【黒ギャルになったから親友としてみた。】気になるあらすじと登場人物について

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 黒ギャルになったから親友としてみた。

イケメンで親友同士の千早瑠依と千原獅音の2人が中心となって繰り広げる、エッチでドタバタなラブコメディ。ボーイズラブだけではなく、女体化もするということで一度で二度美味しい作品となっています。読んだことのない方へ、作品の見所をご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

黒ギャルになったから親友としてみた。あらすじ

 

大学生の千早瑠依と千原獅音は長年の親友同士で。

イケメン故に、ナンパに勤しむ毎日を2人で送っていました。

ある夏の日、ビーチで2人がナンパをしている最中に獅音は謎の女性に強引に薬を飲まされて黒ギャル姿の女性に…!?

獅音が女体化したことに気づいた瑠依は、なんと性行為を行う関係になってしまいます。

獅音は無事に元通りの姿に戻ることはできるのでしょうか?

性行為をしてしまう、2人の関係は今後どうなってしまうのか…。

『黒ギャルになったから親友とヤってみた。』(くろギャルになったからしんゆうとヤってみた)は原作・織島ユポポ先生による漫画作品。

2019年10月4日より『絶対領域R!』(スクリーモ)にて絶賛連載中です。

2021年4月18日現在、単行本が2巻まで発売されています。

黒ギャルになったから親友としてみた。登場人物

千早 瑠依(ちはや るい)

大学2年生。

イケメンでモテる性格で少女達には優しい。

獅音に対してだけは、甘い態度を見せています。

女性の体になった獅音に興奮して、積極的に性行為に及ぶことになります。

獅音が男性の体に戻っでも、彼と好んで性行為を行います。

千原 獅音(ちはら しおん)

大学2年生。

愛嬌一杯で元気な人気者。

ですが、少女を好きすぎていることから薬を盛られてしまいます。

女体化した姿はショートカットの巨乳の黒ギャルになりました。

綴喜 創(つづき はじめ)

29歳。

瑠依の知り合いであり、人体に詳しく”先生”と呼ばれています。

獅音が女体化してしまったことも、なにか知っているようで…?

宇栄原 真由(うえはら まゆ)

大学2年生。

ミスコン1位であり、瑠依のことを好きな女の子。

物語のチェックポイント

①何故、女体化してしまった?

ナンパ中、獅音は謎の女に薬を盛られてしまいました。

その薬の影響で巨乳で褐色の金髪ギャルに。

なんと、女の子に興奮をすると女体化してしまうそうです。

女難の相でも出ていたのでしょうか…。

②男にも戻れる?

実は女体化して困っていた獅音でしたが、男の体に戻れることができるんです。

どうすれば元通りになるかというと。

「男性に精液を体内に注がれる」

この方法のみ。

獅音♀は誰に抱かれてもいいと最初は思いますが、瑠依は自分が抱かないと気が済まないと思い行為に及びます。

女の子の体の時の方が獅音は感度が増します。

男の子の体の時に興奮をして精液を出すと、女の子の体に戻ってしまう…

❝精液が❞鍵になって体が入れ替わります。

面白いトリガーですね。

③親友同士で恋人に?

やはり気になるポイントが、セフレのような関係を築いている瑠依と獅音が恋人に発展するのか?ということだと思います。

まだ原作の方は連載が続いているので、どういう展開になっていくのかが気になるのですがこれは立派なボーイズラブ作品。

女体化のオプション付き。

受の獅音は体は女の子でも、心や中身は男の子のままです。

お互いの存在や気持ちが気になるものの、モヤモヤしたまま瑠依と獅音の恋愛は続いていくのですね。

今後の展開がどうなっていくのでしょうか。

アニメ化もされいている

この作品は、2021年の4月からアニメ化もされています。
声優陣がすごいのです。
瑠依を演じるのは、古川慎。
いろいろな作品で、いろいろなキャラクターを演じているイケメンボイスの古川氏がヤリチンの瑠依役とは感慨深いです。
ハマり役とは正にこのことでしょうね。
獅音は山本和臣。
山本氏は、女の子・男の子どちらの獅音も演じています。
高音でとてもかわいらしいです。
是非、聴いてみて下さいね。
綴喜創役は下妻由幸・宇栄原真由役は水谷麻鈴となっています。
どのキャラクターもぴったりな声。
動く登場人物達にも大注目ですね。

アニメ版では、2人の関係はどこまで進むのでしょうか。

気になるところですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

漫画版もありますし、YouTubeでは全年齢版のアニメ映像を全8話・一挙視聴することができます。

どちらもきっと心が満たされると思いますので是非、鑑賞をしてみて下さい。

ちょっといやらしい内容が苦手!だと思う方も、しっかりストーリーも構成をされているので楽しめると思います。

記事にコメントするにはこちら