【名探偵コナン】緋色の弾丸主要キャラクター紹介

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 名探偵コナン

2021年4月16日から公開を開始したアニメーション映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』。世界最大のスポーツの祭典「WSG -ワールド・スポーツ・ゲームス-」の東京開催を控えた日本を舞台に、赤井ファミリーがピックアップされたストーリーが展開されます。そんな本作に登場するキャラクターについて、声優情報も交えてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『名探偵コナン 緋色の弾丸』とは?

『名探偵コナン 緋色の弾丸』は、2021年4月16日から公開を開始したアニメーション映画作品。青山剛昌(あおやま・ごうしょう)さんによる人気推理漫画『名探偵コナン』の劇場版シリーズの第24作目に当たります。キャッチコピーは「一家(ファミリー)、集結──────」、「引き裂かれた運命──いま〈世界〉が動き出す」「この真相、最高機密(トップシークレット)」。本来であれば2020年4月に公開される予定でしたが、新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、それから1年延期した2021年の公開となりました。

東京五輪の開催にタイミングを合わせてか、今作の映画では架空のスポーツの祭典「ワールド・スポーツ・ゲームス(WSG)」の東京開催が控えているという設定になっており、人気キャラクターであるFBI捜査官・赤井秀一(あかい・しゅういち)をはじめとした赤井ファミリーが今作ではピックアップされています。

監督は、前作の『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』でも監督を務めた永岡智佳(ながおか・ちか)さん。脚本は、『名探偵コナン ゼロの執行人』『名探偵コナン 純黒の悪夢』などでも脚本を担当した櫻井武晴(さくらい・たけはる)さんが担当します。主題歌は、東京事変による「永遠の不在証明」です。

物語のあらすじ

今作の舞台となるのは、4年に1度開かれるスポーツの祭典「ワールド・スポーツ・ゲームス」の東京開催を迎えようとしている日本。その開会式に合わせて、最高時速1,000kmを誇る世界初の「真空超電導リニア」が愛知と東京間に開通することが発表されました。開催を祝して開かれたパーティー会場で突然事件が発生し、名だたる企業のトップたちが次々と拉致されてしまうという緊急事態に陥ります。

主人公・江戸川コナンの推理により、その事件と15年前にアメリカで発生したワールド・スポーツ・ゲームス連続拉致事件との関連性が浮上し、当時の事件の管轄はFBIだったことが判明します。事件を追う赤井秀一から捜査協力を頼まれたコナンは、真空超電導リニアが発車する名古屋で次の事件が起きると推理し、その体験乗車に参加することを決めることになるのです。

ここからは、そんな本作に登場するキャラクターについて、声優情報も交えてご紹介していきます!

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター1:江戸川(えどがわ)コナン

江戸川コナンは、本作の主人公。本来の姿は、「日本の警察の救世主」「平成のシャーロック・ホームズ」などと称される高校生探偵・工藤新一(くどう・しんいち)ですが、遊園地で「黒の組織」の怪しげな取引現場を目撃した際に試作段階の毒薬「APTX4869(アポトキシンよんはちろくきゅう)」を飲まされ、組織も知らない副作用で幼児化してしまいました。

隣人の阿笠博士(あがさ・ひろし)からの助言を受けた後、周りに自分の正体が新一であることを隠した上で、表向きは帝丹小学校の1年生として「江戸川コナン」という偽名を名乗り、幼馴染の少女・毛利蘭(もうり・らん)と探偵をしている彼女の父親・毛利小五郎(もうり・こごろう)の家に居候することになります。元の姿に戻る方法を見つけるため、さまざまな難事件を解決しながら黒の組織の陰謀を追っています。

江戸川コナンの声優は高山(たかやま)みなみさん

そんな江戸川コナンの声を担当するのは、81プロデュースに所属する声優・歌手の高山みなみさん。 本名は「新井泉(あらい・いずみ)」。1964年5月5日生まれで、東京都足立区出身。身長156cmで、血液型はB型。1987年に発売されたOVA『学園特捜ヒカルオン』の女子生徒役で声優デビューを果たし、同年に放送されたテレビアニメ『ミスター味っ子』の味吉陽一役で初主演を果たしました。

その他にもこれまでに、『SHAMAN KING』のハオ役、「戦姫絶唱シンフォギアシリーズ」の天羽奏役、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のエンヴィー役などを担当。本作の原作者・青山剛昌さんによる前作『YAIBA』の主人公・鉄刃役も担当しており、2005年には青山さんとの結婚を発表。その後離婚することになりましたが、その後も疎遠にはならず、原作者と主演声優として良好な関係が続けています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター2:ヒロイン 毛利蘭(もうり・らん)

毛利蘭は、本作のヒロイン。ストレートのロングヘアとピンと角ばった前髪が特徴的な少女で、工藤新一と同じ帝丹高校に通っています。物語当初は幼馴染の彼とお互いを想い合ってはいるものの、なかなか素直になることができないじれったい関係を築いていましたが、途中で一時的に元の姿に戻った新一が告白し、蘭がそれに返事をしたことで交際関係に発展しました。

明るく前向きで、誰とでも親しくなれる優しさと包容力を併せ持った性格の持ち主。関東大会で優勝できるレベルの空手の達人でもあります。江戸川コナンの正体が新一ではないかと度々勘ぐってはいるものの確信には至らず、事件解決のために飛び回っていると話す新一の帰りを待ち続けています。居候のコナンに対しては姉のような立場から世話を焼いており、度々無茶をする彼のことをよく心配しています。

弁護士の仕事をしている別居中の母親・妃英理(きさき・えり)に代わって家事全般を担当しており、父親の悪癖を制止するストッパーとしての役割も果たしています。本作の劇場版では、主に灰原哀(はいばら・あい)と行動を共にすることになります。

毛利蘭の声優は山崎和佳奈(やまざき・わかな)さん

そんな毛利蘭の声を担当するのは、青二プロダクションに所属している声優の山崎和佳奈さん。愛称は「和佳ちゃん」。1965年3月21日生まれで、神奈川県横浜市出身。身長153cmで、血液型はAB型。趣味に殺陣・ダンス・日舞を挙げています。1991年に放送されたテレビアニメ『緊急発進セイバーキッズ』の天神林ランで正式な声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『ママレード・ボーイ』の秋月茗子役、第3作目の『ひみつのアッコちゃん』の加賀美あつこ(アッコ)役、『ONE PIECE』のノジコ役などを担当。声優としての知名度を一躍上げることになったのが『名探偵コナン』の毛利蘭役であり、最も長く演じ続けてきたその役はもはや生活の一部であり、自然体のまま演じられると語っています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター3:名探偵「眠りの小五郎」 毛利小五郎(もうり・こごろう)

毛利小五郎は、毛利蘭の父親で江戸川コナンの保護者。オールバックの黒髪とちょび髭が特徴的な男性で、年齢は38歳。以前は警視庁捜査一課強行犯係の刑事の仕事をしていましたが、現在は「毛利探偵事務所」を経営する私立探偵として働いています。腕時計型麻酔銃から放たれた針で眠らされている間、蝶ネクタイ型変声機を通して小五郎の声になったコナンによって名推理を披露されることで、「眠りの小五郎」と評される有名な名探偵となりました。

短気で自信過剰且つスケベな一面が目立つものの、家族思いで正義感もある人物。とんちんかんな推理をすることも多いですが、時にコナンも驚いてしまうような名推理を披露することもあります。妻の英理とは学生結婚という形で結婚したものの喧嘩をきっかけに別居状態となり、会えばお互いの悪口を言い合っていますが、本心ではお互いを想い合う関係を築いています。

毛利小五郎の声優は小山力也(こやま・りきや)さん

そんな毛利小五郎の声を担当するのは、劇団俳優座に所属している声優・俳優の小山力也さん。愛称は「リッキー」「りきちゃん」など。1963年12月18日生まれで、京都府京都市出身。身長173cmで、血液型はO型。趣味・特技に空手・水泳を挙げています。海外ドラマ『ER緊急救命室』のジョージ・クルーニーさん演じるダグラス・ロス役の吹き替えで声優デビューを果たしました。

アニメ作品ではこれまでに、『文豪ストレイドッグス』の福沢諭吉役、『血界戦線』のクラウス・V・ラインヘルツ役、『はじめの一歩』の鷹村守役などを担当。『名探偵コナン』の毛利小五郎役は2009年から就任した2代目であり、それまでは冴羽商事に所属する声優の神谷明(かみや・あきら)さんが担当していました。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター4:赤井ファミリーの長兄 赤井秀一(あかい・しゅういち)

赤井秀一は、本作の映画の中心となる赤井ファミリーの長兄。年齢は32歳。日本人の父親である赤井務武(あかい・つとむ)と日系イギリス人の母親であるメアリー・世良との間に生まれた長男で、オールバックにした短い黒髪と緑色の瞳、そして目の下にある隈が特徴的。妹の世良真純(せら・ますみ)からは、「秀兄(しゅうにい)」の愛称で呼ばれています。父親が消息不明となってしまった原因を探るため、単身アメリカに渡ってFBIに入局することを決めました。

物語開始の5年前から2年前までの間、「諸星大(もろぼし・だい)という偽名を使用した上で黒の組織のメンバー・宮野明美(みやの・あけみ)と交際し、彼女を利用する形で黒の組織で潜入捜査を行っていました。組織の中で与えられていたコードネームは「ライ」。組織の中で上手く立ち回っていたものの、FBIのメンバー・アンドレ・キャメルのミスからスパイであることが露見したために、逃亡してFBIへと戻っています。

工藤新一に匹敵する高い推理能力・截拳道(ジークンドー)による高い格闘能力・スナイパーとしての凄腕の技術を併せ持った人物で、黒の組織のボスからは、唯一狼人間を滅ぼすことのできる白銀の銃弾になぞらえて、組織を壊滅させることのできる「シルバーブレット」と呼ばれて恐れられています。前々作の映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の中心となった公安警察官の安室透(あむろ・とおる)(本名は降谷零(ふるや・れい))とは、会えば戦い合わずにはいられような因縁があります。

普段は沖矢昴(おきや・すばる)に変装

赤井秀一は、来葉峠(らいはとうげ)での一件で黒の組織に対して死の偽装工作を行って以降、表向きは東都大学大学院工学部博士課程に籍を置く27歳の大学院生・沖矢昴として生活しています。工藤新一の母親であり元女優の工藤有希子(くどう・ゆきこ)から伝授された特殊メイクによって顔を変え、阿笠博士の開発したチョーカー型変声機によって声も変えています。

以前は米花町にあるアパート「木馬荘」に暮らしていましたが、放火で住居を失ってしまったことから、偽装工作にも協力していた江戸川コナンからの提案で工藤邸に居候することになりました。毛利蘭たちや少年探偵団とは親しい関係を築いており、事件が起きた際には密かに助けに行ったりすることもあります。正体を知るのはコナンや工藤夫妻、阿笠博士の他、日本にいるFBIの仲間などの限られた人間のみ。

登場してからしばらくは謎めいた人物として描写されていましたが、第18作目の劇場版『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』では、物語の裏でFBIのジェイムズ・ブラックと連絡を取り、終盤で犯人を狙撃することでコナンを窮地から救っています。この作品のラストシーンで、変声機のスイッチを切った沖矢が赤井の声で「了解」と発言したことで、原作・テレビアニメ双方に先駆けて赤井と沖矢が同一人物であることが明かされました。

赤井秀一の声優は池田秀一(いけだ・しゅういち)さん

そんな赤井秀一の声を担当するのは、東京俳優生活協同組合に所属している声優・俳優の池田秀一さん。1949年12月2日生まれで、東京都出身。身長162cmで、血液型はO型。声優業以前は天才子役として名をはせ、1960年に放送されたテレビドラマ『少年探偵団』のケン役でデビューを果たし、1964年に放送されたNHKテレビドラマ『次郎物語』では次郎役で主演を務めました。

声優としては『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブル役で特に有名で、その他にも『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の比古清十郎役、『ONE PIECE』のシャンクス役、『HUNTER×HUNTER』のカイト役などをこれまでに担当しています。

『名探偵コナン』の原作者である青山剛昌さんはガンダムの大ファンで、「赤井秀一」という名前は、シャア・アズナブルの異名である「赤い彗星」とその声を担当した池田秀一さんの名前に由来しています。また、作中で偽名として使用している「諸星大」と「沖矢昴」に関しては、「赤い彗星(=諸星)のシャア」とシャアの本名である「キャスバル・レム・ダイクン」からきています。

沖矢昴の声優は置鮎龍太郎(おきあゆ・りょうたろう)さん

沖矢昴の声を担当するのは、青二プロダクションに所属している声優・舞台俳優の置鮎龍太郎さん。愛称は「りょうちゃん」「オッキー」。1969年11月17日生まれで、大阪府大阪市住之江区出身。身長170cmで、血液型はO型。1990年に放送された『ドラゴンクエスト』のリリパット役でテレビアニメデビューを果たし、1991年に放送されたテレビアニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』のフランツ・ハイネル役で初レギュラーを務めました。

テレビアニメで初主演を飾ったのは、1996年に放送されたテレビアニメ『地獄先生ぬ〜べ〜』の鵺野鳴介役。その他にもこれまでに、『Fate/Apocrypha』の黒のランサー/ヴラド三世役、「戦国BASARAシリーズ」の豊臣秀吉役、『CLANNAD-クラナド-』の古河秋生役などを担当。『名探偵コナン』では他にも、京都府警捜査第一課の警部である綾小路文麿(あやのこうじ・ふみまろ)役も担当しています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター5:赤井ファミリーの次兄 羽田秀吉(はねだ・しゅうきち)

羽田秀吉は、赤井ファミリーの次兄。年齢は28歳。赤井秀一の弟にして世良真純の兄であり、真純からは「吉兄(きちにい)」という愛称で呼ばれています。自身の将棋好きもあって、尊敬の念を寄せていた故・羽田浩司(はねだ・こうじ)の夢を継ぐべく、高校卒業後に父親との交流もあった東京の資産家「羽田家」に養子に入ったためにその苗字を名乗っています。

職業はプロ棋士で、名前が戦国時代の武将・羽柴秀吉に似ていることから「太閤名人」の愛称で親しまれています。父親似の美青年ですが身なりに関しては興味がなく、普段は寝癖に無精髭、丸メガネにジャージという格好をしています。その冴えない印象からは想像もつかないほどの優れた記憶力と洞察力を持っており、江戸川コナンがただの小学生ではないことを一目で見抜き、彼の推理をサポートしたこともあります。

警視庁交通部交通執行課の婦警・宮本由美(みやもと・ゆみ)と交際中で、彼女とはお互いのことを「由美タン」「チュウ吉」と呼び合う仲。彼女にプロポーズするために、プロ棋士として七冠王を目指しています。本作の劇場版では、名古屋に新しくできた将棋会館の担当責任者としてそこを訪れた際、彼女を呼んで家族に紹介しようとしたものの諸々の事情で失敗してしまい、偶然出会った兄・秀一の仕事に協力することになります。

羽田秀吉の声優は森川智之(もりかわ・としゆき)さん

そんな羽田秀吉の声を担当するのは、アクセルワンに所属している声優の森川智之さん。その会社の代表取締役も務めています。愛称は「モリモリ」「帝王」。1967年1月26日生まれで、神奈川県川崎市出身。身長172cmで、血液型はO型。趣味にドライブ・ベイスターズ野球観戦を挙げています。外国人向け日本語教材のナレーションで声優デビューを果たしました。

低く響く硬い声質が特徴的で、これまでに『金田一少年の事件簿』の明智健悟役、『D.Gray-man』のティキ・ミック役、『ブラッククローバー』のユリウス・ノヴァクロノ役などを担当。2016年からは、藤原啓治(ふじわら・けいじ)さんから続く2代目として『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役を担当しています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター6:赤井ファミリーの妹 世良真純(せら・ますみ)

世良真純は、赤井ファミリーの長女にして末っ子の女子高生探偵。所々跳ねた短い黒髪をした容姿・服装共にボーイッシュな少女で、笑ったときに見せる八重歯と目の下にある隈が特徴的。顔立ちは上の兄・秀一同様の母親似で、父親似の下の兄・秀吉とは似ていません。一人称は「ボク」。中性的な容姿と振る舞いから、作中では何度も男性に間違えられています。

性格は明るく社交的で人当たりも良いものの、短気で喧嘩っ早く、好戦的な一面も目立ち、口調が荒々しくなり過激な行動に出ることもあります。女子高生探偵としての推理力はかなりもので、兄・秀一同様の截拳道の使い手としての実力は空手の達人である毛利蘭と並ぶほど。本編の3年前から一時期イギリスに住んでおり、帰国した後は母親のメアリーと共にホテルを転々とする生活を送っています。

コナンたちと接点を持つことになったきっかけは、イギリスからの帰国後にバスの中で鈴木園子(すずき・そのこ)から痴漢に間違えられ、蘭との一悶着の末に江戸川コナンの証言に助けられたこと。その後に起きた事件を経て、帝丹高校の蘭たちと同じクラスに編入しました。コナンは必死に隠していますが、彼の正体が工藤新一だと気がついている様子。本作の劇場版では、メアリーとともに密かにジョン・ボイドを護衛することになります。

世良真純の声優は日髙のり子(ひだか・のりこ)さん

そんな世良真純の声を担当するのは、コンビネーションに所属している声優の日髙のり子さん。愛称は「ノン子(さん)」。1962年5月31日生まれで、東京都千代田区九段出身。身長157cmで、血液型はAB型。特技に玉乗りを挙げています。1984年に放送されたテレビアニメ『超時空騎団サザンクロス』のムジカ・ノヴァ役で声優デビューを果たし、1985年に放送された『タッチ』のヒロイン・浅倉南役で一躍知名度を上げることになりました。

その他にもこれまでに、『らんま1/2』の天道あかね役、『ふしぎの海のナディア』のジャン・ロック・ラルティーグ役、『となりのトトロ』の草壁サツキ役などを担当。『名探偵コナン』の世良真純の名前は、『機動戦士ガンダム』に登場するシャア・アズナブルの妹であるセイラ・マスに由来しており、セイラ・マス役を担当していた井上瑤(いのうえ・よう)さんが既に鬼籍に入っていたことに加え世良真純のキャラクター的に日髙のり子さんの声をイメージしていたという理由から、原作者自らの指名でキャスティングされています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター7:赤井ファミリーの母 メアリー・世良(せら)/領域外の妹(りょういきがいのいもうと)

メアリー・世良は、赤井ファミリーの母親。日本人とイギリス人の間に生まれた日系イギリス人で、実年齢は53歳。「世良」は旧姓で、夫の赤井務武と結婚してから娘の真純が生まれるまでは夫の姓に改姓して、赤井メアリーと名乗っていました。色素の薄い巻き毛のショートヘアと目の下にある隈が特徴的で、マスカラを目の下に付けた灰原哀(はいばら・あい)と非常に顔立ちが似ています。

実は黒の組織に協力していた科学者・宮野(みやの)エレーナの実姉で、彼女の実子である宮野明美、宮野志保(みやの・しほ)(身体が小さくなってからの偽名が「灰原哀」)の伯母にあたります。イギリスの秘密諜報機関 「MI6」 に所属するエージェントで、日本に渡る直前のイギリス滞在時に黒の組織に所属するベルモットから「APTX4869」を飲まされたことで、中学生くらいの容姿になってしまいました。

薬を飲まされた影響か、時折咳をするなど体調不良になりかけている面はあるものの、犯人の急所を的確について一瞬で気絶させられるほどに身体能力は高く、頭脳明晰で冷静な分析力も持ち合わせています。現在は娘の真純と共にホテルを転々とする生活を送っており、江戸川コナンから素性を聞かれたときのことを考えて、その際は「領域外の妹」と言うように真純に指示を出しています。今回の劇場版では、MI6の任務でイギリスの要人であるジョン・ボイドを護衛するために名古屋入りをすることになります。

メアリー・世良の声優は田中敦子(たなか・あつこ)さん

そんなメアリー・世良の声を担当するのは、マウスプロモーションに所属している声優の田中敦子さん。 愛称は「あっちゃん」「あつを」。1962年11月14日生まれで、群馬県前橋市出身。身長164cmで、血液型はO型。1992年に公開された映画『不法侵入』(機内上映版)のマデリーン・ストウさん演じるカレン・カー役の吹き替えで声優デビューを果たしました。

やや低く、艶と力強さを感じさせる声が特徴的で、当たり役は「攻殻機動隊シリーズ」の草薙素子役。その他にもこれまでに、『Fate/stay night』のキャスター役、『ジョジョの奇妙な冒険』のリサリサ役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の美城常務役などで知られています。尊敬する人物には、『名探偵コナン』で妃英理役を担当している高島雅羅(たかしま・がら)さんを挙げています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター8:元黒の組織のメンバー 灰原哀(はいばら・あい)

灰原哀は、元黒の組織のメンバー。本名は「宮野志保」。赤みがかった茶色でウェーブ状のショートヘアが特徴的な少女で、実年齢は18歳。黒の組織の医師兼科学者の父親・宮野厚司(みやの・あつし)、黒の組織の科学者の母親・宮野エレーナとの間に生まれ、姉には同じく黒の組織のメンバーであった宮野明美がいますが、黒の組織絡みで既に全員と死別しています。双方そうだとは気づいていませんが、母方の親族として伯母のメアリー・世良、従兄妹の赤井秀一・羽田秀吉・世良真純がいます。

黒の組織にいた頃のコードネームは「シェリー」。亡き両親の研究を引き継いで、科学者として「APTX4869」の研究開発に携わっていましたが、その途中で薬の研究を中止にする形で組織に反発し、処刑用のガス室に軟禁されました。その際に隠し持っていた「APTX4869」を服用して自殺を図ったものの、偶然にも幼児化したことで脱走することに成功。それ以降は自分を保護してくれた阿笠博士の家に居候しながら「APTX4869」の解毒薬を研究しつつ、江戸川コナンと同じ帝丹小学校に「灰原哀」という偽名を名乗って通っています。

元黒の組織の科学者なだけあって化学製品や電子情報などに関する知識や扱いに長け、登場した当初はミステリアスでダークな一面が目立ったものの、現在は周りの影響で明るく感情豊かな一面が見えるようになっています。コナンの正体が工藤新一だと知っている数少ない人物の1人で、彼とは互いの秘密を共有する相棒関係を築いています。本作の映画では毛利蘭と行動を共にしながらコナンをサポートすることになります。

灰原哀の声優は林原(はやしばら)めぐみさん

そんな灰原哀の声を担当するのは、 ウッドパークオフィスに所属している声優の林原めぐみさん。愛称は「めぐさん」「めぐ姉」など。1967年3月30日生まれで、東京都出身。身長156cmで、血液型はO型。1986年に放送されたテレビアニメ『めぞん一刻』の第1話に登場する幼稚園児B・近所の女役でアニメデビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『らんま1/2』の早乙女らんま役、「スレイヤーズシリーズ」のリナ=インバース役、「ポケットモンスターシリーズ」のムサシ役などを担当。『名探偵コナン』の灰原哀のデザインの大元は、原作者である青山剛昌さんの別作品『YAIBA』に登場する鉄諸羽で、もしも『YAIBA』が再アニメ化することがあればその時はぜひ諸羽役を林原めぐみさんにお願いしたいと、青山剛昌さんは対談で語っています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター9:蘭の親友の財閥令嬢 鈴木園子(すずき・そのこ)

鈴木園子は、鈴木財閥の令嬢。工藤新一や毛利蘭とは保育園に通っていた頃からの幼馴染の関係で、現在は同じ帝丹高校2年B組に在籍しています。ボブカットの茶髪にカチューシャをさした姿が特徴的で、財閥令嬢とは感じさせない気さくでさっぱりとした性質の持ち主。家が財閥というだけあって自身も様々な著名人のパーティーに招待されることが多く、そのコネで江戸川コナンたちなどが同席させてもらえることがあります。

普段は毛利小五郎に負けず劣らず単純でお調子者としての一面が目立ちますが、その言動とは裏腹に情に厚く、特に大親友の蘭が困ってしまったときには何でもしようとする友達思いなところがあります。「蹴撃の貴公子」「孤高の拳聖」などと称される杯戸高校の空手部主将・京極真(きょうごく・まこと)からは、周りの目もそっちのけで空手の試合に臨む蘭に声援を送っている姿を見初められており、作中で交際関係に発展しています。

第11作目の映画『名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)』では蘭との友情関係にスポットが当てられ、京極真がピックアップされた前作の映画『名探偵コナン 紺青の拳』では、ヒロイン的な役割を担いました。今作の映画では、鈴木財閥のコネでコナンや蘭、少年探偵団たち一行が自分と同じようにパーティーに招待されるように手配しています。

鈴木園子の声優は松井菜桜子(まつい・なおこ)さん

そんな鈴木園子の声を担当するのは、アップアンドアップスに所属している声優の松井菜桜子さん。その会社の代表も務めています。1961年4月4日生まれで、北海道函館市出身。身長157cmで、血液型はA型。趣味に料理、特技に歌唱・謎解きを挙げています。1983年に放送されたテレビアニメ『スペースコブラ』の「非常灯をつけるのよ!」と言うガヤで声優デビューを果たしました。

初めてテレビアニメで主演を飾ったのは、1998年に放送された『サイレントメビウス』の香津美・リキュール役。その他にもこれまでに、『ハピネスチャージプリキュア!』のリボン役、『ハイスクール!奇面組』の宇留千絵役、『ピーターパンの冒険』のウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリング役などを担当しています。

『ピーターパンの冒険』の主人公・ピーターパン役は、『名探偵コナン』で世良真純を演じる日高のり子さんが担当していますが、日高さんにとってはこれが初めての少年役でプレッシャーを感じて苦しんでいましたが、そこをウェンディ役の松井さんやティンカー・ベル役(『名探偵コナン』では工藤有希子役)の島本須美(しまもと・すみ)さんに助けられたことで演じることができたそうです。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター10:発明家 阿笠博士(あがさ・ひろし)

阿笠博士は、工藤家の隣に住んでいる発明家。年齢は52歳。禿げ上がった頭頂部以外の髪は全て白く、口髭も真っ白なことから年齢以上に老けて見られることがあります。目暮警部と同様のぽっちゃりとした体形であることから、居候の灰原哀から健康のために厳しく栄養管理をした食事をとらされることも。温厚で面倒見のいい性格で、作中ではみんなから慕われるおじいちゃんのような立場にあります。

工藤家・毛利家とは新一と蘭がまだ幼かった頃からの付き合い。江戸川コナンの正体が小さくなってしまった工藤新一だと初めて知らされた人物で、黒の組織に生存していることを知られないように正体を隠すべきだと助言を送りました。その後はコナンに対してはもちろん、黒の組織から逃げてきた灰原哀を保護したり、沖矢昴の正体を知っていても黙っていたりと、事情を抱えた各人物の協力者としての立場を貫いています。

発明家としての技術はかなりのもので、コナンの持っている「腕時計型麻酔銃」「蝶ネクタイ型変声機」「キック力増強シューズ」などは彼の制作したもの。コナンが子どもの身体というハンデを負いながらも屈強な犯人たちと渡り合えているのは、彼の発明によるところが大きくあります。第6作目の映画『名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊』では、新型ゲーム機「コクーン」の開発にも携わっています。

阿笠博士の声優は緒方賢一(おがた・けんいち)さん

そんな阿笠博士の声を担当するのは、オフィス海風に所属している声優・俳優の緒方賢一さん。1942年3月29日生まれで、福岡県田川郡出身。身長162cmで、血液型はA型。趣味にゴルフ、特技に九州弁を挙げています。舞台『輪廻』で初めて声の仕事を担当し、1985年に設立された劇団すごろくでは座長を務めると共に舞台俳優としても活動しています。

声優としてはこれまでに、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (2020)』のブラス役、『魔法陣グルグル』のキタキタ親父役、『僕のヒーローアカデミア』のグラントリノ役などを担当。『名探偵コナン』の阿笠博士役と灰原哀役もそうですが、林原めぐみさんとは親子役あるいはそれに準ずる関係役で共演する機会が多く、林原さんからは「声優界でのお父さん」と慕われています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター11:少年探偵団メンバー 吉田歩美(よしだ・あゆみ)

吉田歩美は、江戸川コナンの小学校の同級生で、少年探偵団のメンバーの1人。おかっぱの黒髪にカチューシャをさした少女で、素直で好奇心旺盛な性格の持ち主。推理よりも謎解きをすることを好んでいます。少年探偵団ではムードメーカー的な存在で、帝丹小学校に編入してきたコナンを少年探偵団へと誘いました。その後、新たに加わることになった灰原哀のことを当初は「灰原さん」と一歩引いた立場から話しかけていましたが、現在は「哀ちゃん」と呼んで仲の良い関係を築いています。

コナンに対して片想いしていて、時折まだ小学生とは思えないほどの積極的な行動に出ることもあります。少年探偵団が中心となった第4作目の映画『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』ではヒロイン的な役割を担っており、コナンの側にいたときにときめく心音を元にして正確な秒数を測り、少年探偵団全員の命を救うファインプレーを見せました。

吉田歩美の声優は岩居由希子(いわい・ゆきこ)さん

そんな吉田歩美の声を担当するのは、フリーランスで活動している声優の岩居由希子さん。1972年1月13日生まれで、千葉県出身。身長151cmで、血液型はA型。1994年に放送されたテレビアニメ『マクロス7』で声優デビューを果たし、2003年に放送されたテレビアニメ『無人惑星サヴァイヴ』のルナ役で自身初となる主人公役を担当しています。

その他にもこれまでに『パッタ ポッタ モン太』のモン太役、『月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜』の仁科恭子役、『ハピネスチャージプリキュア!』の相楽寛子役などを担当。『名探偵コナン』では当初は毛利蘭のオーディションを受けたものの落選し、その後決まっていなかった役の中で小学生の少女役が空いていたことから、音響監督からの推薦を受けて決まったという経緯があります。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター12:少年探偵団メンバー 小嶋元太(こじま・げんた)

小嶋元太は、江戸川コナンの小学校の同級生で、少年探偵団メンバーの1人。団長を自称していますが、コナンが入団してからは実質的なリーダーは彼にとって代わられています。おにぎりのような形をした頭と左側頭部にある10円ハゲ、そして吉田歩美から「それ以上太るとブタさんに笑われちゃうよー」と言われるほどのふくよかな体型が特徴的。

その体型故か少し走っただけで息を切らせてしまう場面が多々見られますが、土壇場で灰原哀を片手で持ち上げ、そのまま抱きかかえて疾走できるほどの体力や腕力もあります。性格は短気かつ直情的で、勉強はあまり得意ではありませんが、時に核心をつくような発言をすることもあります。自身の短絡的な行動で少年探偵団をトラブルに巻き込んでしまうこともありますが、いざというときには少年探偵団のメンバーと共に危険な事態に立ち向かうことのできる勇気も持ち合わせています。少年探偵団の中では人一倍食欲が旺盛で、大好物は鰻重。

小嶋元太の声優は高木渉(たかぎ・わたる)さん

そんな小嶋元太の声を担当するのは、アーツビジョンに所属している声優の高木渉さん。1966年7月25日生まれで、千葉県出身。身長167cmで、血液型はA型。趣味・特技にスノーボードを挙げています。1987年に放送されたテレビアニメ『ミスター味っ子』で声優としてデビューを果たしました。

独特のハスキーボイスが特徴的で、その他にもこれまでに、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の虹村億泰役、『機動戦士ガンダムUC RE:0096』のアルベルト・ビスト役、『Yes!プリキュア5』のブンビー役などを担当しています。『名探偵コナン』では小嶋元太役や後述する高木渉刑事役以外にも、仮面ヤイバー役、被害者役、犯人役なども担当しています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター13:少年探偵団メンバー 円谷光彦(つぶらや・みつひこ)

円谷光彦は、江戸川コナンの小学校の同級生で、少年探偵団メンバーの1人。額の真ん中で分けた短い髪と顔にあるそばかすが特徴的で、誰に対しても丁寧語を用い、礼儀作法を重んじています。そのため、あまりマナーを守らない同じ少年探偵団のメンバー・小嶋元太のことを注意することがよくあります。元々頭脳明晰な青年の姿から幼児化して今の姿になった江戸川コナンや灰原哀の影には隠れてしまうものの、小学生とは思えないほどの領域横断的な豊富な知識と、時にコナンや灰原が驚かされるほどの推理力を有しています。

腕力に関しては元太に劣るものの、コナン・吉田歩美・元太をよそに息も切らさずにマラソンをしていられるほどの体力や運動神経にも恵まれています。一方で自意識が強くなりすぎてしまったり、年相応の幼さを見せたりすることも。幼稚園生の頃から歩美に対して好意を抱いていましたが、灰原が転校してきてからは2人とも気になって思い悩んでしまうようになります。最近では灰原の方に意識が傾きつつあります。

円谷光彦の声優は大谷育江(おおたに・いくえ)さん

そんな円谷光彦の声を担当するのは、マウスプロモーションに所属している声優の大谷育江さん。1965年8月18日生まれで、東京都出身。身長150cmで、血液型はB型。趣味・特技に、英語の発音・ジャズボーカル・日舞(吾妻流)・モダンバレエなどを挙げています。1986年に放送されたテレビアニメ『めぞん一刻』で声優デビューを果たしました。

演じてきた中で特に有名なのは、「ポケットモンスターシリーズ」のサトシのピカチュウ役。その他にもこれまでに、『ONE PIECE』のトニートニー・チョッパー役、『金色のガッシュベル!!』のガッシュ・ベル役、『スマイルプリキュア!』のキャンディ役などを担当。一時期休業していた際は、『血界戦線』のK・K役や『爆転シュート ベイブレード』の水原マックス役などで知られる折笠愛(おりかさ・あい)さんが円谷光彦役を担当していました。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター14:FBI捜査官 ジェイムズ・ブラック

ジェイムズ・ブラックは、来日しているFBI捜査官チームのリーダー的存在。赤井秀一、ジョディ・スターリング、アンドレ・キャメルの上司に当たります。白髪白髭にメガネをかけた年配の白人男性で、シカゴ在住であるもののロンドン生まれであることから、クイーンズ・イングリッシュで喋ります。黒の組織を対象とした捜査を続けており、上司としてジョディたちの捜査指揮を担当しています。

江戸川コナンや赤井には後手をとってしまうことが多いものの、かなり高い推理力を有した人物であり、初登場回では自分に話しかけてきた男性2人が偽の警察官だとすぐに見抜いてメッセージを残し、コナンの救出計画の全容も理解していました。来葉峠での赤井の死亡偽装の話は事前に本人から事前に打ち明けられており、潜伏開始後は密かに連絡を取り合っていました。第18作目の映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手』では、それを知った上でサポートを頼んでいます。

ジェイムズ・ブラックの声優は土師孝也(はし・たかや)さん

そんなジェイムズ・ブラックの声を担当するのは、アプトプロに所属している声優・俳優の土師孝也さん。本名は「加藤孝也(かとう・たかや)」。1952年9月8日生まれで、東京都出身。身長175cmで、血液型はB型。趣味に料理を、特技にギターと歌を挙げています。

これまでに『ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020)』のバーン役、『HUGっと!プリキュア』のドクター・トラウム役、『D.Gray-man』のフロワ・ティエドール役などを担当。『名探偵コナン』のジェイムズ・ブラック役は、元は『未来少年コナン』のレプカ役や『風の谷のナウシカ』のクロトワ役などで知られる声優の家弓家正(かゆみ・いえまさ)さんが担当していましたが、2014年に亡くなったため、それ以後は土師孝也さんが引き継ぐことになりました。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター15:FBI捜査官 ジョディ・スターリング

ジョディ・スターリングは、来日しているFBI捜査官の1人。年齢は28歳。ショートカットの金髪にメガネの美女で、かなりのプロポーションの持ち主。20年前に、黒の組織のベルモットの手によってFBI捜査官の父親を母親もろとも殺されてしまった過去があります。それ以後は証人保護プログラムの元で成長し、父の遺志を継ぐべくFBIに入局しました。普段かけている眼鏡は、その父親の形見です。

一時期は「ジョディ・サンテミリオン」という偽名を使用して、帝丹高校に英語教師として赴任して潜入捜査を行っていました。ベルモットの身柄確保が迫ったことから離任しましたが、取り逃してしまったことで、それ以降は黒の組織の存在をよく知らない周囲には「捜査でミスをして長期休暇をとらされることになってしまったため、傷心旅行で日本に滞在しているFBI捜査官」という設定で通しています。

コナンの協力者になった後は、赤井秀一や江戸川コナンに比べて実力が一段劣っているように描写されることが増えたものの、本来はFBI捜査官として優秀な人物。特に拳銃の腕前はかなりもので、シューティングゲームも大得意。赤井のことは「秀(シュウ)」という愛称で呼んでおり、彼が黒の組織に潜入する前は交際関係にありました。それ以後も好意を寄せている様子で、彼のことになると冷静さを欠くこともあります。

ジョディ・スターリングの声優は一城みゆ希(いちじょう・みゆき)さん

そんなジョディ・スターリングの声を担当するのは、ぷろだくしょんバオバブに所属している声優の一城みゆ希さん。本名は「千枝浩子(ちえだ・ひろこ)」。1949年8月23日生まれで、岩手県奥州市出身。身長は163cm。趣味に旅・美術館鑑賞を、特技にジャズダンス・タップダンス・歌唱を挙げています。

これまでに『野ばらのジュリー』のジュリー・ブラウン役、『YAWARA!』のジョディ・ロックウェル役、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』のイノライ・バリュエレータ・アトロホルム役などを担当。少女時代のジョディ・スターリング役は、『クッキングパパ』の木村夢子役や『カードキャプターさくら』のスピネル・サン役などで知られる声優の冬馬由美(とうま・ゆみ)さんが担当しています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター16:FBI捜査官 アンドレ・キャメル

アンドレ・キャメルは、来日しているFBI捜査官の1人。額の真ん中で分けた黒髪と彫りの深い顔立ちが特徴的なドイツ系アメリカ人で、年齢は27歳。温厚で優しい性格の持ち主なのですが、その屈強な体格と人相の悪さから疑われることが多く、彼が赤井秀一から作戦の増員として呼び出されたことを知らなかったジョディ・スターリングからは正体を怪しまれ、少年探偵団からは殺し屋なのではないかと疑われたこともありました。

趣味は筋トレで筋骨隆々とした肉体をしており、FBIの中でも卓越した運動神経と運転技術は赤井から一目置かれるほど。一方で、かつて黒の組織に潜入捜査をしていた赤井の正体を不用意な発言から露見させてしまったり、黒の組織のベルモットとバーボンに誘導されるまま情報を漏らしてしまったりするなどのミスをすることもあります。

FBI捜査官としての身分は明かしているものの、本当の来日理由に関しては話せないため、黒の組織のことをよく知らない者たちに対しては「傷心旅行中のジョディを連れ戻しに来日した同僚の恋人」という設定で通しています。赤井から沖矢昴に変装して潜伏していることを明かされた後は、彼の不在中における阿笠邸の灰原哀の護衛や、銃を使用したときの処理などを頼まれています。

アンドレ・キャメルの声優は梁田清之(やなだ・きよゆき)さん

そんなアンドレ・キャメルの声を担当するのは、フリーランスで活動している声優の梁田清之さん。1965年5月10日生まれで、東京都練馬区出身。身長168cmで、血液型はO型。趣味にドライブ、野球・サッカー・空手などのスポーツを挙げています。1987年に公開されたアニメーション映画『バツ&テリー』の選手3役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『SLAM DUNK』の赤木剛憲役、『鎧伝サムライトルーパー』の鬼魔将朱天役、『BLACK LAGOON The Second Barrage』の松崎銀次役などを担当。渋さと力強さを併せ持った声質をしているため、『忍風戦隊ハリケンジャー』の首領タウ・ザントの声など、特撮作品ではボスキャラの声を担当する機会が多くあります。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター17:警視庁捜査一課警部 目暮十三(めぐれ・じゅうぞう)

目暮十三は、警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係に所属する警部。刑事の仕事をしていた頃の毛利小五郎の上司にあたり、年齢は不明ですが、41歳の中森警部とは同期の関係にあります。勤務中は常に茶色のコートを着用し、それと揃いの色のソフト帽を着用しています。かなりお腹周りの大きい体型をしていて、たとえば第2作目の映画『名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)』で犯人からボーガンで射られても命に別状はなかったように、この体型のおかげで命拾いすることがあります。

人々に害をなす犯罪を憎み、被害者の苦しみに寄り添う警察官としての誇りを持った人物であり、時にそれ故に感情の起伏が激しくなり、苛烈な物言いをすることもあります。工藤新一の父親・工藤優作(くどう・ゆうさく)から親子2代に渡って難事件の解決のために助言を求めており、工藤新一の推理力の高さには信頼を寄せていました。

工藤新一が姿を消してからは、小五郎(の声を借りたコナン)の協力を受けて様々な事件を解決しています。普段被っているソフト帽は横になるときも被っているほどのもので、少年探偵団からは「髪が薄い」「大きなこぶがある」などと勝手な解釈をされていましたが、実はこれは不良女子高校生だった妻・みどりと知り合うきっかけとなった「連続女子高生ひき逃げ事件」で負った古傷を隠すためのもの。

目暮十三の声優は茶風林(ちゃふうりん)さん

そんな目暮十三の声を担当するのは、大沢事務所に所属している声優の茶風林さん。本名は「嶋沢弘隆(しまざわ・ひろたか)」。 1961年12月4日生まれで、埼玉県出身。身長165cmで、血液型はA型。その変わった芸名はチャールズ・チャップリンに由来しています。声優としての知名度を上げることになったのは、『名探偵コナン』の目暮十三役や、『ちびまる子ちゃん』の永沢君役と西城秀治(ひでじい)役。

その他にもこれまでに、『しましまとらのしまじろう』のしまじろうのお父さん(しまのしまたろう)役、『ひぐらしのなく頃に』の大石蔵人役、『バキ』のスペック役などを担当。2014年からは、44年に渡って演じ続けてきた声優の永井一郎(ながい・いちろう)さんから『サザエさん』の磯野波平役を引き継いでいます。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター18:警視庁捜査一課警部補 佐藤美和子(さとう・みわこ)

佐藤美和子は、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する警部補。年齢は推定28歳。ショートカットの黒髪の女性で、さっぱりとした性格の持ち主。警官としての正義感と使命感が強い一方、時に激情に駆られやすい一面もあります。捜査一課のアイドル的存在でもあり、その人気っぷりは、第4作目の映画『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』において、犯人による銃撃を受けた彼女が無事に意識取り戻したと知らされた警官たちが一斉に警帽を放り投げて大喜びしたほど。

父親の佐藤正義(さとう・まさよし)も元捜査第一課強行犯捜査三係に所属していましたが、物語開始の18年前に殉職。入庁後は、彼の使用していた手錠をお守り代わりとして持っています。狙撃・格闘技術ともに作中では有数の実力を誇り、(本人は知りませんが)伝説のドライバー「銀白の魔女」として語り継がれるほどの高い運転技術もあります。

3年前に爆弾事件で殉職した同僚の刑事・松田陣平(まつだ・じんぺい)に想いを寄せていましたが、同一犯が引き起こした事件を解決したことでその想いを吹っ切ることに。その後は、以前から気になっていた同僚の高木渉(たかぎ・わたる)と交際するようになり、非番の日には同僚たちの目を盗んでデートをしています。

佐藤美和子の声優は湯屋敦子(ゆや・あつこ)さん

そんな佐藤美和子の声を担当するのは、劇団昴に所属する俳優・声優の湯屋敦子さん。1968年9月1日生まれで、長崎県出身。身長170cmで、血液型はB型。趣味にサボテンを育てること、特技に長崎弁と三味線を挙げています。

これまでに『焼きたて!!ジャぱん』の梓川雪乃役、『進撃の巨人』のカリナ・ブラウン役、『バイオハザード リベレーションズ』のジル・バレンタイン役などを担当。アニメよりも海外映画の吹き替え経験の方が多く、アンジェリーナ・ジョリーさん演じる『17歳のカルテ』のリサ役、ダイアン・クルーガーさん演じる『ナショナル・トレジャー』のアビゲイル・チェイス役などを担当しています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター19:警視庁捜査一課巡査部長 高木渉(たかぎ・わたる)

高木渉は、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する巡査部長。年齢は推定26歳。短い黒髪の男性で、真面目かつ温厚な性格の持ち主。職務には忠実であるものの、時に凡ミスを起こしたり人質になってしまったりと、気苦労が絶えないところもあります。子どもの話も真剣に聞く姿勢を持っていることもあってか、少年探偵団のメンバーたちとは仲が良く、うっかり捜査中の事件のことを話してしまうこともしばしば。

少年探偵団たちが中心となったエピソードでは真っ先に頼られることが多く、江戸川コナンからも信頼されており、事件についての調査を依頼されることもあります。2歳年上の佐藤美和子刑事と交際関係にあり、彼女との恋愛関係が描かれたエピソードにはほぼ「本庁の刑事恋物語」というシリーズ名がつけられています。

元はアニメ版で事件の検証説明をさせる役として登場することになったオリジナルキャラクターに過ぎませんでしたが、アニメの中で目暮警部から名前を聞かれた際に、担当声優の高木渉さんのアドリブで「高木渉」と名乗ったことからその名前が定着。後に原作にも登場するようになり、専用エピソードも描かれるほどのレギュラーキャラクターとなりました。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター20:警視庁交通執行課警部補 宮本由美(みやもと・ゆみ)

宮本由美は、警視庁交通部交通執行課に所属する警部補。前髪を真ん中分けした黒髪の女性で、刑事部の佐藤美和子とは学生時代からの親友同士の関係。年齢は明かされていないものの、佐藤と同じ28歳前後と示唆されています。交通課の婦警として巡回を行う際は、後輩の三池苗子(みいけ・なえこ)とコンビを組んでいます。

交友関係が広く、警視庁メンバーで集まる合コンのセッティングを一手に引き受けたり、徹夜で麻雀をしたりと破天荒な性格ですが、自分が逮捕した元スリの常習犯に対して出所後の仕事を世話したり、佐藤と高木渉の恋愛関係の発展に多大な貢献をするなどの面倒見の良いところもあります。入庁前まで羽田秀吉と交際していましたが、彼の子どもっぽい性格と煙に巻くような言動に愛想を尽かして一方的に振っていました。

彼が将棋のタイトル七冠を制覇してプロポーズするまで知られないよう意図的に伏せていたこともあって、彼がプロ棋士として活躍していることを長らく知らず、再会後にニュースを偶然見たことでようやくそうだと知ることになりました。その後はプロポーズを待つことを宣言してヨリを戻し、同棲生活も開始しています。

宮本由美の声優は杉本(すぎもと)ゆうさん

そんな宮本由美の声を担当するのは、東京俳優生活協同組合に所属している声優の杉本ゆうさん。1975年1月29日生まれで、大阪府吹田市出身。身長153cmで、血液型はO型。特技に麻雀・スキューバダイビングを挙げています。

やや低めな地声が特徴的で、これまでに『とっとこハム太郎』のまいどくん役やねてるくん役、『銀魂』のキャサリン役、『おねがいマイメロディ』の藤崎真菜役などを担当しています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター21:真空超電導リニア客席担当 石岡(いしおか)エリー

石岡エリーは、今回の映画に登場するオリジナルキャラクターの1人。物語の重要な鍵を握る「真空超電導リニア」の客席を担当しているスタッフで、年齢は25歳。自称「リニアのアイドル」で、元気で明るい性格ですが、サプライズ演出を事前に話してしまうようなうっかりしている一面もあります。オーバーアクションをとることから、江戸川コナンに苦笑されてしまうことも。

石岡エリーの声優は浜辺美波(はまべ・みなみ)さん

そんな石岡エリーの声を担当するのは、東宝芸能に所属する俳優の浜辺美波さん。愛称は「ベーやん」「みーちゃん」。2000年8月29日生まれで、石川県出身。身長157cmで、血液型はB型。趣味に読書を、特技に硬筆習字特選賞(石川県)を挙げています。2011年に公開された映画『空色物語「アリと恋文」』の文香役で俳優デビューするとともに初主演を果たしました。

その他にもこれまでに、映画『君の膵臓をたべたい』の山内桜良役、映画『賭ケグルイ』の蛇喰夢子役、映画『約束のネバーランド』のエマ役などを担当。声優としては、アニメーション映画『HELLO WORLD』の一行瑠璃役、テレビアニメ『ONE PIECE 〜ハートオブゴールド〜』のミスキナ・オルガ役を担当した経験があります。今回の映画の出演については、「小さい頃からコナンが好きでいつかコナンの仕事ができればいいと思っていたが、今回役をいただけて光栄であると同時に緊張している」という旨のコメントを寄せています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター22:真空超電導リニア開発チーフエンジニア 井上治(いのうえ・おさむ)

井上治は、今回の映画に登場するオリジナルキャラクターの1人。年齢は35歳。前髪を額の真ん中で分けてメガネをかけた男性で、ふくよかな体型をしています。世界初となる「真空超電導リニア」の開発チーフエンジニアであり、技術者としては超一流ではあるものの、壇上でもたつくような説明下手なところもあります。

井上治の声優は鈴村健一(すずむら・けんいち)さん

そんな井上治の声を担当するのは、インテンションに所属している声優の鈴村健一さん。その会社の代表取締役も務めています。愛称は「スズ」「スズケン」。1974年9月12日生まれで、大阪府豊中市出身。身長173cmで、血液型はA型。趣味に特撮・ゲームを、特技に食リポを挙げています。声優としてデビューを果たしたのは、1994年に放送されたテレビアニメ『マクロス7』のモーリー役でした。

その他にもこれまでに、『鬼滅の刃』の伊黒小芭内役、『Fate/Grand Order』のロマニ・アーキマン役、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の聖川真斗役などを担当。妻は、『鬼滅の刃』の珠世役や『Fate/Grand Order』のレオナルド・ダ・ヴィンチ役などで知られる声優・俳優・歌手の坂本真綾(さかもと・まあや)さん。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター23:日本WSG協会広報 白鳩舞子(しらはと・まいこ)

白鳩舞子は、今回の映画に登場するオリジナルキャラクターの1人。年齢は29歳。両脇にはねたショートカットの茶髪をした女性で、生真面目な性格の持ち主。日本WSG協会の広報を担当していて、その性格故か、「真空超電導リニア」の体験乗車会やWSG東京開会式の案内や世話役を任されています。

白鳩舞子の声優は平野綾(ひらの・あや)さん

そんな白鳩舞子の声を担当するのは、Grickに所属している声優・俳優の平野綾さん。1987年10月8日生まれで、愛知県名古屋市出身。身長157cmで、血液型はO型。小さい頃から子役として活動し、2000年に放送されたテレビドラマ『多重人格探偵サイコ 雨宮一彦の帰還』のロリータ℃役で俳優デビュー。2001年に放送されたテレビアニメ『おとぎストーリー 天使のしっぽ』のサルのモモ役で声優デビューを果たしました。

初めてのヒロイン役を担当したのは、2005年に放送されたテレビアニメ『アイシールド21』の姉崎まもり役。2006年に放送された『涼宮ハルヒの憂鬱』の涼宮ハルヒ役でテレビアニメ初主演を果たし、声優としての知名度を一躍上げることになりました。その他にもこれまでに、『FAIRY TAIL』のルーシィ・ハートフィリア役、『君に届け』の胡桃沢梅役、『NANA』の芹澤レイラ役などを担当しています。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター24:「日本コード」のCEO兼社長 ジョン・ボイド

ジョン・ボイドは、今回の映画に登場するオリジナルキャラクターの1人。年齢は51歳。顎髭を生やした黒い肌の男性で、自動車メーカー「日本コード」のCEO兼社長を務めています。かつて倒産寸前の危機にあった前身の「タカラ自動車」がコード社の傘下に入ったときに立て直した敏腕経営者で、今回の事件の標的になると目され、探偵の毛利小五郎に調査を依頼しつつSPもつけて守られている立場にあります。

ジョン・ボイドの声優は楠大典(くすのき・たいてん)さん

そんなジョン・ボイドの声を担当するのは、アミュレートに所属している声優の楠大典さん。本名は「福田大典(ふくだ・だいすけ)」。1967年3月18日生まれで、東京都町田市出身。身長173cmで、血液型はB型。声優界一のとんこつラーメン好きとして知られています。

これまでに『ハートキャッチプリキュア!』のサバーク博士/月影博士役、『TIGER & BUNNY』のロックバイソン/アントニオ・ロペス役、『炎炎ノ消防隊』のレオナルド・バーンズ役を担当。『名探偵コナン』では、鈴木財閥相談役を務める鈴木次郎吉(すずき・じろきち)のボディガードを務める後藤善悟(ごとう・ぜんご)役なども担当しています。

ジョン・ボイドの英語台詞担当はライアン・ドリースさん

ジョン・ボイドの英語台詞を担当するのは、俳優・声優のライアン・ドリース(Ryan Drees)さん。身長167cmで、アメリカ合衆国出身。趣味に映画鑑賞・スポーツ(野球・アメリカンフットボール・バスケットボール)を、特技に野球、英語の方言、翻訳などを挙げています。米国公認会計士として働いていた変わった経歴の持ち主で、1996年に来日して以降様々な分野で活躍しています。前作の映画『名探偵コナン 紺青の拳』では、「シンガポールの名探偵」と呼ばれるレオン・ローのボディガードを務めるヘッズリ・ジャマルッディン役を担当していました。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』主要キャラクター25:国際WSG協会会長 アラン・マッケンジー

アラン・マッケンジーは、今回の映画に登場するオリジナルキャラクターの1人。年齢は64歳。短い金髪をした強面の男性で、国際WSG協会の会長を務めています。20代の頃はWSGに射撃選手として出場。元FBI長官でもあり、15年前に発生した連続拉致事件には長官の立場で関わっていました。

アラン・マッケンジーの声優はチャールズ・グラバーさん

そんなアラン・マッケンジーの声を担当するのは、日本で活動する俳優・声優のチャールズ・グラバー(Charles Glover)さん。1962年7月20日生まれで、アメリカ合衆国ニューメキシコ州出身。身長179cmで、血液型はO型。趣味に乗馬(ウェスタン&ブリティッシュ)、ステージコンバット、太極拳、ヨガなどを挙げています。

これまでに『名探偵コナン』に関係したものの中では、工藤新一の大好きなプロサッカー選手のレイ・カーティス役、映画『名探偵コナン 紺青の拳』に登場するシンガポール警察の警部補のマーク・アイダン役を担当しています。

赤井ファミリーがピックアップされたコナン映画を見逃せない!

ここまで映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』に登場するキャラクターについて、声優情報を交えてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

今回の映画では、多くのキャラクターと関係し、そして多くの謎に包まれた赤井ファミリーが中心となっているだけでファンとしてはもうわくわくしてしまいますよね。2021年5月24日の時点で、興行収入が64億円を突破したことからその期待度の高さが伺えます。ぜひ公開中に劇場まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

記事にコメントするにはこちら