【進撃の巨人】死亡キャラクターまとめ<1>

カテゴリーまとめはこちら:進撃の巨人

諫山創さんによるダークファンタジー漫画作品『進撃の巨人』。人類を捕食する謎の存在「巨人」が登場する世界を舞台に、主人公の少年・エレン・イェーガーが巨人を駆逐するために戦い続ける物語が展開されます。そんな残酷な世界で死亡したキャラクターについてご紹介していきます。

記事にコメントするにはこちら

目次

『進撃の巨人』とは?

『進撃の巨人』は、圧倒的な力を持つ巨人と人間との戦いを描いたダークファンタジー漫画作品。作者は、今作が初連載作品となった諫山創(いさやま・はじめ)さん。2009年10月号(創刊号)より講談社発行の「別冊少年マガジン」で連載が開始され、2021年5月号の第139話で完結を迎えました。シリーズ累計発行部数は2019年12月時点で1億部を突破しており、日本のみならず海外各国でも出版されています。

2013年にテレビアニメ第1期が放送され、2017年に第2期、2018年から2019年まで第3期が放送。2020年12月から2021年3月まで第4期となる「The Final Season」Part.1が放送され、2021年冬からその続きが放送される予定です。この他にもゲーム、小説、スピンオフ漫画などの多種多様なメディアミックスが展開されており、2015年には前後篇2部作として実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』と『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』も公開されました。

物語のあらすじ

物語の舞台となるのは、人類を捕食する謎の「巨人」が存在する世界。その脅威から命を守るため、人々は巨大な三重の壁の内側で生活していました。その壁を破られた日に巨人に母親を捕食された主人公・エレン・イェーガーは、いつか巨人を駆逐してやるという想いを胸に、壁外調査をする型破りな集団「調査兵団」に入ることを決意します。

物語の中でエレンたち調査兵団が活躍するにつれ、次々と明らかになっていく驚くべき真実の数々。人々の命を奪っていた巨人とは実は元は「エルディア人(またはユミルの民)」と呼ばれるただの人間で、エレンたちの暮らす「パラディ島」と呼ばれる島の向こうには国が存在していたのでした。

かつてその巨人の力を用いて世界を蹂躙した歴史から、エルディア人は強く憎まれる立場にありました。海外のマーレ国にいるエルディア人は強く蔑まれると同時に巨人化する兵力として利用され、パラディ島にいるエレンたちもまた海外の人々から強い憎しみを受ける立場にあったのです。物語序盤ではいかにして巨人に対抗するかを考えていたエレンたちは、物語後半では海外の国を相手にいかにして生き延びていくか、その道を模索することになるのです。

ここからは、そんな残酷な世界を描いた本作で死亡したキャラクターについてご紹介していきます。

『進撃の巨人』死亡キャラクター1:第104期訓練兵団卒業生 エレン・イェーガー

エレン・イェーガーは、本作の主人公。パラディ島にある三重の壁の最も外側にある「ウォール・マリア」南端から突出したシガンシナ区出身の少年で、845年、10歳の頃に母親のカルラが巨人に捕食されてしまった出来事をきっかけに、「巨人の駆逐」を行動原理とするようになりました。12歳の頃に第104期訓練兵団に志願し、15歳で卒業。その後は調査兵団に所属し、仲間たちとともに自由を得るための戦いに身を投じてきました。

父親のグリシャから特別な力を持った「九つの巨人」のうち「進撃の巨人」と「始祖の巨人」を継承されていたエレンは、王家の血を引いた同期のヒストリア・レイスの手にふれた際、前者の巨人の力でこの先の未来の光景を目にしてしまいます。それから自分のみにとって大事な者たちが長く生きられるようにするために、真意を明かさないまま独自の行動を取るようになったエレンは、マーレにあるレベリオ区襲撃後、反兵団破壊組織「イェーガー派」や反マーレ派義勇兵と合流し、パラディ島の兵政権に反旗を翻すことに。

異母兄のジーク・イェーガーと合流して、エルディア人の始祖であるユミルと邂逅したエレンは、「始祖の巨人」の力を掌握することに成功。世界がパラディ島へと向ける憎悪を断つために、パラディ島の三重の壁の中に眠っていた超大型巨人を目覚めさせ、世界中を踏み荒らさせる「地鳴らし」を決行します。人類の8割を殺した末に、最終的に幼馴染のミカサ・アッカーマンの手によって首をはねられました。その後、その首はミカサの手によって、エレンがいつもよく居眠りをしていたパラディ島にある巨木の下に埋められました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター2:第104期訓練兵団卒業生 ユミル

ユミルは、第104期訓練兵団卒業生の1人。マーレ出身で、かつて物乞いの孤児だった頃に、「ユミル」という名前を与えられてカルト教団の教祖に仕立て上げられました。マーレ治安当局によって、教団幹部の者たちと共に「楽園送り」にされた後、約60年ものあいだ無知性巨人としてパラディ島の壁外を彷徨うことに。パラディ島の壁を破壊する目的でやってきたマーレ戦士隊の1人であるマルセル・ガリアードを偶然捕食し、彼の持つ「顎の巨人」を継承したことで、知性を取り戻して人間の姿に戻ることが出来ました。

壁内に侵入した後、ウォール教関係者の会話からクリスタ・レンズ(本名はヒストリア・レイス)の存在を知ったことをきっかけに、「自分の存在を否定された者」同士として彼女のことが気になるように。訓練兵団・調査兵団での月日を通して、いつしか彼女のことを何よりも大切に思うようになりました。ウトガルド城で巨人の群れに囲まれた際、クリスタに生きる道を示すために、自分の身に危険が及ぶのを承知で自ら正体を明かして「顎の巨人」として戦いました。

その後、負傷して動けなくなってしまったところを、マーレ戦士隊の一員であるベルトルト・フーバーに捕らえられてしまうことに。クリスタの未来を守るためにマーレ戦士隊側につくことにしましたが、エレンが偶然発動させた「始祖の巨人」の力を目にして、パラディ島の壁の中にも未来があると判断し、自らクリスタに別れを告げて、マーレ戦士隊の者たちとともにウォール・マリアのシガンシナ区まで撤退しました。その後はマーレへと帰還し、自らの意志で「顎の巨人」をマーレに返還。クリスタに宛てた手紙を残した上で、継承者となるポルコ・ガリアードに捕食されて死亡しました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター3:第104期訓練兵団卒業生 ベルトルト・フーバー

ベルトルト・フーバーは、第104期訓練兵団卒業生の1人。マーレ出身の少年で、その正体は845年にシガンシナ区の壁を破壊して人類を巨人の危機に晒した「超大型巨人」の継承者。マーレ軍の「始祖の巨人」奪還任務のためにシガンシナ区襲撃を行い、その後は同じマーレの戦士であるライナー・ブラウン、アニ・レオンハートらと共に兵士として兵団に潜入して、「始祖の巨人」を取り戻せる機をうかがっていました。

ウォール・ローゼ壁上で自ら唐突に正体を明かしたライナーと共に巨人化し、エレンとユミルを拉致しましたが、命がけで追いかけてきた調査兵団によってエレンを奪い返されてしまうことに。その後は巨人の群れに襲われて危ないところをユミルによって助けられ、ウォール・マリアのシガンシナ区まで撤退することになりました。

シガンシナ区の決戦では訓練兵団時代から寝食を共にしてきた仲間たちへの想いを吹っ切り、「超大型巨人」と化した際の爆風で調査兵団を壊滅寸前まで追い込み、生き残ったエレンたちをその圧倒的な巨体と超高熱の熱蒸気で圧倒。しかし、同じ第104期訓練兵団卒業生であるアルミン・アルレルトの命がけの陽動作戦にかかり、人間の姿のエレンにうなじを斬られて捕らえられてしまうことに。最終的に、手足を切断されて動けない状態のまま、無知性巨人と化したアルミンに捕食されて死亡。これにより、アルミンが「超大型巨人」を継承することになりました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター4:第104期訓練兵団卒業生 サシャ・ブラウス

サシャ・ブラウスは、第104期訓練兵団卒業生の1人。パラディ島のウォール・ローゼ南区にある狩猟を生業とした寒村「ダウパー村」出身の少女で、普段は一見如才なく振舞ってはいるものの、実際はマイペースで野性味溢れる性格の持ち主。並外れて食い意地が張っており、食べ物を目の前にすると我を忘れてしまうことも。

854年のマーレ遠征作戦の際、調査兵団の1人としてマーレ軍増援部隊の足止めや「車力の巨人」の砲塔の1つの無力化に成功するなどの活躍を見せましたが、復讐心にかられて飛行船にまで乗り込んできたマーレの戦士候補生の少女・ガビ・ブラウンからの銃撃を受けることに。同期のジャン・キルシュタインやコニー・スプリンガーからの呼びかけもむなしく、「うるさいなぁ…もう…ご飯は…まだですか…? ……肉」と言い残してそのまま息を引き取りました。

本来はパラディ島のウォール・ローゼ内に巨人が出現した際、村に置き去りにされた少女・カヤを守って亡くなる予定でしたが、作者の諌山先生がもっとふさわしい死に場所があるのではないかと考えてここでは生存させたそうです。彼女の死はその後さまざまな人に影響を及ぼし、彼女の命を奪った張本人であるガビの信条が変わることにも繋がりました。巨人の力が全て消え去った最終話では、ジャンとコニーの前に笑みを浮かべたサシャの幻影が登場しています。

『進撃の巨人』死亡キャラクター5:第104期訓練兵団卒業生 マルコ・ボット

マルコ・ボットは、第104期訓練兵団卒業生の1人。パラディ島のウォール・ローゼ南区にあるジナエ町出身の少年で、王に対する忠誠心が高く、憲兵団へ入団して王の傍で仕事をすることを希望していました。誠実かつ温厚な性格の持ち主でもあり、何かと周りと衝突しやすい同期のジャン・キルシュタインの性質に前向きな理解を示し、彼にとっての数少ない理解者となっていました。

トロスト区奪還作戦の際、同期のライナー・ブラウンとベルトルト・フーバーの会話を偶然耳にしたことで、彼らの正体が巨人化能力者だと気づいてしまうことに。口封じのためにライナーたちに取り押さえられた上で、彼らの仲間であるアニ・レオンハートに立体機動装置を奪われ、最後まで3人に向かって対話を求めながらも、巨人から逃げることができずに捕食されて死亡しました。

その後、右上半身を失った遺体がジャンによって発見されることになり、奪われた立体装置はアニによって密かに活用されることになりました。マルコの死は自己保身を重視していたジャンの生き方を変えることに繋がり、ジャンと彼に共鳴した同期たちが調査兵団への入団を希望するきっかけに繋がっています。また、マーレの戦士という立場でありながら、兵団の者たちにも思い入れてしまっていたライナーは彼を殺してしまったという現実に耐えきれず、精神のバランスを欠くことになりました。

作者の諌山先生によると、序盤で退場することになったのはキャラとして立たなかったためであり、元々はこのような序盤で退場させる予定ではなかったそうです。

『進撃の巨人』死亡キャラクター6:第104期訓練兵団卒業生 フランツ・ケフカ

フランツ・ケフカは、第104期訓練兵団卒業生の1人。坊主頭の少年で、同期のハンナ・ディアマントとは相思相愛の関係にあります。トロスト区攻防戦の際、下半身を巨人に捕食されたことで死亡しました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター7:第104期訓練兵団卒業生 ハンナ・ディアマント

ハンナ・ディアマントは、第104期訓練兵団卒業生の1人。相思相愛の関係にある同期の少年・フランツ・ケフカが死亡した際、その現実を受け入れることができず、上半身のみ残された遺体に蘇生措置を続けていました。彼女のその後は描かれていませんが、公式イベント『Attack 音 体感』の朗読劇においてエレン・イェーガーの読み上げた死亡者の中にハンナの名前が存在しており、また『進撃の巨人 キャラクター名鑑 FINAL』にも死亡と書かれています。

『進撃の巨人』死亡キャラクター8:第104期訓練兵団卒業生 ミーナ・カロライナ

ミーナ・カロライナは、第104期訓練兵団卒業生の1人。エレン・イェーガーやアルミン・アルレルトと同じ訓練兵34班に所属してトロスト区攻防戦に出撃。エレンの負傷で浮き足立ったまま立体起動を行ったものの、巨人にワイヤーを掴まれて壁に叩きつけられたことで脳震盪を起こし、自分を覗き込む巨人に頭から捕食されて死亡しました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター9:第104期訓練兵団卒業生 トーマス・ワグナー

トーマス・ワグナーは、第104期訓練兵団卒業生の1人。パラディ島の壁内にあるトロスト区出身の短い金髪の少年で、訓練兵団の成績上位者がみな憲兵団入りを考える中で、エレン・イェーガーの熱い意思に感化されて調査兵団への入団を考えていました。トロスト区攻防戦の際は、エレンやアルミン・アルレルトたちと同じ訓練兵34班に所属。

戦いの直前に「さっきはエレンに遅れを取ったけど、今回は負けないぜ!! 誰が巨人を多く狩れるか勝負だ!!」と勇んでいたものの、奇行種の巨人に襲われ、下半身から丸呑みにされて死亡しました。トーマスを捕食したその巨人は、後に巨人化したエレンによって倒されています。

『進撃の巨人』死亡キャラクター10:第104期訓練兵団卒業生 ミリウス・ゼルムスキー

ミリウス・ゼルムスキーは、第104期訓練兵団卒業生の1人。短い金髪の少年で、トロスト区攻防戦の際はエレン・イェーガーやアルミン・アルレルトらと同じ訓練兵34班に所属。その際に、エレンの片脚を捕食した巨人に立ち向かったものの、返り討ちに遭って死亡しました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター11:第104期訓練兵団卒業生 ナック・ティアス

ナック・ティアスは、第104期訓練兵団卒業生の1人。オールバック風の黒髪が特徴的な少年で、トロスト区攻防戦の際はエレン・イェーガーやアルミン・アルレルトらと同じ訓練兵34班に所属していました。その際に、ミーナ・カロライナやナック・ティアスと一緒にエレンの片脚を捕食した巨人に立ち向かったものの、返り討ちに遭って死亡しました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター12:第104期訓練兵団卒業生 トム

トムは、第104期訓練兵団卒業生の1人。トロスト区攻防戦において立体機動装置のガス欠により、屋根の上にも行くことができず身動きがとれなくなってしまったところを、巨人の集団に囲まれてしまうことに。彼を助けようと援護に向かった同期たちとともに巨人に捕食されて死亡しました。しかしその死は、巨人が彼らに群がっている隙にジャンたちが命がけで兵団本部へと辿りつく足がかりに繋がりました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター13:第104期訓練兵団卒業生 マルロ・フロイデンベルク

マルロ・フロイデンベルクは、第104期訓練兵団卒業生の1人。襟足を刈り上げたおかっぱ風の髪型が特徴的な少年で、生真面目で潔癖な性格の持ち主。「この世界の不正を正す」という理想を求め、憲兵団に入団しました。壁内の王政に対するクーデターを企てた調査兵団捜索のために出動した際、逆に調査兵団兵士長のリヴァイ・アッカーマンたちに捕らえられましたが、本当の正義が調査兵団側にあると確信し、協力を申し出ることに。調査兵団によるクーデター成功の立役者の1人となしました。

その後は、憲兵団所属の同期であるヒッチ・ドリスによる説得を振り切って調査兵団に転属。シガンシナ区決戦において、調査兵団兵士長のリヴァイ・アッカーマンに「獣の巨人」を討たせるための囮になるため、調査兵団団長のエルヴィン・スミスや新兵たちと一緒に馬に乗って「獣の巨人」に特攻しました。途中でエルヴィンが倒れても「振り返るな!! 進め!!」と周囲を扇動して突き進んでいきましたが、最終的に「獣の巨人」による投石で頭部を吹き飛ばされて死亡しました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター14:第104期訓練兵団卒業生 ゴードン

ゴードンは、第104期訓練兵団卒業生の1人。短い黒髪の男性兵士で、調査兵団の募兵に応じて、フロック・フォルスターと共に駐屯兵団から調査兵団に編入しました。シガンシナ区決戦において、調査兵団団長のエルヴィン・スミスや他の新兵たちと一緒に囮として「獣の巨人」に突撃し、「獣の巨人」からの投石を受けて死亡しました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター15:第104期訓練兵団卒業生 サンドラ

サンドラは、第104期訓練兵団卒業生の1人。ボブカットの女性兵士で、調査兵団の募兵に応じて、フロック・フォルスターやゴードンと一緒に駐屯兵団から調査兵団に編入しました。シガンシナ区決戦において、囮として調査兵団団長のエルヴィン・スミスや他の新兵たちとともに「獣の巨人」に突撃し、「獣の巨人」からの投石を受けて死亡しました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター16:第104期訓練兵団卒業生 フロック・フォルスター

フロック・フォルスターは、第104期訓練兵団卒業生の1人。前髪に癖のある茶髪の男性兵士で、調査兵団の募兵に応じて、ゴードンやサンドラと共に駐屯兵団から調査兵団に編入しました。シガンシナ区決戦において、調査兵団兵士長のリヴァイ・アッカーマンが「獣の巨人」を討たせるための囮として、調査兵団団長のエルヴィン・スミスや他の新兵と共に「獣の巨人」に突撃した際、唯一投石の直撃を免れて生き延びました。

瀕死の重傷を負ったエルヴィンを発見した際、仲間を死に追いやった彼に対して憎しみを覚えましたが、「巨人を滅ぼすことができるのは悪魔だ」という考えから、巨人化薬を持つリヴァイたちの元にエルヴィンを連れて行くことに。エルヴィンの蘇生を願いましたが、最終的にリヴァイが大火傷を負ったアルミン・アルレルトにそれを打ったため、その願いは叶わずに終わりました。

この一連の出来事はフロックの心に深い影を落とし、後にエレン・イェーガーを支持する100名あまりの反兵団破壊組織「イェーガー派」を結成。エレンの始めた「地鳴らし」を止めようとするアルミン・アルレルトやミカサ・アッカーマンたちの動きにいち早く対応し、執念で飛行艇の運用を阻止しようとしたものの叶わず、最終的にミカサの撃った立体機動装置のアンカーに首元を刺されて死亡。息を引き取る間際まで、エレンという悪魔こそが希望だと信じ、パラディ島で生きる者たちが殺されずに自由に生きられることを願っていました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター17:第104期訓練兵団卒業生 サムエル

サムエルは、第104期訓練兵団卒業生の1人。前髪を真ん中分けした黒髪の男性兵士で、フロック・フォルスターを筆頭としたエレン・イェーガーを支持する反兵団破壊組織「イェーガー派」に所属。同期のアルミン・アルレルトたちを信じ、エレンによる「地鳴らし」を止めるために飛行船の奪取を目論む彼らの作戦にはまりそうになったものの、途中でその作戦が頓挫したことで彼らの真意を悟り、アルミンを銃撃。同期の裏切りと彼らに銃を向けることに心痛を覚えて涙を浮かべ、最終的にコニー・スプリンガーに組み敷かれた上で銃を奪われ、被弾して死亡しました。

『進撃の巨人』死亡キャラクター18:第104期訓練兵団卒業生 ダズ

ダズは、第104期訓練兵団卒業生の1人。老け顔とほうれい線が特徴的な男性兵士で、フロック・フォルスターを筆頭としたエレン・イェーガーを支持する反兵団破壊組織「イェーガー派」に所属。サムエルと共に同期のアルミン・アルレルトたちを信じ、エレンによる「地鳴らし」を止めるために飛行船の奪取を目論む彼らの作戦にはまりそうになったものの、途中でその作戦が頓挫したことで彼らの真意を悟ることに。

飛行船の爆破装置を起動しようとしたところをアルミンによって止められ、苦悩を覚えながらもアルミンの額を撃ち抜こうとしましたが、最終的にサムエルの銃を奪ったコニー・スプリンガーによって射殺され、その衝撃で海の中に落ちていくことになりました。

記事にコメントするにはこちら