【進撃の巨人】エレンの母親・カルラを捕食したカルライーターについて紹介!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 進撃の巨人

諫山創さんによるダークファンタジー漫画『進撃の巨人』。主人公の少年・エレン・イェーガーが、巨人への憎しみと自由への渇望を胸に、「巨人を駆逐する」未来を目指す様が描かれます。そんな本作に登場するカルライーターとはいったい何なのか。最終話までのネタバレを含めてご紹介します!

記事にコメントするにはこちら

『進撃の巨人』とは?

『進撃の巨人』は、諫山創(いさやま・はじめ)さんによって連載されたダークファンタジー漫画作品。講談社発行の「別冊少年マガジン」において2009年10月号(創刊号)から2021年5月号まで連載され、全139話で完結しました。2019年12月時点で、シリーズ累計発行部数は1億部を突破。テレビアニメは2013年に第1期、2017年に第2期、2018年から2019年にかけて第3期が放送。その後、2020年12月から2021年3月にかけて第4期「The Final Season」Part.1が放送され、2021年冬にその続きが放送される予定です。

物語の舞台となるのは、人類を捕食する謎の存在「巨人」の存在する世界。恐ろしい巨人たちから自分たちの身を守るため、人々は巨大な三重の壁の内側の領域で生活していました。その壁を破られて母親を巨人に捕食された主人公・エレン・イェーガーは、巨人への怒りと自由への渇望を胸に、壁外調査を行う型破りな集団「調査兵団」に入ることを決意することになります。

そして物語が進むにつれて、人々に恐怖を与えていた巨人たちが実は元は「エルディア人(またはユミルの民)」と呼ばれる人間であったこと、海の向こうにある国「マーレ」ではエルディア人が歩んだ凄惨な歴史故にエルディア人は被差別の立場に置かれるとともに巨人化する兵力として利用されていること、そして「パラディ島」と呼ばれる島にいるエレンたちもまたそのエルディア人の一部であったという衝撃の真実が明らかになっていくのです。

カルライーターとは?

カルライーターは、そのエレンの母親であるカルラを捕食した巨人。公式から正式の名称が与えられているわけではありませんが、エレンの目の前でカルラを捕食したその衝撃の大きさから、ファンの間でそう呼ばれるようになりました。15m級の巨人で、額の真ん中で分けたショートカットの金色の髪とタレ目、そしてまるで笑みを浮かべているかのように口端が大きく裂けて歯茎が剥き出しになっているのが特徴的です。

海外ファンの間では、その笑ったような表情から「スマイリー・タイタン(Smiley titan)」とも呼ばれています。その巨人はカルラを捕食したその描写だけで読者に衝撃を与えましたが、その正体もまた読者に衝撃を与え、さらには最終話に至ってもなお読者に驚きを与えました。

ここからは、そんなカルライーターについて、最終話までのネタバレを含めてより詳しくご紹介していきます!

『進撃の巨人』カルライーターの知識1:エレンの母親・カルラを捕食

カルライーターを語る上でやはり欠かせないのが、カルラを捕食したそのシーン。カルライーターが初登場した第1巻第2話「その日」のエピソードです。主人公のエレン・イェーガーは、三重の壁の最も外側にある「ウォール・マリア」の南端より突出したシガンシナ区で生活していましたが、突然現れた50mを超える巨体を持った「超大型巨人」の蹴りの一撃によって、シガンシナ区の扉が破られてしまいます。

それによって無数の巨人が壁内に侵入することになり、人々は大パニックに陥ります。その壁の破片が自宅の方に向かったことに気がついたエレンは、幼馴染の少女・ミカサ・アッカーマンと共にそこへと向かいます。破片が家に当たっていないことを祈りながら走ったエレンの目に映ったのは、倒壊した家に埋もれた母親・カルラの姿でした。カルラから必死に逃げるように言われても、ミカサと協力してカルラを助け出すことをやめようとしないエレン。そこに、無情にも口が大きく裂けたあの巨人がやってきます。

エレンたちと仲の良かった駐屯兵団の兵士・ハンネスが駆けつけ、「オレはこの巨人をぶっ殺して、きっちり3人とも助ける!」と応戦しようとしますが、その巨人の顔を見て絶対に敵わないこと悟ってしまい、カルラの望み通りに彼女をそこに残し、エレンとミカサだけを抱えて退却します。巨人は手にとったカルラの全身の骨を折り砕き、そのまま彼女を捕食。それを目にしたエレンは、巨人に対して血が沸騰するほどの強い憎しみを抱くことになったのでした。

『進撃の巨人』カルライーターの知識2:駐屯兵団の兵士・ハンネスをも捕食

巨人への憎しみを忘れないまま成長し、訓練兵団での教育を経て調査兵団へと入ったエレン・イェーガー。母親を殺されてから5年が経過した彼の目の前に、再びあの巨人が姿を現すときがやってきます。第12巻第50話「叫び」のエピソードです。

かつてシガンシナ区の扉を蹴破った「超大型巨人」のベルトルト・フーバーと、「鎧の巨人」のライナー・ブラウンは、海の向こうにある祖国「マーレ」へとエレンを連れ去ろうとしていました。エレン連れ去りを阻止するために、命をかける調査兵団の兵士たち。開けた場所へと投げ出されたエレンとミカサの目の前に、かつてカルラを捕食したあの巨人が姿を現すのです。

そこに駆けつけたハンネスは、エレンとミカサへと伸ばされたその巨人の手を斬りつけ、「見てろよ! お前らの母ちゃんの仇を!! 俺が!! ぶっ殺す所を!」と意気込みます。かつてその巨人を目にして身がすくみあがり、結果的にカルラを見捨ててしまったことをずっと後悔してきた彼は、ここで果敢にもその巨人に勝負を挑むのです。しかし、鎧の巨人の妨害によって仲間からの援護を受けられなかったこともあり、孤軍奮闘むなしくハンネスはその巨人に捕食されてしまいます。またもエレンは目の前でかけがえのない人を失ってしまったのです。

『進撃の巨人』カルライーターの知識3:大勢の巨人に捕食されて死亡

大声で笑いながら、「何にも変わってねぇな!! お前は!! なんッッにも!! できねぇじゃねぇかよ!!」と己の無力を嘆くエレン。彼の隣にいたミカサは「エレン。そんなことないよ」と語りかけ、彼がこれまで自分にしてくれたことに対する感謝を語ります。それによって再起したエレンは、生身の人間の身体のまま、小さな拳で巨人の手のひらを殴ります。その時に驚くべきことが起きるのです。

なんとエレンの想いに応えて、その場にいた無数の巨人たちが目の前の獲物には目もくれずに、かつてカルラを捕食したその巨人へと一斉に襲いかかったのです。巨人たちはその巨人の四肢をちぎり、肉を喰らい、その身体をバラバラに解体して食い散らかしてしまったのです。

この出来事によって、調査兵団の多くの者たちの犠牲と引き換えにライナーたちから解放され、さらに母親を捕食した因縁の巨人を討つことにも成功したエレン。彼が巨人たちに命令を下すことができたことには、その巨人に変じる前のある人物が関係していました。

『進撃の巨人』カルライーターの知識4:その正体はエレンの父親・グリシャと深い関係のあった人物

カルライーターに変じる前のその人物の名前は「ダイナ・フリッツ」。マーレにある収容区で育ったエルディア人の1人ですが、その正体はパラディ島には行かずに大陸に留まることを選んだフリッツ王家一族ただ1人の末裔でした。パラディ島に行った145代目フリッツ王とダイナの家は折り合いがつかずに決別し、彼女の一族は大陸にある収容区に身を潜めながらいつかエルディアが革命を起こす日を待ち望んでいたのです。

グリシャ・イェーガーが「エルディア復権派」に加入した後、ダイナは「フクロウ」の手引きによってその組織に合流。仲間を鼓舞するグリシャを見て涙を流しながら抱きついた彼女は、その翌年にグリシャと夫婦になり、彼との間にジークという名前の男の子を産みました。

2人は王家の血を引いたジークがエルディア復権派にとっての希望となることを望んで熱心な教育を施しましたが、そのジークから祖父母と自分の身の安全を守る目的でマーレ治安当局へと告発されてしまいます。2人は他のエルディア復権派メンバーと共に捕らえられ、船に乗せられてパラディ島へと連れていかれます。そこでダイナは「グリシャ…私は…どんな姿になっても…あなたを探し出すから」と言い残し、グリシャの目の前で注射を打たれて巨人化。知性のない巨人として、壁の外を彷徨い続けることになりました。

その後、生き延びたグリシャはこのパラディ島の壁の中でカルラと出会い、結婚。彼女との間に生まれたのがエレンでした。なんという運命なのか、巨人化したダイナはグリシャの後妻となったそのカルラを捕食し、その息子のエレンに激しい憎しみを抱かせたのでした。その後、エレンは全ての巨人を統べる力を持つとされる「始祖の巨人」を受け継ぐことになるのですが、この「始祖の巨人」の力は王家の血があって初めて成り立つものでした。王家の血を引いていないエレンは本来この力を発揮できないはずでしたが、再び巨人化したダイナに遭遇した際に、王家の血を引いた巨人である彼女と接触することでその力を発動させることができたのでした。

『進撃の巨人』カルライーターの知識5:声優は岸本望(きしもと・のぞみ)さん

そんなダイナの声を担当したのは、マウスプロモーションに所属している声優の岸本望さん。5月28日生まれで、神奈川県出身。趣味・特技に、ピアノ・ジャズダンス・タップダンス・動画編集・家具の組み立てなどを挙げています。元は宝塚歌劇団の月組に所属していました。

これまでに『マウスどうぶつえん』のパンダののぞみ役、『sin 七大罪〜魔王崇拜〜』の夏麗瑪役、『忍たま乱太郎の宇宙大冒険 with コズミックフロント☆NEXT』の子供役などを担当しています。

『進撃の巨人』カルライーターの知識6:最終回でカルラの死に関する驚きの真実が明らかに……

注射を打たれて巨人化する直前、グリシャに「グリシャ…私は…どんな姿になっても…あなたを探し出すから」と言い残したダイナ。その描写から読者の間では、本当に知性を失った巨人と化してもグリシャの暮らす家を見つけ出してカルラを捕食したのだと思われていました。しかし、最終話となった第139話で驚くべき真実が明らかになったのです。

最終話でエレンは幼馴染のアルミン・アルレルトと2人で話をします。その途中でエレンは「アルミン…。オレは…頭がめちゃくちゃになっちまった…。始祖の力がもたらす影響には過去も未来も無い…。同時に存在する。だから…仕方が無かったんだよ…。あの日…あの時…ベルトルトはまだ死ぬべきじゃなかった…」と言い、「…だから、見逃して………に、向かわせたのは…」と、巨人化したダイナがベルトルトを見逃してエレンの生家に向かう姿を思い浮かべるのです。

つまり最終話で、巨人化したダイナが「超大型巨人」の姿から人間の姿に戻ったベルトルトをわざわざ見逃してエレンの家に向かったのは、未来のエレンが「始祖の巨人」の力を用いて巨人化したダイナを操った結果だったということが明らかになったのです。最終話において、物語当初からエレンが望んでいた通りに「巨人が駆逐される」のですが、その目的のためにエレンが選択した結果だったのです。確かに第24巻第96話「希望の扉」の時点で、ベルトルトが巨人化したダイナから見逃されて「……? え…?」と不思議がる描写は存在していたので読者の間でもそれは何故なのか疑問に思われてはいたのですが、まさかの最終話でその伏線回収がなされたのでした。

カルライーターは最後の最後まで驚かされた巨人だった!

ここまでカルライーターについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

その髪型と小柄な体格故に、カルライーターの正体が明かされる前は実はアルミンこそがそうなのではないかと疑う声が少なくありませんでした。その正体が実はエレンの父親・グリシャの前妻で王家の血を引いた人物だったというのは驚きでしたし、「始祖の巨人」を受け継いだエレンと巨人化した彼女との接触によってその力が発動する展開になったというのも驚きでしたよね。

そしてこれほど多くの情報が明かされても尚、最終話で「未来のエレンこそが巨人化したダイナを操ってエレンの生家へと向かわせたのだ」という衝撃の真実が残っていたということも驚きでした。テレビアニメ『進撃の巨人」の第4期にあたる「The Final Season」の続きは、2021年冬に放送される予定です。ぜひアニメの方でもこの驚きを味わってみてくださいね。

記事にコメントするにはこちら