【怪物事変】声優紹介

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 怪物事変

藍本松さんによる少年漫画作品『怪物事変』。血を持たない鬼の怪物「屍鬼(クーラー)」と人間との間に生まれた半妖の少年・日下夏羽が、隠神探偵事務所の仲間たちと共にさまざまな怪物にまつわる事件を解決しながら、自分の両親の行方を追う様が描かれます。そんな本作に登場するキャラクターの声を担当した声優情報をご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『怪物事変』とは?

『怪物事変(けものじへん)』は、集英社から発行されている月間少年漫画雑誌「ジャンプスクエア」の2017年1月号から連載開始された少年漫画作品。作者は、『保健室の死神』や『MUDDY』などで知られる藍本松(あいもと・しょう)さん。シリーズ累計発行部数は、2021年3月時点で420万部を突破しています。

テレビアニメは、2021年1月から3月にかけて全12話放送。制作を担当したアニメーションスタジオは「亜細亜堂(あじあどう)」。『終末のイゼッタ』や『おまえ うまそうだな』の監督で知られる藤森雅也(ふじもり・まさや)さんが監督を、『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』や『アマガミSS+ plus』のシリーズ構成で知られる木村暢(きむら・のぼる)さんがシリーズ構成・全話脚本を担当しています。

物語のあらすじ

古来からこの世の影の中に潜み、人には知られないようにしながらも人と関わり続けてきた「怪物(けもの)」。その多くは人間社会に適応しながら生活してきましたが、現代では人と必要以上に深く関わる事例が目立つようになっていました。血を持たない鬼の怪物「屍鬼(クーラー)」と人間との間に生まれた半妖の主人公・日下夏羽(くさか・かばね)は、田舎町の「鹿の子村」で起きたとある事件をきっかけに、隠神探偵事務所の所長である化狸の隠神鼓八千(いぬがみ・こはち)の元で暮らし、様々な怪奇事件の解決のために働くようになります。

夏羽は、幼い頃に消息不明になってしまった両親から「命結石(めいけっせき)」と呼ばれる不思議な力を宿した石を託されていました。それと同じような結石が日本各地にあることを確信した隠神は、その回収を行うこと決意。しかし、警視庁内で強大な権力を持つ化狐の飯生(いなり)もまた、部下の怪物たちを動員しながらその結石を狙っていたのでした。

ここからは、そんな本作に登場するキャラクターの声を担当する声優情報をご紹介していきます!

『怪物事変』声優紹介その1:日下夏羽の声優は藤原夏海(ふじわら・なつみ)さん

日下夏羽(くさか・かばね)は、本作の主人公。血を持たない鬼「屍鬼(クーラー)」と人間の間に生を受けた半妖の子どもで、物心つく前に鹿の子村の旅館の女将である叔母の元に預けられました。周囲から「泥田坊(どろたぼう)」と呼ばれて疎まれてきましたが、怪異現象を専門に扱う探偵の隠神鼓八千との出会いをきっかけに、東京で彼が所長を務める「隠神探偵事務所」で働くことに。両親に会いたいという想いを胸に、さまざまな怪物の関わる事件を解決していくことになります。

そんな日下夏羽の声を担当するのは、アーツビジョンに所属している声優の藤原夏海さん。愛称は「なっちゃん」。6月2日生まれで、静岡県出身。趣味・特技に、キャッチボール・鉄棒・歌唱を挙げています。声優デビュー2年目にして、2016年に放送されたテレビアニメ『少年メイド』の小宮千尋役で初主演を飾りました。

その他にもこれまでに、『真・中華一番!』のマオ役、『東京喰種トーキョーグール:re』の六月透役、『ガンダムビルドダイバーズ』のヒダカ・ユキオ役などを担当しています。2021年に、第15回声優アワードにおいて新人女優賞を受賞しています。

『怪物事変』声優紹介その2:隠神鼓八千の声優は諏訪部順一(すわべ・じゅんいち)さん

隠神鼓八千(いぬがみ・こはち)は、「隠神探偵事務所」の所長を務める化狸。「人間」と「怪物」双方のバランスをとった上で共存することを行動方針としており、「何でも屋」を自称して怪物の関わる様々な事件の解決に携わっています。飄々とした掴みどころのなさはありますが、それぞれ事情を抱えた子どもたちを保護するような面倒見の良さも。化狸として変化の能力を持つことから、様々な姿に変わることが可能です。

そんな隠神鼓八千の声を担当するのは、東京俳優生活協同組合に所属している声優の諏訪部順一さん。1972年3月29日生まれで、東京都出身。身長173cmで、血液型はA型。元々は映画監督になることをを志望していましたが、大学卒業後に様々な職業を経験した後に声の仕事につきました。当初はナレーターやラジオDJとしての仕事が中心でしたが、2002年にテレビアニメ『テニスの王子様』の跡部景吾役を担当したことをきっかけに、声優としてのブレイクを果たしました。

その他にもこれまでに、『Fate/stay night』のアーチャー役、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の神宮寺レン役、『黒子のバスケ』の青峰大輝役などを担当。2017年に放送されたテレビ番組「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP」では第14位にランクインし、女性に大人気のセクシーボイス声優として紹介されています。声の仕事以外では、キャラクターソングの歌唱担当をきっかけに、いくつかのキャラクターソングの制作に関与しており、また自分の音楽プロジェクトを立ち上げたりするなど、積極的に音楽活動にも力を入れています。

『怪物事変』声優紹介その3:蓼丸織の声優は花江夏樹(はなえ・なつき)さん

蓼丸織(たでまる・しき)は、隠神探偵事務所の所員。蜘蛛の怪物「蜘蛛(アラクネ)」の母親と人間の父親との間に生まれた半妖の子どもで、溶解する糸や凝固する糸などの様々な糸を出して操ることのできる能力を持っています。普段の粗暴な言動に反して、仕事に臨む姿勢はあくまで慎重かつ冷静。当初は年齢や境遇の近い新参者の日下夏羽によくつっかかっていましたが、次第に打ち解けていくように。元々の心配性と面倒見の良さもあって、同じ所員の夏羽や晶に振り回されながらもそのサポートをする苦労人として立ち回るようなりました。

そんな蓼丸織の声を担当するのは、アクロス エンタテインメントに所属している声優の花江夏樹さん。愛称は「花江っち」や「なっちゃん」など。1991年6月26日生まれで、神奈川県出身。身長172cmで、血液型はB型。趣味・特技に、歌・音声編集・テニス・デザイン画・ワープロ・靴ひもを1秒で結ぶことを挙げています。趣味である歌を仕事にできないかと考えていた頃に、当時再放送されていたテレビアニメ『桜蘭高校ホスト部』を視聴したことをきっかけに声優を志し、2011年に配信されたWebアニメ『ゴールデン☆キッズ』の俊太役で声優デビューを果たしました。

テレビアニメ初レギュラーを担当したのは、2012年に放送された『TARITARI』のウィーン/前田敦博役。中性的な高音の声が特徴的で、その他にもこれまでに、『鬼滅の刃』の竈門炭治郎役、『D.Gray-man HALLOW』のラビ役、『食戟のソーマ』のタクミ・アルディーニ役などを担当。2020年に、第14回声優アワードにおいて主演男優賞を受賞しています。

幼少期の蓼丸織の声優はくまいもとこさん

幼少期の蓼丸織の声を担当するのは、81プロデュースに所属している声優のくまいもとこさん。 本名は、読みが同じ「熊井統子」。1970年9月8日生まれで、東京都昭島市出身。身長156cmで、血液型はAB型。趣味・特技に、英語を挙げています。

中学生の頃から役者をやりたいという想いを抱いており、親に学校を辞めて芝居の世界に行きたいと訴えた際に、憧れの人に手紙を出して相談してみなさいと諭され、実際に「ドラゴンボールシリーズ」の孫悟空役・孫悟飯役・孫悟天役で有名な野沢雅子(のざわ・まさこ)さん手紙を出したところ、後日野沢さんから励ましの言葉が書かれた直筆の返事がきて、今でもそれを宝物としているというエピソードがあります。

声優デビューを果たしたのは、1990年代の中盤頃。これまでに『カードキャプターさくら』の李小狼役、『爆転シュート ベイブレード』の木ノ宮タカオ役、『ハートキャッチプリキュア!』のコフレ役などを担当。ハスキーなその声質から少年役や小さな子ども役を担当することが多くあります。少年役ほどの数はありませんが少女役も演じてきており、物静かな役から気の強い役まで幅広く演じています。

『怪物事変』声優紹介その4:岩木山雪里白那之五十六子晶の声優は村瀬歩(むらせ・あゆむ)さん

岩木山雪里白那之五十六子晶(いわきやまゆきさとしろなのごじゅうろくし・あきら)は、隠神探偵事務所の所員。青森県の雪深い山にある雪女子の里に100年に一度生まれる怪物「雪男子(ユキオノコ)」で、雪や氷を操る力を持っています。双子の兄・岩木山雪里白那之五十五子結(いわきやまゆきさとしろなのごじゅうごし・ゆい)から村を出て一緒に暮らすことを約束されましたが、離れ離れとなってしまい、その兄を捜すために隠神怪物相談事務所に勤務することになりました。汚いものや怖いものが苦手といった繊細な一面はありますが、明るく社交的な性格で、事務所では日下夏羽と蓼丸織の間を繋ぐ潤滑油的な役割を果たしています。

そんな岩木山雪里白那之五十六子晶の声を担当するのは、ヴィムスに所属している声優の村瀬歩さん。 愛称は「あゆむらせ」や「あゆ」。1988年12月14日生まれで、アメリカ合衆国出身。身長172cmで、血液型はA型。趣味にパワースポット巡りやゲームを、特技にタロットを挙げています。もともと観劇が好きで、さらにテレビアニメ『モンタナ・ジョーンズ』のゼロ卿役を担当した大友龍三郎(おおとも・りゅうざぶろう)さんの演技に魅力を感じたことをきっかけに声優を目指しました。

声優デビューを果たしたのは2011年に放送されたテレビアニメ『Persona4 the ANIMATION』の男子生徒役で、初のメインキャラクターを担当したのは2012年に放送されたテレビアニメ『新世界より』の14歳の青沼瞬役。ジャンプ作品の主人公の声を担当することが多く、これまでに『ハイキュー!!』の日向翔陽役、『D.Gray-man HALLOW』のアレン・ウォーカー役、『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』のムヒョ/六氷透役を担当。アメリカからの帰国子女であるために英語が非常に流暢で、英語を話すモブキャラやガヤの声を担当することもあり、テレビアニメ『ポプテピピック』やWebアニメ『Devilman Crybaby』ではその綺麗な発音を披露しています。

幼少期の岩木山雪里白那之五十六子晶の声優は佐藤聡美(さとう・さとみ)さん

幼少期の岩木山雪里白那之五十六子晶役を担当するのは、青二プロダクションに所属している声優の佐藤聡美さん。 愛称は苗字と「砂糖(Sugar)」をかけた「しゅがぁ」や、「さとさと」など。1986年5月8日生まれで、宮城県仙台市出身。身長153cmで、血液型はO型。趣味にカフェ巡り・カメラ・読書を挙げています。2017年に自身のブログで、『創聖のアクエリオン』のアポロ/アポロニアス役や「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の一十木音也役で知られる同じ声優の寺島拓篤(てらしま・たくま)さんとの結婚を発表しています。

2007年に放送されたテレビアニメ『かみちゃまかりん』のミッチリアン3役で声優デビューを果たし、2008年に放送されたテレビアニメ『地獄少女 三鼎』の準主人公である御景ゆずき役、そして2009年に放送されたテレビアニメ『けいおん!』のメインキャラクターである田井中律役で声優としての知名度を上げました。その他にもこれまでに、『FAIRY TAIL』のウェンディ・マーベル役、『迷い猫オーバーラン!』の都築乙女/早乙女博士役、『魔法科高校の劣等生』の柴田美月役などを担当しています。

2010年に発表された第4回声優アワードでは、『けいおん!』の劇中で結成したユニット「放課後ティータイム」の一員として他のメンバーと共に歌唱賞を受賞し、2011年に発表された第5回声優アワードでは新人女優賞を受賞しています。

『怪物事変』声優紹介その5:ミハイ・フロレスクの声優は小野大輔(おの・だいすけ)さん

ミハイ・フロレスクは、隠神探偵事務所の情報通信技術担当。不老半不死であると同時に高い知性と怪力を持った「吸血鬼(ヴァンパイア)」で、非常にプライドが高く、気分次第で場を引っ掻き回して楽しむことも。退屈が嫌いな性分で、様々な知識や技術を極めた結果やることがなくなって世の中にウンザリしていたところで旧友の隠神鼓八千から日本に呼び出され、機械が苦手な彼に代わって事務所の情報通信技術を担うようになりました。普段は事務所の一室に引きこもってオンラインゲームをしています。

そんなミハイ・フロレスクの声を担当するのは、フリーランスで活動している声優の小野大輔さん。1978年5月4日生まれで、高知県高岡郡佐川町出身。身長175cmで、血液型はO型。特技に土佐弁を挙げています。「おのでぃ(小野D、オノD)」という愛称は、声優業界に「だいすけ」という名前の声優が多く、イベントで声優の堀内賢雄(ほりうち・けんゆう)さんが舞台袖から「だいすけ」と呼びかけたときに、さまざまな人が振り返ってしまった出来事がきっかけとなって生まれました。

ラジオドラマの制作に携わっていた際に役者が足りず仕方なく出演者側に回ったことをきっかけに声優を目指し、2002年に放送されたテレビアニメ『フルメタル・パニック!』の小林役でデビューを果たした当初は、吹き替えをメインに活動していました。声優としてのブレイクを果たしたのは、2006年に放送されたテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の古泉一樹役。

その他にもこれまでに、『黒子のバスケ』の緑間真太郎役、『進撃の巨人』のエルヴィン・スミス役、「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」の空条承太郎役などを担当。たまに自身の楽曲の作詞を行うなど歌手としても精力的に活動しており、テレビアニメ『怪物事変』ではOPテーマ「ケモノミチ」の歌唱を担当しています。

『怪物事変』声優紹介その6:蓼丸綾の声優は本渡楓(ほんど・かえで)さん

蓼丸綾(たでまる・あや)は、怪物の治療屋。蓼丸織の異父妹で、彼とは違って「金の糸」の能力を宿していることから、肉体の再生や修復ができる回復系能力を持っています。自分が生まれた事情から、出会った当初は織に対して複雑な感情を覚えていましたが、彼が家族として自分を受け入れてくれたことから「お兄ちゃん」と呼ぶようになりました。気が強く、気丈さと優しさを兼ね備えた性格の持ち主。日下夏羽に対して好意を寄せています。

そんな蓼丸綾の声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属している声優の本渡楓さん。 愛称は「えーでちゃん」や「ほんどちゃん」など。 1996年3月6日生まれで、愛知県名古屋市出身。趣味はヘアアレンジ。特技は赤ちゃんの演技をすることで、2015年のインタビューでは「赤ちゃんといえば本渡楓」と言われるようになりたいと語っています。

声優デビューを果たしたのは、2015年に放送されたテレビアニメ『青春×機関銃』の「カッコよかったわよ」の一言。デビュー1年目にして、同年に放送されたテレビアニメ『かみさまみならい ヒミツのここたま』の主人公・四葉こころ役を担当し、さらに同年に放送されたテレビアニメ『不思議なソメラちゃん』でもメインキャラクター・野乃本ククル役を担当しました。

その他にもこれまでに、『メルヘン・メドヘン』の加澄有子役、『シャドウバース』の天宮ミモリ役、『色づく世界の明日から』の月白琥珀役などを担当。2019年に開催された第13回声優アワードでは、新人女優賞を受賞。テレビアニメ『怪物事変』で主人公の日下夏羽役を担当する藤原夏海さんとは同期の関係にあります。

『怪物事変』声優紹介その7:御花ばあさんの声優は谷育子(たに・いくこ)さん

御花(おはな)ばあさんは、隠神鼓八千の古い知り合いである医者。人間の高齢の女性で、元々は獣医としての仕事をしていましたが、怪我した野良犬などを治療しているうちに怪物たちも治療するようになりました。

そんな御花ばあさんの声を担当するのは、マウスプロモーションに所属している声優・俳優の谷育子さん。本名は「谷淳子(たに・じゅんこ)」。1939年4月9日生まれで、東京府(現・東京都)出身。身長157cmで、血液型はA型。俳優デビューを果たしたのは、1960年に公開された日本映画『武器なき斗い』の書記(のぶ) 役です。

声優としてはその声質を活かして、厳格な老女役や地位の高い年配女性役をよく担当しています。アニメではこれまでに、『楽しいムーミン一家』のムーミンママ役、『宝石商リチャード氏の謎鑑定』の宮下妙役、『リトルウィッチアカデミア』のホルブルック校長役などを担当。海外作品の吹き替えでは特に「ハリー・ポッターシリーズ」においてマギー・スミスさん演じるミネルバ・マクゴナガル役で有名で、CMナレーションでは果汁入り清涼飲料水「Qoo」で知られています。

『怪物事変』声優紹介その8:飯生の声優は花澤香菜(はなざわ・かな)さん

飯生(いなり)は、警察組織で警視の地位にある化狐。人心を操作することのできる「妖結石(ようけっせき)」を用いて警察官などの様々な人間を自らの傀儡と、警察組織の中で絶大な権力を持つようになりました。目的のためならば手段を選ばず、たとえ自分の部下であっても容赦無く切り捨てたり利用したりできる性質の持ち主。日下夏羽の所持している「命結石」を狙っています。

そんな飯生の声を担当するのは、大沢事務所に所属している声優の花澤香菜さん。愛称は「香菜ちゃん」や「香菜たん」など。1989年2月25日生まれで、東京都出身。身長158cmで、血液型はAB型。2020年にツイッターにおいて、『黒子のバスケ』の黒子テツヤ役や『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』のジョルノ・ジョバァーナ役などで知られる同じ声優の小野賢章(おの・けんしょう)さんと結婚したことを発表しています。

幼稚園児の頃から子役として活動し、14歳の頃、2003年に放送されたテレビアニメ『LAST EXILE』のホリー・マドセイン役で声優に初挑戦しました。それから約3年のブランクを経て、高校3年生の頃、2006年に放送されたテレビアニメ『ゼーガペイン』のヒロインである守凪了子/カミナギ・リョーコ役でレギュラー出演し、この作品をきっかけに声優を志すようになりました。

透明感のある声質が特徴的で、その他にもこれまでに、『五等分の花嫁』の中野一花役、『3月のライオン』の川本ひなた役、『言の葉の庭』のユキノ(雪野百香里)役などを担当。2015年に発表された第九回声優アワードにおいて、助演女優賞を受賞しています。

『怪物事変』声優紹介その9:紺の声優は花守(はなもり)ゆみりさん

紺(こん)は、飯生の部下である化狐の1人。彼女からの指令で、命結石を手に入れるべく日下夏羽たちを襲撃したものの、失敗。それから飯生に見放されて、公園の木の上で寝泊まりをしながら修行をするようになりました。非常に真面目かつ純粋な性格の持ち主。公園で生活し始めてから夏羽との交流を深め、飯生の一番になりたいという思うと同時に、夏羽の一番にもなりたいと思うようになりました。とはいえ、自分自身ではなかなかその感情を理解できず、夏羽への思いに振り回されている状態にあります。

そんな紺の声を担当するのは、m&iに所属している声優の花守ゆみりさん。 愛称は「ゆみりん」や「はなべえ」など。1997年9月29日生まれで、神奈川県出身。身長157cmで、血液型はO型。趣味に卓球やゲームを、特技にテニスを挙げています。声優という職業を意識するようになったのは、中学時代に友人から自身の声質について「声優になれる」と言われたことがきっかけ。

中学3年生の頃に「rimyu」の名義で第2回ぽにきゃん声たまオーディションに応募し、審査員奨励賞を受賞しました。その翌年の2013年に放送されたテレビアニメ『あいうら』の天谷颯太役で声優デビューを果たしています。

2016年に公開されたアニメーション映画『ガラスの花と壊す世界』では、劇場アニメ初出演を果たすと同時に初主演を担当し、2015年に第28回東京国際映画祭においてその作品のチームの一員としてレッドカーペットを歩いたことも。その他にもこれまでに、『結城友奈は勇者である』の三ノ輪銀役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の佐藤心役、『転生したらスライムだった件』のシズ役などを担当しています。

『怪物事変』声優紹介その10:野火丸の声優は下野紘(しもの・ひろ)さん

野火丸(のびまる)は、飯生の部下である化狐の1人。「かわいい方が得なことが多いから」という理由でいつも少年の姿をしていますが、本来の姿は実は青年。飯生から与えられた任務に失敗した紺の後釜として、飯生の元で働くことになりました。礼儀正しく掴みどころのない少年ですが、時に残酷な一面を覗かせることも。飯生からの命令を忠実にこなしているものの、飯生に対して本心から仕えているわけではなく、内心では飯生のことを嫌っているところもある様子です。

そんな野火丸の声を担当するのは、アイムエンタープライズに所属している声優の下野紘さん。愛称は「しもんぬ」や「ひろたん」。1980年4月21日生まれで、東京都出身。身長168cmで、血液型はB型。趣味にサイクリング・料理・ゲームを、特技にニワトリの声真似をすることを挙げています。好きな食べ物は唐揚げで、デビュー数年後にパーソナリティを担当したラジオ番組「VOICE CREW」では、唐揚げに特化したコーナーを立ち上げたり、美味しい食べ方を募集したりなどしたことも。

声優になりたいと思ったきっかけは、中学3年生の頃に受験の悩みや初めての彼女に振られた心の傷を癒やす目的で視聴したテレビアニメ『無責任艦長タイラー』で、主人公のジャスティ・ウエキ・タイラー少佐のような大人になりたいと憧れを抱き、また声優ラジオを聴いたときに「こんなに楽しい世界があるんだ」と思ったこと。2001年に発売されたゲーム『リリーのアトリエ〜ザールブルグの錬金術士3〜』のテオ・モーンマイヤー役で声優デビューし、2002年に放送されたテレビアニメ『ラーゼフォン』の神名綾人役でテレビアニメデビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『おおきく振りかぶって』の田島悠一郎役、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の来栖翔役、『鬼滅の刃』の我妻善逸役などを担当。2012年に発表された第6回声優アワードでは、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」に登場するアイドルユニット「ST☆RISH」の名義で歌唱賞を受賞し、2021年に発表された第15回声優アワードではMVS賞を受賞しています。

『怪物事変』声優紹介その11:女将さんの声優は乃神亜衣子(のがみ・あいこ)さん

女将さんは、鹿の子村の旅館「鹿の子荘」の女将。主人公の日下夏羽の叔母(夏羽の母親の妹)にあたり、夏羽が怪物と人間との間に生まれた半妖であることを知っています。姉から当時1歳だった夏羽を預かって以来、行方不明となった彼女の代わりに面倒を見てきましたが、鹿の子村で相次いで家畜の変死体が発見される事件が発生した際、その原因が夏羽にあるのではないかと疑い、隠神鼓八千に対して夏羽の殺害を依頼しました。

そんな女将さんの声を担当するのは、プロダクション・エースに所属している声優の乃神亜衣子さん。旧名は「井上亜紀(いのうえ・あき)」。7月21日生まれで、岡山県出身。趣味・特技に、岡山弁の指導・大阪弁・家庭教師・ネイルアートを挙げています。これまでに、『しましまとらのしまじろう』のトモくん役や蛇口くん役、『バッテリー』の原田真紀子役、『DIVE!!』の冨士谷頼子役などを担当しています。

『怪物事変』声優紹介その12:弥太郎の声優は金元寿子(かねもと・ひさこ)さん

弥太郎(やたろう)は、鹿の子村の旅館「鹿の子荘」の女将の息子。日下夏羽の母方のいとこで、「泥田坊」と呼ばれる彼のことをいつもバカにしていました。いつか行きたいと憧れていた東京から来た隠神鼓八千が旅館にやってきた当初、彼の給仕係を務めていましたが、彼の希望で夏羽が給仕係を務めることに。その嫉妬から夏羽の命結石を奪い、彼の正体を知ることになりました。

そんな弥太郎の声を担当するのは、ぷろだくしょんバオバブに所属している声優の金元寿子さん。旧芸名は「相川寿里(あいかわ・じゅり)」。1987年12月16日生まれで、岡山県倉敷市出身。身長157cmで、血液型はB型。趣味に映画鑑賞・音楽鑑賞・パンづくりを、特技に バスケットボール・バレーボールを挙げています。声優を目指したきっかけの1つは、テレビアニメ『ヒカルの碁』を視聴した際に塔矢アキラ役を担当した声優の小林沙苗(こばやし・さなえ)さんに憧れたこと。

旧芸名の「相川寿里」の名義で参加した2009年放送のテレビアニメ『宙のまにまに』の江戸川みく役で声優デビューを果たし、本名でもある「金元寿子」の名義で参加した2010年放送のテレビアニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』のカナタ(空深彼方)役で本格的な声優デビューを果たしました。出世作となった2010年放送のテレビアニメ『侵略!イカ娘』では主人公のイカ娘役を担当し、その翌年の2012年には『スマイルプリキュア!』の黄瀬やよい/キュアピース役で声優としての知名度を上げました。

その他にもこれまでに、「食戟のソーマシリーズ」の薙切えりな役、『美少女戦士セーラームーンCrystal』の水野亜美/セーラーマーキュリー役、『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』の桐谷雪那役などを担当。2011年に発表された第5回声優アワードでは、新人女優賞を受賞しています。

『怪物事変』声優紹介その13:山蜘蛛之仔組の声優は久川綾(ひさかわ・あや)さん

山蜘蛛之仔組(やまぐものこ・くみ)は、蓼丸織と蓼丸綾の母親。蜘蛛の怪物「蜘蛛(アラクネ)」の女性で、元々は群馬県の錦糸郷の山中に暮らしていましたが、伝承の調査にやってきた人間の男性と出会って夫婦になり、織を身籠りました。夫が転落事故で亡くなった後、幼い織がインフルエンザにかかったことをきっかけに彼を人間として育てていくことを決め、義弟の昭夫を頼りますが、この時にそのための費用を稼ぐためにとある実験に協力することを提案されることになりました。

そんな山蜘蛛之仔組の声を担当するのは、青二プロダクションに所属している声優の久川綾さん。1968年11月12日生まれで、大阪府貝塚市出身。身長159cmで、血液型はA型。趣味に犬と温泉巡りドライブ・犬猫里親会のボランティアを、特技に飼い主に対するしつけ相談・モラル向上のアドバイス・犬と泊まれる旅館やホテルの宿泊および運営アドバイザーを挙げています。

小学1、2年生の頃にテレビで『さらば宇宙戦艦ヤマト』を視聴したことをきっかけに声優を志し、1988年に放送されたテレビアニメ『キテレツ大百科』の少女A役で声優デビューを果たしました。1989年に放送されたテレビアニメ『新ビックリマン』では、初レギュラーとなるプッチー・オリン役を担当。その翌年にはテレビアニメ『RPG伝説ヘポイ』のミーヤ・ミーヤ役で初のメインヒロイン役を、OVA『魔物ハンター妖子』の妖子役で初の主人公役を担当しました。

その他にもこれまでに、『美少女戦士セーラームーン』の水野亜美/セーラーマーキュリー役、『カードキャプターさくら』のケルベロス(仮の姿)役、『ハートキャッチプリキュア!』の月影ゆり/キュアムーンライト役などを担当。2013年には、自身が声優を目指すきっかけとなった『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品である『宇宙戦艦ヤマト2199』で新見薫役を担当しています。

『怪物事変』声優紹介その14:蓼丸昭夫の声優は石田彰(いしだ・あきら)さん

蓼丸昭夫は、蓼丸織と蓼丸綾の父方の叔父。民俗学の研究者で、かつて兄と共に伝承にまつわる調査を行っていた際に、山中で「蜘蛛(アラクネ)」である山蜘蛛之仔組と出会いました。組の夫になった兄が転落事故で亡くなった後、幼い織のことで彼女から頼りにされた際、織を人間として育てるための費用を稼ぐ方法としてとある実験に参加することを提案しました。

そんな蓼丸昭夫の声を担当するのは、ピアレスガーベラに所属している声優の石田彰さん。愛称は「あーさん」や「あー様」。1967年11月2日生まれで、愛知県日進市出身。身長163cmで、血液型はO型。幼い頃、1979年に放送されたテレビアニメ『機動戦士ガンダム』を視聴したことをきっかけに声優という職業に憧れを抱くようになり、1990年に声優デビューを果たしました。

養成所にいた頃から声優の仕事を始めており、初仕事は1988年に発売されたOVA『世界名作童話全集』の「おやゆび姫」の王子様役。その他にもこれまでに『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のアスラン・ザラ役、『PSYCHO-PASS サイコパス』の縢秀星役、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のサトライザー/ガブリエル・ミラー/ベクタ役などを担当。

特に『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲル役で有名。「エヴァンゲリオンシリーズ」以外にも庵野秀明(あんの・ひであき)監督の作品に縁があり、この他にも1998年に公開された実写映画『ラブ&ポップ』のヨシオの声、同年に放送されたテレビアニメ『彼氏彼女の事情』の池田一馬役を担当しています。

『怪物事変』声優紹介その15:岩木山雪里白那之五十五子結の声優は石川界人(いしかわ・かいと)さん

岩木山雪里白那之五十五子結(いわきやまゆきさとしろなのごじゅうごし・ゆい)は、隠神探偵事務所の所員である晶の双子の兄。晶と同じ雪女子の里に100年に一度生まれる男性の怪物「雪男子(ユキオノコ)」で、非常に弟思いな優しさの持ち主。里の長としての仕事を行いながら絶望的な気持ちに陥っていましたが、いつも晶の純粋な笑顔に救われていました。晶にいつか里を出て一緒に暮らすことを約束した後、しばらく離れ離れとなっていましたが、東京にやってきた後に偶然再会を果たすことになります。

そんな岩木山雪里白那之五十五子結の声を担当するのは、プロ・フィットに所属している声優の石川界人さん。1993年10月13日生まれで、東京都文京区出身。身長174cmで、血液型はAB型。趣味に読書・一人劇をすることを、特技にウィンタースポーツ・水泳を挙げています。アニメや芝居が好きで、アニメに出られて芝居もできて仕事にもできるならという想いで声優になる道を選びました。

アニメデビューを果たしたのは、2012年に放送されたテレビアニメ『あの夏で待ってる』の生徒B役や学生C役。2013年に放送されたテレビアニメ『翠星のガルガンティア』では、自身初の主役となったレド役を担当しました。その他にもこれまでに、『ハイキュー!!』の影山飛雄役、『ワンパンマン』のジェノス役、『双星の陰陽師』の斑鳩士門役などを担当しています。

無印、シンデレラガールズ、ミリオンライブを全てプレイしてきたくらいに「アイドルマスターシリーズ」が好きで、2017年に放送されたテレビアニメ『アイドルマスター SideM』ではプロデューサー役を担当。2014年に発表された第8回声優アワードでは新人男優賞を受賞し、2020年に発表された第14回声優アワードでは助演男優賞を受賞しています。

幼少期の岩木山雪里白那之五十五子結の声優は大地葉(たいち・よう)さん

幼少期の岩木山雪里白那之五十五子結の声を担当するのは、ヴィムスに所属している声優の大地葉さん。 愛称は「たいちょー」。8月6日生まれで、埼玉県出身。趣味にカラオケ・ピアノ(弾き語り)・マニキュア収集・インド映画鑑賞・辛い料理を食べることを、特技に曲のコピー(譜面を起こせる)を挙げています。愛称の「たいちょー」は学生時代のニックネームで、それをもじったものが現在の芸名になりました。

自身初となるレギュラー役は、2013年に放送されたテレビアニメ『恋愛ラボ』の水嶋沙依理役。2016年に放送されたテレビアニメ『僕だけがいない街』において初めて男の子役でのオーディション合格を果たし、ケンヤ役を担当しました。その他にもこれまでに、『フルーツバスケット』の草摩燈路役、『魔法陣グルグル』のジュジュ・クー・シュナムル役、『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』のマキシーン・シルヴァーストーン役などを担当しています。

『怪物事変』声優紹介その16:氷雨の声優は甲斐田裕子(かいだ・ゆうこ)さん

氷雨は、雪女子の里において大きな権力を持った雪女子。先代の子どもを一番多く産み、狩猟も出来たことから里では大きな権力を持っており、100年に一度生まれる雪男子の結や晶のことは子どもをつくるための道具としか見ていませんでした。結の発案で晶が里の外に出た後、追っ手を差し向けたことで結を絶望させました。

そんな氷雨の声を担当するのは、賢プロダクションに所属している声優・舞台俳優の甲斐田裕子さん。1980年1月14日生まれで、神奈川県川崎市出身。身長167cmで、血液型はO型。趣味にヨガを、特技に日本舞踊(若柳 庸斐女)を挙げています。夫は、平澤シェイクスピア・アカデミーを主宰する舞台俳優の平澤智之(ひらさわ・ともゆき)さん。

東京メディアアカデミーの声優ボーカル科(現・東京声優アカデミーの声優養成科)に在学中の2000年に、海外ドラマ『シナリオライターは君だ!』の吹き替えで声優デビューを果たし、2001年に放送されたテレビアニメ『ジーンシャフト』のソフィア・ガルガリン役で初のレギュラー役を担当しました。2002年に日本公開されたアメリカ映画『プリティ・プリンセス』のアン・ハサウェイさん演じるミア(アミーリア・ミニョネット・サーモポリス・レナルディ)役の吹き替えで、初めての主人公役を担当しています。

海外作品の吹き替えや舞台活動をメインとしていますが、2003年に放送されたテレビアニメ『一騎当千』の呂蒙子明役を担当して以降はアニメ作品への出演もかなり増えるようになりました。アニメ作品ではこれまでに、『銀魂』の月詠役、『TIGER & BUNNY』のアニエス・ジュベール役、『約束のネバーランド』のイザベラ役などを担当しています。

『怪物事変』声優紹介その17:結と晶の父親の声優は近藤浩徳(こんどう・ひろのり)さん

結と晶の父親は、100年に一度「雪男子」が誕生するその里において、結と晶の前に誕生した雪男子。結が幼かった頃、生気を失ってガリガリに痩せ細った状態で牢屋に閉じ込められていました。そんな状態の彼を見つけて、結は将来の自分の姿を重ねました。

そんな結と晶の父親の声を担当するのは、アトミックモンキーに所属している声優の近藤浩徳さん。1980年11月14日生まれで、神奈川県横浜市磯子区出身。身長165cmで、血液型はO型。趣味・特技に、伏臥上体反らし・格闘技観戦を挙げています。これまでに、『メイド イン ワリオ ゴージャス』のワリオ/ワリオデラックス役、『Free!』の真琴の父親役、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)』のネルソン船長役などを担当しています。

『怪物事変』声優紹介その18:夜野の声優は岸尾(きしお)だいすけさん

夜野は、隠神探偵事務所にやってきた人間の依頼人。歌舞伎町で働く風俗嬢のまおちゃんに恋をしている冴えない様子の男性で、隠神探偵事務所の協力の元にプライベートでまおちゃんに会って告白をすることになります。

そんな夜野の声を担当するのは、青二プロダクションに所属している声優の岸尾だいすけさん。旧芸名は読みは同じで本名でもある「岸尾大輔」で、 愛称は「だいさく」や「大ちゃん」など。1974年3月28日生まれで、愛知県小牧市出身。身長166cmで、血液型はB型。趣味にお仕事・自転車を、特技にモノマネを挙げています。1996年に、声優の三ツ矢雄二(みつや・ゆうじ)さんがディレクションしたテレビアニメ『水色時代』の級長役で声優デビューを果たしました。その後、この作品では宮内冬紀〈みやう〉役も担当しています。

アニメ初主演を飾ったのは、1999年に放送されたテレビアニメ『ゾイド -ZOIDS-』のバン・フライハイト役。1人で9人の役を演じてしまえるほどに声幅が広く、その他にもこれまでに、『ふたりはプリキュア』の藤村省吾(藤P先輩)役、『弱虫ペダル』の手嶋純太役、『東京喰種トーキョーグール:re』の旧多二福役などを担当しています。

『怪物事変』声優紹介その19:まおちゃんの声優は伊瀬茉莉也(いせ・まりや)さん

まおちゃんは、歌舞伎町で働く風俗嬢。その正体は美男美女に化けた上で人間を誘惑する怪物「猫又」。隠神探偵事務所の協力を受けた人間男性の夜野から告白されたことをきっかけに、彼の飼い猫となって世話をしてもらう道を選びました。

そんなまおちゃんの声を担当するのは、アクロス エンタテインメントに所属している声優の伊瀬茉莉也さん。愛称は「リーヤ」や「伊瀬ちゃん」。1988年9月25日生まれで、神奈川県横浜市出身。身長154cmで、血液型はA型。趣味・特技に、料理・ヨガ・映画鑑賞を挙げています。

小学3年生の頃に映画館で鑑賞したスタジオジブリ制作のアニメーション映画『もののけ姫』に感銘を受けたことをきっかけに、人を感動させられる作品づくりに関わりたいという想いを抱くようになり、『HUNTER×HUNTER』のミュージカルを鑑賞した際に会場で出会ったプロデューサーに「声優になりたい」という想いをぶつけたことをきっかけに、三ツ矢雄二さん主宰の養成所ミツヤプロジェクトに入所することになりました。

声優デビューを果たしたのは、2004年に放送されたテレビアニメ『愛してるぜベイベ★★』のあゆみの友人役。2007年に放送されたテレビアニメ『yes!プリキュア5』では春日野うらら/キュアレモネード役を担当し、それ以降も『ポケットモンスターXY』のユリーカ役、『TIGER & BUNNY』のドラゴンキッド/ホァン・パオリンなど数多くの有名作品に主要キャラクターとして参加しています。

声優を目指すきっかけとなった『HUNTER×HUNTER』のミュージカルのプロデューサーについては、彼がプロデューサーを務めたテレビアニメ『蟲師』に五百蔵廉子役、テレビアニメ『エア・ギア』に野山野林檎役で参加しており、さらに『HUNTER×HUNTER』に関しては、2011年に放送された第2作目のテレビアニメ『HUNTER×HUNTER』に主要キャラクターのキルア=ゾルディック役として出演しています。

『怪物事変』声優紹介その20:蚊賀レイカの声優は南條愛乃(なんじょう・よしの)さん

蚊賀(かが)レイカは、大手電子部品メーカー「バグバイト電子」に所属するマネージャー。蚊賀三姉妹の長女で、冷酷な性格の持ち主。その正体は血液だけでなく内臓や脳までもを吸う蚊の怪物「蚊婆(カノンバ)」で、三姉妹で死なない程度に工場の従業員たちの脳を吸うことを繰り返すことで、彼らの思考を鈍くさせて無気力状態へと陥らせ、コントロールしていました。任務のためにその工場に潜入した日下夏羽たちと戦うことになりました。

そんな蚊賀レイカの声を担当するのは、N3エンタテインメントに所属している声優・歌手の南條愛乃さん。愛称は「ナンジョルノ」や「南ちゃん」など。1984年7月12日生まれで、静岡県出身。身長150cmで、血液型はO型。『カードキャプターさくら』をよく視聴していたことをきっかけに声優を目指し、2006年に発売されたPlayStation 2用ゲーム『アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女』のクルシェ・エレンディア、タスティエーラ・デ・ルゥ役で声優デビューを果たしました。

2009年に、naoの後任として音楽ユニット「fripSide(フリップサイド)」のボーカルとしての活動を開始し、2010年にスタートしたメディアミックスプロジェクト「ラブライブ! School idol project」に絢瀬絵里役で参加すると共に、同プロジェクトの声優ユニット「μ’s(ミューズ)」としての活動を開始。2012年末には、1stミニアルバム『カタルモア』をリリースしたことでソロ歌手としてのメジャーデビューも果たしました。

透明感のある硬質な声が特徴的で、声優としては他にもこれまでに、「戦姫絶唱シンフォギアシリーズ」の月読調役、『探偵オペラ ミルキィホームズ』の明智小衣役、『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』の斉藤結衣/猫姫役などを担当。劇中でシンフォギア奏者たちが全力で歌う「戦姫絶唱シンフォギアシリーズ」においても、魅力的な歌声を披露しています。

『怪物事変』声優紹介その21:蚊賀エリカの声優は小宮有紗(こみや・ありさ)さん

蚊賀(かが)エリカは、大手電子部品メーカー「バグバイト電子」に所属する社員。蚊賀三姉妹の次女で、三姉妹の中では賢さと察しの良さを併せ持っています。その正体は血液のみならず内臓や脳までもを吸う蚊の怪物「蚊婆(カノンバ)」。作中では怪しいと感じたフロアから、任務のために来ていた蓼丸織を見つけ出して戦いました。

そんな蚊賀エリカの声を担当するのは、ボックスコーポレーションに所属している俳優・声優・アニソンDJの小宮有紗さん。主な愛称は「ありしゃ」や「ありちゃん」。1994年2月5日生まれで、栃木県下野市出身。身長164cmで、血液型はB型。趣味に幕末の歴史(新撰組)・漫画を、特技にダンス全般・イラストを挙げています。

中学2年生の頃に東京都渋谷を歩いていたところを現在の事務所のスタッフにスカウトされ、2010年に俳優としてデビュー。2012年に放送された「スーパー戦隊シリーズ」の第36作目にあたる特撮ドラマ『特命戦隊ゴーバスターズ』の宇佐見ヨーコ/イエローバスター役でテレビドラマ初出演を果たし、2015年に『ラブライブ!』の続編にあたる『ラブライブ!サンシャイン!!』にメインキャラクター・黒澤ダイヤ役で出演することが決まり、声優デビュー。同時に声優ユニット「Aqours(アクア)」としての活動を開始しました。

2019年からは「DJ小宮有紗」として、エイベックスのアニメソング普及プロジェクト「OMOTENASHI BEATS」に参加することが発表され、その後も『Anime Rave Festival』や『アニメ・フェスティバル・アジア シンガポール 2019』に出演。声優としてはこれまでに、『牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐』のサラ役、『宇宙戦艦ヤマト2202 第6章 回生篇』の日下部うらら役、『ゲシュタルト・オーディン』の凪沙リン役などを担当しています。

『怪物事変』声優紹介その22:蚊賀モモカの声優は楠木(くすのき)ともりさん

蚊賀(かが)モモカは、大手電子部品メーカー「バグバイト電子」に所属する社員。蚊賀三姉妹の末っ子で、三姉妹の中ではお気楽な性格の持ち主。他の姉妹同様その正体は血液のみならず内臓や脳までもを吸う蚊の怪物「蚊婆(カノンバ)」で、作中では工場に潜入した日下夏羽や晶を吸おうと襲いかかりました。

そんな蚊賀モモカの声を担当するのは、ソニー・ミュージックアーティスツに所属している声優・シンガーソングライターの楠木ともりさん。1999年12月22日生まれで、東京都出身。身長155cmで、血液型はA型。趣味に作詞や作曲・音楽を弾くことや聴くこと・画材屋さんめぐり・ゲーム・ネットサーフィンを、特技に絵を描くこと・トランペットを挙げています。

中学2年生の頃からアニメを好むようになり、テレビアニメ『こばと。』の再放送を視聴した際に、『怪物事変』では飯生役を担当する声優の花澤香菜さんの演技に心を動かされてことをきっかけに声優を目指しました。2016年に、ソニー・ミュージックアーティスツが主催したオーディション企画「アニストテレス」の第5回で特別賞を受賞し、2017年に放送されたテレビアニメ『エロマンガ先生』の女子中学生役で声優デビューを果たしました。

アニメ初主演を飾ったのは、2018年に放送されたテレビアニメ『メルヘン・メドヘン』の鍵村葉月役。その他にもこれまでに、『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のレン/小比類巻香蓮役、『魔王学院の不適合者〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』のミーシャ・ネクロン役、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』の優木せつ菜役などを担当。蚊賀三姉妹の声を担当したのは、全員「ラブライブ!シリーズ」に出演した経験のある声優となりました。

『怪物事変』声優紹介その23:形無の声優は小松未可子(こまつ・みかこ)さん

形無(かたなし)は、女性の顔をむしる通り魔事件を起こしていた怪物。原宿のショップで働く男性に恋をしており、彼にとっての一番になりたいという想いを抱いていました。蓼丸綾が外側だけ人間にしてあげたことで事件を解決しています。

そんな形無の声を担当するのは、ヒラタオフィスに所属している声優・俳優・歌手の小松未可子さん。愛称は「みかこし」や「こまみん」など。1988年11月11日生まれで、三重県桑名市出身。身長160cmで、血液型はB型。特技にマリンバを演奏することを挙げています。夫は、『ワールドトリガー』の木崎レイジ役や『プリティーリズム・レインボーライブ』の速水ヒロ役などで知られる前野智昭(まえの・ともあき)さん。

子どもの頃に『名探偵コナン』にふれて以来アニメをよく視聴するようになり、同作で主題歌を担当していた倉木麻衣(くらき・まい)さんに憧れて芸能界入りを目指しました。2003年に『藤井隆のオールナイトニッポンR』の企画から誕生したアイドルグループ「いもうと」のメンバーの1人「みかこ(小林未可子)」としてデビューを果たし、2007年9月まで活動を続けました。

声優としての活動を開始したのは、2010年に放送されたテレビアニメ『HEROMAN』の主人公であるジョセフ・カーター・ジョーンズ役。2012年には、自身も加藤茉莉香役として出演したテレビアニメ『モーレツ♥宇宙海賊』のイメージソングとなったシングル「Black Holy」で歌手デビューも果たしました。声優としては他にもこれまでに、『スター☆トゥインクルプリキュア』の香久矢まどか/キュアセレーネ役、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の戸塚彩加役、『呪術廻戦』の禪院真希役なども担当しています。

『怪物事変』には魅力的な声優がいっぱい!

ここまでテレビアニメ『怪物事変』に登場するキャラクターの声を担当した声優情報をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

『怪物事変』には本当に魅力的な声優が勢ぞろいしていますよね。「ジャンプスクエア」で好評連載中の今作のエピソードがたまっていけば、この続きがアニメ化することもあるかもしれません。これからの公式からの情報に期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら