【ワンパンマン】キャラクター紹介<B級ヒーロー編>①

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / ワンパンマン

どんな相手でも「一撃(ワンパンチ)」でやっつけてしまうヒーロー・サイタマを主人公とした漫画作品『ワンパンマン』。ONEさんによって連載されているWeb漫画作品で、「となりのヤングジャンプ」で連載されているリメイク版では村田雄介さんが作画を担当しています。そんな本作に登場するB級ヒーローに関して、声優情報も交えてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

『ワンパンマン』とは?

『ワンパンマン』は、『モブサイコ100』や『魔界のオッサン』でも知られる漫画家・ONE(ワン)さんによる漫画作品。2009年7月より連載が開始されたWeb漫画作品で、元は漫画原稿制作ソフト「ComicStudio」の練習を行うために描かれたものでした。1話完結にする予定でしたが、読者からの反響が思いの外大きかったことを受けて最終話までのプロットをつくり直し、現在の連載へと至りました。

集英社発行の週間青年漫画雑誌「となりのヤングジャンプ」において、2012年からリメイク版も連載されています。その作画を担当するのは、アメリカンフットボールを題材とした漫画『アイシールド21』の作画担当で知られる村田雄介(むらた・ゆうすけ)さん。村田雄介さんご自身がもともと『ワンパンマン』のファンで、様々な過程を経た上でONEさん原作の同作の作画を担当することになりました。こちらの方では、原作者のONEさんによる確認のもと、原作の方にはなかったエピソードや番外編が追加されることも多くあります。

テレビアニメ第1期は2015年10月から12月にかけて全12話放送され、第2期も2019年4月から7月にかけて全12話放送されました。ストーリーはリメイク版の方をベースにしつつ、アニメ独自のシーンも数多く挿入されています。第2期が放送開始される前週には、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役で知られる戸田恵子(とだ・けいこ)さんのナレーションによる特番『一撃でわかる!TVアニメ「ワンパンマン」マジ振り返り!』も放送されました。

物語のあらすじ

本作の主人公は、どんな相手も「一撃(ワンパンチ)」でやっつけてしまうヒーローの青年・サイタマ。かつて就職活動に難航中だった頃、たまたま怪人カニランテから1人の少年を助けたことをきっかけに、彼は幼い頃に憧れた「ヒーローになりたい」という夢を思い出しました。就職活動を放ってその夢を叶えることにしたサイタマは、3年にわたる全ての頭髪を失うほどのトレーニングの果てに、どんなに強い相手であっても一撃で倒せるほどの無敵のパワーを手に入れたのでした。

しかし、それを手にいれてしまったが故に戦闘での張り合いや緊張感などを失うようになってしまったサイタマは、そのような強い力はつまらないものだと思い至り、街にピンチが訪れる度にヒーローとして活動するようになった今も無気力な日々を送ることになってしまったのでした。ひょんなことからサイボーグの青年・ジェノスを弟子にすることになったサイタマは、彼と共にヒーロー協会に登録し、正式なヒーローとしての活動を開始することになるのです。

ここからは、そんな今作に登場するB級ヒーローについて、声優情報も交えてご紹介していきます!

『ワンパンマン』キャラクター1:B級2位ヒーロー マツゲ

マツゲは、ヒーロー協会に登録されたB級2位ヒーロー。黒髪をひっつめにした男性で、そのヒーローネーム通りマツゲが長いのが特徴的。B級1位ヒーローの地獄のフブキ率いる「フブキ組」の中心メンバーで、フブキが不在の際に組織運営を任されている実質的な右腕の立ち位置にいます。ビジュアル的に逆のためによく間違われていますが、S級ヒーローのタツマキが姉で、フブキが妹だと理解している数少ない人物の1人。戦闘中に用いる武器はアイリッシュカーラー。

マツゲの声優は長谷川芳明(はせがわ・よしあき)さん

そんなマツゲの声を担当するのは、アクロス エンタテインメントに所属する声優・俳優の長谷川芳明さん。愛称は「はっせ」。1984年10月21日生まれで、東京都出身。身長171cmで、血液型はA型。特技に、ボクシング・バク転・走り高飛びを挙げています。元は俳優活動をしていましたが、フリーランス時代に現在の事務所を紹介されて所属することになり、それから声優活動も行うようになりました。

声優としてデビューしたのは、ラジオドラマ「NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE」の向井山理人役や南総カズヤ役。その他にもこれまでに、『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』の月浪トウマ役、『夢王国と眠れる100人の王子様』のアルデバラン役、『プラオレ!〜PRIDE OF ORANGE〜』の佐藤想役などを担当。『ワンパンマン』では他にも、怪人のカマキュリー役やA級ヒーローのブルーファイア役なども担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター2:B級3位ヒーロー 山猿(やまざる)

山猿は、ヒーロー協会に登録されたB級3位ヒーロー。大柄な体格の男性で、短い黒髪に太い眉、そしてケツアゴが特徴的。パワーファイターで、「野生スイッチ」という身体強化を行えます。B級1位ヒーローの地獄のフブキ率いる「フブキ組」の中心メンバーの1人で、フブキとB級2位ヒーローのマツゲと共に行動することが多くあります。

山猿の声優は浜添伸也(はまぞえ・しんや)さん

そんな山猿の声を担当するのは、アクロス エンタテインメントに所属する声優の浜添伸也さん。1984年9月6日生まれで、石川県出身。血液型はA型です。趣味・特技は、散歩・腕相撲・剣道・ ボイスパーカッション(少々)。声優の中原茂(なかはら・しげる)さんのラジオ番組にゲスト出演した際に、中原さんのラップに合わせてボイスパーカッションを披露したことがあります。

これまでに、『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のトムトム役、『メイド イン ワリオ ゴージャス』のマスター・マンティス役やオービュロン役、『王様ゲーム The Animation』の安達信吾役などを担当。『ワンパンマン』では他にも、C級ヒーローの喪服サスペンダー役や怪人のナメクジャラス役なども担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター3:B級6位ヒーロー ワイルドホーン

ワイルドホーンは、ヒーロー協会に登録されたB級6位ヒーロー。頭の両脇にツノのついた鎧のようなヒーロースーツを身にまとった人物で、段取りを重んじる真面目な性格の持ち主。ヒーローになる前は土木工事の現場で指揮をとっていました。戦闘時は、右腕に装備した戦闘用杭打ち機「パイルバイソン」という武器を用いて戦います。

初登場したのは、リメイク版の番外編「戦隊」。災害レベル「鬼」の怪人・ウロコドンを生け捕りにするためのチームリーダーを務めました。単独行動をとるサイタマに対して激怒したものの、想定より遥かに強い実力を持ったウロコドンに敵わず丸呑みにされてしまうことに。そこをサイタマによって助けられることになりました。「ヒーロー狩り」のガロウを狩る際には実力派として参加しています。

ワイルドホーンの声優は濱岡敬祐(はまおか・けいすけ)さん

そんなワイルドホーンの声を担当するのは、AIR AGENCYに所属している声優の濱岡敬祐さん。1990年2月2日生まれで、東京都出身。身長172cmで、血液型はA型。趣味にテレビゲーム・散歩・猫と遊ぶことを、特技に早食い・UFOキャッチャーを挙げています。これまでに、『最響カミズモード!』のリグルガング役、『叛逆性ミリオンアーサー』のヘルフォード役、『THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR』の七枷社役などを担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター4:B級21位ヒーロー メガネ

メガネは、ヒーロー協会に登録されたB級21位ヒーロー。そのヒーローネームの通りメガネをかけた黒髪の男性で、元は会社員として働いていましたが、ヒーロー協会の広告を見たことをきっかけにヒーローになりました。必死の努力でC級からB級にまで昇格したものの、B級1位ヒーロー・地獄のフブキ率いる「フブキ組」からの圧力には敵わずに加入することになりました。

フブキ組の方針に疑問を抱き、自分自身の目的も見失って悩んでいましたが、己の努力だけで驚異的な強さを手に入れたサイタマの姿勢に感化されたことでフブキ組から脱退することを決意。後に、「ヒーロー狩り」のガロウを狩ることにA級ヒーローたちと共に参加した際は、フブキ組のお仕着せであった黒スーツではなく、ただのジャージ姿になっていました。

目立った特徴こそないもののスタミナと執念深さには自信があり、戦闘ではボクシングを使うような肉弾戦も可能。コミックス第16巻の番外編「成長過程」で再登場し、B級2位ヒーローのマツゲと共にマツゲと一緒にコンビニ強盗を撃退しました。自分自身の限界を決めないことを目標とし、その腕にはたくさんの生傷が刻まれていました。

メガネの声優は坂泰斗(ばん・たいと)さん

そんなメガネの声を担当するのは、プロ・フィットに準所属している声優の坂泰斗さん。1992年12月18日生まれで、福岡県出身。身長180cmで、血液型はAB型。趣味にゲームと読書を、特技にアーケードゲームを挙げています。2017年から声優活動を開始し、2018年に発売された恋愛アドベンチャーゲーム『メモリーズオフ -Innocent Fille-』の楠瀬累役で初主演を務めました。

その他にもこれまでに、『魔術士オーフェンはぐれ旅』のハーティア役、『戦姫絶唱シンフォギアXV』の緒川捨犬役、『現実主義勇者の王国再建記
』のロブトール・ウドガルド役を担当。『鬼滅の刃』では、読者の間で人気の高いネタキャラである「サイコロステーキ先輩」こと、鬼の累によって刻まれてしまった鬼殺隊隊士役を担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター5:B級25位ヒーロー ピンクホーネット

ピンクホーネットは、ヒーロー協会に登録されたB級25位ヒーロー。長い黒髪をお団子にして新体操選手のような格好をした女性ヒーローで、新体操のクラブを武器にしています。「技の商店街」という異名を持ち、あらゆる局面での対応の幅が広くあります。リメイク版の番外編「戦隊」に登場しました。

『ワンパンマン』キャラクター6:B級39位ヒーロー スメルマスター

スメルマスターは、ヒーロー協会に登録されたB級39位ヒーロー。坊主頭とガスマスクが特徴的な男性ヒーローで、白衣の下に様々な薬品を入れた試験管を装備していて、色々な匂いを調合することが可能。怪人の好きな匂いや神経を麻痺させてしまう匂いを使用して戦います。リメイク版の番外編「戦隊」に登場しました。

『ワンパンマン』キャラクター7:B級39位ヒーロー 引きこも侍

引きこも侍は、ヒーロー協会に登録されたB級39位ヒーロー。笠を被った侍の姿をしたヒーローで、コミュニケーションが不得手でボソボソと喋るのが特徴的。そのヒーローネームに通り、10年に渡って四畳半の部屋に引きこもっていたことがあり、その経験で異常発達した五感によって、狭い範囲にはなるもののパーソナルスペースへと侵入した敵に対して敏感に反応することができるようになりました。

『ワンパンマン』キャラクター8:B級43位ヒーロー ガンガン

ガンガンは、ヒーロー協会に登録されたB級43位ヒーロー。西部劇に登場するガンマンのような格好をして無精髭を生やした男性ヒーローで、二丁拳銃を用いて戦います。銃が大好きで、その命中精度はピカイチ。得意技は「関節打ち」です。接近戦を苦手としていますが、敵が近づいてくる前には戦闘を終わらせることが可能です。

『ワンパンマン』キャラクター9:B級49位ヒーロー ブッチャー

ブッチャーは、ヒーロー協会に登録されたB級49位ヒーロー。傷だらけの大柄な体格をした厳つい外見をしていますが、普段は料理人として一流ホテルに勤務しています。戦闘中に用いる武器は、巨大な肉切り包丁。

『ワンパンマン』キャラクター10:B級50位ヒーロー ジェットナイスガイ

ジェットナイスガイは、ヒーロー協会に登録されたB級50位ヒーロー。年齢は26歳で、身長は178cm。短い黒髪にサングラスをかけたサイボーグの青年で、右胸には”J”の文字があります。海人族の王である深海王の脅威にさらされた際はシェルターに避難していましたが、市民たちを守るために恐怖と戦いながら他のヒーローたちと協力して深海王に立ち向かいました。

リメイク版の怪人協会編では、「ジェットナイスガイ・改」として再登場を果たすことに。C級でくすぶっていた頃に宝くじを当てたことをきっかけに、一念発起して全身をサイボーグ化した様子。サングラスや髪型などを含め、全体的にシャープなデザインとなりました。必殺技は、ジェット推進を用いたパンチ「アルティメットジェットストレート」。テレビアニメでその声は、B級2位ヒーローのマツゲ役と同じ長谷川芳明さんが担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター11:B級56位ヒーロー ダークネスブレイド

ダークネスブレイドは、ヒーロー協会に登録されたB級56位ヒーロー。年齢は20歳。リメイク版の番外編「夏」「センス」などに登場しています。漆黒の鎧に身を包んだ黒髪の剣士で、期待のルーキーと言われていますが、中身はいわゆる物凄い「中二病」。「センス」に登場した審査員たちからは、喋らない方がかっこいいなどと言われてしまいました。

「流星魔烈鏡震剣(りゅうせいまれつきょうしんけん)」という技がありますが、その名前が長すぎるために8割の確率で忘れてしまい、その度に新しい名前の技が生まれている様子。

『ワンパンマン』キャラクター12:B級60位ヒーロー ニードルスター

ニードルスターは、ヒーロー協会に登録されたB級60位ヒーロー。リメイク版のみに登場します。剃り込みを入れた短髪にノーネクタイのスーツ姿をした男性ヒーローで、耳たぶにはピアスのように安全ピンを刺しており、フーセンガムを口にしています。普段はスーツの上着を羽織っていますが、強敵を相手にした時などはその袖を通して着直すこともあります。

かつてはB級1位ヒーロー・地獄のフブキ率いる「フブキ組」に所属していましたが、仲間内の諍いが原因で追放されてしまいました。そうであっても、ヒーロー仲間たちからは親しまれている様子。戦闘中に用いる武器は、長い鎖の先に鋭い棘の生えた鉄球をつけたモーニングスターのようなもの。それはもはや自分自身の身体の一部と化していて、棘の出し入れや軌道を自由自在に操ることが可能です。B級ヒーローの中では戦闘力が高い方で、災害レベル「狼」「虎」クラスの怪人であれば圧倒できます。

怪人協会討伐のサポートメンバーに召集された際は、ヒーロー協会職員のセキンガルに対してランキングアップの確約を申し入れ、約束させました。雑兵を圧倒していたものの、災害レベル「鬼」の怪人・サイレスラーには敵わず、武器が跳ね返されてしまうことに。その後は怪人協会の残党狩りを行ってしまいましたが、そこに現れた怪人協会幹部で災害レベル「竜」の怪人・ニャーンからの攻撃を受けて瀕死に陥ったものの、ジェノスのおかげで一命を取りとめることができました。

『ワンパンマン』キャラクター13:B級65位ヒーロー ピコー

ピコーは、ヒーロー協会に登録されたB級65位ヒーロー。黒髪に丸メガネをかけた男性ヒーローで、B級1位ヒーローである地獄のフブキの率いる「フブキ組」に所属しています。元・プロゲーマーという経歴の持ち主です。

記事にコメントするにはこちら