【アニメ】史上最強の弟子ケンイチのあらすじとアニメでは語られなかった最終回のその後をご紹介!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 史上最強の弟子ケンイチ

2002年から週刊少年サンデーで連載された、武術を通して少年が成長する姿を描いた人気作「史上最強の弟子ケンイチ」をご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

史上最強の弟子ケンイチってどんなアニメ?

「史上最強の弟子ケンイチ」は2002年から2014年まで週刊少年サンデーで連載されていたバトルマンガであり、2006年にアニメ化された。

あらすじは、いじめられっ子の主人公「白浜兼一」が、己の信念を貫くための強さを手に入れる為に、様々な武術を極めた達人が共同生活をしている道場「梁山泊」に弟子入りするという物語。

少年の肉体的、精神的成長を描いたバトルコメディ。

ケンイチが弟子入りした梁山泊とは?

武術界に人を守り生かす武術「活人拳」の象徴。

武術を極めた達人や、スポーツ化した武道に馴染めない豪傑が集まり共に生活する道場。

柔道、空手、中国拳法等の様々な達人が兼一の師匠になる。

師匠はみんな化け物ぞろい

梁山泊に集うのはみんな規格外の達人ばかり、梁山泊の主で無敵超人と言われる長老の風林寺隼人(ふうりんじはやと)を始め、ケンカ百段逆鬼至緖(さかきしお)、哲学する柔術家岬越寺秋雨(こうえつじあきさめ)、あらゆる中国拳法の達人馬剣星(ばけんせい)、裏ムエタイの死神アパチャイ・ホパチャイ、剣と兵器の申し子香坂しぐれ(こうさかしぐれ)と、物騒な異名を持つ。

ちなみに秋雨曰く、全員達人の道を上り詰め過ぎて、「達人という崖を転げ落ちて行っている」と言われる。

ケンイチは何故梁山泊に来たのか

中学生時代元々いじめられっ子であった兼一は、高校進学を期に空手部へ入部、しかしそこでも環境は変わらず着いたあだ名は「ふぬけた兼一・フヌケン」だった。

入部から一ヶ月後、転校生風林寺美羽(ふうりんじみう)と出会い、本物の武術に触れた事を切っ掛けに兼一はとある「信念」を心に宿す。

ケンイチが心に宿す信念とは?

兼一が持つ信念、それは「誰もが見て見ぬ振りをするような悪党どもをやっつけるヒーロー」になる事、その信念を心に梁山泊の門を叩きました。

物語の終盤では、自身の正義を貫くため、そしていつの日かライバルである叶翔との約束である「美羽を守る」為に強くなる事を目標に修行に打ち込む。

ケンイチの最初の敵ラグナレク

オーディンこと「朝宮龍斗(あさみやりゅうと)」を筆頭に集まった不良集団。

リーダー格のコードネームは北欧神話の神々の名が付けられる。

拳聖・緒方一神斎(おがたいっしんさい)を象徴として、将来的に達人級になる可能性を秘めた者が多数在席していた。

本来は闇の弟子集団用YOMI(ヨミ)に対抗する為に作られた集団だが、新白連合に敗れ壊滅した。

[松江名俊]の史上最強の弟子ケンイチ(43) 史上最強の弟子 ケンイチ (少年サンデーコミックス)

アニメの最終回のその後

ラグナレクとの激闘を描いたアニメシリーズ。

しかし、その後も兼一と仲間達の戦いは続いています。

ここでは、アニメでは語られなかった兼一の物語の続きをご紹介します。

殺人拳の弟子組織「YOMI」との戦い

街の不良集団「ラグナレク」との激闘を征した兼一と新白連合、つかの間の平和を噛み締めていたが、闇の達人の一人緒方一神斎に一目置かれた事で、闇弟子集団YOMIをけしかけられる。

一影九拳のそれぞれの弟子との戦いは激しさを増し、命を激闘を極めるのだが、何故か兼一が通う学校に転校して来るなど、日常にも浸透してきた。

達人どうしの戦いも激化

活人拳と殺人拳の戦いは何も弟子どうしだけではない、時には達人どうしの戦いも行われ、それは殺人拳のある計画が進むにつれ激しくなって行った。

戦いの中で達人どうしの本気の命のやり取りを見た兼一の成長を促した。

作中では、殺人拳のムエタイの達人アーガードとアパチャイが対峙した際は、アパチャイは腹部を拳で貫かれ一度は死亡した、しかし、神の摂理すら覆す秋雨達の治療によって一命を取り留めた。

久遠の落日とは?

殺人拳の一影九拳が目指す「久遠の落日」は曰く世界大戦の引き金であり、闘争こそ存在意義の一影九拳にとっての悲願であり、殺人拳の達人達がその力を存分に発揮できる機会である。

しかしその実態は誰も知らず、歴史の怪文書として処理され、この時期が近付いた闇の武人達は勢力の強化など慌ただしく表の世界に現れる。

久遠の落日、その勝敗は?

闇の無手組集団一影九拳と武器組八煌断罪刃らにより、久遠の落日さ間近に迫っていた、活人拳と殺人拳の激突は極限を極めたが、人質を取り武人の信念を捻じ曲げる櫛灘美雲(くしなだみくも)のやり方に一影九拳のほとんどが反発。

その弟子であるYOMIも新白連合に味方し、武器組の弟子集団と対峙した。

一方、兼一も一影の弟子鍛冶摩里巳(かじまさとみ)との信念を掛けた戦いを繰り広げていた。

兼一と里巳はお互い満身創痍になり、最終的に武術の極みの一つ「気の掌握」を会得した兼一の流水無拍子に里巳は敗れ去る。

達人どうしの戦いにも決着がつき始めたその時、一影「穿彗(せんすい)」によって、決死の久遠の落日の引き金であるミサイルの日本への発射がなされてしまう。

そのミサイルを長老が素手で破壊、難を逃れ久遠の落日は失敗に終わった。

まとめ

久遠の落日を無事防いだ兼一達はそれぞれ日常に戻っていった。

兼一の修行の日々は続き、作中では長老の世直しの旅に同行、敵はと対峙する姿が描かれていた。

また、兼一は小説で師匠達の物語を書き賞を貰っていた。

最後には兼一らしき人物が原稿用紙に小説を書いていて「その後、私は達人への崖を転がり落ち、多くのぼうけをするのだが。その話はまた別の機会に」と言うセリフと、思い出の写真が映った絵で終わっていた。

その絵からは兼一達が幸せな人生を歩んだ事が伺える。

記事にコメントするにはこちら