【ワンパンマン】キャラクター紹介<C級ヒーロー編>①

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / ワンパンマン

どんな強敵も「一撃(ワンパンチ)」で倒してしまうヒーローの青年・サイタマが主人公である漫画『ワンパンマン』。ONEさんによって描かれているWeb漫画作品で、後に村田雄介さんを作画担当に「となりのヤングジャンプ」の方ではリメイク版が連載されるようになりました。そんな本作に登場するC級ヒーローに関して、声優情報も交えてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『ワンパンマン』とは?

『ワンパンマン』は、さまざまな災害レベルの怪人と戦うヒーローたちの姿を描いた漫画作品。作者は、『魔界のオッサン』や『モブサイコ100』で知られる漫画家のONE(ワン)さん。元は2009年に漫画原稿制作ソフト「ComicStudio」の練習のために描かれたWeb漫画作品で、当初は1話完結にする予定だったものの、読書からの反響が予想よりも大きかったことから最終話までのプロットをつくりなおし、現在の連載に至りました。

2012年からは、そのリメイク版が集英社発行の週間青年漫画雑誌「となりのヤングジャンプ」で連載されています。作画担当は、アメリカンフットボールで活躍する者たちを描いた少年漫画『アイシールド21』の作画担当で知られる村田雄介(むらた・ゆうすけ)さん。村田雄介さん自身が元々『ワンパンマン』のファンで、さまざまな過程を経て同作の連載を行うことになりました。こちらの方ではONEさんによる確認を経た上で、原作版には存在しないエピソードや番外編が追加されることも多くあります。

2015年10月から12月にかけてテレビアニメ第1期が放送され、2019年4月から7月にかけてその続きとなる第2期が放送。こちらのストーリーはリメイク版の方をベースにしていますが、アニメ独自のシーンが挿入されることもあります。第2期の放送が始まる前週には、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマンの声で知られる戸田恵子(とだ・けいこ)さんがナレーションを担当した特番『一撃でわかる!TVアニメ「ワンパンマン」マジ振り返り!』も放送されました。

物語のあらすじ

本作の舞台は、さまざまな災害レベルの怪人たちが出現する世界。主人公の青年・サイタマは、かつて就職活動に行き詰まりを覚えていた頃、怪人カニランテの手から1人の少年を助けたことをきっかけに、小さかった頃に見た「ヒーローになりたい」という夢を思い出します。就職活動をやめてヒーローになることを決めたサイタマは、3年がかりの全ての頭髪を失うほどのトレーニングの末に、どんな強敵でも「一撃(ワンパンチ)」で倒すことのできる無敵の力を手に入れました。

しかし、それほどの強力な力を得てしまったが故に戦闘時の緊張感や張り合いなどを失ってしまったサイタマは、圧倒的な力とはつまらないものなのだと思い至り、ヒーローになった今も無気力な生活を送ることになってしまったのでした。ひょんなことからサイボーグの青年・ジェノスを弟子にすることになったサイタマは、彼と共にヒーロー協会に登録し、正式なヒーロー活動を始めることになります。

ここからは、そんな今作に登場するC級ヒーローについて、声優情報も交えてご紹介していきます!

『ワンパンマン』キャラクター1:C級1位ヒーロー サトル/無免ライダー

サトルは、ヒーロー協会に登録されたC級1位ヒーロー。年齢は25歳で、ヒーローネームは「無免ライダー」。競輪風ヘルメットとゴーグルを身につけた男性ヒーローで、ボディスーツを着用しています。元はオートバイに乗っていましたが、現場に急行するためにスピード違反を繰り返した結果免許を取り消されてしまい、「ジャスティス号」という何の変哲もない自転車を愛用するようになりました。

B級賞金首・ハンマーヘッドに一撃で倒されてしまうなど戦闘力こそあまり高くはないものの、地道な社会貢献が評価されたことでC級1位になった様子。本来、階級1位になった者は上位ランクへの昇格権を得られますが、自分の実力ではまだB級で通用しないことを自覚しているため、あえてC級に留まりながら善行に励んでいます。一方で、ヒーローとしての在り方は非常に立派なもので、たとえ勝ち目のない強敵であっても民間人を守るために逃げずに立ち向かい、常に弱者に寄り添う姿勢を貫いており、その誠実で正義感に溢れた人柄故に一般大衆からは高く支持されています。

海人族編では、シェルターが襲われたことを知って現地に急行。強敵の深海王に対して果敢に戦いを挑み、瀕死に陥りながらも食い下がったことで、サイタマがそこに辿り着くまでの時間を稼ぐことに成功しました。その決死の覚悟の奮闘ぶりはサイタマからの称賛を受けています。リメイク版ではその後、おでん屋台でサイタマのB級昇格を祝ったり、「ヒーロー狩り」のガロウとの戦いで無免ライダーが入院した際にサイタマが見舞いに訪れるなど、友情が育まれていく様子が描かれています。

リメイク版の番外編「200円」では、実はサイタマと同じ中学校の同期生であったことを示唆する描写がありますが、別々のクラスだったために面識はなかった模様。同じくリメイク版では、入院中にS級15位ヒーローのタンクトップマスターと同室になり、怪人協会による襲撃の際には共同で応戦し、一緒に病院を抜け出して民間人の救出に向かうなど、ランクの垣根を超えてお互いを信頼する関係を築くようになっています。

戦闘中に用いる必殺技は、愛用の自転車「ジャスティス号」を相手にぶつける「ジャスティスクラッシュ」と、体当たりをする「ジャスティスタックル」。新たに設立された組織「ネオヒーローズ」の筆頭であるアクセルから特注のバトルスーツを提供されており、原作第138撃目でA級ヒーローやネオヒーローすらも敵わなかった怪人に単身挑んだ際にそれを起動し、災害レベル「鬼」の怪人を一撃で粉砕するという、S級ヒーロー並の力を発揮しました。

サトル/無免ライダーの声優は中村悠一(なかむら・ゆういち)さん

そんなサトル/無免ライダーの声を担当するのは、インテンションに所属している声優・ナレーター・YouTuberの中村悠一さん。「ゆうきゃん」の愛称で知られています。1980年2月20日生まれで、香川県木田郡高松市出身。身長175cmで、血液型はB型。趣味は車で、特技はゲームです。2020年より構成作家に漫画家の大川(おおかわ)ぶくぶさんを迎え、フリーライターのマフィア梶田さんとダブルパーソナリティを務めながらアニメ・ゲーム・玩具関連をメインに動画配信を行う「わしゃがなTV」をYouTubeに開設しました。

声優としてのデビューを果たしたのは、2001年に発売されたOVA『D+VINE[LUV]』に登場するギュラン役で、同年に放送されたテレビアニメ『電脳冒険記ウェブダイバー』に登場するグリフィオン役やライガオン役でテレビアニメ初レギュラーを果たしました。落ち着きを感じさせる爽やかな声が特徴的で、その他にもこれまでに『機動戦士ガンダム00』のグラハム・エーカー/ミスター・ブシドー役、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の月宮林檎役、『僕のヒーローアカデミア』のホークス役などを担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター2:C級3位ヒーロー 怪縛のシェル

怪縛のシェルは、ヒーロー協会に登録されたC級3位ヒーロー。リメイク版のみに登場するヒーローで、マッシュルームヘアと自分の衣服の下に亀甲縛りを施しているのが特徴的。ロープを投げることで怪人を一瞬にして縛り上げることができ、縛った後は放置します。ヒーロー協会のセキンガルにより、ワガンマ救出作戦にスカウトされました。

『ワンパンマン』キャラクター3:C級13位ヒーロー タンクトップタイガー

タンクトップタイガーは、ヒーロー協会に登録されたC級13位ヒーロー。年齢は25歳。身長220.2cmで、体重は126kg。虎のようにシマシマの髪に虎柄のタンクトップを身につけた男性で、筋骨隆々とした体格をしています。そのような容姿と虎のように獰猛に戦う姿から、ヒーロー協会より現在のヒーローネームを与えられました。

S級15位ヒーロー・タンクトップマスターを慕って集った舎弟集団「タンクトッパー」のメンバーで、同じくそのメンバーでB級81位ヒーローでもあるタンクトップブラックホールの弟にあたります。メキメキ頭角を現してきた若手ヒーローで、その集団の中では兄のタンクトップブラックホールと行動を共にすることが多くあります。

初登場時は、忍者の里出身の音速のソニックによる爆裂手裏剣で倒されてしまい、その後再登場した際はサイタマから名前を忘れられて「タンクトップサイダー」と呼び間違えられていました。「ヒーロー狩り」のガロウとタンクトップマスターによる戦いの仲裁に入ったC級1位ヒーロー・無免ライダーに暴言を吐いた際は、1位の座を寄越せとさりげなく主張しましたが、タンクトップマスターによって諫められることになりました。

タンクトップタイガーの声優は宮崎寛務(みやざき・ひろむ)さん

そんなタンクトップタイガーの声を担当するのは、青二プロダクションに所属している声優の宮崎寛務さん。1987年5月7日生まれで、北海道出身。身長167cmで、血液型はB型。声優デビューを果たしたのは、2007年に発売されたドラマCD『クロム・ブレイカー』のカイル役です。その他にもこれまでに、『ハイキュー!!』の池尻隼人役、『戦場のヴァルキュリア』のムサード・メイフィールド役、『テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョンX』のシャドウ役などを担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター4:C級22位ヒーロー 十字キー

十字キーは、ヒーロー協会に登録されたC級22位ヒーロー。リメイク版のみに登場するヒーローで、そのヒーローネームの通り十字キーを模した仮面を被り、ローブの下に着用している服にも十字があしらわれています。その趣味のゲーム機のコントローラーを仮面のデザインにしたビジュアルから、ヒーロー協会からそのヒーローネームを与えられました。

気になったものは試さずにはいられない好奇心旺盛な性格で、そのためか子どもからの人気が高い様子。戦闘では、テレビゲームで鍛えた指筋力や動体視力、そして大好きな格闘ゲームからヒントを得た攻撃を武器としています。他のC級ヒーローたちとまとまって行動して「C級連合」と評されており、同じC級ヒーローの喪服サスペンダーとの間にはサスペンダー部分をつかんで振り回す「サスペンダーストーム」という連携技があります。

十字キーの声優は後藤(ごとう)ヒロキさん

そんな十字キーの声を担当するのは、フリーランスで活動中の声優・ナレーター・舞台俳優の後藤ヒロキさん。1985年11月16日生まれで、埼玉県出身。身長は175cm。2003年に舞台や映画方面の俳優・ナレーターとしてデビューを果たし、途中から本格的に声優業を始めるようになりました。相当なゲーム好きで、2019年に自身のゲーム実況チャンネルで『メタルスラッグX』のキャラバンモードに挑戦した際は、全世界記録6位に輝いています。

声優としてはこれまでに、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』のフトシ役、『憂国のモリアーティ』のトマース・マイケルソン役、「パンパカパンツシリーズ」のナレーションなどを担当。『ワンパンマン』では他にも、「暗黒盗賊団ダークマター」の最上位戦闘員の怪人・ゲリュガンシュプ役や怪人のカエル男役なども担当しています。2020年に、『遊☆戯☆王ARC-V』のアスール役や『アバローのプリンセス エレナ』のオチョア教授役などを担当したことのある同じ声優の田中杏沙(たなか・あずさ)さんと挙式を行っています。

『ワンパンマン』キャラクター5:C級40位ヒーロー 喪服サスペンダー

喪服サスペンダーは、ヒーロー協会に登録されたC級40位ヒーロー。リメイク版のみに登場します。額にカミナリマークのついたメガネの男性で、そのヒーローネームの通り黒スーツにサスペンダーをつけています。常に喪服を身につけているのは、被害者に対して哀悼の意を表しているため。同じC級ヒーローの十字キーとはコンビを組んでいるかのような描写があり、十字キーが喪服サスペンダーのサスペンダー部分をつかんで振り回す連携技「サスペンダーストーム」は広範囲の敵を一瞬にして蹴散らしてしまえるほどの豪快無比の威力があります。

喪服サスペンダーの声優は浜添伸也(はまぞえ・しんや)さん

そんな喪服サスペンダーの声を担当するのは、アクロス エンタテインメントに所属している声優の浜添伸也さん。1984年9月6日生まれで、石川県出身。血液型はA型です。趣味・特技には、ボイスパーカッション(少々)・散歩・剣道・腕相撲があります。

これまでに、『夢色パティシエール』の安堂千乃介役、『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』の結乃イワベエ役、『100%パスカル先生』の北野ゆうすけ役などを担当。『ワンパンマン』では他にも、モグラの姿をした怪人のグランドドラゴン役、B級1位ヒーローの地獄のフブキ率いる「フブキ組」の一員であるB級3位ヒーローの山猿役なども担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター6:C級66位ヒーロー フードバトラーフトシ

フードバトラーフトシは、ヒーロー協会に登録されたC級66位ヒーロー。アメリカのコミックに登場するヒーロー・バットマンのような2本耳の生えたコウモリのような帽子を被ってマントを身につけたヒーローで、その帽子と胸には”F”の1文字があります。肥満体の男性で、脂肪のストックがある限り全力の運動ができるという特異体質の持ち主。

ヒーロー活動はダイエットも兼ねて行っており、脂肪燃焼率を表示できる機能のついた眼鏡を装着しています。ふくよかなその見た目に反して、意外に俊敏にアクロバティックな動きをすることができ、ヒーロー協会のセキンガルからワガンマ救出作戦にスカウトされました。ヒーローとしての責任感を持っていますが、怪人協会の幹部で災害レベル「竜」の怪人・ニャーンに殺されかけた際には自分がいかに無力かを痛感していました。

『ワンパンマン』キャラクター7:C級83位ヒーロー ヅラ戦士

ヅラ戦士は、ヒーロー協会に登録されたC級83位ヒーロー。たらこ唇に鋭い目つきをした男性で、ギザギザ模様のヒーロースーツを身につけています。B級ヒーローのどすけべやC級ヒーローのムッツリスケベ博士といった酷いヒーローネームを授けられた者たちと共にヒーロー協会に対して謝罪とヒーローネームの改良を求める「ヒーローネーム被害者の会」をつくり、「ハゲマント」というヒーローネームを授けられたサイタマを幹部として仲間に引き込みました。

変更希望のヒーローネームは「黄金のヒザ戦士」。先頭では主に膝蹴りの戦法を得意としています。原作128話では、ヒーロー協会の前で「ヒーローネーム被害者の会」の者たちと共に抗議デモを起こしていました。

『ワンパンマン』キャラクター8:C級85位ヒーロー 電池マン

電池マンは、ヒーロー協会に登録されたC級85位ヒーロー。髪をオールバックにしたサイボーグ風の男性ヒーローで、そのヒーローネームの通り巨大な電池を背負っています。戦闘中に高威力の攻撃ができるものの、燃費は悪い様子。

電池マンの声優は手塚(てづか)ヒロミチさん

そんな電池マンの声を担当するのは、リマックス所属の声優の手塚ヒロミチさん。10月5日生まれで、茨城県出身。身長184cmで、血液型はO型。趣味にラーメン屋巡り・特撮鑑賞・モノマネ・洋服収集、特技に料理・ギターがあります。

これまでに『ヘボット!』のMCネジー/実況ネジー/おしゃべりネジー役、『FAIRY TAIL』のアジィール・ラムル役、『心が叫びたがってるんだ。』の岩田役などを担当。1つの作品で複数の役を担当する機会が多く、『ワンパンマン』では他にも、「タンクトッパー」の一員でA級ヒーローのタンクトップベジタリアン役、怪人協会のメンバーで災害レベル「鬼」の怪人・ムカデ先輩役なども担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター9:C級89位ヒーロー 赤マフ

赤マフは、ヒーロー協会に登録されたC級89位ヒーロー。年齢は20歳。身長168cmで、体重は56.4kg。胸と両肩に星マークのついた装甲服と赤いマフラーを身につけた青年で、ヒーローとしての個性を出すために自らそのマフラーを巻くようになったことがヒーローネームの由来となりました。S級5位ヒーローの童帝の開発した肉体強度計測機「オカメちゃん」の「100」の設定には彼の体力が使用されています。

それで計測した結果、ヒーロー協会の一般男性職員は「22」、成獣の熊は「905」という数値が叩き出され、さすがに生身で熊に勝てるほどではないものの一般男性よりも遥かに強いことがわかりました。戦闘中に使用する必殺技は、「赤い流星キック」「赤い彗星キック」。ヒーローとしての正義感に熱く、自分よりも巨大な怪人に対しても果敢に挑み、たとえ敗れたとしても敵の弱点を見極めようと試みます。リメイク版の番外編「夏」「数字」に登場しました。

『ワンパンマン』キャラクター10:C級111位ヒーロー アーマード係長

アーマード係長は、ヒーロー協会に登録されたC級111位ヒーロー。元はサラリーマンとして働いていたものの、ヒーローになりたいという夢を追いかけて転職したという経歴の持ち主。その退職金で自作した装甲を身にまとった中年男性で、バーコード頭にメガネをかけています。胃薬を携帯している様子。

『ワンパンマン』キャラクター11:C級133位ヒーロー ギアスパー

ギアスパーは、ヒーロー協会に登録されたC級133位ヒーロー。リメイク版のみに登場します。”ESP”と書かれたモノアイ型のヘッドギアを身につけた小柄な男性で、ワイシャツにベスト、白い手袋を身につけた紳士風の装いをしています。このヘッドギアは自身の超能力を制御するためのものらしく、有事の際はそこから無数の閃光がほとばしります。それが破壊された際の描写によれば、両目の間には奇妙な縫合痕がある様子。

他のヒーローと比べると慎重派で小心者の人物ですが、危ない橋を「デンジャラスブリッジ」と言ったり、B級ヒーローのニードルスターの背中をその場のノリで強く叩いたりするなど、コミカルで協調性のある一面もあります。調子に波のある超能力が無事に発動することを祈ったり、他人による攻撃を自分の能力によるものだと勘違いして喜んだりするようなところもありますが、いざという時には仲間のヒーローのために奮闘する一面もあります。

怪人協会アジトへの突入作戦時はS級ヒーローのサポートを担当し、ダウジングによって敵の出入り口の捜索を行い、あらかたの出入り口の封鎖に貢献しました。S級2位ヒーローのタツマキによる驚異的な威力を持った超能力を目にしたことで、完全には制御できないながらも度を越したイメージが発現し、怪人協会幹部で災害レベル「竜」の怪人・ニャーンからの襲撃を受けたB級ヒーロー・主将(キャプテン)ミズキを助けるべく、土壇場で強大な威力を持った超能力を発動しました。

それはB級1位ヒーローの地獄のフブキが、自身の姉であるタツマキによるものかと勘違いするほどのパワーを持ったもので、周りにあるビル群をまとめて破壊した上でその瓦礫を無数の槍に変化させるという集中攻撃を行いました。それでもニャーンを倒すことができず、強すぎる自身の超能力に耐えきれず気絶してしまうことになりましたが、その直後にS級9位ヒーローの駆動騎士が到着したことで事無きを得ることになりました。

『ワンパンマン』キャラクター12:C級141位ヒーロー ガスマスクカウボーイ

ガスマスクカウボーイは、ヒーロー協会に登録されたC級141位ヒーロー。そのヒーローネームの通り、ガスマスクを装着したカウボーイ姿のヒーローで、ロープを用いて怪人を捕縛することを得意としています。スカンクをペットとして飼育。『ワンパンマン ヒーロー大全』では、「スカンクボーイガスマスク」という名前になっています。

ガスマスクカウボーイの声優は矢野龍太(やの・りょうた)さん

そんなガスマスクカウボーイの声を担当するのは、EARLY WINGに所属している声優の矢野龍太さん。3月12日生まれで、神奈川県出身。身長は170cmで、血液型はO型です。趣味・特技にはネットサーフィン・ゲームがあります。これまでに、『レイトン ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜』のオーセン役、『妖怪ウォッチ シャドウサイド』のタンク役、『天穂のサクナヒメ』の田右衛門役などを担当しています。

記事にコメントするにはこちら