ラブライブシリーズを観る順番は?時系列とあらすじ、見どころも徹底解説

カテゴリーまとめはこちら:その他

2013年にテレビアニメ放送開始して以来、人気を誇る『ラブライブ!』シリーズ。CGと手書きを上手く融合させた美麗なアニメーションMVや声優陣によるライブパフォーマンスが多くのファンの心を惹きつけてきました。2021年7月から最新作『ラブライブ!スーパースター!!』が放送され、世界観を広げています。この記事では、どれから見ればいいか分からない、どのシリーズが面白いのか迷ってしまうあなたにおすすめの見る順番やあらすじ、見どころ、動画配信情報を紹介します。

記事にコメントするにはこちら

11年以上愛され続ける人気作「ラブライブ」シリーズとは?

かわいいキャラクターと感動的なストーリー、聴く人の心に響く楽曲や完成度の高いアニメーションMVなどが高く評価されてきた『ラブライブ!』シリーズ。
ごく普通の女子高生たちが学校で結成されたアイドル「スクールアイドル」として活動し、全国大会や大規模なイベントの舞台上で輝くために奮闘、成長していく物語です。
これまで4シリーズが展開されてきましたが、各シリーズのストーリーやキャラクターはいずれも根強い人気があり、芸能人の中にもファンを名乗る方もいるほど。
思わずときめいてしまうようなキラキラとしたスクールアイドル達のステージや、共感できる悩みや愛らしい魅力を持つスクールアイドルたちが努力し、大きな壁を越えていくストーリーはこれまで多くのファンの心をわしづかみにしてきたのです

多くのファンから愛されてきた『ラブライブ』シリーズは、雑誌「電撃G’sマガジン」での読者参加型企画から始まりました。
読者がグループ名やグループ内ユニットのメンバー構成、新曲でセンターに立つメンバー、学校の校章や購買の商品に至るまで様々な公募に参加。
読者投票で作品に反映していくという今までのアニメになかった手法で、作り上げられてきました。
他にもスクールアイドルグループのアニメーションMVが付属したCDのリリース、出演声優陣によるライブの開催、スマートフォンアプリゲームなど多岐にわたるメディア展開をしています。
プロジェクト発足から11年以上が経過しましたが、制作スタッフ・声優・ファンが一緒になって盛り上げていくことを大切にしてきた作品です。

「ラブライブ」シリーズの時系列を紹介!観る順番は?

『ラブライブ!』シリーズはこれまで4作品制作されてきました。
長いシリーズなのでどの作品から見ればいいのか、迷ってしまう人もいるかもしれません。
結論から言えば、どのシリーズから観ても楽しめるのですが、『ラブライブ!』をもっと楽しみたい人には公開された順で見ていただくことをおすすめします。

スクールアイドルの知名度や人気を上げた最初のグループの奮闘を見て、それから続く新たなスクールアイドル達の頑張る姿によって作品全体が盛り上がっていく感覚、スクールアイドルの魅力的な世界が広がっていく感覚を味わっていただきたいからです。
2021年7月から放送中の『ラブライブ!スーパースター!!』までは公開順がそのまま時系列となっていますので、1作目から順当にご覧ください。

ここからは、具体的に見る順番と作品名を紹介していきしょう。

①TVアニメ「ラブライブ!」第1期(2013年)全13話
②TVアニメ「ラブライブ!」第2期(2014年)全13話
③映画「ラブライブ!The School Idol Movie」(2015年)

④TVアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」第1期(2016年)全13話
⑤TVアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」第2期(2017年)全13話
⑥映画「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」(2018年公開)

⓻TVアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」第1期(2020年)全13話

⑧TVアニメ「ラブライブ!スーパースター!!」第1期(2021年)

⑨TVアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」第2期(2022年放送予定)


①から③までの「ラブライブ!」では、東京神田・秋葉原の間にある国立音ノ木坂学院のスクールアイドル「μ’s(ミューズ)」のストーリー、④から⑥までの「ラブライブ!サンシャイン!!」では、静岡県内浦にある浦の星女学院のスクールアイドル「Aqours(アクア)」のストーリーとなっています。
『ラブライブ!サンシャイン!!』の主人公がμ’sに憧れてスクールアイドルを始めるところから物語が始まるので、2シリーズ続けて観るのがおすすめです。

⓻の『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』では、東京お台場にある虹ヶ咲学園のスクールアイドル9人がソロ活動を展開。やがてスクールアイドルを盛り上げるためのイベント「スクールアイドルフェスティバル」を作るストーリーとなっています。

⑧の『ラブライブ!スーパースター!!』では、東京青山・原宿・表参道の間にある新設校・私立結ヶ丘女子高等学校の第一期生5人で構成された「Liella!(リエラ)」が活動するストーリー。
⓻と⑧には直接的なつながりはないのですが『ラブライブ!スーパースター!!』で、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のメンバーたちが中心となって運営した「スクールアイドルフェスティバル」というイベントが、他の地域でも開かれているので続けて観ていただくのがおすすめです。
『ラブライブ!スーパースター!!』では1作目や2作目と似た構図や演出もあるので、過去作品と比較しながら観ても面白いので、過去作品を見ておくとさらに楽しめるでしょう。

また、各作品のスクールアイドルそれぞれ魅力的な女の子たちですので、全シリーズを観ていくと推しが見つかります。
全作品観て、一番お気に入りのエピソードやスクールアイドルを見つけて観るのもいいかもしれませんね。

各シリーズのあらすじは?見どころも紹介

ここからは、『ラブライブ!』シリーズ各作品のあらすじや見どころを紹介していきます。
視聴時の参考にしていただければ幸いです。

「ラブライブ!」第1期

シリーズ一作目である『ラブライブ!』は、2013年に放送されました。
アニメーション制作は『機動戦士ガンダム』シリーズなどで知られるサンライズ、キャラクターデザインを『宝石の国』の西田亜沙子さん、本作で一躍有名になった室田雄平さんが手掛けています。

脚本を手掛けたのは、『宇宙よりも遠い場所』や『響け!ユーフォニアム』シリーズなどを担当した花田十輝さん。
監督は、『プリティーリズム・オーロラドリーム』のライブシーンのディレクターを担当した京極尚彦さんです。
京極尚彦さんは本作でもライブシーンの演出を始め、オープニングテーマの絵コンテなど本作の歌唱シーンに携わり、思わず見とれてしまうような高い完成度の映像に仕上げています。

本作に登場するスクールアイドル「μ’s」は、性格も学年も異なる9人の女子高生。
自分たちの学校を廃校のピンチから救おうと立ち上がった主人公を中心に、スクールアイドルグループ「μ’s」のメンバーたちが学校説明会や文化祭でライブを開催。ナンバーワンスクールアイドルを決める全国大会に挑む物語です。

あらすじ

主人公・高坂穂乃果(こうさかほのか)は、長い伝統を誇る国立音ノ木坂学院高校に通う中学2年生。
ある春の日、来年の入学生を募集しないという通知が貼られ、穂乃果は廃校の危機が迫っていることを知ります。
母も祖母も通った学校が大好きな穂乃果は、廃校を何とかしたいと思っていました。

朝早く目が覚めた穂乃果は、妹が志望していた秋葉原のUTX高校に立ち寄ります。
UTX高校は入学希望者が多く集まる人気のある学校で、この学校のスクールアイドル「A-RISE(アライズ)」は学内外から大注目されていました。
穂乃果は、巨大モニターに映し出されたスクールアイドル・A-RISE(アライズ)のパフォーマンスを観て、これだと確信します。
自分たちがスクールアイドルとなって人気を集めて、入学希望者を集めようと考えたのです。
穂乃果は学校で、幼ななじみの南ことりと園田海未、音楽室でピアノの弾き語りをしていた1年生の西木野真姫を誘いますが、断られてしまいます。
一度は断ったことりと海未でしたが、一生懸命に練習を重ねている穂乃果の姿を見て一緒にスクールアイドル活動を始めることに。
最初の活動として学校の講堂でライブを行うことにした3人は、講堂の使用許可を取りに生徒会室へ向かいます。
なんとか許可を取れた穂乃果達でしたが、3人の中で作曲ができる人物はいません。
穂乃果は再び音楽室を訪れ、真姫を説得するのですがやはり断られてしまいます。
グループ名も決まっていなかったため投書箱で募集しましたが、後日、箱の中に一枚だけ「μ’s(ミューズ)」と書かれた紙が1枚入っていました。
その翌日、穂乃果の家に匿名でライブで歌う新曲が入った音楽CDが届きます。
歌詞を海未が、衣装をことりが担当し、着々とライブに向けて準備を進める穂乃果たち。
そして緊張の中いよいよ3人のファーストライブが始まります。

見どころ

『ラブライブ!』第1期の見どころは、性格も学年も異なる9人の女子高生たちがスクールアイドル「μ’s」に加わるまでのドラマと、9人が絆を深めていくところです。

登場人物それぞれの心境や表情を繊細に描き、登場人物それぞれの言葉の裏にある思いも表現されているため、新メンバーが加入する回はどれも感情移入できて、観る人の心にぐっと響きます。
本心を言いたくても言えない、一歩踏み出せない仲間に手を差し伸べる加入シーンは、思わず涙があふれそうになるほど感動的です。
性格も学年も考え方も違うので時にメンバー同士が衝突することもありますが、「学校を廃校から救いたい」という思いを一つに互いに助け合い、合宿で互いのことを知り、絆を深めていくところが素晴らしくて、毎回楽しみになってくるでしょう。

仲間のことを認め合い、思い合い、本音で話し合えるμ’sのメンバーの姿は、アイドルアニメが苦手な方もきっと気に入るのではないでしょうか。

「ラブライブ!」第2期

2014年に放送された『ラブライブ!』第2期は、廃校を阻止することができたμ’sが全国の頂点を目指して奮闘していくストーリーとなっています。
1期に引けを取らない感動的なシーンや名セリフ、名曲や素晴らしいライブシーンが展開され、多くのファンから支持されているシリーズです。

あらすじ

新学期が始まり、絢瀬絵里から生徒会長を引き継いだ高坂穂乃果は、幼なじみの海未とことりのサポートで生徒会長の仕事とμ’sのリーダーとしての役目をなんとか両立させていました。
そんなある日、穂乃果たちの元に「第2回ラブライブ開催」の知らせが入ります。
ある事情で第1回大会出場を諦めてしまったμ’s。
3年生は卒業するとスクールアイドルとして活動できなくなるため、このメンバーで挑める最後の機会を絶対に掴もうと動き出します。
この9人で優勝を目指すと決めた穂乃果たちは、まずは地区大会で勝ち上がり本戦に進まなくてはなりません。
しかしμ’sと同じ地区には、前回大会の優勝者「A-RISE」がいました
さらに地区予選で発表する楽曲は新曲でないとならないというルールがあり、時間がない中で新曲づくりをすることになったのです。
地区大会から大きな壁にぶつかったμ’s。
果たしてμ’sは地区予選を勝ち上がり、「ラブライブ優勝」の悲願を叶えることができるのでしょうか。

見どころ

『ラブライブ!』第2期の見どころは、登場人物たちの心の成長と「ラブライブ優勝」に向けて一丸となっていく姿です。
第2期では、「ラブライブ優勝」の夢を叶えるためにμ’sのメンバーたちが頑張る姿が多く描かれますが、登場人物たちの心境を掘り下げたストーリーも展開されます。
可愛い衣装に抵抗を持つメンバーやアイドルやμ’sに強い思いを持つメンバーなど、それぞれの悩みや思いを理解して受け止めながら、μ’S は絆を深めていくのです。

悩みを抱えていたメンバーが自信を持てるようになったり、加入当初はアイドル活動を恥ずかしいと思っていたメンバーが「私だってみんなと一緒にラブライブに出たい!!!」と言えるまでになったりと、1期の頃よりも大きく成長したメンバーの姿に、感動してしまうでしょう
2期ではイベントでライブを行ったり、全員で曲を作ったりと1期よりも積極的にスクールアイドル活動を行う様子も描かれ、優勝に向けて挑戦していくμ’sを応援したくなるでしょう。
メンバー全員が同じ時間を過ごしていく中で思いを共有し、最高のライブを見せていくμ’s。
最初から最後まで彼女たちの姿から目が離せないシリーズとなっています。

映画「ラブライブ!The School Idol Movie」

2015年に劇場公開された映画『ラブライブ!The School Idol Movie』は、μ’sの物語の最終章として位置づけされる作品です。
3年生の卒業式からμ’sが最後のライブを披露するまでのストーリーが描かれました。
圧巻のクオリティを誇るライブシーンや楽曲などが高く評価されています。
興行収入は28.6億円、「映画初日満足度ランキング」で1位を獲得するなど、多くのファンの心を動かした映画です。
スタッフ・キャストも1期・2期のスタッフが続投し、シリーズの集大成ともいえる完成度の高い作品に仕上げました。

あらすじ

3年生の卒業式の日、アイドル研究部部長となった花陽の元に一通のメールが届きました。
メールは、第3回ラブライブがアキバドームで開催されるというもの。
第2回大会に優勝したμ’sもぜひステージに立ってほしいと頼まれたのです。
ドーム大会を成功させるには、多くの人にスクールアイドルの魅力を知ってもらうことが不可欠でした。
理事長の元にも、ニューヨークのテレビ局から日本のスクールアイドルの取材がしたいという手紙が届きます。
3月が終わるまでならスクールアイドルでいられる3年生たちと一緒に、穂乃果たちはニューヨークへ渡ることになったのです。
しかし言葉も通じない異国の地でトラブルが勃発。
ライブを終えて帰国してからも予想外の出来事にμ’sのメンバーたちは驚かされます。
ラブライブが終わったら区切りをつけようとしていた彼女は再び今後について選択を迫られることに。
果たしてμ’sが出した結論は?彼女たちはラブライブドーム大会の夢を叶えることができるのでしょうか。

見どころ

μ’sの最後のライブまでを描いた作品である本作では、新曲が6曲歌われています。
今までのアニメやCDにはなかった学年ごとに歌った楽曲が3曲あり、各学年の魅力や愛らしさが光るものになっていてファン必見です。
歌唱シーンも6年以上前の作品とは思えない美麗な作画と、耳に残る素晴らしいメロディで思わず見とれてしまう完成度を誇ります。
なかでも、エンディングテーマとして使われる「僕たちはひとつの光」は必聴。
メンバー全員の名前を取り入れた歌詞と感動的なメロディ、仲間たちと今一緒に舞台に立つ喜びを歌い上げたこの楽曲は、μ’sの有終の美を飾るにふさわしい名曲と言っても過言ではありません。


ストーリーも大人気となったμ’sの今後の行方、スクールアイドルの人気をより高めるために奮闘する姿も描かれており、引き込まれます。
自分たちを輝かせてくれた「ラブライブ」やスクールアイドルのために、3年生と過ごせる限りない時間の中で、今自分たちにできることを頑張るμ’sの姿から目が離せない映画です。

「ラブライブ!サンシャイン!!」第1期 

シリーズ2作目となった『ラブライブ!サンシャイン!!』は、静岡県沼津市内浦にある浦の星女学院に通う女子高生9人のスクールアイドルグループ「Aqours(アクア)」の物語です。
ラブライブのドーム大会が大成功となったことでスクールアイドル人気が高まり、全国各地でハイレベルなスクールアイドルが数多く活動している世界観となっています。
脚本家の花田十輝とキャラクターデザインの室田雄平さんは続投。
『機動戦士ガンダムAGE』の助監督を務め、のちに『ヒーリングっど♡プリキュア』のエンディングアニメを統括した酒井和男さんが監督をしています。
μ’s同様、出演声優によるライブは東京ドームやメットライフドームなど大きな会場を超満員にするほど大人気。
アニメ放送が終了した現在も積極的にライブ活動を進めています。

本作の主人公は、μ’sに憧れてスクールアイドル活動を始めた高校2年生・高海千歌。
彼女を中心に集まった一癖も二癖もある個性豊かなメンバーたちが、大きな壁にぶつかりながらも力を合わせて前へ進んでいくストーリーです。

あらすじ

東京・秋葉原に親友と訪れていた高海千歌はUTX前でμ’sの映像に心を奪われ、スクールアイドルになって輝きたいと決意します。
しかし小さな町の生徒数が少ない女子高でスクールアイドルを始めたい生徒はおらず、今日も親友の渡辺曜とふたりで勧誘活動をしていました。
しかし勧誘活動していたところを生徒会長・黒沢ダイヤに見られてしまいます。
ダイヤはスクールアイドル活動活動を全く認めませんでしたが、千歌は諦めずに部員を集めようと動き出すことにしました。
その後、千歌と一緒に新しいことがしたいと思った曜がスクールアイドル部に加入。
作曲できるメンバーがおらず困っていたところに東京の国立音ノ木坂学院高校から桜内梨子が転入してきます。
梨子はスランプでピアノが上手く弾けなくなっていましたが、千歌の大好きな歌を弾き語りすることでピアノの楽しさや歌うことの楽しさを思い出します。
梨子が仲間に加わり、3人となった千歌たちは初ライブを開催することに。
新理事場に就任した3年生の小原鞠莉は体育館を満員にするという条件を千歌たちに突きつけます。
体育館を満員にするためには、全校生徒を上回る人数を集めなくてはなりません。

千歌は同級生や姉の協力を得て、体育館を満員にするという無理難題に挑みます。

ライブ後、千歌たちは1年生で運動が苦手な国木田花丸と生徒会長の妹である黒澤ルビィ、人と上手く関わることが苦手な津島善子と心を通わせ、Aqoursは6人になりました。
さらに、千歌たちの学校が沼津の高校と統廃合になるという知らせが入ります。
「μ’sのように自分たちの学校を救いたい」と思った千歌たちは、PVづくりや東京のスクールアイドルのイベントに参戦することに。
積極的に活動を行う彼女たちですが、大きな壁が立ちはだかります。
入学希望者0の現状を変えるため、Aqoursは真剣にひた向きに「ラブライブ」に挑戦していきます。

見どころ

『ラブライブ!サンシャイン!!』の見どころは、ふたつあります。
ひとつは、Aqoursのメンバーそれぞれが加入するまでのドラマです。
『ラブライブ!サンシャイン!!』では1作目同様登場人物たちの心理を繊細にとらえ、それぞれの言動や行動の裏にある物語もしっかりと描かれています。
新メンバー加入までのストーリーを友情ドラマを絡めて描いており、胸に迫る名場面に仕上げているのです。
登場人物の過去や悩み、互いを大切に思い合う素晴らしい友情ドラマを描いた見ごたえ抜群のストーリーは、一見の価値があるでしょう。

もうひとつの見どころは、大きな挫折をばねに奮闘するAqoursの姿です。
Aqoursは、あるライブで全国レベルと自分たちの実力差を突き付けられます。
さらに自分たちのライブ動画の再生数が伸びていても入学希望者が一人もいない事態に陥ってしまうのです。
人気を得ることも廃校の危機を救うことも簡単ではない現状に悩むAqours。
それでも入学希望者0から1にしたい、挫折を経験した時よりも一歩前に進みたいという強い思いを胸に、目の前のライブに全力で挑んでいく彼女達の姿に心打たれます。
「ラブライブ」にエントリーした彼女たちがどこまで進み、舞台の上でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか注目です。

「ラブライブ!サンシャイン!!」第2期

2017年に放送された『ラブライブ!サンシャイン!!』の第2期は、再び開催される「ラブライブ」に挑むAqoursの姿を描いた作品です。
μ’sを追いかけている状態をやめたAqoursが廃校を阻止するために奮闘しながら、自分たちがすべきこと、どうありたいかと向き合っていきます。
厳しい現状に何度もあがきながら前へ進んできた「Aqours」9人の本気が詰まったパフォーマンスから目が離せない作品となっています。

あらすじ

入学希望者が10人になり一安心して2学期を迎えた、浦の星女学院。
再び開催されるラブライブに出場して、入学希望者を10人から100人に増やして学校を救おうと千歌たちは燃えていました。
ある日、今年度の学校説明会を開催しないという発表が下されてしまいます。
理事長である鞠莉は、アメリカにいる父に電話で学校存続に必要な入学希望者数を尋ねました。
「今年の終わりまでに入学希望者を100人集める」という厳しい条件を突き付けられましたが、千歌は残った可能性を信じてラブライブも学校説明会も成功させようと立ち上がります。
しかし、大雨の影響で学校説明会が延期になり、ラブライブの地区予選と重なることが判明。
それぞれの会場に二手に分かれてパフォーマンスをしようと考えていましたが、普段より少ない人数でラブライブの舞台に立つと不安を抱くメンバーも出てきてしまいます。
Aqoursはラブライブの予選を勝ち進み、学校説明会のライブを成功させて入学希望者を集めることができるのでしょうか。
どんなわずかな可能性も信じて、ライブに全力で挑むAqoursの9人。彼女たちにまた大きな逆境が押し寄せます。
ラブライブ優勝に向けて9人の想いを一つに、応援してくれる仲間たちの想いを胸にAqoursは全力前進していきます。

見どころ

『ラブライブ!サンシャイン!!』第2期の見どころもふたつあります。
ひとつは、μ’sのストーリーと少し異なる展開とクライマックスです。
μ’sはラブライブで優勝するはるか前に学校を廃校の危機から救いましたが、Aqoursの場合は逆境が次々襲い掛かってきます。
Aqoursのメンバーたちは泣きたくなるような出来事も経験し、ラブライブの決勝に出るかどうか迷ってしまうのですが、ここで終わらないところが本作の熱いところ。
彼女たちを応援する学校の仲間達と9人が思いを一つに優勝へ突き進むストーリーは、1作目に引けを取りません。

もう一つは、ライバルであるスクールアイドル「Saint Snow」の印象が変わるエピソードです。
Saint Snowは、東京のイベントにも出場した北海道のスクールアイドルで中学3年生の姉・鹿角聖良(かづのせいら)と中学一年生の妹・鹿角理亞(かづのりあ)の二人組ユニット。
1期でSaint Snowの理亞は厳しい言葉をAqoursに発しましたが、2期では彼女の姉に対する気持ちや、彼女が「人と関わるのが少し苦手なタイプ」であることが見えてきます。
また、姉の聖良も普段から妹のことを気にかける優しい一面を見せ、姉妹の絆が魅力的なユニットとして表現されているのです。
初代作では主人公たちのグループとライバルグループはお互いの実力を認め合える関係でしたが、『ラブライブ!サンシャイン!!』の第2期ではそれだけでなく困った時に支え合える関係になっているのも注目すべきところ。
AqoursとSaint Snowの間にある強い結びつきにも注目です。

映画「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie OVER THE RAINBOW」

2018年に劇場公開された映画「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」は、最終回のその後を描いた作品。
テレビシリーズの完結編ともいえるこの映画は、興行収入10億円を記録、ぴあ映画初日満足度ランキング第1位を獲得しました。
μ’sの劇場版はラストライブまでの軌跡を描いた作品でしたが、本作は対照的にAqoursのメンバーが新しい一歩を踏み出すまでを描いた作品となっています。
Aqoursのメンバー達の強い絆と彼女たちのライバルであるSaint Snowの姉妹愛、新たな夢に向かう1年生・2年生たちに心動かされる作品です。

あらすじ

3年生が卒業しても「Aqours」を続けていくと決めたAqoursの1年生・2年生達。
春休みのある日、新たな練習場所を探しに4月から通う学校に向かった6人でしたが、到着したのは古い分校でした。
曜のいとこで統合先の学校に通う渡辺月によれば、統合先の学校の保護者たちが外部からの生徒が入ることでこの学校の風紀や秩序が乱れるのではないかと心配しており、分校という形で対処したというのです。
ラブライブに優勝した実績を持つAqoursは、統合先の生徒らに自分たちのパフォーマンスを披露し、認めてもらおうとしました。
部活動発表会の場を借りてライブをする6人でしたが、3年生が卒業したことで6人はいつも通りのパフォーマンスができなくなり、先行き不安を抱いてしまいます。
内浦を訪れたSaint Snowにも今のパフォーマンスは以前の2割の完成度だと言われる始末。
3年生が歌唱力やダンスなどで彼女達の実力を底上げしていたことに6人は気付かされるのでした。
彼女達がどうすればいいのか苦悩していたとき、ヘリコプターに乗って小原鞠莉の母が現れます。
鞠莉の母はイタリアに卒業旅行へ行ったまま音信不通になった3年生を探してほしいと彼女たちに頼みました。
6人はイタリアにいた経験を持つ月と一緒に3年生を探す旅に出ることになったのです。

一方、Saint Snowの理亞も姉の卒業後に新たにスクールアイドルグループを結成したのですが、他のメンバーと上手く折り合うことができず苦悩していました。
3年生が卒業し、6人で作る新たなAqoursの形について悩む千歌たちは、そして「ラブライブ」での失敗を自分のミスだと思っている理亞は新たな一歩を踏み出すことができるのでしょうか。

見どころ

本作の見どころは、AqoursとSaint Snowの新たなスタートを彩るまでのドラマや、彼女たちの転機となるライブシーンです。
Aqoursは3年生が卒業してもスクールアイドルとして活動を続けていくという結論を出すのですが、卒業した3年生がパフォーマンスを支えていたことを痛感し、今まで積み上げていたものが0になったような感覚を味わいました。
卒業した3年生がライブを支えていたことに気づかされた1年生・2年生ですが、失ったものだけでなく大事なものがあることに気づかされます。
イタリア旅行やライブを通して、どんな経験と気づきを得て新しい6人の「Aqours」を生み出すことができたのか、注目です。

Aqoursのライバルグループで決勝戦で戦う予定だったSaint Snowの理亞も、過去の失敗と現在も人間関係を上手く築けないことで苦悩しており、応援せずにはいられない人物として描かれています。
Aqoursの6人は理亞が未来に進むためにあるライブを企画するのですが、このライブを開催するまでのAqoursメンバーたちのやり取りや理亞を思う仲間や姉の想いに、心を動かされるでしょう。
ライブで披露される両グループの曲も、それぞれの魅力が輝くようなメロディーで歌詞と歌唱シーンも今見ても高い完成度ですので、ぜひじっくり堪能してみてください。
両グループを中心にしたストーリーを通して、スクールアイドルのライブやメンバー同士の強い絆に涙腺を刺激されるでしょう。

「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」第1期

2020年に放送された『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』は、従来のシリーズとは異なり、9人のスクールアイドルがソロ活動を行う作品です。
「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」は、元はスマートフォンアプリゲームや雑誌で『ラブライブ!シリーズ』を盛り上げるために立ち上がった企画が原点で、声優オーディションの段階で「アニメ化の予定はない」と言われていました。
出演声優によるライブ活動やYouTubeでの生放送番組、スマートフォンアプリゲーム『ラブライブ!スクールアイドルオールスターズ』などで多くのファンから人気と支持を集め、待望のアニメ化を実現させたのです。

本作では、スマートフォンアプリゲーム内でスクールアイドル活動を支援する「あなた」をイメージした女子高生を主人公に、9人のスクールアイドル達の物語が描かれます。

監督はアニメ『三ツ星カラーズ』などを手掛けた河村智之さん。脚本を『Go!プリンセスプリキュア』『魔王学院の不適合者』などを手掛けた田中仁さんが担当しています。
『三ツ星カラーズ』や『戦翼のシグルドリーヴァ』を手掛けた横田拓己さんがキャラクターデザインに携わってます。
主要スタッフが従来のメンバーから大きく変更され、『ラブライブ!』シリーズに新しい風を吹かせました。
本放送終了後もTOKYO MXやBS11で再放送され、NHK Eテレでも2021年4月から放送されたほど人気があり、多くのファンから注目された作品となっています。

あらすじ

高咲侑は、お台場にある虹ヶ咲学園に通う高校2年生。
侑は心の中でときめく瞬間を探しながらも、平穏な毎日を過ごしていました。
ある日の放課後、幼なじみの上原歩夢とダイバーシティ東京へ買い物に行った際、偶然スクールアイドル・優木せつなのライブを目にします。
圧倒的な歌唱力で多くの観衆の心を惹きつけるせつなのパフォーマンスに心を奪われた侑。
彼女は、今まで感じたことのないときめきをおぼえ、寝ても覚めてもスクールアイドルのことを考えるまでになります。
せつなが自分たちの学校の生徒だと知った侑と歩夢は、せつなに会いにスクールアイドル同好会の部室に行ってみることにしました。
しかし、部室の前で生徒会長・中川菜々に同好会が廃部になったことを知らされます。
廃部を残念に思っていた侑でしたが、歩夢はスクールアイドルをしてみたい、自分のことを応援してほしいと告白。
侑はスクールアイドル活動を始めたい歩夢を応援することにしたのです。
その後、ふたりはスクールアイドル同好会のメンバーで廃部を受け入れられずにいた1年生・中須かすみに出会います。
「諦めなければ同好会は続く」
歩夢と侑は、かすみとかつてのスクールアイドル同好会のメンバー達と一緒にスクールアイドル活動を始めることにしました。
同好会の復活を目指して、侑達は動き出します。


見どころ

本作の見どころは、仲間でありライバルとして描かれるメンバー同士の関係と、個性豊かなスクールアイドル達のライブシーンのふたつです。
本作はこれまでの作品とは異なり、同好会メンバーがソロ活動を行うことを主軸に置いた作品です
メンバーは学年も性格も、パフォーマンスや演出の好みも異なっており、グループとして折り合いをつけるのではなく全員が自分の「好き」を発信できるソロアイドルとして活動しています。
ソロ活動と聞くと、メンバーたちのチームワークが描かれないのではと思う方もいるかもしれませんが、本作では
メンバー同士がお互いを尊重しながら、困ったときに励まし合い支え合える人間関係が描かれています。

悩みを抱えたメンバーに他のメンバーたちが手を差し伸べるシーンもあり、彼女たちの仲間を思う言葉に観ているこちらも勇気づけられるでしょう。
また、メンバーのパフォーマンスに刺激を受けて自分のパフォーマンスを磨くなど、他のメンバーをいいライバルとして認め合い、互いに高め合う姿も描写。部員それぞれが前向きに頑張っていく姿に元気をもらえるでしょう。
互いを尊重し合い、互いに助け合える彼女たちの友情ストーリーは必見です。

ライブシーンも映像が美しくて見とれてしまうほどの完成度を誇ります。
楽曲と衣装、ステージの装飾、スクールアイドルの表情など画面に映るすべてがスクールアイドルを輝かせ、最高のライブシーンに仕上げています。
グループとしての楽曲もあるのですが9人それぞれの声の重なりが美しくて、ファンからも高く評価されています。
舞台で彼女たちが見せる最高の歌声とパフォーマンスを堪能してみてくださいね。

「ラブライブ!スーパースター!!」第1期

シリーズ4作目となる『ラブライブ!スーパースター!!』は、2021年7月から放送されました。
シリーズ1作目を手掛けた京極尚彦監督と脚本家の花田十輝さんを再び起用し、1話から視聴者の心を掴むシナリオや演出が話題になりました。
また、登場人物の内面や心の成長、メンバー同士の友情をしっかり描き、背景やライブシーンのキャラクターの表情に至るまで丁寧に描かれているところなどが、Filmworksやアニメレビューサイトでも高く評価されています。
放送される日曜日の夜は毎週Twitterのトレンド入りを果たすなど、多くのファンから注目されている作品です。

本作と過去のシリーズとの大きな違いは、メンバーが9人ではなく5人であり、全員が1年生の同学年であること。
ストーリーも学校を廃校の危機から救うのではなく、格式高い音楽学校から伝統を受け継いだ新設校でスクールアイドル活動を始めるものになっております。

あらすじ

歌と音楽が大好きな中学生・澁谷かのんは、有名音楽学校の伝統を受け継いだ新設校・結ヶ丘女子高等学校の音楽科に入学することが夢でした。
同級生からも歌声が素晴らしいと褒められてきたかのんでしたが、彼女には人前に立つと歌えなくなるという問題を抱えていました。
入学試験当日も実技試験で声が出なくなってしまい、結果は不合格。
普通科を受験して合格しましたが、音楽科の受験を失敗したことが彼女の心の傷になっていました。
入学式の朝、声高らかに歌いながら学校に向かっていたかのんでしたが、歌っているところを中国人留学生の唐可可(タンクゥクゥ)に見られてしまいます。
可可はかのんのクラスメートで、スクールアイドルを一緒にしてくれる仲間を探していました。
可可に協力することにしたかのんでしたが、音楽科の生徒は自分たちの専門分野で忙しいためか、なかなか部員は集まりません。
可可は「どうしてもかのんと歌いたい」、「歌えるようになるまで諦めないと約束する」とかのんを説得しますが、かのんは彼女の元から離れてしまいます。
本当にこれでよかったのか、自分の歌を好きだと言ってくれた可可の思いに応えなくていいのかと自問自答するかのん。
自分は歌が大好きなのだと気づいたかのんは、可可と一緒にスクールアイドルを始める決心をします。
しかしスクールアイドル活動も順風満帆ではありません。
部の設立の条件として代々木で開催されるスクールアイドルフェスで優勝しなくてはならないのです。
ダンスも未経験、時間がない中での作詞作曲に、可可にいたっては体力がなく当日までの課題は山積みのふたり。
果たして二人は結ヶ丘女子高等学校にスクールアイドル部を設立することができるのでしょうか。

かのんの幼なじみで幼少期からダンスを続けてきた嵐 千砂都(あらしちさと)、かのんと可可のクラスメートで子役経験を持つ平安名(へあんな)すみれ、そしてスクールアイドル活動を認めないことに何か事情を持っているであろう生徒会長・葉月恋(はづきれん)。
そして歌が大好きな澁谷かのんとスクールアイドルが大好きな気持ちが人一倍大きい唐可可(タンクゥクゥ)。
彼女達スクールアイドルグループ「Liella!(リエラ)」の物語が始まります。

見どころ

シリーズ最新作である『ラブライブ!スーパースター!!』の見どころは、登場人物たちがスクールアイドルの魅力に出会って変わっていく姿です。
本作では、登場人物の過去と悩みを深堀りしながら描かれており、感情移入しながら観ることができます。
第1話では、かのんの過去を通して彼女の得意なことと苦手なこと、苦手になった出来事が描かれ、視聴者に親しみやすく魅力的な人物として表現されていました。
最初は志望学科に落ちて何もかもあきらめていたかのん。
スクールアイドルが大好きな可可の言葉によって、投げやりな状態を打破し、大好きな歌と再び向き合えるようになります。
彼女がスクールアイドルの第一歩を踏み出して歌を歌った場面では多くの視聴者の心を掴んでいました。

かのんをはじめ苦悩を抱えたメンバーたちがスクールアイドルに出会って、どのように成長し、魅力を開花していくのか。最初から最後まで1話たりとも見逃せません。
メンバーの人物像を垣間見ることができるセリフや表情などの伏線にも注目です。


配信を観るならここ!

メンバー同士の友情にスポーツアニメさながらの練習シーン、圧倒的な作画クオリティを誇るライブシーンなど魅力満載な『ラブライブ!』シリーズ。
一気見して楽しみたい方にお勧めなのが、動画配信サービスです。
今回紹介しました『ラブライブ!』シリーズ全てを見放題視聴できる配信サービスは、3つあります。

①U-NEXT
②Hulu
③バンダイチャンネル

この3つの動画配信サービスであれば、劇場版もテレビシリーズ全て網羅できます。
見放題で視聴できますので、視聴期限も気にすることなく何度観ても楽しめるでしょう。
U-NEXTは月額2,189円ですが、初めての登録に限り一か月間無料となっています。毎月支給されるポイントで映画チケット代を割り引くことも可能です。
Huluの利用料金は月額1,026円ですが、初めての登録に限り2週間無料でお試しできます。
現在放送中の人気アニメやアニメファンなら知っている有名作品まで幅広く網羅しているのでおすすめです。

バンダイチャンネルは月額1.100円で利用でき、一か月無料お試し期間があります。
作品名だけでなく、声優名やスタッフ名でも検索できるので、本作の出演声優の他出演作や本作の脚本家の他の作品も視聴可能です。
動画を視聴した方のレビューもあるので、視聴する際の参考になるでしょう。

ぜひ、U-NEXT、Hulu、バンダイチャンネルのいずれかで『ラブライブ!』シリーズを観て、面白さや魅力を体感してみてくださいね。



アニメ、スマホゲームでどんどん「ラブライブ!」を楽しもう!

今回は、『ラブライブ!』シリーズの見る順番と見どころを中心に紹介しました。
『ラブライブ!』シリーズは、これまで4シリーズが展開されてきましたが、全作品それぞれ登場人物に応援したくなる魅力があり、それぞれのストーリーに感動や心躍る場面が多くあります。
きっとお気に入りの名場面や、推しをもっと好きになれる場面にも出会えるでしょう。
さらにスマートフォンアプリゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』では、アニメや映画の名曲をプレイできます。
ここだけでしか見れないオリジナルストーリーやオリジナルの衣装をまとったキャラクターのカードも、ファン必見です。
Liella!のカードもガチャに登場し始めたので、『ラブライブ!スーパースター!!』から『ラブライブ!』を知った方も十分『ラブライブ』シリーズの面白さを知ることができます。
ぜひ、アニメとゲームで二度楽しめる『ラブライブ!』シリーズの世界に足を踏み入れてみてください。

記事にコメントするにはこちら