悲願の映画化再決定!「劇場版機動戦士ガンダムSEED」気になる疑問を総まとめ

カテゴリーまとめはこちら:その他

無くならない差別と戦争を真正面から描いた作品『機動戦士ガンダムSEED』。2003年に放送されて以来、かっこいいモビルスーツや魅力あふれる登場人物、素晴らしい主題歌などが高く評価され、多くのファンから愛されてきた本作ですが、2021年に新作劇場版が制作中だと発表されました。この記事では、ガンダムSEEDシリーズのあらすじや映画をもっと楽しめる視聴方法を紹介。ファンにとって気になる映画の疑問点に迫ります。

記事にコメントするにはこちら

21世紀のファーストガンダム!機動戦士ガンダムSEEDとは?

『機動戦士ガンダムSEED』は、2002年にTBS・MBS系列で放送されたロボットアニメです。
男女ともに魅力的なキャラクター、スタイリッシュなデザインのモビルスーツのデザイン、作品にぴたりとはまった主題歌などが当時の10代、20代を中心に支持され、大ヒット。
イケメンキャラクターだけでなく恋愛要素を加えたことで女性ファンも多く獲得し、『ガンダムシリーズ』のファン層を大きく広げ、DVDやグッズ、プラモデルの売り上げも爆発的な作品となりました。

2018年にNHKで行われた「ガンダム大投票」では、アムロ・レイの登場する『機動戦士ガンダム』『機動戦士Ζガンダム』に次ぐ第3位にランクイン。
海外からの評価も高く、中国では「ららぽーと上海」に本作の主役機のひとつフリーダムガンダムの立像が建設され、多くのファンが詰めかけるほど人気のある作品です。

21世紀初のガンダム作品であるため、若い世代に見てもらうためにストーリーや設定を過去作品より分かりやすいものに。予備知識なしで視聴できるように作られました。
また、ストーリー、キャラクター、メカなどを『機動戦士ガンダム』をリスペクトしており、ファンの間では「21世紀のファーストガンダム」と呼ばれています。


本作では、遺伝子操作されていない普通の人種ナチュラルと、遺伝子操作された人類コーディネーターの大規模な戦争を通して、戦争の残酷さや差別や憎み合いによって戦争が終わらない現状が描かれました。

注目すべき点は、ヒロインの「殺されたから殺して、殺したから殺されて、それで最後は本当に平和になるのかよ」というセリフ。大切な人を失った憎しみで誰かの大切な人の命を奪う「憎しみの連鎖」を分かりやすく、心に響く言葉に表しているのです。

『機動戦士ガンダムSEED』は、戦争の残酷さや虚しさを中学生でもわかる形で表現し、平和の尊さを考えるきっかけを与えてくれる作品と言っても過言ではないでしょう。

映画の前にアニメ「ガンダムSEED」のあらすじを復習!

若い世代を中心に男女問わず人気のある『機動戦士ガンダムSEED』ですが、放送から15年以上経過しているため、ストーリーがうろ覚えの方や少し古い作品であるため見たことのない方もいるかもしれません。

ネタバレ控えめで紹介しますので、まだ見たことがない方も安心して読んでみてください。

機動戦士ガンダムSEEDあらすじ

物語の舞台は、科学技術が著しく進歩した時代、コズミックイラ。
かつてジョージ・グレンと呼ばれる天才が遺伝子操作で生まれた「コーディネーター」であることを発表したことをきっかけに、ナチュラルとコーディネーターの差別が始まり、やがて戦争へと発展。
コーディネーターたちの住む農業コロニー「ユニウスセブン」への核攻撃により、戦争は泥沼化していました。

主人公は「コーディネーター」の少年、キラ・ヤマト。
スペースコロニー「ヘリオポリス」でナチュラルの友人たちと学生生活を送っていましたが、コロニー内に隠されていた地球連合軍の新型モビルスーツ「ガンダム」5機を狙ってザフト軍が侵攻し、戦場になってしまいます。
戦いに巻き込まれて避難できなかったキラは、モビルスーツの格納庫でザフト軍の兵士となった親友のアスラン・ザラと再会。
アスランがザフトの軍人になっていることに戸惑うのもつかの間、キラは負傷した地球連合軍の士官であるマリュー・ラミアスに連れられて、新型機「ストライクガンダム」のコックピッチへ退避することになります。
マリューが機体を起動させた後、キラは不完全だった機体のOSを書き換えてガンダムを操縦したことで敵機を撃破することができました。
しかしガンダムは秘密裏に作られた機体であるためキラと、マリューを手当てしたキラの友人たちは、地球連合軍に同行することを命じられます。

やがてキラは、仲間を守るためストライクガンダムのパイロットとして戦うことを決意。戦場で親友だったアスランと命を懸けて戦うことになってしまうのでした。

キラとアスランをはじめ戦争に巻き込まれた若者たちが、宇宙と地球で激戦を繰り広げながら苦悩と葛藤の末、戦争をなくすために戦う物語です。

機動戦士ガンダムSEED Destinyあらすじ

停戦協定が結ばれてから2年が経過したものの、コーディネーターとナチュラルの対立はなくなることはありませんでした。
両陣営の不穏な動きに懸念を抱いた中立国オーブの首長・カガリ・ユラ・アスハは、プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルとの非公式会談に赴きます。
しかし、カガリが訪れたプラント「アーモリーワン」で秘密裏に開発されていたガンダム3機が地球連合軍の特殊部隊によって強奪。
コーディネーターのテロリストによる「ユニウスセブン」の落下事件をきっかけに地球と宇宙間で再び大きな戦争が始まってしまいます。
さらに地球軍に兵器を提供する軍産複合体「ロゴス」や、キラの乗る戦艦「アークエンジェル」が介入し、戦況は泥沼状態に陥ってしまうのです。

ザフト軍の新型戦艦「ミネルバ」に所属するガンダムパイロットで、一年前の戦争の被害者であるシン・アスカ。
コーディネーターによるラクス襲撃事件をきっかけに再び戦う決意をしたキラ・ヤマト、そして本人の望まぬ形で軍隊に戻ったアスランの3人を主役にそれぞれの苦悩や正義と信念を描いた作品です。

15年の沈黙を破り2021年に映画制作再発表!

2021年5月28日、ついに『劇場版機動戦士ガンダムSEED』の制作が正式発表されました。
2022年に放送開始20周年を迎えるにあたって新プロジェクトを始動。
新作スピンオフ漫画の発表とともに、劇場版の制作が快調であることが明らかになりました。
『劇場版機動戦士ガンダムSEED』は、2006年に一度制作が発表されましたが、スポンサーであった毎日放送の降板や、シリーズ構成を担当していた両澤千晶さんの体調不良など様々な事情で制作が進まず、一度は中止に追いやられます。

劇場版のプロジェクトは一度白紙の状態になっていましたが、2019年に開催されたガンダム40周年記念のライブイベントで本作の主題歌を担当した西川貴教さんが、『機動戦士ガンダムSEED』に動きがあることを発表
当時は劇場版の制作ではないかと噂になっていましたが、正式発表を受けてSNSでは「うれしくて泣ける」「生きる理由が増えました」といった喜びの声や映画への期待の声が寄せられていました。

最初の制作決定から10年以上経ち、誰もが諦めそうになった時に突然空からピンチに駆けつけたフリーダムガンダムとキラのように、舞い戻ってきた『劇場版機動戦士ガンダムSEED』。

最高の名場面や、モビルスーツの活躍シーン、キャラクター達の濃密なドラマなど期待せずにはいられません。

監督は福田己津央監督が続投!「ガンダムSEED Destiny」のその後が描かれる!

『ガンダムSEED』ファンにとって悲願ともいえる映画化ですが、制作発表時に監督と設定が公表されています。
映画のメガホンをとるのは、TVシリーズに引き続き福田己津央監督。

『機動戦士ガンダムSEED』以外の代表作は『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』シリーズや『GEAR戦士電童』。監督ではなくエグゼクティブプロデューサーとして参加した『クロスアンジュ天使と竜の円舞』、絵コンテで参加している『ガンダムビルドリアル』などがあります。
なかでも演出に関しては目を見張るものがあり、『機動戦士ガンダムSEED』ではキラが新型機で仲間の絶体絶命のピンチを間一髪で救う場面など、印象に残る名場面をたくさん生み出してきました



2021年5月28日、「ガンダムSEED新プロジェクト」の一つであるららぽーと上海前の実物大フリーダムガンダム立像のオープニングセレモニーで発表された動画の中で福田監督は「劇場版はガンダムSEED Destinyの続編」であると発言しました。
SEEDの良さを失わず、「ガンダムとは何か」「SEEDとは何か」をゼロから考えながら制作しているそうです。

キラ達の能力である種割れとは何なのか、天才ジョージ・グレンが木星から持ち帰った謎の生物・宇宙クジラの化石の正体など本編で明かされていない謎は映画で解明されるのか、コーディネーターとナチュラルの差別問題や憎しみが続いていく中でキラ達はどのような行動に出るのか。
気になる点が多々ありますが、素晴らしい映画になることを期待したいですね。

「劇場版機動戦士ガンダムSEED」公開日はいつになる?

現在制作進行中の『劇場版機動戦士ガンダムSEED』ですが、いつ公開されるのかがファンにとって気になるところ。
まだ正式な公開日については発表されていませんが、監督がゼロから見直して制作しているという発言や20周年に合わせて公開するとことを考慮して、早くても公開は2022年秋か12月。
または、『ガンダムSEED Destiny』から20年後になる2024年中には公開されるのではないかと思われます。

前の映画化企画が遅れた理由のひとつである脚本の遅れも、シリーズ構成である両澤千晶さんが急逝されている関係で監督か他の脚本家が執筆するため、新型コロナウイルスの影響を考慮しても大幅に公開が遅れる可能性は低いでしょう。

何はともあれ15年越しの映画制作再決定なので、公開日の情報が待ちきれませんね。

映画主題歌を歌うのは誰?

『機動戦士ガンダムSEED』の魅力の一つは、作品の世界観にぴたりとはまる主題歌と豪華アーティスト。
T.M.Revolutionや玉置成実、中島美嘉など数々の実力派アーティストが作品を彩ってきました。
劇場版の主題歌を歌うアーティストは2021年6月17日現在未発表ですが、福田己津央監督とT.M.Revolutionこと西川貴教さんの対談が今後の新プロジェクトに組まれていることから、劇場版の主題歌も西川さんが担当するのではないかと予想できます。
『INVOKE』や『ignited』、名場面を彩った挿入歌『Meteor』や『vestige』など『ガンダムSEED』を語るうえで欠かせないのが西川貴教さんの音楽

劇場のスクリーンで素晴らしい映像とともに彼の音楽を堪能したいファンもいるでしょう。
どんな楽曲が映画を彩るのか要チェックです。

「劇場版機動戦士ガンダムSEED」の機体は?メカデザイナーは続投?

『ガンダムSEED』がヒットした理由に、メカのデザインのカッコよさがあります。
巨大な8枚の翼を広げて全方位に全ての武器を一斉発射させるフリーダムガンダムや、光る翼を展開するデスティニーガンダム、4足歩行で砂漠でも獣のように自由に動き回ることができるモビルアーマー・バクゥなど、『機動戦士ガンダムSEED』には目を引くデザインの機体が多く登場しました。

劇場版のメカについては2021年6月18日の段階ではまだ発表されていません
以前に映画制作決定が発表された2006年にはメカデザインが完了していたそうで、おそらく当時のデザインをそのまま引き継ぐか、現代に合わせて多少のアレンジを加えて登場するのではないかと思われます。

メカニックデザイナーも、TVシリーズに引き続き、数々の人気モビルスーツを世に送り出し、世界的なガンプラの市場の発展に貢献した大河原邦男さんや山根公利さんが続投する可能性は十分あり得るのではないでしょうか。

特に、『機動戦士ガンダムSEED Destiny』で登場したキラ・ヤマトの機体、ストライクフリーダムガンダムは、「ガンダム大投票」で第3位にランクインしたほど人気のある機体でした。
アムロ・レイが劇場版で最後に乗ったν(ニュー)ガンダムが人気なように、TVシリーズの集大成ともいえる劇場版で、ストライクフリーダムガンダムを超えるかっこいい機体がきっと登場するはずです。
機体に関する続報や、実際に動いている姿が見られる予告編が待ちきれませんね。

劇場版「機動戦士ガンダムSEED」のキャラクターは続投?

2021年5月28日に上海で開催された等身大フリーダムガンダム立像の披露式で、福田己津央監督のコメント動画で『機動戦士ガンダムSEED Destiny』の登場人物たちが引き続き登場することが明らかになりました

『ガンダムSEED Destiny』の正統派続編ということで期待に胸が高鳴るファンも多いのではないでしょうか。

キラ・ヤマトと彼の恋人であるラクス・クラインをはじめとする登場人物たちのその後の姿や、彼らにどんな試練が待ち受けているのか、ストーリーや設定がどうなるのか気になりますね。

映画を観る前に復習しよう!おすすめの見る順番を紹介

人気作品『機動戦士ガンダムSEED』ですが、放送から19年が経過しているため、見たことがないから観てみたい、内容がうろ覚えで見直したい、もう一度見直したいと思っていませんか?
おすすめの復習方法を紹介しますので、参考にご覧ください。

『ガンダムSEED』の魅力を楽しむためのおすすめの復習方法は、以下の通りです。

①アニメ『機動戦士ガンダムSEED』
②アニメ『機動戦士ガンダムSEED Destiny』
③マンガ『機動戦士ガンダムSEED Destiny』全4巻(漫画:高山瑞穂、講談社)
④マンガ『機動戦士ガンダムSEED Destiny THE EDGE』全5巻(漫画:久織ちまき、角川書店)
⑤マンガ『機動戦士ガンダムSEED Destiny THE EDGE』 Desire全2巻(漫画:久織ちまき、角川書店)



まずは、アニメのおすすめ視聴法から紹介しましょう。

時間のある人はHDリマスター全話復習!

アニメのおすすめの視聴方法は大きく分けて2つあります。
HDリマスター版全話をじっくり見る、または総集編全7巻を視聴するの2つです。
まず、初めての方やじっくり見直したい方におすすめなのが、『機動戦士がダムSEED』と『機動戦士ガンダムSEED Destiny』のHDリマスター版。

TV版とHDリマスター版の大きな違いは、作画の出来が甘かった部分を中心に修正がされているところ。
キラとアスランがオーブでフェンス越しに再会する場面などの名場面が、キャラクターデザインの平井久司さんの美しい作画になっているので、TV版よりも感動できるのではないでしょうか。
本放送時にあった総集編もカットされており、途中で話の流れを切られることもなく楽しむことができるのも魅力です。



また、『機動戦士ガンダムSEED』HDリマスター版のみ、ストライクガンダムの装備であるストライカーパック3種類をすべて搭載したパーフェクトストライクガンダムが登場。縦横無尽に活躍する姿に圧倒されます。
戦闘シーンも流用していた映像を書き直しており、見栄えも臨場感が高くなっているので、TV版を観た方も楽しめるでしょう。
全部で98話に及びますが、濃密な人間ドラマと恋模様、激しい戦闘が描かれており、次が気になってしまう急展開ありで思わず一気見するファンもいるほど楽しく視聴できますよ。
時間を十分とって『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED Destny』の面白さや魅力に触れてみてください。

最短で復習したい人はスペシャルエディション全7巻がおすすめ

仕事などで忙しくてじっくり観る時間がとれない方は、アニメの総集編「スペシャルエディション」がおすすめです。
TV放送版を『ガンダムSEED』は3部作、『ガンダムSEED Destiny』は4部作に分けており、それぞれ約93分の映画のように編集されています。

物語上で重大な出来事を中心に描かれ、ナレーションによる補足説明も入るためストーリーが分かりやすく、感動できる場面を終盤に盛り込んでいるため見ごたえは抜群です。

見る順番は、次のようになります。

ガンダムSEED
スペシャルエディション 虚空の戦場
スペシャルエディションⅡ 遥かなる暁
スペシャルエディションⅢ 鳴動の宇宙

ガンダムSEED Destiny
スペシャルエディション 砕かれた世界
スペシャルエディションⅡ それぞれの剣(つるぎ)
スペシャルエディションⅢ 運命(さだめ)の業火
スペシャルエディション完結編 自由の代償


93分×7本ですので、HDリマスター版を観るより約28時間ほど時間を節約できます。
短時間で名場面を振り返りたい、どんな出来事があったか振り返りたい方におすすめです。

コミカライズ版でもっと「機動戦士ガンダムSEED Destiny」の魅力を知ろう!

『機動戦士ガンダムSEED Destiny』はシン、アスラン、キラの3人の心理描写が少なめで感情移入しにくいと思うファンもいるため、登場人物の心理を丁寧に描いたコミカライズ版を併せて読むとさらに楽しめるのではないかと思います。

おすすめのマンガは、『ガンダムSEED Destiny』と『機動戦士ガンダムSEED Destiny THE EDGE』、『機動戦士ガンダムSEED Destiny THE EDGE Desire』の3作品です。

高山瑞穂先生のマンガ『ガンダムSEED Destiny』は、ストーリーの大まかな流れはTVアニメと同じですが、最初から最後までシン・アスカの視点で描かれており、彼の考えや行動の真意を理解できるように描かれていました。
キャラクターの魅力をより引き立てるセリフや演出、読後の満足度がファンから高く評価されているので必見です。電子書籍版はなく中古書籍でしか入手できませんが、一見の価値はありますよ。

久織ちまき先生のマンガ『機動戦士ガンダムSEED Destiny THE EDGE』はアスランを主役に描いた作品で、友人であるキラと再び対立してしまうことへの苦悩と葛藤を繊細に描かれており、感情移入しながら読むことができます。
他の人物の心情や表情、人間関係もしっかり描かれているので、読みごたえも抜群です。
同じ久織ちまき先生の描いた『機動戦士ガンダムSEED Destiny THE EDGE Desire』では、シンやミーアなど他の人物を掘り下げたサイドストーリーが展開され、登場人物達の人柄や心の揺れに引き込まれます。

『ガンダムSEED Destiny』が大好きな人も、観てあまり面白くなかったと思った人も、物足りなかったと思った人も、この漫画3作品を観ると魅力や作品に対する印象が大きく変わるのではないでしょうか。
今読んでも色あせない面白さと感動があるマンガですので、ぜひ読んでみてください。

2022年は「ガンダムSEED」20周年!続報、公開が待ちきれない!

劇場版の制作が進行中と発表された『機動戦士ガンダムSEED』。
大スクリーンでキラとアスラン、シンの活躍が見られると思うと、ファンとしては嬉しいですよね。
そして2022年に20周年を迎えるにあたり、新作スピンオフ漫画や『ガンダムSEED』を題材にしたゲームが制作されるなど、新情報がたくさん発表されました。
映画の公開日やストーリーの情報を含めまだまだ『ガンダムSEED』に関する新情報が発表される可能性は大きいので、期待に胸が膨らみます。
映画の公開日はまだ決まっていないので、始まるまでにHDリマスターやスペシャルエディション、コミックを見て、視聴した当時の懐かしい思い出や感動を追体験してみるのもいいかもしれません。
名場面や名台詞の多い作品ですので、まだ見たことがない方もファンの方もぜひ『機動戦士ガンダムSEED』の世界に飛び込んでみてください。

記事にコメントするにはこちら