【進撃の巨人】ハンネスはエレンたちの父親のようだった兵士!7つの知識を紹介

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 進撃の巨人

諫山創さんによるダークファンタジー漫画作品『進撃の巨人』。人間を捕食する謎の「巨人」がいる世界を舞台に、主人公の少年・エレン・イェーガーが巨人を駆逐するべく進み続ける様が描かれます。本作に登場するハンネスは、エレンのことを見守ってきた父親のような存在の男性。そんなハンネスについて詳しくご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

『進撃の巨人』とは?

『進撃の巨人』は、諫山創(いさやま・はじめ)さんによって描かれたダークファンタジー漫画作品。2009年10月号(創刊号)から2021年5月号まで「別冊少年マガジン」にて連載され、全139話で完結となりました。2019年12月時点で、シリーズ累計発行部数はなんと1億部を突破。2013年にテレビアニメ第1期が放送され、2017年に第2期、2018年から2019年にかけて第3期が放送されました。2020年末から翌年3月にかけては第4期となる「The Final Season」Part.1が放送され、2021年冬にその続きとなるエピソードが放送される予定です。

今作の舞台は、人間を捕食する謎の存在「巨人」が歩き回っている世界。その巨人たちから自分たちの命を守るため、人々は巨大な三重の壁の内側で生活を築いていました。その壁を破られた日に母親を巨人に捕食されてしまった主人公の少年・エレン・イェーガーは、巨人への憎しみと自由への渇望を胸に、壁外にいる巨人の危険性を認識しながらも調査へと走る型破りな集団「調査兵団」に入ることを決意します。

物語が進むにつれ、次々と明らかになる衝撃の事実の数々……。人々を恐怖させていた巨人たちは実は元は「エルディア人(またはユミルの民)」と呼ばれる人間であり、海の向こうには「マーレ」という国が存在していたのでした。そこでは、エルディア人自身が歩んだ凄惨な歴史から、エルディア人は被差別の立場に置かれるとともに巨人化する兵力として利用されており、「パラディ島」と呼ばれる島にいるエレンたちもまたそのエルディア人の一部として海外の人々から憎まれていたのでした。

ハンネスとは?

ハンネスは、壁の強化に努め各街を守ることを仕事とした「駐屯兵団」の兵士。短い金髪に口髭を生やした男性で、誕生日は1月18日。身長190cmで、体重は88kg。シガンシナ区に配属されている兵士で、主人公のエレンが幼かった頃から親しい関係を築いていました。登場した当初こそ昼間から酒を飲んで酔っ払うような不真面目な兵士でしたが、エレンの母親・カルラを助けられなかった出来事をきっかけに変わっていくようになります。

エレンにとっては、自分のことをあたたかく見守り続けてくれた父親のような存在。ファンブック『進撃の巨人 INSIDE 抗』では、駐屯兵団の南側領土最高責任者であるドット・ピクシスから「今では重要な任務を任せられる、駐屯兵団の貴重な戦力である」とされ、B+の評価を受けています。

ここからはそんなハンネスについて、より詳しくご紹介していきます!

『進撃の巨人』ハンネスの知識1:声優その1は藤原啓治(ふじわら・けいじ)さん

ハンネスの声を担当するのは、AIR AGENCYに所属していた声優の藤原啓治さん。その会社の代表取締役も務めていました。1964年10月5日生まれで、岩手県出身。身長175cmで、血液型はA型。趣味にスキューバダイビングを挙げています。2016年に病気療養のために当面の間休養をとることが発表された後、体調を考慮しながら徐々に仕事を再開していましたが、2020年に癌のために55歳で死去しました。

気さくさを感じさせる軽妙な声が持ち味で、生前は『血界戦線』のデルドロ・ブローディ役、『BLOOD+』のネイサン・マーラー役、『交響詩篇エウレカセブン』のホランド・ノヴァク役などを担当。『進撃の巨人』のハンネスのように父親役(あるいはそれに類する役)を演じる機会が多く、『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役、『鋼の錬金術師』のマース・ヒューズ役、『青の祓魔師』の藤本獅郎役なども担当していました。

『進撃の巨人』ハンネスの知識2:声優その2は津田健次郎(つだ・けんじろう)さん

ハンネスの声を担当するもう1人の声優は、アンドステアに所属している俳優・声優の津田健次郎さん。愛称は「ツダケン」や「つんちょ」。1971年6月11日生まれで、大阪府出身。身長170cmで、血液型はO型。趣味にカメラやバイクを挙げています。アニメ、海外映画の吹き替え、ナレーターなどの声優業・舞台や映像作品での俳優業の他にも、映像監督や作品プロデュースなどの幅広い活動を行っています。

声優としては、1995年に放送されたテレビアニメ『H2』の野田敦役でデビュー。その他にもこれまでに、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の海馬瀬人役、『家庭教師ヒットマンREBORN!』の大人ランボ役、『呪術廻戦』の七海建人役などを担当しています。『進撃の巨人』のハンネス役はテレビアニメ第2期から担当。藤原啓治さんが病気療養に入ったことから引き継ぐことになりました。テレビアニメ第4期開始前の総集編では、藤原啓治さんと津田健次郎さん両方の名前が同時にクレジットされています。

『進撃の巨人』ハンネスの知識3:物語冒頭では飲んだくれの兵士

ハンネスは、第1巻第1話「二千年後の君へ」から登場しています。街なかを歩いていた幼い頃の主人公・エレン・イェーガーと、彼の幼馴染の少女・ミカサ・アッカーマンに話しかけたハンネスは、駐屯兵団の兵士として門兵の仕事をしている最中にもかかわらず、仲間たちと酒を飲んで酔っ払った状態にありました。

そんな状態で巨人たちが壁を壊して街に入ってきたときに戦えるのかと、思わずつっかかるエレンに対し、ハンネスは「しかしな、エレン…。兵士が活躍するってことは、それこそ最悪の時だ…。オレ達が役立たずの『タダメシ食らい』って馬鹿にされてる時の方がみんなは平和に暮らせるんだぞ?」と語りかけます。エレンは「一生壁の中から出られなくても……メシ食って寝てりゃ生きていけるよ…。でも…それじゃ…まるで家畜じゃないか…」と、真剣な瞳で言うのでした。

『進撃の巨人』ハンネスの知識4:巨人を前にエレンとミカサを抱えて撤退

それからすぐのこと。第1巻第2話「その日」のエピソードで、恐れていた事態がやってきます。エレンやミカサたちの生活している「シガンシナ区」は、三重の壁の最も外側にある「ウォール・マリア」の南端から突出した部分にありましたが、突然現れた壁を超える巨体を持った「超大型巨人」の蹴りの一撃によって、シガンシナ区の扉が破られてしまうのです。

街の中に無数の巨人たちが侵入し、パニックに陥る人々。超大型巨人による蹴りで散った壁の破片が家の方に向かったことに気がついたエレンは、ミカサと共に一直線にそこへ走ります。どうかいつも通りの家のままであってほしいと願ったエレンの目に映ったのは、倒壊してしまった家に埋もれた母親・カルラの姿でした。カルラから逃げるように言われても、必死にカルラを助け出そうとするエレンとミカサ。そこに、巨人が一歩ずつ大きな足音を立ててやってきます。

エレンたちの元に駆けつけたハンネスは、頭の中でカルラをそのままにしてエレンとミカサを確実に助けるか、巨人と戦って全員助ける賭けに出るかという2つの選択肢を思い浮かべながらも、「オレはこの巨人をぶっ殺して、きっちり3人とも助ける!」とブレードを手に意気込みます。しかし、まるで笑みを浮かべているかのように大きく口の裂けたその巨人の顔を見た瞬間、確実に敵わないことを悟ったハンネスは、ブレードをしまってエレンとミカサだけを抱えて逃げる道を選んだのでした。

『進撃の巨人』ハンネスの知識5:エレンの父親・グリシャに感じている恩義

ハンネスに抱えられながら、母親が巨人に捕食される様を直接目にすることになったエレンは、遠くまで連れてこられた後にハンネスの後頭部を打ち、「もう少しで母さんを助けられたのに!! 余計なことすんじゃねぇよ!!」と激昂します。ハンネスはそんなエレンに対し、「お前の母さんを助けられなかったのは…お前に力がなかったからだ…。オレが…! 巨人に立ち向かわなかったのは…オレに勇気がなかったからだ…」と涙を流し、エレンの手を引きながら「すまない…」と謝り続けます。

カルラを助け出そうとしたとき、ハンネスの胸には恩人の家族を救うことで恩返しをしたいという想いがありました。エレンの父親であるグリシャ・イェーガーは医者の仕事をしており、かつて流行病にかかったハンネスの妻の命を救ってくれたことがあったのです。それ以来、ハンネスはグリシャのことを強く信頼し、グリシャの子どものエレンや、彼の幼馴染たちとも親しい関係を築いてきました。今こそその恩を返すときと思ったハンネスは、己の全身に走った恐怖故に、その想いを果たすことができなかったのです。

『進撃の巨人』ハンネスの知識6:落ち込むミカサやアルミンを励ます大人としての姿

それから5年が経過した後、カルラの命を救うことができなかった後悔の念から駐屯兵団の兵士として精勤するようになったハンネスは、トロスト区駐屯部隊長の地位にまで昇格していました。兵団に新兵として所属するようになったエレンたちにとって立場上は上官にあたるものの、ハンネスは昔から変わらない砕けた口調で彼らとの信頼関係を守り、まるで父親のようにあたたかい眼差しで彼らのことを見守っていました。

第11巻第45話「追う者」のエピソードで、エレンの幼馴染であるミカサとアルミン・アルレルトは、壁の上に腰を下ろして深く落ち込んでいました。「超大型巨人」のベルトルト・フーバーと、「鎧の巨人」のライナー・ブラウンによって、エレンが連れさらわれてしまったのです。そこにやってきたハンネスは2人に野戦糧食を手渡した後、その場に腰を下ろします。

ハンネスはエレンのことで落ち込む2人に対して、ろくにケンカが強いわけでもないくせに何人が相手でもいつも突っ込んでいったエレンのことを話し、「ただな…勝った所はついぞ見たことねぇが…負けて降参した所も見たことがなかった」と語りかけます。さらにエレンがこのまま大人しく連れていかれるわけがないし、力の限り暴れて相手を手こずらせているはずだと話して、「俺は…あの日常が好きだ…。エレンに言わせりゃそんなもんはまやかしの平和だったのかもしれんが…」と語り、あの何でもない日常を守るためなら何でもすると自身の想いを語って、ミカサとアルミンを再起させるのです。

『進撃の巨人』ハンネスの知識7:仇敵の巨人に果敢に立ち向かった最期

このまま超大型巨人と鎧の巨人によってエレンが連れ去られてしまうことを阻止するために、命をかける兵士たち。第12巻第50話「叫び」において、広い野原へと投げ出されたエレンとミカサに対し、かつて母親を捕食したあの巨人が手を伸ばします

エレンとミカサの窮地に駆けつけたハンネスは、その巨人の手を斬りつけ、「ハハッ!! こんなことがあるか!? なぁ!? お前ら!!!!」と笑います。そして、かつて振り絞ることのできなかった勇気を胸に、「見てろよ! お前らの母ちゃんの仇を!! 俺が!! ぶっ殺す所を!」と巨人に立ち向かうのです。

しかし、他の兵士たちもエレンたちの元に駆けつけようとしますが、鎧の巨人たちからの妨害を受けて援護に向かうことができません。たった1人でその巨人と戦い続けたハンネスは、最終的にエレンとミカサの目の前でその巨人の手に捕まれ、捕食されてしまうことになったのでした。

『進撃の巨人』ハンネスの知識8:ハンネスを捕食した巨人の正体は……

後にハンネスを捕食したその巨人に関して、驚くべき事実が明らかになります。その巨人の元になった人間の名前は、「ダイナ・フリッツ」。マーレの収容区に身を隠していたフリッツ王家一族の末裔であり、そこで生まれ育ったグリシャと結婚していた女性だったのでした。

「エルディア復権派」というグループに所属していたグリシャとダイナは、息子のジークから祖父母と自分の身を守る目的でマーレ治安当局へと告発され、他のメンバーたちと共にパラディ島へと運ばれました。そこでダイナは注射を打たれたことで、グリシャの目の前で巨人化。そのまま彼女は知性のない巨人として、壁外を彷徨い続けることになりました。何の因果か、その巨人こそがグリシャの後妻となるカルラを捕食し、グリシャに深い恩義を抱くことになったハンネスまでもを捕食したのでした。

ハンネスはエレンたちのお父さん的存在の兵士!

ここまでハンネスについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

最初こそ兵士として不真面目な姿を見せていたハンネスでしたが、その後、年若いエレンたちとまるで父子のようなやりとりを交わしていたことには心温まるものがありましたよね。それ故に、ハンネスが退場することになった第12巻第50話「叫び」のラストの方で、幼いエレンがハンネスにパンチを繰り出し、ハンネスがそんなエレンの頭をおさえているという、ハンネスが愛した「日常」のカットが挟まれたことには涙が誘われました。

テレビアニメ『進撃の巨人』の「The Final Season」の続きは、2021年冬に放送される予定です。残念ながら既に退場してしまったハンネスの活躍が描かれることはありませんが、ぜひ物語の結末を見届けてみてくださいね。

記事にコメントするにはこちら