【コードギアス反逆のルルーシュR2】ネタバレありのあらすじ紹介。

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / コードギアス

2006年に放送された「コードギアス反逆のルルーシュ」の続編「コードギアス反逆のルルーシュR2」
一度は敗れたルルーシュが再び世界に反逆する物語。
ここではそのあらすじをご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

コードギアス 反逆のルルーシュ 1 [DVD]

コードギアスの世界観

アニメ「コードギアス反逆のルルーシュ」は現実とは異なる歴史を辿った架空の世界線の話。

舞台は神聖ブリタニア帝国の植民地とされ、国の呼び方が「エリア11」国民は「イレブン」と呼ばれるようになった日本。

世界の3分の1を支配する「神聖ブリタニア帝国」に対して、一人の少年が野望を抱き反旗を翻す物語。

コードギアス反逆のルルーシュからR2までのあらすじ紹介

結成「黒の騎士団」

エリア11に住むブリタニア人の少年ルルーシュはある日イレブンによるテロに巻き込まれる。そこで出会った謎の少女から、他人に自分の命令を強制できる絶対導守の力「ギアス」を授けられる。

ルルーシュは妹のナナリーが安心して暮らせる世界を創る為、仮面で素顔を隠し「ゼロ」と名乗りレジスタンス組織「黒の騎士団」を結成、ブリタニアに反逆を開始した。

黒の騎士団は日本の反帝国ゲリラや支援者たちの協力を得て瞬く間に勢力を拡大していった。

悲劇の虐殺皇女

一方ブリタニアは皇女「ユーフェミア」の政策により「行政特区日本」の設立を宣言平和を呼び掛けた。ルルーシュはユーフェミアとの密談で協力を約束するも、直後に起きたギアスの暴走によりユーフェミアが日本人の大量虐殺を宣言、止む無くユーフェミアを射殺した。

決戦「ブラックリベリオン」

日本人の大量虐殺後、各地で決起した暴徒と黒の騎士団を率いたゼロはトウキョウ租界に進軍「ブラックリベリオン」を起こす。

戦闘の最中ナナリーが何者かに攫われ、ルルーシュがそれを追いかけた事で黒の騎士団は総崩れになった。

ルルーシュは辿り着いた「神根島」で追ってきたスザクに正体とギアスの秘密を暴かれる。ナナリーを助けるためルルーシュはスザクに協力を求めるが、スザクはこれを拒否。二人はお互いに銃を向けあった。

キャラクター紹介

「コードギアス反逆のルルーシュR2」において重要な役割を持つキャラクターをご紹介します。

ルルーシュ・ランペルージ

コードギアス反逆のルルーシュシリーズの主人公。

本名はルルーシュ・ヴィ・ブリタニア。神聖ブリタニア帝国の元皇子。

エリア11で普通の学生として暮らしていたが、C.C.(シーツー)と出会い「ギアス」を手に入れ、仮面の男「ゼロ」として祖国ブリタニアに反逆する。

枢木スザク(くるるぎすざく)

日本最後の総理大臣枢木ゲンブの息子。ルルーシュの幼馴染。

日本人でありながら名誉ブリタニア人としてブリタニア軍に所属、かつての親友ルルーシュと対峙する。

人型兵器ナイトメアフレームのパイロットとしてはエース級。

C.C.(シーツー)

ブリタニア軍に拘束されていた不老不死の少女。

ルルーシュにギアスの力を授け、ブリタニアに反逆するルルーシュの「共犯者」になる。

「R2」の最後までルルーシュの味方であり続けた唯一の人物。

紅月カレン(こうづきかれん)

黒の騎士団のエースパイロット。ブリタニア人と日本人のハーフ。

ハーフながら日本人であることを選択しブリタニアに対して反帝国活動を続けていた。

黒の騎士団発足後はゼロの親衛隊に任命零番隊隊長になる。

「R2」ではゼロの正体を知る数少ない人物。

ナナリー

ルルーシュの妹。本名はナナリー・ヴィ・ブリタニア。

幼少期に母マリアンヌの暗殺事件に巻き込まれ、足に銃弾を受け車椅子生活を強いられる。さらに目の前で母を殺された事で精神的にショックを受け目が開けない。

「R2」最終決戦では目は開けるようになったが、くしくもそのせいでルルーシュのギアスを受けてしまう。

シュナイゼル・エル・ブリタニア

ブリタニア帝国第二皇子。

ルルーシュよりも優れた政治・軍事的策略に長けていて、皇帝の座に最も近いとされている。

ゼロの正体を知ってからは自ら黒の騎士団の本拠地に降り立ち、巧みな話術によりゼロから黒の騎士団を離反させた。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume09<最終巻> [DVD]

R2のあらすじ。

記憶を取り戻すルルーシュ

「ブラックリベリオン」から一年後、エリア11では黒の騎士団の団員は捕まり、ゼロは処刑された事になっていた。

ルルーシュはブリタニア皇帝シャルルによって記憶を改竄され、普通の学生として生活していた。

C.C.(シーツー)との再会により記憶を取り戻したルルーシュは再びゼロとして復活、再度反旗を翻す。

スザクとの関係は?

スザクは「ブラックリベリオン」でルルーシュをブリタニア皇帝シャルルに差し出したことにより、皇帝直属の部隊「ナイトオブラウンズ」に任命された。

ルルーシュはそんな姿に遺恨を抱えつつ、記憶をなくしたふりを続けた。

黒の騎士団の裏切り

ゼロとして活動を再開したルルーシュは諸外国と連携してブリタニアに対抗する「超合集国」を設立。決議に基づき、黒の騎士団は「第二次東京決戦」を開始する。

その戦闘中、スザクが放った大量破壊兵器「フレイヤ」によってトウキョウ租界が壊滅。それを受けブリタニア第二皇子シュナイゼルは黒の騎士団に休戦を申し込むと同時にゼロの正体とギアスについて伝える。

シュナイゼルの話を聞いて、黒の騎士団はルルーシュを弾劾、ロロの命と引き換えにルルーシュは何とか逃げ延びる。

Cの世界でルルーシュ達が見たものとは?

黒の騎士団から逃げ延びたルルーシュは単身シャルルと決着をつけるべく神根島で「Cの世界」に接続した。

人の心が集まる世界で集合無意識を支配して「嘘のない世界」を作ろうとする父シャルルと母マリアンヌ。しかし、ルルーシュは停滞する世界ではなく「明日が欲しい」と集合無意識にギアスをかける。

明日へ向かい出した集合無意識を見て、ルルーシュはある決意をする。

皇帝ルルーシュの誕生

一ヶ月後、ブリタニアにはスザクを引き連れたルルーシュが現れ皇帝即位を宣言、スザクをナイトオブゼロとして、世界に宣戦布告をした。ルルーシュは旧ブリタニア帝国軍と黒の騎士団を率いるシュナイゼルとの決戦に赴く。

ゼロレクイエムとは?

世界に宣戦布告をしたルルーシュとスザク。二人は世界の悪意を集める「ゼロレクイエム」を計画していた。

黒の騎士団とシュナイゼルを降したルルーシュはスザクを死んだ者として、ゼロの仮面を託す。

日本で行われた皇帝ルルーシュのパレードでゼロに扮したスザクによってルルーシュは殺される。

世界の憎しみを一身に集めた悪逆皇帝ルルーシュを正義の味方ゼロが殺す事によって、人々は独裁者の死に歓喜、世界に平和が訪れた「ゼロレクイエム」の完遂であった。

アニメ版と劇場版の違いは?

劇場版では復活のルルーシュへ繋げるための伏線が作られています。その為アニメ版とは違い劇中で死ぬルルーシュの学友「シャーリー」が死なずC.C.(シーツー)の協力者としてルルーシュの死の偽装を手伝った。

コードギアス 復活のルルーシュ [DVD]

まとめ

コードギアス反逆のルルーシュはアニメ二部と劇場版三部に加え、その後を描く「復活のルルーシュ」がある。

復活のルルーシュは文字通りゼロレクイエムによって死んだとされたルルーシュの復活の物語である。

再び戦禍に巻き込まれて世界にルルーシュが立ち向かう姿はファンにとっては歓喜の一言だと思います。

アニメと劇場版、復活のルルーシュを見比べるのも面白いので是非ともお試しを。

記事にコメントするにはこちら