【りゅうおうのおしごと!】キャラクター紹介<女流棋士編>

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / りゅうおうのおしごと!

白鳥士郎さんによる人気ライトノベル作品『りゅうおうのおしごと!』。弱冠16歳で棋界の2大タイトルの1つである「竜王」を奪取したプロ棋士の少年・九頭竜八一(くずりゅう・やいち)を主人公に、将棋の世界にいる人々の戦いが、ライトノベルらしいラブコメも交えて描かれます。そんな本作に登場する女流棋士について、声優情報も交えてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『りゅうおうのおしごと!』とは?

『りゅうおうのおしごと!』は、将棋の世界で活躍する者たちを描いたライトノベル作品。作者は『蒼海ガールズ!』や『のうりん』で知られる白鳥士郎(しらとり・しろう)さんで、イラスト担当は『86-エイティシックス-』や『ご覧の勇者の提供でお送りします』の挿絵で知られるしらびさん。監修は、関西将棋会館に所属している若手棋士そして女流棋士で構成されたユニット「西遊棋(さいゆうき)」が担当しています。2015年9月からGA文庫より刊行が開始され、「将棋ペンクラブ大賞」を受賞した効果などで売り上げが伸び、2020年8月時点で累計発行部数は203万部を突破しています。

2018年には、原作第5巻までの内容をベースに制作されたテレビアニメが1クール放送されました。制作会社は『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』や『天使の3P!』などで知られる「projectNo.9」。発行された当初からメディアミックス想定のプロジェクトとして企画されていたこともあって、他にも構成担当をカズキさん、作画担当をこげたおこげさんとしたコミカライズ版の連載、ドラマCDの制作なども実施されています。

物語のあらすじ

将棋を題材とした本作の主人公は、プロ棋士として活躍する10代の少年・九頭竜八一(くずりゅう・やいち)。弱冠16歳で棋界の2大タイトルの1つ「竜王」を獲得した彼は、その後プレッシャーから大スランプに陥って連敗を重ねてしまい、世間では「クズ竜王」などと揶揄されていました。そんな彼の自宅に、ある日、小学3年生の少女・雛鶴(ひなつる)あいが押しかけてきます。彼女は竜王戦で八一と交わした約束を元に、八一の内弟子になるべくたった1人でここまでやってきたのでした。

八一自身は弟子をとるつもりはなかったものの、試しに対局してみた際にあいが非常に優れた将棋の才能を持っていたことに気がつき、そのまま彼女を弟子として迎えることを決意します。その後、周囲からロリコン扱いされたり、あいの両親が一人娘を追いかけてやってきたりするなどのドタバタがありながらも、八一はあいを育てるなかで、棋士としての才能を更に開花させていくことになるのです。

ここからは、そんな本作に登場する女流棋士について、声優情報も交えてご紹介していきます!

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター1:女流棋士「女流玉将」 月夜見坂燎(つきよみざか・りょう)

月夜見坂燎は、「女流玉将」のタイトルを持つ女流棋士。1998年5月13日生まれで、東京都調布市出身。年齢は九頭竜八一の2つ上で、同じ女流棋士の供御飯万智(くぐい・まち)やプロ棋士の神鍋歩夢(かんなべ・あゆむ)と同じです。小学校5年生の頃に小学生名人戦の決勝で八一に敗北して準優勝となり、その悔しさのあまり表彰式後に八一のことを殴ったことがあります。それ以来、彼のことを人生で初めてのライバルと思うようになり、公式戦での再戦を望むようになりました。

しゃべり方はヤンキー口調で、一人称は「オレ」。歌手では尾崎豊が好きで、自分の得意戦法を彼の歌にたとえたこともあります。棋界では防御不要の特攻というスタイルから「攻める大天使」の二つ名で知られており、関東所属にもかかわらず何故か関西将棋会館の棋士室にいることが多く、供御飯万智とよく雑談しています。彼女とはライバル且つ親友の関係で、2人揃うと八一のことをついいじってしまうことも。

月夜見坂燎の声優はMachico(まちこ)さん

そんな月夜見坂燎の声を担当するのは、ホリプロインターナショナルに所属する声優・歌手のMachicoさん。本名は「齊藤真知子(さいとう・まちこ)」。1992年3月25日生まれで、広島県呉市出身。血液型はB型。趣味にラーメン・ファッション・ボーカロイドを歌うことを、特技に田植え機や稲刈り機に乗れることを挙げています。2013年に、ゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』の伊吹翼役で声優デビューを果たしました。

テレビアニメ初レギュラーを担当したのは、2015年に放送された『聖剣使いの禁呪詠唱』のソフィア・メルテザッカー役。その他にもこれまでに、『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』のアイセア・マイゼ・ヴァルガリス役、『ウマ娘 プリティーダービー』のトウカイテイオー役、『ライフル・イズ・ビューティフル』の小倉ひかり役などを担当。『りゅうおうのおしごと!』では、オープニングテーマ曲「コレカラ」の歌唱も担当しています。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター2:女流棋士「山城桜花」 供御飯万智(くぐい・まち)

供御飯万智は、「山城桜花」のタイトルを持つ女流棋士。1998年4月17日生まれで、京都府京都市出身。文学部に在籍する現役大学生です。小学5年生の頃に小学生名人戦で準決勝まで進んだものの、月夜見坂燎に敗北。決勝戦の対局を観戦した際に、九頭竜八一の独創的な将棋に魅了されたものの、自分にはそこまでいける才能はないと自覚したために、女流棋士兼観戦記者として八一の将棋を理解できる立場を目指しました。将棋では「嬲り殺しの万智」の異名で恐れられています。

実家はやんごとなき方との会食に参加するほどの名家で、普段は京都弁のおっとりとした口調で話しているものの、時に勝負師としての大胆さを垣間見せることもあります。実は腐女子でもあり、八一のアパートに集まる女子小学生による将棋研究会「JS研」に所属する妹弟子の貞任綾乃(さだとう・あやの)をその道に引きずり込んだことも。八一を追うためなら実家の財力や権力を利用することも躊躇ってはおらず、雛鶴あいの母・亜希奈(あきな)からは、彼女のその執着が娘にとって強敵となると思われています。

観戦記者としては「鵠(くぐい)」のペンネームを使用しており、鵠として振る舞うときは、普段の和装に京都弁とは違って、メガネとスーツに標準語で喋っています。関西では「鵠=供御飯」だと知られていますが、関東ではほとんど知られていなかったため、同い年のライバルで友人でもある月夜見坂燎もそれを知ったときには驚いていました。

供御飯万智の声優は千本木彩花(せんぼんぎ・さやか)さん

そんな供御飯万智の声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属している声優の千本木彩花さん。愛称は「ぼんちゃん」「さやか」。1995年11月24日生まれで、埼玉県出身。血液型はA型。趣味に歌うこと・漫画を読むこと・ゲームすることなどを、特技にクラリネットを挙げています。2019年に、2016年放送のテレビアニメ『甲鉄城のカバネリ』の主人公・ヒロイン役で共演した声優の畠中祐(はたなか・たすく)さんとの結婚を発表しています。

初主演を飾ったのは、2016年に放送されたテレビアニメ『ガーリッシュナンバー』の烏丸千歳役。その他にもこれまでに、『転生したらスライムだった件』のシュナ役、『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』のファルファ役、『BEASTARS』のハル役などを担当しています。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター3:女流棋士六段 釈迦堂里奈(しゃかんど・りな)

釈迦堂里奈は、約20年にわたって「女流名跡」のタイトルを保持している女流六段。神奈川県鎌倉市出身で、年齢は不明。女流四タイトルの永世位を獲得し、一時は全冠独占もしたことから「永遠の女王(エターナルクイーン)」の二つ名で呼ばれています。師匠としては、棋士の神鍋歩夢と、彼の妹の馬莉愛(まりあ)、女流棋士の岳滅鬼翼(がくめき・つばさ)の指導を行っています。

女流棋士会の会長も務めており、自ら女流棋界を育ててきたという自負を持っています。九頭竜八一の姉弟子・空銀子(そら・ぎんこ)とはしばしば研究会を共にしており、彼女が女性初のプロ棋士になることを期待しています。また、ドイツ語で「白雪姫」の意味を持つ「シュネーヴィットヒェン」というファッションブランドを率い、原宿に結婚式場やスタジオとしても使用できるブティックを構えるという多才さも見せています。

釈迦堂里奈の声優は大原(おおはら)さやかさん

そんな釈迦堂里奈の声を担当するのは、東京俳優生活協同組合に所属している声優の大原さやかさん。愛称は「さや姉」「さぁや」など。 1975年12月6日生まれで、神奈川県横浜市出身。身長158cmで、血液型はB型。趣味に香水を集めること、特技にチェロを演奏することを挙げています。

芯のしっかりした女性や大人の女性を演じる機会が多く、これまでに『スクラップド・プリンセス』のラクウェル・カスール役、「ARIAシリーズ」のアリシア・フローレンス役、『美少女戦士セーラームーンCrystal』の海王みちる/セーラーネプチューン役などを担当。実弟は、『ちはやふる』の須藤暁人役や『はぴねす!』ノ小日向雄真役などで知られる声優の大原崇(おおはら・たかし)さん。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター4:女流棋士「女流帝位」 祭神雷(さいのかみ・いか)

祭神雷は、「女流帝位」のタイトルを持つ女流棋士。2000年4月9日生まれで、岩手県奥州市出身。第4巻時点での年齢は17歳。将棋では「捌きのイカヅチ」の二つ名で知られています。自分の求めるものを得るためなら手段を選ばないエゴイストで、狂ったような一面や奇行を見せることもあります。将棋の才能に関しては空銀子さえも上回るほどのものを持っており、彼女からは「将棋星人」という最上級の評価を下されています。

九頭竜八一は彼女とネット将棋で知り合った後に東京で直接将棋を指すようにもなりましたが、彼女の卓越した将棋の才能を認めてはいるものの、強くなることを求めるあまりに自分とだけ将棋を指すように強要してくるなどの言動に恐れを感じるようになり、距離を置くようになりました。そこからストーカー的な行動をとるようにもなったために、将棋連盟の理事会が介入して八一との接触を差し止めにしたことも。

祭神雷の声優は戸松遥(とまつ・はるか)さん

そんな祭神雷の声を担当するのは、ミュージックレインに所属している声優の戸松遥さん。愛称は「とまっちゃん」「はるちゃん」など。1990年2月4日生まれで、愛知県一宮市出身。身長165cmで、血液型はB型。趣味・特技に、おつまみをつくること・Tシャツをたたむこと・パグをすぐ見つけられることなどを挙げています。2007年に放送されたテレビアニメ『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』のスイーツ生徒役でアニメデビューを果たしています。

初主演を飾ったのは、2008年に放送されたテレビアニメ『かんなぎ』のナギ役。その他にもこれまでに、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のエイナ・チュール役、『ハピネスチャージプリキュア!』の氷川いおな/キュアフォーチュン役、『ソードアート・オンライン』のアスナ/結城明日奈役などを担当しています。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター5:女流棋士二段 鹿路庭珠代(ろくろば・たまよ)

鹿路庭珠代は、関東所属の女流二段。1997年2月14日生まれで、静岡県沼津市出身。4巻時点での年齢は20歳で、現役大学生でもあります。端正なルックスと胸の大きさから現役の女流棋士の中では空銀子に次ぐ人気があり、ファンからは「たまよん」の愛称で呼ばれています。一方で、彼女の参加した研究会は最終的に崩壊してしまうことから、棋士の間では「研究会クラッシャー」と呼ばれてもいます。

普段は明るく前向きな言動をしていますが、本来は勝気でプライドが高く、怒ると棘のある言動をすることも。自分が大事に思ったもののためには一途に頑張ることのできる性格で、将棋に真摯に向き合っています。そんな強くなりたいという想いとただの客寄せの女性扱いされたくないという想いから数多くの研究会に参加してきましたが、相手が珠代の胸の大きさに気をとられて勝負に集中できなくなることが災いし、最終的に数多くの研究会を崩壊させてしまう結果となってしまったのでした。

プロ棋士の山刀伐尽(なたぎり・じん)の隣の部屋に住んでおり、彼のことを「ジンジン」という愛称で呼んでいます。家事をほぼ彼に任せっきりにしてしまうようなこともしていますが、彼との関係はあくまで友人であり、九頭竜八一から「結婚しそう」と言われたときには、2人揃って即座に否定していました。

鹿路庭珠代の声優はM・A・O(まお)さん

そんな鹿路庭珠代の声を担当するのは、イエローキャブNEXTに所属している俳優・声優のM・A・Oさん。「M・A・O」は声優の名義で、俳優としては「市道真央(いちみち・まお)」の名義で活動しています。1992年2月1日生まれで、大阪府出身。身長158cmで、血液型はB型。趣味に漫画・アニメ・絵画などを、特技にソフトボール・ダンス・ピアノを挙げています。

これまでに『まじっく快斗1412』の中森青子役、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のジュリエッタ・ジュリス役、『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』の幼少期のニコル・アスカルト役などを担当。俳優としては、『海賊戦隊ゴーカイジャー』にルカ・ミルフィ/ゴーカイイエロー役で出演した経験があります。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター6:女流棋士五段 花立薊(はなだち・あざみ)

花立薊は、マイナビ女子オープン初代女王と「女流玉座」のタイトルを持っていた女流五段。かつてはあらゆる無駄を削ぎ落とした合理的な戦術と、何者も寄せ付けない雰囲気、そして出身地の茨城県から、「茨姫」の異名で呼ばれていました。その優れた才から釈迦堂里奈の後に女流棋界を引っ張っていく存在になると期待されていましたが、後に小学生の空銀子にストレート負けして両方とも奪取されることになりました。

その後は銀子に勝つことにこだわるあまりに自分自身を見失い、調子を崩してしまいましたが、結婚・出産を機にそこから脱して新たなスタイルを開花させていっています。九頭竜八一は弟子の夜叉神天衣(やしゃじん・あい)がスランプに陥ってしまった際に彼女を紹介し、自分の経験を元にしたアドバイスを送ってもらいました。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター7:女流棋士1級 岳滅鬼翼(がくめき・つばさ)

岳滅鬼翼は、釈迦堂里奈門下の女流1級。大分県出身で、年齢は月夜見坂燎や供御飯万智よりも2歳上です。小学6年生の頃に小学生名人戦で女子初の優勝者となり、その実績から女子では初めて小学生で奨励会入りを果たしました。現在よりも女子の将棋人口が圧倒的に少なかったなかで活躍していたことから「不滅の翼」の二つ名で知られ、その姿は多くの女流棋士の尊敬を集めていました。

しかし、奨励会で「負けない将棋」を指す必要に迫られて、それまでの攻めの棋風から転じて泥仕合に特化した将棋を指すようになりましたが、殻を破ることができずに年齢制限の壁に阻まれて2級で退会することになりました。その後は、関東奨励会幹部のプロ棋士・鳩待覚(はとまち さとる)からの勧めを受けて、改正された棋士規定の元に女流棋士となりました。

女流棋士としていまだ将棋にしがみついている自分のことを死んだ人間のように思っていましたが、雛鶴あいとの対局に敗れた後、同期の元奨励会員たちから一手一手から将棋への強い想いが伝わってきたこと、さらに将棋をあきらめなかった自分の存在が彼らの希望になっていることを伝えられ、涙を流しました。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター8:女流棋士三段 焙烙和美(ほうらく・かずみ)

焙烙和美は、群馬県出身の女流三段。荒々しい将棋を指すことが特徴で、勝つときも負けるときの勢いもすごいことから「群馬の爆弾」「自爆女」という二つ名で知られています。マイナビ女子オープンチャレンジマッチ1回戦では、九頭竜八一と空銀子の妹弟子にあたる清滝桂香(きよたき・けいか)と対局して勝利。一斉予選1回戦では祭神雷との対局で打ちのめされてしまい、ショックのあまり泣き崩れていました。

焙烙和美の声優は渡邉佳美(わたなべ・よしみ)さん

そんな焙烙和美の声を担当するのは、ケッケコーポレーションに所属する声優の渡邉佳美さん。8月9日生まれで、東京都出身。身長154cmで、血液型はA型。趣味に野球観戦や2時間サスペンス鑑賞を、特技にアルトサックスの演奏を挙げています。これまでに『Rewrite』のしまこ役や天王寺幸枝役、『金田一少年の事件簿R』の十神まりな役、『キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series』の若い母親役などを担当しています。

『りゅうおうのおしごと!』キャラクター9:女流棋士3級 香酔千(こうずい・せん)

香酔千は、奈良県出身の女流3級。年齢は27歳。清滝桂香のかつての修行仲間で、女流3級になると同時に関東に移籍したものの、好成績を残せず女流2級への昇級ができないまま期限切れを迎えようとしていました。マイナビ女子オープン予選決勝で同じような立場にある桂香と対局し、敗北。彼女に自分の夢を託して引退することを決意し、その後は指導棋士の資格を得て子供たちに将棋を教えるようになりました。

『りゅうおうのおしごと!』の女流棋士たちの活躍も見逃せない!

ここまで『りゅうおうのおしごと!』に登場する女流棋士たちについて、声優情報も交えてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

『りゅうおうのおしごと!』に登場するキャラクターは、男性の棋士たちはもちろんのこと、女流棋士たちもまた熱く魅力的なキャラクターが揃っていますよね。これからも彼女たちの活躍に期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら