生物のデザインはこうして作られた!?天地創造 デザイン部とは?

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 天地創造

記事にコメントするにはこちら

・天地創造 デザイン部とは

天地創造デザイン部は、原作蛇蔵と鈴木ツタ、作画たら子の月刊モーニングtwo(講談社)で2017年から連載されている日本の漫画です。万能の神から依頼を受けた動物のデザインをする天地創造社の個性の強いデザイナー達。試作を作ったり、デザインを変えたりと動物が今の形に完成するまでの過程を楽しく学ぶことができます。アニメ化もされ2021年に放映されました。

・あらすじや口コミレビュー

あらすじ

天地を創造した神は天地や水を造った時点で面倒になってしまいました。生き物を造るのは下請けに任せることにした神は、下請け会社天地創造社のデザイナーたちに依頼をだします。天地創造社ではクライアントである神様からの無茶ぶりにデザイナー達とエンジニアが奮闘します。

わがままな神様から矛盾をはらんだオーダーに悩むデザイナー(謎の知的生命体)が働く天地創造社に天上界から連絡係の天使が舞い降りてきます。ベテラン天使の上田と新人天使下田が新しい連絡係として派遣し彼らに紹介します。下田は激務であるがおしゃれなデザイン部のデザイナーやエンジニアたちと歩みながら突発なアイデアをもとに書かれた生物の独創性に富むデザインと造形にハラハラさせられるドタバタな毎日に慣れていく。

口コミや感想

口コミでは、

デザイナーからの観点で動物の特徴を紹介する着眼点がすごい…
飛ぶためには体を極限まで軽量化しなきゃいけないとか筋肉量が、とか、そうか、だからこの動物はこんな姿なのか!とコレを読んでから動物園に行くとより一層楽しいと思う。子どもが動物に興味持ち始めたら教えてあげたい。

動物の雑学がたくさんつまっているマンガ。動物好きは楽しんで読めると思う。神様が動物の作成を発注した、という設定で、会社っぽい様子、サラリーマンっぽい様子も出ている。とても面白くて、笑えるマンガ。

など子供の教育にいい、勉強になるなどの声が多いようです。

・キャラクター 

神様 CV龍田直樹

姿を現さない天の声。デザイン部に生物のデザイン作成を委託し、適当な依頼を与えるめんどくさがりなクライアント。常にデザイン部の行動を観察し、デザインされた生物が気に入れば採用していきます。

下田 CV榎田淳弥

本作の主人公。神様とデザイン部の新しい連絡係の天使。下ネタに対してうぶなところもある青年。個性豊かなデザイナー達の奇抜な発想とデザインに戸惑いを隠せない日々を送る。シュークリームを手作りして差し入れるなど家庭的な一面も。

上田 CV原由美

下田の上司。金髪美女のキャリアウーマンのような女性天使。デザイナーたちの奇抜な行動には慣れている。私情に流されず、感情的にならずいつも微笑んでいる。

土屋 CV井上和彦

デザイン部の室長。眼鏡をかけた着物の老年の男性。代表作は馬。それ以来馬に魅了され、あらゆるデザインに馬の要素を取り入れ不採用になっている。年老いた見た目に対して、記憶力がとても優れている。

木村 CV梅原裕一郎

好青年のデザイナー。代表作は牛。どの生物に対しても食欲をそそられ、試作段階で試食するなど食欲旺盛な面がある。金森と気が合う。

水島 CV諏訪部順一

七分袖の黒の上着とジーンズのシンプルな服装に眼鏡をかけたインテリ風男性デザイナー。土屋と顔立ちが似ている。代表作は蛇。金森と犬猿の仲でもある。

金森 CV岸尾だいすけ

女性言葉で話すオネエデザイナー。代表作は鳥。美しいものを好み、常に追求している。神様のめちゃくちゃな依頼に対し、デザイナーたちの中で真っ先に文句を言う。

冥戸 CV大空直美

可愛らしいグロ系を好む奇抜なゴスロリ風デザイナー。代表作はカエルとコアラ。考えるデザインや生物も闇を抱えているものが多い。毒をもつ生物や食中植物を手掛けたことがある。

海原 CV竹内良太

長髪と髭面に体格のいい男性デザイナー。ほのぼのとおっとりとした性格。代表作はカンガルー。見た目に反して、可愛いデザインが多い。

火口 CV泊明日菜

唯一のエンジニアの女性。作業手袋を着用してつなぎを着ている。デザイナーたちのアイデアから試作品作りをしている苦労人。

横田 CV逢坂良太

上田の元上司で現在は地獄の社員。ケルベロスなどの地獄の生物を依頼する。神様と違い具体的なイメージ図や大きさや用途などのオーダーをしてくれるクライアント。

・原作はどこで読める? 

ここまで天地創造デザイン部のあらすじや、キャラクター紹介をしてきました。

個性豊かなキャラクター達の天地創造デザイン部を読みたいという方はモアイやモーニングなどのサイトで読むことができます。この機会にぜひ読んでみてください。原作とは別にカラー版もあります。

記事にコメントするにはこちら