私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! のあらすじやキャラクターをまとめてご紹介

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! の登場キャラクターやあらすじ、感想などをまとめています。わたもてが気になっていた方や現実味のある漫画を読みたい方におすすめの記事です。

記事にコメントするにはこちら

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! とは?

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!とは、谷川ニコによるウェブコミックス配信サイトガンガンONLINEで2011年の8月から連載されています。

内容は高校生活に馴染めず、孤独を感じている通称喪女(モテない女性)の女子高生の日常や彼女が他者とつながろうと奮闘する姿を、コメディタッチで描いています。ストーリーが進むと主人公の主観以外の女子高生たちのかみ合わない日常も描かれています。

単行本は現在19巻まで出版されています。またスピンオフ漫画の4コマ漫画「私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。」も出版されています。

単行本1巻はガンガンONLINEで史上最速で10万部を突破。2巻では同時期に連載されていた「男子高校生の日常」と共に「高校生の日常キャンペーン」も展開されていました。コミックナタリー主催の、現役マンガ編集者が選ぶ「第1回マンガ秋100」においては第2位を獲得。その人気から2013年の7月よりアニメ化もされています。

あらすじ 

主人公黒木智子(くろきともこ)はいわゆる喪女でぼっちな高校1年生である。高校に入学しても彼氏ができるどころかクラスメイトともろくに会話もできない。そもそもまともに会話できる相手が、1学年下の弟智貴(ともき)や中学時代の友人成瀬優(なるせゆう)、3学年下の従妹黒崎希心(くろざききこ)など学校外の極少人数しかいません。

自分がぼっちになっている状況に焦り出した彼女は行動を開始するも、痛々しい失敗ばかりが続く。本人なりに頑張った文化祭で出会った1学年上の先輩今江恵美(いまえみえ)など優しく接してくれた人もいたが、智子はそれに気づかず空回りのままだった。

1年間の奮闘空しく、智子はまったく友達ができないまま2年生を迎える。

登場キャラ 

黒木智子(くろき ともこ)CV橘田いずみ

本作の主人公。原宿教育学園幕張秀英高等学校の女子高生。身長145㎝の痩せ型、血液型B型。好きな食べ物は納豆と回鍋肉。

年々成長はしているものの、基本的にはひねくれた性格で思い込みが激しく、自己中心的。見栄っ張りで自分の非を認めず周囲の人間を見下す癖がある。心の中では過激な発言や妄想をたびたびしているが、人見知りが激しく外に伝えることはできていない。

女子高生になれば自然とモテると思い込んでいたが、実際には高校2年生の修学旅行までモテる以前にぼっちで過ごしていた。

黒木智貴(くろき ともき)CV中村悠一

智子の1つ下の弟。後に姉と同じ原宿教育学園幕張秀英高等学校に入学する。身長174㎝のサッカー体型。ややクールな性格で姉に似て目つきは悪いが、友達は多く常識人。女子生徒にも人気がある。

姉の奇天烈な言動や無理難題に日々迷惑しており、鬱陶しがっている。が、どれだけ迷惑を被っても姉を見放さないという優しい一面もある。高校入学前は姉に話しかけまいと言っていたが、結局なにかと話しかけている。

里崎希心(さとざき きこ)CV釘宮理恵

智子の3つ下の従妹。遠方の田舎に住んでおり、お盆や年末年始に黒木家に遊びに来る関係。身長145㎝の普通体型。明るくしっかりした性格で学業優秀で運動も得意。吹奏楽部でティンパニを担当している。

中学時代に智子の見栄っ張りで言われた「彼氏がいる」という発言を信じて尊敬していたが、実際の智子を見て尊敬が軽蔑に変わった。最終的には捨てられた子犬をみるように哀れみのまなざしを向けられている。

成瀬優(なるせ ゆう)CV花澤香菜

智子の中学時代の同級生であり、親友。幕張本郷高校の女子生徒で智子をもこっちと呼ぶ。身長163㎝のスタイル抜群の巨乳。

中学2年生のころ給食グループで誰とも組めずに浮いていた際、智子から声をかけられたことをきっかけに仲良くなる。実は「弱くて主導権を握れそうだったから」という理由で話しかけた智子。智子のセクハラの最大のターゲットになっている。


口コミや感想 

巷の感想では、

あまりにもリアルに引く内容なので好みがわかれる。
どこまで許せるかの線引きが難しいところですが、
1巻はまだ許せる面白さかと個人的には思います

 

コミュ障・ぼっちながら、日々の障害への瞬間的な爆発力を発揮するあたりが面白さのひとつなだけでなく、コミュ障・ぼっちの心情を(少々語り寄りつつも)うまく表現しているところも共感を集めている理由なのかもしれません
1巻だけしか読んでませんが、中学生で反抗期であろう弟君の姉への対応には高評価。
何だかんだで、本人もポジティブなのが救いなのでしょう。

など現実で怖いやどこか共感できる部分があるなどの感想が多かったです。

海外ではかなり辛口のコメントが多かったです。気になる方はTwitterや4chanを覗いてみてください。

まとめ 

ここまで私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!の紹介をしてきました。登場キャラクター、主人公、ストーリーすべて尖った作品で、学生の現実が見えてきます。主人公の性格のひねくれ方が異常ですが、作品中に徐々に成長していくので、読み進めていくとどんどんはまってしまう作品でもあります。ぜひ1巻を読んでみてください。

記事にコメントするにはこちら