アニメ放送開始!!終末のワルキューレの魅力に迫る!!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 終末のワルキューレ

神様VS人類!?風変わりな作風が連載当初から話題となった今作品が、ついにアニメ化となりました!!どのような内容でしょうか?そして、どのような神様が、偉人が現れるのでしょうか!?

記事にコメントするにはこちら

終末のワルキューレ…あらすじ

終末のワルキューレとは…原作:梅村真也・構成:フクイタクミ・作画:アジチカによる漫画作品。

コアミックス(旧ノース・スターズ・ピクチャーズ)の月刊誌『月刊コミックゼノン』にて、2018年1月号より連載中の人気作品です。

「このマンガがすごい!2019」オトコ編、「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」、「第2回マンガ新聞大賞」数々の漫画賞に入賞する話題作。

物語の幕開けは1000年に1度、世界中の神々が集まって行われるという「人類存亡会議」から全ては始まります。

人類存亡会議では誕生から現在にいたるまで、目立った進歩が見られない人類を見限るという議案が出ていました。

ほとんどの神々が人類滅亡に賛成しようとする中、人類との繋がりが強いブリュンヒルデという半神半人が議案に異論を唱えます。

ブリュンヒルデは「神VS人類の最終闘争(ラグナロク)」によって人類の行く末を決めるようにと提案をします。

具体的な条件は神々と人類が真っ向から対決し、人類が勝利した場合は滅亡を取り下げるというものです。

しぶる神々でしたが人類を救いたいブリュンヒルデの挑発に負け、両陣営から代表者を13人ずつ選出。

神様VS人類の最終闘争が開幕することになりました。

神様が勝つのか、人類が勝つのか…ラグナロクの行く末は、神のみぞ知る!?

ワルキューレが主役!?

北欧神話に登場をする戦いの神様・オーディンに仕える武装した乙女たちで〈戦死者を選ぶ者〉という意味を持っています。

ワルキューレは13人。

白鳥や馬などに変身できること・その名からワルキューレは元は戦や死に関係する魔的存在であった・戦士らの守護霊的存在であったとも考えられています。

なので、この物語に登場するワルキューレはラグナロクに挑む人類の武器に変化して味方をしているのです。

ブリュンヒルデ

CV:沢城みゆき

この物語の主人公。

眉目秀麗で聡明な女性。

かつてワルキューレでありながら人の身に零落したこともあってか、人間を見下し罰しようと考える神々の中では数少ない人類に味方をしています。

神々に喧嘩を売ったのも彼女です。

ワルキューレ13姉妹の長女で、凛とした毅然な態度を取っていますが感情が昂ったり怒りの色を見せると表情が一変…。

ちなみにストレスが頂点に達するとサルミアッキパイをドカ食いします。

(※サルミアッキパイとは北欧伝統のお世辞にも美味しいとは言い難いお菓子。)

ゲル

CV:黒沢ともよ

ワルキューレ13姉妹の一番末の妹で、見習い。

長女であるブリュンヒルデにいつも付いて回っています。
ボクっ娘で、語尾に「っス」とつけたり一人称を「僕」と呼んでいます。

アニメ化で注目をしたいポイント

終末のワルキューレがアニメーションになったことによって、注目をしておきたいポイントが2つあります。

声優陣が豪華!

高木渉・関智一・斉藤壮馬・緑川光・櫻井孝宏・諏訪部順一・速水奨・田中理恵などなど…超豪華過ぎる声優陣にも注目をしたいですね。

終末のワルキューレのアニメ化で、1番多かった意見がキャスティング。

それぞれのキャラクターにマッチした声優を当てていたのが印象的です。

特に、ブリュンヒルデを演じる沢城みゆきが最高に合っています。

まるで、ブリュンヒルデと一体化しているかのよう。

ブリュンヒルデには沢城みゆきしかいなかったかのように、アニメの視聴者達はこぞって賞賛をしています。

沢城みゆき本人も、熱量を意識して渾身の決め台詞「ビビってるんですかァ?」を言い放っています。

常にアフレコでは高血圧だったそう。

主題歌が最高にハード!

アニメに更に彩を加えるのは、なんと言っても主題歌ですよね。

終末のワルキューレでは、マキシマムザホルモンがオープニングテーマを担当しています。

「KAMIGAMI-神噛-」が起用されました。

この「KAMIGAMI-神噛-」という曲は、ホルモン公式YouTubeチャンネル「ガチンコ ザ ホルモン シーズン2」にて公開された曲です。

様々なアーティストがオケと歌詞だけを元に、原曲を聴かずに独自のメロディをつけて歌う企画『ホルモンの新曲 俺ならこう歌う選手権!!』の課題曲として使用されていたことで有名になっていました。

有名過ぎて驚きです。

マキシマムザホルモンの新曲を公開!ということで、アニメ公開前から注目を集めていたようです。

歌詞は終末のワルキューレの世界観を存分に表現していて、聴いているだけで魂を燃やすラグナロクの試合を彷彿とさせる内容となっています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

観れば観るほど、読めば読むほど旨味を感じること間違いありません。

気になる方は是非、ネットフリックスに入会してアニメを鑑賞してみてください。

漫画もアニメの続きを描いているので読むと途端にハマること請け合いです。

絶対に手に汗を握り熱狂をします。

心から熱くなりたい方におすすめです。

記事にコメントするにはこちら