【オーバーロード】キャラクター紹介<バハルス帝国編①>

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / オーバーロード

丸山くがねさんによるライトノベル作品『オーバーロード(OVER LORD)』。仮想現実体感型オンラインゲーム「ユグドラシル」において栄光に輝いたギルド「アインズ・ウール・ゴウン」のメンバーであった主人公・モモンガが、「ユグドラシル」と似て非なる異世界に転移した後、自分と同じように転移してしまったプレイヤーがいないか探しながら、NPCたちと共に世界征服に乗り出す様が描かれます。そんな本作に登場する「バハルス帝国」のキャラクターについて、声優情報も交えながらご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『オーバーロード』とは?

『オーバーロード(OVER LORD)』は、アンデッドモンスターの姿をした主人公が異世界の征服を目指す様を描いたライトノベル作品。作者は、丸山(まるやま)くがねさん。元々は「むちむちぷりりん」の名義で小説投稿サイト「Arcadia」で連載を開始したWeb小説作品でしたが、後に小説投稿サイト「小説家になろう」にも掲載するようになり、さらに2012年7月からKADOKAWAより書籍版も刊行されるようになりました。書籍版のイラストに関してはso-binさんが担当しています。

テレビアニメは2015年7月から9月まで第1期が放送され、2018年1月から4月まで第2期、同年7月から10月まで第3期が放送。2017年にテレビアニメ第1期の総集編として制作された前編「不死者の王」と後編「漆黒の英雄」が劇場公開されました。2021年4月にはテレビアニメ第4期と完全新作劇場版の制作決定が発表されており、後者では「聖王国編」のエピソードが描かれる予定です。

アニメが大ヒットしたことも受け、2020年2月の時点でシリーズ累計発行部数は800万部を突破。ライトノベルガイドブック「このライトノベルがすごい!」の単行本・ノベルズ部門の2017年版では第1位、2018年版と2019年版においては第4位にランクインしています。書籍版はWeb小説の内容をそのまま単行本にしたものではなく、世界観や基本的な設定に関しては共通してはいるものの、一部の登場人物や物語の進行が異なっています。コミカライズ版及びアニメ版に関しては、書籍版を元にしてつくられています。

物語のあらすじ

時代は2138年。一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム「ユグドラシル」は、その歴史に終止符を打つときを迎えようとしていました。そのゲームで栄光を築き上げたギルド「アインズ・ウール・ゴウン」のメンバーであった主人公・モモンガは、その本拠地の「ナザリック地下大墳墓」のなかで1人、かつての輝かしい日々の思い出に浸りながらサービス終了のときを待っていました。

本来であればその時刻を迎えれば強制的にログアウトするはずでしたが、その時刻を迎えても一向にその気配はありません。不思議がるモモンガの前で、本来プレイヤーが命令しなければ行動できないはずのNPCたちが突然意思を持って動き出し、言葉をも発し始めます。驚くべきことに、「ナザリック地下大墳墓」は「ユグドラシル」とは似て非なる異世界に転移しており、ギルドの外には見たこともない景色が広がっていたのでした。

転移後の世界において、ゲームで自身が作成したキャラクターになってしまったモモンガは、自身の名前をかつてのギルド名「アインズ・ウール・ゴウン」に改めた上で、自分と同じように異世界に転移してしまった者がいないかどうかを探しながら、ナザリック地下大墳墓の勢力を率いて世界征服の乗り出すことになるのです。

ここからはそんな本作に登場する「バハルス帝国」のキャラクターたちを中心に、声優情報も交えてご紹介していきます!

『オーバーロード』キャラクター1:バハルス帝国皇帝 ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクス

ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスは、バハルス帝国の現皇帝。金色の髪に切れ長で濃い紫色の瞳をした眉目秀麗な青年で、生まれながらの支配者としてのオーラを纏っています。圧倒的なカリスマ性と武力に裏付けられた統治能力によって自国を強大化させつつある「歴代最高の皇帝」と謳われる存在ですが、一方で即位に際し、また折を見て国内の貴族に血の粛清を断行していったことから「鮮血帝」という異名で呼ばれて恐れられてもいます。

実父の前皇帝が実母の皇后によって毒殺されたことや、即位直後に血の繋がった兄弟の幾名かを処刑したことから心の一部が壊れており、他者に対する愛情が希薄。伴侶はいませんが既に子はおり、将来の妃が産んだ子どもが優秀でなかった場合は愛妾の優秀な子どもとすげ替えようと考えています。リ・エスティーゼ王国の第三王女ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフによる先進的な提言をひそかに取り込んで成果を上げるなど、彼女の王族としての類い稀な才覚を認めてはいるものの、その常軌を逸したほどの知性に薄ら寒いものを感じてもいて、数年に渡って脳内嫌いな女ランキングのNo.1に挙げています。

作中では、リ・エスティーゼ王国のカルネ村に突如現れた謎の存在アインズ・ウール・ゴウンに関して、バハルス帝国の主席魔法使いフールーダ・パラダインと話し合う場面で登場。「ナザリック地下大墳墓」に関する調査を行うために、捨て駒として貴族を誘導してワーカーたちを送り込ませました。自分の痕跡が残らないようにしたはずでしたが、ナザリック地下大墳墓の第六階層守護者のアウラ・ベラ・フィオーラとマーレ・ベロ・フィオーレ両名からの脅迫に応じ、謝罪のために部下を率いてそちらに赴くことに。そこでアインズと同盟を結んでアインズ・ウール・ゴウン魔導国の建国を勧めました。

リ・エスティーゼ王国に宣戦布告し、アインズにバハルス帝国側で魔法を行使するように依頼したことが、結果的に両国の戦いの行われたカッツェ平野での「大虐殺」のきっかけとなりました。表面的には魔導国と同盟を結んではいるものの、本心では魔導国を人類共通の敵と見なしており、その点に関する周辺諸国との同盟を模索しています。

ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスの声優は櫻井孝宏(さくらい・たかひろ)さん

そんなジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスの声を担当するのは、インテンションに所属している声優の櫻井孝宏さん。愛称は「たかぴろ」や「サクちゃん」、「さくっち」など。1974年6月13日生まれで、愛知県岡崎市出身。身長177cmで、血液型はA型。趣味に音楽を鑑賞することを挙げています。声優デビューを果たしたのは、1996年に放送されたテレビアニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の競技長役やプロトセイバー戦隊ホワイト役です。

初主演を飾ったのは、2000年に放送されたテレビアニメ『ゲートキーパーズ』の浮矢瞬役。その他にもこれまでに、『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』の009/島村ジョー役、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020)』のアバン役とナレーション、『転生したらスライムだった件』のディアブロ役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター2:主席魔法使い フールーダ・パラダイン

フールーダ・パラダインは、バハルス帝国の主席魔法使い。異名は「三重魔法詠唱者(トライアッド)」。純白のゆったりとしたローブを身に纏った白髪の老人で、同じ色をした髭は身長の半分ほどの長さまで伸びています。魔力系魔法・精神系魔法・信仰系魔法を修め、人間としては最高ランクの第六位階魔法まで使いこなすことのできる英雄の領域を超えた逸脱者であり、彼個人の存在が周辺諸国に対する抑止力になっています。

相手の使用できる魔法の位階を見抜くことのできるタレントを有しており、三系統の魔術を組み合わせた儀式魔法などで寿命を伸ばしていて、既に200年以上の時を生きています。バハルス帝国では初代皇帝の時代から仕官しており、5代前で主席宮廷魔術師となり、4代前では皇帝に魔法に関する知識教育を行い、3代前からは皇帝の教師として様々な知識を与えると共に政策にも大きな関わりを持つようになっています。

教導した高弟の中に第四位階魔法の使用者まで現れるなど、バハルス帝国における魔法教育の立役者で、実際深い叡智を持つ教師のような側面から周囲から尊敬を寄せられていますが、本来は魔法の深淵を覗くためであれば何を裏切ってもかまわないと思うほどの狂気じみた性質の持ち主で、魔法こそが自分の全てで、その夢を叶えるためならば他の何を捨て去ることにも一切のためらいがありません。

作中では、リ・エスティーゼ王国領内にあるカルネ村を救った謎の存在アインズ・ウール・ゴウンに関する調査結果を、現皇帝のジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスへと報告する場面で登場。その後、帝国魔法省までアポなしで来訪したアダマンタイト級冒険者「モモン」と対談した際、アインズ扮する彼の魔法のオーラが第十位階のものだと見抜き、その場で弟子入りを懇願して即座に傘下に入ることを決めました。ジルクニフからは「爺」と呼ばれて個人的な信愛を持たれており、フールーダ自身も帝国および歴代皇帝に対して愛着を持っていた様子でしたが、それ以降は表向きにはこれまで通り帝国に臣従しつつも、裏ではナザリックに利する行為を働くようになりました。

フールーダ・パラダインの声優は土師孝也(はし・たかや)さん

そんなフールーダ・パラダインの声を担当するのは、アプトプロに所属している声優・俳優の土師孝也さん。本名は「加藤孝也(かとう・たかや)」。1952年9月8日生まれで、東京都出身。身長175cmで、血液型はB型。趣味・特技には料理を挙げています。アプトプロ付属養成所の代表取締役社長を務めており、後進の育成にも力を注いでいます。

ダンディズムを感じさせる渋い声が特徴的で、声優としてはこれまでに、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (2020)』のバーン役、『Fate/Grand Order』の新宿のアーチャー(ジェームズ・モリアーティ)役、『名探偵コナン』のジェイムズ・ブラック役などを担当。海外作品の吹き替えでは、「ハリー・ポッターシリーズ」においてアラン・リックマンさんが演じていたセブルス・スネイプ役で特に有名です。

『オーバーロード』キャラクター3:秘書官 ロウネ・ヴァミリネン

ロウネ・ヴァミリネンは、バハルス帝国の現皇帝ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスに仕える秘書官。年齢のわりに髪の薄い容姿をしており、真面目な性格で皇帝には厚い忠誠心を捧げています。作中では、ナザリック地下大墳墓側からの脅迫に応じて、バハルス帝国のワーカーがナザリック地下大墳墓に乗り込んだ件に関する謝罪を行うため、ナザリック地下大墳墓へと自ら向かうことになったジルクニフに従って同行。

アインズ・ウール・ゴウンとジルクニフによる会談の結果、ナザリックとの連絡手段の構築や使者の滞在場所の確保などといったバハルス帝国とナザリックとの間の調整の命を受け、ただ1人ナザリックに残されることになりました。その際にバハルス帝国のために全身全霊で取り組むと宣言したことは、アインズから称賛されています。

ロウネ・ヴァミリネンの声優は高橋伸也(たかはし・しんや)さん

そんなロウネ・ヴァミリネンの声を担当するのは、プロ・フィットに所属している声優の高橋伸也さん。1978年12月5日生まれで、山形県出身。身長165cmで、血液型はB型。趣味に格闘技観戦・ダーツを、特技にホビーの実況を挙げています。2008年に放送されたテレビアニメ『喰霊-零-』の飯綱紀之役でアニメ初レギュラーを担当しました。

その他にもこれまでに、『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』のエビス/恵比寿花夫役、『ポチっと発明 ピカちんキット』のジェームズ役、『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』の蜂谷釣糸役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター4:帝国第二軍の将軍 ナテル・イニエム・デイル・カーベイン

ナテル・イニエム・デイル・カーベインは、バハルス帝国に第八軍まであるうちの第二軍の将軍を務めている人物。髪が全て白く染まった壮年の男性で、破顔すると品の良さげな貴族という印象が強まります。穏やかな雰囲気を身に纏った温厚な人柄であり、個人の武勇こそまったくないものの、その堅実な指揮能力から戦闘では決して負けない名将だと謳われる人物で、彼が将を務める第二軍の士気は非常に高くあります。

元々は日陰者の貴族でしたが、先代の皇帝にその才覚を認められて取り立てられたという経歴の持ち主。カッツェ平野でのバハルス帝国とリ・エスティーゼ王国による戦いには最高指揮官として参加しました。

ナテル・イニエム・デイル・カーベインの声優は田島章寛(たじま・あきひろ)さん

そんなナテル・イニエム・デイル・カーベインの声を担当するのは、ケンユウオフィスに所属している声優の田島章寛さん。7月4日生まれで、福岡県筑紫野市出身。身長183cmで、血液型はO型。趣味にバイク・映画鑑賞を、特技にバイクの運転を挙げています。これまでに『トミカ絆合体 アースグランナー』のガオグランナーサーベル役、『ひとりじめマイヒーロー』のゴズ先生役、『狐狸之声』のリーチンイェン役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター5:伯爵 フェメール

フェメールは、バハルス帝国の貴族。爵位は伯爵。破格の報酬を提示した上で、「フォーサイト」や「ヘビーマッシャー」などのワーカーチームに対して「ナザリック地下大墳墓」に関する調査を行うように指示しました。その際に、アインズ・ウール・ゴウン扮する冒険者「モモン」がリーダーを務めるアダマンタイト級冒険者チーム「漆黒」と、金級冒険者チーム「スクリーミング・ウィップ」に道中でのワーカーチームの護衛を依頼しています。

その後、ナザリック地下大墳墓の調査を依頼した咎で斬首され、バハルス帝国側からの謝罪の印として直接アインズにその首が献上されました。アインズの力によって、その首はアンデッドモンスターの「死の騎士(デス・ナイト)」となりました。

『オーバーロード』キャラクター6:帝国四騎士「雷光」 バジウッド・ペシュメル

バジウッド・ペシュメルは、バハルス帝国最強の帝国四騎士の1人。その中ではまとめ役の立ち位置にあります。異名は「雷光」。顎鬚を生やした男性で、娼婦出身の妻と4人の愛人と一緒に同じ屋根の下で生活しています。バハルス帝国の裏路地の出身で、このままでは野垂れ死にする未来しかないと悟ったことから騎士を目指し、やがて頭角を現したことで現皇帝のジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスの目に留まり、帝国四騎士に加入することになりました。

帝国四騎士になったばかりの頃は大した忠誠心を抱いてはいませんでしたが、ジルクニフに仕えるうちに心から彼に対して尊敬の念を覚えるようになりました。言葉遣いこそぞんざいではあるものの、その裏表がない性格をジルクニフからは好まれている様子。彼の供としてナザリック地下大墳墓に赴いた後も軽口を叩くその姿勢は変わりませんでした。

バジウッド・ペシュメルの声優は永野善一(ながの・よしかず)さん

そんなバジウッド・ペシュメルの声を担当するのは、マウスプロモーションに所属している声優の永野善一さん。愛称は「はまちゃん」。1972年9月19日生まれで、京都府京都市出身。身長170cmで、血液型はAB型。趣味に格闘技観戦を、特技にボウリングを挙げています。これまでに、第1作目の『HUNTER×HUNTER』のクロロ=ルシルフル役やサダソ役、『テニスの王子様』の東方雅美役、『緋色の欠片』の芦屋正隆役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター7:帝国四騎士「激風」 ニンブル・アーク・デイル・アノック

ニンブル・アーク・デイル・アノックは、バハルス帝国最強の帝国四騎士の1人。異名は「激風」。金色の髪に青い瞳をした端正な容姿の持ち主で、希少金属であるアダマンタイト製の鎧を身に纏っています。男爵アノック家の次男坊で、家族仲は良好ではあるものの、姉や妹から「結婚しろ」という圧力を受けているのが悩みの様子。現皇帝のジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスの目に留まったことから帝国四騎士に加入し、その優秀さ故にジルクニフから個人として伯爵の地位を与えられています。

ワーカーチームがナザリック地下大墳墓に侵入した件に関してジルクニフ自らがナザリック地下大墳墓へ謝罪に赴いた際は、帝都に残りました。バハルス帝国とアインズ・ウール・ゴウン魔導国が同盟を締結した後に、カッツェ平野でバハルス帝国とリ・エスティーゼ王国による戦いが行われた際は、ジルクニフからの命を受けた帝国側の使者としてアインズの応対の指揮をとり、彼の放った超位魔法「黒き豊穣への貢(イア・シュブニグラス)」によって引き起こされた大虐殺を目の当たりにして恐怖に打ち震えることになりました。

ニンブル・アーク・デイル・アノックの声優は笠間淳(かさま・じゅん)さん

そんなニンブル・アーク・デイル・アノックの声を担当するのは、東京俳優生活協同組合に所属している声優の笠間淳さん。4月10日生まれで、広島県出身。趣味にバスケットボールを挙げています。これまでに、『アイドルマスター SideM』の葛之葉雨彦役、『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』のネームレス役、『ハイキュー!! TO THE TOP』の尾白アラン役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター8:帝国四騎士「重爆」 レイナース・ロックブルズ

レイナース・ロックブルズは、バハルス帝国最強の帝国四騎士の1人。異名は「重爆」。長い金色の髪で顔の右半分を覆った女性で、四騎士の中では紅一点であり、その中では攻撃力において最強を誇ります。元々は貴族の令嬢で、自ら武器をとって自領のモンスターを掃討することに誇りを抱いていましたが、とあるモンスターから死の間際に呪いを受けてしまい、拭うとハンカチが黄色く変色してしまうほどに顔の右半分が膿を分泌するものに変わってしまいました。

自身の顔がそのように変わってしまってから、世間体を気にした実家から追放され、婚約者から見捨てられて婚約も解消されてしまうことに。現皇帝のジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスに見出されて帝国四騎士となってから、彼の援助を受けて実家と元婚約者に対する復讐を済ませています。

呪いを受けたこの出来事から、人生最大の目的である解呪のためならばどんなことでもするという考えを持つようになり、ジルクニフに対する忠誠心も乏しく、彼よりも自分自身の身を優先することを雇用条件として認めさせています。ナザリック地下大墳墓にワーカーチームが侵入した一件に関する謝罪をするためにナザリック地下大墳墓へと赴くジルクニフを警護する任につき、戦闘メイド隊「プレアデス」の美貌を目にした際は、自分自身の事情を思ってか舌打ちをしています。

レイナース・ロックブルズの声優は加隈亜衣(かくま・あい)さん

そんなレイナース・ロックブルズの声を担当するのは、マウスプロモーションに所属している声優の加隈亜衣さん。愛称は「くまちゃん」や「かくまし」など。1988年9月9日生まれで、福岡県出身。身長164cmで、血液型はO型。趣味・特技に、パソコン入力・卓球・水泳・カッパの捕獲を挙げています。声優になろうと思ったきっかけには、小学生の頃にアニメ『犬夜叉』を視聴したことを挙げています。

アニメデビューを果たしたのは、2012年に放送されたテレビアニメ『パパのいうことを聞きなさい!』のおねえさん役。その他にもこれまでに、『学戦都市アスタリスク』のユリス=アレクシア・フォン・リースフェルト役、『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』のエリス・ボレアス・グレイラット役、『ヒーリングっど♥プリキュア』のラビリン役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター9:帝国四騎士「不動」 ナザミ・エネック

ナザミ・エネックは、バハルス帝国最強の帝国四騎士の1人。異名は「不動」。両手に盾を装備した珍しい戦闘スタイルの男性で、防御戦においては四騎士最強の実力を持っていました。ナザリック地下大墳墓側の使者として第六階層守護者のアウラ・ベラ・フィオーラとマーレ・ベロ・フィオーレが宮廷の中庭に突如現れた際、対応しようと彼らの前に立ちふさがったものの、マーレの魔法によって発生した大地震からの地割れに巻き込まれたことで近衛騎士たちと共に死亡しました。

『オーバーロード』キャラクター10:フルト家当主 アルシェの父親

アルシェの父親は、バハルス帝国を拠点としたワーカーチーム「フォーサイト」の魔法詠唱者であるアルシェ・イーブ・リイル・フルトの父親。皇帝によって爵位を剥奪されてしまった没落貴族であるフルト家の当主で、それでも貴族としての浪費を忘れることをできず借金をして尚散財を繰り返していることから、アルシェからは疎まれています。

アルシェの父親の声優は関幸司(せき・こうじ)さん

そんなアルシェの父親の声を担当するのは、プロ・フィットに準所属している声優の関幸司さん。1982年11月25日生まれで、埼玉県出身。趣味にラーメン屋巡り・酒屋巡り・ルアーフィッシング・ゲームを、特技に『ちびまる子ちゃん』の永沢君の物真似をすることを挙げています。

これまでに、『ハイキュー!! TO THE TOP』の赤倉櫂役、『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』のボイド役、『ファイアーエムブレム ヒーローズ』のクーガー役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター11:フルト家の令嬢 クーデリカ

クーデリカは、バハルス帝国を拠点としたワーカーチーム「フォーサイト」の魔法詠唱者アルシェ・イーブ・リイル・フルトの妹である双子の少女の1人。目元などが姉のアルシェによく似た顔立ちをした5歳くらいの少女で、アルシェからは「クーデ」という愛称で呼ばれています。優しい姉のことが大好きで、姉があまり家に戻ってこない理由が、没落貴族になった現実を受け入れられない両親の借金を返済するためだとは知りませんが、何か大事なことをしていることだけはわかっているため、双子のウレイリカと一緒にワガママを言わないことを決めています。

クーデリカの声優は木野日菜(きの・ひな)さん

そんなクーデリカの声を担当するのは、アミュレートに所属している声優の木野日菜さん。愛称は「ひなちゃん」や「ぴーちゃん」。1997年2月12日生まれで、埼玉県出身。身長は147cm。趣味に、映画を観ること・猫と遊ぶことを挙げています。声優になろうと思ったきっかけには、ファミ通TVを視聴したことを挙げています。

これまでに、『彼方のアストラ』のフニシア・ラファエリ役、『スター☆トゥインクルプリキュア』のフワ役、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のリネル・シンセシス・トゥエニエイト役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター12:フルト家の令嬢 ウレイリカ

ウレイリカは、バハルス帝国を拠点としたワーカーチーム「フォーサイト」の魔法詠唱者アルシェ・イーブ・リイル・フルトの妹である双子の少女の1人。クーデリカと同じく目元などが姉のアルシェによく似た顔立ちをした5歳くらいの少女で、アルシェからは「ウレイ」という愛称で呼ばれています。

作中では、没落貴族になった現実を受け入れられずに借金を繰り返す両親と離れる決心をしたアルシェから部屋で引っ越しの話を聞かされ、アルシェが最後の仕事に向かった後に、これからは大好きな姉と一緒に楽しい日々を過ごせるようになることを双子のクーデリカと共に語り合いました。

ウレイリカの声優は天野心愛(あまの・ここあ)さん

そんなウレイリカの声を担当するのは、トイズファクトリーに所属している声優・俳優の天野心愛さん。旧芸名は「石井心愛(いしい・ここあ)」。2004年7月6日生まれで、千葉県出身。身長は146cm。0歳の頃から芸能活動をしていて、ベネッセの「こどもちゃれんじEnglish」のCMで芸能界デビューを果たしました。

声優としてはこれまでに、「カードファイト!! ヴァンガードG シリーズ」の明神リューズ(少年)役、『キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series』のさくら役、『ベイブレードバースト ゴッド』のクリオ・ドロン役などを担当しています。

記事にコメントするにはこちら