『未来少年コナン』の最終回のあらすじは?続編もあったって本当?

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 未来少年コナン

コナン、といえば『名探偵コナン』を思い浮かべる人が多いでしょうが、実はもう1つ題名にコナンがつく作品があります。それは『未来少年コナン』です。今回は『未来少年コナン』の原作との違いや、最終回の内容についてご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

『未来少年コナン』ってどんな作品?

 

 

『未来少年コナン』は1978年、昭和53年にNHKで19時半から放送されていたアニメです。

 

宮崎駿監督がすべての話の演出を担当し、実質的な監督デビュー作品です。

 

この項目では『未来少年コナン』について詳しくご説明します。

 

原作があるって本当?

 

『未来少年コナン』には原作があります。アメリカの作家、アレグサンダー・ケイが書いた『残された人々』という作品です。

 

冷戦中の東西対決が背景にあります。

 

磁力兵器によって戦争が起こり、大洪水によって人類のほとんどが滅んだ世界で、主人公のコナンは無人島で生きていました。

 

無人島で日々を過ごしていると、ある日ドクター・マンスキーという人がやってきます。そしてコナンはドクター・マンスキーとともに首都のインダストリアに行きます。

 

別の都市ではコナンの幼馴染のラナが、おばさん夫婦と暮らしていました。

 

コナンとラナが出会い、都市を脱出するもなんとも言えない最後を迎える話です。

 

原作とアニメとの違いは?

 

原作とアニメでは大きく違うところがあります。

 

それはラストです。宮崎駿監督は『残された人々』の悲観主義(この世界は悪と悲惨に満ちたもの、という人生観のこと)が強いということもあり、そのまま子どもに見せるのを嫌がったからです。

 

そのため宮崎駿監督は大幅にストーリーを変えました。

 

ちなみに『残された人々』のラストでは、都市を脱出したコナンとラナたちは仲間とともにいかだに乗っていました。そのいかだで言い争いをしているあいだに、大津波に襲われて死んでしまう、というものです。

 

本編はどんな話?

 

 

これまでは『残された人々』の紹介をしてきましたが、『未来少年コナン』の本編についてご紹介します。

 

『未来少年コナン』の舞台は超磁力兵器を使った最終戦争が起こり、多くの都市が海中に水没し、20年経った世界です。

 

小さな島、のこされ島にコナンは、おじいと呼ぶ老人と暮らしていました。ある日、科学都市インダストリアの人に誘拐され逃げ出した少女、ラナが漂流してきます。

 

しかしラナは再び連れ去られ、おじいは致命傷を負います。コナンはおじいの遺言どおりラナを救うため、そしてラナを救う仲間を見つけるために、のこされ島を旅立つ、というお話です。

 

登場人物1.コナン

 

 

主人公で、自然を愛する12歳の少年です。

 

高い身体能力と優しい心の持ち主で、のこされ島で生まれました。両親はすでに他界しており、おじい以外の人間を見たことがありませんでした。

 

登場人物2.ラナ

 

 

12歳になる少女で、ラオ博士という人の孫娘です。テレパシー能力を持っているため、連れ去られました。

 

登場人物3.ジムシィ

 

コナンが最初に漂着したプラスチップ島で出会った、10歳の少年です。

 

身体能力はコナンと互角で、狩りの名人ですが食いしんぼうでもあります。コナンと同じくラナに会うまで、女性を見たことがありませんでした。

 

登場人物4.ダイス船長

 

 

インダストリアの貿易局員で、バラクーダ号の船長です。

 

船員からの信頼は厚いですが、嘘つきで軽薄なところもあります。最初コナンとジムシィが密航しようとしたのをとがめますが、コナンの熱意をくんでバラクーダ号で働かせました。

 

登場人物5.モンスリー

 

 

インダストリア行政局次長で、のこされ島からラナを連れ去った女性です。

 

最初はコナンをインダストリア市民として育てようとしましたが、コナンと関わることで改心して共闘するようになります。

 

 

最終回や続編はどんなストーリー?

 

『未来少年コナン』の再放送で最終回の録画が失敗した、という声がSNSに上がったのは記憶に新しいです。

 

この項目ではそんな最終回の内容は、実は存在した続編についてご紹介します。

 

最終回はこんな話

 

最終回の1つ前の第26話でコナンたちは、ギガントという航空機に乗り移りました。

 

そして最終回でコナンたちは砲塔を占拠し、ギガントそのものにも砲撃を加えました。砲塔も吹き飛んだので、コナンたちは胴体部分に侵入し、内部を破壊します。

 

インダストリアは滅びますが、コナンたちはバラバラになってしまいました。

 

ラナが祖父であるラオ博士の言葉で、コナンにテレパシーで呼びかけます。そしてコナンを発見します。コナンの居場所をダイス船長に知らせ、迎えに行きました。

 

ダイス船長とモンスリーの結婚式を挙げてから、コナンたちはのこされ島にもどります。するとのこされ島は地殻変動の影響で、新たな大陸となっていた、という最後です。

 

続編はどういう話?

 

続編はNHKではなく、1999年にTBS系列で放送されました。題名は『未来少年コナンII タイガアドベンチャー』です。

 

しかし内容としては『未来少年コナン』と直接的な関係はなく、一部の設定が同じで動きを強調したアニメであることくらいしか共通点がありません。

 

スタッフもごく一部しか両作に関わっていません。

 

第15話では『未来少年コナンII』の部分が削除されました。

 

 

まとめ

 

『未来少年コナン』は2020年に再放送をされました。当時見ていた人には懐かしく、初めて見た人には新鮮な物語でした。

 

ブルーレイボックスも出ているので、ぜひチェックしてみてください。

記事にコメントするにはこちら