【聖女の魔力は万能です】テレビアニメ放送!概要・キャラクター・声優などを紹介!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 聖女の魔力は万能です

橘由華さんによるライトノベル作品『聖女の魔力は万能です』。「聖女召喚の儀」によって異世界へと召喚されてしまった主人公・セイが、薬用植物研究所で働きながら徐々に聖女としての力を発揮していく様が描かれます。2021年にテレビアニメ化された本作の概要・キャラクター・声優情報などに関してご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『聖女の魔力は万能です』とは?

『聖女の魔力は万能です』は、橘由華さんによるライトノベル作品。元々は小説投稿サイト「小説家になろう」において「タチバナ」の名義で連載されていたWeb小説で、それを元に2017年よりカドカワBOOKSから単行本化されるようになりました。イラストは珠梨やすゆきさんが担当しています。

メディアミックスの一環として、無料漫画配信サイト「ComicWalker」にあるフロースコミックにおいて、2017年から藤小豆さんによるコミカライズ版が連載されています。また、異世界に召喚されてきたもう1人の少女・アイラを主人公としたスピンオフ漫画『聖女の魔力は万能です~もう一人の聖女~』も同じ「ComicWalker」にあるフロースコミックにおいて、2020年より亜尾あぐさんによって連載されています。

橘由華さんが「聖女」を題材にしようと思ったきっかけは、「小説家になろう」の人気ランキングの男性向けと女性向けどちらにおいてもタイトルに「聖女」が入っている作品が多いと知ったこと。今作では「同じ職場で働きたい人」をベースにキャラクターが設計されており、基本的に過失や思い込みによる失敗はあっても悪人というものが基本的には登場しません。橘由華さんは日々頑張っている読者の方々がなるべくストレスフリーで読めるような作品にすることを心がけているそうです。

物語のあらすじ

本作の舞台となるのは、異世界にある「スランタニア王国」。そこでは数世代に一度、瘴気に覆われることで魔物が大量発生する時代が訪れていました。その度に魔を祓う特別な力を持った「聖女」が現れて王国を救ってきましたが、数百年前に一度だけ聖女が現れなかった際には儀式による召喚を行っていました。

現在のジークフリート王の時代にも聖女が現れず、スランタニア王国はやむなく伝説の儀式「聖女召喚の儀」を決行します。そこで召喚されたのが、小鳥遊聖(たかなし・せい)と御園愛良(みその・あいら)という2人の日本人女性。儀式は無事に成功したものの、これまで常に1人だったはずの聖女が今回は何故か2人召喚されたのでした。

スランタニア王国の第一王子であるカイル・スランタニアは御園愛良しか目に入らず、彼女だけを聖女として扱って小鳥遊聖の方を放置してしまいます。それに怒った小鳥遊聖は王宮を出ようとしたものの行く当てもなかったため、薬用植物研究所で研究員として働くことを決意します。

『聖女の魔力は万能です』テレビアニメ化決定!

2021年4月より、『聖女の魔力は万能です』のテレビアニメが放送されています。テレビアニメの方では、原作・コミカライズ版には存在していたステータス画面の設定を排除するという、「小説家になろう」出身作品としては珍しい且つ大胆な改変が行われています。能力の高さはステータスによる数値ではなく感覚的なものとして描写されており、この改変によって主人公の小鳥遊聖が自分の聖女としての力を把握する経緯なども若干異なっています。

監督を担当するのは、『ドメスティックな彼女』『ガーリッシュ ナンバー』の監督で知られる井畑翔太さん。シリーズ構成は、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』や『ガーリッシュナンバー』の執筆で知られるライトノベル作家の渡航(わたり・わたる)さんが担当しています。

アニメOPテーマ曲は結城(ゆうき)アイラさんが担当

テレビアニメ『聖女の魔力は万能です』のOPテーマ曲「Blessing」を歌唱するのは、株式会社アップドリームに所属する歌手・作詞家・声優の結城アイラさん。 1981年8月28日生まれで、2019年に『蒼穹のファフナー』のOPテーマ曲「Shangri-La」や『K』のOPテーマ曲「KINGS」などで知られる音楽ユニット「angela(アンジェラ)」のKATSU(カツ)さんと結婚したことを発表しています。

以前は「かとうあすか」の名義でライブ活動をしていたほか、『魔法少女まどか☆マギカ』や『ソードアート・オンライン』の劇伴などで知られる音楽家の梶浦由記(かじうら・ゆき)さんによるプロジェクト「FictionJunction」にASUKAとして参加していました。結城アイラとしてメジャーデビューを果たしたのは、2007年に放送されたテレビアニメ『sola』のOPテーマ曲であるシングル「colorless wind」。

その他にもこれまでに、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の放映前CMイメージソングの「Violet Snow」、『ACCA13区監察課』のEDテーマ曲「ペールムーンがゆれてる」などの歌唱を担当しています。『聖女の魔力は万能です』のOPテーマ曲である「Blessing」に関しては、作詞を結城アイラさん、作曲・編曲を結城アイラさんと矢野達也(やの・たつや)さんの共同で担当しています。

アニメEDテーマ曲はNOW ON AIR(ナウオンエアー)が担当

テレビアニメ『聖女の魔力は万能です』のEDテーマ曲「Page for Tomorrow」を担当するのは、オフィスPACに所属する声優・音楽ユニットの「NOW ON AIR」。一般オーディションで選出された飯野美紗子(いいの・みさこ)さん、片平美那(かたひら・みな)さん、岩淵桃音(いわぶち・ももね)さん、神戸光歩(かんべ・みつほ)さん、鈴木陽斗実(すずき・ひとみ)さん、田中有紀(たなか・ゆき)さんの6人がメンバーです。

6人のメンバー全員が2017年に公開されたアニメーション映画『きみの声をとどけたい』においてメインキャラクターの声を担当しており、同作が声優としての本格的なデビュー作となりました。同年にデビューシングルとして「この声が届きますように」がリリースされ、2ndシングルとして『きみの声をとどけたい』のEDテーマ曲「キボウノカケラ」がリリースされました。

その他にもこれまでに、『啄木鳥探偵處』のEDテーマ曲「ゴンドラの唄」、『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』の第2期EDテーマ曲「Proud Days」などを担当。『聖女の魔力は万能です』のEDテーマ曲「Page for Tomorrow」に関しては、作詞を結城アイラさん、作曲・編曲を結城アイラさん・柳澤奈緒樹さん・石倉誉之さんが担当しています。

『聖女の魔力は万能です』キャラクター紹介その1:主人公 セイ/小鳥遊聖(たかなし・せい)

小鳥遊聖は、本作の主人公。愛称は「セイ」で、物語開始時点での年齢は推定23~24歳。日本でOLとして働いていましたが、「聖女召喚の儀」によって異世界にあるスランタニア王国に召喚されることになりました。スランタニア王国側の意向で突然呼び出されたにもかかわらず、儀式を取り仕切っていた第一王子のカイル・スランタニアから放置されたことで怒りを覚え、一時は王国を出ようかとも考えましたが、元からハーブ栽培を趣味にしていたこともあって「薬物植物研究所」の職員として働くことを決めました。

ストレートロングの黒髪をした細身でやや長身の女性で、召喚された当初はOL生活の過労故の顔色の悪さから病人扱いされたこともありました。しかし、自作の高い薬効つきの化粧品や睡眠によって少しずつ改善し、ついには視力まで回復してメガネを外すようにもなります。徐々に明らかになっていく規格外の能力から自分が「聖女」だという自覚を深めつつも、当初はその能力を隠すように振る舞っていましたが、周りの人たちを助けたいという想いから、失った身体の部位すら再生させるほどの超強力な癒しの力を発揮していくようになります。

セイの声優は石川由依(いしかわ・ゆい)さん

そんなセイの声を担当するのは、mitt managementに所属している声優・俳優の石川由依さん。愛称は「いっしー」や「ゆいっしー」。1989年5月30日生まれで、兵庫県出身。身長160cmで、血液型はAB型。特技にジャズダンス・タップダンス・クラシックバレエを挙げています。元は大阪にある劇団ひまわり所属の子役として活動しており、2002年にラジオドラマ「青春アドベンチャー『しゃばけ』」の鳴家役で声優デビューを果たしました。

アニメデビューを果たしたのは、2007年に放送されたテレビアニメ『ヒロイック・エイジ』のディアネイラ役。高く繊細で、硬質な声質が特徴的で、その他にもこれまでに、『進撃の巨人』のミカサ・アッカーマン役、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のヴァイオレット・エヴァーガーデン役、『トロピカル〜ジュ!プリキュア』の一之瀬みのり/キュアパパイア役などを担当しています。

『聖女の魔力は万能です』キャラクター紹介その2:王国第三騎士団団長 アルベルト・ホーク

アルベルト・ホークは、ホーク辺境伯の三男にしてスランタニア王国の第三騎士団団長を務める人物。柔らかな金髪とブルーグレーの瞳が特徴的な美男子で、物語開始時点での年齢は28歳。身長186cmで、体重は87kg。先々代国王の姉にあたる祖母から受け継いだクールな容姿と希少な氷属性魔法、そして常に無表情であることから、多くの女性たちから「氷の騎士」様と呼ばれています。

騎士らしく真面目で実直な性格の持ち主で、その腕も超一流。王立薬用植物研究所の所長を務めるヨハン・ヴァルデックとは親友同士の間柄です。「聖女召還の儀」から3ヶ月が経過した後、部下を率いて西の森に向かった際に本来はいないはずのサラマンダーと遭遇して瀕死の重傷を負ってしまいましたが、セイが作成したポーションの力で奇跡的に一命をとりとめました。

それ以来、命の恩人である彼女に好意を抱き、外出に誘ったり、髪飾りを贈ったりと積極的なアプローチを行っています。幼い頃から家柄と美貌目当てで長兄に言い寄る令嬢たちを見続けてきたことから女性不信の傾向にありますが、セイに対しては豊かな表情を見せています。

アルベルト・ホークの声優は櫻井孝宏(さくらい・たかひろ)さん

そんなアルベルト・ホークの声を担当するのは、インテンションに所属している声優の櫻井孝宏さん。愛称は「たかぴろ」や「サクちゃん」など。1974年6月13日生まれで、愛知県岡崎市出身。身長177cmで、血液型はA型。趣味にスキューバ・ダイビング・ショッピング・音楽鑑賞を挙げています。正式なアニメデビューを果たしたのは、1996年に放送されたテレビアニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の競技長役やプロトセイバー戦隊ホワイト役です。

『聖女の魔力は万能です』のアルベルト・ホーク役のような騎士や王子様然とした役を担当する機会が多く、これまでに『コードギアス 反逆のルルーシュ』の枢木スザク役、『多田くんは恋をしない』のシャルル・ド・ロワール役、『Fate/Grand Order』のアーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕役などを担当しています。一方で、『フルーツバスケット』の草摩綾女役や『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の岸辺露伴役といった癖の強さを持った役を担当することもあります。

『聖女の魔力は万能です』キャラクター紹介その3:薬用植物研究所所長 ヨハン・ヴァルデック

ヨハン・ヴァルデックは、ヴァルデック伯爵家の次男にしてスランタニア王国の薬用植物研究所所長を務める人物。長い茶髪にヘイゼルの瞳を持った男性で、年齢は28歳。顔も家柄も良いため貴族の女性たちから人気を集めてはいるものの、貴族同士のドロドロとした人間関係には辟易しており、結婚はせずに貴族社会から遠ざかっています。

優秀な土属性魔法の使い手で、かなり有能で頭の切れる人物でもあります。王宮を飛び出したセイの事情を知りながらもあたたかく薬用植物研究所に迎え入れ、彼女の上司兼後見人的な存在になりました。作成したポーションの精度が通常の1.5倍になるような彼女の魔力の特異性にいち早く気がつきましたが、必要以上の口出しはせずに、おおらかに見守っています。王国の第三騎士団団長を務めるアルベルト・ホークとは少年時代からの幼馴染の関係で、彼とセイとの関係を密かに見守っては楽しんでいる様子です。

ヨハン・ヴァルデックの声優は江口拓也(えぐち・たくや)さん

そんなヨハン・ヴァルデックの声を担当するのは、81プロデュースに所属している声優の江口拓也さん。愛称は「えぐっち」や「えぐたん」など。1987年5月22日生まれで、茨城県出身。身長188cmで、血液型はB型。2008年に発売されたOVA『真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝』で声優デビューし、2011年に放送されたテレビアニメ『GOSICK -ゴシック-』の久城一弥役で初めてのアニメの主演を担当しました。

その他にもこれまでに『機動戦士ガンダムAGE』のアセム・アスノ役、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の比企谷八幡役、『転生したらスライムだった件』のソウエイ役などを担当。活動初期は青少年役を担当することが多くありましたが、徐々に声質と芝居の幅が広がり、現在では『ULTRAMAN』の諸星弾役や『俺物語!!』の剛田猛男役といったかなり低音質なキャラクターを演じることもあります。

『聖女の魔力は万能です』キャラクター紹介その4:薬物植物研究所研究員 ジュード

ジュードは、スランタニア王国にある薬用植物研究所の研究員。緑色の髪と瞳が特徴的な美男子で、年齢は20歳。平民の豪商の元に生まれた五男坊で、水属性魔法を使用することができ、特待生枠で王立学園を卒業した後に薬用植物研究所へと入りました。

穏やかで明るく、人懐っこい性格の持ち主。「聖女召喚の儀」によって異世界に連れてこられてしまった後、暇を持て余していたセイと出会った際に、彼女が薬用植物研究所に入るきっかけをつくりました。そのことが縁で、薬物植物研究所ではセイの先輩兼教育係になっています。セイにとっては、異世界において気軽に接することのできる貴重な人物です。

ジュードの声優は八代拓(やしろ・たく)さん

そんなジュードの声を担当するのは、ヴィムスに所属している声優の八代拓さん。愛称は「しろたく」や「たくちゃん」など。1993年1月6日生まれで、岩手県出身。身長176cmで、血液型はB型。趣味に野球観戦・欧州のサッカー観戦・ユニフォーム集めを、特技にピアノ・バドミントンを挙げています。声優デビューを果たしたのは、2013年に放送されたテレビアニメ『銀の匙 Silver Spoon』の作業員B役や中学の友達B役です。

初主演を飾ったのは、2016年に放送されたテレビアニメ『タイガーマスクW』のタイガーマスク/東ナオト役。優しくおっとりとした青年キャラクターからがっしりとした体格のキャラクターまで幅広く担当しており、その他にもこれまでに、『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』のアレス役、『炎炎ノ消防隊』のヴァルカン・ジョゼフ役、『アイドルマスター SideM』の柏木翼役などを担当しています。

『聖女の魔力は万能です』キャラクター紹介その5:もう1人の聖女候補 アイラ/御園愛良(ミソノ・アイラ)

御園愛良は、もう1人の聖女候補の女性。愛称は「アイラ」。ゆるいウェーブのかかったショートカットの茶髪に可憐な容姿をした少女で、年齢は16歳。日本の高校に通っていましたが、スランタニア王国で行われた「聖女召還の儀」によりセイと同時に異世界に召喚されました。セイよりも若く人目を引くビジュアルだったことから、スランタニア王国の第一王子のカイル・スランタニアから「聖女」と断定され、独自に保護されることになります。

元々引っ込み思案で大人しい性格だったこともあり、突然異世界に連れてこられてどうしたらいいかもわからず、自然とカイルとその取り巻きの男性たちを頼りにするようになりました。その結果、教育のために通うことになった王立学園で彼らからちやほやされていると見られ、その婚約者の少女たちから反感を買うようになり、カイルの婚約者であるエリザベス・アシュレイや、王国の第二王子であるレイン・スランタニアの頭を悩ませることになります。

アイラの声優は市ノ瀬加那(いちのせ・かな)さん

そんなアイラの声を担当するのは、シグマ・セブンeに所属している声優の市ノ瀬加那さん。 愛称は「ちゃんかな」や「いちかな」。12月20日生まれで、北海道出身。身長は148cm。趣味・特技に、 一人旅・スカイウォッチング・バスケットボール・映画鑑賞・絵画鑑賞を挙げています。2016年に放送されたテレビアニメ『アイカツスターズ!』の生徒役で声優デビューを果たしました。

初めてメインキャストを務めたのは、2018年に放送されたテレビアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』のイチゴ役。その他にもこれまでに、『Dr.STONE』の小川杠役、『Fairy gone フェアリーゴーン』のマーリヤ・ノエル役、『戦姫絶唱シンフォギアXV』のエルザ役などを担当しています。

『聖女の魔力は万能です』キャラクター紹介その6:スランタニア王国国王 ジークフリート・スランタニア

ジークフリート・スランタニアは、スランタニア王国の国王。息子とよく似た赤金色の髪の美男子で、推定年齢は30代。息子たちに対して確かな愛情を注いでいるものの、父親としてよりも国王としての責務の方を優先しています。国王の後任は第一王子のカイルの方だと決めてはいるものの、忠告をしても様々な失態をしでかす息子に頭を悩ませている様子です。

ジークフリート・スランタニアの声優は山野井仁(やまのい・じん)さん

そんなジークフリート・スランタニアの声を担当するのは、懸樋プロダクションに所属している声優の山野井仁さん。本名は同じ漢字で読みの違う「山野井仁(やまのい・ひとし)」。1962年11月16日生まれで、東京都出身。身長180cmで、血液型はB型。妻は、『勇者王ガオガイガー』の卯都木命役や『スターオーシャンEX』のプリシス・F・ノイマン役などで知られる同じ声優の半場友恵(はんば・ともえ)さんです。

脂の乗った低音ボイスから青年から壮年の男性役を演じる機会が多く、これまでに『コードギアス 反逆のルルーシュ』のオデュッセウス・ウ・ブリタニア役、『リストランテ・パラディーゾ』のサント・クラウディオ・パラディーゾ役、『勇者指令ダグオン』の沢邑森/アーマーシン/ダグアーマー役などを担当しています。

『聖女の魔力は万能です』キャラクター紹介その7:スランタニア王国第一王子 カイル・スランタニア

カイル・スランタニアは、スランタニア王国の第一王子。父親に似た長い赤金色の髪の美男子で、年齢は15歳。真面目で情に厚い性格ではあるものの、直情的で視野が狭いという欠点があります。優秀な第二王子のレイン・スランタニアに対する劣等感と焦りから、半ば独断で「聖女召喚の儀」を取り仕切り、召喚された片割れのセイを放置して、もう片割れのアイラの方を独自に聖女として保護するようになりました。その失態からセイを激怒させてしまっています。

スランタニア王国の都合でこちらの世界へと連れてきてしまったアイラへの罪悪感、そして元々の思い込みの激しさから、父王のジークフリートや婚約者のエリザベス・アシュレイなどからの忠告も聞かずに、極端なまでにアイラを聖女にしようして周囲と無用な軋轢を起こすことになります。テレビアニメの方では、アイラやセイ、そして自分自身の振る舞いに関して原作には描かれなかった本音が描写されています。

カイル・スランタニアの声優は福山潤(ふくやま・じゅん)さん

そんなカイル・スランタニアの声を担当するのは、BLACK SHIPに所属している声優の福山潤さん。同じ声優の立花慎之介(たちばな・しんのすけ)さんと共に、2018年に開業した同社の代表取締役も務めています。1978年11月26日生まれで、大阪府高槻市出身。身長170cmで、血液型はA型。声優デビューを果たしたのは、1997年に「月刊Asuka」のラジオCMのナレーションです。

アニメ初主演を飾ったのは、2000年に放送されたテレビアニメ『無敵王トライゼノン』の神威章役。2001年には、ニンテンドーゲームキューブ最高売上ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズDX』のロイ役にも起用されています。その他にもこれまでに、『コードギアス 反逆のルルーシュ』のルルーシュ・ランペルージ役、『暗殺教室』の殺せんせー役、『ブラッククローバー』のフィンラル・ルーラケイス役などを担当しています。

『聖女の魔力は万能です』キャラクター紹介その8:スランタニア王国第二王子 レイン・スランタニア

レイン・スランタニアは、スランタニア王国の第二王子。父親のジークフリートや兄のカイルに似た短い赤金色の髪の美男子で、年齢は14歳。静かで物腰が落ち着いており、兄よりも優秀であることから彼を次期国王に望む声があるものの、本人には全くその気はありません。情に厚く思い込みの激しい性格から、アイラを聖女にしようと度々周囲と無用なトラブルを起こす兄に対して頭を悩ませ、状況を改善させるために兄の婚約者のエリザベス・アシュレイと策を練ることになります。

レイン・スランタニアの声優は市川蒼(いちかわ・あおい)さん

そんなレイン・スランタニアの声を担当するのは、大沢事務所に所属している声優の市川蒼さん。愛称は「いっちー」や「いちぞー」など。1991年10月2日生まれで、福岡県出身。身長162cmで、血液型はB型。2015年に声優デビューを果たし、2017年に放送された『Just Because!』の泉瑛太役でテレビアニメ初主演を飾りました。

自身の演じるキャラクターの性格をつかむのが上手いと評判で、その他にもこれまでに、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』のミツル役、『ディズニー ツイステッドワンダーランド』のラギー・ブッチ役、『ツルネ -風舞高校弓道部-』の竹早静弥役などを担当しています。

『聖女の魔力は万能です』キャラクター紹介その9:侯爵家の令嬢 エリザベス・アシュレイ

エリザベス・アシュレイは、スランタニア王国のアシュレイ侯爵家の令嬢。愛称は「リズ」。ウェーブのかかった長い金色の髪に青い瞳をした美少女で、年齢は14歳。スランタニア王国第一王子のカイル・スランタニアの婚約者で、次期王妃となるために必要な教育を受けるなどの多忙な日々を送っています。セイが「聖女召喚の儀」でやってきた聖女候補であると気づきながらも、王宮の図書館で出会った彼女と年の差を超えた親しい友人関係を築いています。

周囲のことによく気がつき、優しく思いやり深い性格の持ち主。王立学校に転入してきたもう1人の聖女候補・アイラが婚約者のいる男子生徒たちと親しくしていること、さらにアイラとカイルがお互いに対して過保護でやや依存的な関係を築いていることに思い悩んでおり、2人と周囲の状況を改善させるために王国の第二王子であるレイン・スランタニアと協力することになります。

エリザベス・アシュレイの声優は上田麗奈(うえだ・れいな)さん

そんなエリザベス・アシュレイの声を担当するのは、81プロデュースに所属している声優の上田麗奈さん。愛称は「うえしゃま」や「ぽんちゃん」など。1994年1月17日生まれで、富山県富山市出身。身長157cmで、血液型はA型。趣味・特技に、掃除・水彩画・ボールペン画を挙げています。声優デビューを果たしたのは、2012年に放送されたテレビアニメ『イナズマイレブンGO クロノ・ストーン』の子供役です。

初主演を飾ったのは、2014年に放送されたテレビアニメ『ハナヤマタ』の関谷なる役。その他にも『フルーツバスケット』の草摩杞紗役、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』のグレイ役、『SSSS.GRIDMAN』の新条アカネ役などを担当。「てさぐれ!部活ものシリーズ」では、当時まだデビュー1年目の新人でありながら、園田萌舞子を含む18姉妹全員、更にはその他ほぼ全てのモブキャラクターの声を担当するというとんでもないことをやり遂げています。

『聖女の魔力は万能です』キャラクター紹介その10:宮廷魔導師団師団長 ユーリ・ドレヴェス

ユーリ・ドレヴェスは、スランタニア王国の宮廷魔導師団の師団長を務める人物。濃紺色の髪と瞳を持った美男子で、笑顔を絶やさない飄々とした人柄の持ち主。人当たりの良さから好青年にも見えますが、その内実はマイペース且つ脳天気で、魔法や魔力の研究にしか興味を示さないという変わり者。元々は一般庶民で、先代師団長に魔法適正の高さをを買われたことからドレヴェス侯爵家の養子となった経緯があります。

魔術師としては国内では敵う者がいないほどの実力の持ち主で、あらゆる系統の魔法を使用できます。その中でも特に火属性魔法が得意で、国内では唯一「人物に対する鑑定魔法」を使用することも可能。魔物の群れを森ごと焼き払った過去の出来事から、傭兵などの間では「灰燼の悪魔」という二つ名で知られています。一方で師団長の地位にありながらその職務を苦手としていて、副団長であるエアハルト・ホークにそのほとんどを丸投げしてしまっています。

「聖女召還の儀」の行ったのは彼で、その際に無理をしすぎてしまったことからしばらくは昏睡状態に陥っていました。そこから復帰後は、もちろんセイの持つ未知数の魔力に対して多大な関心を示し、後に彼女の魔法学習のための講師に就任することになります。

ユーリ・ドレヴェスの声優は小林裕介(こばやし・ゆうすけ)さん

そんなユーリ・ドレヴェスの声を担当するのは、ゆーりんプロに所属している声優の小林裕介さん。愛称は「ゆっけ」や「ゆーしー」など。1985年3月25日生まれで、東京都出身。身長164cmで、血液型はB型。趣味にカラオケ・ダーツ・ドライブなどを、特技に空手・アクロバットなどを挙げています。テレビアニメデビューを果たしたのは、2013年に放送された『とある科学の超電磁砲S』の小佐古俊一役です。

初主演を飾ったのは、2014年に放送されたテレビアニメ『ウィッチクラフトワークス』の多華宮仄役。その他にもこれまでに、『selector infected WIXOSS / selector spread WIXOSS』の紅林香月役、『Re:ゼロから始める異世界生活』のナツキ・スバル役、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』のカウレス・フォルヴェッジ役などを担当しています。

『聖女の魔力は万能です』キャラクター紹介その11:宮廷魔導師団副師団長 エアハルト・ホーク

エアハルト・ホークは、スランタニア王国の宮廷魔導師団の副師団長を務める人物。ホーク辺境伯の御曹司で、第三騎士団団長のアルベルト・ホークの実兄にあたります。アルベルトと対照的な長い銀髪にメガネをかけた美男子で、その風貌からセイの心の中では「インテリ眼鏡様」と呼ばれています。

厳格且つ勤勉な性格の持ち主で、魔法使いとしては一流の実力を持っています。基本的には職務のことしか口にせず、笑みを見せることもほとんどないものの、部下の上げた功績を正当に評価し、それに見合った報酬を与える公明正大な姿勢を持っています。一方で、その真面目な性格が災いしてか、師団長を務めるユーリ・ドレヴェスから仕事を丸投げされ、彼の自由すぎる行動に頭を抱えてしまうことも。

「聖女召喚の儀」の使用により昏睡状態に陥ってしまったユーリが目覚めるまでの間、セイの実力に関する調査を行っていました。弟のアルベルトと同じ理由から彼以上に女性に対して不信感を抱いていますが、セイのことは個人的に気に入っている様子です。

エアハルト・ホークの声優は梅原裕一郎(うめはら・ゆういちろう)さん

そんなエアハルト・ホークの声を担当するのは、アーツビジョンに所属している声優の梅原裕一郎さん。愛称は「うめ」や「梅ちゃん」など。1991年3月8日生まれで、静岡県出身。身長173cmで、血液型はO型。趣味・特技に、歌・ピアノ・ギター・クラシック鑑賞を挙げています。2015年に放送されたテレビアニメ『美男高校地球防衛部LOVE!』の由布院煙役で声優としてのブレイクを果たしました。

初主演を飾ったのは、2015年に放送されたテレビアニメ『ヤングブラック・ジャック』の間黒男役。その他にもこれまでに、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のユージン・セブンスターク役、『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜』の竜宮院聖哉役、『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』のジークフリード・キルヒアイス役などを担当しています。

テレビアニメ『聖女の魔力は万能です』を見逃せない!

ここまで『聖女の魔力は万能です』に関してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

基本的に悪役が登場することのない『聖女の魔力は万能です』は、ほっこりと安心した気持ちで楽しめるのが魅力ですよね。ぜひ原作のライトノベルやテレビアニメの方を楽しんでみてくださいね。

記事にコメントするにはこちら