ワノ国編でローが捕まった!?流れや逃がした人物についてご紹介

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / ワンピース(ONE PIECE)

ワノ国編ではさまざまなできごとが起こっています。そんな中ローがカイドウ側に捕まるという事件が起きました。

今回はなぜローがカイドウ側に捕まったのか流れをご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

ローが捕まってしまった流れは?

 

ローがカイドウ側に捕まったのは、捕まったベポたちを助けるためでした。

 

そもそもなぜベポたちが捕まったのか、それまでローはなにをしていたのかなどを、この項目ではご説明します。

 

ルフィを止めに行く

 

 

お玉を助けるためにルフィ、ゾロ、お菊が動きます。移動しているルフィたちを目撃したベポはローに報告しました。

 

事件が起こる気配しかしない、と思ったローは錦えもんたちの作戦がバレるのを防ぐためにルフィたちを止めに行きます。

 

ホーキンスに出会う

 

 

ルフィを追ううちにローは、ホーキンスと出会いました。ローは自分たちを知っているホーキンスを消したほうがいいと判断し、顔を隠して戦います。

 

しかしホーキンスは先にルフィたちと接触していたので、顔を隠しているのがローだとわかりました。

 

ローとホーキンスの勝負は結局中断となります。

 

正体がバレる

 

酔っぱらったカイドウが龍の姿でルフィたちやローの前に現れます。ルフィ、ゾロ、ローの正体がバレたのです。

 

ちなみにバレたのはローたちの正体だけで、錦えもんたちの作戦はまだバレていません。

 

ローはカイドウのところに走り出したルフィを止めようとします。

 

ルフィの救助失敗

 

ルフィを助けようとしますが、ホーキンスにくぎサイズの海楼石を打ちこまれて無力化されます。そのためルフィの救助は失敗しました。

 

その結果ルフィは海楼石の手錠をつけられた状態で強制労働させられることになりました。

 

飛び六胞から逃げる

 

 

ホーキンスから逃げたローはサンジのもとにやってきます。

 

しかしサンジを倒そうと、百獣海賊団の飛び六胞がやってきます。

サンジは飛び六胞を返り討ちにしようとしますが、ローは身を隠すように説得しました。

 

そしてロー、サンジ、ウソップ、フランキーは飛び六胞から逃げました。

 

クルーが裏切り者として疑われる

 

 

判じ絵と月の印のことがバレてしまい、内通者がいるのでは、という話になります。そして内通者として、カイドウたちに捕まってしまったベポたちが疑われました。

 

ちなみにベポたちを疑ったのはくノ一のしのぶです。

 

ベポたちを助けるためにホーキンスの前に現れる

 

クルーであるベポたちが疑われたローは怒ります。

 

そのときに信頼し合えないもの同士が厳しい戦いの中、背中を預け合えるはずがない、という内容のことを言って、ベポたちを助けに行きました。

 

ホーキンスに提案する

 

ローはベポたちを助けるために、ホーキンスの前に現れます。

 

そしてローはホーキンスにベポたちの命を助けることを条件に、自分が捕まることを提案しました。

 

ホーキンスはローの提案を飲みます。なぜならローをおびき寄せるためにベポたちを捕まえたからです。

 

ローはベポたちに、ルフィたちに捕まったことを知らせないように口止めします。

 

牢屋から脱出する

 

拷問を受けてもローは口を割りません。

 

そしてある人物がローを逃がしてくれます。牢屋から脱出したローはホーキンスと戦います。ホーキンスの体を自分の能力で切ったあと、ホーキンスとキッドとアプーの海賊同盟のことを尋ねます。

 

ホーキンスとキッドとアプーの海賊同盟は、アプーが裏切ったため破たんしていました。

 

単独行動

 

その後ローは錦えもんに脱出した報告をせずに、単独行動をとっています。なぜ単独行動しているのかは、わかっていません。

 

 

ローを逃がしたのは誰?

 

先述しましたが、ローはある人物によって牢屋を脱出します。ローはその際に自分を逃がすことが、陰謀なら乗ってやる、といった内容のことを言いました。

 

これまでローを逃がした人物が誰なのかわかっていませんでした。しかし第990話で発覚します。

 

逃がしたのはあの人物!

 

 

ローを逃がした人物、それはX・ドレークでした。

 

実はローが牢屋から出ていくときに、足元とマントが黒くですが描かれていました。靴の形やマントがあるということから、ファンのあいだではドレークでは、と予想されてはいたのです。

 

ドレークは飛び六胞の1人であるフーズ・フーに殺したいやつがいるからクイーンのところに行こう、と誘われます。

 

ついて行った結果、ドレークはフーズ・フー、クイーン、ホーキンスに囲まれてしまいます。そしてローを逃がしたことや、裏切り者であることがバレてしまうのです。

 

その後ドレークは3人から逃げ、ルフィに共闘を申し込みます。

 

 

まとめ

 

現在の段階でローが単独行動をしている理由はわかっていません。しかしファンのあいだではさまざまな予想がされています。

 

仲間が疑われて怒るところにローのやさしさを感じます。ローは錦えもんたちのところに戻ったとき、どのように対応するのでしょうか。

 

今後の展開に目が離せません。

記事にコメントするにはこちら