【ワンパンマン】キャラクター紹介<その他編>①

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / ワンパンマン

どれほど強い相手も「一撃(ワンパンチ)」で倒してしまうヒーローの青年・サイタマを主人公とした漫画『ワンパンマン』。ONEさんによって連載されているWeb漫画作品で、週間青年漫画雑誌「となりのヤングジャンプ」で連載されるリメイク版の方では村田雄介さんが作画を担当しています。そんな本作に登場する「ヒーロー協会」所属のヒーローや怪人以外のキャラクターに関して、声優情報も交えてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『ワンパンマン』とは?

『ワンパンマン』は、『モブサイコ100』や『魔界のオッサン』などで知られる漫画家・ONE(ワン)さんによって連載されている漫画作品。2009年7月からONEさんのWebサイト上で連載中の漫画作品で、元は漫画原稿制作ソフト「ComicStudio」の練習をする目的で描かれたものでした。当初は1話で完結させるつもりでしたが、読者からの反響が予想よりも大きかったことから、最終話までのプロットを改めて組み直し、現在の連載をするに至りました。

2012年より、集英社から発行されている週間青年漫画雑誌「となりのヤングジャンプ」においてリメイク版の連載も開始。こちらで作画を担当しているのは、アメリカンフットボールを題材とした少年漫画作品『アイシールド21』の作画を担当したことで知られる村田雄介(むらた・ゆうすけ)さん。村田雄介さんご自身が元々『ワンパンマン』のファンで、さまざまな過程を経てONEさんが原作を担当した同作の連載をするに至りました。こちらの方ではONEさんによる確認のもと、原作の方には存在しなかったエピソードや番外編が追加されることも多くあります。

スマートフォン向けゲームやトレーディングカードゲームなどの多種多様なメディアミックスも展開されており、テレビアニメは第1期が2015年10月から12月まで放送されたあと、第2期が2019年4月から7月まで放送されました。テレビアニメ版のストーリーはリメイク版の方をベースにしつつ、アニメ版独自のシーンも多く挿入しています。第2期の放送が始まる前週には、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役でお馴染みの戸田恵子(とだ・けいこ)さんがナレーションを行った特番『一撃でわかる!TVアニメ「ワンパンマン」マジ振り返り!』も放送されました。

物語のあらすじ

今作の主人公は、どれほど強い相手でも「一撃(ワンパンチ)」で倒してしまうヒーローの青年・サイタマ。かつて就職活動に難航していた頃、怪人カニランテから1人の少年を救い出した彼は、幼い頃に「ヒーローになりたい」という夢を抱いていたことを思い出します。就職活動をやめてその夢を追いかけることを決めたサイタマは、頭髪をすべて失ってしまうほどの3年に渡るトレーニングの末に、どんな強敵でもワンパンで倒せる力を手に入れたのでした。

しかし、あまりに強すぎる力を手にいれてしまったことで、サイタマは徐々に戦闘での緊張感や張り合いなどをなくしてしまうようになり、ヒーローになった今も無気力な日々を過ごすことになってしまったのでした。ひょんなことから自分の家族や故郷を滅ぼされたことへの復讐に燃えるサイボーグの少年・ジェノスを弟子にしたサイタマは、彼と一緒に「ヒーロー協会」で正式なヒーローとしての活動を開始することになるのです。

ここからは、そんな本作に登場する「ヒーロー協会」所属のヒーローや怪人以外のキャラクターについて、声優情報も交えてご紹介していきます!

『ワンパンマン』キャラクター1:ヒーロー協会の設立者 アゴーニ

アゴーニは、サイタマたちの所属する民間団体「ヒーロー協会」の設立者。3年前に自分の孫が怪人に襲われた際に通りすがりの男性に救われた経験から、私財を投じて「ヒーロー協会」を設立しました。回想に登場したのみで、現時点で本編には未登場。現在はどういった役職についているのかも不明で、「ヒーロー協会」の腐敗や内部事情に関わっているかどうかも不明です。

『ワンパンマン』キャラクター2:ヒーロー協会「地球がヤバい予言緊急対策チーム」のリーダー シッチ

シッチは、「ヒーロー協会」の「地球がヤバい予言緊急対策チーム」のリーダー。七三分けした白髪と団子鼻が特徴的な男性で、動揺すると頭を抱える癖があります。「ヒーロー協会」の中ではそれなりの権限と行動力を持っており、独断でプロジェクトを極秘に発動し、「ヒーロー協会」の施設にたくさんの人数を動員したことも。

他の「ヒーロー協会」の者たちとは違って半年以内に起こるであろう「地球がヤバい」の危険性についてよく考えており、その対策をするために犯罪者にも協力を呼びかけるなど様々な手を打っていました。怪人が出現した際に新興勢力のネオヒーローズに対してすぐに協力体制を申し出たりするなど、体面に拘らない柔軟性と優れた指揮能力があります。腐敗の進む「ヒーロー協会」の中ではまともな人物であり、S級1位ヒーローのブラストからも名前を覚えられています。

シッチの声優は飛田展男(とびた・のぶお)さん

そんなシッチの声を担当するのは、アーツビジョンに所属している声優・舞台俳優の飛田展男さん。「飛ちゃん」の愛称で知られています。1959年11月6日生まれで、出身は茨城県水戸市。身長165cmで、血液型はAB型。趣味・特技に、映画・音楽鑑賞・物真似を挙げています。高校2年生の頃、休み時間に友人と様々な漫画の台詞を音読していくうちに漠然と声優になってみたいという気持ちが芽生え、カナダのサスペンス・スリラー映画『暗闇にベルが鳴る』の警察無線の声の吹き替えで声優デビューを果たしました。

その後、1982年に放送されたテレビアニメ『サイボットロボッチ』のボブ役でアニメデビューを果たし、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』のカミーユ・ビダン役で初主演を担当。その他にもこれまでに、『ちびまる子ちゃん』の丸尾末男役、『創聖のアクエリオン』のジャン・ジェローム・ジョルジュ役、『スレイヤーズREVOLUTION』のラドック=ランザード/ズーマ役などを担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター3:ヒーロー協会職員 ヒゲ職員

ヒゲ職員は、サイタマたちの所属する民間団体「ヒーロー協会」の職員の1人。その名前の通り無精髭を生やした男性職員で、本名は不明。ヒーロー認定試験の体力試験の際に新記録を連発し、隕石をも破壊した功績を持つサイタマに対して密かな興味を抱いています。アニメ版ではメガネ職員と一緒に出番が増え、漫画版では描写されていなかった「ヒーロー協会」の動きを補完するような形で登場することが多くあります。

ヒゲ職員の声優は山本祥太(やまもと・しょうた)さん

そんなヒゲ職員の声を担当するのは、シグマ・セブンに所属している声優の山本祥太さん。3月7日生まれで、出身は大阪府。身長は179cm。趣味にナイトランニング・ボディビル観賞・ウェイトトレーニングを、特技に日曜大工・水泳を挙げています。声優デビューしたのは、2010年に放送されたテレビアニメ『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』の門下生役です。

その他にもこれまでに、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII』のチャンドラ・イヒト役、『バトルスピリッツ 烈火魂』の紫堂信玄役、『デュエル・マスターズ ビクトリーV3』のクワトロ・ファング役などを担当。『ワンパンマン』ではヒゲ職員役以外にも、災害レベル「虎」の怪人である地底人役、災害レベル「鬼」の怪人であるアーマードゴリラ役を担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター4:ヒーロー協会職員 メガネ職員

メガネ職員は、サイタマたちの所属する民間団体「ヒーロー協会」の職員の1人。その名前の通りメガネをかけた男性職員で、本名は不明。作中でサイタマの実力と実績を正当に評価している数少ない人物の1人で、ヒーロー認定試験の体力試験において規格外の成績を収めたサイタマのことを「彼の肉体には神が宿っている」と評しました。テレビアニメ版では、サイタマがC級からB級に昇格する際、周りの「ヒーロー協会」の者たちがサイタマの実力を疑問視するなかで昇格を促しています。

メガネ職員の声優は上田燿司(うえだ・ようじ)さん

そんなメガネ職員の声を担当するのは、アミュレートに所属している声優の上田燿司さん。本名は漢字違いで読みは同じ「上田陽司」。1971年8月7日生まれで、出身は兵庫県神戸市垂水区。血液型はA型です。趣味に声楽を挙げています。妻は、『スターオーシャン セカンドストーリー』のオペラ・ベクトラ役や『機動戦艦ナデシコ』のエリナ・キンジョウ・ウォン役で知られる同じ声優で同事務所所属の永島由子(ながしま・ゆうこ)さん。

これまでに、『ジョジョの奇妙な冒険』のロバート・E・O・スピードワゴン役、『ノー・ガンズ・ライフ』のヒュー・カニンガム役、『攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』のパズ役などを担当。『ワンパンマン』ではメガネ職員役以外にも、S級9位ヒーローの駆動騎士役、災害レベル「鬼」の怪人である地底王役、災害レベル不明の怪人である天空王役なども担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター5:ヒーロー協会第2オペレーション室長 マッコイ

マッコイは、サイタマたちの所属する民間団体「ヒーロー協会」の第2オペレーション室長。右目につけた眼帯の上からメガネをかけているのが特徴的な男性で、元はリメイク版のみに登場していましたが、後に原作にも逆輸入という形で登場するようになりました。傲慢な性格の持ち主で、怪人による襲撃を受けた警察からの救助要請が来た際には挑発的な態度を取り、「ヒーロー協会」の権限拡大を画策。しかし、その時たまたま警察署にいたサイタマの活躍によってその目論見は破れさることになりました。

喫煙室で自身の部下が「ヒーロー協会」への不満を口にしているのを耳にした際には、「ヒーロー協会」の職員から見た問題点を改善する議論を持ちかけたことも。その後は新興組織「ネオヒーローズ」に移籍し、人事部長に就任。ネオリーダーのサポートをしつつ、自身の持つヒーローに関する情報を提供することで保身や出世、老後の安泰を視野に入れています。ネオヒーローズの指導者でシババワの孫でもあるファジーからは将来の右腕として信頼されており、マッコイ自身もファジーのことを慕ってはいますが、非常に恐れてもいます。

『ワンパンマン』キャラクター6:ヒーロー協会重役 ゼイミート

ゼイミートは、サイタマたちの所属する民間団体「ヒーロー協会」の重役。リメイク版にのみ登場するキャラクターで、「贅(ぜい)肉(ミート)」を由来としたその名前通り、肥満体型をした中年男性の姿をしています。「ヒーロー協会」への寄付金と自身の立場を私物化してキャバクラ遊びをしており、たまたまそれを目撃した「ヒーロー狩り」のガロウによって殴り倒されました。その後、S級6位ヒーロー・メタルナイトことボフォイ博士が裏から働きかけ、ゼイミートを「ヒーロー協会」から追放するように取り計らっています。

ゼイミートの声優は杉崎亮(すぎさき・りょう)さん

そんなゼイミートの声を担当するのは、プロ・フィットに所属している声優の杉崎亮さん。1979年8月11日生まれで、出身は新潟県。身長187cmで、血液型はAB型。趣味はドライブで、特技はギターの弾き語りをすることです。

これまでに、『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』のゴルゴロッソ役、『Re:ゼロから始める異世界生活』のギルティラウ役、『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』のロイマン・マルディール役などを担当。『ワンパンマン』ではゼイミート役以外にも、B級ヒーローのガンガン役、災害レベル不明の怪人であるヒトトリグサ役、災害レベル「虎」から「鬼」へと進化した怪人であるサイレスラー役も担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター7:ヒーロー協会局長 ギッシュ

ギッシュは、サイタマたちの所属する民間団体「ヒーロー協会」のZ支部局長。顔面が脂ぎってテカテカとした老齢の男性で、リメイク版の番外編「戦隊」に登場。作中では、「ヒーロー協会」の施設内で飼育していた怪人ウロコドンが脱走してしまったことから、B級ヒーローたちに捕獲を依頼。その際に部下に対しては、アルマジロのような姿をしたその怪人の血液を医療技術の発展に役立てるためだと説明していましたが、それは真っ赤な嘘で、実際はその怪人の持つウロコをコレクターに高額で売ろうとしていました。

ウロコドンが災害レベル「狼」から「鬼」にまで成長したことが発覚しても、自らの保身のために本部へち報告しようとした部下を止めました。最終的にウロコドンはサイタマによって討伐され、事の真相に気づいたS級6位ヒーローのメタルナイトことボフォイ博士が裏から働きかけたことで、ギッシュは「ヒーロー協会」から追放処分されたと思われます。ギッシュが私腹を肥やすために怪人を利用して事故を起こした件に関して、ボフォイ博士からは心底あきれられています。

『ワンパンマン』キャラクター8:予言者 シババワ

シババワは、予言者の老婆。数は少ないもののこれまでの予言的中率はなんと100%を誇り、大災害を何度も予言してきたことから「ヒーロー協会」から警護されてきました。半年先の未来まで見通そうとした際に、ある予知をして「地球がヤバい!!!」という予言を残して死亡。死因は、その予知をした際に動揺のあまり咳が出てしまい、口にしたのど飴を喉に詰まらせてしまったことでした。

これまでの予言において、大災害や強力な怪人の出現など、多くの人命が失われるようなものであってもシババワが「ヤバい」と口にしたことはただの一度もありませんでした。そのことから未来に起こる出来事の深刻さを考えた上層部により、「ヒーロー協会」内部に「地球がヤバい予言緊急対策チーム」が設立されることになりました。

シババワの声優は斉藤貴美子(さいとう・きみこ)さん

そんなシババワの声を担当するのは、青二プロダクションに所属している声優・ナレーターの斉藤貴美子さん。「きみちゃん」の愛称で知られています。1977年2月12日生まれで、出身は長野県。身長167cmで、血液型はA型。趣味に芸術観賞や物産展・アンテナショップ巡りを、特技にトランペットやトロンボーンの演奏を挙げています。

これまでに、『DEATH NOTE』のレム役、第2作目の『HUNTER×HUNTER』のミルキ=ゾルディック役、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII』のフリュネ・ジャミール役などを担当。中年女性役や太ましい体格をした役、人外役を数多く担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター9:ヒーロー協会最高顧問 ナリンキ

ナリンキは、サイタマたちの所属する民間団体「ヒーロー協会」の最高顧問。リメイク版のみに登場するキャラクターで、スーツに蝶ネクタイをした中年男性。3本指に入る「ヒーロー協会」の支援者でもあり、これまでの「ヒーロー協会」に対する出資金は全体からみて7%にも及び、彼からの信頼を失うことは民間団体の「ヒーロー協会」にとって痛手とされています。

「ヒーロー協会」の壊滅と人類の破滅を目論む怪人組織「怪人協会」に息子のワガンマが連れ去られてしまったことから、「ヒーロー協会」に息子の奪還を依頼。その後、「ヒーロー協会」は当てにならないと見切りをつけて、傭兵トンガラを隊長とした私設部隊に独断で息子の救出を要請しましたが、結局失敗に終わりました。

ナリンキの声優は相馬康一(そうま・こういち)さん

そんなナリンキの声を担当するのは、プロ・フィットに所属している声優の相馬康一さん。1982年2月5日生まれで、出身は佐賀県。身長170cmで、血液型はA型。趣味にパソコン・カラオケを、資格に電卓一級を挙げています。

これまでに、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のハジメ・ツジ役、『宝石商リチャード氏の謎鑑定』のシン・ガナパティ・ベルッチオ役、『魔王城でおやすみ』のフランケンゾンビ役やおばけふろしき役などを担当。『ワンパンマン』ではナリンキ役以外にも、A級ヒーローの重戦車フンドシ役や鎖ガマ役なども担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター10:ナリンキの息子 ワガンマ

ワガンマは、サイタマたちの所属する民間団体「ヒーロー協会」の最高顧問であるナリンキの息子。リメイク版のみに登場するキャラクターで、蝶ネクタイにスーツを身につけたナリンキをそのまま幼くしたような容姿をしています。ワガママで自己中心的な性格の持ち主。「ヒーロー協会」の壊滅と人類の破滅を目論む怪人組織「怪人協会」によって、「ヒーロー協会」との全面対決のために人質として連れ去られ、後にS級5位ヒーローの童帝によって救出されることになりました。

ワガンマの声優は清水彩香(しみず・あやか)さん

そんなワガンマの声を担当するのは、マウスプロモーションに所属している声優の清水彩香さん。1987年12月19日生まれで、出身は大阪府。身長158cmで、血液型はA型。趣味・特技に、映画鑑賞・麻雀を挙げています。これまでに、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII』のヘルガ役、『メルヘン・メドヘン』のイザベラ役、『スカーレッドライダーゼクス』の麻黄アキラ役などを担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター11:ヒーロー協会職員 セキンガル

セキンガルは、サイタマたちの所属する民間団体「ヒーロー協会」の職員。リメイク版のみに登場する男性キャラクターで、オールバックの黒髪に機械化した右眼が特徴的。名前の由来は「隻眼」と「責任がある」からきていると思われます。右眼の義眼は投影装置になっていて、ホログラムを映しながら「ヒーロー協会」の会議を進めたり、他にも「幹部ビーム」と呼ばれるレーザーを放つことも可能です。ただし、怪人がちょっと火傷する程度、あるいはロープくらいのものであれば焼き切ることができる程度のもので、ほとんど威力はありません。

実はヒーローに憧れていたことがあったようで、こっそりとヒーロー試験を受けて落ちてしまった過去があります。作中では、対怪人協会・人質ワガンマ奪還作戦の担当者として、自らヒーローたちを率いてZ市に赴きましたが、さすがに現場では足を引っ張ってばかりで普段の冷静さが消え失せていました。

しかし、「怪人協会」の幹部で災害レベル「竜」の怪人でもあるニャーンとS級9位ヒーローの駆動騎士との戦いの際には、倒れたA級以下のヒーローたち全員を1人で背負って運ぼうとしたり、災害レベル「鬼」の怪人である機神G5に追い詰められた際に勝ち目がないとわかっていても戦おうとしたり、右手を失っても戦う意志を捨てずに任務を全うしようとしたりするなど、その精神性は気骨のあるヒーロー然としています。自らのことを出世欲の塊と評していますが、根は極めて真面目且つ善良な人物です。

セキンガルの声優は佐々木義人(ささき・よしひと)さん

そんなセキンガルの声を担当するのは、AIR AGENCYに所属している声優の佐々木義人さん。1982年7月28日生まれで、出身は東京都。身長171cmで、血液型はA型。趣味・特技に、観劇・模型製作・スキーを挙げています。これまでに、『SHAMAN KING』のアパッシュ役、『荒野のコトブキ飛行隊』のロドリゲス役、『東京喰種トーキョーグール:re』の岡平/オカヒラ役などを担当しています。

『ワンパンマン』キャラクター12:ヒーロー協会スカウト部 シズカ

シズカは、サイタマたちの所属する民間団体「ヒーロー協会」のスカウト部所属の女性。前髪を七三分けにしたショートカットの黒髪の女性で、自警団「ハンターズ」のリーダーを務めていたアクセルに声をかけました。「ヒーロー協会」が戦力不足である現状を説明し、医療や装備の支給などに関するさまざまな提案をした上で彼を「ヒーロー協会」に勧誘したものの断られてしまい、逆に彼から「ヒーロー協会」はもう長くないから転職先を探した方がいいと警告されることになりました。

記事にコメントするにはこちら