュ・リンクス役などを担当。実姉は、『約束のネバーランド』のノーマン役や『アイドルマスター シンデレラガールズ』の神崎蘭子役などで知られる声優の内田真礼(うちだ・まあや)さん。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター2:ヒロイン 雛鶴(ひなつる)あい

雛鶴あいは、本作のヒロイン。2007年10月7日生まれで、第1巻時点での年齢は9歳。実家は石川県七尾市和倉温泉にある老舗旅館「ひな鶴」で、その旅館で開催された竜王戦最終局で、疲労と緊張から廊下に倒れてしまった九頭竜八一に水を差し出したことをきっかけに、彼と知り合いました。この時に目にした対局を機に将棋を独学し始め、全問解くことができればプロになれると言われるほどの『将棋図巧』の詰将棋を、わずか3ヶ月のうちにクリアしました。

将棋嫌いの母親から将棋を続けることを反対されたため、小学校が春休みに入ったのを機に、大阪にある八一の家に押しかけることに。紆余曲折あった末に彼の内弟子になることが決まり、春休みが終わると同時に八一の家に引っ越し、学校も転校しました。母親から旅館の跡取りとして厳しく躾けられていたために家事全般は得意で、特に料理に関しては佃煮を海苔から自作するといったかなりの腕前を発揮しています。

八一とはあくまで師弟関係ではあるものの、幼いながらに彼に対して恋愛感情を抱いています。礼儀正しく献身的な性格ではありますが、作者曰くの「実は作中で一番ヤバい子」でもあり、八一が隠しごとをしているときは本気で自白剤を購入しようかと考えたりするなど、ヤンデレ気質な一面もあります。

雛鶴あいの声優は日高里菜(ひだか・りな)さん

そんな雛鶴あいの声を担当するのは、大沢事務所に所属する声優の日高里菜さん。 愛称は「りなしー」「ちゃんりな」。1994年6月15日生まれで、千葉県出身。身長152cmで、血液型はA型。小さい頃は子役として活動し、2008年に配信されたWebアニメ『ペンギン娘♥はぁと』の南極かえで役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『トロピカル〜ジュ!プリキュア』のローラ役、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のウィーネ役、『ソードアート・オンライン』のシリカ/綾野珪子役などを担当しています。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター3:もう1人のヒロイン 空銀子(そら・ぎんこ)

空銀子は、今作のもう1人のヒロイン。2002年9月9日生まれで、大阪府出身。第1巻時点の年齢は14歳で、九頭竜八一の姉弟子であると同時に10年来の幼馴染でもあります。2歳にして将棋のルールを完璧に把握し、指導対局で負けた復讐心から4歳で清滝鋼介九段の内弟子になりました。女流ながら奨励会二段に所属しており、銀髪碧眼の美しい容姿、また物語開始時点で女流棋士相手の公式戦において50戦全てで「黒星なし」ということから「浪速の白雪姫」の異名で呼ばれています。

そんな好成績を残しながらも、八一の将棋の才能に関しては高く評価する一方で、自分に関しては生まれつき才能に恵まれているわけではないと分析しています。かなり頑固な性格で極度の人見知りでもあり、幼い頃に心臓に関係した難病を患っていた影響から身体が少し弱く、特に夏を苦手としています。食事の際は大量のソースを使う癖があり、お好み焼きを食べるときには表面が真っ黒になってしまうくらいにソースをかけることも。

八一に対して好意を寄せていますが、彼の鈍感さと本人の口下手もあってなかなか伝わってはいない様子。八一の弟子となった雛鶴あいとは、顔を合わせれば八一を巡ってよく喧嘩をしています。

空銀子の声優は金元寿子(かねもと・ひさこ)さん

そんな空銀子の声を担当するのは、ぷろだくしょんバオバブに所属する声優の金元寿子さん。愛称は「おひさ」「ひーちゃん」など。1987年12月16日生まれで、岡山県倉敷市出身。身長157cmで、血液型はB型。趣味に映画鑑賞・音楽鑑賞・プラモデルづくり、特技にバスケットボール・バレーボールなどを挙げています。声優デビューを果たしたのは、2009年に放送されたテレビアニメ『宙のまにまに』の江戸川みく役です。

その他にもこれまでに、『スマイルプリキュア!』の黄瀬やよい/キュアピース役、美少女戦士セーラームーンCrystal』の水野亜美/セーラーマーキュリー役、『暗殺教室』の倉橋陽菜乃役などを担当。『Fate Grand/Order』では、『りゅうおうのおしごと!』と同じくしらびさんがイラストを担当したアーチャー・インフェルノ役を担当しています。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター4:八一の弟子 夜叉神天衣(やしゃじん・あい)

夜叉神天衣(やしゃじん・あい)は、八一の弟子である「もう1人のあい」。2007年12月10日生まれで、初登場時の年齢は9歳。元々は日本将棋連盟会長を務める月光聖市(つきみつ・せいいち)の門下でしたが、彼から八一の元に預けられ、最終的に八一自ら弟子に取ることを決意しました。JS研メンバーからは、雛鶴あいと区別するために「天(てん)ちゃん」の愛称で呼ばれています。

元アマチュア名人である父親の夜叉神天祐(やしゃじん・たかひろ)、大学時代に将棋部に在籍していた母親の間に生まれたサラブレッドで、幼少時から家族とのコミュニケーションとして将棋に親しんできました。その両親と事故で死別した後に、神戸の実業家の祖父・弘天(こうてん)の元に引き取られましたが、彼から非常に甘やかされて育ったこともあって、高飛車な性格になりました。

傲岸不遜で勝気で言動が目立つものの、その裏には八一や清滝一門への思いやりがこめられており、それを指摘されると恥ずかしがるというツンデレな一面を見せることも。作中で史上最年少の10歳0ヶ月で女流棋士となり、メディアからは「神戸のシンデレラ」の異名で呼ばれることになります。

夜叉神天衣の声優は佐倉綾音(さくら・あやね)さん

そんな夜叉神天衣の声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属している声優の佐倉綾音さん。 愛称は「あやねる」「あーちゃん」。1994年1月29日生まれで、東京都渋谷区恵比寿出身。身長157cmで、血液型はB型。趣味にラジオ・絵を描くこと・服を着ることを、特技にパソコンいじり・歯笛を挙げています。2010年に放送された『オオカミさんと七人の仲間たち』の二葉役で、テレビアニメ初出演を果たしました。

初主演を担当したのは、2011年に放送されたテレビアニメ『夢喰いメリー』のメリー・ナイトメア役。その他にもこれまでに、『五等分の花嫁』の中野四葉役、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の一色いろは役、『ご注文はうさぎですか?』のココア役などを担当しています。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター5:八一と銀子の師匠 清滝鋼介(きよたき・こうすけ)

清滝鋼介は、九頭竜八一と空銀子の師匠。1966年11月1日生まれで、第1巻時点での年齢は50歳。九段の段位を持ち、名人戦にも2度挑戦した経験のあるベテラン棋士で、兄弟子の月光聖市と共に師の坂井十三九段の元で将棋を学びました。八一との出会いは将棋大会の指導対局で角落ちの将棋をしたことで、大人相手にも勝利を重ねていた八一にプロの技術を見せたことで、彼から憧れの眼差しを受けることになりました。

妻と自分の母親を失ってからは娘の桂香(けいか)と2人暮らしをしていましたが、4歳の銀子と6歳の八一を内弟子に取って指導をすることを決めます。2人のことは実の子どものように愛情を注いでおり、2人からも厚い信頼を寄せられています。八一の弟子で、自身にとっては孫弟子にあたる雛鶴あいのことも非常に可愛がっています。

普段は常識のある好人物ですが、将棋においては「弟子との対局に負けた腹いせに将棋会館の窓から放尿する」「弟子の竜王奪取の記念に旅館のロビーで裸踊りをする」など、奇人めいた行動が目立つことも。

清滝鋼介の声優は関俊彦(せき・としひこ)さん

そんな清滝鋼介の声を担当するのは、81プロデュースに所属している声優・舞台俳優の関俊彦さん。愛称は「関ちゃん」。1962年6月11日生まれで、栃木県真岡市出身。身長170cmで、血液型はA型。趣味・特技には、剣道(二段)を挙げています。1983年に放送されたテレビアニメ『太陽の子エステバン』の兵士A役で、アニメデビューを果たしました。

声優としての注目度を上げることになったのは、1987年に放送されたテレビアニメ『赤い光弾ジリオン』のJJ役で初主演を飾ったこと。その他にもこれまでに、『忍たま乱太郎』の土井先生(土井半助)役、『鬼滅の刃』の鬼舞辻無惨役、『機動戦士ガンダムSEED』のラウ・ル・クルーゼ役などを担当しています。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター6:鋼介の一人娘 清滝桂香(きよたき・けいか)

清滝桂香は、清滝鋼介九段の一人娘。1991年11月9日生まれで、大阪府出身。第1巻時点での年齢は25歳です。穏やかで包容力に溢れた女性で、師匠の娘という立場もあって、姉のような存在として九頭竜八一と空銀子の世話をしてきました。頑固で口下手な銀子が唯一心を開く人物であり、八一からは恋愛対象としてアプローチをされていますが、あくまで弟扱いしているために相手にはしていません。

幼いときに父親から将棋を教えられていたものの、一時離れて高校卒業後に父親に弟子をしたため、棋士としては八一と銀子の妹弟子にあたります。今では初恋の相手は将棋だと言うほどに真剣に将棋に向き合っていますが、成果を出すことができずに苦しむこともありました。女流棋士資格取得には年齢制限があるため、そのことに対して焦りを覚えています。作者自ら「私の全てを背負ってもらいました」と語っているほどに思い入れの深いキャラクターです。

清滝桂香の声優は茅野愛衣(かやの・あい)さん

そんな清滝桂香の声を担当するのは、大沢事務所に所属している声優の茅野愛衣さん。主な愛称は「かやのん」。1987年9月13日生まれで、東京都出身。身長153cmで、血液型はO型。趣味に散歩・カフェ巡り、特技に絵を描くこと・マッサージを挙げています。美容関係でリラクゼーションに関する仕事をしていたという異例の経歴の持ち主で、2010年にOVA『怪物王女』の紗和々役で声優デビューを果たしました。

初のヒロイン役を担当したのは、2011年に放送されたテレビアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の本間芽衣子(めんま)役。その他にもこれまでに、「戦姫絶唱シンフォギアシリーズ」の暁切歌役、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のアリス役、『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』の大好真々子役などを担当しています。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター7:JS研メンバー 水越澪(みずこし・みお)

水越澪は、JS研メンバーの1人。JS研とは九頭竜八一のアパートに集う女子小学生たちによる将棋研究会のことで、他にも雛鶴あい・貞任綾乃(さだとう・あやの)・シャルロット・イゾアールが参加しています。水越澪は2007年8月24日生まれで、大阪府出身。スポーティーで活発な性格の少女で、JS研ではリーダー格の立ち位置にいます。

やや舌足らずなところがあって、自分の名前を「みじゅこし」と言ったり、九頭竜のことをを「くずぬー」と発音してしまうことも。あいにとっての初めて棋友であり、あいが大阪に転校してからは小学校で同じクラスになりました。研修会ではE1クラス在籍していて、暮坂七段の門下生でもあります。

水越澪の声優は久保(くぼ)ユリカさん

そんな水越澪の声を担当するのは、ステイラックに所属する声優の久保ユリカさん。愛称は「シカコ」「シカちゃん」。1989年5月19日生まれで、奈良県出身。身長163cmで、血液型はA型。趣味に長距離散歩・カラオケ・アニメ鑑賞などを、特技に柔軟体操を挙げています。2010年にメディアミックスプロジェクト『ラブライブ!』の小泉花陽役として声優デビューを果たしました。

『ラブライブ!』では、声優ユニット「μ’s(ミューズ)」のメンバーとして活動することも。その他にもこれまでに『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』のロキ役、『とある科学の一方通行』のエステル=ローゼンタール役、『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の梓川花楓/かえで役などを担当しています。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター8:JS研メンバー 貞任綾乃(さだとう・あやの)

貞任綾乃は、JS研メンバーの1人。2007年12月3日生まれで、京都府京都市出身。眼鏡をかけて丁寧な口調で喋るお嬢様キャラで、JS研では参謀格のポジションにおり、シャルロットの保護者役を担当しています。研修会ではF1クラス在籍し、加悦奥大成七段の門下生でもあります。九頭竜八一とも交流のある女流棋士・供御飯万智(くぐい・まち)の妹弟子にあたり、彼女からは腐女子属性を仕込まれている様子です。

貞任綾乃の声優は橋本(はしもと)ちなみさん

そんな貞任綾乃の声を担当するのは、ヴィムスに所属している声優の橋本ちなみさん。愛称は「ちなみん」「ちーちゃん」など。7月17日生まれで、長野県出身。血液型はB型です。趣味にラジオを聴くこと・水族館巡り・整理整頓を、特技に競泳を挙げています。2014年に放送されたテレビアニメ『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』の神前美月役で声優デビューを果たすと同時に、初主演を飾りました。

その他にもこれまでに、『Lostorage incited WIXOSS』の穂村すず子役、『アズールレーン』のプリンス・オブ・ウェールズ役、『魔法少女特殊戦あすか』の羽田紗綾子役などを担当しています。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター9:JS研メンバー シャルロット・イゾアール

シャルロット・イゾアールは、JS研メンバーの1人。京都にあるフランス人学校に通っている少女で、第1巻時点での年齢は6歳。少年漫画『NARUTO -ナルト-』(おそらく、奈良シカマルと猿飛アスマが将棋を指すシーン)を読んだことをきっかけに将棋に興味を持ち、京都市内にある加悦奥七段の将棋教室に通うようになりました。まだ研修会には入会しておらず、実力はアマチュア1級レベルです。

まだ幼いためか、舌足らずな喋り方で九頭竜八一のことを「ちちょ(師匠)」と呼んでいる他、自分のことも「しゃうおっとぃずぁーう」と発音しています。周囲からは「シャルちゃん」の愛称でよく可愛がられている様子です。

シャルロット・イゾアールの声優は小倉唯(おぐら・ゆい)さん

そんなシャルロット・イゾアールの声を担当するのは、アトミックモンキーに所属している声優の小倉唯さん。愛称は「唯ちゃん」「ちゃんゆい」など。1995年8月15日生まれで、 群馬県みどり市出身。身長150cmで、血液型はO型。趣味にお菓子づくり・コスメ収集・ショッピング・読書などを、特技にコーディネイト・クラシックバレエ・スプーン曲げなどを挙げています。

2008年に。「internet Adventure」のアバターボイスで声優デビューを果たしました。その他にもこれまでに、『HUGっと!プリキュア』の輝木ほまれ/キュアエトワール役、『ViVid Strike!』のリンネ・ベルリネッタ役、『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』の寿日和役などを担当しています。

これからも八一たちの活躍に期待!

ここまで『りゅうおうのおしごと!』に登場する主要キャラクターについて、声優情報も交えてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

『りゅうおうのおしごと!』は、将棋に真剣に打ち込む魅力的なキャラクターたちがたくさん登場しているのが素敵ですよね。これからも本作のキャラクターたちの活躍を期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら