【オーバーロード】キャラクター紹介<ナザリック地下大墳墓編④>

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / オーバーロード

丸山くがねさんによる人気ライトノベル作品『オーバーロード(OVER LORD)』。VRMMORPG「ユグドラシル」内で栄光に輝いたギルド「アインズ・ウール・ゴウン」のメンバーであった主人公・モモンガが、「ユグドラシル」と似て非なる異世界へと転移してしまった後、自分と同じように転移してしまったプレイヤーがいないか探しながら世界征服に乗り出す様が描かれます。そんな本作に登場する「ナザリック地下大墳墓」のメンバーについて、声優情報も交えながらご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『オーバーロード』キャラクター43:プレアデス ユリ・アルファ

ユリ・アルファは、ナザリック地下大墳墓において戦闘能力を持つ6人のメイド隊「プレアデス」の長女。異名は「戦闘メイドたちのお姉さん」。「至高の四十一人」の1人・やまいこによって制作されたNPCで、黒髪を夜会巻きにして伊達眼鏡をかけた知的な風貌をしています。明確な序列を持たない「プレアデス」の他のメンバーからも姉として慕われている存在で、第八階層の「桜花聖域」を守護しているNPCの人間である末妹・オーレオール・オメガに代わってチームをまとめています。

素の口調はボクっ娘で、ナザリックの中では珍しく善側に属性が片寄った性質の持ち主。生真面目で公私の別を弁えた少々堅い性格で、まるで意地悪な教師のように棒状のムチを机などに叩きつけて音を立てるような癖もあります。ナザリックの中では第六階層守護者のアウラ・ベラ・フィオーラやメイド長のペストーニャ・S・ワンコと仲が良く、仕事以外の場では「アーちゃん」「ペス」というあだ名で呼んでいます。

一方、種族が「動死体(ゾンビ)」「首無し騎士(デュラハン)」であるユリ・アルファは、ネクロフィリアの性質を持つ第一・第二・第三階層守護者のシャルティア・ブラッドフォールンのことは苦手としている様子。戦闘においては棘付きのガントレットを装備した上で肉弾戦を得意としており、転移後の世界ではトップクラスの実力を持つイビルアイの「水晶盾(クリスタルシールド)」も、中途半端な物であれば一撃で粉砕できるほどの打撃力を有しています。

ユリ・アルファの声優は五十嵐裕美(いがらし・ひろみ)さん

そんなユリ・アルファの声を担当するのは、マウスプロモーションに所属している声優の五十嵐裕美さん。愛称は「ゆきんこ」。1986年12月13日生まれで、北海道札幌市出身。身長151cmで、血液型はO型。趣味・特技に、スキー・水泳・ボーリングを挙げています。2008年に放送されたテレビアニメ『AYAKASHI』の子供役と、同年に発売されたゲーム『タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES』のロール役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の双葉杏役、『ハイスクール・フリート』のヴィルヘルミーナ・ブラウンシュヴァイク・インゲノール・フリーデブルク役、『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』の黒白院清羅役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター44:プレアデス ルプスレギナ・ベータ

ルプスレギナ・ベータは、ナザリック大墳墓の戦闘能力を持つメイド隊「プレアデス」の次女。異名は「笑顔仮面のサディスト」。「至高の四十一人」の1人である獣王メコン川によって制作されたNPCで、三つ編みにした長い髪と褐色の肌をしています。他の「プレアデス」同様、初めて見た者の目を思わず釘付けにしてしまうほどの美貌の持ち主で、種族が「人狼(ワーウルフ)」であるため、狼形態をとる際は四足歩行に変化します。

語尾に「〜っす」とつける人懐っこく明るい口調が特徴的で、人間のことを下等生物と蔑む者の多いナザリックでは人間に対しても人当たりがよく友好的な態度をとることのできる者の1人。不可視系の魔法を使用して気配のないところから唐突に現れて相手を驚かせるという遊び心も持っていますが、その一方で、とつぜん笑顔から真顔になったり、妖艶な美女の一面を覗かせたりと、掴みどころがなく恐ろしい印象も与えます。

クレリックなどの職業を修めた信仰系魔法詠唱者で、回復のみならずある程度の攻撃魔法を使用し、聖印を象ったような巨大な武器を使用しての肉弾戦を行うことも可能です。アインズ・ウール・ゴウンからリ・エスティーゼ王国にあるカルネ村の護衛兼監視の任務を与えられていたものの、彼との間にあったその村の価値に関する認識の違いが原因で大事になりかねない報告をせず、彼からの叱責を受けたこともありました。その後は命令通りに護衛対象をしっかりと守りつつ報連相を実行している様子です。

ルプスレギナ・ベータの声優は小松未可子(こまつ・みかこ)さん

そんなルプスレギナ・ベータの声を担当するのは、ヒラタオフィスに所属している声優の小松未可子さん。愛称は「みかこし」や「こまっちゃん」など。1988年11月11日生まれで、三重県桑名市出身。身長160cmで、血液型はB型。趣味に映画鑑賞・歌を、特技にマリンバ演奏を挙げています。2020年に、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (2020)』のクロコダイン役や『転生したらスライムだった件』のヴェルドラ役などで知られる同じ声優の前野智昭(まえの・ともあき)さんと結婚したことを発表しています。

声優活動を開始したのは、2010年に放送されたテレビアニメ『HEROMAN』のジョセフ・カーター・ジョーンズ役。その他にもこれまでに、『EDENS ZERO』のレベッカ・ブルーガーデン役、『スター☆トゥインクルプリキュア』の香久矢まどか/キュアセレーネ役、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の戸塚彩加役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター45:プレアデス ナーベラル・ガンマ

ナーベラル・ガンマは、ナザリック大墳墓の戦闘能力を持つメイド隊「プレアデス」の三女。異名は「まん丸卵の戦闘メイド」。「至高の四十一人」の1人である弐式炎雷によって制作されたNPCで、ポニーテールの黒髪に、切れ長の黒の瞳をした美しい顔立ちをしています。クールでやや短気な傾向があり、ナザリックの中では全体的に多い人間蔑視の思想を色濃く持つ者の1人で、公然と人間のことを虫けら呼ばわりする毒舌家でもあります。

弐式炎雷と仲の良かった「至高の四十一人」の1人・武人建御雷によって制作された第五階層守護者のコキュートスと親しく、2人だけになるとノリが良くなり、普段の彼らとはかけ離れた行動をとることもあります。戦闘面では種族レベルを最低限の1に抑え、それを除いたレベルの全てを職業クラスへと割り振った生粋の魔法職で、電撃系の魔法を得意としています。

本来の姿はナザリックでは過半を占める異形種であるものの、転移後の世界において常時人間と変わらない姿でいられる貴重な存在であることを見込まれ、アインズ・ウール・ゴウンの冒険者としての偽装身分「モモン」の相方である「ナーベ」として活動することになりました。「ナーベ」としては力を抑えてはいるものの、魔法詠唱者として彼のことをサポートしています。web小説版の方では、アインズからの指示でナーベラルの方が「モモン」として冒険者ギルドで潜入調査を行っています。

ナーベラル・ガンマの声優は沼倉愛美(ぬまくら・まなみ)さん

そんなナーベラル・ガンマの声を担当するのは、アーツビジョンに所属している声優の沼倉愛美さん。愛称は「ぬーぬー」や「ぬーさん」。1988年4月15日生まれで、神奈川県横浜市出身。身長162cmで、血液型はAB型。趣味・特技に、歌をうたうこと・編み物・マッサージ・書道を挙げています。2019年に、『文豪とアルケミスト 〜審判ノ歯車〜』の室生犀星役や『ぼくたちは勉強ができない』の唯我成幸役などで知られる同じ声優の逢坂良太(おおさか・りょうた)さんと入籍したことを発表しています。

声優デビューを果たしたのは、「THE IDOLM@STERシリーズ」の1作である『THE IDOLM@STER SP』に登場する我那覇響役。その他にもこれまでに、『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』の男鹿アキタ役、『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』のベルゼブブ役、『FAIRY TAIL』のブランディッシュ・μ役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター46:プレアデス ソリュシャン・イプシロン

ソリュシャン・イプシロンは、ナザリック大墳墓の戦闘能力を持つメイド隊「プレアデス」の三女。異名は「溶解の檻」。「至高の四十一人」の1人であるヘロヘロによって制作されたNPCで、長い縦ロールの髪に、豊かな胸部を持った美しい姿をしています。同じ「プレアデス」であるナーベラルと原理は異なるものの、その姿はあくまで擬態したもので、本来は汚い色をした捕食型スライムの外見をしています。

体内に武器やアイテムなどを収納することができ、人間を1人飲み込んだところで外見に何の影響も受けないため、そのまま移動することもできます。体内に収納した獲物を溶解する際には、分泌する酸を即死に至るものから遅効性のものまで変化させることことのできる器用さも。ナーベラル同様に人間蔑視が顕著であるものの、ナーベラルが人間を無視する一方で、ソリュシャンの方は嬉々として潰していくタイプであり、体内に入れたものが少しずつ溶解されていく経過を観察することを好みます。ただし、非抹殺対象に対しては、本心をおくびにも出さずに完璧な演技をした上で接することも可能です。

作中では、アインズ・ウール・ゴウンからの命令を受けて、リ・エスティーゼ王国のエ・ランテルにおいて、執事のセバスと共に「大商人の令嬢とその執事」という身分を演じ、武技や魔法を修得した犯罪者を捕縛するために行動しました。アインズの入浴の手伝いをしている同じスライムの三吉くんに対して嫉妬し、自らの体内に三吉くんを隠してしまったことも。

ソリュシャン・イプシロンの声優は佐倉綾音(さくら・あやね)さん

そんなソリュシャン・イプシロンの声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属している声優の佐倉綾音さん。愛称は「あーちゃん」や「あやねる」。後者の愛称は、テレビアニメ『夢喰いメリー』で共演した同じ声優の岡本信彦(おかもと・のぶひこ)さんから名付けられたものです。1994年1月29日生まれで、東京都渋谷区恵比寿出身。身長157cmで、血液型はB型。趣味にラジオ・服を着ること・絵を描くことを、特技に歯笛・パソコンいじりを挙げています。

声優デビューを果たしたのは、2010年に公開されたアニメーション映画『超劇場版ケロロ軍曹 誕生!究極ケロロ 奇跡の時空島であります!!』。これまでに、『僕のヒーローアカデミア』の麗日お茶子役、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の深月フェリシア役、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の一色いろは役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター47:プレアデス シズ・デルタ

シズ・デルタは、ナザリック大墳墓の戦闘能力を持つメイド隊「プレアデス」の一員。姉妹の順番は不明です。異名は「急襲突撃メイド」。「至高の四十一人」の1人であるガーネットによって制作されたNPCで、赤金色をしたストレートの長い髪に翠玉の瞳をした少女。左目はアイパッチで覆われており、他の「プレアデス」同様の整った顔立ちをしています。正式名称は「CZ2128・Δ(シーゼットニイチニハチ・デルタ)」で、「シズ・デルタ」はあくまで略称です。

基本的には無表情であるものの、宝物殿を守護するパンドラズ・アクターの仰々しい振る舞いを見たときに「うわぁ」と小さく声を上げたり、探し続けていた同じ「プレアデス」のルプスレギナ・ベータをようやく見つけた際に陽炎のような怒りが透けて見えたりしたこともあります。可愛らしいものが好きで、第六階層の魔獣にさわりに行っていたり、気に入ったものがあるとそれに一円シールを貼ることもあります。

戦闘面では狙撃手として魔銃を用いての遠距離射撃が得意で、接近戦はあまり得意ではないもののナイフを用いて相手を攻撃することもできます。また、自動人形(オートマトン)の種族的に毒に対する完全耐性も持っています。ギミック考案をした創造主からナザリックの全ギミックとその解除法の熟知しているという設定を施されていますが、その状態で外部に出るのは情報流出という観点から非常に危険であるため、アインズ・ウール・ゴウンからは記憶操作を施されています。

シズ・デルタの声優は瀬戸麻沙美(せと・あさみ)さん

そんなシズ・デルタの声を担当するのは、シグマ・セブンに所属している声優の瀬戸麻沙美さん。愛称は「せとちゃん」や「せとくん」など。1993年4月2日生まれで、埼玉県出身。身長167cmで、血液型はO型。趣味に絵を描くことを、特技にピアノ・歌・新体操・絵を挙げています。小林沙苗(こばやし・さなえ)さん演じる『D.Gray-man』の主人公・アレン・ウォーカーに魅せられたことをきっかけに、声優を目指すことを決めました。

声優デビューを果たしたのは、初めて受けたオーディションで抜擢されることになったテレビアニメ『放浪息子』の準主人公である高槻よしの役。その他にもこれまでに、『呪術廻戦』の釘崎野薔薇役、『トロピカル〜ジュ!プリキュア』の滝沢あすか/キュアフラミンゴ役、『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の桜島麻衣役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター48:プレアデス エントマ・ヴァシリッサ・ゼータ

エントマ・ヴァシリッサ・ゼータは、ナザリック大墳墓の戦闘能力を持つメイド隊「プレアデス」の一員。姉妹の順番は不明で、同じ「プレアデス」のシズ・デルタとどちらが姉かでときどき喧嘩をしています。異名は「蟲愛でるメイド」。「至高の四十一人」の1人・源次郎によって制作されたNPCで、和服調のメイド服を身にまとい、長い髪をシニヨンにまとめた幼げで可愛らしい容姿をしていますが、その本性は異形で、顔は仮面状の蟲で擬態したものにすぎません。

普段は全体的に間延びした甘ったるい喋り方をしていますが、アインズ・ウール・ゴウンの前ではかしこまった敬語を使用している様子。声は「口唇蟲」と呼ばれる蛭のような蟲が出しており、飲食などは顎の下にある本当の口で行っています。ナザリックのNPCにしては珍しく、人間のことを食料として認識してはいるものの、特に嗜虐心があるわけではありません。戦闘面では符術師と蟲使いの職業を修めており、召喚主と独立して行動できる蟲と自己強化・攻撃などに利用する符術などを駆使して戦います。

作中では、第七階層守護者のデミウルゴスを総司令とした王都での一大作戦「ゲヘナ」に参加した際、冒険者チーム「蒼の薔薇」のガガーランとティアと戦闘をすることに。2人を追い詰めていったものの、同じく「蒼の薔薇」の魔法詠唱者であるイビルアイからの乱入を受け、殺虫魔法により顔と声の両方を構成する蟲を殺され、まさかの敗北を喫してしまいます。デミウルゴス扮するヤルダバオトの助けによって九死に一生を得た後、アインズに殺す機会があれば自分を呼んで欲しいと頼むほどの憎しみをイビルアイに対して抱くようになりました。ナザリック地下大墳墓に侵入者が現れた後は、ワーカーチーム「フォーサイト」の魔法詠唱者であったアルシェ・イーブ・リイル・フルトの声を下賜されています。

エントマ・ヴァシリッサ・ゼータの声優は真堂圭(しんどう・けい)さん

そんなエントマ・ヴァシリッサ・ゼータの声を担当するのは、アクセルワンに所属している声優の真堂圭さん。愛称は「圭ちゃん」や「圭ぶー」。1984年9月10日生まれで、千葉県出身。身長151cmで、血液型はA型。本名は「齋藤圭(さいとう・けい)」で、以前は「斉藤圭」の名義で活動していました。趣味に猫と遊ぶこと・ゲームを挙げています。

声優デビューを果たしたのは、2005年に放送されたテレビアニメ『SPEED GRAPHER』のヒロインである天王洲神楽役。その他にもこれまでに、『Fate/Apocrypha』の赤のアサシン/セミラミス役、『僕のヒーローアカデミア』の耳郎響香役、『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』のセイリュウ役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター49:一般メイド シクスス

シクススは、ナザリック地下大墳墓の第九〜十階層における雑務や清掃を主な仕事とした一般メイドの1人。一般メイド全体の制作者は「至高の四十一人」であるヘロヘロ、ク・ドゥ・グラース、ホワイトブリムの3人で、外見はホワイトブリムの描いた原画を元にしています。「人造人間(ホムンクルス)」の種族ペナルティーから全員が大食いという特徴を持ち、また雑務な清掃以外にも、ローテーションで休日を取った1人が翌日の「アインズ様当番」に就く決まりになっています。

シクススは金色の髪をした一般メイドで、同じ一般メイドのフォアイルとリュミエールの中間程度の食事をとっています。アインズ・ウール・ゴウンから守護者と一緒に名指しで感謝の意を述べられた際は、思わず歓喜の涙を流していました。

シクススの声優は千本木彩花(せんぼんぎ・さやか)さん

そんなシクススの声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属している声優の千本木彩花さん。愛称は「さやか」や「ぼんちゃん」など。1995年11月24日生まれで、埼玉県出身。血液型はA型。趣味に漫画を読むこと・ゲームをすること・絵を描くこと・ものまねなどを、特技にクラリネットを挙げています。2019年末に、『SK∞ エスケーエイト』の喜屋武暦役や『僕のヒーローアカデミア』の上鳴電気役などで知られる同じ声優の畠中祐(はたなか・たすく)さんとの結婚を発表しています。

2013年に放送されたテレビアニメ『帰宅部活動記録』で九重クレア役で声優デビューを果たし、2016年に放送されたテレビアニメ『ガーリッシュナンバー』の烏丸千歳役で初主演を飾りました。その他にもこれまでに、『ピーター・グリルと賢者の時間』のピグリット・パンチェッタ役、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』のトリッシュ・ウナ役、『転生したらスライムだった件』のシュナ役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター50:一般メイド フォアイル

フォアイルは、ナザリック地下大墳墓の一般メイドの1人。短く切り揃えた緑色の髪をした活発そうな外見の一般メイドで、自分で調節してメイド服の裾を少し短くしている様子。嘘をつくのが非常に下手なのに嘘をよくつきたがる性格で、食事をとる際は頬を大きくふくらませながらもぐもぐと食べるスタイルをとっています。

フォアイルの声優は岡咲美保(おかさき・みほ)さん

そんなフォアイルの声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属している声優の岡咲美保さん。愛称は「おみほ」や「みぽりん」。1998年11月22日生まれで、岡山県出身。趣味に少女漫画・カラオケを、特技にバドミントン・ピアノ・ダンス・書道・朗読・歌を挙げています。声優デビューを果たしたのは、2017年11月に先行配信されたテレビアニメ『アイドリッシュセブン』です。

初主演を飾ったのは、『転生したらスライムだった件』のリムル=テンペスト役。その他にもこれまでに、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』の市川雛菜役、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』のイヴェット・L・レーマン役、『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』のメアリ・ハント役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター51:一般メイド リュミエール

リュミエールは、ナザリック地下大墳墓の一般メイドの1人。不思議な光を宿した金色の髪に清楚な顔立ちをした一般メイドで、眼鏡をかけています。食事の取り方も清楚ではあるものの、フォークの動かし方が異様に速い様子。アニメ版では、リ・エスティーゼ王国のカルネ村の住人であるエンリ・エモットたちがナザリック地下大墳墓を訪れた際に、対応を行っていました。

リュミエールの声優は大西沙織(おおにし・さおり)さん

そんなリュミエールの声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属している声優の大西沙織さん。愛称は「さおりん」や「大西ちゃん」など。1992年8月6日生まれで、千葉県出身。身長156cmで、血液型はO型。趣味にイラスト・サックス・ラジオを聴くことを、特技に歌・イラストを挙げています。事務所入ってからの初仕事は、2012年に発売されたドラマCD『ペンギンゑにし 第二譚 少女神隠し』でした。

初めてオーディションで獲得した役は、2013年に放送されたテレビアニメ『ストライク・ザ・ブラッド』のラ・フォリア・リハヴァイン役。その他にもこれまでに、『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』の九条みゆき役、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のアイズ・ヴァレンシュタイン役、『ウマ娘 プリティーダービー』のメジロマックイーン役などを担当しています。

『オーバーロード』キャラクター52:一般メイド インクリメント

インクリメントは、ナザリック地下大墳墓の一般メイドの1人。「至高の四十一人」の1人であるヘロヘロによって制作されたNPCで、ボブカットの髪をしています。読書が好きで、グループをつくるメイドたちの輪に入らずに、静かに本を読みながら食事をとる癖があります。

『オーバーロード』キャラクター53:一般メイド フォス

フォスは、ナザリック地下大墳墓の一般メイドの1人。リ・エスティーゼ王国にあるエ・ランテルにおいて「アインズ様当番」を務めた際は、他の一般メイドたちと同様、綺麗な姿勢を少しも崩さないまま椅子に腰かけ、ベッドに横になっているアインズ・ウール・ゴウンを凝視し続けるという寝ずの番を行いました。その後、翌日のアインズ様当番を同じ一般メイドのフィースに引き継いでいます。

『オーバーロード』キャラクター54:一般メイド フィース

フィースは、ナザリック地下大墳墓の一般メイドの1人。活発な性格のようで、一般メイドのフォスの次に「アインズ様当番」を担当した際は、眩しいまでの輝きを宿した表情で入室していました。

アインズ・ウール・ゴウンの身につける衣装は暗褐色系だけでは別の良さが出すことができず、アインズの激しいまでの力を印象づけるという観点から赤が非常に似合うと考えており、ドレスコーディネートをした際には六色の多様な宝石で彩られた真紅のローブを選択しました。リ・エスティーゼ王国のエ・ランテルを視察するアインズに同行し、エ・ランテル冒険者組合長であるプルトン・アインザックとの面会に随行しています。

『オーバーロード』キャラクター55:一般メイド デクリメント

デクリメントは、ナザリック地下大墳墓の一般メイドの1人。「至高の四十一人」の1人であるヘロヘロによって制作されたNPCで、マニッシュのショートカットの髪型に活発そうな顔立ちをしています。リ・エスティーゼ王国のエ・ランテルで「アインズ様当番」を務めた時にドレスコーディネートをした際は、アインズ・ウール・ゴウンを純白の衣装に巨大な黄金のネックレス、背中には羽根をつけた姿にしました。

蜥蜴人(リザードマン)のキュクー・ズーズーがアインズに拝謁した際には、いかにも冷徹で出来る女という雰囲気を見せていましたが、普段無邪気に動き回っている姿には小動物のような可愛らしさがあります。同じ一般メイドのインクリメントとは同じ創造主によってつくられた仲で、彼女が読書をしている際には背中に張りついたりしています。

『オーバーロード』キャラクター56:一般メイド エトワル

エトワルは、ナザリック地下大墳墓の一般メイドの1人。スピンオフ漫画『オーバーロード 不死者のOh!』第1巻に収録された特典小説「アインズの野望」に登場した一般メイドで、アインズ・ウール・ゴウンが三連休を取ると宣言した日の「アインズ様当番」でした。他のメイドたち同じようにアインズに仕えることができることに大きな喜びを感じており、それは41日に1日しか休みがないブラックな仕事環境であってももっと働きたいと思うほどです。

記事にコメントするにはこちら