ワノ国編で死亡したキャラは?麦わらの一味のあのキャラは生きてる?

カテゴリーまとめはこちら:ワンピース(ONE PIECE)

四皇の1人であるカイドウを倒そうと奮闘しているワノ国編ですが、負傷したり命を落としたりしたキャラクターも多くいます。今回はワノ国編で命を落としたキャラクターについてご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

ワノ国編で死亡したキャラクターは?

 

ワノ国編では死亡したキャラクターは、はっきりしているだけでも4人です。

 

この項目では死亡したキャラクターについてご説明します。

 

トの康

 

 

小紫の従者、おトコの父親でえびす町の人気者です。その正体は元大名の霜月康イエです。

 

光月おでんの父親である光月スキヤキが政権をにぎっていた時代に、現在の将軍である黒炭オロチを自分に仕えさせていました。

 

ほかの大名たちが死亡する中、1人だけ生き延びて康イエからトの康に名前を変えて生き延びました。

 

錦えもんの判じ絵のことがバレてしまったことで、多くの同士が捕まるという事件が起きます。そのことを知ったトの康は、ワノ国で手配されていた丑三つ小僧という泥棒の名前を借りて盗みを働きます。

 

捕まると羅刹町に、はりつけにされました。そして判じ絵は自分がいたずらで作ったものだ、とウソの証言をし、仲間に秘密裏に新たな集合場所を教えました。

 

最後はオロチとオロチの部下に処刑されます。遺体はフランキーとカン十郎がとむらいました。

 

アシュラ童子

 

 

盗賊団の頭山盗賊団の棟梁です。その正体は光月おでんに仕えた赤鞘九人男の1人です。今は酒天丸と名乗っています。

 

かつては無法地帯、九里で1番の危険人物だとされていました。その後光月おでんの人柄を気に入り、家臣になりました。

 

20年後に現れた錦えもんのことを最初は信用していませんでしたが、必死に頼まれて協力することになります。

 

カン十郎が描き出したにせものの光月おでんと戦い、錦えもんたちを守るために、にせもののおでんに突撃して、いっしょに爆発しました。

 

黒炭オロチ

 

 

ワノ国の将軍で、ヘビヘビの実・モデル『八岐大蛇』(やまたのおろち)の能力者です。カイドウといっしょにワノ国を支配していました。

 

勘が鋭く油断ならない曲者です。

 

城に火をつけて回っているときに赤鞘九人男とばったり会ってしまいます。手負いの赤鞘九人男にとどめを刺そうとしましたが、傳ジローに首を切られました。

 

フーズ・フー

 

カイドウの部下である飛び六胞の1人で、ネコネコの実・モデル『サーベルタイガー』の能力者です。

 

X・ドレークに「殺したい奴を殺しに行く」と言ってクイーンのもとに連れて行き罠にかけました。ドレークが逃げたあとは、城の中で部下たちとジンベエを迎え撃ちました。

 

かつてはCP9に所属していましたが、ゴムゴムの実を護送中にシャンクスに奪われてしまったため、投獄されてしまいます。脱獄をしたあとにカイドウの部下になりました。

 

逃げ出した諜報員が生きていて、四皇の幹部であるという立場からCP-0に命を狙われています。

 

ジンベエと戦う中、魚人族を侮辱する発言をします。怒ったジンベエの手によってフーズ・フーは倒されました。

 

 

生死不明のキャラクターは?

 

激しい戦いの中命を落とすキャラクターがいる中、生死が不明のキャラクターも何人か出ています。

 

この項目では現在生死がわかっていないキャラクターをご紹介します。

 

錦えもん

 

 

ワノ国出身の侍で赤鞘九人男の1人です。フクフクの実の能力者で、頭の上に乗せた葉っぱや小石を衣服に変えることができます。

 

20年前のワノ国からタイムスリップしてきた1人で、カイドウを倒してワノ国を開国しようとしています。

 

別れていたモモの助としのぶと合流したあと、カン十郎が現れ倒したものの、突然カイドウが姿を現しました。戦闘になりカイドウに敗れて生死がわからなくなっています。

 

カン十郎

 

 

元々は赤鞘九人男の1人でしたが、裏切り者あることがわかりました。本名は黒炭カン十郎といいます。フデフデの実の能力者で、描いた絵を実体化させることができます。

 

黒炭家の分家の生まれで、本家の血筋であるオロチが接触してきたことで、光月家にスパイとしてもぐりこみました。当初はおでんと共に処刑されるはずでしたが、生き延びます。

 

その後正体を現し、モモの助を亡きものにしようと動き出しました。そして錦えもんとお菊と戦います。結果錦えもんに負けました。

 

お菊

 

 

ワノ国の侍で赤鞘九人男の1人ですが、心は女性の男性キャラクターです。白ひげ海賊団16番隊隊長のイゾウとは兄弟です。正体を隠してお鶴の茶屋で働いていました。

 

龍になったカイドウの攻撃で左腕を失いながらも、錦えもんとともにモモの助としのぶに合流します。しかしカン十郎に現れ、切ろうとしましたが逆に腹を刺され致命傷を負いました。

 

お鶴

 

錦えもんの妻で茶屋を切り盛りしています。

 

九里のおこぼれ町にいましたが、ホールデムが町を焼いたため生死がわかっていません。

 

 

ナミ死亡?飛び六胞との戦い

 

現在ナミはウソップとともに戦っています。ウソップはダウンしてしまいましたが、結論から言えばナミは死んでいません。

 

この項目ではナミが誰と戦い、どんな状況になったのかご説明します。

 

戦っている相手は?

 

ナミが戦っているのは飛び六胞の1人である、うるティです。

 

うるティはリュウリュウの実・モデル『パキケファロサウルス』の能力者で女性です。同じ飛び六胞のページワンの姉で、ページワンのことをとてもかわいがっています。

 

カイドウに対しても口は悪いですが、慕っています。

 

どんな状況?

 

ウソップとナミ、ページワンとうるティが戦っていました。

 

うるティは頭突きでウソップの頭蓋骨を折ると、ナミに狙いを定めます。ナミに「お前らの船長がカイドウ様に勝って海賊王になるって言ったこと ムカついてんだよ!お前たちの船長は海賊王になれないって言え」とおどしました。

 

しかしナミは「ルフィは海賊王になります」と笑いました。うるティがナミに頭突きをしようとしたそのとき、お玉が狛犬の狛ちよとともに現れます。

 

ウソップとナミはお玉と狛ちよに助けられて逃げます。

その後ナミはホールケーキアイランドで連れてきたホーミーズのゼウスと共闘して、うるティを倒しました。

 

 

まとめ

 

ワノ国編でもさまざまなキャラクターが死亡したり、生死不明になったりしています。まだまだキャラクターが新たに動き出すことが予想できますが、本編をぜひ楽しんでください。

 

記事にコメントするにはこちら